5日間、「食養生」の話しばっかり書いたせいで、

 

 

みつろうさんは普段、

 

何を食べて生きているのですか?

 

 

という質問を頂きました。

 

 

わしゃ、ザリガニかっ。

 

 

河原でザリガニを釣って来た子供が、

 

ザリガニは普段、何を食べて生きているのですか?

 

と先生に質問しているのと同じやん。

 

 

ガラスケースに入れて生態観察すなっ!

 

珍しいイキモノちゃうわ。

 

同じや。同じニンゲン属や。

 

phyoto by phyoto phive

 

 

えーっと基本的にミツガニは普段は何でも食べます。

 

肉も食べるし、甘いもの大好きです。

 

ただ、「免疫期」と自分で勝手に呼んでる期間は、

 

徹底的に『食養生』します。

 

 

免疫期ってのは、風邪の時とか、病気の時のことね。

 

カラダが、免疫反応(=症状)を出している期間のこと。

 

 

 

さて。

 

世界で一番、「言語」を分かりやすく伝えると評判のさとうみつろうさんが、

 

 

『症状』という言葉を、メチャ分かりやすく解説すると

 

 

 

↑これです。

 

 

この図は、ヒーローに「硫酸」を飲まされた悪い人が(どっちが悪い人かは疑問)

 

飲まされた瞬間に、「ゴバァッ!!」と吐き出した図です。

 

 

これが、『症状』です。

 

 

 

カラダの細胞と親和性の無い物質が体内に入ると、

 

排出されてしまう現象、

 

それが『症状』です。

 

 

 

硫酸を飲まされた瞬間に、「ゴバァッ!!」となるのが、

 

『症状』の一番分かりやすい例図だと日本意思会で言われていますが(どこで?)

 

この『症状」を、もう少し、分かりにくくすると??

 

 

硫酸を1,000倍に薄めて飲まされたら、

 

下痢として、体外へ「異物」を排出するでしょう。

 

だから、「下痢」は分かりにくい『症状』なんです。

 

 

もっと分かりにくくすると、

 

遺伝子組み換えされた花粉や石油由来の化学繊維が肺に入ると、

 

「せき込んで」外へ出します。

 

さらに肺より先に取り込んでしまうと、

 

「鼻水」として排出します。

 

そう、「鼻水」と「せき」も『症状』であり、

 

 

これの、分かりにくいバージョンだったんです。

 

 

さらに、さらに。

 

高熱が出るのも、「ゴバァッ!!」の一種。

 

腰痛も、アトピーも、頭痛も。

 

 

そうです。

 

実は全ての『症状』と呼ばれている現象は、

 

分かりにくいコレ↓だったんです。

 

 

 

病気にはちゃんと「原因」があるんです。

 

体内に入れてしまった、分かりにくい「原因」が。

 

 

 

飲まされてすぐに『症状』が出る硫酸なら、

 

あからさまに「原因」が特定できるけれど、

 

分かりにくいモノたちは??

 

 

 

 

現代社会は、

 

そんな「分かりにくいモノ」で溢れています。

 

 

『症状』が出るまでに、時間がかかるモノがいっぱいある

 

 

だから、

 

「食べ物が病気を作っている」なんて、信じられないし、

 

「風邪のトキにみかんを食べても平気だろう」と思ってしまうし、

 

【病気の時は、何も食べない方がすぐ治る】

 

という真実の仕組みにも、気づけない。

 

 

↑よーく、自分を観察すれば分かるけど、

 

「症状が出るまでに時間がかかる」から、気づけなかっただけ!!

 

 

 

 

昔、アメリカで狂牛病が発生した時、

 

狂牛病の牛肉を食べると、人間にBSEが感染するという事で、

 

一時、ハンバーガ会社が発売をストップしたのを覚えてますか?

 

アメリカは訴訟社会ですから、

 

責任問題を追及されたら、倒産してしまいます。

 

 

ところが、しばらくすると発売を再開

 

再開した理由を、とある週刊誌が書いていた。

 

「発病するまでに時間がかかるので、

 

どの会社でいつ食べた牛肉が原因だか、特定できない(バレない)から。」

 

と。

 

 

 

おいっ!!

 

CEOに今すぐ、硫酸のましちゃろかっ!!

 

 

 

とにかく。

 

 

 

『症状』が出るまでに、時間がかかるモノが多いから、

 

「食」と「病気」の関係性に気づけなかっただけ

 

ということを覚えておいて下さい。

 

僕たち一般市民は「気づけない」から、

 

騙されていた。

 

 

今日、

 

スーパーで、食品の裏側の成分表示を見てみて下さい。

 

「細胞」と親和性の無い、化学物質ばかりです。

 

そりゃ、『症状』だって出るよ、とあなたも思うはずです。

 

そりゃ、↓こうなるよと、すぐにこの図↓を思い出すはずです

 

 

 

ところが、人体は優秀。

 

「すぐに」はバレなくても、

 

やはり細胞との間に親和性が無い物質なので、

 

ある日、『症状』として外へ吹き出します。

 

すると、どうなるか。

 

 

すぐに、「内側へ抑えるクスリ」を処方される。

 

 

戦えるのは、「真実の情報」だけです。

 

自分の身体で、やってみる。

 

ただ「食べない」だけで良いのだから、お金もかからない。

 

 

こんなちっちゃなブログからでさえも、

 

「食べない」という選択肢が、徐々に拡がっているようで嬉しいです。

 

 

公式LINEやコメント欄には、

 

ビビった!『症状』が出なくなった!

 

という、嬉しい報告がいっぱい寄せられてて、

 

5日間も、ずっと同じテーマで書き続けて良かった。

 

もっともっと、この情報が拡がり、

 

日本中で病気で苦しんでいる人が、楽になりますように。

 

①摩訶不思議、『症状』がまったく出なくなる方法

 

②やってみた人たちから報告

 

③ダイエットは意思とは関係ない?腸内のカンジダ菌が、「あなた」を操っている

 

④結局は、「やった人」しか、変わらない

 

 

もう、明日以降はこの話題は書かない予定なので、

昨日までのリンクをまとめてみました

あなたの大切な人にシェアして教えてあげて下さいね。

 

あなたと、あなたの大切な人を守れるのは、

「あなた」だけです。

 

 


また、先生たちへの質問も募集中です。

LINEアプリの友達検索で「@mitsulow」を追加するか、
http://line.me/ti/p/%40mitsulow
まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

↓ザリガニじゃないから、あなたと同じモノ食べてますよ。

 

普段は、本当に何でも食べます。

 

基本的には、ナチュラルなモノが多いけど、

 

でも、何でも食べます。

 

ただ、免疫期には食事に気をつけて『症状』を消したりします。

 

結局のところ、何を食べても「腸壁」がガードしてくれたら、

 

病気には成らないんです。

 

体内に、入れなければ良いだけなので。

 

でも、「免疫期」にはこのガードが緩まるので、

 

「食養生」をしています。

 

 

ちなみに、この「腸壁ガード」はストレスなどで免疫機能が低下した時に、

 

「異物を体内に入れてしまう」事が分かっているそうです。

 

 

要するに。

 

ワクワクして、笑って、ノンストレスな人は、

 

何を食べても「体内に吸収しない」から、大丈夫なわけです。

 

でも、現代社会で生きて、上記の状態を保てる人はほぼいないそうです。

 

みんな、ストレスを抱えているので、

 

誰もが「異物」を腸の内側に入れてしまう。

 

 

それにしても我ながら、みごとな「説明」が出来た気がする。

 

これは分かりやす過ぎる、『症状』の具体図!

 

今後、ぜったいに思い出すと思う。

 

病気とは、↑アレの分かりにくいバージョンなのだと。

 

 

食材分けのパワーテストが、Oリングでは分からなくても、

 

食べてみたら、誰でも判定できます。

 

悪いモノなら、『症状』が出るから。

 

 

「硫酸」だったら、あなたでも見抜けるでしょ??

 

仕組みは、同じ。

 

ただ「分かりにくいモノたち」だっただけ。

 

 

じゃあ、「分かりにくい食材」に騙されないために、どうすればいいのか。

 

金曜日の講演会で、一緒に先生から学びましょう('◇')ゞ

 

 

↓今日は、下の2つの応援ボタンを押す祭、

 

「世界一わかりやすい、『病気』の説明図」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

 

 

 

 

フォローしてね

 

◆さとうみつろうの他のページ◆  

↓ブログには無い情報もあるよフォローしてね↓

   

      

 

このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

★Pickup過去記事★

・メディアの洗脳から目覚める→ここ ・伊勢神宮旅行記→ここ

 

 

 

 

↓いいねボタンを押すと、このブログの更新情報をフェイスブックにお届け↓