ナゼカ断食2

テーマ:

昨日の記事の、

 

風邪をひいている時に食べないでいると『症状』がまったく出ない

 

について、多くの「分かる!!」というご意見を頂戴しました。

 

 

昨日も書きましたが、

 

こればっかりは、やった人にしか分からない事なんです。

 

 

↑風邪の時に(別の病気の時も)、

「食後」の自分を観察すれば、すぐに分かりますよね。

 

 

 

 

↑医者や薬剤師でも、本当の事が分かってる人も多いです

ちなみに、伊禮先生は薬剤師の免許も持っています

 

 

 

 

↑「まさしく」が読めんかった(笑)

風邪の時にポカリとか、今思えば自爆行為だったなぁ(よくやってた)

 

 

 

 

↑NG食材をたべた瞬間に『症状』が噴出します

 

 

 

 

 

↑本当は「食べない方が良い」という事を、

動物や細胞は知っています。

 

 

 

 

 

今日で僕は「ナゼカ断食」の4日目に突入、水しか飲んでません。

 

NGとOKの食材分けが難しいので、

 

何も「食べない」のが、いちばん良い方法です。

 

ただ、

 

免疫活動の邪魔をしない「OK食材」があるので、

 

それらを食べながら『症状』を出さないという、

 

「食養生」なら、楽に病気を通過できます

 

 

 

「食養生」をやって、娘のアトピーが完治した弁護士さんのブログから↓

 


この1年4か月、「食養生」を行ったのですが、

怠けると、すぐに悪化したんですキョロキョロ

この食養生、結構大変で、食べちゃいけないものが多すぎるんです。。

 

 ↓ぜひ読んでみて↓

https://ameblo.jp/aylaw/entry-12409494531.html


 

「なまけると、すぐに悪化した」とありますが、

 

昨日のブログに書いた通り、

 

『症状』とは、悪いモノをいま食べたよ~という身体からの声

 

 

 

なので、悪いモノを入れていない期間、マジで『症状』が出ないんです。

 

アトピーでも、蓄膿でも、風邪でも、なんでも。

 

 

ただ、上の弁護士さんが書いてある通り、

 

完全に「OK食材だけ」を食べ続けるのはかなり難しいです。

 

「どうして、これがNGなの?」とか、

 

「逆に、どうしてこれは農薬使ってる野菜なのにOKなの?」とか。

 

分類が本当に難しい。

 

でも、徹底してやれば治ります。

 

 

 

↑分かる(笑)

 

過去に、完全に『食養生』どおりの食材を食べて、

 

その期間(3日)はまったく『症状」が出ずに、

 

 

「3日も経ったし、もうそろそろ治っているだろう・・・」

 

とNG食材を食べた瞬間に風邪の症状が出て、

 

 

みつろう

「なんじゃそりゃ!結局、『症状』がまた出るんだったら、やった意味ないじゃん!!

 

未来に先延ばししただけかいっ!!」

 

とツッコンだこともあったけど、

 

ちゃんと風邪は治ります。

 

 

全身に廻っている菌やウィルスが終息すれば。

 

しかも食養生なら、食べながら、『症状』が出ないまま、治せるので楽チンです。

 

 

 

ただOK食材だけを食べてる期間、風邪をひいてるかどうかが分からない(症状が出ないから)ので、

 

いつ「風邪が治ったのか」はマジで分かりませんが(笑)。

 

「治っただろう」という時に(笑)、普通の食事に戻せばいい。

 

てか、別に悪い食事に戻す必要はないしね。

 

 

 

まぁ、とにかく。

 

そんな奇跡だらけの『食養生』です。

 

 

 

※満席御礼

〇食を変えれば、人生変わる
日時:2018年11月9日(金)18:30~21:30

場所:浦添市 結の街3F大ホール
 

 

動画データ販売中⇒こちらから

 

この講演会の録画データを、現在

期間限定にて発売中です。

この貴重な機会を、ぜひお聞き逃しなく。

 

 

 

 

これまでの「健康」の常識が180度ひっくり返ると思います。

 

・伝染しない風邪がある

・風邪の時にみかんはNG

・OK食材なら『症状』が出ない

 

などは、わずかに一部。

 

 

↑明日の動画で先生が触れてますが、医学を覆すことだらけ。

 

僕もウィルスは自己増殖しないと思うので、「余分な糖を受け取る」のは菌でしょう。

 

菌で風邪??

 

えぇ、「ウィルス」じゃない風邪が存在したことに僕も7年前にビックリしました。

 

「冷え風邪」と言って、自分自身の腸内の細菌が腸から血流に乗って全身を巡り、

 

歪んだ場所で炎症を起こす風邪があるそうです。

 

千島学説もビックリの説です。

 

そもそも現在の医学では「血液には菌は流れない」ことになってるそうです。

 

ところが最近、

 

血液を顕微鏡で確認した小児科医が、菌どころかカビまで発見したそうで。

 

 

 

まぁ、とにかく。

 

めちゃボリューミーな動画を撮ってきたので、

 

編集が間に合えば、あす(またはあさって)見てね。

 

これみたら、これまでの常識は何だったの??になるし、

 

「でも、たしかにそうだよね!!」と身体は素直に思い出す事でしょう。

 

↑ちょうど、昨日の記事のように。

 

「常識だから」と思い込んでいただけなのだから。

 

 

 

気づいて、本来の自然な姿に戻るだけ。

 

 

 

 

11月9日の伊禮先生の講演会、

 

「沖縄だから行けない」という意見↓

 

 

が多かったので、

 

 

 

急きょ、動画で『ネット参加(有料)』も出来るように、

 

みつろうTVスタッフのフィクサーが動いてくれています。

 

全国誰でも、「ホントウの健康法」を知る権利はありますもんね。

 

 

ラッキーな沖縄の人たちは、ぜひ直接会場へ。

 

 

 

↓今日は、下の2つのランキングボタンを、

 

「がんばれフィクサー」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

フォローしてね

 

◆さとうみつろうの他のページ◆  

↓ブログには無い情報もあるよフォローしてね↓

   

      

 

このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

★Pickup過去記事★

・メディアの洗脳から目覚める→ここ ・伊勢神宮旅行記→ここ

 

 

 

 

↓いいねボタンを押すと、このブログの更新情報をフェイスブックにお届け↓