未知の先

テーマ:

 

母サトウキビさんと、姉3人と僕と、

 

姉たちの子供たち連れて、リゾートホテルに2泊3日で遊びに来てます。

 

 



 


急に決めた旅行だったので、

 

長女・次女の旦那様はお仕事、

 

予定のあったハニートーストさんも参加できず、

 

血の繋がるサトウキビさん一家5人(母・長女・次女・三女・俺)と、その子供たちで旅行という風変わりな旅です。

 

 

 

 

唯一、三女の旦那さんジェームス(アメリカ国籍)だけは来てくれました。

 

僕より年下ですが、姉の旦那さんなので義兄さんになるのかな。

 

 

 

2日目の朝、

 

「近くに、素敵な洞窟があるから、連れて行ってあげるよ」

 

と英語で言われ(翻訳:姉)、

 

 

初の2人きりでドライブ。

 

 

一応、英検準二級ですが、英語力は⇒この程度(マイルームマダアルーム)

 

 

 

 

 

行きの車内で、

 

 

みつろう

「ビーチの方がプールよりも良いのに、昨日はコクトウもザラメも、ビーチを嫌がって、ずーっとプールで泳いでたんだよ。

 

ビーチだったら、最高にアーシングが出来るのに。」

 

 

を、日本語と英単語をゴチャマゼにして話すみつろう。

 

 

どうしてこんな状況で、「アーシング」なんて恐ろしい単語に手を出しちゃったのか・・・。

 

ドツボにハマる。

 

 

以下、「  」内が、ピンチな英単語。

 

 

 

「アーシング」を伝えるために、

 

身体は「エレキトリック(電子?)」がいっぱい流れていて、

 

だけど僕ら「現代人」は24時間「絶縁状態」にあるから、

 

体内に「活性酸素」が発生するも、「マイナス電子」を、

 

「足の裏」から吸着すると同時に・・・

 

あ、ジェームス、アーシングってのは「怪しい情報」じゃなくて、とっても「科学的な内容」なんだよ。

 

 

・・・以下長文。

 

 

 

やっちまった訳ですよ。

 

「  」内、どれも言えない単語なわけですよ。

 

 

 

 

 

「今日も、良い天気だねジェームス」

 

「昨日は、楽しかったかい?」

 

「ごらん、あそこにハトが飛んでるよ」

 

「これかい?これは、ペンさ。」

 

 

くらいの、英検7級でも楽しめる日常英会話を選べば良かったのに。

 

This is a penで到着した距離だったのに。

 

 

(⇒あ、これも必読で)

 

 

 

まぁとにかく到着して、

 

二人で洞窟までお散歩。

 

 

ジェームスが、「とっても気持ちイイから連れて行きたい洞窟」には、

 

素敵な神さまがご鎮座。

 

 

 

 

で、思った。

 

 

この場所は、きっといつか。

 

もしも、ジェームスが連れて来てくれなくても。

 

 

スピリチュアル的な「知識」や、沖縄のユタさんの情報とかから追って、

 

きっと調べに調べて辿り着いてたんだろうなと。

 

 

 

そんな「場所」も。

 

 

ただ「直感」だけで、「お?なんかここ、気持ちいいぞ」という細道をジェームスが辿ったって、同じように辿り着く。

 

 

 

 

 

 

こう聞くと、「直感って、すげーな!」ってなりがちだけど・・・。

 

「don't think just feel! ね!」ってなりそうだけど。

 

 

 

今日、僕が伝えたくなったのは、

 

「直感」だけが大事じゃないよ。

 

ってこと。

 

 

 

 

 

どこから辿っても、きっといつか同じ場所に辿り着くから安心して、と言いたくて。

 

 

「直感」だろうが、「知識」だろうが。

 

ちゃんと同じように、辿り着くんだなーと、

 

この神さまを観ていると、そんな不思議な感覚が湧いて来て。

 

 

 

 

「この道(直感)だけが正解だから、この道を辿りなさい」なんて、ツマラナイOne wayを神さまは敷いてない。

 

 

 

どの道からでも。

 

どの方法であろうとも。

 

「知識」でも「直感」でも「偶然」でも。

 

 

そこに優劣は、無い。

 

 

日本の文化は知らないジェームスが「気持ち良い」で辿っても。

 

日本の文献を読みあさって辿り着く場所も。

 

 

きっと、いつかは。

 

きっと、誰もが。

 

同じようにー

 

 

 

 

ちなみに、

 

「アーシング」も、なんとなーく伝わって、

 

 

 

みつろう

「とにかく、ネーキッド(裸足)シューズで、ウォーキングがグー!グー!!」

 

 

 

と言ってたら、

 

 

 

 

ジェームス

「僕も、軍隊に居た頃、裸足で走ってたよ。

 

そっちの方がなんとなく気持ちよかったから

 

そのアーシングという情報は、知らなかったけどね。」

 

 

 

 

って、言ってたよん。

 

 

 

 

「パワースポット」という場所も、「アーシング」という方法も。

 

 

 

知識から辿ったって、直感から辿ったって。

 

日本から攻めたって、アメリカから攻めたって。

 

 

結局、誰でも辿り着く(^^)/

 

 

 

 

「失敗」も、one of a way

 

「挫折」も、just one of a way

 

 

 

華道も、茶道も、柔道も、空手道も。

 

未知の先は、ぜーんぶ同じ。

 

 

「全ては、1つに繋がっている」という確かな感覚さえあれば、

 

誰が、何をしていようとも安心して見てられるし、

 

「自分の方が先を行ってる」という誤認識も湧かない。

 

 

上も、下も。

 

先も、後も。

 

ぜーんぶ、相対性のマボロシ。

 

 

 

そんなことを、大家族旅行中なのに考えてたり、

 

してたり、

 

した。

 

 

ほんとに、「日本語で英語は通じる」ということを、伝えたくて動画↑

 

「通じる」というのが、ミソだね。

 

繋がってるから、「通じる」んだよね。

 

 

 

 

 

 

 

☆さとうみつろうイベント情報☆

 

9月9日(土)重陽の日

鹿児島で~

詳しく⇒こちらから 

 

 

□9月23日(秋分の日)スペシャルイベント

宇宙意識への統合ワークショップ

⇒詳しい内容はこちらへ

 

 

※ファミリーマートの端末でも購入頂けます。

ファミポート端末で「さとうみつろう」をイベント検索ください

 

 

 

 

 

 

↓ジェームスは、とってもイケメンです。ブラピより、ディカプリオよりかっこいいです。マジで。

 

でもって、性格がめちゃくちゃ良い。

 

どんな日本人より、気が利くし細やかで。

 

アメリカ人ならではの、優しさも併せ持つ。

 

 

そんなお婿さんを迎えられたさとう家は、幸せですな。

 

キビさんは76才になるのに、コクトウとザラメを背泳ぎの熱血指導してましたよ。

 

 

 

 

 

「通じるものが、ある。」

 

よく聞く、日本語ですが。

 

通じるモノがあるのは、当然です。

 

全て、1つと、繋がっているからです。

 

通じない、モノは、ありません。

 

 

 

最近、「直感」が凄いって言う記事を載せましたよね?

 

あのせいで、「いいなー。私はまだそんな直感はありません」と何名にも言われまして。

 

 

「直感」だけが、素晴らしい訳じゃないよね。

 

知識でだって、同じ場所に辿り着くから。

 

 

もしも辿り着かないんだったら。

 

「1つの道」しか作ってない、道路施行責任者(別称:神)に文句言えばいいんだよ。

 

 

↓今日は、下の二つのボタンを押す祭、

 

「とばっちりじゃよ。どこからでも、辿り着くんじゃから。」と言いながらポちポチ↓

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

読者登録してね

 

 

 

このブログの作者の笑えるトークライヴを聞いてみませんか?

-現在申し込める、最新の公演情報-

 

 

◆さとうみつろうイベント情報◆タイトル(書き換えてご使用ください

4月1日 April Fool'sDay『世界がウソ』

5月14日(日) 横浜トークショー 満席御礼

5月20日(土)札幌時計台音楽 満席御礼

6月15日(木) はちみつツアー  満席御礼

7月8日(土)山形トークショー 純正律

7月10日(月)出羽三山ツアー 満席御礼

8月11日(祝)広島トークショー

 
 
 

↓最新の公演情報は画像をクリック↓

 

 

◆さとうみつろうの他のページ◆  

↓ブログには無い情報もあるよフォローしてね↓

   

      

 

このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

★Pickup過去記事★

・メディアの洗脳から目覚める→ここ ・伊勢神宮旅行記→ここ
・完全覚醒者上江洲先生との対談→ここ ・悟り、目覚め関係→ここ
・奇跡の免疫アップデザートTGG→ここ

AD