いよいよ明日、9月22日22時31分は【秋分点】。


秋分点(春分点)というのは、

太陽光線に対して地軸が垂直になる瞬間です。



 
「地軸」は公転面に対し常に23度傾いていますが、

地球の運行位置により「太陽光線」に対する角度を変えます。

(※くれぐれも「秋分点って地軸が垂直になる日だよね~」とか言うと、
「地軸の傾きはかわんねーよ!」とバカにされるので気を付けましょう。
主語、大事です。「太陽光」に対して。)





 【夏至点】では太陽に対して北半球が頭を下げている位置。

地表から観ると、太陽を一番「高い位置」に崇めている状態で、

太陽エネルギーが(北半球で)最大になる瞬間。







 

 【冬至点】では北半球が太陽から後ずさりし、

一年で一番低い位置に太陽が昇る。

逆に、太陽はこの瞬間からエネルギーが強くなり続けるので世界中で「お祝い」される「太陽の復活」の日





 

【 秋分(春分)点】は真東から太陽が昇るので、

傾きなく昼と夜の長さが同じ。







地球の「運行」位置により、 太陽光線に対する地軸の傾きが変わる。

それが、四季。



 

( 詳しくは6年前の記事↓)

 

 

毎年この「太陽四点祭」は大事な区切りですが、

特に2020年は特別な年。

2020年の冬至の翌日には、去年に引き続きミューザでの公演が1年前から決まってますが、
(1年前に会場でチケットを購入された皆さん、ご安心を。コロナですがやりますよ。)




そして、2020年の秋分点には【The Rebirth】。

ホテルなどの部屋で「リラックス空間」をそれぞれ作ってもらい、

その「空間」をオンラインで繋ぎ、

仮想上の「新生地球意識」を生み出す。

 

 

 

とにかく特別な瞬間になることは間違いない、明日のワークショップ【The Rebirth】ですが、

参加される方へ連絡事項があるそうです。



昨日の夕方に「いまここ塾」からメールを送っているそうですが、

届いていない人は居ませんか?


万一届いていない場合は、迷惑フォルダや、ソーシャルフォルダをチェックするようにとのことです。

メールが届かないと(配信アドレスが届かないので)、参加出来ません。


参加予定で、メールがまだ届いていない方は、

「いまここ塾」さんのサポートデスクまで連絡してください↓

 





そして、

どうしても明日の【The Rebirth】に参加出来ないという方へ、

【秋分点】の同じ時間帯に、


臨済宗方広寺派 祥光寺和尚の向 令考 和尚が、

無料で参加できる「祈り合わせの会」をしてくれるそうですので、

是非参加しない人も、こちらへはご参加ください。


https://youtu.be/Jz8CByX45Ls 


※22日の22時~1時間放送




 


1人でも多くの「コロナに影響されていない意識」を集めて、

祈り合わせが出来たら良いなと思います。








1:55:00~2:03:00
8分くらいなんで見てみて↓

 




これだと、
0:18:00~0:32:00
の14分くらい↓

 


ということで、いよいよ明日です。

まだまだ参加者が増えますように。



【The Rebirth】
日時:9月22日22時31分(秋分点)の前後5時間

参加:一人きりでリラックスできる空間を確保
⇒詳しくはこちらから

 
 

 

 

 

 

 


↓今日は下の2つのボタンを押す祭、


「明日は秋分点」と言いながらポチ、ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑


 

▼この記事を書いた人 Writer's Info

さとうみつろう

日本の作家・ミュージシャン。中1の長男コクトウ君と、小3の長女ザラメちゃん、最近1才になった次女ミリンちゃんの3児のパパ。石垣島で生まれ中学は大分県、大学は北海道。社会を変えるためには「1人1人の意識の変革」が必要だと痛感し、大手エネルギー企業から独立。本の執筆や楽曲の発表を本格化し、初の著書がシリーズ累計30万部のメガヒットを記録。10代の若者を中心に多くの支持を集める。ところ…

詳しいプロフィール


この作者の記事をSNSでフォロー
everblog
   

 


 


 

 

 

 

ページいいねであなたのタイムラインにお届け↓


「動物」を生物学上の分類で大きく2つに分けると、

「脊椎動物」と「無脊椎動物」に分かれます。




この分類は有名ですが、

どうしてこの惑星『地球』において、ヒト科だけが環境破壊をするのか?

ヒト科だけが(色んな意味で)特別なのか?



要するに、「ヒト科」「ヒト科以外」の大きな違いは何か?



生物学者は、「重力から自由になったこと」だと言います。

右手と左手が「自由」に使えない奴隷は、何も出来ない。


ところが、「両手が使えるようになる」と、

色んなことが出来る(破壊も創造も)。




「二足歩行」というのが、ヒト科の最大の特徴です。

他の生物は、四つの足を地球に縛られているから。


さて、その上で「セキツイ」とはそもそも何なのか?



有名な図がこれですが、実はこれだと不正解だそうで。


周囲の「骨」は脊椎じゃなくて、

「脊椎」を守るためのプロテクター。防護壁。

その内側にあるモノが、脊椎だそうです。



これが、セキツイ。

セキスイハウスじゃないよ、セキツイ。

脳まで続く「神経の束」のこと。

いや、脳ミソまでを含んで「脳脊椎」というそうです。


「頭蓋骨」と「脊椎骨」で守られている、

動物の「中枢部分」がセキツイ。



これが、ニンゲンの正体であり、

これ以外は外壁なので「セキスイハウス」です。


え???


「セキスイハウス」の中に、

「セキツイ」が住んでるイメージです。


え???



で、この神経の束には「電子」が流れている。

脳と各組織に指令を伝える電流。





電源ケーブルが「背骨」の中にいっぱい入っている感じ。





で、中学理科の「右ネジの法則」で習った通り、

長い棒に電流を流すと、周囲には磁界が発生する。







ということで、長くなりましたが、




背骨で「方位」を感じることが出来る
はずです。

※個人的な予測です。



「長い棒(背骨)」に電流が流れてるんだから、

周囲には磁界が発生しており、「方位」を感得できる機構が、

セキツイ動物には備わっているのではないか?

と。



そして、裏付ける『研究結果』も。
ーーーーーー

ドイツのデュースブルグ=エッセン大学とプラハのチェコ生命科学大学の研究者たちが2年間にわたり70匹の犬を観察し、1,893回の排便と5,582回の排尿の向き、そしてその地域の磁場について調査した論文が、科学雑誌「Frontiers in Zoology」に2013年に掲載。
この研究者たちの調査によると、
犬は排便時に体を南北方向に向ける傾向があり、また、磁場が不安定な時にはこの傾向がみられない」ということが分かりました。
また、意図的に南北方向に体を向ける一方で、東西方向を避けているという傾向もみられています。

⇒出典こちらより
ーーーーーー





犬がウンコをする前に、クルクル回るのは、

「方位」を探索しているから。

必ず、「南北」に背骨を沿わせてウンコをするそうです。



さて、そこで冒頭の「生物学による分類」ですが、




なんだか、これじゃ違う気がするんですよ。

せっかく、

「棒が有る(背骨アリ)」「棒が無い(背骨ナシ)」

の2種類に分けたんだから、


その次は、「棒がどういう状態か?」で分類するべきじゃね?

と思っていたのですが、



ヒト科の特徴は、

この方位磁石(セキツイ)が、

地面に対して垂直に立ち上がっている事だと思うんです。



さて、ここからが問題です。

もしも「地球上」で生きるだけなら、

地球(地面)の方位さえ分かれば良い。



でも、ニンゲンは背骨を立てた。




宇宙を目指したか、

または、そもそも宇宙からやって来た生物なのかもしれません。


まるで、電波塔のようにスックと立ち上がる「セキツイ」は、

宇宙から何かをキャッチするために、そうなっているのかもしれません。


 

 

 


これが、一昨日の「地球会議」でお話しした「スピン」。


「南北」とはそもそも、地球の「自転軸」の事であり、

それは要するに、スピンの軸「回転軸」のことです。



英語がよく分からんけど、


「spinal Cord」ってあるしね。

「spin」を感得する電気コードじゃね?


 

 

 

あ、↑この深夜の地球会議を終えて、

翌朝、「いざバシャール!」と望みましたら、

ダリル・アンカさんのお兄様が急にお亡くなりになったとのことで、

対談がしばらく延期となりました。



ご冥福をお祈りいたします。



きっと、前日の動画の中で「準備が出来てない」「もっと聞くことをまとめたい」と何度も言っていたから、

ある意味においては、良かったのかもしれません。

もっとしっかりと準備して、最高のコンディションで臨む。



なので質問の受け付けも対談まで延長で受け付けてますので、

もっと、ドシドシと聞きたいことをお寄せくださいね(^^)/









今のところ出てるキーワード↑






前回の、対談本(これ読むだけでも、多くの質問が消えます)

 

 



 

 

 

5年前に初めて会った日↓




スピンについては、新刊『レイ』の下巻を参照。
 

 

 

 





 

 


 

【The Rebirth】
日時:9月22日22時31分(秋分点)の前後5時間

参加:一人きりでリラックスできる空間を確保
⇒詳しくはこちらから

 
 

 

 


 

 

↓前日の地球会議で「スピン」についてもっと知りたいというコメントが多かったのですが、

そもそも「南北」というのは、この地球の「自転軸」のお話しです。

回転している軸。


ウシさんも、必ず北を向いて(背骨を南北に沿わせて)草をはむそうです。

自分の乗っている「乗り物」の回転軸を察知して、

そのエネルギーを「利用」するのは、当然ですな。

ロケットは必ず東方向へ打ち上げるのも、「地球」の回転エネルギーを利用するため。


(スピンについて詳しく知りたい人は⇒ここを最初から読んでみて)





そんな「回転軸」を察知するためのセキツイが、

ヒト科だけなぜか、垂直に立てている。




宇宙を狙ってたとしか、思えないっしょ!

ダリルアンカさんとかも、バシャールを「降ろす」時は、必ず背骨を「垂直」にしてるしね。

この垂直に立てた「背骨(電流の束)」に、宇宙から電波に乗って情報が降りるのかな?


いくらバシャールが地球へ降りたくても、

ダリルアンカさんというポート(港)が無いと、無理ですからね。

ひょっとすると今回は、ダリルさん以外の多くの人に直接『情報』が降りるのかもしれないしね。

そしてそれは、「あなた」なのかもしれない。


なんか、いつもとは違う事を思い浮かんだら、

ソッコーで教えてね(^^)/






昨日から「お彼岸入り」しています。

秋分点前後の3日間。



お彼岸は先祖に「繋がる期間」だと、昔から言い伝えられている理由は、

やはり秋分の日という地球の回転軸と太陽光線が織りなす現象が、関係しているんだと思います。


涼しい秋の夜長。

宇宙に向かって、何かを想うにも、ちょうど良い気候ですね。



↓今日は下の2つのボタンを押す祭、


「背骨で感じるモノは、磁力線」と言いながらポチ、ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑


 

▼この記事を書いた人 Writer's Info

さとうみつろう

日本の作家・ミュージシャン。中1の長男コクトウ君と、小3の長女ザラメちゃん、最近1才になった次女ミリンちゃんの3児のパパ。石垣島で生まれ中学は大分県、大学は北海道。社会を変えるためには「1人1人の意識の変革」が必要だと痛感し、大手エネルギー企業から独立。本の執筆や楽曲の発表を本格化し、初の著書がシリーズ累計30万部のメガヒットを記録。10代の若者を中心に多くの支持を集める。ところ…

詳しいプロフィール


この作者の記事をSNSでフォロー
everblog
   

 


 


 

 

 

 

ページいいねであなたのタイムラインにお届け↓


バシャールとの対談は、3日間。


1日目が、今日の10時~

2日目が、秋分の日

3日目が、秋分の翌日


てこって、あと3時間後に第1回目。

いちおー、スマホのメモを見ながらおしゃべりするので、

まだ質問がありましたら、いつでもLINEに入れといてください。

てか、今日どころか【3日目】の9月23日まで受け付けてまーす。






こんなに星がたくさんあるのに、

「人類だけ」「地球だけ」という可能性は低いだろう。




こんなに星がたくさんあるのに、

どうして、この星だったんだろう。







こんなに星がたくさんあるのに、

「この星」 の中でさえ議論が割れ、争い、憎しみ合う。




こんなに星がたくさんある、

ということを、忘れているからだろう。







偶然同じ星に居るんだから、この機会に仲直りしませんか?

その天文学的な「偶然」の確率は、計算機を使って出すまでもなく、



今夜、夜空を見上げたら分かるのだから。





【ONE】。

地球と言う意識で、1つの集合意識。

沖縄では左と右の意見を乗り越えた政治結集を目指してオール沖縄って言葉が生まれたけど、

【オール地球】ですな。



てこって、地球の質問を死ぬほど集めたので、

この星という小選挙区の代表答弁者(星会議員)、

行ってきまーす。


※写真は全て秋田県の名カメラマン「写真家山ちゃん」
※龍の伝説残る田沢湖の写真だそうです





前回の、対談本(これ読むだけでも、多くの質問が消えます)

 

 





 

 



スピンや、フロイトの「集合意識」については、

新刊『レイ上巻』と『レイ下巻』をおよみくだされ。







在庫が切れてたAmazon、入荷してます。
 

 

 


 

 






 

5年前に会った日↓






 

 

 

秋分点【The Rebirth】でやることの
内容チェックは↓


⇒こちらから

 
 

 

 

 

 

 

 


↓今日は下の2つのボタンを押す祭、

「奇跡としか言えない低確率の同郷者たち」と言いながらポチ、ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑


 

▼この記事を書いた人 Writer's Info

さとうみつろう

日本の作家・ミュージシャン。中1の長男コクトウ君と、小3の長女ザラメちゃん、最近1才になった次女ミリンちゃんの3児のパパ。石垣島で生まれ中学は大分県、大学は北海道。社会を変えるためには「1人1人の意識の変革」が必要だと痛感し、大手エネルギー企業から独立。本の執筆や楽曲の発表を本格化し、初の著書がシリーズ累計30万部のメガヒットを記録。10代の若者を中心に多くの支持を集める。ところ…

詳しいプロフィール


この作者の記事をSNSでフォロー
everblog
   

 


 


 

 

 

 

ページいいねであなたのタイムラインにお届け↓