何でも「わたし」の心に従って、

 

自分が食べたい物を食べるべきです。


 

 

というお便りを頂きました。

 

えぇ。

 

 

でも、もしもその「わたし」という者が、

 

何者かに乗っ取られ、操られているとしたら??

 

その乗っ取られた「わたしの心の声」とやらに、従いますか?

 

 

アメリカのニューメキシコ大学の研究によると、

 

腸内細菌が、宿主(いわゆる「わたし」)の神経系統を乗っ取り、

 

「わたし」の摂食行動(何を食べるかという行動)を操っている事が分かったそうです。

 

 

 

要するに、

 

「チョコが食べたい!!」というのは「わたし」の意志だと思っていた事でしょうが、

 

最新の研究によると、

 

チョコを食べたいと、腸内細菌が「あなた」に思わせていたのです。

 

 

↑この科学雑誌で3年前に発表され、

 

世界が驚いたそうです。

 

 

体内に入って来た菌や寄生虫が、

 

その宿主の行動パターンを変えることを、

 

宿主行動変容」と言うそうです。

 

 

 

朝、あなたはパンを食べたくなった。

 

それは、「あなた」が食べたくなったのではなく、

 

あなたの腸内の細菌が、パンを欲っした。

 

それなのに「あなた」は、

 

まるで自分がパンを食べたいと思ったかのように錯覚し、

 

「わたし」の心の声に従ったのよ、と言った。

 

 

 

昼、あなたはスタバでコーヒーを飲みながら、

 

「久美子~

 

みつろうとか言う変なおっさんがぁ~、

 

玄米がおいしいとか言ってんのぉ。

 

マジ、ウっケるんですけど。

 

ブレてるわぁ~。

 

無理しないで、「わたし」の心の声に従うべきよ、

 

ケーキ一つくださーい」

 

と、まったく自分の声じゃないその声に・・・、

 

腸内のガンジダ菌の声に従って、ブレブレな事をしている。

 

 

腸内には「腸内フローラ」と言って、

 

多種多様な菌たちが共生しています。

 

この大学の研究によると、菌は他の菌たちと勢力争いをしているそうで、

 

例えば、ガンジダ菌は「砂糖」が好物で、

 

自身の勢力拡大のために、宿主の神経系統をホルモン物質で乗っ取って、

 

「もっと砂糖を採れ!」と宿主に命令するそうです。

 

 

すると何も知らない「あなた」は、

 

まるで自分がチョコレートを食べたかったかのように、

 

スーパーでチョコに手を伸ばす。

 

 

果たしてこれは、

 

「わたし」の心の声に従っていると言えるのだろうか。

 

 

さぁ、ここで哲学者さとうみつろうさんが、

 

面白いパラドックスを。

 

 

【研究成果】

腸内の「菌」が「あなた」を操っている事が判明した。

だから食べモノを変えれば腸内の菌のバランスが変わり、

あなたの意志や性格は変えられる。

 

 

これは、上記のアメリカの研究以外でも、

 

スウェーデンや、ドイツの研究などで出ており、

 

「健康な人のうんこ」を「病気の人の腸内に移植」する事で、

 

その人を健康にするという、

 

ウンコマニア必見の治療法が始まってたりします。

 

 

でも、

 

「意思や性格を変えるために、

 

今日から食事を変えるぞ!!」

 

という意思も、結局は腸内細菌からの意思なのです(笑)

 

 

腸内を変えるために、マックをやめたのか、

 

腸内が変わったから、「マックをやめよう」と思ったのか。

 

 

 

トリが先か、ニワトリが先かってやつですね。

 

 

違うか。

 

トリが先か、タマゴが先かってやつですな。

 

 

 

まぁ、とにかく。

 

「わたし」の心の声に従って、

 

私の好きな物を食べるべきよ!

 

 

というご意見をメールで頂きましたが、

 

どうやらそのメールは、

 

その人の腸から届いていたようです。

 

 

 

 

 

ダマされたと思って、食事を変えてみてごらん。

 

「あなた」の性格が変わるから。

 

性格が変われば、人生が変わるから。

 

 

 

 

食事を変えるにあたって、

細胞がOK反応を出す食材たちの共通点について、

↓ネット参加でも良いので一緒に勉強しましょう。

ここでしか聴けない情報だらけです。

 

 

※満席御礼

〇食を変えれば、人生変わる
日時:2018年11月9日(金)18:30~21:30

場所:浦添市 結の街3F大ホール
 

 

動画データ販売中⇒こちらから

 

この講演会の録画データを、現在

期間限定にて発売中です。

この貴重な機会を、ぜひお聞き逃しなく。

 

 

 

 

この動画を見るだけでも、「真の健康情報」に少し近づけると思うので、

多くのシェアお願いいたします。

 

 

 

 

 

↓ちなみに、僕のブログでは5年前から、

 

摂食行動どころか、全ての行動が「腸内細菌」によって起こっていると伝え続けているので、

 

長年このブログを読んでいる人には、今日の内容に衝撃は無いでしょう。

 

が、世間的には「大ニュース」になったんだって。3年前に。

 

 

で僕は、昨日このメールを頂いたときに、

 

ネットで調べてて「腸内細菌が摂食行動を乗っ取っている」というニュースを得たのですが、

 

その瞬間、

 

 

 

みつろう

「くっそー、俺が絶対に先に書いてたはずだ。

 

どっかで読んだ知識じゃなくて、自分でヒラメイタんだから!

 

このままだと、アメリカのパクリだと思われちゃう。

 

アメリカにだけは負けたくない!

 

富国強兵!トラトラトラ!

 

えーっと、あれを書いたのはたしか・・・、

 

おっしゃ!!!日付けが勝っとる!!

 

アメリカの研究より先に、発表しとる!!!

 

参ったか、ブッシュ!!」

 

 

ということで、

 

その記事がこれです↓

 

 

ー過去記事を簡単に説明するとー

 

5年前に豆乳ヨーグルト作りにハマり、

ヨーグルトを発酵させるための保温気の設定温度を、

いつでも「36度」にしていて、ある時思った。

「世界中で、常に36度をキープしている場所なんてあるかい!めんどくさい菌め!!」

と。

で、あったんですな。

世界中で、常に36度にキープされる「場所」が。

それが、人間の腸内。

アフリカに行っても、北極に行っても、

なぜかニンゲンの腸内は「36度」。

変温動物なら、環境で体温が変わるのに、

ニンゲンだけは、なぜかずーっと「36度」をキープ。

・・・。

てことは、ニンゲンってそもそも、腸内の微生物たちを快適な温度で保温するための、

ただの保温器なんじゃね?

と。

 

で、あれから5年。

最近シったのですが、

地球の生物の起源は、

チューブワームという↓この生物らしい。

口と肛門が無く、ただ「チューブ」が揺れてるだけ。

それなのにどうやって生きているかと言うと、

管の中に、大量の微生物を飼っている。

そう、これは「腸」の原型なのだ。

生物は「腸」から出来た。

詳しくは、5年前のこの記事を読んでね↓

 

https://ameblo.jp/mitsulow/entry-11495579870.html

 

 

まぁ、とにかく。

 

・甘いモノを我慢しろだなんて、おかしいと思います。

・もっと「わたし」の心の声に従うべきです

 

 

というメールを頂きましたが、

 

「食べたいモノだけを食べるべきだ」と、

 

「あなた」に言わせているのは、腸内の細菌です。

 

 

トリとタマゴのパラドックスを超えて、

 

腸内を変えるために、細胞OKの食事に切り替えてみたら?

 

考え方も、性格も、人生も。

 

何もかもが、変わるよ。

 

 

楽しく学びたい、関連ある過去記事たち↓

https://ameblo.jp/mitsulow/entry-11495579870.html

 https://ameblo.jp/mitsulow/entry-12091496530.html

https://ameblo.jp/mitsulow/entry-11537907930.html

 

 

↓今日は、下の2つのランキングボタンを、

 

「あなたは、あなたが食べた菌の集合体」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

 

 

 

 

フォローしてね

 

◆さとうみつろうの他のページ◆  

↓ブログには無い情報もあるよフォローしてね↓

   

      

 

このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

★Pickup過去記事★

・メディアの洗脳から目覚める→ここ ・伊勢神宮旅行記→ここ

 

 

 

 

↓いいねボタンを押すと、このブログの更新情報をフェイスブックにお届け↓