あの戦国の現場へ行こう!~愛知を中心に城と戦国史跡を訪ねて~

メルマガ


  • 16Jul
    • 名古屋城で少し変わった求人募集の話

      名古屋城でまさに城好きのための求人があります!名古屋城内にて8月4日~15日までの期間中、普段は非公開の重要文化財「隅櫓」の臨時公開が始まります。現在、そのスタッフを募集中です。私の感想ですが、城に興味がある人や城に詳しくなりたい人などにはオススメの仕事だと思います。その理由は、知識のアウトプットができるからです。この仕事は来場したお客さんに櫓の説明をするので、知識を自分の頭の中で整理する必要があります。そうすることによって、自分の中で知識にしてしまうことができるからです。しかもオカネも、もらえますし(笑)どこの櫓が公開されるのか分かりませんが、かなりマニアックで面白い求人だと思います。詳しくはこちら⇒ 短期!名古屋城隅櫓での案内業務 | リクナビ派遣公式サイト>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      48
      テーマ:
  • 14Jul
    • 国宝犬山城天守から見える景色の中に小牧山城と名古屋駅がありました!

      久しぶりに愛知県犬山市にある犬山城に行ってきました!国宝天守からは東西南北を眺めることができるのですが、南にはなんと小牧山城と名古屋駅を眺めることに成功!以前からウワサには聞いていたのですが、このツーショットは貴重なものですね。真夏、真冬が一番見えやすいとも言いますが、晴れた日というのが大前提なのでしょう。また写真に撮る場合は、少し望遠で撮影できるカメラが必要ですが、今ではスマホでも可能です。犬山城に行った際には天守最上階で意識してみてください。>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      33
      テーマ:
  • 12Jul
    • 夏にオススメの愛知の城はここ!安城市歴史博物館になった安城市の安祥城

      夏は城巡りタブーの季節です。その理由は、暑いので熱中症が心配ですし、草木が生い茂って城の遺構も分かりにくいからです。でも、夏でも城に行きたい~!という方は、整備されて公園化された城がオススメです。愛知県でいうと、名古屋城、犬山城、岡崎城、長篠城、西尾城、吉田城など。あと私が一つ追加するなら、安城(あんじょう)市の安祥(あんしょう)城址ですね。安祥城址は簡単に言うと、戦国時代に織田氏と今川氏&松平氏によって、取ったり取られたりの攻防の歴史がある城です。織田信長の兄・織田信広が今川軍に捕まった城でもあります。そんな安祥城は、一部が安城市歴史博物館になっています。安祥城の縄張りはシンプルですが、ほぼ平城の地形を活かした防御の工夫が現在でもよく分かります。例えばこれは櫓台跡。少し高台になっているのがよく分かりますね。こんな感じで公園化された城内を夏場でも比較的快適に散策できるのです。>>私の安祥城の散策レビューまた秋には、安祥文化のさとまつりで、西尾藩鉄砲衆による古式火縄銃演武が再現されます。こんな感じで、四季を通して、安祥城址の一部に建設した安城市歴史博物館では、いろんな催しがあります。また安城市歴史博物館では、安城市の歴史に関する常設展が行われていますが、そこにも戦国時代の安城市の様子が分かりやすく解説してあるんです。なので、夏は安城市歴史博物館を拠点に、安祥城の城巡りというのも良いですね。ちなみにyoutubeに安城歴史博物館のPR動画が流れています。実は私も火縄銃演武で出ていますのでチェックしてみてくださいね!(3分37秒の最後に火縄銃撃つ武者が私です)あと定期的に甲冑試着体験も行われています。4分5秒の所に出てますね。夏の城巡りは安祥城、要チェックです!>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      34
      テーマ:
  • 09Jul
    • 日本100名城の香川県丸亀城の石垣が豪雨で崩落!

      報道によりますと、平成30年(2018)7月の豪雨により、香川県丸亀市にある丸亀城の石垣の一部が崩落したそうです。詳細はこちら⇒ NHKニュース丸亀城は、日本100名城のひとつで、多くの城ファン、観光客が訪れることで有名なのですが、特徴のひとつである石垣が崩れたのは非常に残念ですね。でも逆に言えば、平成30年(2018)7月の豪雨は、それくらい凄まじい豪雨だったという事でもありますね。今回の災害に関して、丸亀城は普通に営業しています。ただ、石垣崩落の部分だけが立ち入り禁止という事なので、100名城巡りは大丈夫という事ですね。>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      38
      テーマ:
  • 04Jul
    • 岡崎の家康公検定が新家康公検定になって復活!日時と検定料は?

      徳川家康と三河武士団に関する検定試験・家康公検定が復活しました!詳しくはこちら⇒ 新家康公検定2018これは徳川家康生誕地の岡崎市と、家康ゆかりの地で行われていた検定試験で、平成28年(2016)にファイナルということで終了しました。しかし、『またやってほしい!』という要望から、この度、新家康公検定として開催されます。私の感想ですが、こういった検定試験は自分の趣味の楽しみをパワーアップさせることができるのでオススメだと思います。その理由は、私も日本城郭検定を受けており、勉強する事によって、知らなかったことを発見できるからです。徳川家康や三河武士団に興味がある人は、是非。チェックしてみてください。以下、開催日時などの詳細です。【開催日】 2018年10月7(日)【時間】 10時30分~12時30分【場所】 岡崎商工会議所 岡崎信用金庫本店(変更する場合アリ)【検定料】 (一般)2,000円 (小中学生) 1,000円【締切】 8月6(月) 募集チラシに練習問題が付いていましたので、どの程度の問題が出るのかもチェックしてみましょう!【問】 家康公は75年の生涯をかけて、戦国乱世から泰平社会への時代の大転換を成し遂げました。応仁の乱より大坂の陣の終結まで、戦国時代は約何年続いたでしょうか?(1) 50年(2) 100年(3) 150年(4) 200年この問題は、応仁の乱と大坂の陣(夏の陣)の年号が分かれば、後は簡単な算数ですね。問題が分かった方は是非、チャレンジしてみてください。詳しくはこちら⇒ 新家康公検定2018>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      39
      テーマ:
  • 30Jun
    • 夏に巡るオススメの城を日本ど真ん中お城スタンプラリーで探す理由

      夏は城巡りタブーの季節です。その理由は、山城行っても草木が生い茂り、何が堀だか土塁だか分からない事が多いからです。また一年で一番虫が出る季節でもありますし、熱中症も怖いですね。だから城巡りする人たちは、夏は情報収集や歴史研究をしており、冬の城巡りシーズンに備えます。つまり夏は城巡りのオフシーズンといえるでしょう。でもそんな中、盆休みもあるし、夏でも城巡りしたい!という方もいます。まあ、熱意は分かりますけどね。そんな夏でも城巡りしたい!という方にオススメなのが、日本ど真ん中お城スタンプラリーです。日本ど真ん中お城スタンプラリーとは、大垣城がある岐阜県大垣市とNEXCO中日本がコラボした城巡り企画です。東海地方を中心に、天守がある城を巡りスタンプを集めて、景品をゲットするという、城巡りファンにはうれしいスタンプラリーです。詳細はこちら ⇒ 日本どまんなかお城スタンプラリーこのスタンプラリーだと、比較的巡りやすい城がほとんどですし、スタンプも集めて良いことあるので、盆休みなどに進めてみてはいかがでしょうか。でも熱中症には気を付けてくださいね。>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      36
      テーマ:
  • 28Jun
    • 静岡県の犬山城に行ってきました!

      静岡県の犬山城に行ってきました!『ひでさん、犬山城は愛知でしょ?』というツッコミが聞こえてきそうですが…そうです、確かに国宝犬山城は愛知県なのですが、この天守、犬山城天守に似てませんか?実はこれ、静岡県榛原(はいばら)郡吉田町にある小山城(こやまじょう)なんです。小山城は、今川氏が築いたといわれていますが、武田、徳川によって争奪戦が行われました。今では公園になっています。天守は国宝・犬山城の天守をモデルにした模擬天守。でもちゃんと付け櫓まで再現してあるんです。ちなみに中は和室になってます。小山城の見どころは天守よりも馬出をはじめとする戦国期の遺構です。私の感想ですが、訪れる季節は冬がオススメ。なぜかというと、森の中に三段堀や土塁の遺構があり、夏だと生い茂り、やぶ蚊も多く困難な城巡りになるでしょう。日本ど真ん中お城スタンプラリーにも出てくる城なので、スタンプを集めがてら、今に残る遺構もしっかりチェックしておきたいですね。>>詳しい小山城レビュー>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      37
      テーマ:
  • 25Jun
    • 高橋陽介氏著書・関ヶ原合戦はなかったの感想

      一次史料にみる関ヶ原の戦いの著者・高橋陽介氏と乃至正彦氏の共著の新刊がでました。タイトルは、天下分け目の関ヶ原の合戦はなかったです。関ヶ原の合戦が無い?どういうこと?今回の本を分かりやすく言うと、高橋氏、乃至氏は今までの歴史認識を逆側から読み取った結果、今に伝わる関ヶ原の合戦は存在しなかったということ。例えば、今までの関ヶ原の話は次の通り。(1) 江戸時代に製作された合戦史があります。(2) その合戦史に、武将などの書状を照らし合わせてみます。(3) 合戦史に沿う書状は本物。沿わない書状はニセモノ。という流れで、あくまで合戦史がこの世の真実で、それに書状が合うか会わないかというのが評価でした。しかし高橋氏、乃至氏は逆のことをしたのです。(1) 現代に残る書状を時系列に並べ検証(2) すると慶長五年(1600)の年表ができる(3) その年表に合戦史を照らし合わせると、合戦史が合わないということ。もちろん、詳しく言うともっといろんな補足説明がありますが、簡単に言うとこんな感じです。この視点が衝撃的なのは、今までの合戦史で常識として認識されていたエピソードが否定されるということ。例えば、・石田三成は西軍の首謀者ではない・家康は関ヶ原にいなかった・小早川秀秋は急に寝返ったわけではない・決戦の前日に西軍は降参していた・決戦の予定地は南宮山だったなど、これはほんの一部。本の中にはもっと詳しく書かれています。また、この本に沿って武将の陣を地図に落とし込むと、これもまた衝撃的な陣形になっているんですね。石田三成は笹尾山に陣を置いていないし、島津っもトンデモナイとこに陣を敷いている…つまり、この本はある意味、新説の関ヶ原といった感じでしょうか。でも高橋氏と乃至氏の解説は腑に落ちるし、理に適っている部分もあります。ただ、この新説に困る人たちもたくさんいるよね~(笑)というのが私の感想です。あまり言うとまたメンドクサイのでこのくらいにしておきますが、ともあれ、関ヶ原合戦に興味がある人は要チェックの書物です。まずはあなたの近所の本屋で探してください。無ければネットでも購入できます。天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった 一次史料が伝える“通説を根底から覆す”真実とはーー [ 乃...¥1,728楽天天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった: 一次史料が伝える“通説を根底から覆す”真実とは/河出書房新社¥1,728Amazon.co.jp>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      41
      テーマ:
  • 21Jun
    • 高橋陽介氏講演会!『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』

      私とおなじ東海古城研究会の会員で、【一次史料にみる関ヶ原の戦い】の著者・高橋陽介氏の講演会が6月24日(日)に豊橋市で行われます。タイトルは、『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』です。こちら ⇒ 精文館書店公式サイト関ヶ原合戦がない???衝撃的なタイトルの講演会ですよね。高橋氏は、関ヶ原合戦について、どんなことを言おうとしているのか?また関ヶ原合戦がないとはどんな意味なのか?戦国ファンの方は興味がありますよね。限定50名の講演会で、私もすでに応募しました。実はこの日、私は西尾市で自分の講座があるのですが、それが終わってから豊橋市に駆け込もうと思っています。関ヶ原合戦に興味がある方。また、高橋陽介氏の本に興味がある方は、要チェックの講座ともいえるでしょう。>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!☆ 城・史跡レポをまとめてみました☆ 甲冑出陣レポ☆ この書籍を斬る!☆ 愛知のグルメ☆ 愛知おススメのおみやげ☆ プロフィール

      49
      テーマ:
  • 20Jun
    • ”関ヶ原武将シリーズ 第五弾 小早川秀秋(歴史講演会編)”のレビューが面白い

      5月27日に行われた小早川秀秋の講演会のレビューをひろみさんが書いてくれました。講演者はNHK大河ドラマ「真田丸」の時代考証を担当した黒田基樹氏。関ヶ原合戦は、近年、武将や戦いの様子など、研究者の方々によって見直されていますが、中には衝撃的な説も出てきます。今回の講演会も非常に興味深いもので、関ヶ原好きの方は是非チェックしてみてください。以下のレビューです。↓

      24
      テーマ:

プロフィール

愛知戦国史跡ナビゲーター・みかわのひで

性別:
男性
血液型:
A型
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
『愛知戦国史跡ナビゲーター・みかわのひで』 ■ 拠点 ■ 愛知県 ■ 活動内容 ■ ・戦国記...

続きを見る >

読者になる

テーマ

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス