久しぶりに対面で

(少人数にて)

 

いっぺん死んでみる

~今を生きるためのワークショップ~

を開催します。

 

 

 

どうぞお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは自分の死について

 

考えたことがありますか?

 

 

 

大切な人と

 

どう過ごしていきたいか

 

話したことはありますか?

 

 

  

 

「余命半年です」

 

と言われたら何を思いますか?

 

 

 

思い残すことはないですか?


 

 

 

生まれたからには誰もが

 

100%死が待っています。

 

 

 

ですが普段の生活の中では

 

なかなか自分事と思えず、

 

考えることもないかもしれません。

 

 

  

 

死をタブー視している日本の現状、

 

口にすることも難しいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぺん死んでみる

今を生きるためのワークショップでは

 

 

 

死を迎える過程を疑似体験し、

 

遺言をしたためます。

 

 

 

 

現代の終末期医療、延命治療、看取り

についてもお伝えしています。

 

 

 

 

死を見つめることで、

 

今の生がより見えてきます。

 

 

 

 

 

私は2019年4月

 

上原暢子先生のWSを受けました。

 

 

普段何気なく過ごしていると

 

気がつかない家族への感謝があふれ、

 

 

 

心配で気になって仕方がない

 

娘を手放せた感覚がありました。

 

 

 

 

そして人生を振り返る大きな機会になり、

 

普段あまり口にしない

 

死についても話せるこのWSは

 

 

沢山の人に拡がっていったらいいなと

 

思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこれまで 

 

 

お看取りに近い方の多い

 

訪問看護ステーションで働いてきました。


 

 

 

看護の中で、

 

お困りごとを聞いて、

 

身体的、精神的にも

 

お手伝いをしていきます。

 

 

 

「退職したばかり・・・。

これからやりたいことが

沢山あったんだ。」

 

 

「できるだけ、人には頼りたくない。

息子には・・・」

 

 

 

どのように日々を過ごしていきたいか、

 

どこで迎えたいか・・・

 

 

 

 

苦しい胸の内をあけてくださったり、

 

 

今までの武勇伝も

 

伺わせていただくこともあります。

 

 

 

 

家族には迷惑かけたくないから

 

動けなくなったら病院、

 

 

と言っていた方も

 

最期は周りにゆだねることを選んだり、

 

 

 

 

息子さんにはどうしても

 

頼りたくないと言っていた方は

 

 

看護師、ヘルパー支援を多く

 

受け入れながら過ごされたり・・・

 

  

 

そして

 

最期はみなさん、

望まれたように、

 

その人らしい最期を迎えていかれます。

 

 

 

誰もが、その方にとっての

 

タイミングのように思えました。

 

 

 

 

その人それぞれの生き様があり、

 

それぞれの人生を生ききることができるんだと

 

学ばせていただきました。

 

  

 

 

 

いつからでも好きに生きたらいい。

 

 

誰もが自分の人生の主役。

 

 

 

 

患者さん、ご家族から

 

 

教えていだだいたことを

 

お話させていただけること

 

嬉しく感じます。

 

 

 

 

 

WSの効果

 

 

・何が大切なのか見えてきます

 

・先送りしてきたことに気付けます

 

・死への見方が変わります

 

・周りに感謝があふれてきます

 

・病気や介護と

どう付き合えば良いかわかります

 

・選択を迫られたときの考え方がわかります

 

 

 

 

 

こんな方にお勧めです

 

 

・身近な人を亡くされた方

 

・ご家族の介護をされている方、

 介護に不安がある方

 

・ご家族との関係がよくない方

 

・自分のやりたいことがわからない方

 

・死への怖さがある方

 

・介護関係、医療関係の仕事をしている方

 

・WSに興味を持たれた方どなたでもぜひ~!

 

 

 

 

 

お申込み内容

 

 

【日時】 8月4日(水)9時半~12時

 

【会場】 JR、阪神 元町駅 徒歩7分

     地下鉄 県庁前駅すぐ

    兵庫県民会館
 

【参加費】 10.000円

 

【参加人数】   → 2人

 

 

 

 

お申込みはこちら

 

 

 

触れるところは消毒しています。

適時換気しながら開催させていただきます。

マスク着用でご参加願います。

 

 

 

 

状況によっては延期、オンラインに変更を

ご相談させていただくこともありますので

ご了承くださいませ。

 

 

 

寄り添って、

お看取りいたします。

 

 

 

 

 

 

1名様からリクエスト

受付中です。

オンラインも開催します。

 

 

 

 

公式ライン始めました。

お気軽にご連絡下さい

 

 

 時々つぶやいたり

今後予定のイベントなども

お伝えしていきます。

 

 

 

 

 

メールご希望の方は

こちらからぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の人生良かったなあと

思い残すことなく生き切れる世の中に~

 

 

 

 

 

ことだまお手当講師

エデンの森認定講師

訪問看護師

大谷美加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、多くの人が

不安を抱えている時ではないでしょうか?

 

 

病気になったらどうしよう・・・

 

死にたくない・・・

 

これからどうなるんだろう・・・

 

 

ニュースや周囲の話を聞いて

死を自分ごととして考えることも

増えているんじゃないでしょうか。

 

 

こんな今だからこそ、

向き合えたらよいなと思います。

 

 

 

今日からこう過ごしていこう。

 

今大切な人と話しておこう。

 

もう十分幸せだった。

 

 

 

色々なことに気づくかもしれません。

 

 

 

 

いっぺん死んでみる

〜今を生きるためのワークショップ~

のご案内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは自分の死について

 

考えたことがありますか?

 

 

 

大切な人と

 

どう過ごしていきたいか

 

話したことはありますか?

 

 

  

 

「余命半年です」

 

と言われたら何を思いますか?

 

 

 

思い残すことはないですか?


 

 

 

生まれたからには誰もが

 

100%死が待っています。

 

 

 

ですが普段の生活の中では

 

なかなか自分事と思えず、

 

考えることもないかもしれません。

 

 

  

 

死をタブー視している日本の現状、

 

口にすることも難しいのかもしれません。

 

 

 

 

 

「いっぺん死んでみるWS」では

 

 

 

死を迎える過程を疑似体験し、

 

遺言をしたためます。

 

 

 

 

病気について、延命について

なども学んでいきます。

 

 

 

死を見つめることで、

 

今の生がより見えてきます。

 

 

 

 

 

私は2019年4月

 

上原暢子先生のWSを受けました。

 

 

普段何気なく過ごしていると

 

気がつかない家族への感謝があふれ、

 

 

 

心配で気になって仕方がない

 

娘を手放せた感覚がありました。

 

 

 

 

そして人生を振り返る大きな機会になり、

 

普段あまり口にしない

 

死についても話せるこのWSは

 

 

沢山の人に拡がっていったらいいなと

 

思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこれまで 

 

 

お看取りに近い方の多い

 

訪問看護ステーションで働いてきました。


 

 

 

看護の中で、

 

お困りごとを聞いて、

 

身体的、精神的にも

 

それを緩和するお手伝いをしていきます。

 

 

 

「退職したばかり・・・。

これからやりたいことが

沢山あったんだ。」

 

 

「できるだけ、人には頼りたくない。

息子には・・・」

 

 

 

どのように日々を過ごしていきたいか、

 

どこで迎えたいか・・・

 

 

 

 

苦しい胸の内をあけてくださったり、

 

 

今までの武勇伝も

 

伺わせていただくこともあります。

 

 

 

 

家族には迷惑かけたくないから

 

動けなくなったら病院、

 

 

と言っていた方も

 

最期は周りにゆだねることを選んだり、

 

 

 

 

息子さんにはどうしても

 

頼りたくないと言っていた方は

 

 

看護師、ヘルパー支援を多く

 

受け入れながら過ごされたり・・・

 

  

 

そして

 

最期はみなさん、

望まれたように、

 

その人らしい最期を迎えていかれます。

 

 

 

誰もが、その方にとっての

 

タイミングのように思えました。

 

 

 

 

その人それぞれの生き様があり、

 

それぞれの人生を生ききることができるんだと

 

学ばせていただきました。

 

  

 

 

 

いつからでも好きに生きたらいい。

 

 

誰もが自分の人生の主役。

 

 

 

 

患者さん、ご家族から

 

 

教えていだだいたことを

 

お話させていただけること

 

嬉しく感じます。

 

 

 

 

 

WSの効果

 

 

・何が大切なのか見えてきます

 

・先送りしてきたことに気付けます

 

・死への見方が変わります

 

・周りに感謝があふれてきます

 

・病気や介護と

どう付き合えば良いかわかります

 

・選択を迫られたときの考え方がわかります

 

 

 

 

 

こんな方にお勧めです

 

 

・身近な人を亡くされた方

 

・ご家族の介護をされている方、

 介護に不安がある方

 

・ご家族との関係に心配がある方

 

・自分のやりたいことがわからない方

 

・死への怖さがある方

 

・介護関係、医療関係の仕事をしている方

 

・WSに興味を持たれた方どなたでもぜひ~!

 

 

 


 

お申込み内容(オンライン)

 

 

 

時間】2時間半程度

 

 

 

【ご準備いただくもの】


筆記用具 メモ


7.5×7.5cm折り紙4色5枚ずつ

(若しくは同じ位の紙か付箋20枚)


便箋・封筒1組


泣く自信のある方はタオル、ティッシュ


zoom環境
 

  

 

 

【望ましい環境】


静かで集中できる環境 かつ

声が出せる環境


勉強机くらいのスペース


イヤフォン推奨


パソコン>携帯(資料の画面共有あります)

 

 

 

 

 

 

 

【参加費】10.000円

 

 

 

家族割あります! 

ぜひぜひ親子、

ご兄弟、ご夫婦で

ご参加ください。

 

ワークショップ終了後

普段から大切なことを

話し合える関係になれます。

 

お二人で 12.000円

 

 

 

 

 

 

寄り添って、

お看取りいたします。

 

 

 

 

 

1名様からリクエスト

受付中です。

 

 

対面ご希望の方は、

ご相談ください。

 

神戸、明石近辺で開催します。

 

 

 

公式ライン始めました。

お気軽にご連絡下さい

 

 

 時々つぶやいたり

今後予定のイベントなども

お伝えしていきます。

 

 

 

 

 

メールご希望の方は

こちらからぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 私の人生良かったなあと

思い残すことなく生き切れる世の中に~

 

 

 

 

 

ことだまお手当講師

エデンの森認定講師

訪問看護師大谷美加

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は死の話でお茶会

12回目でした。

 

 

なかなか

普段の会話で出来ない死の話。

 

話せる場所があるといいね・・・

その思いで始めた月1お茶会。

 

 

 

一緒に開催している中村温子さん

一年続けてきたねえ・・・と

 

しみじみ語っておりました。

 

 

 

   

 

今回は参加者さん5名。

 

リピーターの方お一人、

あとは初参加の方々でした。

  

 

 

「1年越しに参加できます」

とおっしゃってくださった方が

二人もいらして・・・

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

今回は

もしバナゲームをしてみました。

 

 

 

 

余命半年から1年と言われた時に

 

どうありたいか・・・

何を大切に考えるか・・・

 

 

 

35枚のカードの中から

 

自分にとっても大事なことを

選んでいきました。

  

 

 

みんなそれぞれ価値観が違うんだな・・・

を知れたり、

違う価値観を知ることで、

自分の考えの枠が広がったり・・・

 

 

 

選んだカードを元に、

皆さんの体験、感じていることを

語ってくださいました。

  

 

 

葬儀の準備はできていた方が

助かるよね。 

 

物が整理されていると助かるけど、

それをすることで家族の気持ちの

整理にもなるのかも。

 

  

 

 

もう長くないって

覚悟していたつもりだったけど、

いざその場面が来たら・・・

 

表面的にしか

理解できてなかったことに気づいた。

「ありがとう」って言えてよかった。

  

 

 

 

肉体の死はあるけど、

魂は続いている。

 

大切にしていたペットが

その時は迎えにきてくれるのかな。 

 

自分も誰かを迎えにいくのかな。

 

    

 

 

長年ケアラーとして

ご家族と共に過ごしてきた

エデンの森認定講師のいくちゃんが

 

ブログに書いてくれました。

 

 

 

 

『生きる』を支える病院

 

『生活』を支える在宅医療

 

 

この二つの間にある

 

大きな隔たりに

架け橋ができてくれたら

 

 

自分の生と死を

自分で選択できる世の中になる

 

 

そんな風に思うのです。

 

 

ものすっごい覚悟しないと

できないなんて

 

何だかねー。

 

 

 

もちろん

医療におんぶに抱っこじゃなくて

 

私たち医療従事者じゃない人間も

できることはたくさんあるよ。

 

 

 

↑さすがでございます!

 

相変わらずの質問力!!

ありがとうございました。

 

     

 

 

ご参加のみなさん、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

7月は私たちからの

押しつけ話!?

もあります13回目お茶会です。

 

 

 

温子さんからは、

 

誰もが死ぬのは初体験

知らない不安をなくそう

死にゆく過程を体感する

 

 

 

私からは

 

訪問看護師として

関わってきた、

平穏死について

 

 

 

 

 

医療界の沢口靖子と   

言っていただきました(笑)

 

 

   

 

 

私が訪問看護を始めたのは

20年以上も前(だいぶ古い人になりました)

介護保険が始まる前・・・

 

 

病棟経験3年で

雇ってくれた所長さんは

 

「枯れるように亡くなる」 

 

まず自然な看取りについて

教えてくれました。

 

 

 

食べれなくなるということは・・・・  

 

身体に食べ物が

必要ではなくなってきたということ。

   

 

 

在宅では点滴などもせず

 

好きな物を 

 

好きな時間に

 

好きなだけで・・・  

 

過ごしていかれる方も多いです。

 

 

 

 

苦しんで亡くなる方はほとんどおらず、

それぞれの過ごし方で、 

 

安らかに迎えていかれます。 

 

 


亡くなってからご遺族に

「家で過ごせるなんて知りませんでした。

この活動(訪問看護)を沢山の人に知ってもらいたいです」 

 

と言っていただけたことがあります。

  

 

 

がんであっても、どんな病気でも、

 

「家にいたい」 

 

「家にいて欲しい」 

 

 

 

この思いがあれば、

 

自宅で過ごすことができる・・・ 

   


 

 

 

一般の方はもちろん、

実は医療従事者も 

  

まだまだ

知らない方も多いかと思います。

 

  

 

共に歩んでくれる

医師や、看護師・・・

ケアマネジャー、ヘルパー、

その他多くのサポートがある。

 

 

 

どう過ごすのか 

どこで過ごすのか 

 

自由に選べるということ。

 

  

 

 

長年お伝えしたいと思っていたこと

お話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、死の話でお茶会13回目は

7/29(木)13時~14時半です。

 

 

 

 

ご連絡はこちらから

どうぞ!

 

 


 

 

 

メールご希望の方は

こちらから

 

 


 

 

じっくり向き合いたい方はこちらです。

リクエスト受付中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の人生良かったなあと

思い残すことなく生き切れる世の中に~

 

 

 

 

 

ことだまお手当講師

エデンの森認定講師

訪問看護師

 

大谷美加

 

 

 

 

 

みなさん!

 

 

焼き豚

作ったことありますか?

 

 

私は先日初めて作ってみました❤️

 

 

 

 

 

幸せ運ぶ料理人 はるちゃん

の料理教室に参加

 
 
 

 

 

  

はるちゃんのお話しを聞きながら

材料切ったり

調味料入れたり

 

 

 

普段の料理の

アドバイスももらえ、

 

 

わからないことは

すぐに教えてもらえて…

 

 

 

 

 

気づいたら

 

 

 

夕飯の下ごしらえが

出来ちゃった!

 

 

 

焼き豚って、

 

大変、時間かかるもの

と思っていたけれど、

 

 

 

はるちゃんのレシピは時短レシピ!

  

 

 

 

あとは夕食前に

オーブンに入れるだけでした!!

 

 

 

その間ごはん炊いたり(我が家は圧力鍋)

味噌汁作ったり、

他の家事しているうちに、

  

 

おいしい焼き豚が出来ました。

 

 

 

 

色々美しく無くて失礼します~

 

 

 

 

 

 

仕込んでおいたマリネも

ちょうどよくなじんでいて、

おいしかったです♪

 

 

 

 

普段は辛口娘も

 

「お母さんおいしいよ」

うれしい言葉♡

 

 

 

 

旦那さんも

 

「どこで買ったの?」

プロが作ったと思ってくれました!

 

 

 

 

温かい焼き豚っておいしい!

新たな発見でした。

  

 

 

アドバイス通り、

ビールを用意しておきました~

 

合う合う!

 

 

 

 

 

 

翌日のお弁当にも入れようかと

思っていたら、

 

あっという間に無くなりました・・・

 

 

 

次回は倍量作ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

料理教室って、

その場で作って試食して 

 

ワイワイ過ごすのも

楽しみだったりするけれど・・・

 

  

 

 

オンラインの料理教室も

ありなんだなあ・・・。

 

 


 

料理教室でおしゃべりしながら

楽しく過ごしているうちに、

 

夕飯の準備が出来るなんてありがたい。

 

 

 

出来た料理を家族と

一緒にいただけるのも嬉しい!

 

 

 

自分で材料の準備して、

自宅で既に一度料理しているから

 

今度、一人で作る時にも

困ることはない!

 

 


 

 

 

そうそう 

 

料理していたら

思い出しました。 

 

 

家事の中で 

 

私は料理好きだったって事。

 

 

 

独身時代は

 

ベターホームの基本料理、魚料理

 

 

その後も

 

マクロビ、重ね煮

 

天然酵母パン教室、ケーキ教室・・・

 

 

沢山行ってたなあ(笑)

 

 

 

 

気持ちが乗らない時は

 

料理は面倒だなあ…

 

なんて思う事もあるけど

 

 

 

自分が作った料理を

食べてくれる家族がいる

 

 

 

幸せなことだなあ…

  

 

 

 

 

そして

簡単、楽チンで美味しい!

料理はありがたい。

 

 

 

得意料理・・・

 

「焼き豚だよ」

 

って言えそうです♪

 はやっ(笑)

 

 

 

 

はるちゃん

ありがとうございました。

 

 

はるちゃんの料理教室

 

 

おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回死の話でお茶会は

6/30(水)開催です。

 

 

 

 

 

 

いっぺん死んでみるワークショップ

6/23(水)開催します。

 

 

 

 

 

ご連絡はこちらから

どうぞ!

 

 


 

 

 

メールご希望の方は

こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 私の人生良かったなあと

思い残すことなく生き切れる世の中に~

 

 

 

 

 

ことだまお手当講師

エデンの森認定講師

訪問看護師

 

大谷美加

 

 

 

 

 

 


 

昨日は中村温子さんと

開催している

 

死の話でお茶会

11回目でした。





 

初めましての方もいて、

男女計6名の参加者さん。

 

 

今回は死について思うことを

自由にお話していきました。

 



 

 

病院は、

死を目に触れるよう

遠ざけるところ。


死は当たり前、

自然なことなのに・・・

 



 

死を沢山みてきた。

いつか誰もが死を迎える


それまでどう生きていくかってこと。


教わってないけど、誰もが死ねる。

気づいたら楽になった。

 



 

家族が施設で過ごすことに

罪悪感があった。


施設で過ごしているからこそ、

今まで言えなかった

「ありがとう」が言えた。


施設か家かジャッジはいらない。


 



体と心の死もあるんじゃないか。

 

   



悲しい苦しい思い出も、 


年月とともに、思いだす度に

変わっていく。

    




認知症の方は幸せ?


老いていく、忘れやすくなると

幸せ度がましていく。

 

 





 

 笑ったり,涙もあり、

 

 

それぞれお話しながら、

 

それを聞いてまたお話が

進んでいきました。

 



 

誰かの言葉が誰かの気づき、

安心になる。

 

 


「居心地の良い空間」 


と言っていただき、

ありがたく感じます。

 

  

 

話したい、誰かの話を聞きたい

寄りたい時に寄れる場所


 

そうありたいと思っています。

 

 

 

毎回皆さんに学ばせていただいてます。

ご参加ありがとうございました。


 

 



 

 

昨日はエデンの森仲間

白川悦子さん主催,


もしバナマイスター中村恵さんによる

もしバナゲームでした。



 

余命半年から1年の命と言われたら、

あなたは何を大切にしたいですか?

 



ゲームをする時々で

残るものも違って、


今の価値観を知ることができる。



それぞれのシェアを聞いて

みんな違うんだなあも気づける。



そんなカードゲーム。

 

 


 


私はこれが残りました。

 

 


「いい人生だったと思える」


 


私はそう迎えたいんだなあ。

そう迎えられるように

お手伝いしたいんだな・・


 


そして…

その時だけではもったいない!


 



普段から

いい人生だなあと過ごし、


良い日だったなあと夜を迎え、


今楽しいなと実感して


 

過ごしていきたいな…

と思うのでした。

 

 

  


 

 

次回死の話でお茶会は6/30(水)

13時~14時半

 


もしバナゲームをしながら

お話していきたいと

思っています。

 

どうぞご参加くださいね~

 

 

 

 

 

ご連絡はこちらから

どうぞ!

 



 

 

 

メールご希望の方は

こちらから

 

 


 

 

じっくり向き合いたい方はこちらです。

6/23(水)開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 私の人生良かったなあと

思い残すことなく生き切れる世の中に~

 

 

 

 

 

ことだまお手当講師

エデンの森認定講師

訪問看護師

 

大谷美加