茶懐石(ちゃかいせき)の流れを知ることで、より美味しくお茶(濃茶)をいただく知識を得られますよ! | 茶道初心者が5つのアイテムで楽しむカジュアル茶道

茶道初心者が5つのアイテムで楽しむカジュアル茶道

茶道初心者が5つのアイテムで楽しむカジュアル茶道をお伝えします。着付けなし、正座なしでできる身近な茶道!


テーマ:

茶懐石(ちゃかいせき)の流れを知ることで、より美味しくお茶(濃茶)をいただく知識を得られますよ!

 

こんにちは、福島美香です。

 

茶事(ちゃじ)で供される茶懐石(ちゃかいせき)の流れを知ることで、茶道の考え方がわかりますよ!

 


 

茶懐石(ちゃかいせき)とは、茶事(ちゃじ)で行われる料理のことで、後の、濃茶(こいちゃ)を美味しくいただくために出される料理です。

 

懐石料理と会席料理は、音の響きが同じでも、出される順番が違います。

 

茶懐石は、あくまでも茶道の心である、「わび、さび」を基本にしているため、とてもシンプルで、量も少なめ。

 

茶懐石は、料理が順番に出されていきます。

 

折敷(おしき)で出されていきます。

 

 

1:飯、汁

 

2:酒一献目・向付(むこうづけ)

 

3:飯器(はんき)一回目・汁替(しるかえ)

 

4:煮物椀(にものわん)・酒二献目

 

5:焼物

 

6:預鉢(あずけばち)

 

7:強肴(しいざかな)・飯器二回目

 

8:器の拝見

 

9:小吸物(こすいもの)

 

10:八寸(はっすん)・酒三献目

 

11:千鳥(ちどり)の盃(さかずき)

 

12:湯斗(ゆとう)・香の物(こうのもの)

 

13:縁高→ふちだか(主菓子)

 

で終わりです。

 

 

この茶懐石がスムーズに行われるように、お客様側も相手側のことを考えます。

 

例えば、

 

・四畳半や小間(こま)などの小さい空間では、折敷(おしき)が邪魔にならないように、畳の縁(へり)の半がかりか、縁内におく。

 

・末客(まっきゃく)は、みんながいただいた後の盃台(はいだい)や石盃(せきはい)などの器を下座に預かって、邪魔にならないようにする

 

・末客(まっきゃく)は、みんなで取った預鉢が残っていたら、空気を読みつつ正客(しょうきゃく)に「いかがですか」と聞いてみる

 

・食事が終わった合図として、みんなで”箸を落とす”という亭主(ていしゅ)へ音が聞こえるようにする。

 

 

つまり、みんなで協力しあいながら、一緒に作り上げるのです。

 

茶道の知識を活かして、毎日を楽しく過ごすことができますよ!

 

あなたもまずはカジュアルに楽しむ茶道への第一歩を踏み出しませんか?

 

 

ブログランキングブログ村

お読みいただきまして、本当にありがとうございます^^素敵なご縁に感謝の思いを込めて
 

茶道初心者が5つのアイテムで楽しむカジュアル茶道!福島美香さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス