メメントCの世界

メメントCの世界

演劇ユニット「メメントC」の活動・公演情報をお知らせしています。


 



テーマ:

邦楽ワークショップと朗読、堅田さんの怒涛の邦楽講義と体験、奏者の方のすばらしい演奏、朗読も生のお囃子とともにゆうどの空間で豊かな音となりました。猛暑の中、ご来場くださいましてまことにありがとうございました。呈茶、御案内やお仕度へのご協力、たくさんの方のお手伝いで会ができましたこと感謝いたします。

 


テーマ:

韋提希(イダイケ)夫人の憂鬱

 

8月3日に邦楽わーくしょっぷで「王妃・韋提希の午睡」

を試演します。

なにそれ?って思うんですが、イダイケさんという王妃様のどうしようもないお悩みの話です。

観無量寿経にそのことが、あーでもないこーでもない、と書いてあります。

面倒な人は、手塚漫画の仏陀を読んでください。って、手抜きですね。

このお経の中では、彼女のお悩みは解決されているようですが、どうも私の中では解決しないんです。

それで、「悩みのないところへいきたい!」という彼女が本当はどこへ行ったのだろうか?と思って考えました。

私もそうですが、悪い予言は信じるが、いい教えと言われるような言葉は信じがたいものです。

 

 

私の親戚には、曹洞宗と日蓮宗と立正佼成会がいますが、結構、真面目にやってます。

それでもって、功徳を積むっていうかボランティアやったりいろんなことをしていて、エライなあと思うのです。

私とは言えば無宗教なんです。もっというと葬式のときだけ、宗教儀礼があって良かったなあとおもいます。

御詠歌というのが私の地方にはあって、それを聴いていると、道をたどって死んだ人が旅してる。

 

 

それがどうしてかというと、赤ん坊のころに私を育ててくれた祖母のことがあるんですが、

私が高校生のころ、忘れもしない学生音楽コンクールの東京の予選の前々日に、末期がんで痛みに耐えかねて井戸で自死しました。

緩和ケアも無い頃で、痛く痛くて堪らないという苦しみから逃れたんですが、まあ大騒ぎでした。人生最初の二日徹夜になりました。

でも、音楽コンクールの伴奏を頼まれていたので、忌引きですが東京のヤマハホールへ行って伴奏して、弁当たべて帰ってきました。

帰ってきてからは御詠歌だったので、従妹と砂糖水??を50人位の人に配るという手伝いをしてました。

もう忙しくて忙しくて、祖母が亡くなったことはかなしいのですが、痛みから自由になったんだというのは喜ばしかったです。

 

 

いろんな悩みがありますが、イダイケの悩みは息子の成長とその結果です。

でも、彼女って、本当は自分のことばっかり考えていただんじゃないかなあと、自分のことは棚にあげておもいます。

まあ、大昔のインドの王宮もそこらへんの家庭内の事情も変わらないってことですね。

さすが!お釈迦様!あーなんだ、こーなんだ、とクライアントのイダイケさんにアドバイスくれるんですが、はて、それも信じらないと始まらない。

皆さんも、いろんな悩みを観無量寿経の最初の部分にあてはめてください。後ろのアドバイスは何一つ、変わりません。

 

書きながら、オウム真理教の死刑確定者7人の処刑のニュースを聞きました。

岩波文庫で「浄土三部経の下」を読んでると、尊師!とかあの部下の人たちの難しい呼び名が出てくるので、懐かしいなあと

思いつつ、教祖の言うことに従って家を出てサンガに入るというのは、本人のアクションと周囲のリアクションという現象のみで言えば、オウムも仏陀のサンガも近いものでしょう。

 

 

「お前やめとけよ、絶対、だまされてるぞ!」

 

 

ってみんな、言ったと思います。

でもそこへ行ってしまうのは、それぞれが他人と共有できない悩みがあったんでしょう。

私の知っている老人ホームでは、毎日誰か亡くなります。

そこに居る人は生きて外の世界へ出ていくことは、とても少ないでのす。

アルツハイマーがすすんだあるおばあちゃんがいいました。

 

「もちろん、ここで良くしてもらってるわ。でもね、何だかわかんないの、私はここにどうしているのか、家族がどうなったのか、わかんないの、不安でたまらない。怖いのよ。分からないってのが怖いのよ」

 

分からない不安は、現代人には無いようですが、やはり他人というのは分からないし、自分のことも分からないことがある。

どうしてこんなにイライラするのか、どうしてこんなに他人と分かりあえないのか、どうしてうちの息子は忘れ物が多いのかわからないんです。

おばあちゃんは、多分にして病気は深刻ですが、分からないということを知っていてそれだけに、人間は分からないことを

抱えていることの重さを教えてくれました。

 

 

 

 

 


テーマ:

ご無沙汰してます。

嶽本は生きてます。また報告いたします。

まあ、とにかくいろいろとありますが、小さな作品を邦楽わーくしょっぷで朗読します。

観無量寿経に出て来る、イダイケという王妃の話です。これは王舎城の悲劇として有名ですが、

私にとっては、悲劇よりも、なぜこの王妃様はこんなんなってんの?という疑問が先に出てしまいました。

素敵な邦楽とともに、お届けします。しかも、お茶の先生がお抹茶をたてて、くださいます。

和菓子と一緒にどうぞ!

 

 

 

古民家ライブ ()の会

「邦楽と物語の泉」シリーズ1

平成30年8月3日(金)

昼の部 14:00~【13:30開場】 / 夜の部 18:30~【18:00開場】

 

チケット: 3,500円(お抹茶付き)

 

*各回30席までとなります。ご予約はお早めにお願いします。

会場ギャラリーゆうど(JR目白駅 徒歩約7分)

 

~~~~~~~~~<プログラム>~~~~~~~~~

一、 邦楽わーくしょっぷ Vo.1「四拍子の不思議」 堅田喜三代    

~鳴物と呼ばれる鼓や太鼓、笛などがつくりだす音楽のしくみ~   

 

一、     長唄演奏

             「小鍛冶」より            嶽本あゆ美・齊藤敦子

             「越後獅子」           堅田喜三代

                        東音佐藤さくら子・小林千花  

                        望月輝美輔・木戸紗都子

 

一、       新作試演王妃(おうひ)韋提(いだい)()午睡(ごすい)」  作・嶽本あゆ美 邦楽・堅田喜三代 

                朗読 金塚悦子・嶽本あゆ美  

 

~仏説に登場する悲劇の王妃・韋提希夫人。親子関係に悩む彼女が見た夢は・・

 

 

 

 

◆ギャラリーゆうど

 

 新宿区下落合3-20-21

 TEL:03-5996-6151(当日のみ)

◆チケット予約・お問い合わせ

*「婀の会」事務局(齊藤)

  TEL/FAX:03-3469-3722

  Email:a3nokai@yahoo.co.jp

 *各出演者まで

 

 

      

 

 

※「婀の会」とは・・演劇と邦楽の創造活動のために集まった劇作家、邦楽家の会です


テーマ:

「カタルシス=語るしる=語るしす劇場」新潟紀行1


劇場仕事部屋から見える栗の木が満開だ。246の向こう側の斜面にあるその樹は橋梁の斜面にあり誰のものか知らない。わが家は騒音が激しいが、遮るものがないので、栗の様子が良く見えて和む。蝶が飛んでいるのも老眼だが見える。毎年、たくさん毬栗は実る。たわわな栗は拾ったことはない。栗の花はあけっぴろげに、今がまさに実を結ぶための春なのだとわさわさと、風が吹くたびに震えている。


 パソコンの右方向にはふるさと公園、もしくはどんぐり公園と呼ばれる里山があるが、その手前の竹やぶがひっくり返されて、マンションに一部なるらしい。この辺り一体はすさまじい住宅地開発だが、農家の地主の屋敷があっちこっちにあって、その周りには鬱蒼と緑があり、私のマンションの側道をはさんだ向い側には、雑木林に囲まれた茅葺屋根の家さえある。何年位あるのだろうか。小学校の広報誌をそこへ届けに行く時は、当番は100部くらいを軒先に置いておく決まりだった。だから誰とも会わない。

 

 今週は新潟の秋葉区の新津に行った。新潟は当たり前だが、花々が咲き乱れ田圃は田植えが終わっていて美しかった。何よりとりまく山の峰々の稜線が本当に美しい。重なり会った山々の向こうは木曽福島だったり秋田だったり。鉄道の町新津には鉄道を熱く語る人がたくさんいた。西の米原、東の新津ということで、鉄道を中心とした産業、車両工場が新津の周りにあった。米原にはもう何も資料がないが、新津は鉄道資料館もありびっくりするようなものの保全と展示が行われている。


 昔は四人に一人が鉄道に関係していたという鉄道の町なのだ。SL磐越物語を知ってるとおもうけど、あの蒸気機関車を、土日復活運行させている場所と言えば、分かるのかもしれない。会う人、会う人、語り尽くす熱気に圧倒されながら、かつてあった鉄道を中心とした町の暮しが見え始めた。まさに、「語るしす劇場」だった。そして、伊勢松坂の殿様が伝えた、風流な踊りや歌、笛などでの祭り、土地の言葉の美しさは、ものすごい石高を誇った土地ならではの、豊かさが今でも醸し出されていた。そしてその前には信濃川、阿賀野川の水運によって北前船がもたらした経済繁栄や文化資産の豊かさが根付いているのだが、もはや衰退といってもいいだろう。しかし、いまもって文化の蓄積に目をみはった。

 

 ちょうど来年、堀田善衞の青春時代をテーマにした芝居を書くのだが、北前船のもたらした町の繁栄が蒸気機関によって没落した経緯が、新潟でも見られてとても参考になった。なかでも、「いとうさま」という屋敷へ行った時、その豪農の土地を通らずに他国へ行けなかったという大庄屋の門構えの凄さに圧倒された。門は大きな石!すぐそばの阿賀野川の船着き場から運んだのだろう。

 


となりには、真宗大谷派のでかい寺がそびえ、そこには代官所跡とある。今回は「いとうさま」だけに門前に参った。どれだけ「いとうさま」がデカいか相対化するために行ったのだ。今では、そこは北方文化の展示がされている。中の見学は次の機会に見送った。

 新津の信濃川の方には小須戸地区というのがあり、信濃川の水運によって栄え、蒸気機関車の新津の繁栄によって衰退した。町屋が商工会議所を中心に保存され、アーティスト・イン・レジデンスも行われていた。中を見学すると、調度や指物もなんともいえないなまめかしさを漂わせていた。保存と活用を商工会会議所がやっていて、代表の方の語る語る語るしす劇場となった。間口は三間ほどだけど、奥行きは54メートル!!
 小須戸のお祭りはケンカ祭りだそうで灯籠を灯してぶつけるとある。はたしてそこは諏訪の祭神だった。そこへ行く途中で大きな石が祀られていたので、ひょっとしてとおもったらやっぱりだった。それはミシャグジ


 保存されていた町屋の屏風がまた素晴らしく、ガラケーで写真をとった。今日は、その座敷でコスプレの撮影会があるということだ。

 

 

 


 屏風を見ながら思いだしたのは、堀田の著書「若き日の詩人達の肖像」「鶴のいる庭」にもあったことだった。
かつて北前船の廻船問屋には、俳諧の師匠や絵師などの芸能者が長期滞在し、居候をしていてそれらの一流の芸術が側にあったこと、そういう人々はとても尊重されていて、明治の政治家は政治屋として一段下に見られていたということだ。
堀田の生家は北前船の廻船問屋だったことは知られているが、その祖母は自由民権運動に関わる人々を支援し、母親は水平運動にも関わっていたと書かれている。前に、サンカの少女が一晩で伏木から京都まで駆けた話をブログに書いた。

 明治昭和大正の時代、それぞれの町が辿った歴史はとても深く、そういうことは習わない。それとともに、私たちが文化文化ということは、江戸から戦前までに蓄積されたものだけであって、そこから先にもう文化など失せてしまい、ただそれを浪費しているのが私たちなのかもしれないという思いを強くした。
 北陸の文化の形成には一向一揆の歴史もあれば、北前船のもたらしたロシアやヨーロッパとの交流、佐渡島へ流された人々の文化的影響もものすごいだろう。小須戸の町屋の屏風を見ながら、文化果てる現代に何を創造するのか、頭を抱えた。老眼が酷くなってきたし、地方の分限者をめぐる瞽女になろうかな。

 

 


テーマ:

大変、ご無沙汰してます。

何をしていたかっていうと、いろいろしていました。

過労が廊下の向こうではなく布団の中でまっているように、毎日バタンキューなのです。

今年の予定は、9,10月に劇団BDPのミュージカル公演があります。

8月に、試演会の朗読をやる予定もでてきました。短いものですが、こないだの「女人往生環」につながる、

「イダイケ」というインドの女王様のお悩みの話です。

決まったらお知らせしますね。

 

数年前から戯曲講座の講師をやるようになって、アリストテレスを読み直しています。

なんて、偉そうなんですが、日大の西田さんと一緒に戯曲の構造をテーマにした講座なので、西洋演劇の原点としてアリストテレスは外せません。あの、「詩学」の悲劇論です。

ピピンときた人は、「喜劇論」ですね。

喜劇論があったかなかったか、数多の小説でミステリー仕立てで取り扱われ、私としてはそれで殺人事件までおきた「薔薇の名前」フリークなので、アリストテレスと言えばあれなんですね。

堀田善衞も「路上の人」で喜劇論を探して毒殺された僧侶を描いています。

キリストが笑ったか笑わないかって、笑ったに決まってるだろ、というといけない人もいるようなんですが、ギリシャ時代の喜劇って、時事ネタ満載のディスリ大会なんです。

かなりコント的ですね。

喜劇はアリストファネスさんの作品が残っていて、「女の平和」は女性のセックスストライキによって男どもを動かそうというのです。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス