ワクチン接種の優先順位やキャンセルの扱いをめぐって、ワイドショーなどで様々な問題が取り上げられています。

 

特定の人がコネクションを使って優先順位を上げようとした問題…

 

対象年齢に達していない首長が優先的に接種を受けた問題…

 

300人を超える市の職員が優先接種を受けていた問題…

 

キャンセルされた分のワクチンを首長が接種した問題…

 

現在接種が進められているファイザー製のワクチンは、いったん解凍すると2時間以内に希釈しなければならず、接種できる状態になったワクチンは、6時間以内にすべてを使い切る必要があります。

 

なので、予約されていた方で急なキャンセルが出た場合は、廃棄するのではなくその活用を考えなくてはなりません。

 

最初に挙げたいくつかの問題ですが…

全てをいっしょくたに否定するのではなく「優先接種」の意義や考え方を、みんなで共有する必要があると、私は考えています。

 

※優先接種については、厚労省のWebサイトにその考え方や具体例が載っています

 

例えば「医療従事者等の範囲について」だと…

業務の特性から、感染患者と頻繁に接する可能性があることから、新型コロナウイルスへの曝露の機会が極めて多いことが挙げられています。

 

つまり、病院や診療所や、救急搬送に関わる隊員などが対象です。

 

同様に、自治体等の感染対策業務において、感染症患者に接する可能性のある業務を行う人も対象になっています。

保健師や、予防接種の会場設営に関わる業務に携わる職員などです。

 

これらの人が発症や重症化することで業務の遅れや医療体制に支障がでる恐れがあり、それはすなわちまち全体の感染対策を揺るがすリスクと考えられるからです。

 

その基本的な考え方を共有できれば、キャンセルの扱いについても、多くの方に納得していただけるのではないかと思います。

 

例えば国立市では、キャンセルの取り扱いについて以下のように決めています。

 

 

実は…

ワクチン接種の初日に1名分のキャンセルが出ましたが、そのキャンセル分は永見市長に接種していただいたそうです。

 

71歳の永見市長はそもそも高齢者区分の対象者でしたが、最初の接種は人数が少ないからと申し込みを遠慮されていました。

 

しかしワクチン担当の部長は、市長が感染することで市政運営や感染対策に支障が出てはいけないと、キャンセル分の1本は危機管理の観点からも永見市長に接種することが妥当だと判断されました。

 

人前に出て話す機会も多い市長ですから、私もこの判断は正しいと思っています。

 

また、今後予定されている6月分については、65歳以上の全ての高齢者が2回接種できる分量が確保されることが決まっているので、争奪戦になることはありません。

 

 

「機会の平等」は必要なことですが、住民福祉サービスを滞りなく進めるための手だてもまた必要なことだと思っています。

 

 

先ずは考え方や理由も含めて、自治体なりの対処の仕方を市民に公表することがよいのかもしれませんね。

 

ワイドショーを見ながら、久しぶりにコメンテーターの血が騒いだ石井めぐみでなのでした(笑)

 

 

 

 

本来なら「意見交換会」という形式で多くの方にお集まりいただき、市政に対するご意見やご要望を直接いただくはずでしたが…

 

今年の2月は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点などから、やむなく中止という選択に到りました。

申しわけありません。

 

そこで、2月5日から2月25日までの期間、投書(メール、FAXを含む)という形式でご意見をいただく機会を設けさせていただきました。

 

 

今回は…

総務文教委員会:「コロナ禍での教育に関するご不便をお聞かせ下さい」

建設環境委員会:「JR南武線連続立体交差事業について」

福祉保険委員会:「コロナ禍の今、国立市に望むことは?」

 

というそれぞれの常任委員会ごとにテーマを設けたご意見の募集となり、合計14件の貴重なご意見などをいただくことができました。

 

誠にありがとうございますm(_ _)m

 

本日、常任委員会ごとに纏めていただいた報告書と、広聴委員会の報告書を併せて、

議長、副議長、広聴副委員長と共に、永見市長へ提出させていただきました。

 

※ご意見募集の詳細は国立市議会のWebサイトに掲載されています。

 

14件という数の少なさは、広聴委員長として反省すべき点だと感じています。

コロナ禍で、例年行っているチラシの配布などもできず、みなさまへの周知が十分できなかったことも悔やまれます(;;)

 

ワクチン接種が行き渡り…

次回の農業まつりでは、再びみなさまとお会いできることを願っています。

 

 

 

 

「国立市平和都市宣言」の記念植樹として、くにたち郷土文化館に3本の苗木が植えられたのが始まりで…

その後、国立市役所、中央図書館、福祉会館や市内の小中学校など、さまざまな場所に植えられた「アンネのバラ」が今年も見ごろを迎えています。

 

 

こちらは、国立市役所の西側広場「平和祈念の像」の前に咲くアンネのバラ。

 

 

真っ赤な蕾から、咲きはじめは黄色…

 

 

そして徐々にサーモンピンクに色付いていくその様は、ほんとうに美しく…

登庁の楽しみになっています(*^^*)

 

 

平和への祈りが込められたバラですが…

今年は、また新たな祈りを込めて観賞している気がします。

 

 

2021年度版「アンネのバラMap」

市内のお散歩に組み入れると楽しめそうですね(*^^*)

 

 

 

 

今年1月にお報せした…

幻の映画『夜叉ヶ池』のBlu-rayが、ついに発売されることになりました*\(^o^)/*

 

発売予定日は、2021年7月14日です。
あと2ヶ月〜ハート

 

 

7月10日(土)から、ユーロスペースでジャパンプレミア上映も行われます。

 

42年ぶりに4Kデジタルリマスターで蘇る幻の作品…

 

 

上段の真ん中の写真に写っているのが、20歳にして「7歳を演じろ!」と言われた、新人の石井めぐみ(笑)

 

 

主演の坂東玉三郎さんをはじめ、豪華なキャスト陣に囲まれた夢のようなチラシ…

 

 

当時は、その価値も分からないような素人の子どもでした(^^;)

 

 

映像も音楽も美術も衣装も…

一流と云われた方々が集結して制作された、ほんとうに素晴らしいものでした。

 

CGなどが無い時代の特撮技術を駆使した大洪水のシーンは、海外からも評価される見事な映像ですが…

 

あまりにもリアルなので、怖いと感じられる方にはお奨めできません(;;)

 

ただ…

篠田正浩監督が当時伝えたかった「人間の欲望の先にある現実」を、体感していただければ幸いです。

 

篠田監督は今年3月に90歳になられました。

おめでとうございますお祝い

 

 

ますますのご活躍を期待しています。

 

☆映画『夜叉ヶ池』特設ページはコチラです

 

 

 

連休が明けてワクチン接種が全国で本格化するなか…

 

「各地で予約の電話が殺到して繋がらない」「通信各社が予約用の電話番号への通話を制限する」など、様々な報道が流れています。

 

国立市でも先月26日の受付初日は電話が繋がり難かったようですが、インターネットでの申込みが多かったこともあり、比較的トラブルなく予約が埋まったようです。

 

ただ通信制限なども考慮して、次回からの予約方法を変更することになりました。

 

 

65歳以上の方の電話での受付は、年齢区分を分けて行います!

 

 

【次回の予約開始日】

5月21日(金)〜:85歳以上の方

5月22日(土)〜:80歳以上の方

5月23日(日)〜:75歳以上の方

5月24日(月)〜:70歳以上の方

5月25日(火)〜:65歳以上の方

 

インターネットLINEでの受付は、65歳以上の全ての方が5月21日からOKです!

 

※2回目接種の予約は、1回目の接種後に接種会場で取るので、ご自身で予約する必要はありません。

(4月26日に予約が取れた方は、今回は予約する必要はありません)

 

※予約の際には、必ず郵送で届いた「接種券」をお手元にご用意ください。

 

※インターネットの操作が難しい方は、ご家族などが代理で予約することも可能です

 

5月の予約では、65歳以上の方のワクチンと予約枠は十分に確保されています。

すぐに電話が繋がらなくても必ず接種できますので、焦らずにご予約くださいね。

 

☆詳細は、国立市のWebサイトからご確認ください(^_-)-☆

 

 

 

昨日の夕方さんぽで、半額でGetした(笑)金目鯛の切り身。

 

 

もちろん、今夜のおかずになりました。

 

というわけで…

【ホットクックメニュー】第24弾は「金目鯛の煮付け」です。

 

新鮮な金目鯛ではありますが…

それでも魚の臭いが苦手な人は、霜降りで臭みを取り除くことで、どんなお魚も安心していただけます(*^^*)

 

・飾り包丁を入れた金目鯛の上から熱湯を掛けます。

※お魚がほんのり白くなる程度

 

 

・すぐに冷水(氷水)に入れて表面を優しく洗います。

 

 

・金目鯛と薄切りにした生姜をホットクックの内鍋に入れます。

 

 

・酒、醤油、みりん、砂糖を入れて…

・手動 → 煮物を作る → まぜない → 6分にセットしてスイッチON!

 

 

・盛りつけて、生姜の千切りを飾れば出来上がりです。

 

 

ホットクックでの調理は、水も使わず調味料が少なめなので、お魚全体に煮汁が掛かりません。

なので、味を濃く仕上げたいときには煮込み時間を短くして出来上がりで蓋を開け、魚に煮汁を掛けながら「煮詰める」メニューで仕上げるとよいかもしれません。

 

私は煮詰めずにいただきましたが、味はしっかり滲みてるし、身はふわふわでとても美味しかったです。

 

 

ホットクックで調理をはじめてから、苦手だったお魚メニューが増えました。

 

火も使わないので、高齢者世帯にもお奨めの調理器です(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

ほぼ陽射しがなくなった午後6時に出発する「夕方さんぽ」

 

土曜日ですが、人通りもほとんどありません。

 

 

静かな大学通りを心ゆくまで堪能します。

 

そう言えば…

こんな看板があること、どれくらいの人が知っているのかなぁ…

 

「芸術の散歩道」

ちょっと素敵でしょ(*^^*)

 

 

芸術とは、少し違うけど…

道端の、可愛らしい落とし物(笑)

 

 

で…こちらは、ちょっと不思議な忘れ物?

 

 

GEORGE'S の店先では小さなマルシェが行われていました。

 

 

なんだかちょっぴり、ニューヨークのグリーンマーケットっぽいです(笑)

大学通りは、こんな風景も似合いますね〜

 

 

夕方のおさんぽは、けっきょくお買い物になって…

 

イチオシの収穫は、目の前で半額シールを貼ってもらった(笑)きんんめだいハート

 

 

明日の晩ご飯が楽しみです(*^^*)

 

 

ふだんなら、半年に1度くらいしか行かない美容室ですが(笑)

 

ショートヘアにしたら少し伸びても気になって…

隙間時間を使って、ポレポレさんに行ってきました。

 

相変わらずの軽快なハサミ捌きと楽しいおしゃべり(*^^*)

 

あっという間に、完璧ヘアに戻していただきましたハート

 

よし!

これで、また気合いをしれてお仕事に取り組めそう。

 

 

今月から、2期目後半のはじまりです*\(^o^)/*

 

がんばるぞーーー!

 

 

 

 

「くにたちレジン」さんの作品に感動して…

 

私もエポキシレジンに挑戦してみました*\(^o^)/*

 

 

今回、使用したグッズです。

必要なものは基本セットに入っていたので、飾りのラメなどを100均で買い足しました。

 

「養生マスカー」は、テーブルを汚さないように敷く薄いビニール。

ロールタイプなので場所もとらず、とても便利でした。

 

 

キッチンスケールも汚れないようにポリ袋に入れたまま使いました。

 

 

1液タイプで紫外線を当てることで硬化するUVレジンとは違い、エポキシレジンは2液タイプで主剤と硬化剤を混ぜることで硬化させて作品を作ります。

 

なので…

この主剤と硬化剤の割合がとても重要!!!

 

1g単位まで正確に計ります。

 

 

主剤と硬化剤を3対1の割合でカップに入れたら、静かにかきまぜます。

透明でサラサラになるまで、5分〜10分くらい。

 

※けっこう忍耐力が要る作業です(笑)

 

 

初心者のクセに(笑)、2色のグラデーションに挑戦したくて、交ぜた液を別のカップに少しだけ移して、ピンクの染料で着色しました。

 

 

こちらも、静かに静かにかきまぜます。

 

シリコンの丸型に、ピンクの液体を少しだけ入れます。

 

※ヒートガンがあれば、ここで少し固める事ができるのでグラデーションを作りやすいと思うのですが、無いので自力でがんばります(笑)

 

シリコン型を少しだけ傾けたまま、じっと我慢…(^^;)

 

少し落ち着いた感じになったら、透明の液体を反対側から入れました。

 

※このあたりはテンパってるので写真はありませんあせる

 

基本セットに入っていたドライフラワーを入れ、ラメや星も入れちゃいます。

 

 

ドライフラワーにやや厚みがあったので、完全に沈まない〜〜〜Σ(゚д゚|||)

これ以上レジン液を入れたら溢れそうだし…

 

先生に、ちゃんと訊いておくんだったなぁ。

 

 

深夜に及んでしまったので、レクチャーを受けることも叶わず…

とりあえず、このまま固めてみました。

 

24時間で完全に固まります。

シリコン型から外すと、こんな感じ(*^^*)

 

 

もう少しレジン液を入れても良かったのかな…

 

次回は、デザインを練ってから制作してみます(^^;)

 

レジン液が少し余ったので、100均で買った猫ちゃん型でも作ってみました。

 

 

低粘度なので、考えながら作る余裕があるのはよいですね。

 

ちょっと深みにハマりそうな楽しいレジンクラフトでした\( ˆoˆ )/

 

 

 

 

 

 

1月のブログでご紹介した「くにたちレジン」

 

その「くにたちレジン」さんが制作している記念グッズが、JR国立駅前の旧駅舎の「まちの案内所」で販売されています。

 

 

それが、コチラ!
可愛らしい駅舎をレジンの中に閉じこめたペーパーウエイト(*^^*)

 

 

手のひらに乗る、いい感じのサイズ。

置物として飾っておくだけでお部屋が華やぐオブジェです。

 

 

緊急事態宣言下でなかなか駅舎の案内所にも行けないなぁと思っていたら…

 

なんと注文で作っていただけるとのことで、オーダーさせていただきました。

台座には名前入り〜ヽ(*'0'*)ツ

 

 

どこから見ても美しいですハート

 

 

窓辺に置いて、ずっと眺めてニヤニヤしています(笑)

 

instagramもやられているので、ぜひ覗いてみてください。

 

 

と言うわけで…

私もレジンに挑戦しました!!!

 

そのお話は、また明日(*^^*)