☆PGT-A:賛成派 vs. 反対派 | 松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

生殖医療に関する正しい知識を提供します。主に英語の論文をわかりやすく日本語で紹介します。


テーマ:

米国生殖医学会(ASRM)の機関誌であるFertil Seril誌の「紙面上バトル」の第2回は「PGT-Aの有用性」についてです。海外では、PGS(着床前スクリーニング検査)のことをPGT-Aと言っています。

 

Fertil Steril 2018; 110: 353(米国、イタリア)doi: 10.1016/j.fertnstert.2018.06.002

Fertil Steril 2018; 109: 351(英国)コメント  doi: 10.1016/j.fertnstert.2018.06.001

要約:PGT-Aの有用性について、賛成派と反対派それぞれ4名ずつ(産婦人科医の賛成派2名反対派2名と培養士の賛成派2名反対派2名)の意見を伺いました。

賛成派「PGT-Aの安全性、有効性、費用対効果は統計的に証明されています」。すなわち、PGT-Aによる高い妊娠率、低い流産率、時間短縮、多胎妊娠率低下、および細胞採取による胚のダメージはないことが示されています。日本産科婦人科学会のデータ(2015年)によると、40〜45歳の女性の87,000件の移植のうち8,700件が出産し、6,900件が流産に至っています。つまり、妊娠率は18%、流産率は44%です。しかし、PGT-Aを実施すると、年齢によらず、妊娠率は60〜70%、流産率は5〜20%になります。PGT-Aの問題点としては、単為発生(片親からの染色体のみ)、3倍体、減数分裂か有糸分裂の識別が困難であることが挙げられます。また、モザイク胚の存在により、偽陽性あるいは偽陰性の結果が生じ得ますので、これに関する情報の記載と取り扱いが課題となります。

 

反対派「PGT-Aの偽陽性による正常胚の廃棄、偽陰性による異常胚の移植、モザイク胚の存在、胚のダメージによる正常胚の妊娠率低下が問題です」。賛成派が提唱する「PGT-Aによる胚のダメージによる正常胚の妊娠率低下がない」とする論文は、35歳未満かつ4BB以上の良好胚に限定し、凍結せず3時間後に移植した、たった一編の論文しかありません。一方で、臨床データではPGT-Aの細胞採取による妊娠率低下が示されています。また、35歳未満の女性では、PGT-Aの実施の有無にかかわらず、出産率は50%です(正常胚移植と検査未実施胚の移植で同等)。この事実は、細胞採取による胚のダメージのみならず、本来正常胚であった胚を見落として廃棄している可能性を示唆します(計算上は28〜40%の正常胚が偽陽性のため異常胚とされています)。このため、異常胚あるいはモザイク胚とされていた胚移植により、これまでに少なくとも100人以上の健常児が出産しています。そもそも4〜5個の胎盤になる細胞(TE細胞)から、胎児の細胞(ICM細胞)を推測する現在のPGT-A法に問題があります。計算上は27個のTE細胞を分析しなければ正確な情報は得られませんが、現実的には困難です(27個の細胞を採取すると受精卵が壊れます)。さらに、モザイクと正常の境界線、モザイクと異常の境界線も不明瞭です。そもそも受精卵はモザイクの集合体であり、初期胚の15〜90%はモザイクであり、胚盤胞の20〜40%はモザイクと報告されています。さらに、妊娠初期の絨毛(胎盤)でも1〜2%のモザイクが確認されています。このため、異常な細胞はICM細胞からTE細胞に向けて排除される仕組み、異常な細胞がアポトーシス(細胞死)になる仕組み、あるいは異常な細胞が自己修復される仕組みがあると考えられています。

 

解説:上記の議論を読むとお分かりいただけると思いますが、全く議論がかみ合っていません。まさに平行線です。その最大の理由は、両者のスタンス(立ち位置)にあると思います。皆さん同じ論文を読んでいるのですから、それをどう解釈して実際の臨床に役立てるかが重要です。賛成派は全体の統計を重視しており大局的な考えですが、反対派は患者さん個別の対応を重視しています。つまり、現状ではPGT-Aの有用性に関して結論は出ていません

 

下記の記事を参照してください。

2018.7.17「PGS(PGT-A)の精度は?

2018.6.22「☆モザイク胚や異常胚の移植について

2018.6.10「☆モザイク胚の淘汰:マウスモデル

2018.6.3「モザイク胚の特徴は?

2018.5.31「Q&A1845 PGS異常胚の出産

2018.4.6「☆PGSの真価は?

2018.4.5「☆PGSについて:ASRM公式見解

2018.3.22「Q&A1772 モザイク胚について2

2018.1.29「☆モザイク胚を移植したらどうなるか?

2017.10.31「Q&A1627 ☆モザイク胚について

2017.1.24「☆ASRM:PGS特集 その1 モザイクの取り扱い

松林秀彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス