カタチの無いスキルを、あなたらしいコンテンツへ/セラピスト·カウンセラー·講師のためのオンライン化サポート

カタチの無いスキルを、あなたらしいコンテンツへ/セラピスト·カウンセラー·講師のためのオンライン化サポート

資格や肩書ではなく‟あなたがいい‟と選ばれる、オンラインを活用した、スモールビジネス・クリエイティブサポート。
デジタル苦手、文章がまとまらない、時間がない。そんな方の知識や経験をオリジナルコンテンツにまとめ、コストを抑えた起業を提案します。

言語化が苦手なセラピスト・カウンセラー専門

クリエイティブサポーター まいまいです。

 

「相手の立場になって考えよう!」

という言葉は

小学生のころから聞いたことがあると思います。

 

 

 

でもね…

現実、めっちゃムズイものです…。

 

今日は例を交えて解説しますね!!

 

 

  相手の立場になっているようで、なっていないパターン

 

例えば、こんなシチュエーション。

ストレス溜まってるんじゃない?解消しに買い物行こうよ!

 

友達を励ますようにも見えますが

 

実は、

自分が何か手伝う事で

罪悪感を消しているかもしれないし

 

自分が楽しみたいことを

相手に押し付けている可能性もあります。

 

 

他にも

少しでも楽になるように家のこと手伝うよ

そんな言葉の裏には

 

この後、次の休日の飲み会の交渉をしよう

と思っているのかも知れないし

 

とにかく機嫌を取っておかなきゃな

という思いがあるからかもしれません。

 

 

相手のことを思っているように伝えていても

「実は自分の意見を通したい」という気持ちを

気づかずに持っていた場合…

 

ただの自己中言うことになってしまいます。

 

 

では、相手の立場になったら

どのように伝えれば良いのでしょうか?

 

 

 

  相手の立場になるとは、どういうこと?

 

そもそも、

相手の立場になるというのは

どんな感じなのか…を

私なりに表現すると

 

相手に乗り移ったかのように

相手の視点で物事を考えることです。

 

 

  • どんな気持ちだろう
  • どんなことを大切にしたいのかな
  • どれくらい理解出来てる?
  • どんな言葉だと分かりやすいだろう
  • 期待していることは何だろう
など様々な角度から
相手になりきって考えるのです。
 
 
また、自分が上、相手が下
もしくはその逆というような関係ではなく
 
対等な立場で
尊重し合いながら
コミュニケーションする必要があります。
 

 

先ほどの例を

相手の立場になってみることで

こんな感じに言い換える事が出来ますね。

 

 

友人の例だと

「最近、疲れているように見えるけど、私に何か出来ることはある?」

 

夫婦の例だと

「今日は、必要なことを手伝うからゆっくり休んでね!明日なんだけど、友人に飲み会に誘われから行きたいと思うんだけど、どうかな?明日は時間が取れないから、今日できること、やりたいと思っているよ。」

 

 

自分の意見を押し付けるのではなく

相手はどうしたい?を理解しようとする。

 

そして、自分が伝えたい事があるなら

分かりやすく伝えることで

誤解されずに伝える事が出来るようになります。

 

これは

「アサーティブコミュニケーション」とも言われています。

 

 

 

  コミュニケーションの取り方が売り上げに直結!?

 

この伝え方のクセは、

ビジネスでも出てしまう事があります。

 

例えば…

出たばかりの最新機種!持ってないと恥ずかしいよ!

 

自分にとっては

最新機種=最高だとしても、

 

お客様にとっては

最新かどうか?って

それほど大切な部分じゃないこともあります。

 

 

相手にとって何が良いのか

を考えなければ

 

的外れな言葉をかけてしまうばかりか

 

「この人はわかってくれない」と

信頼を失うことになりかねません。

 

今の時代だと、評価を口コミに書かれたり、

他の似たサービスに、さっさと移ることでしょう…。

 

 

相手の立場になるというのは

プライベートだけじゃなく

ビジネスでも超重要!!!

 

だからこそ

コミュニケーション力は高めていかなきゃいけません。

 

たぶん苦手だな~と思われた方は

まずは、自分の言葉のクセから意識してみてくださいね!

 

 

 

  相手の立場になる最強の練習方法

 

もちろん、コミュニケーション力をアップするために

実際に人と対話して練習するのがベストです。

 

私は、アイビーマッピングというツールを使って

定期的に練習をしているのですが

 

相手が居なければ出来ないので

なかなか難しいですよね…。

 

 

そこでおススメなのが

ランディングページを書くことです!!

 

ランディングページとは

サービスの案内ページです。

 

 

セラピスト・カウンセラーにランディングページ(LP)って必要?LPを作る9のメリット

の記事でも書きましたが

 

購入してもらうためには

感情を動かすことが大事!!

 

 

相手の感情を動かすためには

相手の立場にならないと出来ないですからね。

 

 

どれだけ

商品・サービスの特徴や良さをアピールしても

性能で感情は動きません!!!

 

つまり、「メリット」では

購入されませんよー!

 

 

 

ランディングページで

感情を動かすための描き方を

無料公開しています。

 

 

まずはこちらで

相手の立場になる体験をしてみてくださいね!

 

 

▽コチラからお受け取りいただけます

友だち追加


 

 

はなうたデザイン

 

言語化が苦手なセラピスト・カウンセラー専門

クリエイティブサポーター まいまいです。

 

 

たくさん勉強してきたので、アウトプットしていきたい。

自分の変化した経験を発信して、同じ悩みを持つ人の助けをしたい。

知識を活かして困っている人のサポートをしたい!!

 

 

セラピストになりたい!

カウンセラーとして活動したい!

 

でも…

 

どうやって収入にすればいいのか!?

そこで手が止まっちゃいます。

 

 

何かを作って売ることとは違って

無形サービスって、どういう内容を提供すればいいのか?

迷いますよね。

 

同じようなお悩みをよく相談されるので

 

今日は、カウンセラー・セラピストとして活動したい方へ

収入に変えるアイディアを10個、書きたいと思います。

 

 

その①オンラインセッション

 

セッションとは、個別のカウンセリングや相談のことです。

 

場所が無いと出来ない~…!と言う時代は終わり、

オンラインを使えば、全国どこからでもお客様に来てもらえます。

 

例えば、Zoomだと、月額2,100円。

場所は自宅でOKなのです。

 

私も「アイビーマッピング」というセッションや

ビジネスコンサルティング等

9割オンラインで行っていますよ。

 

 

その②ワークショップ・講座

 

セッションがマンツーマンなのに対し、1対複数で行うスタイルです。

 

リアル開催の場合は、場所を借りて、準備をして…と

なかなか準備が大変なのですが

Zoomを活用すれば、100人まで同時に参加が可能です。

(※最大人数はプランによる)

 

自宅で開催ができ、参加者も自宅から参加できるので

時間に忙しいママさんの活用も多いですよ。

 

 

 

その③オンラインサポートグループ

 

オンラインの講座やワークショップは

時間を合わせて行うものに対し、

こちらは、時間に囚われずに行うものです。

 

例えば、LINEグループ、Facebookグループなど

メンバー専用のグループを作り、

チャットでやり取りしながら進めていくものです。

 

私の「アメブロ90日チャレンジ」

全員が日時を合わせることはなく、90日間進めていきますが

 

チャットでの交流が定期的にあるので、

メンバーさんを身近に感じる事が出来ていますよ。

 

 

 

その④オンラインスクール

 

これは、動画で学んでいただけるスタイルの教材です。

 

マンツーマンや複数人の講座などでしてきたことを

動画に収録し、体系的にまとめていくことで

購入者様はいつでも何度でも、動画で学ぶことが出来ます!

 

また、自分自身も

いったん作成ができれば

時間を使う事がなく売り上げを上げることが可能になります。

 

 

ちなみに私も動画自体はこれまで、

400本以上作成してきましたよ!!

 

 

 

その⑤YouTubeチャンネルの開設


動画の流れでいくと、

・有料で販売する動画=オンラインスクール

・無料で公開する動画=集客ツールとして

の2種類があります。

 

無料の動画とは、

インスタやFacebookなどのショート動画もそうですし

商品やサービスの説明動画もそれにあたります。

 

そんな中、youtube動画は

再生回数に応じた収益化が可能なツールです。

 

 

もちろん、すぐに収益化するというわけではないので

コツコツと動画を投稿することが最初のスタートですよ。

 

 

その⑥オリジナルプログラムの作成

 

セッションや講座、様々な実績を積み、

自分オリジナルの型ができてきたら

 

次は、その内容を

誰でもできる再現性のあるカタチにまとめ

認定プログラムにすることも出来ます。

 

あなたの行ってきたサービスを

他の誰かも一緒に提供してもらえるので

拡がるスピードが加速しますよ!

 

 

その⑦イベント出店

 

地域のイベントなどで、出店者募集しているものがあります。

 

規模によりますが、出展料は2,000円~5,000円程で

畳2畳分のスペースを貰えることが多いですね。

 

イベント会場の規約によりますが

物販、セッション、レクチャースタイル、飲食など

様々な内容で出店が出来ます。

 

FB_IMG_1444635185416.jpg

 

自分の力で集客をするのではなく

主催者さんの集客力によりけり、売上は変わりますが

出店料以上の収入にはなる事が多いですよ!

 

ただし、会場で使うもの・・・

看板や、椅子、商材などなど

持っていくものはめちゃめちゃ多いので、準備は大変です。

 

ですが、出会えなかった方と出会えたり

新しい横のつながりもできたりするので

集客に自信がない方はおススメです!!

 

 

その⑧イベントや講演会の主催

 

主催をするというのは

1つは、場所やイベントの集客をあなたが用意し

出店者を募って、出店者の方からの出店料をいただくという方法。

 

私も過去、大小合わせると30回以上の

イベント主催をしてきました。

 

一番大きな会場で、1日の来場者数はのべ700人でしたよ!!

 

image

image

 

もう1つは、

誰かを呼んで講演をしていただく、という主催です。

講演会のチケット代金が売り上げになりますね。

 

 

同じく、場所や集客活動をしなければいけません。

 

ただ、主催で収益がどれくらい出る?

と聞かれると

 

・広告、チラシ作成

・イベント会場費

・講演会をしてもらう方への依頼料

などかかるので、

 

結局のところプラマイゼロか

赤字になることも多いです(笑)

 

しかも、準備がめっちゃ大変で

普段の活動の手が止まる可能性が大!!

 

出店者側で参加したほうが

断然、収益にはなります。

 

でも、主催することで得るものはめちゃめちゃ多いです。

 

 

 

さて、ここからはちょっとハードルが高くなりますし

制作費もかかってくるので簡単に!と言うものではありませんが

トライしてみたい方はぜひ!

 

 

 

その⑨書籍の販売

 

ブログやSNSで発信してきたことを、1冊にまとめることで

あなたのことを知ってもらうきっかけにもなります。

 

書店に並べたいなら、自費出版が

一番、現実的ですが、費用もかかりますし

在庫を抱えてしまうリスクもあります。

 

今は電子書籍という方法もあるので

検討してみるといいですね。

 

印税での収入は

かなりの部数を販売できた場合、という感じなので

売れたものからの収益というよりは

 

本を通して知ってくださった方が

あなたのサービスを購入する、と言う流れの方が現実的ですね。

 

 

 

その⑩オリジナルアプリの開発

 

メルマガや公式LINEなどで配信していることも

自分のアプリをつくることで、そこから配信することが出来ます。

 

また、SNSやブログのような発信、

オンラインスクールなども

アプリ内に1つにまとめる事が出来ます。

 

ただ、主にアプリの使用料からの収入となるので

母数が多く無ければ赤字になりますし

開発自体も自分で簡単にできることじゃないので

プロのサポートが必要ですね。


 

いかがでしたか?

 

簡単に出来そうなものから

超ハードル高い!!ってものまで。

 

あなたは、どれをしてみたいと思いましたか?

 


自分にできること、

何が合うのか分からない…という方は

 

公式LINEに登録で、

相談内容がまとまらない方のための体験コンサルティング60分

1回限り特別価格でご利用いただけますので

ぜひご活用くださいね。
 

 

▽コチラからお受け取りいただけます

友だち追加


 

 

 

はなうたデザイン

 

言語化が苦手なセラピスト・カウンセラー専門

クリエイティブサポーター まいまいです。

 

 

今月の無料勉強会は

明日締め切りです!

 

 

「ランディングページの基本」
申込はお済ですか?お忘れなくー!


ランディングページ(LP)って
聞いた事あるけどよく分からない‥と
思う方も多いようなので
改めて簡単に説明しますね。

 


商品の詳細ページ
のことです。

 

リアルで言うと、カタログにあたりますね。

オンライン上での、カタログのようなイメージです。

 


先日も、娘の水筒を探していて
娘は「見た目」だけをチェックしていましたが

私は見た目だけじゃなく
「機能面」や「安全面」も考慮して選びたかったので
商品の詳細も調べていたんですね。


デザインだけで選ぶ人には
水筒の写真だけで良いかもしれませんが

私のように、機能をしっかりチェックしたい人の為には
どんな素材か、それはどういうメリットがあるのか
どういう使い方が出来て、何がデメリットなのか?

買う前に、自分が求めているものかどうか?
確認したいと思ったときに

それらすべての回答が書かれているページがあれば
わざわざ、電話やメールで問い合わせる必要が、ありませんよね。


そういった
不安や疑問に思うだろう
全ての回答されているページがLPです。

企業では、1つの商品ごとに

当たり前に作っています。

 

 

 

つまりですよ!

ランディングページが無い

=お客様の立場になって考えれていない

ということだと思っています…


この商品、良いから!!
使えば分かるから!!

なぁんていう、殿様商売とでも
言いましょうか‥‥。



厳しいですが、それって


説明することから逃げてるし
言語化する努力してないだけ!!

って思うのです。

 


そして、当然のことですが
LPを作るのは、結構大変です。


だってね


お客様が知りたいと思う事を
網羅しなければいけないから…。


自分視点だと作れません。
サービスの価値を知らなければ作れません。
お客様を知らなければ作れません。





LPを作るという事は

自分自身、サービス、お客様を
深く理解する努力をする、ということでもあるんです。


結果、お客様にとっても
自分にとってもプラスになることしかないんです!!

感覚派で「伝える」ことに苦手意識がある方こそ
ぜひトライして欲しいのがLPなのです。


さて、
あなたは、LPを本気で作ったこと、ありますか?
これから作ってみたいですか?

LPに挑戦してみたいな~と思われたなら、
ぜひ最初の1歩にお越しくださいね。

 

 

公式LINEに登録で無料で参加できます。
↓↓

 

▽コチラからお受け取りいただけます

友だち追加


 

 

 

はなうたデザイン