大串正樹オフィシャルブログ「ぐしろぐ-大串まさきの活動のキセキ-」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

新型コロナウイルス関連対策について、その3

新型コロナウイルス関連対策は医療現場への対応だけではなく、経済対策も重要になります。景気悪化による自殺者数の増加など、いわゆる「経済死」が感染症での死者数を上回るような事態は避けなければなりません。この経済対策について問合せも多いので、少し私見を述べさせて頂きます。

大切なのは、落ち込んだ雰囲気を吹き飛ばすような「メッセージ性」と、効果的に経済を回復させる「実効性」です。対策の可能性としては以下の四つが考えられます。

【消費税減税】・・・メッセージ性は高く直接的な効果も大きい。但し、システム改修に多大なるコストが掛かり事業者から反対の声も大きい。その間の買い控えも大きなダメージとなる。何より期限付きであっても再引上時に大きな政治的エネルギーが必要。

【現金給付】・・・スピード感と生活保障という視点では有効。もっとも現実的な選択となる。但し、感染リスクが残っていると貯蓄に回る可能性も高い。中小企業や個人事業主、フリーランスに対しては無利子・無担保の緊急資金繰り融資を拡充で対応。

【クーポン・商品券】・・・直接的に景気を刺激する効果が高い。低迷している特定の事業分野を救済するのは理解が得られにくい(旅行券や批判の高い和牛券など)。また、配布にかかる(自治体の)事務コストも高い。

【キャッシュレス決済還元】・・・消費税減税のデメリットを解消する上で効果的(意外に経済の専門家が高い評価)。事業者にとってもメリットが大きい。但し、キャッシュレス決済は道半ばの政策でもあり規格もバラバラ。何よりメッセージ性も弱い。

このように、いずれの対策も一長一短で、複数の組合せや、所得制限など対象者の絞り込みなど、微調整をしながら検討していくことになります。併せて、納税猶予(公共料金や社会保険料なども視野に入れて)などの個別施策との組合せも効果があると考えられますので並行して検討する必要があります。いずれにしてもリーマンショック時の対応を超える対策が必要になると考えられます。


一方で、今回のコロナウイルスの影響は、いくつかのシナリオが考えられます。

①GW頃に徐々に収束するケース。交通や観光、飲食などを中心としたサービス産業を中心に個人消費を刺激する「景気対策」が必要。

②夏から秋頃まで長引くケース。製造業にも影響が出だすと、現状の雇用調整助成金では際限なく将来負担が増える危険性もある。景気対策に加えて「雇用対策」が必要になる。

③年内で収まらず混乱が続くケース。五月雨式に世界各国で感染が拡大し、収束の出口も見えないと、本格的にサプライチェーンの見直しも迫られる深刻な事態に。

このように、収束の時期によっては、次の経済対策も考えなければなりません。


新型コロナウイルス関連対策は、政策を総動員して、一致団結して対峙しなければならない課題です。冷静に将来世代の負担も考えた上で、バランスよく、かつ、大胆な対策が必要だと考えます。


 

新型コロナウイルス関連対策について、その2

連日、新型コロナウイル関連対策に追われています。地元ではクラスターが発生したこともあり、その対応が最優先です。

 

もちろん、党内では経済対策の議論もスタートしています。しばらくは、新型コロナウイルス関連の対応が続きそうです。

 

それぞれの地域では感染の拡大防止とともに、いざという時の「医療崩壊」を防がなければなりません。しかし「感染者数<感染対応病床数」という対応だけでは不十分です。

 

医療崩壊は、一人の患者を契機に別のメカニズムで容易に発生しうると考えられます。例えば、「通常患者として感染者(未自覚・未発症)が入院」→「入院後に発症」→「院内感染」→「濃厚接触の医療関係者の多数が自宅待機」→「病棟機能停止」→「地域の他の医療機関に影響」 というドミノ倒し的に崩壊が起こる可能性があります。

 

このような場合は、二次医療圏だけでは対応が困難になります。現状では、患者のベッドコントロールに県がリーダーシップをとっていますが、患者数が増えると限界もあります。

 

医療機関も日頃から患者の受入時に慎重な感染管理が必要になります。また、全ての医療機関が連携して、この難局に対応する覚悟も必要です。市毎に責任を持った対応があってこその連携です。

 

また、既に感染者や施設を蔑視するような風評被害も伝わってきています。あらためて、この事態を冷静に捉えつつ、各施設が徹底した感染管理を行うことによって安全性を高めていかなければなりません。

 

世界各国で感染が広まる中、それぞれの国の医療体制や、感染に対する国民の意識が問われています。幸い、我が国は医療機関の感染管理の徹底や、手洗い等、国民の取組のおかげで、何とか現状の規模で持ちこたえています。もう一踏ん張り必要ですが、国民が一丸となって乗り越えていかなければなりません。

 

 

 

新型コロナウイルス関連対策について

新型コロナウイルス関する対応です。公式には以下をご参照下さい。
_______________

◆新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(令和2年2月25日)
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/kihonhousin.pdf

◆首相官邸の特設サイト
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

◆より詳しくは厚生労働省の特設サイトをご覧下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

◆影響を受ける事業経営者の皆さんには経済産業省の支援策があります。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

◆学校の一斉臨時休業についてはQ&Aがあります。
https://www.mext.go.jp/content/202002229-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf
_______________

さまざまな情報が飛び交っていていますので、感情的な意見に振り回されず、正確な情報に基づく冷静な対応が必要です。

とはいえ、私の元にもさまざまなご意見が寄せられます。
 

「政府の対応は後手後手だ」というお叱りがほとんどですが、中にはご理解を頂いて「やれることはやっている」という評価を頂くこともあります。

疫学的な意味や法制度の限界をご理解いただければ、(クルーズ船の対応も含めて)これまでの政府の対応はかなり踏み込んでやっていますし、効果的な対応であったとわかるのですが、その全てを解説したりご理解を頂くことは困難だと感じています。

もちろん、反省すべき点も多々ありますし、新しいウイルスのため未だにわからない部分も多々あります。インフルエンザのような簡易な検査キットやワクチンも無く、罹患した場合に出来ることも限られています。

今は「できるだけ早く感染を終息させる」ために出来ることをやるという段階です。皆さんの協力が必要で「人混みの多い場所は避け」「手洗いをしっかりやる」ということに尽きると思います。実際、多くの皆さんが丁寧な手洗いをしていて、感染の拡大抑止に大きな効果が出ていると言って良いと思います。

賛否の分かれる学校の一斉臨時休業ですが、感染症の拡大抑止には絶大な
効果があります。やってもやらなくても批判する人は批判します。
 

批判されても守るべきものを守るのが政治だと思います。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>