ニューハーフ水朝美樹(吉川未来)の ~乙女な内緒話~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-01-17 11:29:08

抗がん剤

テーマ:水朝美樹(吉川未来)ブログ
アメリカでは最近になって抗がん剤をしない治療方針に傾いてきていますね。なんの効力もないようでね、ガンで免疫も体力も弱っている体に延命目的のいい細胞も傷つけてしまう抗がん剤をしてさらに寿命が縮まる。早期発見では患者も体力があり、免疫力もあるのでそれなりに抗がん剤はきくのでしょう。
不思議なのは末期にたとえその場で抗がん剤やめておけと言ったならば、後でこう言われます。「あなたがあのときにそんな事言わなければもうちょっと長生きしていたんだ」と。最新医療では元気な人の血液からIPS細胞を取りだして、悪細胞をたたくキラ~細胞をガン患者の血液に打ち込む。日本もいよいよ実験段階に入りました。医学会と薬剤会のマンネリてきな顔色なんてうかがわずにどんどん患者第1の免疫療法の可能性を進めてほしいですね。
2019-01-16 15:28:38

暖かみのある人間

テーマ:水朝美樹(吉川未来)ブログ
毎回同じ場所に行くと、顕著にダメな人間とできる人間、暖かみのある人間がわかりますね。例えばス~パのレジ。二日に一回は私が登場しておりますが、どんだけ利用しているんだという話ですが。いつも現金なので若い男女店員は覚えているらしく、「現金でよろしかったですね♪」と。接客はさわやかで笑顔だし。ダメな人間になると、まったく笑顔がなくむすっとしています。よく顔をあわせていますが、いまだに「カ~ドにいたしますか、現金にいたしますか?」
。5年以上は顔を合わせていて現金なのですが、いまだにしつこく聞いてきます。もはやロボットだね。いやロボットのほうがいいように感じます。またあるうどんのお店では、3年ほど同じものを注文しているのですが、ちがうメニュ~も頼めばいいのに~との話ですが。ここもやはり気の利く店員はどこかさわやかで笑顔ですね。毎回同じ関西風のうどんなのですが、「関西でよかったですね♪」「いつもありがとうございます」と。3年以上は顔を合わせていますがダメダメ店員になると「えっと、うどんですか、おそばですか?」。遅れてまた席にきて「関東風ですか、関西風ですか?」。やはり顔もむすっとしている。それ以来もういく気が失せまったく行かなくなりました。つくり笑顔の人もいますが、お客はみていないようで結構見ていますよね。私に例えると接客していて3年以上の常連客に「えっと、Sでしょうか、Mでしょうか?」または「ビ~ルでしょうか、水割りでしょうか?」質問を。いやいや、ありえない。
2019-01-15 13:16:04

古きよきもの

テーマ:水朝美樹(吉川未来)ブログ
日本人は古いものや昭和のもの、歴史や時代がとまった空間、跡、わびさび、さびれた感に芸術を見いだします。アジア人からすれば不思議に思うらしい。ひび割れたり歪んでしまって破棄された茶器でも、日本人からすればもう~高価で貴重なものに早変わりいたします。
私のお店は古びた昭和の造りや内装がそのまま残っている。開店して33年が過ぎようとしています。古びた壁に歴代のNH達の汗と涙が染み付いている。この間私のファンだというシンガポ~ルから来られたお客様は、「ここは日本じゃないみたいだ」と。しかたありますまい。昭和に残されたこの部屋も次の時代へとうけつがれていくのだろう。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス