orchidのブログ

        ~orchidオーキッドとはランを意味します~


 いつもご訪問有り難うございます。


[☆☆☆]

このブログは「ドラマや映画の解説」

「ロードバイクやサイクリング関連(You Tube動画のリンクも)」

「作曲やコンサートに関すること」


「ピアノの演奏(You Tube動画のリンク)」

「いろいろなイベントや芸能情報」


「洋ランをはじめ園芸に関すること」も書いています。

気軽にお読みいただき、是非コメントを残していってくださいね。


☆なおコメントは承認制にしていますので反映されるまで


 お時間がかかることがありますが宜しくお願いします。

 また営業目的や記事を読まずに書かれたコメントは公開いたしません。







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

この花は?

 

この花は、カリフォルニアガール‘スイートエンジェル’というカトレアですが

 

たまたま昨日生花市場で見かけたので落札してきました。

 

じつはこの花は私のオリジナル選別株で

 

30年前にメリクロンを作ったものなのですが

 

当園にはほとんど残っていません。

 

偶然見つけたので思わず買ってしまったのですが、とても営利的価値の高い花です。

 

その理由は①花保ちが良いこと

 

②かならず年末に咲くためお歳暮やクリスマスギフトに使える

 

③花梗(花の茎)が長いので切り花にも使える

 

④写真の通り花がフラットに咲くため見応えがある

(ちょっと自慢話的になってすみません)

 

それで過去に日本蘭協会と日本洋蘭農協でPC/BMと云うメダルはもらっていますが

 

本当は営利的価値を認めてもらえるような賞が戴きたかったのです。

 

洋蘭の生産者の組合であるJOGAでは以前は営利的価値を審査するSQと云う

 

賞があったのですが、5年ほど前に廃止されてしまいました。

 

廃止するとき「いずれは新しい審査システムを考えます」という話があったのに

 

その後立ち消えになってしまいました。

 

プロの集まりの組織で営利的な審査をしないというのは如何なものか?

 

と思いますが、あまりうるさいことを云うと嫌われるのでやめておきます。

 

ところでこの「カリフォルニアガール」はウチではパテントを申請していないので

 

誰でも自由にメリクロンを作ることができます。

 

今市場に出回っているものはおそらく誰かが再メリクロンを作ったものだと思います

 

30年経っても良い花で栽培されているのは嬉しい限りです。

 

 

 

恐怖の歳末商戦?

あと3日で師走です。

 

以前に比べて減ってきたとはいえ、京都ではお歳暮を贈る習慣は根強く

 

ウチも鉢花を扱っている関係で毎年使って下さる常連さんのために

 

きのう仕入に行ってきました。

 

 

愛知県の花卉市場まで2トントラックで約2時間掛かるのですが、朝5時半出発だと

 

まだ真っ暗です。セリが午前中いっぱい掛かるので終わってからの積込が大変。

 

競り落とした花を集めるために広い市場内を歩き回らなければいけないので

 

疲れました。

 

 

翌日仕入れたランやシクラメンなどを降ろすとこんな感じになります。

 

 

一日掛かって店の中へ飾り、シンビジュームやシクラメンを見ると

 

師走の雰囲気満載となりました。

 

そしてこの花も・・・

 

 

ポインセチア、紅葉に負けないくらい鮮やかです。

またピアノの動画ですが・・・



京都駅ビル7階にあるストリートピアノ、19日(木)に行ったときは誰もしなくて

ゆっくり弾くことが出来て8曲くらい録画してきました。

そんなわけで今日は韓国の作曲家「イルマ」の「Wait There」と云う曲を弾いてみたので

よかったら聴いて下さい。

チャンネル登録もよろしくお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>