AI時代に楽しく生きる!リミッター解除の法則

AI時代に楽しく生きる!リミッター解除の法則

時代が大きく変化している現在。
これまでのルールや常識では太刀打ちできないことが次々と押し寄せてくる、、、
そんな中でも納得の人生を送り、ビジネスにも活用できる法則を考察します。


頑張っているのに努力に見合った結果を得られていないあなたへ


・現状を変えようと手を尽くしてきたけれど、空回りしている気がする
・願望実現のためにいろいろな方法を試してみたけれど、なかなか手ごたえを感じられない
・人生こんなものではないと思う
・今の自分に違和感がある
・息苦しい毎日から抜け出せない
・ときおり言いようのない虚しさを感じる
・本当にやりたいことが分からない


そんなあなたにこそ、知っていただきたいことがあります。


世の中には、悩み解決や願望実現の方法がたくさんあって、熱心なあなたはもう、いろいろと試してこられたかもしれません。
でも、その結果、不安や問題は解消されたでしょうか?
ひとつの問題が解決しても、また次の問題がやってきて、そのたびに悩み、新しい方法を求める・・・
その繰り返しではなかったでしょうか?


人生の迷路にはまり込んだ状態から抜け出すためのステップがここにあります。それは、本当の自分とつながり、真の望みを叶えることができるようになる道です。
今までの方法論とは一味違う、でも確実に自分自身を生きている実感を得られるようになるプログラムを提供しています。

自分の可能性を本領発揮して、全身全霊で自分を表現して生きてみたい!
そんなあなたをお待ちしています。


各種セッションについては

お気軽にお問い合わせください。

080-4178-3386 

lifeactivate1@gmail.com

さいじょうまで

自分の本質と方向性に気づくカラーセラピー
¥2,000/30分
思い込みから解放される脳内クリアリング
¥5,000/30分 
本当の自分とつながる自己実現プログラム体験セッション
¥10,000/90分

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

 

 脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

 

今日は数年前に出会った「U理論」にまつわる

お話をしたいと思います。

 

オットー・シャーマー博士が提唱するこの理論。

初めて出会ったときは非常に難解で、

読破するのに一苦労したのですが、

昨年、娘とかかわる中で

「U理論で言っていたのはこのことだったんだ!」

と感じた出来事がありました。

 

と、その前に、

U理論についてざっくりつかんでおくと・・・

 

 

ビジネスの世界では競争の激化で、

差別化が難しくなっている現在。

その中で生き抜いていく方法を探るべく、

様々な業界のトップリーダーにインタビューした結果から

導かれたのがU理論。

 

そこで重要なのは、リーダーたちの「内面の状況」。

 

これまでのように過去のデータをもとに

問題を解決するのではなく、

未来からアイデアを得て行動に移すことで

複雑な問題を解決し、イノベーションを起こしていくことが

可能になる、というものです。

 

 

・・・回りくどい説明になってしまいましたが、

 

要は、

 

過去のデータにとらわれず、

自分の心の声に従って行動することで

道が拓けますよ、といったところでしょうか。

 

 

 

さて、娘との話に戻りますね。

 

 

現在高校生の娘は、幼少時、いや小学生のころまでは

とにかく「よく泣く子」でした。

それも、かわいらしく泣くのではなく、

いわゆる「癇の強い子」の泣き方で、

本当に耳障りだなあと思っていました。

 

大きくなっても気分の浮き沈みが激しく、

こちらも受け止めるのにかなりのエネルギーを

消耗していました。

 

おまけに、女子だから仕方がないのかもしれませんが

年中、あれが欲しい、どこそこに連れて行ってと

要求が多く、疲れるなあといつも思っていたのです。

 

さらに、私がその要求に応える時に、

その感情が無意識に表情に出ていたのか、

 

「めんどくさい子だとおもってるんでしょ!!」

 

と勘づかれる始末。

 

私にとっては怒涛の毎日でした。

 

 

ところが、そんな日々ががらりと変わるきっかけが訪れます。

 

ある晩、娘の部屋に行くと、

娘は何やらスマホに打ち込んでいました。

 

聞けば、今まで私が買ってあげたものや、

娘が行きたいと言って一緒に出掛けたところなどを、

写真にコメントを付けてすべて記録しているとのこと。

 

その記録を見ると、私自身、こんなこと娘にしてあげたっけ?

とすっかり忘れていたものもけっこうあったのです。

 

「だって、こうやって残しておかないと、

お母さんにやってもらったことを忘れて、

またわがまま言っちゃうと思うからさ」

 

この言葉を聞いた瞬間、娘に対する見方が

180度シフトしたのです。

 

 

「やってあげたその時は喜んでいても、それは束の間。

次の瞬間にはやってもらったことなんてすぐに忘れて、

不平不満のタネを見つけては

ネガティブな思考に傾いてばかりいる、

困った娘」

 

私がそういう目で娘を見ていただけだったんだ・・・

 

そういえば、

娘は私と出掛けた先々で写真を撮りまくっていました。

それは、SNSでシェアするつもりで撮っているものと

解釈し、今どきのJKだなあと思っていたのですが、

そんな目的で撮っていたとは。

 

 

過去のデータから

「娘は私を困らせる存在」

と決めつけていた。

だから

「困った娘の言動にどう対処するか」

というスタンスでいつも対応していた。

 

ところが、

この出来事によって、

娘を先入観のないフラットな目で見ることができた。

 

もしかしたら、娘のこういった一面は

見ようと思えばいくらでも見ることができたかもしれない。

でも、私が過去の娘にとらわれて、

あえて見ようとしていなかったのではないか。

 

 

このことがあってから、

娘に何かが欲しいと言われても、

彼女が学校の課題に追われて発狂していても、

以前のように「まためんどくさいことになったな」と

イヤな気分になることが激減しました。

 

 

まずは、過去の経験や知識から離れ、

客観的に一歩離れてみることが、

問題を乗り越え、新たな創造を生み出すために

重要なポイントなのかもしれません。

 

私はラッキーなことに、

半ば強制的に客観的視点で娘を見る機会を

与えてもらった感じですが。

 

まあこれも、長い間、

母と自分、そして自分と娘の関係性について

内観を続けてきたことへの

天からのギフトだと思っています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

 

 脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

細々と続けている、とも言えないほど

気まぐれな更新にもかかわらず、ご訪問いただき

ありがとうございます。

 

年明けは皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

私は、年末年始にかけて、

今一度自分の在り方というものを

再考する時間をとりました。

 

日ごろ情報にまみれて右往左往し、

自分を見失ってしまうと、

思いのほか本来の自分から

ずれてしまっていることがあります。

 

そんな時は、日常空間から離れて、

できることなら自然と戯れながら

自分は何者か?という問いを

投げてみるといいかもしれません。

 

 

そんなわけで今日も、

地元の白里海岸で波乗りしてきました。

 

沖に出て波を待つ間、

ふと周りを見渡すと、

地平線が弧を描いていて、

「あ~地球って丸かったんだな~」

と、当たり前のことを体で感じて

この星からエネルギーを頂いている自分を

再認識します。

 

そして、自分は何一つ不足を感じる必要など

ないんだな~と思えて来るのです。

 

誰もが本当は足りない部分なんてないんだ。

 

そう思うと言いようのない安心感を覚えるのは

私だけでしょうか…

 

今年は昨年以上に自然からパワーをもらい、

多くの方々に還元できる一年にしたいと思っています。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

 

 脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

 

はじめはいい人だと思っていたのに、

あることをきっかけにその人に幻滅してしまった。

もしくは、その人を受け入れられなくなってしまった。

 

あなたはなぜ、その人のことを

嫌いになってしまったのでしょう?

 

その人のどこがゆるせないですか?

 

たとえば、その人の「無責任」な一面を

垣間見て、

 

「うわ~、あの人もうないわーーー」

 

となってしまった場合。

 

あなたの中には、

「無責任な行動を取ってはいけない」

という暗黙のルールがあります。

 

だから、あなたは

 

無責任な行動はとらないよう

気を付けている、努力している。

 

それなのに、その人は

そのルールを破っている。

 

だからゆるせない。

 

------という心理状態になっています。

 

 

「無責任な人なんてありえないでしょ」

と思われるかもしれませんが、、、

 

実は、何をもって他人を無責任と判断するかは

とてもあいまいです。

 

人によっても基準が違うし、

同じ人でも、その時のコンディションによって

基準が厳しくなったりゆるくなったりします。

 

 

 

前提条件が一定でない、

あなたのそのルール。

 

本当は手放してしまった方が、

気持ちが解放されてずっとラク。

 

あなたも一度、そのルールを

思いっきり破ってみてください。

 

意外と大丈夫なことに驚きますよ!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ルールの手放し方をレクチャーしています。

 

詳しくは

BCラボ(ブレイン・クリアリング・ラボ)HPをご覧ください。

https://bc-labo.info/

 

わかりづらい!こういうときはどうするの?など

ご質問は

lifeactivate1@gmail.com

までお気軽にどうぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

 

 脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

 

はじめはいい人だと思っていたのに、

あることをきっかけにその人に幻滅してしまった。

もしくは、その人を受け入れられなくなってしまった。

 

そんな経験、ありますよね。

 

こんな状況の中で、あなたの心はどうなっているでしょう?

 

① 「あんなことするなんて、ぜっったいありえない!

   もう許せない!!」

  怒りや嫌悪の感情でいっぱいになる。

 

② ①のような感情も抱く一方で、

  「こんなにすぐに人のことを嫌ってしまう自分って

  こころがせまいな・・・」

  と罪悪感にかられる。

 

①だった方。

 

おめでとうございます!?

 

②の方より対策はシンプルですので、

次回の記事で①、②共通の対処法について

書きますのでそちらをご覧くださいw

 

 

さて、②を選ばれた方・・・

 

あなたはこんな風に思っていませんか?

 

・人とはうまくやっていかなければならない。

・なるべく他人と衝突したくない。

・どんな人とも分け隔てなくつきあうべきだ。

 

ごもっともです。

 

小さいころから私たちは、

「お友達がたくさんできるといいね」

「仲良くしましょうね」

などと言われたり、

誰かとケンカした時には、

「ほら、仲直りしなさい!」

と促されたり、

とにかく集団の中で問題を起こさずに

うまく溶け込むことを要求されてきました。

 

社会に出ても、

協調性がある、というのは長所とみなされますよね。

 

もちろん、他人とぶつかるような出来事は、

集団・組織の足並みを乱すことにもなりますし、

なるべく避けたいと考えるのは当然です。

 

でも、ここで、自分が他人に対してネガティブな感情を

持つことを否定する必要はあるのでしょうか?

 

 

好き嫌いは本来自由にしていいはずのもの。

 

好き=良い感情

嫌い=悪い感情

 

だから、悪い感情を持った自分は悪い人間だと

判断して、自分を責める必要はないんです。

 

感情というのは、

世間的にどんなにネガティブだと考えられているものでも、

感じてはいけない、という事はありません。

 

だから、まず罪悪感を手放しましょう。

 

次の記事で、続きの対処法をお伝えしますね。

健全なアウトプットは健全な心身から。

 

 脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

職場の悩みで多いもののひとつに、

部下に対する不満があります。

 

・部下がなかなか仕事を覚えない

・部下に仕事を任せられない

・部下が思ったように動いてくれない

 

部下のおぼつかない仕事ぶりを目の当たりにしたり、

丁寧にレクチャーしたはずなのに、

指導した通りに動いてくれない状況に直面したりすると、

本当にイライラしてしまいますよね?

 

さらに、それが毎日続いたら、ストレス指数は上がる一方です。

 

いったいどうしたらいいのでしょう?

 

 

実は、目の前の「出来の悪い部下」は

あなたが創造してしまっています。

 

・・・といったらおどろきますか?

 

それとも「そんなはずはないっ!!」と

反論したくなりますか?

 

まず、部下が「仕事ができない」のは

ある意味当然で、仕方がないことです。

 

上司のあなたの方が、経験・スキルともに

レベルが上だからです。

 

だからといって、部下のことをあきらめて下さい、

というわけではありませんよ。

 

上司のあなたは、

部下を一人前にしようという気持ちは

十分に持っています。

 

でも、 同時に仕事上の責任も負わなくてはなりません。

 

ここで葛藤が起こります。

 

「部下に仕事をやらせて経験を積ませる必要がある」

「でも失敗したら自分がまきとらなければならない」

 

仕事ができる人ほど陥りがちな罠なのですが、

無意識のうちに

「すべて自分で仕事を片付けてしまう」方向に

流れてしまいます。

 

自分でやった方が間違いないからです。

 

こうしてあなたがついつい自分で仕事をやってしまい、

部下に経験をさせることを躊躇していたら

どうなるでしょう?

 

部下の心の中に、

「自分はなかなか仕事を任せてもらえない。

自分はいても仕方ない人間なんだ」

という無価値観を植え付ける結果となります。

 

「どうせ何をやってもムダだ」

という気持ちになった部下は、

主体的に動くことをあきらめてしまう------

 

悪循環ですよね。

 

ここは、上司のあなたがぐっとこらえて

部下に少しずつでも仕事を任せていく必要があります。

 

「わかってはいるんだけどね・・・」というあなた。

 

実は状況を全てコントロールしたい願望が

心の奥底で渦巻いているのです(怖)

 

自分でコントロールできることには

限界があります。

 

そもそもあなた一人でこなせる仕事量ではないから

部下がいるのです。

 

部下に任せる部分がふえるごとに

部下が頼もしくなってきますよ~

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

 

 脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

いつもながら久々の投稿、、、

急に思い立ったのですが。

 

夏休み真っただ中の今、

もしかしたら学校生活がつらくて

新学期が始まってほしくないと

思っている学生さんがいたら、、、

 

そう思って

かつて不登校だった息子が書いた

一通の手紙を公開します。(かなり長文です)

 

----------------------

山名さんへ

 

いつも楽しく電波人間をプレイさせて頂いてます。

以前、アンテナのアイディアを送らせていただいた者です。

この間の「連続バトルチャレンジ」の「オニキスホース」のランク50は、

とにかく強くて久しぶりに手に汗握る戦いとなりました。

 

話は変わりますが、実は自分は、

この電波人間に命を救われて大変感謝しているのです。

その理由をお話ししようと思ったら、

かなりの長文になってしまいました。

もしお時間が許すようでしたら、目を通していただけたら幸いです。

 

自分は今高校生ですが、電波人間をやるまでは親にゲームを禁止されていました。

そして小さいころから父親と仲が悪く、暴言や暴力が酷かったのです。

そのせいか、引っ込み思案で、不安や怒り、悲しみといった感情を抑え込み、

我慢するようになりました。

小学校ではいじめの標的になり、同時に父親の暴力もさらにひどくなり、

刃物を持ち出して殺されそうになったこともありました。

 

小学校も高学年になると、いじめは悪口や仲間外れにとどまらず、

ある生徒にいたっては、先生までだまし、罪のない自分に説教してきました。

ガラスの破片や石、自分の嫌いな虫などを投げつけられたり、

給食はもちろん配られず、買ったばかりの私物を捨てられたりしました。

ズボンを脱がされたりもしました。もうさんざんでした。

それでも勉強しなければなりませんでした。

自分は全くやりたくないのに、猫をかぶって真面目なふりをして、

何とか頑張っていました。

小学校のうちはそんな精神状態でもテストの点数は毎回90点以上でした。

でも、こんなことではいつか自分はダメになってしまうと思っていました。

6年生になった時、中学受験のことで揉めました。

低学年のころから剣道をやっていたので、

地元で剣道の強い学校に入った方が良いという母親、

勉強が第一だと言う父親。もちろん自分の意見など聞いてくれませんでした。

どちらも嫌でしたが、勉強は特にうんざりだったので、

仕方なく母親の言う事を聞いて地元の中学に通う事になりました。

クラスメイトが変わり、いじめはなくなりましたが、部活の顧問が最悪でした。

常に機嫌が悪く、部員に当たってばかりでした。

特に部長と自分にはきつく当たりました。

部長はストレスで血尿が出るほどでした。嫌でも休むことは許されなかったし、

母親も休むことを許してはくれませんでした。

 

そして、予想通りテストの点数はどんどん下がっていきました。

そんな状態でも今度は父親が高校受験の話を持ちかけてきました。

もう生きている実感なんてありませんでした。

今楽しくなくて将来が楽しい訳がない。自分はダメな人間だ・・・

 

もう、自分まで敵になり、自分で自分を責め始めました。

こんな自分は生きている価値がない。

周りの人間は、まるで汚いものを見るような目で自分を見てくる。

もう死んでしまおう、自殺しようと考えていました。

部活を休むどころか、学校まで休むようになっていました。

心の中ではいつも自分を追いつめていました。

どんなことがあっても学校は休んではならない、

世間はそういう人間を廃人と見なすんだ。

そうだ、自分は廃人なんだ。

家にいるだけで両親には毎日のように叱られました。

このころには心に大きな穴が空いていて、感覚が麻痺していました。

もう、周りの評価なんてどうでもいいや・・・

家で暇な時間を過ごしているとき、妹が楽しそうにゲームをしているのを見て、

ひきこまれるようにゲームとの接点を持つようになりました。

そこで初めてやったゲームが「電波人間のrpgfree」でした。

今まで自由が無かったため、最初は何をしたらいいのかわかりませんでした。

罪悪感はありましたが、初めて楽しいと思えて、

毎日早朝から夜中までプレイし続けました。

心に空いた大きな穴は塞がらないけれど、気持ちは徐々に回復していきました。

あの時、電波人間に出会っていなければ、自分の命はなかったかもしれません。

そして、学校では学べなかったことを電波人間を通してたくさん学びました。

大切なのは自分で考えて行動すること。

ゲームは多くの親にとっては悪いものと思われがちですが、

自分はそのゲームに命を救われました。

学校では教えられたことをただやればいいだけです。

でもゲームには先生はいません。

初めて電波人間をやった時は戸惑ってしまいましたが、

今思えば、他人の言うことに従ってばかりいたために、

自分で考えて行動できなくなっていたのかもしれません。

 

今は、通信制の高校に所属していて、家でゆっくり楽しく過ごしています。

母親は、自分が電波人間をやっていくうちに、ゲームへの先入観がなくなり、

逆に感謝しています。父親は未だにわかってくれませんが、

気にしないようにしています。

なにはともあれ、自分の意見をしっかり言えるようになって毎日が楽しいです。

つらいことをずっとやり続けることが一番よくないと今では思います。

あの時、死んでしまっていたら今の生活はありません。本当に感謝しています。

 

 

--------------------

ゲーム会社の社長さんあてに送った手紙。

なんと、その社長さんは、息子あてにお返事を下さったのです。

その方も、子ども時代にいじめに合われてつらい思いをされていたとのこと。

その時の経験をバネに会社を興されたそうです。

 

時代にそぐわなくなってしまった学校、会社などのシステム。

でもいまだそのシステムに縛られ、そこからはずれることに

罪悪感や恐怖を感じている。

そんな方々へ、学生さんに限らず読んで頂くことで

自信を取り戻して頂けたら。

 

そんな思いで公開しました。

お役に立てたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

脳内クリアリング・マスター、西条です。

久しぶりの銀魂の名言、
今日はこちら。

「逃げても逃げきれるもんじゃねえ。
特に本当に忘れたいことからはな」

江戸を破壊しようと企む
天人(あまんと)達に嵌められて、
家も家族も失った加藤健。
かつての生活を取り戻したいという
思いがありながらも無力な自分を
理由に諦めようとしたときの
銀さんの言葉。


あなたには「忘れたいこと」は
ありますか?
あるとしたら、
それはどんなことですか?

忘れたいと思うからには、
そのことには相当に
辛い感情や嫌な思いが
結び付いている、
ということですよね。

大なり小なり忘れたいこと、
というのは誰しも
持っているものです。

場合によっては、
思い出すと苦しいので
無意識に心の奥底にぐっと沈めて、
浮き上がって来ないように
しているかもしれません。

ところが、
見ないようにしてきた
そのことにくっついている
感情が、
新たな出来事によって
浮上してくるのです。

子供のころ、
「こんなこともできないの?」
(あなたはダメな子)
と親や周囲の人に言われて、
自分の存在を受け入れて
もらえなかったように感じた。
孤独感、悲しさ、さらには
自分には価値がないんだ、
という思い、、、
(泣いたり怒ったりして)
それらを表に出せずに
フタをして見ないように
している、というのは
よくあることです。

大人になって、上司に
「こんなこともできないのか」
「だからダメなんだよ」
と言われたり、そこまで
酷似した状況でなくても、
単なる移動なのに
「これって左遷なんじゃ、、、」
と落ち込んだり、
自分の提案が通らなかっただけで
自分の存在を否定された気分になったり
自分は能力がないんだとへこんだり。
心がザワザワ、揺さぶられるのです。

これはつまり、
見ないようにしていた子供のころの
マイナス感情が、
「気づいてよ~無視しないでよ~」
と訴えてきているということ。

ネガティブな感情は辛くて
避けたいものなので、
つい、無かったことにして
流してしまいがち。

でも、
その感情から逃げずに
向き合い、
(あの時は)「辛かったんだ」
「悲しかったんだ」
としっかり認めてあげる。


感じてはいけない感情なんて
ありません。

どんな感情も
自分から生まれたものだから
大切に扱う。


自分の中の異物と
思っているものを受け入れたら、
心の中の争いがおさまっていき、
外の世界も穏やかになっていきますよ。

健全なアウトプットは健全な心身から。

脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

今日はちょっと真面目に「働き方改革」について。

 

企業の労働環境を大幅に見直す取り組み 、

働き方改革。

 

非正規雇用の待遇差改善、

長時間労働の是正、
労働人口不足の解消、

このあたりが重要課題とされているようです。

 

テレワークの導入なども、その施策のひとつとして

取り入れられつつあります。

時間や場所を有効に活用できるようになることで、

今までよりも十分な休息が取れたり、

やりたかったことに手を付けられたり、

というメリットがありますよね。

 

ただ、そうはいっても、

現状では1日のうちの大半を占める職場での時間。

この時間をどう過ごすのかが、

やはり生活の質に大きな影響を与えていることは

確かです。

 

余暇の時間が少々増えたとしても、

働き方の自由度が上がったとしても、

仕事自体が苦痛だったり、

つまらないと感じるものであったら、、、

 

それは、本当の働き方改革とは

言えないのではないでしょうか。

 

もし、仕事をする意味、やりがいを

感じていたなら、

仕事が楽しいから

「やる気を出す」「モチベーションを上げる」

なんていうことをしなくても

自動的に目の前の仕事をどんどん

こなしてしまえるはず。

生産性も自動的にアップして無駄な残業も減る。

 

 

人生の貴重な時間を楽しく、

充実したもので

満たしていくこと。

そのために、

目の前の仕事に楽しさを見つけられる

工夫をする。

 

自分でできる「働き方改革」で、

仕事を「楽しい活動」に変えて、

創造的に毎日を過ごしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

脳内クリアリング・マスター、西条です。


今日の銀魂のささるフレーズはこちら。

「本当の不自由ってのはね、
 自分で心に檻をはっちまうことさ。
 死ぬだなんだわめいて
 逃げ回ってるヒマがあったら
 檻ん中で闘いな、てめえと」

地下に下ろされた遊郭、吉原。
生気を失った女たちの中で、
唯一光を放っていた

吉原一の花魁である日の輪が

身を売られてきた
少女の月詠に放った言葉。
 

 

 

人はどうしても思うようにならない人生を
環境のせいにしたくなります。

かくいう私も、数年前までは、
自分ではどうにもできない何かに
抗っていました。
外側の世界を変えようと、
いいと思ったことは次々と
試しました。
でも、いくら頑張っても
満足のいく結果は
得られませんでした。
それどころか、状況は悪化し、
社会的に終わってしまう
ギリギリの状態に
追い込まれてしまったのです。

今思えば、それはすべて
自分で勝手に設けた制限によって
引き起こされていました。

本当は、外界の出来事、状態なんて
関係なく、自分の思い込み・観念が
生きづらさを生み出しているのだと
気づいたのです。
 

 

私がセッション・講座で行っている
脳内クリアリングは、
まさにこうした
「自分ではった檻」を壊して
自由になり、望む生き方が
できるようになる強力なツールです。
 

 

外の世界の呪縛から
解放されませんか?
詳しくはこちら↓

https://bc-labo.info/

 

健全なアウトプットは健全な心身から。

脳内クリアリング・マスター、西条です。

 

さて、突然ですが質問です。

 

「今日のあなたの服は何色ですか?」

 

もしかするとあなたは、

なんとなく今日の服を選んだかもしれません。

 

それでも、その服の色はあなたの心の表現なのです。

 

色は周波数の異なる光の一部。

今日選んだ色の周波数は、

あなたの周波数でもあるのです。

 

色にはそれぞれ意味があります。

実際のカラーセラピーでも、

あなたがどうして、今日その色を選んだのか?

を掘り下げることによって、

心の状態を知ることができます。

 

カラーセラピーは、占いや性格分析ではなく、

自分と向き合うツールです。

 

問題を抱えている、

または自分のことがよく分からない、

自分をもっと知りたい、

そんなときに活用するのはもちろん、

何も問題がない場合でも気づきを与えてくれます。

 

他人からの期待や、世間の常識から解放され、

本来の自分に戻るためのヒントが

得られることでしょう。

 

セッションでは、

お話をしながらあなたの選んだ色からのメッセージを

読み取っていきます。

そして、あなたを癒してくれる色や、後押ししてくれる色を

取り入れていく方法をご案内します。

 

あなたの日々の生活が色鮮やかになり、

さらに楽しくなりますよ。

 

カラーセラピー おためし30分 3000円

じっくり自分と向き合いたい方には

人生が加速する脳内クリアリング・コーチング付き

1時間 10000円

 

にてセッションを行っています。

 

ご興味のある方は

lifeactivate1@gmail.comまで

お気軽にお問い合わせくださいね。