今日もリベルタ


リベルタは通年で活動しています。グリーンシーズンもトレーニング実施中。
◆夏のイタリア合宿 (7月27日~8月20日)
https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12454685382.html

◆秋のイタリア合宿 (9月3日~9月29日)
https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12490541396.html

◆インラインアルペン (日曜日)
https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12464704021.html

◆陸上トレーニング (日曜日)
https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12460999580.html

◆スノーヴァ新横浜 (土曜日)
https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12461497943.html

◆スキーシュミレーター (火曜日)
 https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12495664866.html

◆トレイルランニング (毎月1回実施)
https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12487362485.html


お申し込み・お問い合わせ先
リベルタレーシングキャンプ&チーム 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

【重要】今後のトレーニングについて

熟考の結果、予定通り実施することにしました。

 

各トレーニングの詳細は、こちらの記事にてご確認下さい。

https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12586884052.html

 

4月

11日(土)、12日(日) 鹿沢スキー場

18日(土)、19日(日) 鹿沢スキー場

25日(土)、26日(日) 熊の湯スキー場

 

GW

4月29日(水)~5月6日(水) 熊の湯スキー場

 

 

参加に際して、選手・保護者の皆様におかれましては、下記の通りお願い申し上げます。

 

≪参加連絡について≫

・練習運営と現場管理に万全を期すため、予め参加者と人数を把握したいと思います。参加のご連絡は、それぞれの2日前までにお願いします。

・スケジュールが決められる方は、GWまでの意向を教えて頂けると助かります(今後の状況変更に対応しやすくするため)。

・ビジターで参加する方は、お名前、ご住所、生年月日、当日連絡先(携帯電話など)、未成年の場合は保護者連絡先をお知らせください。

 

≪トレーニングについて≫

・体調に少しでも不安がある方は、参加をお控えください(当日朝の連絡であってもキャンセル料金は発生しません)。また、練習中に体調不良が認められた場合は、直ちに中断をお願いします。

・スキー場施設内では、できるだけ密集を避けて下さい。

 

≪宿泊について≫

・起床時と練習後の検温、ダイニングルームに入る前の手指消毒を必ず行って下さい。

・チューンナップルームの換気は頻繁にして下さい。

・お子様のご宿泊中に体調不良が認められた場合は、できるだけ早くお迎えに来て頂きますようお願いします。

 

 

リベルタレーシングキャンプ&チーム 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

今週末(4/11-12)のトレーニングについて

※上記の通り、9日(木)までにご連絡下さい。先週末にご意向を伺っている方も、改めてご連絡を頂きたく存じます。申し訳ありませんが、ご協力願いします。

 

8時のリフト運行開始に間に合うように、スキー場にお越しください。武政はレストランに下りますので、お声がけください。見つからない場合は、携帯電話までご連絡下さい→090-5514-4247

 

できるだけ全員での集合はせず、流れの中でリフト乗車・ポールセットに向かいます。機材の運搬にご協力ください。遅れる方は、コースにて合流して下さい。

 

午前GS、午後SL。

但し、コースやバーン状況によってはショートポールを使用したり、種目を変更する場合があります。参加選手の皆さまにおかれましては、臨機応変の対応をお願い致します。

 

練習後、全員が集まっての技術ミーティングは実施しません。

日中撮影したビデオは、時間を見計らって各自で見るようにして下さい。
 

【事務連絡】

トレーニング料金、コンパス宿泊料金に変更はありません。また、トレーニング料金については、引き続き≪回数券≫を使用することができます。

 

 

トレーニング実施に当たり、状況を見ながらの是々非々の判断も必要となります。

皆様におかれましては、志ある選手がトレーニングを継続できる環境確保に向けたご理解とご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

 

リベルタレーシングキャンプ&チーム 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp

 

4月からの練習予定について

これまでにもブログにてご案内しておりますが、まとめます。

 

◆4月トレーニング要項

https://www.ski-takemasa.com/winter/#winter10

 

11日(土)、12日(日) 鹿沢スキー場

18日(土)、19日(日) 鹿沢スキー場

コーチ料金: 練習会員4,400円、チーム会員FREE、ビジター6,600円

- 硫安を使用した場合は、協力金500円/1日を集金させて頂きます。

- リフト券は各自で購入して下さい。

- ペンションコンパス宿泊。前日泊も可能です。

 

25日(土)、26日(日) 熊の湯スキー場

コーチ料金: 練習会員4,400円、チーム会員FREE、ビジター6,600円

- 早朝練習+午前練習

- 早朝のみビジター参加は4,400円。

- 硫安を使用した場合は、協力金500円/1日を集金させて頂きます。

- リフト券は各自で購入して下さい。

- 幸の湯ホテル宿泊。前日泊も可能です。

 

 

◆GWトレーニング要項

https://www.ski-takemasa.com/winter/#winter11

 

4月29日(水)~5月6日(水) 熊の湯スキー場

コーチ料金:練習会員4,400円、チーム会員FREE、ビジター6,600円

- 早朝練習+午前練習

- 早朝のみビジター参加は4,400円。

- 硫安を使用した場合は、協力金500円/1日を集金させて頂きます。

- リフト券は各自で購入して下さい。

- 幸の湯ホテル宿泊。前日泊も可能です。

 

 

お申込やご予約、お問い合わせは下記までご連絡下さい。

 

リベルタレーシングキャンプ&チーム 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp

 

 

 

鹿沢 4月1日

さて、4月になりました。スキーシーズンもいよいよ佳境ですね。

4月1日と言えばエイプリルフールですが、私はウソつくのは嫌いですし、ウソつかれるのはもっと嫌いです(笑)。

 

コロナ禍のインパクトは日増しに大きくなっていますが、今のところリベルタ界隈(?)では平穏です。選手たちは毎朝検温して、食事の前には手指消毒しながら、トレーニングを継続しています。

 

この時期にトレーニングを継続していることの世間的な是非はあるでしょうが、参加選手にとってスキーは「不要不急」のモノではなく、今この瞬間を懸けているモノだと思っています。なぜならば、彼らはアスリートであり、そこに年齢、レベルや経験、社会的な立場は関係ありません。目標に向かて努力できる人間がアスリートであり、アスリートとはトップ選手やプロ選手を指す言葉ではありません。そして、リベルタはアスリート育成を主旨としています。

 

だからこそ言いますが、スキーをすることは、それが即ち「努力」ではありません。辛いことやキツイことをやったからと言っても、それを「頑張った」と言えるかと言えば、また別の話です。トレーニングが努力や頑張りとなるには、中身が必要です。中身は、「意識」と置き変えても良いです。
 

こんな時だからこそ、選手には考えて貰いたいテーマです。

 

 

努力するための環境は、私が全力で用意します。それがコーチである私の役割であり、それが自分のプロフェッションであると自負しています。

 

トレーニングについての情報は、ブログにてご案内しております。参加ご検討の方は、適時ご確認お願いします。

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

 

【連絡】4月5日(日)について

4月5日(日)はトレーニングをお休みすることにします。

 

その日のトレーニング参加を検討していた方には申し訳ない気持ちですが、トレーニングに参加する代わりに、鹿沢スキー場主催の【スプリングカップ】にエントリーをご案内します。

 

要項

→ http://www.kazawa.com/_p/549/documents/20191129_第27回スプリングカップ申込書.pdf

 

今回のハイランドカップに参加してみて、レースに出場することの意義を再確認したことも理由のひとつです。

また、鹿沢はそもそも大きなスキー場ではありませんので、レースが開催されていれば滑れる場所は限られてしまい、それがゲート練習ならば尚更。それに、我々が第2のホームと言っても良いくらいにお世話になっているスキー場が今日のように一丸となってレースを開催している最中に、我々だけが我関せずでポール練習しているのはどうかな、と。

 

このように考えて、スプリングカップへのエントリーをご案内する次第です。

 

≪補足≫

・武政は前走はしませんが(たぶん)、当日は現地に行きます。

・これからエントリーする方は、リベルタでもLRCでもSquadra Passioneでも何でも、リベルタ的なチーム名でエントリーして頂いて構いません。

・デジエントリー経由でのエントリーは今日(3/29)が締め切りだそうです。用紙を利用しての申し込みは、4月2日必着です。時間がなくてもうしあわけありません。

・武政がスキー場で直接エントリーしておくことも可能です。ご希望の方は、大会申込に必要な情報をご連絡下さい。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本日のハイランドカップ参戦、お疲れ様でした。便乗企画のリベルタボンバイエにご賛同ご協力くださいました保護者の皆さん、ありがとうございました。上でもちょっと触れましたが、トレーニングという視点においても、レースに出場することの重要性を実感した1日でした。リザルトについての思いは選手それぞれでしょうが、今シーズンを振り返った時に、有意義な1日だったと言えるはずです。

 

約束通り、前走しました。疲れた…。

 

また明日からトレーニングを再開します。

今日は季節外れの大雪で、30cmは積もりましたね。今シーズンは3月がイチバン多く雪が降ってますね。

せっかくの環境です。健康には気を付けて、良いトレーニングを提供できるように頑張ります。

 

 

≪ご案内≫

4月11日(土)、12日(日)は鹿沢スキー場でトレーニングを実施します。

これまでのトレーニングと同様に参加希望者については柔軟な受け入れを致しますが、コンパス予約やバーン調整などを行っておりますので、予め参加人数を把握できると助かります。参加のご予定ご意向がある方は、お早めにご連絡頂きたく存じます。

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

 

以降のトレーニングも毎週末に実施する予定です。

場所は鹿沢スキー場か熊の湯スキー場が候補です。決まったものからブログにて案内していきます。適時ブログをご確認下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

【連絡】明日(3/28)の集合時間について

明日、3月28日(土)はリフト運行開始が8時となります。

トレーニングに参加する方は、それに間に合うようにお越しく頂きたく存じます。

 

武政は、基本的にはレストラン内にて準備しています。お声がけください。また、見つからない場合は、携帯電話(090-5514-4247)までご連絡下さい。8時にリフト運行開始しましたら、ポールセットに向かいます。遅れて参加する場合は、直接コースまでお越しください。明日は、午前のGSが【ライトB~セカンド】、午後のSLは【セカンド】となる予定です。

 

現在実施中の鹿沢スキー場のトレーニングの要項はこちらをご覧ください。

→ https://www.ski-takemasa.com/winter/#winter09

 

参加希望の方は、ご連絡下さい。

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

取り急ぎ、要件のみにて。

 

 

鹿沢 3月25日

今日の鹿沢もサイコーでした。昨日降った雪がパックされたうえに放射冷却でグッと冷やされて、いやー、良かったです。これからの予報を見ると、こんな感じのコンディションは今シーズンで最後かな…?

 

鹿沢レーシングプレイスの稲葉コーチが気を遣ってくれたのか、今日は鹿沢スキー場の「大会バーン」を上から下までを、通しで贅沢に使わせせてもらいました。感謝です。

IMG_2385.jpg

 

ここの斜度自体は中斜面といった感じですが、斜→緩→斜という構成で、タイムを出すための実戦的なとトレーニングが可能です。選手もトレーニングの意図を理解して貰えたと思います。

 

 

 

午後は「大会バーン」の下部を使ってのSL。コースは反復練習にはちょうど良い長さです。実戦的(=ミスをマネージメントしながら速く滑るためのトライを繰り返す)だった午前中のGSに対して、課題となる技術を試し、習得し、リファインするトレーニング(=反復練習)となります。

 

 

 

スキーはどうしたって、1日に滑れる本数には限りがあります。実戦練習も反復練習も、滑る本数はたいして変わらないものです。大切なのは、その内容。上に敢えて実戦練習と反復練習の「定義」を書いた意図を理解して貰えると嬉しいのです。

 

さて、ゲート練習はこんな感じですが、コーチとしては『春休みトレーニング』として、来季に向けたステップを意識しています。試合が目前に迫っている状況ならば、これまで菅平でやってきたことを更にブラッシュアップさせて継続させるのですが、来年を見据えるとなるとと話は別です。

 

リベルタでは、「人間としての成長」をコーチング指針としています。そして、それは最終的には目標達成の手段ともなり得ると考えています。ですので、試合から離れたこの期間は選手たちには単にスキーが上達することだけでなく、「それ以外」を向上させて欲しいと思っています。

 

さて、リベルタにとってのリーダーシップとは、「自分自身のリーダーになること」です。誰に指示されるのではなく、何が自分のためになるのかを自分自身で考え、判断し、行動すること。そして、それが必要だと周囲を納得させるレベルであること。それが結果的にリーダーシップとしてチームを牽引する力となると考えています(ただし、チーム内が同じベクトルを向いていることが前提です。リベルタはそうであると信じています)。「自分軸」を持てるかどうかとも言えますね。リーダーは責任を背負っていますので、(少なくとも私の理解では)ワガママ・自分勝手とは違います。

 

その前段階にあるのが「当事者感覚」でしょう。選手たちは、急に厳しくなったと思ったかもしれませんが、そんなタイミングだった訳です。まあ、たまには「オトナって理不尽…」って思うかもしれませんが、頑張って下さい。みんな真剣だと思いますが、私も真剣です。ガンバロ―!

 

明日もヨロシク。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

3月29日(日)の鹿沢ハイランドカップ便乗企画 ≪リベルタ春のボンバイエ≫は、必要以上の(?)ご期待を頂いているようです。ありがたい…、のかな?

 

コロナウィルスの影響で、全ての公認大会が中止となりました。それは仕方ないし、理解できます。

但し、オトナの1年後は想像がつきますが、子供の1年後は「未来」です。そして、選手にとってはその「未来」に影響するのが試合ですし、大袈裟に言えば、今後の選手人生をも変える機会なのです。それが消失したことは残念でなりません。

 

そんな高尚な理念とは裏腹に自分の実力はミジンコ程度ですが、それでも、今回のことでシーズンの「目盛」は付けてあげられるのではと思っています。その考えに賛同して下さった保護者、社会人選手の有志の方々がイベントを企画してくれたことが嬉しいです。使命感ではなく、自分たちも楽しみながらというのも良いですね。

 

内容は、①リベルタ内の順位付けと、②武政に何秒差つけられるかの自己申告レース。

①は単純にタイムを競います。1位から順にクジ引きをして、豪華協賛商品をゲットしてもらいます。クジ引きなので、必ずしも上位の人が「良いモノ」をゲットできるとは限らず、なんと、「ババ」も入っているのがミソ。

②は、その通りで、前走の武政とどれくらいの差(プラスorマイナス)で滑れるかを事前に自己申告して、ピタリを目指す武政ディスり企画(笑)。せっかくなので、5秒くらいぶっちぎってやるぜ!という気概が欲しいですね。

 

ハイランドカップにエントリーしていて、年齢性別問わず、これまでにリベルタのトレーニングに参加したことがあり、ユーモアを解する方が参加できます。協賛金500円(練習会員)/1,000円(ビジター)をご協力ください。参加したい方は、連絡下さい。

 

 

ということで、今日は大会本番と同じコースでトレーニングでしたので、滑ってみました。

 

コース;

本番と同じ「大会バーン」。スタートハウスの横からゴールまでの通しで、24旗門/23ターン。インターバルはコース上部~中間までが26m、下部が27m。武政が自分でセット。

 

パラメータ;

・気分:悪くない。

・体調:まあまあ。

・身体:重い。

・前日のビール:3本くらい。

・睡眠時間:5時間くらい(選手には内緒だけど、今朝ちょっと寝坊した)。

・花粉飛散量:やや多い。

 

スキーヤーの特徴;

緊張感はないが、緊張しやすい。背水の陣を敷くことが多い。

 

タイム;

ベスト 40:16 (2本目)

ワースト 41:13 (4本目)

※2016/17 ロシニョールGSマスター185㎝使用。

※ウェア着用。ストック持ってます。

※4本滑走して、体力の限界…。

 

因みに、今日一緒にトレーニングしたレジェンドマスターズスキーヤーの伊藤裕行さん(69歳)のタイムは40:37でした。

 

あと、大学生のマヒロ選手が39:25。

初めてリベルタに来た時(小5)はハの字だったのに…。完敗。むしろ、感涙。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

明日も練習しよう…。

 

 

鹿沢 3月23日

春休みトレーニング始まりました。年末年始以来の鹿沢ですが、何となく落ち着きますね~。峰の原でいつも一緒に練習していた伊藤コーチご夫妻もご健在でしたよ。

 

これから4月5日(日)まで、どうぞよろしくお願いします。

因みに、4月11日(土)-12日(日)も鹿沢でトレーニングします。こちらもヨロシクです。

 

IMG_2380.jpg

 

さて、鹿沢の積雪は現在のところ問題ナシ。ドリル刺しても土に着くことはないし、下地には氷がありそうな手応えです。人口雪メインで、1mはあると思われます。4月までは不安なくトレーニングできそうです。

 

ですが…、圧雪車が故障してしまったそうで、今日のゲレンデは昨日のままでガタガタです。なんてことだ~!とは思いましたが、同じようなことは昔、別のスキー場でも何回か経験しています。まだ雪が硬いうちは低速の基本練習をして、少し雪が緩んできた頃からコースセット。皆で均せば良い感じになりました。

 

午前中は、基本練習を踏まえて、ショートポールを利用。皆、凄く良い感じでした。

 

 

 

午後はロングポール。ここまでの練習の流れを考えてセットの難易度は低めに設定しましたが、掘れて下地にある硬い氷が覗いてくると、なかなか滑り応えがありましたね。

 

 

 

 

お天気が良くて明るかったので、時計を見るまで15時過ぎになっていることに気がつきませんでした。本来は午前GS/午後SLの予定でしたが、今日は基本練習→ショートポール→ロングポールのSLの3部練習となりましたが、選手たちは臨機応変に対応し、最後まで集中力あるトレーニングができました。皆さん、お疲れ様でした。

 

圧雪車の修理は完了して、夕方のうちにゲレンデに向かったと聞きました。良かったです。寒の戻りが来ている最中ですし、明日は今日よりも良い感じになっていると期待します。

 

トレーニング参加希望の方は、要項をご確認のうえ、下記までご連絡下さい。

要項→https://www.ski-takemasa.com/winter/#winter09

 

リベルタレーシングキャンプ&チーム 武政守
090-5514-4247
tasa@topaz.plala.or.jp

 

 

ところで、今日選手の方から頂いたメールを読んでいて気が付いたのですが…、

リベルタはビジターのトレーニング参加も承っております。トレーニング環境を充実させ、選手活動を有意義にするために、リベルタは会員制度(練習会員とチーム会員)を設けていますが、会員以外はトレーニングに参加できないという事ではありません。リベルタのトレーニングに今日ののある方は、ぜひ一度ご参加をご検討頂けますと幸いです。

 

 

スケジュールは、

 

06時30分 朝食

07時15分 コンパス出発

08時30分 リフト乗車、トレーニング開始

午前GS/午後SL

15時30分 トレーニング終了

コンパスに戻って、技術ミーティング(参加自由)

 

直接スキー場に来る方は、リフト運行開始前までに武政までお声がけください。ゲレンデで作業している場合もありますが、基本的にはスキー場管理棟(レストラン)にてお待ちしております。見つからない場合は、携帯電話までご連絡下さい。

 

それでは、明日もよろしくお願いします!

 

 

菅平つばくろ 3月22日

3連休のトレーニングに参加して下さった選手の皆さん、保護者の方々、ありがとうございました。今シーズン最後の菅平ツバクロでのトレーニングでした。この3連休に向けてスキー場は平日をクローズしてコースメンテナンスしたおかげで、良いトレーニングを実施することができました。

 

ジュニアからマスターズまでが縦割り式にトレーニングできているのがリベルタですが、今週末も様々なカテゴリーから選手がトレーニングに参加してくれました。シーズン序盤は急斜面にビビるジュニアに対して、経験値で勝る社会人選手が優位に立っていましたが、今や、社会人選手は小学生にロックオンされています(笑)。

 

IMG_2378.jpg

 

このツバクロは、我々にとって本当に良い環境でした。初めてのスキー場でしたので慣れないこともありましたが、参加選手の皆さんのご理解とご協力には感謝ですし、やはり何と言っても、選手の皆さんのモチベーションが大きな支えとなりました。お陰様で、ツバクロでのトレーニングを完遂することができました。ありがとうございます。

 

さて、菅平ツバクロスキー場は今日で予定通り終了しまして、明日からは鹿沢スキー場に移動してトレーニングを実施します。

 

明日の3月23日(月)から、3月29日(日)を除いて、4月5日(日)までの毎日トレーニングを実施します。

『春休みトレーニング』として、日帰りだけでなく、春休みを利用した中・長期の参加にも対応しています。

 

要項→https://www.ski-takemasa.com/winter/#winter09

 

宿泊は、これまでと同様に峰の原高原にあるペンションコンパスとなりますが、鹿沢スキー場までの送迎がありますのでご安心ください。

ご参加、お待ちしております!

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

3月18日の記事(https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12582914849.html)に書いた通り、3月29日(日)はトレーニングをお休みして、鹿沢スキー場で開催される≪ハイランドカップ≫に出場します。エントリーしてみてはどうでしょうか?この記事に書いた以上はあとには引けませんので、私も前走してコーチとしての生き恥、もとい、生き様を示したいと思います、合掌。

 

あと、リベルタ参加選手と保護者の有志の方々が便乗企画(仮称:リベルタ春のボンバイエ)を立案してくれています。純粋なタイムによる順位付けと、私をダシにした地獄の企画の2本立て。勢い余った方々が結構な豪華賞品を提供して下さいまして、順位問わず抽選により全員平等に商品獲得のチャンスがあります。参加対象者はハイランドカップにエントリーしていて、年齢性別問わず、これまでにリベルタのトレーニングに参加したことがあり、ユーモアを解する方。協賛金500円(練習会員)/1,000円(ビジター)をご協力頂きます。興味ある方はご連絡下さい。

 

では。

 

 

 

【菅平・ツバクロ】3月20日-22日のスケジュール

3月20日(金)-22日(日)のスケジュールとバーン割振りです。

 

この3連休がツバクロでの最終トレーニングとなります。

トレーニング参加、受け付けております。選手の皆さん、頑張りましょう!

 

トレーニング参加希望の方は、本記事に記載の連絡先までお申し込み下さい。

菅平・つばくろトレーニング要項はこちらにてご覧いただけます。

→ https://ameblo.jp/liberta-racing/entry-12533793008.html

 

 

【場所】

菅平つばくろスキー場

 

【使用バーンと練習種目】

20日(金) Bシフト

2コマ目 10時30分-12時30分 パノラマ 3番 GS

4コマ目 14時30分-16時30分 パノラマ 3番 SL

 

21日(日) Bシフト

2コマ目 10時30分-12時30分 チャンピョン 5番 GS

4コマ目 14時30分-16時30分 パノラマ 2番 SL

 

22日(日) Bシフト

2コマ目 10時30分-12時30分 チャンピョン 5番 GS

4コマ目 14時30分-16時30分 パノラマ 2番 SL

 

 

ポールバーン割り振りはスキー場HPにて確認できます。

https://pinebeak.jp/pole/

我々の登録名称は「LRC(リベルタレーシングキャンプの略)」です。

 

 

【集合時間と場所、及びスケジュール】

各自でウォーミングアップを済ませて、10時15分/14時15分にスタートにご集合ください。

武政は9時頃からゲレンデにて待機しています。お声がけください。

 

ゲート練習開始前は、ゲレンデ下部にてフリースキーの技術アドバイスをします。

 

当日のポールバーンの空き状況などの理由により、現場でのスケジュール変更がある場合もあります。臨機黄変の対応をお願いすると共に、ある程度の余裕を持って行動するようにして下さい。

 

※機材の運搬にご協力ください。

※スキー場で武政が見つからない場合は、携帯電話(090-5514-4247)までご連絡ください。

 

※硫安を使用した場合は、硫安協力費として1日500円を集金させて頂きます。ご了解お願い申し上げます。

 

 

【ご注意ください】

P会員、シーズン券の受け取り場所は大松スキー場事務所となります。受け取りが必要な方、P会員への申し込みが必要な方は、まずは大松スキー場事務所にお立ち寄りください。

 

※菅平大松・つばくろスキー場でのトレーニングには、リフト券の他に、P会員への入会、若しくはポール滑走券が必要になります。単日での参加者はその限りではありませんが、シーズンを通じて複数日の参加がある方は、P会員へのご入会をお勧めします。

 

菅平大松・つばくろスキー場での我々の登録チーム名は「LRC(Liberta Racing Campの略)」となります。P会員へお申し込みの際にはチーム名に「LRC」とご記入ください。

 

P会員について→https://pinebeak.jp/1819season/#p_members

 

 

【トレーニングお申し込み・お問合せ】

参加を希望する方は、下記までご連絡下さい。コンパス宿泊手配もお承ります。

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

上述の通り、この3連休で菅平エリアでのトレーニングは終了となります。そして、3月23日(月)からは≪春休みトレーニング≫のタイトルで【鹿沢スキー場】にてトレーニングを実施します。

 

春はトレーニングの季節!を合言葉にして、じっくりとトレーニングします。日帰りだけでなく、春休みを利用した中・長期のご参加にも対応しております。来季に向けたレベルアップを目指して、4月5日まで毎日トレーニングを実施します。

 

要項→https://www.ski-takemasa.com/winter/#winter09

 

宿泊は、これまでと同様に峰の原高原にあるペンションコンパスとなりますが、鹿沢スキー場までの送迎がありますのでご安心ください。

 

参加スケジュールを決められる方は、どうぞお早めにご連絡下さい。

積極的なご参加、お待ちしております!

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

 

菅平オオマツ 3月17日

菅平・大松スキー場でトレーニングしています。久し振りの大松ですが、雪が沢山あります~。それもそのはず、昨日は上田菅平エリアは大雪警報が発令されていまして、結果20㎝以上の積雪がありました。冬に逆戻りというか、今がイチバン降雪量が多いんじゃないか?って感じですね。2月の最終週から、定期的に降っている気がします。

 

さて、本日は公認コースのグランプリコースが割り振られていました。昨日降った雪がまだバフバフだったのが残念ですが、大松スキー場を代表するコースでトレーニングはエキサイティングでしたね。

 

 

 

 

 

 

寒くなく、トレーニングしやすい1日でした。みんな、お疲れ様でした!

IMG_2377.jpg

 

今夜も雪が降ってます。正直なとろろ、カリカリのバーンの方が練習には好ましいですが、それもスキー場に雪があってのこと。貴重な降雪です。降れ振れ~。ただ、コンディションが厳しくなると高まるのが怪我のリスクです。この時期の怪我は来シーズンに響きますので、十分に気を付けたいと思います。

 

それでは、明日もどうぞよろしくお願いします!

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

トレーニング参加希望の方は、上記までご連絡下さい。

3月22日(日)までは菅平にて、23日(月)からは『春休みトレーニング』を鹿沢スキー場で実施します。ご参加、お待ちしております。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

≪お知らせ≫

3月23日(月)~4月5日(日)までの期間は鹿沢スキー場で毎日トレーニングを実施しますが、3月29日(日)はトレーニングをお休みする方向で考えています。

 

その代わり、選手の皆さんには、その日に鹿沢スキー場で開催される草レース、『ハイランドカップスキー大会』にエントリーしませんか?

 

コロナ肺炎への対応として全ての公認大会が中止されていますが、それについては異論ありません。また、この大会が、選手が目指していた大会の代わりになるとも考えていません。

 

ですが、これまでのトレーニングでインプットしてきたものを、アウトプットする機会となると思います。技術習得・向上にはインプットだけでなく、アウトプットも必要ですので。それに、レースがあってのトレーニングです。トレーニングというより、レースに出場することが「選手」として活動する根拠の一つであることは概ね間違いない筈です。「今やっていること」の理由は、レースというフィルターを通すことで、より明確に、より具体的に、より現実感を持ってくることは想像して貰えると思います。

 

今のところ、鹿沢スキー場はレースを実施する方向で動いています。トレーニングのクオリティを高めるため、トレーニングの意義を明確にするため、そして何より楽しむために!せっかくなので、これを機会として利用しようと考えた次第です。

 

皆さん、どうですか?

私も、昔々山田コーチに提供してもらったワンピを着て前走しようと思っています(実は山田コーチは、アシックスのスキー担当営業マンでした)。ここで書いた以上は、あとには引けません。まずは明日、ストックを持って滑る練習から始めます(笑)。

 

大会要項・申込書

http://www.kazawa.com/_p/549/documents/第41回ハイランドカップ要項申込書.pdf

 

この考えに賛同して頂けると嬉しいです。

 

ご質問がある方は、下記までご連絡下さい。

 

リベルタレーシングキャンプ 武政守

tasa@topaz.plala.or.jp

090-5514-4247

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>