世界一蹴の旅
世界一蹴の旅-書籍南アフリカワールドカップ出場32カ国を巡るサッカー世界一蹴の旅飛行機を完遂しました!

当ブログに初めて来られた方はまず、世界一蹴の旅HPをご覧ください。旅の実績ページでは世界地図を見ながら、過去の日記を閲覧できます。世界一蹴の集大成ムービーはこちら

この「世界一蹴の旅」は書籍化されています。アマゾンでも買えちゃいます!

※コメントは承認後表示されますので、ご了承ください。
  • 04Jan
    • 村上アシシ初のビジネス書「半年だけ働く」を上梓しました

      「世界一蹴」ブログではお久しぶりです。アシシです。昨年末に自身が10年以上続けている「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルのノウハウを詰め込んだ自己啓発本『半年だけ働く。』を出版しました。紙の本だと、1,512円ですが、Kindleで買うと1,188円で約21%オフです! 半年だけ働く。 Amazon また、先日ヨモケンと世界一蹴の旅を振り返る対談をしたので、興味のある方はご覧ください。アシシのツイッターhttps://twitter.com/4JPNアシシのブログhttp://atsushi2010.com/

      11
      テーマ:
  • 25Jan
    • 「サッカーは世界を繋ぐ」チャリティー活動を行います!

      アメブロではお久しぶりです。アシシです。今、ブラジルに来ています。2月末まで滞在予定です。昨年2013年は9カ月間「社畜」として働き、年が明けてから旅人再デビューしてます。オマーンでU-22アジア選手権を観戦し、そのまま中東経由で南米入りしました。現地での模様をツイッターなりブログなりで、随時更新していますので、ご覧ください。ツイッターhttps://twitter.com/4JPNブログhttp://atsushi2010.com/世界一蹴時代にもやっていたチャリティー活動(恵まれない子供たちにサッカーボールを寄付する活動)をこの地ブラジルでも行います。世界一蹴の時から掲げている標語、「Football unites the world(サッカーは世界を繋ぐ)」をコンセプトにして、W杯が開催されるブラジルと我が日本をスマイルの顔文字で繋ぐチャリティーTシャツを作成しました。このTシャツの売上の一部が、「サッカーは世界を繋ぐ」チャリティー活動の基金になります。このブログでチャリティー活動の模様を写真付きでレポートしていきます。皆さんのお金が結果的にブラジルの子供たちの笑顔となって還元された模様を随時報告していきます。「自分が寄付したお金がこの子の笑顔になったんだ」という実感をブログの写真を通してチャリティーTシャツを購入した皆さんに実際に感じてもらえれば幸甚です。販売は下記サイトで行います。http://www.football-plaza.jp/shopdetail/000000006621/———<詳細>———●サイズ(着丈、身幅、袖丈)S:63、47、18M:68、52、22L:72、55、22XL:75、60、23(cm)●素材:綿100%●価格:税込3,150円※海外配送は承っておりません※色はブルーのみ—————————サイズの特徴ですが、日本人向けのサイズよりかはちょっと大きめサイズと捉えて頂ければと。中肉中背(172cm、70kg)の僕がLサイズを着るとこんな感じです。このサイトでは新しい日本代表ユニフォームや、ブラジルワールドカップの公式グッズなども販売しているので、一緒に買って送料無料にするのもいいと思います(8,400円以上で送料無料)。このチャリティー活動に加えて、日本代表が試合をする3都市でそれぞれ、「スタジアムに来る現地在住ブラジル人に日本代表を応援してもらうようにお願いする活動」も並行して行っていきます。具体的にどういう活動を行うかはブラジル現地で試行錯誤しながら決めていく予定ですが、「日本代表が試合をするスタジアムをホーム戦の雰囲気にしよう」プロジェクトに興味のある方は、当ブログを今後もウォッチして頂ければと思います。更に「日本代表サポーターのサポート活動」も行っていきます。日本代表の第3戦コロンビア戦が開催される都市、クイアバは慢性的な宿不足が懸念されており、2月に実際に訪れてみて、大手予約サイトに載っていないホテル情報などをこのブログなどを通じて提供していく所存です。ということで、「サッカーは世界を繋ぐ」チャリティー活動に賛同して頂ける方は、是非このサイトでチャリティーTシャツをご購入ください!よろしくお願い致します!m(_ _)m

      24
      テーマ:
  • 30Sep
    • アシシ、初の単著を出版します!

      世界一蹴ブログではお久し振りです。アシシです。atsushi2010.comのHPを立ち上げてから、そっちでずっとブログを更新し続けてますが、本を出版することになったので、こちらのブログでも1年9カ月振りに更新してみます。村上アシシ、初の単著、「日本代表サポーターを100倍楽しむ方法 ~サッカーとボクと、時々、ノマド~」が10月5日金曜日に発売されます!——————————————-日本代表サポーターを100倍楽しむ方法~サッカーとボクと、時々、ノマド~発売日:2012年10月5日(金)価格:1500円(税込)発行:株式会社フロムワン発売:朝日新聞出版——————————————-帯のコメントはなでしこジャパンのエース、大儀見優季に頼んだら、快諾してくれました!(≧∇≦)アマゾンのリンクはこちらです!http://amzn.to/SnSmMLリンク先にもありますが、書籍の概要について説明します。—————<内容紹介>それでも僕らが応援する理由――。ロンドン五輪・男女サッカー12試合すべてを現地観戦したコアサポーターが綴る、新世代のサポーターズバイブル。サッカー観戦旅の魅力、スタジアムで応援する醍醐味、サポーターの存在意義。ジャーナリストには絶対に書けない「サポーターの想い」が詰まった魂の一冊!<構成>◆序章 ウェンブリーとボク女子サッカー決勝の舞台で思いを馳せた、なでしこの未来◆第1章 オリンピックとボク <前編>◆第2章 オリンピックとボク <後編>ロンドン五輪・男女サッカー12試合すべてを現地で観戦。笑いあり、涙ありの日本代表サポーター応援奮闘記◆第3章 サッカーとボク脱サラ、海外移住、世界一蹴の旅……。人生を賭けて「スタジアム観戦」にこだわる、その理由とは?◆第4章 時々、ノマド「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを長年続けた経験を元に、巷で流行っている「ノマド」について、独自の視点で斬る◆第5章 サポーターとボクなぜ僕らは応援するのか? サポーターとはどうあるべきなのか? 誰も論じたことのない究極のサポーター論<著者紹介>村上アシシ1977年生まれ、北海道札幌市出身。「半年で1年分の収入を稼ぎ、残り半年は完全な自由を手にする」という独特のノマド的ライフスタイルを実践する、自称「ガチノマド」。日本代表を追いかけて世界中を飛び回り、SNSやブログを駆使してサッカー情報を発信し続ける新世代の日本代表サポーターでもある。2009年から2010年にかけて、南アフリカワールドカップ出場32カ国を訪問し『世界一蹴の旅』(共著/双葉社刊)を上梓。————<紹介ここまで>————各章の合間にコラムを設けてて、海外サッカー観戦のための旅程計画方法や海外のモバイル通信事情などのノウハウを詳しく載せてます。五輪の総経費をエクセル表で大公開までしてます。チェックしてみてください。帯の裏表紙側については、「アシシってどんな人?」というのをツイッターのフォロワーに募って、そこから抜粋した10件のコメントを載せて、作成しました。帯のコメントに限らず、ツイッターのフォロワーの皆さんには、書籍タイトルのアイデア出しから、著者名をどうするか(結局本名ではなく、村上アシシで出すことになりました)、表紙のデザインの赤入れなど、書籍を形作っていく過程において、たくさんのご意見を頂きました。本当にありがとうございました。見本届きました!感無量!表紙をめくると、巻頭カラーページはこんな感じ!2009-2010年と繰り広げた世界一蹴の旅ブログのテイストが好きだった人なら、確実に面白いと思います!10月5日金曜発売です。アマゾンのリンクはこちら。是非お買い上げください!よろしくお願いします!m(_ _)m

      3
      1
      テーマ:
  • 13Apr
    • 【開国ジャパンプロジェクト】を立ち上げました!

      こんにちは!ヨモケンです。昨年末に「世界一蹴の旅写真展」を無事に開催終了して、ひとつの区切りを打ってから、約4ヶ月が経ちました。このブログも以降更新していなかったのですが、今日は新たに皆さんにお知らせです。いきなり唐突ではありますが・・・このたび、本日付で、【開国ジャパンプロジェクト】を立ち上げることになりました!これは僕が「世界一蹴の旅」を通して感じてきたこと、そして、今後のやるべきこととしてのネクストステップとしてずっと考えてきたことを形にする新企画です。僕の拙著、『世界はジャパンをどう見たか?』の中でも書きましたが、今後の日本を将来を考えると、日本そして、日本のグローバル化というのは至上命題だと思ってます。僕の場合、世界一蹴の旅の前までは、外資系のコンサルティング会社にいたり、中国で働いていたりするので、日本人のドメスティック(国内)志向というのは、より身に染みて感じてきました。そう感じて、意識を高めて、アンテナを高くしてみると、個人でも、ちょっとした団体でも、こういう「グローバル化を推進しようぜ!」という動きが巷に結構あることを知りました。そこで、そういった個々の動きを、より力の強いムーブメントにするべくして、ひとつの“旗印”のもとに、同じ志の人間たちが集まれば、より強力に、スピーディに日本のグローバル化が進むのでは、と考えに至りました。そこで、出てきた言葉が【開国】というわけです。以下、開国ジャパンプロジェクトの冒頭メッセージです。日本人の、日本人による、日本人のための開国。かつては浦賀の港にやってきた巨大な黒船の脅威にさらされながら、外国人により無理やり鎖国を解かれ、世界への門を開かされた我が国、日本。そして、第二次世界大戦での敗戦後、アメリカの主導による経済成長期に訪れた第二の開国を経て、現在、私たちは第三の開国の機を迎えています。 今までの受動的な、そしてネガティブな開国だったのとは対照的に、「平成の開国」では、自らの意思により、より前向きにグローバル化に向けて歩みだせるチャンスが来ています。この開国ジャパンプロジェクトは、日本のポジティブな開国に向けて、 世界で活躍する日本人や、日本および日本人のグローバル化に向けて活動している個人、法人、団体などが一丸となり、束になることで、より強力に、 スピーディに日本の開国化・グローバル化を促進していこうというプロジェクトです。この開国ジャパンプロジェクトの概要として、こんな図に纏めてみました。開国ジャパンプロジェクトのコンセプト図この開国ジャパンプロジェクトのコンテンツとしては、サイトオープン当初は大きくは以下の4つを軸にしています。【開国コラム】世界で活躍している日本人、日本のグローバル化に貢献すべく活動している方々に「開国アンバサー」としてコラムを執筆いただき、今後、グローバル人材を目指す人たちに、グローバル化やグローバル人材に必要な力の要素などを語ってもらいます。一番最初は、バックパッカーひとつで世界を周る太田さん(松井大輔激似w)と、経営コンサルタントの大上さんに登場してもらっています。【開国ニュース】開国ジャパンプロジェクト編集部によって、世の中に溢れる情報の中からキュレーションして、本当に役立つ、興味深いグローバル関連記事を提供していきます。【開国プログラム】開国ジャパンプロジェクトに賛同していただける企業や団体などを中心に、彼らが提供するサービス、商品、イベント、スクール、セミナーなどを紹介していきます。グローバル人材が備えるべき能力を身に着けるために必要な情報を届けます。【開国スペシャル】主に対談などのスペシャルコンテンツです。初回は、写真家でありノンフィクションライターの宇都宮徹壱さんをお招きし、「日本サッカー界に必要なグローバル力とは」というテーマで、僕と語り合った様子を掲載しています。サッカーファンには宇都宮さんとの対談は必見!また、今後はさらに独自の視点からのコンテンツを随時アップ、増強していきます。最後に・・・・みなさんにお願いです!!!① 開国ジャパンのTwitterアカウントを是非フォローしてください!・・・記事アップのタイミングのお知らせだけでなく、日々の活動情報や、プロジェクト運営に関する裏話や秘話などもつぶやいていきます。アカウントはこれ ⇒ @KaikokuJPN② 「チーム開国ジャパン」として、志をともにしてアクションしませんか?・・・開国ジャパンプロジェクトは、同じ“想い”を持ってくれる仲間を募集しています。この世界一蹴の旅ブログにも貼りましたが、専用のバナーを用意してますので、個人や団体・法人のホームページ・ブログなどに貼ってもらえると嬉しいです!もちろん、開国ジャパンサイトからも相互リンクいたします。詳しくはこちら ⇒ 「チーム開国ジャパン」他にもブログ読者の皆さん全員には当てはまらないかもしれませんが、コラムを執筆してくださる開国アンバサダーや、ニュース、イベント情報なども募集しています。自薦他薦は問いませんので、こちらまでご連絡ください!では、今後もよろしくおねがいします!!

      テーマ:
  • 06Jan
    • 新HP「atsushi2010.com」を開設しました!

      遅れ馳せながらあけましておめでとうございます。アシシです。この年末年始は実家に引き籠もり、新しいホームページの開発をずっとしていました。カタールに向けて出発する当日にやっと完成しましたので、ここに報告させてください。http://atsushi2010.com/アジアカップ現地の生情報はこちらのサイトでリアルタイムでレポートしていきます!(≧∇≦)ぜひブックマーク(お気に入り)登録の方、よろしくお願いします。m(_ _)m独自ドメイン取って、サーバレンタルして、ソースコードいじって、久々にミリミリした作業をやってました。HTMLとかスタイルシートとか、もう完全に忘却の彼方で大変でしたが、なんとか旅立ち前にリリースできました。「世界一蹴の旅」同様、ハイテンションで海外からブログをガシガシ更新していきますので、今後ともよろしくお願いします!http://atsushi2010.com/

      1
      9
      テーマ:
  • 17Dec
    • 世界一蹴写真展、大盛況のうちに閉幕しました!

      こんにちわ。アシシです。今僕は実家に帰省しています。札幌は今週から根雪で、俄然寒いです。さて、先週末に開催された世界一蹴&南アW杯写真展ですが、2日間とも大盛況でした!写真展の会場をパノラマ写真で撮影するとこんな感じです。クリックすると拡大します。すいてた時間帯はこんな感じでした。混んでた時間帯はこんな感じでした。アシシは終日、甲冑とマカラパ(ヘルメット)姿でした。写真の前ではいつもハイテンションwTOKYO MXテレビの取材も来ました!インタビューを受けるヨモケン。前職の同僚達が来てくれたので、一緒に記念撮影。仕事帰りのスーツ組と一緒に写真撮ると、違和感w土曜最後、ブースをクローズした後にみんなで記念撮影!金曜土曜の模様はツイッターの呟き(写真付き)を時系列にまとめてあるので、そっちを見てもらった方が臨場感あふれるレポートになっているかと。以下のURLをクリックして、見てみてください。http://togetter.com/li/77961また、サポ仲間のたかちゃんが動画を撮ってくれました。これもまた現場感が伝わる動画になってます。是非見てみてください!あと、当日のトークイベントでLiberoにまつわるクイズをいくつか出したんですが、そのクイズ達を検定として下記サイトにまとめてみました。題して、「世界一蹴の旅検定」。http://kentei.cc/k/1492481/ブログを時々読んでいた方は50点、「世界一蹴の旅」書籍を読了している方は70点、ブログを毎日読んでいた方は90点を目指してください!かなり難しいですw写真展に来てくれた人もたくさんブログ書いてくれてるんで、把握してる範囲で書きますね。(漏れちゃった方、トラックバック打ってください)南まいオフィシャルブログhttp://ameblo.jp/mai-minami/entry-10735226578.htmlサッカー各国代表ユニフォームhttp://football-uniform.seesaa.net/article/172757354.htmlつまりHOME SWEET HOME日記http://home-made-kazumi.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-2d74.html~ソーシャルファーム日記~ http://ameblo.jp/saitamafukkou/entry-10734340152.html師走の週末という忙しい時期であるにも関わらず、虎ノ門まで足を運んでくれたみなさん、本当にありがとうございました!とりあえず構想段階から数えると2年半に及んだ「世界一蹴の旅」も、この写真展でひとつの区切りなのかなと思ってます。アシシは現在実家に引き籠もりつつ、アジアカップに向けて準備を進めている段階です。進展があったら、またこのブログで告知させて頂きます!

      1
      8
      テーマ:
  • 09Dec
    • 「世界一蹴&南アW杯写真展」はいよいよ今週末(金曜土曜)開催!

      おはようございます!アシシです。とうとう「世界一蹴&南アW杯写真展」が今週末に迫って参りました!事前の準備風景。アシシは無駄にサンタ帽かぶって作業してますw写真展開催について、Yahoo!ニュースや日刊スポーツでも記事として取り上げて頂きました!Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101203-00000019-minkei-l13日刊スポーツhttp://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101208-711568.html会場の外に貼り出されたポスター。写真展の詳細は以下の通りです。『世界一蹴&南アW杯 写真展』日時:12月10日(金) 11:00-21:0012月11日(土) 11:00-23:00会場:フォレスタ虎ノ門 (元Libero Cafe)東京都港区虎ノ門1-14-1 1F03-6322-4786大きな地図で見るフォレスタ虎ノ門があるビルの外観入場料金:一般 700円学生(高校生以上) 300円中学生以下 無料※ 入り口でのスタンプで再入場可能写真展に展示するモノをざっと列挙してみます。・歴訪したワールドカップ出場32カ国の現地で撮影してきた写真の数々(もちろん北朝鮮の写真も!)・一蹴ブログの人気コーナー、世界の美女シリーズのベストテンを発表・今年の流行語大賞にノミネートされたブブゼラも試吹できます・世界数十カ国の紙幣、数十社の航空券の半券も展示・世界中で撮影してきたムービーやLiberoが出演したテレビ番組の録画も放送しちゃいます!その他、世界一蹴や南アW杯にまつわるグッズをモリモリ展示します。各国で集めてきた紙幣(無駄に100米ドル札も)。小泉元首相と金正日総書記の握手した切手もあるよw家族で来て、子供にブブゼラを試しに吹かしてみるのも面白そうですね。彼女・彼氏とのちょっとしたデートコースに、ご家族での外出先の候補に、仕事帰りや飲み会に行く前に一人で立ち寄ってもらっても結構です。また、2日目(土曜)午後には世界一周堂とコラボして、こんなトークイベントもやります。■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■【TITLE 】 『世界一周カフェ』in フォレスタ虎ノ門【日 時】 12月11日(土)      ●トークライブ 14時~16時      ●交流会 ~18時迄      ※開場&受付は13:30~【定 員】 70名 [前売で申込多数の場合は当日無]【参加費】 一般 前売:2,500円/当日3,000円       学生 前売:2,000円/当日2,500円    ~★1ドリンク付★お土産付★写真展入場料込~【会 場】 フォレスタ虎ノ門/カフェスペース      http://www.foresta-toranomon.jp/【申 込】 http://www.sekai1.co.jp/staff/item_1870.html■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■まだ空きがありますので、是非ご参加ください。ちなみに準備作業の風景。250枚1日かけて貼りまくりました。外から見るとこんな感じです。中に入りたくなるでしょ?wアシシの着てるTシャツは南アW杯決勝の結果が刻まれたものです。ここ3カ月ほどヨモケンと会ってなかったんですが、髪が超伸びてます!ほぼ学祭のノリで準備してきましたが、我ながらクオリティの高い仕上がりになったと自負しております。この渾身のアウトプットを2日間の展示のみで撤去するなんて、かなりもったいないw師走の週末ということで、皆さんお忙しいとは思いますが、是非足を運んでみてください!よろしくお願い致します!m(_ _)m

      テーマ:
  • 22Nov
    • 講演「ノンキャリア論」を12/4土曜に開催!

      おはようございます。アシシです。12月4日土曜日に代々木オリンピックセンターで、学生や20代ビジネスマン向けに、講演会を開きます。お題は「ノンキャリア論」。キャリアデザインとか、キャリアプランニングという言葉が巷に出回ってますが、僕はそういうワーディングにちょっと胡散臭さを感じています。キャリアという言葉に対し、皆さんはどういうイメージを持っていますか?もしキャリアという英語を資格や肩書き、もしくは企業の役職などの形式的なものに置き換えた場合、僕はキャリア論なんて語れる身分ではありません。というのも僕は資格ゼロ、肩書きゼロで働く個人コンサルタントなので。。企業にも属してないので、役職なんてものもありません。そりゃー資格や肩書きを持つことに越したことはありません。しかしそれはあくまで手段であって、最終目標は違うところにあるはず。その人の人生そのものを幸せにするためにキャリアというものが存在するわけで、キャリアを積むために躍起になって、人生そのものがつまらなくなるのは本末転倒。そういった意味で、僕は敢えてノンキャリア論と題して、キャリアについて語ってみたい。ひとつ誤解してほしくないのは、僕はキャリアというものを疎かにしているわけではありません。僕も2006年までは、とあるコンサル会社のマネジャーでした。そこから自分のライフプランを大幅に見直し、既定路線から大きく脱線し、今の「半年仕事・半年旅人」という自遊人ライフスタイルを確立しています。(半年仕事・半年旅人のカラクリについて知りたい方はこちら)その路線変更の切っ掛け、意図などの話も含めた上で、キャリアの話に限定せずにもっと包括的な視点で、ライフスタイルデザインみたいな位置付けで話ができればなと思っています。前置きが長くなりました。講演の詳細を以下に記します。●講演名: ノンキャリア論 ~キャリア以外に必要なもの~●開催日: 12月4日土曜●開催時間: 開場13:00 開演:13:30 終了予定16:30●会場: 代々木オリンピックセンター 「センター棟」の「414」●会場URL: http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html●参加費: 500円●定員: 40人●対象: 10代20代の学生・社会人(特に就活生や転職を考えているビジネスマン)●講義内容:ノンキャリア論に限らず、世界一蹴の裏話や参加型グループアクティビティも実施予定。●講演者アシシの簡単な説明:2000年に外資系コンサルティング会社に入社。6年勤めた後、独立。半年仕事をして、半年旅をする生き方を2006年から始め、自遊人ライフスタイルの布教活動を始めて今年で5年目。(詳細の自己紹介はこちら)●申込方法:http://www.libero2010.net/contact.php上記URLのフォームから、下記内容をコピペして必要情報を付記した上で、申し込んでください。(講演後、希望者で飲みに行きます。予算3~4,000円くらいです)------------------<キリトリセン>------------------・氏名・年齢・性別・お住まいの都道府県・メールアドレス・携帯番号・聞きたい質問・連れてくる友人がいる場合は、その人数分の氏名、年齢、性別、お住まいの都道府県・この講演を何経由で知ったか?・講演後の懇親会 参加 or 不参加------------------<キリトリセン>------------------小樽商科大学や田園調布雙葉高校などでも講演をさせて頂いています。当時の日記はこちら。今回は特に、内定ゲットに躍起になっている就活生に聞いてもらいたい内容です。少なからず、僕みたいな完全に既定路線から逸脱した人間って、就職活動をする学生の前にはあまり登場しないと思うんです。みんなOB/OG訪問とか、ちゃんとした会社に勤めるビジネスマンとかと会うでしょうし。僕も就職氷河期に就職活動をして、普通に6年間サラリーマンをしていたバックグラウンドがあります。そういう路線を経た上で、こういう生き方もあるんだということを、就活に悩む学生や今の仕事人生に疑問を持っている若きビジネスマンに知ってほしいです。女子高で講義した際はこんなこと語りました。音声小さめなのでボリューム上げてご覧ください。人生を豊かにする上で必要なものとは何か?僕の答えは「キャリア」ではありません。他のものです。僕なりのその答えについて、当日は語ろうと思っています。今回、Ust中継、Youtube録画は行いません。現場に来た40人のみが聞ける限定講演です。申込が40人に達し次第、締め切らせて頂きます。師走の週末ということで、お忙しいとは思いますが、よろしくお願い致します!

      テーマ:
  • 18Nov
    • 世界一蹴&南アW杯写真展が世界一周堂とコラボ!「世界一周カフェ」開催!

      こんにちは、ヨモケンです!最近はめっきりブログ更新が止まってますが、Twitterではよくつぶやいてます。Liberoの2人が最近何してるか気になる方は、どうぞTwitterをフォローしてください。「Twitterって最近すごく耳にするけど良くわかんないんだよね。。」って方、たくさんいらっしゃるとは思いますが、百聞は一見になんとかですので、まずは一度アクセスしてみてください!ヨモケンTwitterアシシTwitterさてさて、本題です。12月10日(金)・11日(土)に迫ってきている『世界一蹴の旅&南アW杯写真展』ですが、新ニュースを発表します!!世界一周旅行といえば、世界一周堂。各航空会社が販売している世界一周航空券のコンサルティングをはじめ、各種世界一周旅行のアドバイザリーをされている世界一周堂。世界一周堂ホームページ毎月開催している、世界一周旅行に行きたい人のためのセミナー「世界一周スクール」が、僕らの一蹴の旅写真展イベントとコラボしちゃいます!Liberoも世界一蹴前にはセミナーに参加して勉強しました■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■【TITLE 】 『世界一周カフェ』in フォレスタ虎ノ門【日 時】 12月11日(土)      ●トークライブ 14時~16時      ●交流会 ~18時迄      ※開場&受付は13:30~【定 員】 70名 [前売で申込多数の場合は当日無]【参加費】 一般 前売:2,500円/当日3,000円       学生 前売:2,000円/当日2,500円    ~★1ドリンク付★お土産付★写真展入場料込~【会 場】 フォレスタ虎ノ門/カフェスペース      http://www.foresta-toranomon.jp/■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■MCは、世界一周航空券専門家で、3000人以上の世界一周経験者を送り出した世界一周堂社長・角田直樹さん!世界一周航空券の紹介とお得な使い方も伝授します!トークライブ終了後は、ゲストや参加者を交えての自由交流会を開催!世界一周を夢見ている人同士で交流を深めましょう!僕らの書籍販売&サイン会も予定しております!このイベントに参加されると、もれなく僕らの写真展のチケットもついてきます!正直、かなりお得です。イベント詳細&お申込方法はこちらをご覧下さい!■ 世界一周堂 「世界一周カフェ」■ 『世界一蹴の旅&南アW杯写真展』ではでは、当日、お待ちしています!

      テーマ:
  • 08Nov
    • 12月10・11日、世界一蹴の旅&南アW杯写真展開催!!

      こんにちは、ヨモケンです!みなさんご無沙汰しております。早いもので、ワールドカップが終わり、僕らが南アフリカから帰ってきてから、まもなく4ヶ月が経とうとしています。気がつけば、今年もあと2ヶ月も残されておりません。みなさん、このW杯イヤーの今年、いかが過ごされましたか?さて、我々Liberoのアシシとヨモケンで、今年2010年を総括すべく、12月10日(金)・11日(土)の2日間に、『世界一蹴の旅&南アW杯 写真展』を東京・港区虎ノ門にて開催することにしました!※平日だったら虎ノ門近くにいるんだけどな・・・とか、休日だったら時間が取れるんだけどな・・・という皆さんの声にお応えし、金曜・土曜の両日開催となりましたので、皆さん今のうちから都合の良い日程を調整して、スケジュール帳に書き込んでください~!写真展では、南アW杯出場32カ国を巡った「世界一蹴の旅」で訪れた各国の選りすぐりの写真をパネル展示し、写真にまつわるエピソードもご紹介。当然、僕らも会場にいますので直接、旅の話をさせてもらえれば、と思っています。また、32カ国の写真だけでなく、南アフリカでのW杯大会期間中の写真も多数展示する予定です。また、人気企画、世界の美女シリーズも写真パネル化しようかと思っています。現在のところ、合計200枚以上に上る展示を計画しています。写真だけにも留まらず、大会期間中に日本代表サポーターゾーンだけでなく、テレビカメラを通じて世界にデビューしたあの“甲冑隊”の甲冑やちょんまげも展示予定。その他、「世界一蹴の旅」にまつわる品々も展示されます。南アフリカに行って現地応援された方も、行かれてなかった方も、うちのブログ読者や、サッカー好き、旅行好きの方々には楽しめる企画となっていますので、ぜひ皆さん、会場までお越し下さい!!!さらに!南アフリカ現地観戦をされてきたブログ読者の皆さんにも写真を展示できるスペースを用意しました。この読者参加型企画は展示スペースの都合上、数に限りがありますので、以下の申込フォームから、写真展示希望の旨をお書きの上、お申込ください。後日、こちらからご案内の連絡をさせていただきます。 (締め切り11月28日(日)13:00)■ 申込フォームへのリンク~ 写真展概略 ~『世界一蹴の旅&南アW杯 写真展』日時:2010年12月10日(金) 11:00-21:002010年12月11日(土) 11:00-23:00会場:フォレスタ虎ノ門 (元Libero Cafe)東京都港区虎ノ門1-14-1 1F03-6322-4786大きな地図で見るフォレスタ虎ノ門があるビルの外観W杯のときはパブリックビューイングで大盛り上がりでしたフォレスタ虎ノ門ブログはこちら入場料金:一般 700円学生(高校生以上) 300円中学生以下 無料※ 入り口でのスタンプで再入場可能展示会場では、書籍『世界一蹴の旅』や『世界はジャパンをどう見たか?』も販売する予定です。こちらではご希望であれば、著者の直筆サインもいたします!すでにご購入されている方もお持ちいただければ、もちろんサインさせていただきます!   ほかにも、スペシャルイベントを用意していますが、そちらに関してはまた別途、ご案内したいと思います!<第一弾はこちら! :11月18日追記>あの世界一周堂とコラボ! 世界一周堂「世界一周カフェ」■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■【TITLE 】 『世界一周カフェ』in フォレスタ虎ノ門【日 時】 12月11日(土)      ●トークライブ 14時~16時      ●交流会 ~18時迄      ※開場&受付は13:30~【定 員】 70名 [前売で申込多数の場合は当日無]【参加費】 一般 前売:2,500円/当日3,000円       学生 前売:2,000円/当日2,500円    ~★1ドリンク付★お土産付★写真展入場料込~【会 場】 フォレスタ虎ノ門/カフェスペース      http://www.foresta-toranomon.jp/■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■サッカー、ワールドカップや旅の楽しさを多くの人たちにも知ってもらうべく、ぜひ皆さんもお友達をお誘いいただき、ご来場いただければ幸いです!お待ちしています! m(_ _ )m

      テーマ:
  • 07Nov
    • 大賞を受賞した、高校生の読書感想文

      お久し振りです。アシシです。最近、仕事にヤラれてまして、全然ブログ更新できてなくてすんません。年明けのアジアカップに向けて、12月あたりからまたエンジン吹かしてくんで、よろしくどうぞ。で、本題です。ツイッターでよくやりとりさせてもらってるザスパ草津の高校生サポーター、ひぐラシ氏が夏休みの宿題で我が書籍世界一蹴の旅の読書感想文を書いたところ、大賞を受賞したそうですw彼からその文章を頂いたので、転載してみます。なんか高校生にここまで影響を与えられたのはブロガー冥利に尽きます。是非お読みください。---------------<キ リ ト リ セ ン>--------------- 今年2010年は世界最大のスポーツイベント「FIFA WORLD CUP South Africa」が開催された。この本は熱烈な日本代表サポーターのアシシ(村上敦伺)とヨモケン(四方健太郎)がワールドカップ出場32カ国に因みワールドカップ(以下W杯)を32倍楽しむために32カ国すべてを旅した現地レポートなどをまとめた本だ。32カ国全てに思い入れを持って観戦することでW杯を観戦することで32倍楽しもうという主旨だ。 2人は外資系コンサルティング会社に勤務していた元サラリーマンで、ドイツW杯現地観戦を理由に退職。そこで感じたサッカーという競技の大きさからこのアイデアは生まれた。私は彼らがこの書籍で語っていたある言葉に感銘を受けた「大企業に就職することが真の安定とはいえない」という言葉だ。現在アシシさんは個人コンサルタントとして仕事をしている中で「半年仕事・半年旅」のライフスタイルを確立している。何年も。僕は今アシシさんが個人コンサルタントとしてこのライフスタイルを確立していることから同じ考えを持った。この経済の不況下いつ大企業が倒産するのか分からない現状がはたして安定と呼べるのか?ということだ。そういった自らの考えを実行に移せる実行力が本当に素晴らしいと感じた。 この旅の中で両氏のユニットである「Libero」は様々な企画を敢行している。 まずは「世界の人と球蹴り」だ。この企画は現地でストリートサッカーや草サッカーにこうじている人たちに混ざり交流を図るというものだ。言葉が通じなくてもボール1つで盛り上がりともに喜べる「サッカー」というスポーツの大きさを改めてこの本から学んだ。 そしてLiberoが行った企画の中に「世界の人に笑顔を届ける」というものがある。出場国の貧困地域に出向きそこでぼろぼろのボールでサッカーをしている子供たちに事前にWebで販売した「世界一蹴Tシャツ」の売り上げでサッカーボールを購入しそこに届けるというチャリティ―企画。この企画によってサッカーボールがもたらした現地の子供たちの笑顔をみているととても感動する。サッカーという競技の大きさ、ボール1つが与える影響の大きさ、そして何より子供たちの笑顔が読者に感動を与える。 この本を読んでいると日本人であることを誇りに思える一幕がある。たとえばオランダリーグで活躍した本田圭佑のいたオランダに行けば、両氏が日本人だとわかるやいなや「ホンダ!ホンダ!」と現地の人たちから声が飛ぶ。ほかの国でも「ナカタ!」 「イナモト!」など、日本人の知名度の高さからも日本人であることの誇りがわいてくる。 さらに両氏のサッカーをもっと知ってもらいたいという気持ちが伝わってくるのが、現地の動画をWeb上にアップしたりと現地の様子がわかるように工夫を凝らしていたことだ。 そしてこの本の中で「世界って意外とせまいんだな」と感じる場面がある。2人は次の国に行く際、現地の日本人と人気Webサイトの「Twitter」で交流を図ることがある。Twitterを使うことによって「リアル」な現地の情報提供や案内をしてもらえるのは世界のグローバル化が進んでいるという証拠だと思った。 アルジェリアを訪問した際には、事前に交流をしていた現地駐在員の2人がLiberoの2人を通じて知り合うという場面もみられた。 私はこういったことから世界のある意味での広さを知ることができたと同時にこの一冊から「狭さ」と「広さ」の両方を知った。 この本には笑いもあり涙もあり、心温まる話もたくさんある。普通のサポーターが世界をまたにかけて1年以上の歳月をかけて旅したこの本は自分の固定概念によって植えつけられたその国の印象ががらりと変わることもあった。 現代社会はテレビ、インターネット、ラジオなどマスコミがどんどん発達していく中で海外の情報は大量に入ってくるが、それはあくまで「マスコミ」が入手した情報であって一定の側面から入手した話題にすぎない。実際に現地の人とふれあい五感で体感してきた情報ではない。そういった意味でもただサッカーの内容だけをまとめた本ではなく、その国の中身、国民性、生活、などリアルなところまでわかる素晴らしい1冊だと思う。 最後に私はこの本で自分の五感で体感することの大切さを感じ、間違ったその国に対しての印象があることもわかったし、自分の世界における大きさも知った。 この一冊を読むことによって自分には新たな夢ができた。「自分で確かめてみたい」ということだ。いまはまだ学生ということもあり難しいが、この本が与えてくれた夢を無駄にしたくないしいつか実現したいと思う。海外に出ることによって自分を成長させたいという気持ちがもてた。「現地」の素晴らしさ、五感で感じることの大切さ、そしてなにより夢を与えてくれたこの本に感謝したい。---------------<キ リ ト リ セ ン>---------------ワールドカップは終わってしまいましたが、この世界紀行記は普遍的にいつでも読める本となってるので、興味を持って頂いた方は是非お読みください!

      テーマ:
  • 11Oct
    • 第10回A社年次対抗フットサル大会

      こんばんわ。アシシです。先週末、前の会社の年次対抗フットサル大会に参加して参りました。アシシとヨモケンも1カ月振りくらいの再会。みんなで集合写真。アシシはFY01overチームで出場、ヨモケンはFY02チームで出場。この年次対抗、今回で記念すべき第10回目を数えました!過去の大会の模様を見たい方はこちらをご覧ください。第2回 第5回 第6回 第7回 第9回10回って凄くないっすか?ちなみにこの大会は5年前、アシシとヨモケン二人とも前の会社に在籍していた頃に立ち上げた大会です。上下のコーディネートに失敗したゴレイロ(GK)の図wここ最近は上級生が下級生をパワハラじみた攻勢でいじめる構図でしたが、今大会はFY08(入社3年目)チームが初優勝を飾りました!アシシが所属するFY01overおっさんチームは惜しくも2位。ヨモケンが所属するFY02チームは5位に終わりました。FY01overというのは、2001年入社より年寄りの代を束ねたチームです。というのも、入社年次が古過ぎると、もう1世代だけじゃ5人以上のメンバーを集めることができないので、そうやって年次を統合してるんですが、そのせいで抜け目のない選抜チームになってしまっていて、後輩達からは解体しろと突上げを喰らってますw歴代の結果を載せてみます。来春の大会はとうとうFY11を初招集します。エフワイイレブンとか、名前がカッコいいwFY01overを2チームに解体して、計10チームでの大会開催になりそうです。思い切って、ゲストチームを2チーム招集して、12チームでコパアメリカ形式にするかも?この大会は半永久的に続けていけたらなと思います。ゲストチームとして参加したいチームがございましたら、コメントください!最後にお知らせです。本日10月11日(月・祝)に第2回自遊人チャンネルを放送します。--------------------------------<キ リ ト リ セ ン>--------------------------------番組名:自遊人チャンネル第2回放送日程:2010年10月11日(月・祝)22:30~23:30(今後は月1程度で定期的にやっていく予定)URL:http://www.ustream.tv/channel/自遊人チャンネル短縮URL: http://bit.ly/8YFY5B--------------------------------<キ リ ト リ セ ン>--------------------------------今回のテーマは自遊人ライフスタイルに欠かせない「独立」について語ります。ちょっと重っ苦しい話題なので、途中にライトな婚活や合コンネタを織り交ぜながら、楽しくお送りします。今回もアシスタントに女子大生の泉乃ちゃんを呼んでますので、ぜひw

      テーマ:
  • 08Oct
    • 自遊人チャンネル、またやりますよー。

      こんばんわ、アシシです。8月30日に第1回自遊人チャンネルをUstreamで配信してから早1カ月以上経ちましたが、やっと第2回放送の目処が立ちましたので、ご連絡致します。--------------------------------<キ リ ト リ セ ン>--------------------------------番組名:自遊人チャンネル第2回放送日程:2010年10月11日(月・祝)22:30~23:30(今後は月1程度で定期的にやっていく予定)URL:http://www.ustream.tv/channel/自遊人チャンネル短縮URL: http://bit.ly/8YFY5B--------------------------------<キ リ ト リ セ ン>--------------------------------ちなみに第1回はこんな感じで渋谷のスタジオからお送りしました。僕の隣でパーソナリティを勤めて頂いているのは、アナウンサー志望の女子大生、泉乃(みずの)ちゃんです。ま、僕のジコマン話がうざいと感じる人でも、泉乃ちゃん目当てに見る価値はあるかとw第1回放送では、「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルについて喋り倒しましたが、来週月曜の第2回放送ではそのライフスタイル実現に際して欠かすことのできない「独立プロセス」にフォーカスを当てて語りたいと思っています。会社を辞めて既に5年経過しているので、独立のノウハウについては経験に則した形で語れます。ま、そんなかたっ苦しい話題ばかりでも飽きちゃうと思うので、ブレイクタイムとして合コンネタをトピックにして、泉乃(みずの)ちゃんに逆取材してみようと思いますw逆にこっちの話題で盛り上がっちゃって、当初予定していた番組内容から思いっ切り脱線しちゃうってケースも十分想定されますw自遊人のライフスタイルについて興味のある方、または泉乃(みずの)ちゃんのファンの方、もしくはアシシの合コントークを聞いてみたい方は、3連休最終日の月曜夜10時半にはおうちでインターネット繋げて、PCモニターの前で待機しててください!Ustreamって何?って人も10月11日(月・祝)夜10時半になったら、下記URLをクリックすれば番組が自動的に流れる仕組みになってますので、とりあえずアクセスしてみてください。http://www.ustream.tv/channel/自遊人チャンネルよろしくお願いします。

      テーマ:
  • 30Sep
    • 代表ユニフォーム着て運転免許証更新!

      こんばんわ。アシシです。こないだ、運転免許証の更新に行ってきたんですが、そこで採取したネタをツイッターで呟いたら、思いのほか反響があったので、ブログでも書いてみます。免許センターでは、当然の如く、日本代表のジャパンブルーのユニフォームを身にまとい、写真撮影に臨んでみました!これ、写真撮影の段階でおもむろにカバンから代表ユニを取り出して、その場で着替えるという荒業を繰り出した上で実現したネタです。ネタ獲得において、恥じらいとかためらいとかそういうのとは無縁な性格なもんでwちなみにヨモケンは既に世界一蹴に旅立つ前から、パスポートの写真が代表ユニ姿です。世界一蹴に旅立つ前にこの写真を紹介しているブログはこちら。何年も使用する身分証明書なんだから、「正装」して写真撮るのが礼儀ってもんですwついでにもういっちょ。去年、ウズベキスタン行く前に書いた入国ビザ申請書。当時のブログはこちら。こんな感じで、代表ユニ着て証明写真撮影ネタは、意外と昔から何度もやってたわけで。。日本代表サポーターの方は、今後訪れるであろうパスポートや免許証の更新の際、是非真似してみてください!

      テーマ:
  • 20Sep
    • アジア最強日本人草サッカーチーム決定戦「J-Asia」に参戦してきました!

      ニーハオ、ヨモケンです。先週、台湾に行ってきました。世界一蹴の旅では訪れなかった台湾ですが、今回は、「アジア各地で活動する日本人草サッカーチームが年に1度、一堂に会する大会がある」というのを聞きつけ、また、「人数が足りないから、是非うちのチームで出場して欲しい」というリクエストを仰せつかまわりまして、「はい、じゃあ行きますよ」と無職ならではのフットワークの軽さを示してみました。そのチームとは、旅の最中にバンコクでお世話になったバンコクユナイテッドというチーム。今回は諸事情から、「アユタヤユナイテッド」とチーム名を変え、急遽参加することになりました。※チームの大多数がアユタヤおよびバンコクから台北入り。OBや僕みたいなのが数人日本から台北へ向かいました。台北の街は僕にとって、2回目。その昔、2005年に2泊3日で遊びに来たことがあります。ところで、皆さんの台湾のイメージってどんなでしょうかね?僕自身、当時はまったく中国に興味がなく、中国本土と台湾と香港の違いなんかについてもよく理解してませんでした。僕の中国勤務時代の同僚アレックスと市内観光台湾のランドマークタワー、「台北101」中はオフィスや展望台以外にもこんなショッピングフロアも台湾という国、台北という街は、親日の人たちでいっぱい。最近、日中関係がまた悪化してますが、台湾という国(?)はまた違うロジックで動いています。日本のラーメン店も大盛況安利美特 = アニメイトもしも、中国本土の人たちにも反日感情があまりなければ、いまごろ日本と中国、ひいては韓国あたりも含めた東アジア全域の経済・文化の状況はまったく違うものになっていたでしょうね。そんな日が来ることを祈ってます。さてさて、そして、いよいよ大会の話。98年に始まり、「J-Asia」と銘打たれたこの大会は今年で14回目。基本的に毎年1回、アジアに点在する日本人チームが開催国に集まり、土曜日丸1日をかけて1dayトーナメントが開催されます。今年は過去最大の16チームが集まりました!台北、シンガポール、バンコク、ジャカルタ、マニラ、サイゴン、ハノイ、ソウル、クアラルンプール、デリー、上海、香港、華北(北京・天津・大連)、華南(広州・深セン)、そして、アユタヤ。選手だけで300人以上、同伴の家族を含めると約400名もの日本人が週末に一気に集合しちゃうというなんともすごい大会なのです。※ 僕も世界一蹴の旅を通して、バンコク、上海、大連、広州、香港のチームにお世話になってきたので、なんだか知っている方々ともたくさん再会できて嬉しい大会となりました!またデリー(インド)の方にも声をかけられて、「ブログ楽しかったです!」なんて言われちゃいました。なんだか嬉しかったです。こんな大会があるのに、Webで検索しても、誰も情報を書いてないというもったいなさ。そんなことから、今回久々に筆をとることにした次第です。なにせ16チームの大会を1日で終わらせる必要があるので、朝もはよから始動します。当日は早朝5時起床、5時半にはホテルに迎えに来た選手用バスに乗り込み、会場まで移動します。※なにせホスト国以外のチームにとってはまったくのアウェーの地なので、土地勘もないわ、言葉もしゃべれないわで、会場への移動などにはバスが用意されています。ちょっとしたプロ選手の気分が味わえますwそして、バスに揺られること15分。街の中心部を流れる川沿いの河川敷にある芝生のグラウンドが大会会場です。パッと見、影の形が夕方っぽいですが、早朝ですゆえ3面あるピッチの脇には、日よけの選手用テントが用意されます。なにせ300人ですから、すごい様相そんなこんなで7時には開会式が行われ、いよいよ第一試合がキックオフ!台湾人の審判も用意されてました。英語も操ってきます。ちなみに、この大会、全チーム予選リーグと順位決定トーナメントの6試合をこなす必要があります。さすがに1日ですべてをこなすため、1試合は20分一本で行われます。(ただし、決勝トーナメントは25分一本、決勝戦に限り20分ハーフ)第二試合が我々の初戦となったわけですが、そんな我らがアユタヤ・ユナイテッドも試合前に記念撮影!やたら背番号が重くて、3軍みたいですw初戦は、ベトナムのハノイチーム。我々アユタヤチームは終始押していましたが、最後の数分まで得点が奪えず、0-0でこのまま引き分けかと思いきや、相手ディフェンスによるゴールキーパーへのバックパスがそのままゴールに入ってしまう、という奇跡的なハプニングが起こり、見事、初戦を制しました!!会場には大会スポンサーのキリン・タイペイさんがドリンク販売コーナーを出店していて、ちょっとにぎやかな雰囲気に。キャンペーンガールも来てました!また台湾特有?の出し物でしょうか。なんと街のマッサージ屋さんが出張してきていて、マッサージサービスをやってました!こんなサッカー大会観たことないですwちなみにこのマッサージ屋には志村けんがよく行くらしく、お店のロゴにもたくさんのバカ殿があしらわれています。いいのかなwというわけで、第二試合も、相手のPKが外れるなど、ミラクルがおきまくり、終わってみれば1-0で2連勝。第三試合も、オウンゴールで一点献上するも、手堅く1-1の引き分け。3試合終わったところで、勝ち点7をゲットし、予選リーグ最終試合を待たずして、グループリーグ1位通過が決定。なので第四試合は、サラッと流して、試合終了。結果0-1の敗戦でしたが、ゲームプラン上、まったく問題なし。ワールドカップのグループリーグで2連勝し、サッサと予選通過を決めてしまって、3戦目を悠々と流せるチームの気持ちが痛いほどわかりました。そして、迎えた準決勝のソウル戦も見事に無失点勝利(1-0)を飾り、なんと誰もが予想しなかったアユタヤチーム、まさかの決勝戦進出!!!そしてそして、決勝戦は、対香港チーム戦。相手はベンチに20人くらい控えがいました。対するアユタヤチームは3人。もはや満身創痍のアユタヤチームでしたが、試合はというと、ややアユタヤペース。そして、40分フルタイムが0-0のまま終了し、優勝決定はPK戦へ。香港チームのシュートが2回に渡って枠を外すも、ともにうちのGKの動き出しが早いということでやり直しに。まるでいつぞやのゼロックススーパーカップの鹿島アントラーズの猛抗議を思い出すようなクレームを審判に入れるものの、判定はくつがえらず。しかし、アユタヤのキッカー5名が全員ゴールマウスにボールを蹴りこむ中、香港の最後のキッカーのシュートがアユタヤGKに弾かれる。ここで試合終了。なんと、優勝しちゃいました!!!!ヨモケン、J-ASIA初出場、初優勝です!!いやー、僕はFWで出場したもののノーゴールで、なんもしてないんですけどね。。おいしいトコ獲りですいません m(_ _ )mなんだか世界一蹴の旅の道中並みに“引きがいい”ようです。といったわけで、これからはホテルに会場を移した閉会式&表彰式の様子を写真をメインにサササっとご紹介。ホテルの宴会場を貸しきった盛大なパーティ大物芸能人の結婚式かってくらいの規模です参加全チームが順位の下のほうから壇上に呼ばれ、表彰されていきます。そして、、、優勝チームには名誉あるメダルが全員に!伝統ある優勝カップでイッキをさせていただきました!こんなに名誉なことはありません。今年1年アジア王者です。サッカー協会名誉会長・川渕三郎キャプテン個人からの贈り物で、こんな色紙も頂きました!表彰式が終わって、時に午後21時。各自、三々五々と夜の台北の街へ繰り出していったわけですが、いかんせん、5時起床で、炎天下の中、わずか14人で合計145分間プレーを続けた我々、、、最後は力尽き果てました。こんなに幸せな夜はありません最後に、予選リーグと決勝トーナメントの結果を貼り付けておきます。最下位チームが次回開催地の幹事を行う、というJ-Asiaの掟により、次回来年の開催地はクアラルンプール(マレーシア)に決定しました。来年もきっと参加していることでしょう・・・。また、ミラクルがおきることを願って。※ 当ブログの更新は今後、著しく頻度を下げていく(すでに下がっているw)可能性が高いです。今後は別の媒体で情報発信をしていく方向性ですが、まだ詳細決まってません。当面は、Twitterでフォローしてもらえると幸いです m(_ _ )m

      テーマ:
  • 12Sep
    • 旅祭に参加してきました。

      どーも。アシシです。日曜はうだるような暑さのもと、お台場の旅祭にゲストとして参加してきました。特設会場ではキマグレンのライブや高橋歩氏のトークショーなどで大盛り上がりでしたが、アシシは世界一周堂のブースでこじんまりとトークライブを行ってました。ブースの都合上、立ち見も含めて、30人くらいが聞いてくれました。いつもの通り、北朝鮮訪問ネタのみなさんの食い付きっぷりが半端なかったです。もうこれ、北朝鮮の体験談を語るトークショーをやり続ければ、食い繋げるんじゃないでしょうかw一蹴ブログ読者の方も何人か来てくれて、「旅祭に来るとか知りませんでした!」って言われること多々。そうなんです。ブログで告知し忘れてました。すんません。というのも僕アシシは、先週から職場復帰してるんです。はい、普通に月から金まで働いてます。なんとコンサルの現場は1年8カ月振り。リハビリとしては結構きついです。んなもんだから、このイベントの告知まで手が回ってませんでした。。ま、仕事を言い訳にしてる時点で負け犬なんですがwさて、この日はアシシ以外にも世界一周をしてきて書籍を出した旅人達も一緒にトークライブやりました。左から南まいさん、アシシ、長尾良祐君、世界一周堂社長の角田さん。サイン入りの世界一蹴の旅書籍も13冊売れました!手元にたくさん書籍がある状態になったので、ブログ読者の方々にもサイン入りの本をお売りします!買いたいんだけど、近場の本屋じゃ見当たらなくて、アマゾンで買うのはめんどいという人、こちらの問い合わせフォームでお名前、郵便番号、住所、電話番号をご連絡頂ければ、銀行振込の形でお金(1,680円とエリア別の郵送代)を頂戴し、郵送させて頂きます。よろしくお願いします。

      テーマ:
  • 05Sep
    • 【パラグアイ戦当日】 懐かしい南アサポーター同窓会と小澤英明選手のビラ

      こんにちは! ヨモケンです。昨日のパラグアイ戦は最高でしたね!!一番盛り上がったのは、ザック・ジャパンのエース候補、香川のゴール!!やっぱり、海外に出ると違うんでしょうか。観客の注目も高かったですね。行くだけで急成長するわけでもないのに(笑)あと、二番目に盛り上がったのは、駒野の途中出場。わずかに3分程度の出場でしたが、原さんの演出力には驚かされました。でも本田圭佑は代えちゃだめでしょ。。。酷暑の中の2連戦だし、元々の約束かと思っていたら、本人のリアクションみると違うっぽいですね。。さて、いつもどおり、試合の様子はプロの記者の皆さんにお任せするとして、今回のブログエントリーでは、世界一蹴の旅関連本の即売露店販売の様子をお伝えしておきまーす。スタジアムへ向かう道中の駐車場を借りて販売あの暑い中、わざわざ露店に立ち寄ってくださった皆さん、ありがとうございました!!さらには、お客さんのハズなのに、急遽お手伝いしてくださった方々も。本当にありがとうございました。m(_ _ )mおかげさまで、予想を上回る数を販売できたし、多くの人たちに知ってもらえることができました!「お買い上げで~す!!」購入していただくと、「お買い上げで~す♪」のコールと、ブブゼラの音が鳴り響くというお祭り騒ぎw恥ずかしくて購入をためらった人もいたかもしれません。。。南アの決勝戦にいらしていたこの方も立ち寄って購入してくださりました!しかもそのままお店の手伝いまでしてもらっちゃいました。気がつけば、仲間が仲間を呼び、南アのサポーター大集合、同窓会状態になっちゃって、一時最大で、店員が20名以上となる状況wwあの伝説の「ボーリングのピン」も登場メインで協力してくれた甲冑隊長のツンさん、ありがとうございました!!北京五輪のちょんまげ隊からのお付き合いですさらには、「おつりがあまりたくさん用意できないんで、よろしくお願いします!」なんて事前にTwitterでつぶやいたら、わざわざ小さな紙袋にちょうどの金額を入れて持ってきてくれる方まで!こんなメッセージまで・・・(涙)いや、ほんと、感動しちゃいました。スタジアム周りでも多くの方々にお声をかけていただきました。ありがとうございます!!というわけで、昨日来れなかった皆さんや、まだ本を手に入れてないというそこのアナタのために、本の詳細リンクをお送りしまーす!■ 『世界一蹴の旅』この本の詳細はこちらのリンク先のエントリーを見てみてください。■ 『世界はジャパンをどう見たか?』こっちの新刊の詳細はこちら。目次も書いてあります。最後に・・・・今回の露店販売で、南アのサポーターたちが同窓会のように集まり、なんだか懐かしいなぁと思っていたら、スタジアムで配られたエコバッグの中に、パラグアイで活躍中の元鹿島アントラーズの小澤英明選手のメッセージが!!僕らがパラグアイを訪れた時にお会いした、あの小澤選手です!これまた、懐かしいですね。当時のブログエントリーはこちら!http://ameblo.jp/libero2010/entry-10448997174.html彼の近況を伝えるホームページを見ると、ずっとレギュラーでプレーしているようですね。僕もまだ彼のプレーをパラグアイでは見てないので、再度、パラグアイを訪れてみたいと思っています。友達もいるし!!もし、パラグアイ小澤英明選手応援ツアーを組んだら、ファンの皆さんとか一緒に行きます~!?日本からはだいぶ遠いけど、みんなでワイワイ行ったら楽しいかな、とか思ってたりします。反響が多かったら、真剣に考えてみます!!ではでは!

      テーマ:
  • 01Sep
    • 【サイン会開催!?】 パラグアイ戦で僕らの本の露店販売やります!!

      こんにちは! ヨモケンです。いよいよ、日本代表監督が決まりましたか。ザッケローニ・ジャパン、楽しみですね。さて、その初戦と言って良いかは微妙ですが、サムライブルー日本代表のワールドカップ後の最初の試合は、9月4日(土)のパラグアイ戦。僕らが全力を尽くした、あの南ア・ワールドカップのパラグアイ戦から約2ヶ月。当時のブログはこちらです。いやー、本気で懐かしい。さて、今回はそのパラグアイ戦@日産スタジアムの当日に、今回僕らが出版した世界一蹴の旅関連の書籍を露店販売しようと思います!■ 『世界一蹴の旅』この本の詳細はこちらのリンク先のエントリーを見てみてください。■ 『世界はジャパンをどう見たか?』こっちの新刊の詳細はこちら。目次も書いてあります。そして、気になる、露店販売の場所はというと・・・・JR新横浜駅から日産スタジアムへ向かう途中のこの地点です!!!大きな地図で見る「新横浜二丁目南側」交差点の、スターバックスコーヒーの向かいの駐車場です!駅の建物を出て、スタジアム方面に向かって、歩道橋を渡り、降りてまっすぐいくとすぐ着きます。ここの利用許可を取りました!南アで話題になった甲冑を着て、仲間と一緒にいますので、みなさん是非とも立ち寄ってください!!当日、ここでお買い求めいただいた方にはサインもしちゃいま~す!販売時間は15時~18時半を予定しています。暑いと思うので、お茶なんかも用意してお待ちしておりますよ。本を買ってくれる人も、そうでないひとも、冷やかし程度でも構わないので、是非とも足を運んでもらえるとうれしーです。南アでお会いした方々は、同窓会!?しちゃいましょう!!すでに書籍を購入してくださっている方にも、御希望であればサインなんぞもしちゃいますよ~!!ちなみに、最近台風が来てますよね・・・・さすがに本なんで、濡れちゃうと商品になりませんので・・・・でも、せっかく現地販売する準備をしたのにもったいない・・・・ということで、雨天時には、Liberoがお世話になったサッカーショップ「スクデット」さんの店舗で販売させてもらうことになりました!場所はこちらです。ここも駅前なので、ちょっと立ち寄ってもらえると嬉しいです!皆さん、今回はスタジアムには、新横浜駅から行きましょう!wというわけで、パラグアイ戦まであと3日!まだチケットも余っているとか聞いてます。当日、日産スタジアムでお会いしましょう~!!再度書きますが、9月4日の15時~18時半まで現場で本の叩き売りやってま~す!!残念ながら、当日来られないという方、是非、amazonなどのサイトで買ってください~。■ 世界一蹴の旅http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575302260/amzonassoc-22/■ 世界はジャパンをどう見たか?http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766710959/amzonassoc-22/※ちなみにアシシはというと、友人の結婚式で当日は札幌にいるようです。。アシシファンの皆さん、ごめんなさい。でも遊びにきてねw

      テーマ:
  • 30Aug
    • 大人が本気で遊ぶとこうなる。

      こんにちわ。アシシです。中田英寿の旅人デビューと時を同じくして、僕も2006年から世界を旅しているわけですが、この4年間で世界中で撮影してきた写真達の中から厳選した絶景を選んで、スライドショームービーを作成しました。BGMは、編曲を担当して頂いたKAz.Tさんが持つ大阪のスタジオで先日、レコーディングをしてきました。この動画はある意味、僕のオリジナルソング「果て無き旅路」のプロモーションビデオ的な位置付けでもありますw (ちなみに僕、こう見えてもエセミュージシャンなんです)4年という歳月を費やして世界中でシャッターを切り、旅をテーマにした楽曲を作詞作曲し、プロの音楽家に編曲を依頼し、スタジオでレコーディングしてまで作り上げたムービーです。お金儲けとかではなく、本当に好きなことに没頭し、本気で遊んだ成果としてこの動画が完成しました。是非ご覧ください!やはり滞在期間が長く、自然が豊かなカナダ、オーストラリアの写真が多いです。ちなみに風景を撮る際、僕はいつも、空に浮かぶ「雲」を意識しています。存在を主張する雲、薄っぺらい雲、顔色の悪い雲、自由気ままな雲、消えゆく雲、それぞれ独特の表情を見逃さないようにシャッターを切っています。旅人の想いを綴った詩はこんな感じです。----------------------<キ リ ト リ セ ン>----------------------果て無き旅路作詞・作曲 アシシこの道は どこまで続いてゆくのだろう終わりなき夢を この胸に抱き時に空を見上げて 故郷に想いを馳せる夕焼けが 今日も僕の心に染み渡るまたとない景色を この心に刻みふと零れる涙も拭かず 前を見つめる生きる意味とか目的だとか出口のない迷路を彷徨ってた日々あれから僕は 何かが変わった今を取り巻く全てが 愛しさに溢れてる旅人は今日もまた 未来図も描かぬまま果て無き旅路を ただ歩む刹那を噛み締めながら 永久に繋がる何かを探し求め 旅を続けてく流れゆく 雲はまるで僕の人生のよう形を変えながら 澄み渡る空を思いのまま自由にあてもなく 漂い続ける時の定めとか運命だとかそんなものには興味がなくてただこの瞬間を あるがままに生きてゆくよ風に揺られながら 口笛を吹きながら旅人は今日もまた ギターケースを片手に街に繰り出し 想いを唄にするそこで奏でた音色が この青き海を越えて君の心に届くことを願う 旅人は今日もまた 数え切れぬ想い出をカバンに詰め込んで 次の街を目指すそこに道がないのなら この手で切り開くんだ歩んできた道を 決して振り向かずに探し物が見つかる その日まで----------------------<キ リ ト リ セ ン>----------------------このムービーを見た感想とか聞かせて頂けると嬉しいです。さて、Ustreamで生放送する自遊人チャンネル、今夜23時開始です!日程:2010年8月30日(月)23~24時URL:http://www.ustream.tv/channel/自遊人チャンネル短縮URL: http://bit.ly/8YFY5Bこのブログであまり書いてこなかった「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルについて喋り倒します!アナウンサー志望の女子大生もアシスタントとして参加します。就寝前にお時間ありましたら、是非ご覧になってください!単に上のURLをクリックするだけでスタジオからの生放送映像が流れる仕組みになってます。よろしくお願いしますm(_ _)m

      テーマ:
  • 26Aug
    • 旅の醍醐味について語ってみる。

      こんばんわ、アシシです。帰国後、たくさんの友人から「世界を旅してみて、どこの国が良かった?」とよく聞かれます。そういえば、弊ブログではその回答を載せてなかったので、書いてみます。僕はひとつの国をピンポイントで上げることができないので、ザックリ南米と答えています。南アメリカには、マチュピチュやイースター島、イグアスの滝など、想像を絶する世界遺産がたくさんあり、他の大陸のそれらとスケールが違い過ぎます。ちなみにマチュピチュは世界一蹴の最中ではなく、2006年にアシシが個人的に訪問した土地です。ウユニ塩湖やガラパゴス諸島、パタゴニア地方の氷河など、魅力溢れる未踏の地がまだまだたくさんあり、来年のコパアメリカ(サッカー日本代表が招待されている南米一を決める大会)にかこつけて、また周ってみたいなと。観光名所の数とその壮大さで群を抜いている南米大陸ですが、加えて、現地で出会った「人の良さ」も無視できない要素かと。チリで出会ったフェリペ家族とか、アルゼンチンでお世話になったファンカルロス家族、現地人ではないですがパラグアイで偶然お話しすることができた小澤英明選手など、みんなあたたかい人ばかりで、僕らの南米旅の想い出は彼ら抜きにして語ることはできません。書籍「世界一蹴の旅」のイタリア編で加筆した内容ですが、「旅とは人との出会いが全てである」と言い切ってもいいんじゃないかと。上記のような世界遺産も旅の醍醐味ですが、旅を終えてそれぞれの国を振り返る時、その地を共に周った旅仲間や、一緒に杯を交わした現地人がまず頭に思い浮かんだりするもんです。例えば僕の場合、東欧の国、ハンガリーはとても思い出深いです。というのも、ブダペストに住むカナダ時代の友人、オリバーが最高の持て成しをしてくれたから。 この飲んだくれっぷりが、いかに楽しい滞在だったかを物語ってるでしょ?w (当時の日記はこちら)やっぱり旅って人依存だと思うんです。そういった意味で、僕がお勧めする旅は現地人を訪問するスタイル。訪れる国に知り合いがいればそれに越したことはないですが、知人がいない場合でも友人の伝手を使って、現地で生活する人を紹介してもらうことは可能かと。(僕らの場合、コートジボアールなんかはネット検索で現地で生活する日本人を見つけ出し、勝手に訪問しましたからw 当時の日記はこちら)やはりそういった現地人に案内してもらう形で旅をすると、ローカルの人しか知らない郷土料理を堪能できたり、その国独自の文化にも触れ合う機会にも恵まれ、より一層旅が興味深いものになるかと。現地の文化に溶け込む旅スタイル、お勧めです。

      テーマ:

------------------------
Libero's Supporters Links
------------------------


世界一蹴の旅-イントループ

LiberoのIC(Independent Contractor)活動を支援する企業

世界一蹴の旅-goal.jp

Liberoのサッカー関連活動をバックアップする企業

世界一蹴の旅-サポティスタ

Liberoが発信するネタを時々拾ってくれるサッカー情報ポータルサイト

世界一蹴の旅-ボクシオ

LiberoのHPの企画・制作・運営を担当するWEB制作会社

世界一蹴の旅-地球の歩き方

Liberoが行く海外の国々にガイドブックを送ってくれる出版社

世界一蹴の旅-SCUDETTO

Liberoを支援するサッカーユニフォームショップ

------------------------
Libero's Columns Links
------------------------


世界一蹴の旅-J-cast

各国における日本の印象を伝える事を主なトピックにしたコラムを連載中

世界一蹴の旅-ITMedia

人気コラム「世界一蹴の旅からすべて教わった」を連載中

世界一蹴の旅-nakata.net

中田英寿氏のサイトで「サッカー×旅の醍醐味」と題してコラムを連載中

$世界一蹴の旅-スポカフェ

スポーツカフェ紹介サイトにて、世界各地のサッカーバーをレポート中

------------------------
Libero's Related Links
------------------------


世界一蹴の旅-Libero

「世界一蹴の旅」企画の概要をまとめたホームページ(リンクフリーです)

$世界一蹴の旅-Tシャツ

チャリティー企画
「世界一蹴Tシャツ」の販売サイト

世界一蹴の旅-youtube

世界中でLiberoが製作する動画がYoutubeでまとめて見れます。

$世界一蹴の旅-フリッカーロゴ

「世界一蹴の旅」の最中に撮影した写真を何千枚と格納したサイト

世界一蹴の旅-atsushi.ac

アシシが作ったオリジナルソングや動画をまとめたホームページ

世界一蹴の旅-TAL

ヨモケンが参画している
TokyoAirlinesのサイト


旅人のコミュニティ タビィコム

旅人のコミュニティ タビィコム

グローバルテレビ

グローバルテレビ

日本人宿に泊まろう

世界の日本人宿に泊まろう


Endless Journey
アシシの個人的ブログ

YOMOBLOG
ヨモケンの個人的ブログ

アシシ’s Twitter
アシシの日々のつぶやきページ

ヨモケン’s Twitter
ヨモケンの日々のつぶやきページ



グローバル力検定 - GCAT


世界一蹴の旅-開国ジャパンプロジェクト

開国ジャパンプロジェクト


アジア新興国で働く力をつける!
ミッションコンプリート


人事の大学


Liberoの連絡先はこちら


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス