kyupinの日記 気が向けば更新

kyupinのブログへようこそ。

このブログは精神科全般、旅行、音楽、スポーツなどについての日記です。始めて既に10年以上経っているため、過去の記事には、現在のルールに沿わないものがあります(適応、処方制限など)。精神科に関する疑問は過去ログのどこかに記載していることが多いので検索してみてください。(○○ kyupin でググる)

kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)
kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

人に物をあげるという精神症状

このタイトルは漠然としているが、たいして自分にとって見返りもなく、そうする必要もないのに他人に物をあげてしまう人のことを言っている。

 

かつて僕が学生の頃、トイレに行きオッサンと並んでいた時、突然、「家に来て酒を飲もう」と言われた。そのオッサンは完全に酔っぱらっており、性的好奇心ではなく、おそらく誰彼となくそう言っているのであろう。僕は「このオッサンの奥さんは大変だわ」と思った。酔っ払いにあんなことを言われて、もし真に受けて付いていくような人がいたとしたら、その人も変わっている。

 

このエピソードもタイトルの精神症状と同じようなものだと思う。

 

病歴を聴取する時、ある時期にさまざまな人に物や金銭をあげたために、その後、家族が困窮したエピソードを聴くことがある。

 

その精神所見は時に躁状態と連動しているように見える。これはちょっと形が変わった「浪費」とたいした差がないのである。しかし自分が欲しいものを買いまくるわけではなく、他人に与え続けると言う点が異なっているものの、安易に金品を人にやる行為は誇大的な精神症状から理解できる。

 

しかし躁状態とはみなせないケースもあると思う。この精神症状は、上のトイレのエピソードと同様、精神症状として境界というか曖昧な面も孕んでいるからである。

 

ある一定の期間、個人的な収入や資産と釣り合いが取れない金銭的コストをかけて特定の人たちを世話することもそうである。これは慈善事業にも見えるし、社会的に価値が高いこともある。

 

精神科治療が必要な精神症状は、しばしばその人が望ましいという行動の範囲を逸脱していることが多い。つまりバランスを欠いているのである。

 

この行為はいかなる精神的背景があるのか不明だが、一部は承認欲求から来る部分もあるであろう。簡単に言えば、他の人に良い人に思われたいからである。

 

その視点では、平均的なネコおばさんたちは毎日ネコにエサをやっているが、この精神症状とは異なるように見える。その理由は社会的に歓迎されていないからである。(実際、ネコにエサをやらないでくださいと看板がかつてはあった)。

 

少なくとも、人に物をあげる精神症状は、ちょっと精神症状として取り上げられにくい、ニッチな精神症状だと思う。

 

もしその精神症状がムード(つまり双極性障害的なもの)に連動しており、ある時期、真反対な状態になる(いわゆる貧困妄想)なら、双極性障害に連動した精神症状とみなせると思う。

 

 

副作用について詳細な紹介状

精神科通院中に進学や就職で転院をする際、主治医が宛名なしの紹介状を書いてくれることが多い。それまでの経過や現在処方などである。雑な紹介状だと、初診日さえ書かれていないものもある。

 

紹介状はこういう風に書くといったルールはないので詳細さという点でかなり差があるのである。紹介状に良く添付されるものとして、自立支援法や精神障害者保健福祉手帳の診断書のコピーがある。しかし、若い人は自立支援法を受けていないケースが多い。その理由は自治体から医療費の支援を受けていることが多いからと思われる。この支援の比率は自治体により異なる。

 

ある時、転院し入院になった患者さんの紹介状の詳細さに驚いたことがあった。その女医さんは医局のずっと先輩で、妹さんが僕と同級生だったので名前だけは良く知っていた。

 

いかなる薬が禁忌であることに加え、それ以外の様々な向精神薬(主に抗精神病薬)について処方した際の効果や印象まで記載されていたのである。

 

あれほど詳細な紹介状は僕には書けない。

 

これほど詳しいと、「○○の薬はこういう反応だったら処方し辛いな」などと思うので、その点が良いのである。これはその薬を決して処方できないわけではなく、副作用や悪影響の規模や範囲がわかるので、処方する際の覚悟に好影響がある。

 

中毒疹などの恒久的と言ってよい禁忌と比べ、「ある薬で病状がむしろ悪化して見える」と言う不適切な印象は、その患者さんの精神疾患のフェーズにもよる。つまり病態が変化すると良いこともあるのである。また過去ログではECTを実施することにより忍容性が変化すると言う記事もある。

 

どこで書いたか見つからなかったが、過去ログに「私はエビリファイは合わないです」と本人が言うのに、エビリファイ使ったところ非常に有効であった例を紹介している。これはルーランよりエビリファイの方がその人にとって長期的な副作用は少ないと思われたからである。この患者さんは今はレキサルティ2㎎を処方している。

 

しかし、あのような詳細な紹介状を書くことは普通は無理だと思う。精神科医は常に書類に忙殺されているからである。これらは、実は国による医療費抑制から来ているものもあり、現在は働き方改革に反すると思っている。

 

 

 

2021年11月30日レキサルティOD錠発売

 

2021年11月30日、大塚製薬からレキサルティOD錠が発売されている。今回の大きなポイントは0.5㎎錠が剤型追加されていることだと思う。今回の記事では製剤見本を「開封の儀」風にアップする。デザインや色は本物と同じである。

 

なぜ12月1日ではなく11月30日に発売なのかと言えば、11月30日が大安だったからだと思う。

 

上は0.5㎎OD錠の見本。開封前。

 

 

開封すると2錠だけ見本の錠剤が入っている。実薬の場合、その記載があるのでこれは本物の見本?だと思う。

 

 

拡大。

0.5㎎錠はピンクである(パンフレットでは淡赤色と記載)。レキサルティを0.5㎎だけ服用している患者さんがけっこういるので今回の剤型追加は歓迎したい。

 

 

ミスが起こらないように、1㎎OD錠は従来と同じ黄色になっている。

 

 

拡大。

 

 

2㎎OD錠は濃い黄緑となっている。これも従来と同じ。

 

 

最近のOD錠は簡単に崩れないように製造されている。唾液など水分があると素早く溶ける。輸送や分包する際に剤型が安定している方が便利である。上のように硬度は平均35N以上あると記載されている。この薬も自動分包機で分包可能と思うが、その中の全ての錠剤がODでないと水なしで飲むことはできない。

 

参考部分を見てほしい。30N以上の硬度があると衝撃で崩れにくいとある。

 

 

実際のサイズ、重さなどの詳細。

ダヤンと元カノが駆け寄ってくる動画

 


 

上は、ダヤンと元カノが駆け寄ってくるところ。ダヤンは似ているからと思うが、付いてくるメスネコがなぜ元カノと呼ばれるのかは知らない。

 

 

ダヤンの他の写真。

 

 

ダヤンはあまり動きが機敏ではないので、年齢もそこそこいっていると思う。太っているし。

 

 

一時、いじめを受けたのか人を恐れていた時期があったが、次第にそれもなくなってきている。

 

 

 

 

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について

 

日本国内の新型コロナ新規患者数はここ数週間で激減し、今なお減少傾向にある。上はNHKの11月24日の都道府県新規感染者数である。オリンピックの開催当時には予想もできなかった激減である。

 

東京都もいつも20人くらいの新規感染者数であったが、11月24日は5人くらいまで減少している。また、いつも多かった沖縄県もここ数日はゼロになっている。

 

これらの新規感染者数減少は他の先進国に比べても際立っている。日本の感染状況はいくつか腑に落ちない点もあり、感染症の専門家も明快に説明できていない。

 

欧米の先進国との相違は、元々日本人の人口比の感染率や重症化率が低かったこともあると思われる。RNAウィルスは際限なく変異を繰り返すのは難しいと言う話があるが、その理由ではイギリスと日本の新規感染者数の相違を説明するのが難しい。

 

日本人はワクチンへの心理的抵抗がある国民などと言われていたが、現況、ほとんどの欧米諸国より接種率が上回っている。また接種の開始が遅れたことも今は感染防止にはプラスに働いている。若い世代の接種率も欧米より高いと言う話である。日本人は、今もマスクをしている人が多いことは、欧米との大きな差である。日本人はマスクを着けることを苦にする人が少ないが、国民性もかなり大きいと思う。

 

疑問の1つは同じアジアで日本と韓国の新規感染者数の相違。これは同じアジア人で遺伝子傾向もあまり差はないと思うので、腑に落ちない点である。これはトイレの差も関係するのかもしれない。

 

韓国は過去に2回旅行したことがあるが、ずっと昔で1990年頃である。その時、どうだったかもう記憶にないが、今も韓国ではトイレにトイレットペーパーが流せないらしい。トイレではトイレットペーパーを専用のごみ箱に捨てる仕様なんだと言う。こうせねばならない理由は、韓国では下水、排水管の問題や排水量が少ないこと、トイレットペーパーの品質差によると言う。このことが感染数の差に影響しておかしくない。日本ほどウォシュレットが普及している国はないので、ウォシュレットが新型コロナ感染対策になっている可能性がある。

 

さて、日本では医療関係者と高齢者のワクチン接種から既に8か月以上経過することを受け、12月から3回目追加接種が始まる。僕は病院勤務の精神科医なので最前線の医師ほどは早くなかったが4月中には終わっている。既に8か月近く経過しているため、抗体量はかなり減少していると思う。

 

うちの病院では最初の接種を希望しない職員が2名だけいた。重篤と言える副反応は2名で大学病院で脳出血と診断され、そのうち1名は脳炎も合併していた。どうも新型コロナワクチンの脳出血とか脳炎は、イメージとは異なるようで、いずれも後遺症なく職場復帰し入院さえ必要がなく、脳出血+脳炎の人は仕事さえほとんど休んでいない。重大な副反応はこの2名と僕の3名だが、この中で最も長患いなのはなんと僕自身である。まさかこのような事態になるとは思わなかったが、仕事は休むことはなかった。

 

上記2名は、医師から3回目を避けるように助言されているし、本人も望まないのでおそらく3回目は接種しないと思う(実際に本人に聴いた)。僕はどうかというと、副反応も嫌だが、新型コロナ肺炎に感染するのはもっと嫌なので3回目は接種すると思う。例えば感染で死亡しなくても、後遺症で在宅酸素が必要になるなど最悪の経過になるとその方がもっと痛い。自分の場合、インフルエンザワクチン接種で症状が再現したので、何らかの免疫反応が関与していると思う。最悪の時期は体重が10%減少したが今は体重だけは回復している。

 

新型コロナウィルス感染症ないしワクチンで、ギランバレー症候群のような何らかの免疫が関与する後遺症がありうるが、本来、ギランバレー症候群のEtiologyに感染症がある。とりわけ特異性があるわけではないと思う。同じ感染症がこの規模で発生すれば、免疫反応に由来する多くの後遺症が発生しておかしくない。

 

年配の外来患者さんで未だにワクチン接種していない人がいるが、なぜしないのか聴くと、新型コロナワクチンを恐れているわけではなく、単に日常生活にワクチンの必要性を感じないからという。食材の買い物か通院しか外出しないからである。そのような人は散歩すらしない。本人によると「引きこもりにワクチンは必要ないですね」と言っている。このような人たちはここまで感染数が減少してしまうと、今後、接種する気にはならないだろう。

 

また、患者さんの中で1回目ワクチンの副反応の辛さのために2回目を放棄した人が数名いる。このような人たちは意味がないまではないが、感染を抑える効果は低いと思われる。2回目をしなかった人は3回目接種をするわけがない。

 

日本の新規感染数がすっかり収まっていることが、3日目の接種率を下げるのではないかと少し心配している。そう思う理由は、ワクチンには感染予防への最も大きなエビデンスがあるからである。

 

未だに新型コロナウィルスには謎が多い。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>