kyupinの日記 気が向けば更新

kyupinのブログへようこそ。

このブログは精神科全般、旅行、音楽、スポーツなどについての日記です。始めて既に10年以上経っているため、過去の記事には、現在のルールに沿わないものがあります(適応、処方制限など)。精神科に関する疑問は過去ログのどこかに記載していることが多いので検索してみてください。(○○ kyupin でググる)

kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)
kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

トリンテリックス錠の形状

 

今日はパンフレットからトリンテリックス錠の写真をアップしてみた。上のように10㎎錠が黄色、20㎎錠が赤っぽい色であるが、サイズ、重さは同じである。

トリンテリックス

201911月末頃、武田薬品からトリンテリックスという新しい抗うつ剤が発売される予定である。トリンテリクッスの薬物名はボルチオキセチンと呼ばれる。

 

ボルチオキセチンはヨーロッパではブリンテリックスの商品名で販売されているが、アメリカで名前が似ている薬があるらしくトリンテリックスの商品名となった。日本での商品名もアメリカと同じである。

 

トリンテリックスは世界では2013年から販売されており、既に約80か国、1900万人以上の人たちに処方されている。

 

トリンテリックスはデンマークのルンドベック社により創薬されている。ルンドベック社は第二次世界大戦以前の1915年に設立され、特に向精神薬の創薬が得意な製薬会社である。創業当初は人工甘味料やアルミ箔、撮影装置を製造していたらしい。

 

ルンドベック社が創薬ないし特許買収し販売した主な向精神薬

セレクサ(シタロプラム)

レクサプロ(エスシタロプラム)

メマリー(メマンチン)

モディオダール(モダフィニル)

ノリトレン

トリプタノール

マイスタン(クロバザム)

フルペンチキソール(抗精神病薬)

セリンクロ(ナルメフェン)

セルチンドール(非定型抗精神病薬)

 

今回のトリンテリックスの最初の「トリ」だが、うつの症状には大きく分けて3つのカテゴリの症状があり、それらのいずれも改善するという意味が込められている。

 

○感情

抑うつ気分

興味、喜びの喪失

不安

悲哀感

イライラ感

精神運動焦燥・制止

 

○認知

自殺念慮

不適切な罪責感

思考力減退

集中力の減退

注意力の低下

決断困難

 

○身体

気力の減退

不眠・過眠

食欲・体重変化

性的興味の減退

身体の痛み

疲労感・易疲労感

 

トリンテリックスは複雑な作用機序を持つが、簡単に言えばSSRIに加えリフレックスに似た特性を持ち合わせ、忍容性の低い人たちにも比較的に服薬しやすくした抗うつ剤と言ったところだと思う。治験では従来の新しいタイプの抗うつ剤に比べ脱落率が低かったと言われる(継続率70%)。

 

SSRI的な再取り込み阻害作用に加え特定のセロトニン受容体に対しアゴニストないしアンタゴニスト的に作用するためセロトニン受容体調整薬などと呼ばれる。(詳細は複雑なので省略)

 

これらの作用機序により、セロトニン、ノルエピネフリン、ドーパミン、アセチルコリン、ヒスタミンのレベルを増加させ、GABAを減少させ、特定の脳領域でグルタミン酸を増加させるという。

 

作用機序にはSSRI的な部分を持つこともあり、副作用に悪心、嘔吐がある。またリフレックス的な作用を持つため肥満の副作用が6%前後みられるらしい(主な副作用は、悪心、傾眠、頭痛)。

 

日本での適応は、うつ病、うつ状態に限られている。たいていの国ではこれ以外の精神疾患にはほとんど使われていないが、うつ病における不安障害にも有効という意見がある。

 

日本での剤型は10㎎と20㎎錠。いずれも円形で割線がある。10㎎錠が黄色で、20㎎錠が橙色である。海外では5㎎錠もあり不安障害的な症状に処方されるのかもしれない。海外ではなんと液剤も販売されている。

 

国内の治験では10㎎で良い人たちも結構いたようである。10㎎ではレセプターの占有率が60%と理論的には不足するはずだが、臨床的にはこの量で充分な人も比較的いるといったところであろう。

 

この薬はそこまで新しい作用機序ではないと思うが、忍容性の低い人たちにも比較的服薬しやすいと言う話なので、そこは期待できると思う。

 

 

プレミアム付商品券

 

消費税値上げに際し、少しでも消費減退を防ぐためか、「プレミアム付商品券」なるサービスがあるらしい。上はその詳細を記したパンフレットである。

 

このサービスを簡単に言えば、額面の80%の価格で商品券が買えること。例えるなら、ビザやアマゾンの1万円の商品券を8千円で買えると言ったところか。もちろん年収制限があり、家族の人数により上限金額もある。(見辛いが上のパンフを参照)

 

どうも国は最悪なタイミングで消費税を値上げすることがわかっており、できるだけ国民の消費減退を防ぎ、ひいては景気の悪化を来さないように努力はしている。

 

しかし、先日の年金生活者支援給付金制度もそうだが、複雑すぎてかえって無駄なコストがかかっている。キッシュレス決済のキャシュバックも同様でわかりにくい。

 

年金生活者支援給付金も年金受給者は登録されているはずなので、手続き不要で本人の振込み口座に自動的に増額する方法で良かったのではないかと思う。

 

上のパンフレットにも注意喚起しているが、この制度により振込み詐欺(あるいはカードの暗証番号を聴く詐欺)に隙を作ることにもなっている。

 

 

超人

ここで言う超人はニーチェとは関係がない。

 

統合失調症の患者さんは癌になりにくい上に、治療の際も副作用に強いことが多い。一方、統合失調症でない人たちが癌の化学療法を受けると、副作用のために食欲がなくなり倦怠感も酷いなどでガタガタになることもしばしばである。

 

統合失調症の人はそうでない人に比べその辺りの臨床経過がかなり異なる。癌や治療での体力的な消耗が少なく化学療法が実施できることも経過が良くなる要因の1つだと思う。また平均的に疼痛に強いことも大きい。これらは人生のある時期からドパミン神経系が過剰に働いていることが関係しているのかもしれない。

 

彼らの癌への強靭さは超人のごとしである。

 

自分の患者さんでは過去に悪性リンパ腫に4名罹患した人がいるが、化学療法が順調に行き、少なくとも悪性リンパ腫のために亡くなることはなかった。(5年以上再発しなかった)。これは悪性リンパ腫の種類にもよると思うが、いずれも化学療法を実施されているので軽いものではなかったと思われる。(注:悪性リンパ腫は厳密には癌ではない。白血病が厳密には癌ではないのとほぼ同じ)

 

精神科医の感覚、つまり「統合失調症の人は癌になりにくい」ことは、ずっと以前は統合失調症の人たちが健康な人たちに比べ長生きすることが少なかったこともありそうである。そう思うのは、結局は癌は加齢の影響も大きいから。つまり癌はある種の老化の結果である。

 

ここで注意したいのは、この辺りの印象が統合失調症と広汎性発達障害では全く逆なことである。

 

真の統合失調症の人の生活歴は「生来健康」が基本である。運動が非常にできることもしばしばである(運動部主将をしていたなど)。また、反抗期もなかったというのも良くある。

 

一方、広汎性発達障害の人たちはそのような特徴が少ない。健康面に関してはむしろその逆のことが多い。

 

また広汎性発達障害系の人たちは疼痛に悩んでいることも良くあるし、癌に罹患した際に、忍容性の低さから化学療法の副作用で大変なことになることもしばしばである。

 

広汎性発達障害の人たちの疼痛はバランスが悪いという特徴がある。つまり、「凄く痛がったり、逆に結構な怪我なの全く痛がらなかったり」などである。統合失調症の人たちは後半はあるが前半の「凄く痛がったり」の特徴があまりない。

 

広汎性発達障害系の人たちの夫婦喧嘩の1つの原因がそこにあったりする。例えば、配偶者のうっかり事件で驚愕するほど痛がり火が出るほど怒るなどである。この経過には些細なことで「凄く痛がること」に加え「相手の不可抗力を思いやることができない」ことから来る。些細なことで恐ろしいほど怒られたら、配偶者との関係がぎくしゃくし始めるものである。

 

このような考え方をすると「疼痛」で悩むタイプや、病魔に襲われたように色々な病気に悩むタイプの統合失調症の人たちは、幻聴があったとしても中核的な統合失調症っぽくないとは言える。

 

このような臨床感覚がヒントになり、治療アイデアに繋がることがある。

 

参考

統合失調症の人の癌の罹患率

統合失調症と痛みの感覚

 

海外のホテルから撮影した虹。

 

虹はお天気雨の時に出る。

 

 

虹はとても色が薄かったり、途中で消えていたりするが、この虹はほぼ完成している。

 

きちんと地上まで下りていて、上り口もわかる。そのまま歩いて登っていけるみたいな。

 

それに虹が作る円形内にが雲が少なく、大空が見えるのが良い。

 

 

ほらね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>