京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。

京都 癒しの旅とは

日常から離れてゆっくりしていただきたい、そんな思いで京都生まれ京都育ちの案内人がコーディネート&ナビゲートさせていただく旅です。

女性限定のおひとり様から少人数で心のままに、共感する、セラピーのような旅や
サークルやお稽古仲間との愉しい京都時間をご案内いたします。

メルマガ&LINE@登録
手紙
京都癒しの旅通信~あなたが求める京都に出逢える、新しい旅のかたち


友だち追加

ご案内中の京都癒しの旅&レッスン

宝石赤 現在ご案内中の旅&レッスン
宝石赤お申し込み
宝石赤お問い合わせ


皆様にお逢いできるのを楽しみに 京都でお待ちしております!

京都癒しの旅 京都府知事登録旅行業 第3-638号
総合旅行業務取扱管理者 下戸眞由美


NEW !
テーマ:
日中は暑くて、木陰に入ると気持ちいい風が吹いていた今日の京都。

こんばんは。
京都癒しの旅の案内人 安藤加恵です。


今日は札幌からきてくださったお客様と一緒に嵐山へいってきました。

渡月橋から見る景色、宝厳院、ゆっくりと楽しんでくださりました。



天龍寺に行った途端、修学旅行生や海外の観光客の皆さんで、たくさんの人人人になりましたが、とてもいいお天気だったので、ほんとに青い空と緑と木々に、京都はいいねぇと。
お客様の笑顔をみていると案内人冥利につきます。
ありがとうございます!


私は午前中で失礼して、午後からは下戸の案内で京都を満喫されて 今頃、気持ちのいい夕暮れを楽しんでおられることだと思います。


これから暑くなりますが、京都の夏の暑さを是非みなさまも感じにきてください。

祇園祭や五山の送り火、川床
いろいろございます。

そんな中、京都の夏を京町家でゆっくりのんびり過ごしていただき、そしてミニチュア作りをする旅を企画しました!

いつもお世話になっている今原町家さん。


柱時計がコチコチと時を刻む心地よい町家で、りろさんに習うミニチュアの世界


見ているよりも簡単に作れるんですよ〜とりろさん。




何かに夢中になるのっていいなぁと思うんです。
無心になる時間も必要ですよね。

8月7日にご案内いたします。
午前中は、案内人オススメのパン屋さんめぐりをします♪
詳細は後日、アップいたします。

8月7日、みなさま、ご予定ください♡

NEW !
テーマ:
京都を感じていただきたい、ゆっくりお過ごしいただきたい。
女性同士で共感し、明日からまた笑顔で暮らせるようにとの想いで
京都生まれ京都育ちの案内人がご案内しております。


京都癒しの旅では四季折々の募集型の女性限定の旅
マンツーマンの旅、少人数の旅、グループの旅
そして、完全オーダーメイドのプライベートの旅をご案内しております。
プライベートの旅は通年、受付しておりますのでいつでもリクエストお待ちしております。

数ヶ月先の旅で日程が決まっているものがあります。
ピンと来られた方はお日にち予定していてくださいませ。


現在ご案内中の旅&レッスン
■空席2 2018年6月16日(土)日本初の仏教総合博物館 龍谷ミュージアムと京都で本物を観る旅 法衣編■


本物の伝統織物に触れる旅の第2弾のご案内です。

日本の絹織物の最高峰の芸術ともいわれる「錦織」の制作現場で本物を観ることができる光峯錦織工房さんへ行き、今回は、法衣の話を伺います。

まずは世界遺産 西本願寺御用達の松風のお菓子屋さん「亀屋陸奥」、お香の「薫玉堂」さんへ。

image

そのあと龍谷ミュージアムへ。
龍谷ミュージアムは、世界遺産・西本願寺の正面に位置する仏教総合博物館です。
6月16日の特別展は、お釈迦さんワールド。



ランチは西洋料理。
京都の一軒家レストランで、おなじみの洋食、懐かしい味をおしゃべりとともに。

午後からは、案内人オススメの光峯錦織工房へ向かいます。
龍村光峯の工房は、伝統と技を守りつつ、「錦の美」を追い求め、また超えるべく、日本の芸術としての織物を制作し続けてられます。

こちらの光峯錦織工房さんで、法衣やお寺に関する織物のお話を、直七法衣店の川勝顕悟さんに伺います。



梅雨時、雨が降っても大丈夫な行程です。
高貴で雅な織物。本物の伝統織物を観に来られませんか?
みなさまのご参加お待ちしております。

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12370610117.html



■2018年6月20日(水)23日(土)世界遺産 平等院、宇治上神社と紫陽花の三室戸寺、美と健康の旅■


お茶で有名な宇治を巡ります。

世界遺産・平等院から巡るコースです。
鳳凰堂は10円玉のデザインで有名ですが、実は1万円札にも鳳凰が採用されています。
image

少し早い目のランチを茉莉花さんにて。
女性に人気のお店でテーマは「キレイ&健康」



体にいいものを取り入れた後は、宇治の街を散策しながら、源氏物語の宇治十帖の舞台であるさわらびの道を進み、
世界遺産である日本最古の神社建築・宇治上神社へ。



最後に「あじさい寺」とも称される三室戸寺へ向かいます。
ハート型の紫陽花を探すのも楽しみのひとつです。



この頃には蓮の花も咲き始めます。
image

綺麗な紫陽花、蓮、日本最古の神社建築、薬膳料理。
梅雨の時期に美しい自然と古き建物、体に優しいランチをぜひご一緒しましょう!

みなさまのご参加お待ちしております。

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12363357613.html



■期間限定 2018年6月27日(水)〜7月4日(水) 京都癒しの旅ショートコース 第一回 初夏の東福寺と桔梗の寺 天得院の旅■

時間のないあなたへ
午後の数時間だけ京都で過ごしませんか?

長時間は無理でも短時間なら行ってみたいあなた
京都癒しの旅にちらっと参加してみたいあなた
少し疲れがたまっているあなた
ゆっくり外で束の間、非日常を味わいたいあなた
季節のお花を愛でたいあなた
ピンとこられたあなた

初回は、新緑、青紅葉の美しい6月27日〜7月4日までの一週間限定で、東福寺の青紅葉、天得院の桔梗を愛でるコースをのんびりとご案内。
image

紅葉で有名な東福寺の青紅葉と桔梗(ききょう)の寺と呼ばれる天得院で桔梗を愛でゆっくりと過ごしましょう。


普段非公開で、毎年桔梗の開花に合わせて特別拝観が行われます。



お花を愛でた後は、のんびりとお茶タイム



京都の案内人と街を巡れば、素の京都を感じていただけると思います。
少しの時間ですが、友達に会いに来るような気持ちで来ていただけたら、とってもうれしいです。

あなたのご参加お待ちしております。
7月3日(火)にお一人、お申し込みいただいております。(4/6現在)
6月27日〜7月4日のご希望のお日にちでお申し込みください。
2名様以上で催行いたします。

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12363573457.html



■2018年7月10日(火)あなたの知らない祇園祭 お迎え提灯と神輿洗い式■


祇園祭シリーズ、こちらは夕方からのご案内です。
日も陰り、少し涼しく感じられる夏の夕暮れ、地元の案内人とお迎え提灯と神輿洗いに出かけませんか?

17日の神幸祭に向けて、まずは神輿を清める行事があります。
神輿洗い式。

image

まず清めるための松明が鴨川、四条大橋に向かいます。

image

松明が通り過ぎた後に、早くに出発していた提灯行列が八坂神社にもどります。

image

つかの間の静寂

image

神輿洗い式に向け、行列が。

image

image

松明の消し炭をいただくことができました。
この消し炭、厄除けになると言われています。

image

神輿洗い式のあと

image

ご希望の方は、おうどんかお蕎麦でも

image

日々さまざまな儀式、行事が行われます。
京都で暮らしていても、祇園祭の魅力が尽きることはなく、毎年新しい発見があります。

あなたの知らない祇園祭のあれこれもお話しします。
ご一緒しませんか?

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12374413362.html



■2018年7月11日(水)あなたの知らない祇園祭 地元の案内人と観る山鉾建て■


京都の夏といえば、祇園祭でしょう。
祇園祭シリーズのご案内です。

祇園祭は、7月1日から行事が執り行われていますが、10日から山鉾建てが始まります。

image

11日に鉾建ての中でも迫力のある真木が立つところをご案内いたします。


真木(しんぎ)とは、鉾の中心に高くそびえ立つ柱で、真木が立てられる鉾がいくつかあります。

image

こちらは月鉾

image

昨年は、振る舞い酒をいただきました。

image

菊水鉾

image


榊に紙垂(しで)がつけられるかもしれません。

image

image

山鉾町、それぞれの空気感が違います。
近くで見て、この迫力を肌で感じてみませんか?
地元の案内人がご案内いたします。

みなさまのご参加お待ちしております。

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12373352751.html



■2018年7月12日(木)7月20日(金)あなたの知らない祇園祭 曳き初めに参加して無病息災を願いませんか?■


7月に入ると祇園祭から目が離せない京都です。
10日から(後祭は18日から)山鉾建てが始まり、鉾の曳き初めが始まります。

image

曳き初めに参加すると厄が落とせて、1年間、無病息災でいられると言われています。
綱を触るだけで、気持ちが高ぶります。

image

image

12日は鉾建ても同時に見られるので、これが実際に動くのか〜とさらに実感できます。

12日は函谷鉾(かんこぼこ)、菊水鉾、鶏鉾、月鉾、長刀鉾などの曳き初めが行われます。
いずれかの鉾の曳き初めに参加できたらと考えています。
後祭は7月20日に曳き初めが行われます。

image


昨年の前祭では函谷鉾と鶏鉾の曳き初めに参加しました。
ぜひ、臨場感ある曳き初めにご一緒しましょう!
そして無病息災を願いましょう。

みなさまのご参加お待ちしております!

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12374397550.html



■通年のご案内プラン・いつも頑張っているあなたへ 京都の美味しいチョコレートの旅■


いつも頑張っているあなたへ 自分のご褒美にチョコレートはいかがですか?
image

京都の三条通りにはレトロなビルや老舗のお店や、素敵な雑貨店、そしてチョコレート専門店も並んでいます。
宝石のようなチョコレートを見ているだけで幸せな気分になります。


大切な人への贈り物を探すように、自分のために時間を使ってみるのも たまにはいいものです。

自分のために一粒のチョコレートを選びませんか?

詳細・お申し込み→https://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-12348534242.html


■通年・オーダーメイドのプライベートの旅 ■

こんな旅がしてみたい、この日に行きたい、ご高齢のお母様と一緒に
自分へのご褒美に、お茶の体験をしてみたい、京都をただゆっくりと感じてみたい
全部お任せでゆっくりしたいなど、お気軽にお声掛けくださいませ。

【プラン案・お問い合わせ・お申込み】
http://ameblo.jp/kyoto-iyashinotabi/entry-11318525297.html


■これからの予定 ■
お気軽にお問い合わせください
6月30日(土)今宮神社・夏越の祓ご案内
7月5日(木)祇園祭・長刀鉾稚児舞披露
7月13日(金)大原三千院と草木染め体験の旅
7月15日(日)・16日(月祝)坂井画伯案内の菊水鉾 特別プラン
7月17日(火)祇園祭前祭 山鉾巡行と神幸祭
7月24日(火)祇園祭後祭 山鉾巡行と還幸祭
8月7日(火)パン屋めぐりと今原町家でミニチュア果物造り
8月7日(火)京の七夕、堀川会場ご案内
8月7日(火)〜8月10日(金)五条坂陶器まつりご案内
8月16日(木)京都五山の送り火、「妙」を目の前でみる旅
8月リクエストにて 浴衣で貴船神社参拝と川床料理
9月食の旅
9月下旬 酒井画伯とめぐる世界遺産
10月初旬 白山比咩神社参拝と金沢の旅(宿泊プラン)
10月22日(月)時代祭と鞍馬の火祭りの旅(宿泊プラン)


☆オーダーメイドのプライベートの旅は通年受付しております。

【お問い合わせ】
http://kyoto-iyashinotabi.jp/contact

【お申し込み・ご予約】
http://kyoto-iyashinotabi.jp/reserve


メールマガジン
■京都癒しの旅通信〜あなたが求める京都に出逢える、新しい旅のかたち ■

7日間に渡り、京都の旅を楽しむ方法を配信
その後、旬の京都やこれからのご案内などをお届けします。
手紙メルマガ登録


LINE@始めました
■京都癒しの旅LINE@ ■

今朝の一枚や旬の京都
旅の案内などをお届けします。
下記のリンクまたはマークから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40eze8292a

友だち追加





テーマ:
こんにちは。
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。


5月18日(金)上御霊神社の御霊祭、御苑巡幸レポートです。


御霊祭の最初は、平安時代のはじめ863年に神泉苑で行われた御霊会(ごりょうえ)です。

御霊神社は上京の氏神様であり、御所や足利将軍家もその氏子で、江戸時代には御霊祭の神輿が御所を訪れ、天皇や皇太子にご覧いただくのが慣例となっていたそうです。


御所への参内は明治維新の後、途絶えていたものが平成21年に復活、私たちも御所にて素晴らしい巡幸を見ることができるようになりました。


上御霊神社を出発、出町桝形商店街を経て、今出川御門から入ってきます。


こちらは鉾。




獅子に頭を噛んでいただきました。

 
稚児行列が。


牛車。


三基の神輿が続きます。








朔平門の前にて祝詞を唱えられます。

三基の差し上げが。


動画でどうぞ。




ホイト ホイトの掛け声で神輿が巡幸。
砂埃がたっているのがわかりますか?


行列が過ぎ去ったあとのこの姿が良いのです。