京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。

京都 癒しの旅とは

日常から離れてゆっくりしていただきたい、そんな思いで京都生まれ京都育ちの案内人がコーディネート&ナビゲートさせていただく旅です。

女性限定のおひとり様から少人数で心のままに、共感する、セラピーのような旅や
サークルやお稽古仲間との愉しい京都時間をご案内いたします。

メルマガ&LINE@登録
手紙
京都癒しの旅通信~あなたが求める京都に出逢える、新しい旅のかたち


友だち追加

ご案内中の京都癒しの旅&レッスン

宝石赤 現在ご案内中の旅&レッスン
宝石赤お申し込み
宝石赤お問い合わせ


皆様にお逢いできるのを楽しみに 京都でお待ちしております!

京都癒しの旅 京都府知事登録旅行業 第3-638号
総合旅行業務取扱管理者 下戸眞由美



テーマ:
おはようございます。
京都癒しの旅案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。

image

お客様と昨日から金沢に来ています。
昨日訪れた白山比咩神社。

表参道に立った時に感じるものがあります。
この空気感、自然に包み込まれているのを身体で実感。

表参道まで権禰宜さまがお迎えに来てくださっていました。
こころ旅の天王地さんのご縁で他にはない旅の始まりです。
image

言葉はいらない、そんな時間。
耳を澄まし、せせらぎの音を聞き、風を感じます。
image

image

image

image

image

こちらは本殿の横手に回り込んだ場所にある禊場。
image

image

本殿前で。
image

image

最後にお参りして、御朱印いただく方、おみくじ引かれる方。
ゆっくり1時間。

心も身体もリラックスして、自然に包まれて、大地を感じた参拝でした。
そして、権禰宜さまからご説明いただいたのは、「水」の大切さです。

水は流れる、結ぶものである。
水に感謝の気持ちで暮らすこと、人が生きていけることに感謝することです。

白山の水、何100年前の水を口に含むことができるのです。

旅はつづきます。


テーマ:
12月16日(日)京町家の今原町家さんで、第2回京都癒しの旅倶楽部ランチ交流会を開催いたします。
昨年の楽しかったランチ交流会から、早や1年も経ってしまったのが嘘のようです。

image


京都癒しの旅案内人 安藤加恵(あんどうかえ)です。

嬉しいことに「今年はランチ交流会、されないのですか?」と数名からお問い合わせを頂戴し、年内にしたいと思い、即決しました。

ゆっくり京都を感じる旅に共感いただける女性の皆さまへ

宝石赤癒しの旅におこしくださっているお客様
宝石緑ゆっくりお客様に寄り添う旅ってどんな旅だろうと思われている方
宝石紫京都が大好きな方
宝石ブルー人の多いところが苦手な方
宝石白時間に縛られるのが嫌で団体旅行に行けなくなった方など

ゆっくり京都を感じる旅に共感いただける女性のみなさまと 京都の町家「今原町家」さんで、美味しいお料理をいただきながら、楽しいひと時を持てたらと思います。

image

お客様同士の親睦を深めていただいたり、以前ご一緒された方との同窓会的な再会をお楽しみいただけたら嬉しいです。

また、旅には参加されたことがない方で、癒しの旅に共感いただいている女性の皆様もぜひ!

ご参加いただいている皆様の大切なご家族、ご友人もお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。
みなさまとの新しい出会いになれば幸いです。

下戸、安藤も参加者の一人として楽しませていただきます。

今原町家さんの温かいおもてなしと美味しいじゅらく鍋を囲み、ほっこりした時間を過ごしませんか?

食事の後は、「京都あるある」など皆さまと和気藹々と♪

image

昨年の交流会のレポート

皆さまのご参加、お待ちしております。


第2回 京都癒しの旅倶楽部 ランチ交流会

【日時】12月16日(日)
11時30分〜15時

【場所】今原町家 11時30分集合
堀川下長者町一筋西を少し北へ。

市バス堀川下長者町バス停 11時20分集合
京都駅市バスB乗り場から9系統、50号系統にて約15分
堀川下長者町バス停下車 徒歩1分

【参加費】6,000円(お飲み物は各自払いでお願いします)

【キャンセルポリシー】こちらをお読みください
【お申し込み】こちらのフォームからお願いします。
【お問い合わせ】こちらのフォームからお願いします。



テーマ:
こんにちは。
京都癒しの旅案内人 安藤加恵(あんどうかえ)です。

お昼になりました。
お腹の時計がなってきました〜。

先日、美味しい究極のたまごかけご飯をいただいてきました。

image


おくどさんで炊き上げた米
純国産鶏種の生食用のたまご
杉樽天然醸造の醤油
へんこの炒りごま

image

そして枕崎の鰹節

image

まずは、鰹節を削ります。
これがコツをつかむまで、なかなか難しいかったのですが、愛情込めて削りました。

シュッシュッと削れているのが、手の感触でわかります。

image

次に、たまごを割ります。
殻もしっかりして、硬かったです。
新鮮な美味しそうな黄身が出てきました。

image

はじめにおくどさんで炊いたご飯に白身だけを入れて、混ぜます。
お米一粒一粒にコーティングするかのように、しっかりと混ぜました。

そのあと、黄身と薬味を入れて、お醤油を少し。
(私は、おかわりするつもりで、黄身を半分だけ入れました。残り半分は2膳目用)

image

とろっとして、とっても美味しいたまごかけご飯でした。
しっかりおかわりもして、完食〜。
ごちそうさまでした。

居心地もいいので、ゆっく〜りさせていただいたある日のお昼でした。

皆さま、午後からも素敵な時間をお過ごしください♪