お酒は楽しいー主にお酒やそのた諸々

お酒は楽しいー主にお酒やそのた諸々

飲酒初心者の、お酒ストック棚(主たるはジンやウィスキー)。お酒の紹介やbar、その他思ったこと

 

身近で遠いお酒、焼酎。

 

超個人的意見だが、焼酎ほど良く分からない要素を多く持つお酒は他にないだろうとさえ思う。(日本人にとって)

ざっと日頃の焼酎ライフを振り返って考えてみる。

 

一つ、価格帯が安価なのに若者向けっぽくない味とラベル。

一つ、焼酎の生産量や蔵元が多い地域でさえ、地元民が地元銘柄をほとんどしらない。

(霧島などの全国区レベルのものは除く)

一つ、日本を代表する蒸留酒だが大体が25度であり、他国の有名酒類(蒸留酒)より度数がかなり低い。

 

同じく国産酒である日本酒を考えた場合、ほぼ門外漢である私ですらも、日本酒は近年におけるブランド戦略やプレミア化が進んでいると感じられる。

まあ、醸造酒と蒸留酒の違いというか、度数がかなり違うので単純に飲みやすさそのものや甘みが違うわけなので同じ売り方はできないのは分かるけども。

焼酎に関してはごく一部の銘柄にプレ値がついているものの、よくも悪くもそう有難がってのむお酒じゃない立ち位置に落ち着いていると思う。

 

と、かなりまだるっこしい書き方をしてきたが、実は私も焼酎が苦手だった。

居酒屋にふらっと一人で行くことを覚えてから焼酎を飲み始めたが、焼酎の後味がそこまで好きになれなかった。

そのうちに洋酒と出会い、洋酒の旨さの方向性のほうに惹かれ、焼酎とは一時期距離をとっていたのである。

 

ただそんななかでも度数が高い焼酎原酒などを飲むうちに、焼酎も面白いなと感じるようになってきており、25度の焼酎においても日頃40度オーバーのお酒を飲む私からしては、度数の話だけでいえばカワイイ存在になっていた。

度数になれているので、余裕をもって焼酎を飲むことができるようになった、そんな感じだろうか。

 

 

 

『青鹿毛』 25度 1300円程度/720ml 宮崎県都城市 柳田酒造合名会社

 

初めて飲んだのは二年前だが、今なお美味しいと思う麦焼酎、『青鹿毛』。

味わいとアフターフレーバーがむぎむぎしい(そんな言葉あるのか?)、焼酎だからこそ味わえる味。

焼酎が持つ後味の苦味はもちろんあるのだが、最初にやってくる優しい甘さをめくって個性のある味わいがぐんぐんでてくる。

多分、焼酎の中でも強い味わいの方だと思うのだが、洋酒の度数や味に慣れているせいか落ち着いて味わうことができるのである。

 

わたしのイチオシ焼酎というよりも、わたしのイチオシお酒である。

 

 

 

 

 

 

実際に届いてから何週間がたったが、本当に役に立つ本である。

 

『ジンのすべて』 きたおかろっき 著  2800円程度

 

この一冊があれば、超マニアックな領域を除いてジンに関するこれまでの流れを把握できると思われる。
ただのジンのカタログ本なら高すぎる値段だが、今日におけるジンのあり方や歴史、今現在のムーブメントや一部作り手のインタビューがあり、読んでいて非常に楽しい一冊。

 

個人的にありがたいのは、近年すごい勢いで数を増やした「ジャパニーズクラフトジン」が範囲に入っていること。

基本的に国産ジンは値段が高く、そしてジンはウイスキーにくらべて情報やレビューが目に入りにくい。
そのような中でジャパニーズジンが扱われているのは嬉しい。

 

 

いやあ、本当に良かった。

最近ではチラホラとジン本もあるにはあるのだが、ちょっと物足りなく感じていた。
しかしこうして現在の国内ジンシーンに触れている飲み手が出す著書が生まれ、後続へと続いてくれたら、お酒に対する世の認識も変化が生まれるだろうか?

 

 

 

 

 

 

こんな私でも未だに記事にしていないお酒のジャンルは、恐らく山程ある。

それほどお酒は多種多様であり深く、味だけでなく知的好奇心を呼び覚ましてくれるものだ。

 

アブサン

 

これもカルヴァドス同様避けてたジャンルである。

 

 

 

『マンサン』 66.6度! 6000円くらい(で買ったハズ) スイス産

 

今現在どういった文脈で語られているか分からないが、あのロックスターの一人である「マリリン マンソン」プロデュースのアブサンである。

ちなみにラベルの水彩画はマンソンによるものとのこと。

雰囲気がでております。

 

このジャンルを避けていたわけとして、以前たまたまアジアン料理店でアブサンを飲む機会があり、飲ませていただいたのだが、ニガヨモギテイストなのだろうか、あの歯磨き粉感があまり好ましく感じられなかった。
比較的安価なアブサンだったためなのか、高級品はまた違うか分からないが、アブサンはちゃんと買おうとすると結構いいお値段なのであえて冒険しなくてもよいかと思い、購入までには至らなかった。

 

しかし辰巳蒸留所さんのアブサンを飲んで、やっぱおいしいなと思い前々から気になっていたこのアイテムを購入。

さっそくレビューを、といきたいところだが、マンソン好きの友人が訪れたときにしよう。

 

ちなみに結構ミュージシャンとお酒のコラボは多く、ドイツの「ラムシュタイン」はウォッカ、アメリカの「スリップノット」はウイスキーを出している。

機会があれば購入してみたい。

 

 


洋酒ランキング

 


ウイスキーランキング

 

 

↑比較的Barなので見かけるものはコレ

 

↑お高いけど、こういうの一回飲んでみたいものだ

 

 

うっかり忘れていた、というよりは無意識に避けていたのかもしれない。

歯磨き粉みたいな味を食品、飲料として好まれる方はそう多くないだろう。

(いちご味やメロン味なら子供の頃に食べた人もいるか?)

 

しかしながら味覚の経験値取得による許容範囲の広がりは恐ろしく、そうした味わいすらも「味」として楽しめるのだからお酒ってすごいと思うわけ。

初めて飲んだウイスキーってまったくおいしく感じられなかったものである。

 

 

『パスティス ダンタン』 45度 3000円程度 フランス産

 

パスティス~ニガヨモギを使用して製造されるリキュール、アブサンの代替品。

 

1915年にフランスでアブサンの製造・流通・販売が禁止され、1932年にポール・リカールによって「リカール」(パスティス)が生み出された。

パスティスは、似せる、まがい物という意味があるらしいが、その名称が一つのカテゴリーとして定着しているというのは、このパスティスやアブサンというお酒が、いかに現地で求められていたのであろうか。

 

今回紹介するこのパスティス『ダンタン』はフランスのロワール地方産。

カンゾウ クローヴ ナツメグ ヤグルマ草 ペッパーを原料として砂糖は一切使用していないとのこと。

分類はリキュールでエキス分は0.04%。

 

さっそく開栓~からのコルク折れ、はいいとして。

 

 

思ったより香りが強くない。

ショットグラスに注いで嗅ぐと少しツンとしたハーブの香り。

精油でいうとフェンネルのような渋みのある甘い香り。

 

味は悪く言ってしまえば歯磨き粉風なのだが、ハーブの香りをそのまま味にしたらこうなるんだという感想を受けると同時に、味がそこまで強くなく意外と飲みやすい。

砂糖を使ってないためかダレない甘さが薄い苦味とともにじわっと舌に残って心地よい。

アルコール感や飲みにくさの要素があまりない。(味自体は好みが分かれると思う)

 

パスティス経験値が低すぎる私が言うのも何だが、これらの香草系リキュールの入りとしては良い物じゃなかろうか。

メジャーなやつに『シャルトリューズ』があるが、甘さ欲しているならそっちでそうじゃないならこっちみたいな。

 

ま~た楽しみが増えたなあ、と苦笑いする。

 

 


洋酒ランキング

 


ウイスキーランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよもって日本全体合わせて何本のジンが生まれているかは分からないが、全国各地でジンが作られているというのはとても面白いことである。

焼酎や日本酒メーカーさんがそれまで培った技術を活かしつつ、洋酒であるジンを作る。

ジン市場がどれほど拡大したか分からないし、周辺でジンを愛飲する人間を見ていないので肌感覚で流行りを感じないが、少なくともムーブメントとしてリアルに存在しているのはもはや疑いようがないだろう。

 

ということで今日はコレ

 

 

『jin jin GIN』  47度 5000円(700ml) 写真は90ml 600円 熊本県 高田酒造場

 

熊本県のジンである。

個人的に熊本と言われてイメージできるものが意外と限られているのだが、農業や畜産業はとりあえず盛んだと言える県だと思っている。

そんななかでこのジンに使われているボタニカルで目を引くのは晩白柚やローズゼラニウムだろう。

 

飲み口としては焼酎ぽさが少々あるものの、それほど強烈ではなく控えめなので気にはなりにくい。

ハーブ的なフローラルさ、柑橘系の爽快さが感じられる美味しいジンである。

ジンとしては正直高価な部類なのは間違いないが、ミニボトルなどでも販売されているのでまずはそちらを試してみるのが良いだろう。

 

このジンを購入し調べると「播磨焼酎」という単語が出てくる。

恥ずかしながら、「播磨焼酎」という分類、カテゴリーを全くしらなかったので機会があればそちらも味わってみたい。

 

ちなみにボタニカルを変えた別バージョンもあるので飲み比べもいいかもしれない。

 

 

 


洋酒ランキング

 


ウイスキーランキング