温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷

温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷

サックスやフルートを吹いてるテディ熊谷のブログです。今までこっそりと温泉日記・酒日記を書いてきたのを公開することにしました。もちろん音楽のことその他も随時に。

NEW !
テーマ:

霧島温泉郷にある野湯、目の湯に続いてもう1つ野湯を。

その湯は目の湯のように観光地扱いされてないのでマル秘扱いといきたいのだが。。。

目の湯とあまりに近い場所にあるにひひ

そう言う意味では入浴に対する立地条件もほぼ同じ。

 

 

↑右が目の湯、そして左にある白濁した湯が川の湯

ちなみにバケツみたいなものは元よりあった。

 

 

霧島温泉郷 川の湯

 

 

 

その名の通り、川に源泉が流れ込みご覧の状態になっているのだニコニコ

川床湧出ではなく上流から流れてきているこの濁り湯スタイルは、そう言えば数年前に登別で経験した以来かも。

ちなみに岩の上にある緑色の海パン?はぼくのものではなく、置いてあったものだ。

撮影的に邪魔で誰がなぜここに置いたかは不明…触るのもなんか気持ち悪く、そのままにしてしまった。

 

 

かなり濃く灰色がかって白濁している。

これは硫黄谷温泉の源泉などが流入したものと思われる。

コクのある硫黄臭があり、酸味を感じた。

 

この場所で温度は34度

野湯としてなら適温であろう。

 

 

温かい湯が欲しい人は上流に移動すればよい。

もちろん自己責任で。

 

 

ほぼ泥湯状態に近く、メモは無いがスベスベ感があったかな。

熱めの目の湯とぬるめの川の湯で交互入浴も考えたが、澄んだ目の湯が硫黄の泥で汚れそうな気がして遠慮した。

 

川の中に入るので、入浴を試みる方はくれぐれも気を付けていただきたい。

特に水量の多い状況には注意。

繰り返すが自己責任で。

 

次はこのときの鹿児島旅、最後の湯。

 

 

霧島温泉郷 川の湯

 

鹿児島県霧島市牧園町高千穂

 

源泉名、泉質不明

白灰色に濁り

コクのある硫黄臭が少しあり

酸味あり

スベスベ感あり

加水かけ流し(?)

 

2017年10月入湯

 

 

 


テーマ:

前田温泉「カジロが湯」の後は、丸尾温泉の交差点から県道1号を硫黄谷の方へ。

途中に自然探勝路の入口というのがあり、車も停められる。

 

 

その名の通り、遊歩道ではないが自然の道を徒歩で散策できる観光スポットである。

ここにやはり観光地として取り上げられる自然湧出の湯、通称「目の湯」がある。

 

 

古来より目に効く湯として知られていたらしい。

案内板では岩風呂となっているがいずれにせよ温泉を示すものであり、そう言う意味でもマル秘扱いにはしない。

 

歩くほど数分であっさり目的地に到着。

 

 

霧島最古の岩風呂とのこと。

若干の手は加えられているようだが元々人工のものではないようなので、その通り最古なのであろう。

ちなみにこの自然探勝路からは丸見えであり、もちろん脱衣所などはない。

最初の写真に写る女性などが先客で入るかと思ってたら違う方向に進んだりで、まあ人通りとしては多くない場所ではあるが。

いずれにせよ、入浴される方は自己責任で。

 

そしてこの湯が無色透明で何とも美しいのであったラブラブ!

 

 

霧島温泉郷 目の湯

 

 

 

湧出場所が底か横か分からないが、足元湧出としてもよいだろう。

野湯でこの澄んだ湯はなかなか珍しいかも。

サイズ的には一人用。

当たり前だがもちろん完全かけ流し

 

こちらの湯は冬はぬるく夏は熱く、なかなか入浴温度に適さないことも多いらしい。

温度を計ってみると。。。

 

 

44.3度、熱めだが適温レベルだにひひ

興奮しつつ、脱衣する。

 

 

もちろん源泉名や泉質などは不明。

土っぽい香りがする。

まろやかな酸味もあった。

赤茶色の沈着も美しい。

 

 

スベスベ感のある極上の源泉ではないかニコニコ

 

浴槽としての深さもご覧の通り↓。

 

 

最上級の野湯といってよいだろうにひひ

温泉の神様、ありがとう。

ありがたくいただきましたラブラブ!

 

 

 

霧島温泉郷 目の湯

 

鹿児島県霧島市牧園町高千穂

 

源泉名、泉質不明

無色透明

土っぽい香りあり

まろやかな酸味あり

赤茶色の沈着あり

スベスベ感あり

足元湧出

完全かけ流し

 

2017年10月入湯

 

 

 


テーマ:

湯之谷山荘から霧島温泉郷の中心とも言える丸尾温泉エリアに向かう。

丸尾温泉は文政2年(1819年)に発見された湯らしい。

 

 

あちこちに源泉の湯気が立ち上る、湯マニア的には興奮のエリアだにひひ

この丸尾温泉には宿は多くあれど、気軽に立ち寄れる施設は1つ。

それが平成17年にオープンした前田温泉「カジロが湯」

中心の交差点からも近いのですぐわかる。

 

 

前田温泉の「前田」、カジロが湯の「カジロ」は創業者の前田嘉次郎氏から来ているそうだ。

現在は前田産業として建設業を営みつつ、霧島温泉のほとんどの新源泉の掘削や保全管理をしているという。

以上、HPから。

 

 

前田温泉 カジロが湯

 

 

 

立寄り専門の公衆浴場であるが、前田温泉自体は元々湯治宿であり、その宿も別の場所で現役である。

 

 

建物の脇では温泉玉子を作っていた。

 

 

とろんとした半熟タイプではなく、固ゆでスタイルのようだ。

このときは買わなかったけど、今思うと食べておけばよかった(^^ゞ

 

敷地内には足湯もあるが、有料(100円)。

 

 

湯がまだちゃんと張られてなかった。

 

それでは受付へ。

 

 

入浴料360円

営業時間は7時~21時

 

浴場の入口から男女別。

 

 

それぞれ内湯と露天風呂を備える。

 

 

建物もそうだがウッディな脱衣所。

創業者が大工の棟梁だったことへのオマージュなのかニコニコ

 

浴場は空いてはいたが、ほんの一瞬しか独り占めはできなかった。

 

 

五角形の浴槽はプールのように広く、10人以上が楽に入れる規模。

オープンから10年ちょっとでも壁には硫黄泉の浸食が随所見られ、マニア的にはよい雰囲気であるニコニコ

 

入口すぐ脇には水風呂があり、その隣がサウナ。

 

 

この水風呂の隣には立ったまま使用するシャワーが2つ。

 

 

その他にカラン&シャワーが4つならぶ洗い場がある。

 

 

浴槽との位置関係はこんな感じ↓。

 

 

その浴槽の湯は僅かに青味がかって白くささ濁っている

 

 

使用源泉は自家源泉の「丸尾28号泉」。

源泉温度83.2度pH6.0単純硫黄温泉

成分総計04371g/kg

総硫黄を計算すると、6.2381mgとなった。

 

この源泉温度なので、加水してのかけ流し使用。

 

 

ただしご覧の通り、ザンザンとしたオーバーフローニコニコ

 

湯口周りの壁の腐食が鳴子の東川原湯の硫黄泉浴場を思い出させた。

 

 

淡いがコクのある硫黄臭があり、淡いタマゴ味がする。

やはり加水のせいか、やや薄いイメージ。

 

 

白い細かな湯の花が多数舞っている。

しっかりとしたスベスベ感があった。

 

では露天風呂へ。

 

 

使用源泉は同じで、やはり加水かけ流し

内湯よりはややぬるかった。

 

 

しかしタマゴ風味はなぜか露天の方がわかりやすく感じられた。

 

場所もよく営業時間も比較的長く、有名温泉郷のわりに入浴料も安く、加水ながら丸尾の硫黄泉をしっかりかけ流しで楽しめる施設だった。

次はまた野湯を少々。

 

 

前田温泉 カジロが湯

 

鹿児島県霧島市園町高千穂3914

0995-78-4126

入浴料 360円 (7時~21時)

 

<源泉:丸尾28号泉>

単純硫黄温泉(低張性・中性・高温泉)
83.2度

pH6.0

成分総計 04371.g/kg

微白青ささ濁り

淡コク硫黄臭あり

淡タマゴ味あり

しっかりとしたスベスベ感あり

細かな白い湯の花多数

加水かけ流し

 

2017年10月入湯

※数値はH18の分析表より

 

 


テーマ:

2017年10月の鹿児島の湯シリーズ、再開。

 

仙寿の里温泉のある新川渓谷温泉郷から223号を北上。

いわゆる霧島温泉郷を目指す。

数ある鹿児島の温泉の中でも指宿と並び一般的に有名な霧島温泉郷は、9つの温泉地からなる。

数多くの宿があり観光地としても開けているが、まず目指したのは湯之谷エリア。

温泉マニアの中でも人気の高い湯治宿、霧島湯之谷温泉「湯之谷山荘」が目的地。

国道から案内板に従い細い山道を車で数分上るとある一軒宿だ。

 

 

当初はこちらも宿泊候補であった。

湯治用の部屋で素泊まりでも意外と高かった(基本料金4500円)ため却下したのだが、それでも着いてみたら泊まってみたくなる佇まいだ。

 

 

駐車場は建物を通り越して奥にある。

立寄り入浴時間10~14時

ぼくが着いたのはほぼ13時だったので1時間しかない。

 

 

母屋に戻り、玄関へ。

 

 

山荘と言うにはなかなか堂々とした建物であった。

 

 

霧島湯之谷温泉 湯之谷山荘

 

 

 

開業は昭和15年。

建物はリニューアルされたのであろう、古びた感じはしない。

 

立寄り入浴料500円と、このときの鹿児島の旅で最高値(^^ゞ

まっとうな温泉の手形が使えたかもしれないのに、これまたすっかり忘れていた。

 

 

浴場は階上にある。

 

 

階上と言っても立地の関係なのかもしれない。

 

 

男女別に大浴場が1つずつ。

この浴場に憧れていたのだが、これもリニューアルされたとのこと。

 

廊下の奥にあるのが露天風呂の入口。

 

 

宿泊すると予約して無料で入れるらしい(30分)が、立寄りだと別料金1000円/人かかる。

今回はスルー。

 

それでは男湯へ。

 

 

先客が一人。

終始この御仁とぼくだけだったのだが、立寄り可能時間の限界まで粘っても独り占めすることはできなかった(^o^;)

 

それではその浴場内へ。

 

 

大・中・小の3つの浴槽が並ぶ浴場はリニューアルされても雰囲気は全く損なわれておらず、素晴らしい佇まいだニコニコ

 

基本的に先客御仁の様に浴槽の脇に陣取って浴槽から湯を汲んでのかけ湯や洗体のようだが、別エリアにも洗い場はある。

 

 

シャワー付きカラン。

こちらは確か真水と真湯であったか。

 

こことは別に源泉の出るカランがあった。

 

 

こちら湯之谷荘、HPによると源泉を5本持っており、480リットル/分の湧出量があるとのこと。

 

 

この大浴場の3つの浴槽では、奥の一番大きな浴槽がメインの硫黄泉、一番小さな浴槽が炭酸泉、真ん中の浴槽がそのブレンドというスタイルになっている。

 

それでは奥の大浴槽から。

大といっても2~3人サイズ。

 

 

僅かに青味がかって白濁した湯は、源泉名「湯之谷1、2号」の混合泉

源泉温度44.1度pH5.3の、弱酸性の単純硫黄温泉(硫化水素型)

成分総計0.985g/kg

総硫黄を計算したら10.53mgぐらい

 

浴槽内の温度は44~45度ぐらいと熱めであり、濁ってはいるが新鮮であり、完全かけ流しで使用している。

オーバーフローもざんざんと多い。

 

それもそのはず、投入量はしっかり。

 

 

淡いがコクのある硫黄臭があり、マイルドな酸味僅かな苦味があった。

隣のカランからセルフで加水できるが、無論これぐらいの熱さならしない。先客の御仁もしない。

 

 

硫黄泉らしいスベスベ感が心地よいニコニコ

 

この大浴槽への投入量が多いのには、隣の中浴槽への供給も兼ねているからだ。

 

 

浴槽縁の下から隣(左)に流れ込む仕組み。

縁を越えてのオーバーフローももちろんある。

 

中浴槽も2人ぐらいまでのサイズ。

 

 

この中浴槽の写真↑では白味が強く見えるが、実際は白くやや濁り程度。

低温源泉の小浴槽からの流入を受け、実感で40~41度ぐらいだった。

湯の構成のメインは大浴槽からの混合の硫黄泉であろう。

浴槽の奥に見える穴↑は排湯のためである。

 

 

温度的には一番居心地がよい。

3つの浴槽で温度が明確に違うため、必然的に長湯が出来てしまうにひひ

 

そして中浴槽と小浴槽の境はこんな感じ↓。

 

 

左が小浴槽だが、流入量はご覧の通り調整できる。

あまり流入しないようにはなっていたが、小浴槽の投入量がとにかく多く、縁を越えてどんどん中浴槽へ流入してくるにひひ

 

それではその小浴槽。

 

 

これは完全に一人用サイズ。

せいぜい親子で入れるぐらい。

白くささ濁っており、源泉名や詳しい泉質は不明。

炭酸泉としか表記がなかった。

 

この小さな浴槽に大量の投入量にひひ

湯面に近いから分かりづらいが、湯口パイプの太さから察してくだされ。

 

 

温度は約30度弱ぐらい

淡いコクのある硫黄臭があり、苦味僅かなタマゴ味を感じた。

僅かに炭酸のシュワシュワ感と甘酸味もある。

 

 

当然オーバーフローはドバドバ、完全かけ流しにひひ

ご覧のように白い湯の花が大量に舞っている。

スベスベ感があった。

 

小浴槽の湯口にはバルブがある。

 

 

通常はパイプに対して平行で全開なのだが、ご覧↑のようにバルブを閉じると。。。

 

しばらく間があって、小浴槽の上からドバドバっと打たせ湯状態で注がれるのだにひひ

 

 

やや冷たいが、これがまた豪快で素晴らしいにひひ

圧も申し分ない。

 

これらの浴槽が泊まると24時間入浴可能。

こんなん、ぜったい飽きひんやんにひひ

やっぱりいつか泊まろう!

 

 

 

霧島湯之谷温泉 湯之谷山荘

 

鹿児島県霧島市牧園町高千穂4970

0995-78-2852

立寄り入浴料 500円 (10時~14時)

 

<源泉:湯之谷1、2号(混合泉)>

単純硫黄温泉(硫化水素型)

(弱酸性・低張性・高温泉)
44.1度

pH5.3

成分総計 0985.g/kg

白(微青)色濁り

淡コク硫黄臭あり

マイルドな酸味、微苦味あり

スベスベ感あり

完全かけ流し

 

<炭酸泉(詳細不明)>

約30度弱

白ささ濁り

淡コク硫黄臭あり

苦味、微タマゴ味、炭酸の微シュワシュワ感&微甘酸味あり

スベスベ感あり

大量の白い湯の花あり

完全かけ流し

 

2017年10月入湯

※数値はH21の分析表より

 


テーマ:

久しぶりにワインネタも1つ。

今年の自分の誕生日は、相方にとある飲食店に連れて行ってもらったのだが、それはまた別の機会にアップ予定。

自宅でストックしているワインから今回選んだのは、スペインの「leda(レダ)1999」。

 

 

D.O.やD.O.C.など原産地呼称のない、いわゆる地ワイン。

フランスワインでいうヴァンドゥペイにあたる。

とは言え鳴り物入りでリリースされたワインなのである。

 

 

leda  vinas viejas 1999

 

 

 

スペインワインの最高峰と言われるヴェガ・シシリア(以前アップしたウニコ)の醸造長を30年勤めたマリアノ・ガルシアとその息子のアルベルト・ガルシア両氏によるプロジェクトとして1998年にファーストリリースされた。

 

実はその昔、日本でレダのリリースパーティが開かれた際、ぼくは参加したのだ…当時は今の温泉にかけるエネルギーぐらいスペインワインにかけていたなぁにひひ

もちろん両氏は来日されており、そのときに使用したマグナムボトル(空)をいただき、サインしてもらった。

それがこれ↓。

 

 

このボトル↑はファーストリリースの1998

今回飲んだのは1999

パーティのときも両方飲んだが、微妙に印象が違った記憶がある。

 

レダは現在もリリースされており、最近のは全然飲んでないので比較できないのだが、19年経ったこの1本はどうであろうか。

いくらで買ったかはっきり覚えてないが、おそらく当時で4000円弱ぐらいだったと思う。

今調べたら、このビンテージならその倍ぐらいするようだ。

 

 

ずっと自宅でちゃんと保管していたので、液面もキャップシールも良好。

 

 

コルクの状態も問題ない。

 

 

ちょっと斜めに刺してしまった(^^ゞ

 

 

産地はカスティーリャ・イ・レオン州テュデラ・デ・デュエロ村

使用ブドウはテンプラニーリョのクローンティント・デ・アラゴネス

クラシカルなスペインワインのようにオーク樽は使用せず、ステンレス発酵槽を使用している。

 

 

ノンフィルターのためか、澱はかなりあった。

色はしっかりと濃い黒ブドウ色で、淵もさほど色の退色は見受けられない。

香りは何とも深く複雑で、煮詰めたイチゴ、胡椒のスパイシーさ、糠漬けのようなクセも感じさせる構成がたまらないにひひ

 

 

フルボディで、粘りつくような広がり方をし、余韻は非常に長い。

凝縮した果実味はリリース時の記憶にあるギラギラした感じこそ無かったが、まだしっかり活力は感じさせ、深いい甘味が素晴らしい。

口当たりのビロードのようなきめ細かさも心地よく、気が付けば無くなってしまった。

 

このときのアテは、我が家でよい赤ワインを開けるときに一番採用されることが多いにひひもりやすローストビーフ

 

 

切り落としの方でも十分美味しいんですわ、ここのはホントニコニコ

 

夏野菜とベーコンを炒めたものは自家製。

 

 

後はこんなスイーツも。

 

 

ワインから珈琲にシフトしつつ、いただいた(一度に全部じゃないですよ)。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.