温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷

温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷

サックスやフルートを吹いてるテディ熊谷のブログです。今までこっそりと温泉日記・酒日記を書いてきたのを公開することにしました。もちろん音楽のことその他も随時に。

2019年10月、台風の直後に宮城の湯を日帰りで巡った編、最後のオマケ。

鎌先温泉から帰宅途中で立寄った飲食店から。

 

このシリーズ最後なので、湯ネタではないけどこの日の行程リンク集を並べさせていただく。

 

青根温泉 朝日の湯

青根温泉 名号館 <建物編>

青根温泉 名号館 <温泉編>

青根温泉 岡崎旅館 <建物編>

青根温泉 岡崎旅館 <おたよの湯編>

青根温泉 岡崎旅館 <貸切風呂編>

青根温泉 停車場の湯

遠刈田温泉 たまや旅館

はせがわ屋 (食事)

鎌先温泉 木村屋旅館

鎌先温泉 最上屋旅館

 

鎌先温泉最上屋旅館を出たのが16時近く。

経費節約のために下道で自宅を目指す(^-^;

 

国道4号のバイパスを走っている途中、食欲を刺激する看板を目にした。

 

※写真はサイトより拝借

 

その数十メートル先に幟が↓。

 

※写真はサイトより拝借

 

さすがに昼が厚揚げ1つだけだったので、もはや空腹である。

ウインカーを出して、広い駐車場へ。

 

 

カツ亭

 

 

 

着いたのは17時20分頃。

夜営業が17時からだった。

さすがに店内はまだ空いている。

 

 

「カツ亭」とはそれにしてもストレートな店名だ。

何も前情報なしに入ったのだが、メニューを見ると1986年開業らしい。

 

 

壁には季節ニューとしてカキフライも告知してあったが、やはりまずはとんかつが食べたい。

 

 

イチオシが薩摩熟成ロースかつ定食になっている。

この日の数日前まで鹿児島は薩摩半島をグルグル回っていたのに、薩摩産豚のとんかつ、食べてない(^-^;

なぜか福島にて食べることとしよう。

ガッツリ行きたいところだが、満腹になるとすぐ眠くなるぼくとしては自制をせねば。

ここは定食の小、1280円を選択。

 

卓上にはソースが2種と醤油。

 

 

どちらも使用したと思うが、メモがなく詳細はスンマセン。

 

まずはすり鉢に入ったゴマがやってきた。

セルフで擦るタイプ。

 

 

とんかつ屋ではよくある仕切りだが、白ごまと黒ゴマがバランスよく入っていた。

 

はい、15分ほどで薩摩熟成ロースかつ定食の小が到着。

 

 

ご飯はやや硬めのぼく好みの炊き方。その他のサイド関係はメモ無し、失礼。

ちなみにとんかつ以外は全てお代わり無料ビックリマーク

ぼくは先述通り眠気対策のため満腹にしない作戦なので、残念ながらお代わりは全て辞退。

そういう状況でない方はぞんぶんにどうぞ。

 

それよりぼくとしては2種の塩が手前に置いてあるのが気に入ったニコニコ

サイトによると、塩は沖縄県産粟國の塩を使用しているとのこと。

紫色に見えるのは桜塩だったか(記憶が曖昧)。

いずれもソースよりこれらの塩で食べた方が多かった。

 

 

とんかつ自体はさすがに小ぶりではあるが、肉を味わうのに足りないということはない。

揚げ油はラードではなく綿実油、こめ油、なたね油の3種をブレンドして使用しているとのことで、見た目よりもサラッとした衣になっている。

しかも二度揚げにより、旨味を閉じ込めつつよい食感に仕上がっていた。

衣は豚肉ともしっかり馴染んでおり、食べやすかった。

 

 

小なので厚みはそこそこだが、十分にもち豚の旨味を楽しめた。

まずは食感がその名の通りもちもち、そして柔らかい。

何といっても薩摩の豚の甘味がしっかりニコニコ

その甘味を引き立てるためにも、やはり塩が一番合う気がした。

想像していた以上の美味しさで満足~。

 

以上、台風の影響が残る中、駆け足で巡った宮城の湯、日帰り編。

スケジュール的に仕方なかったとはいえ往復の行程で日帰り約800kmは正直きつかったので、次回この距離をやるならやっぱり泊まりたい(^-^;

追ってご覧いただいた方、お付き合いありがとうございました。

 

次の本編の湯ネタは2020年正月のを少々。

 

 

 

カツ亭

 

福島県福島市松川町下川崎佐久間85-1
024-567-4272
月~金 11:00~14:45(L.O) 17:00~20:45(L.O)
土日祝 11:00~20:45(L.O)

年中無休(元旦のみ休み)

 

2019年10月入店

 

 

 

 

2019年10月、宮城の湯を車で巡る一人旅は鎌先温泉へ到着。

長距離の日帰り行程のため、この鎌先温泉にて〆ることになった。

 

それではこれまでの行程リンク集を訪れた順に。

 

青根温泉 朝日の湯

青根温泉 名号館 <建物編>

青根温泉 名号館 <温泉編>

青根温泉 岡崎旅館 <建物編>

青根温泉 岡崎旅館 <おたよの湯編>

青根温泉 岡崎旅館 <貸切風呂編>

青根温泉 停車場の湯

遠刈田温泉 たまや旅館

はせがわ屋 (食事)

鎌先温泉 木村屋旅館

 

木村屋旅館でかなり時間をとったため、逆算するとあと1湯で終了させなくてはいけなくなる。

となれば鎌先温泉で現在も湯治客を迎え続けている唯一の宿、最上屋旅館を最後の立寄り湯とすることに決定。

 

 

着いたのは15時近く。

時間的にはまだまだ巡れそうだが、行きの行程で結構疲れていたし、経費節約で高速の割引のない帰りは基本的に下道利用予定のためと自分に言い訳(^-^;

 

 

最上屋旅館は本館、新館、自炊館の3つの棟がある。

立寄りなのでそれぞれを見て回ることができなかったが、基本的には木造の実に趣きのある宿だ。

 

 

また、守る会の宿でもある。

ぼくがスタンプを集めていた頃は会員宿ではなかったんだけどなぁ。

 

 

鎌先温泉 最上屋旅館

 

 

 

立寄り入浴料500円

 

 

ちなみにまっとうな温泉の手形に掲載されているがもう使えないので、持ってる人は注意ビックリマーク

立寄り可能時間は10時~18時のようだが、要確認で。

 

 

さて、立寄りで入れる浴場へは階段を上ったり下りたりしないといけない。

 

 

まあ玄関入ってすぐ風呂よりかは、建物内を色々見て回れるので楽しいニコニコ

 

 

導線はやや複雑だが、ちゃんと表示があるので迷うことはない。

 

 

途中で自炊客用の炊事室があった。

 

 

こちらの自炊棟での素泊まりは、2名以上4泊からなら2800円と安い設定になっている。

1名1泊は未確認。

 

浴場エリアへ到着。

 

 

洗面台は特に古いわけではないが、よい雰囲気である。

 

この日に男湯で入れる浴槽は、東光風呂と名付けられていた。

ちなみに本館4Fにある展望風呂は日帰りでは入ることができない。

 

 

それでは中へ。

 

 

先客が2人。

ぼくが入ってすぐにもう1人。

広くない浴場だったので、撮影はほぼできなかったしょぼん

 

 

浴場周りはリニューアルもされているのか、モダンな感じもあった。

 

唯一とれた浴槽全景写真。

 

 

グランドピアノみたいな形の浴槽だが、左奥にくぼみがあるので実際はもっと複雑な形。

写ってない洗い場のカランからは源泉は出ず、真湯・真水。

 

微黄茶色ささ濁りの湯は源泉名が「三宝の湯」。

源泉温度36.1度pH7.1の、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

成分総計2.6253g/kg

加温してのかけ流し使用。

体感で38~9度とぬるいので、加温は最小限と思われる。

硫酸イオン595.9mgに対し、炭酸水素イオンも354.1mgあるバランスなのは、木村屋旅館の「新湯」にも当然似ている。

またメタケイ酸(77.6mg)とメタホウ酸(56.1mg)のバランスも同様に似ていた。

色味や風味に影響のある鉄イオンは、鉄(Ⅱ)イオンが1.2mg、鉄(Ⅲ)イオンが0.6mgになっていた。

 

 

湯口周りには赤茶色の沈着が確認できる。

香りは微妙で、淡い金気臭や土臭みたいなのが感じられるかどうか。

鉄味ダシ味僅かな塩味はあった。

やはり木村屋旅館の「新湯」に似ている。

スベスベ感も感じられた。

最後ぐらいカッコよく入浴写真をキメたかったが、浴槽への人の出入りが多く無理だった(^-^;

 

これにてこの日の強行日帰りハシゴ湯は終了。

次は帰り道に寄った食事ネタを1つ。

 

 

 

鎌先温泉 最上屋旅館  

 

宮城県白石市鎌先温泉1-35
0224-26-2131

立寄り入浴料 500円

立寄り可能時間 10時~18時(要確認)

 

<源泉名:三宝の湯>

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 (低張性・中性・温泉)

36.1度

pH7.1

成分総計 2.6253g/kg

微黄茶色ささ濁り

淡金気臭、土臭あり

鉄味、ダシ味、微塩味あり

赤茶色の沈着あり

スベスベ感あり

加温かけ流し

 

2019年10月入湯

※数値はH29の分析書より

 

 

 

 

 

 

 

 

南東北から信州に向けて2泊ほど旅行をしてましたが、その話はまた追々。

通常ブログの続きです。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

2019年10月、宮城の湯を日帰りで巡る旅は、青根温泉から遠刈田温泉へ達した。

いつものこれまで行程のリンク集を。

 

1.青根温泉 朝日の湯

2.青根温泉 名号館 <建物編>

3.青根温泉 名号館 <温泉編>

4.青根温泉 岡崎旅館 <建物編>

5.青根温泉 岡崎旅館 <おたよの湯編>

6.青根温泉 岡崎旅館 <貸切風呂編>

7.青根温泉 停車場の湯

8.遠刈田温泉 たまや旅館

9.はせがわ屋 (食事)

 

遠刈田温泉では湯を一つ、食事に厚揚げを食べ、白石市へ移動。

今まで来てなかった鎌先温泉へ。

 

 

湯の発見は正長元年(1428年)に里の人が鎌の先で掘り当てたと伝えられているので、開湯は600年に迫る。

以前は湯治宿で賑わっていたイメージだったが、現在は数軒の宿。

その中でこの日最初に向かったのは、元禄元年(1668年)創業の木村屋旅館

 

 

敷地が複雑なのか建物が複雑なのか全貌がよくわからないが、なかなか大きな宿だ。

 

 

なおぼくが訪れたときは問題なく営業していたが実際は色々あったようで、2020年となり最終的にコロナ禍での予約キャンセルなどが引き金となって2020年3月で閉館したとのことしょぼん

350年の歴史がある宿なので、ニュースをご覧になった方もおられたことであろう。

ただしその後の報で、青森の谷地温泉などの再生を手掛けた会社がどうやら経営を引き継いだことになったらしい。

予定では2020年9月から日帰り施設として再出発を目指しているらしいが、実際のところは最新情報を要確認で。

 

 

鎌先温泉 木村屋旅館

 

 

 

そんな経営関係の難しい状況はいざ知らず、ぼくが着いたのはもうすぐ14時という時間。

 

 

この日は平日であり、また宿泊客がチェックインするよりはまだ早い時間だったためか、ひっそりとしていた。

 

 

さて、フロントへ行こうとしたら、その先が何だかロープで通せんぼ状態になっている。

 

 

首輪とリードを付けられた猫くんが、きっと定位置にちょこんと座るとこうなるのだろう(^-^;

 

 

立寄り入浴料500円だにゃあ。

立寄り可能時間の詳細は忘れてしまったが、今となっては不要な情報。入浴料もそうだが。

 

 

ロビーは広くて立派。

時間的に宿泊客こそ見えないが、コロナ最中でも蜜な感じにはならなかっただろうゆとりのスペース。

 

 

老舗宿っぽいおみやげ処をチラっと見て移動。

 

 

浴場は2Fと最上階の5Fにある。

2Fは宿泊者専用。

5Fの展望風呂に行く。

 

なお、台風19号の被害はこちらでもあった。

 

 

1F部分では一部水が引ききってない(乾いてない)ところがあったようで、立寄りできないエリアがあった。

 

ではエレベーターで5Fへ。

 

 

月見浴殿と名付けられた浴場で、それぞれ露天風呂もある。

 

 

貸切状態で入れるかと思っていたら、立寄りの先客が3~4人。

うち何人かはゆっくり過ごすことを決めていたみたいで、浴場内写真はあまり撮れなかった。

 

 

大きな窓を持つ内湯に広い大浴場が1つ。

そのまま向こうの露天風呂へ行ける構造。

 

 

内湯の湯使いは循環併用のかけ流し

オーバーフローもそこそこあって、床も濡れていた。

 

展望風呂と名付けられるだけあり、手すりがやや邪魔ながら窓の外からは温泉街が一望できる。

 

 

洗い場はかなり広くとってある。

 

 

ソーシャルディスタンスも完璧ではなかろうか(^.^)

カランやシャワーから源泉は出ず、真湯と真水。

 

それではその源泉の話を。

 

 

淡い黄抹茶色やや濁りの湯は、源泉名が「新湯」。

こちら木村屋旅館源泉を2つ持っているという情報があったのだが、この浴場に掲げてある成分表はこの「新湯」のみだった。

2Fの宿泊専用風呂がもう一つの源泉なのかは未確認。

源泉温度37.9度pH7.2ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

成分総計2.5347g/kg

この湯を内湯では加温・加水しての、先述通り循環併用かけ流しで使用している。

体感で40度ぐらいとややぬるめ。

ちなみに露天は湯使いが違うので詳細は露天でにひひ

 

 

大きくカッコいい湯口だが、中に塩素玉が見えた(^-^;

…でも消毒の塩素臭、塩素風味は無かったニコニコ

しかし香りは微妙。

僅かに金気臭、土臭があり、僅かなダシ味や鉄味があったが、加水や循環でぼやけた印象。

と言っても悪くはない感じだ。

露天の入浴客がなかなか動かないのでしばらくは内湯で過ごした。

 

 

スベスベ感はかなり感じられた。

 

内湯で待つこと約30分。

ようやく露天占拠の御仁2人が内湯へ戻って来てくれた。

 

 

そこまでして粘ったのは、使用源泉は同じながら露天風呂が加温のみのかけ流し使用だったからだ。

加水も無し。

体感で39~40度ぐらいとあまりその加温もしてないのもよい。

湯の色も内湯よりは濃い黄抹茶色やや濁り

 

 

オーバーフローの黒味を帯びた赤茶色の沈着もよい雰囲気。

 

 

硫酸イオンが583.6mgの塩化物・硫酸塩泉だが、炭酸水素イオンも329.8mgあり、少ないながら遊離二酸化炭素が33.9mgある。

他に目立つイオンだと、メタケイ酸が77.2mgとちょい多めに対してメタホウ酸が55.1mgとなかなか多め。

 

 

露天の湯口の方がもちろん風味が強い。

金気臭や土臭はそこそこ感じられ、鉄味ダシ味、そして僅かな塩味があった。

ちなみに鉄イオンは、鉄(Ⅱ)イオンが0.8mg、鉄(Ⅲ)イオンが1.3mgになっていた。(Ⅱ)と(Ⅲ)の違いって何だろ?(^-^;

炭酸の名残りみたいな風味構成を感じた。

 

 

露天風呂の底はヌメヌメ状態。

そしてしっかりとしたスベスベ感あり。

やはり断然露天風呂の方がよいニコニコ

 

残念ながら閉館したこちら。

新体制での営業でどうなるかはまだ分からないが、谷地温泉を見てると悪い感じにはならないのではと期待する。

 

 

 

鎌先温泉 木村屋旅館  ※2020年3月で一度閉館

 

宮城県白石市鎌先温泉1-51

立寄り入浴料 500円

 

<源泉名:新湯>

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 (低張性・中性・温泉)

37.9度

pH7.2

成分総計 2.5347g/kg

淡黄抹茶色やや濁り

金気臭、土臭あり (露天)

鉄味、ダシ味、微塩味あり (露天)

黒~黄茶色の沈着、クリーム色系の析出物あり (露天)

しっかりとしたスベスベ感あり (露天)

加温かけ流し (露天)

加温・加水・循環併用かけ流し (内湯)

 

2019年10月入湯

※数値はH30の分析書より

 

 

 

 

2019年の10月、宮城の温泉を日帰りで一人巡る旅シリーズは、青根温泉から遠刈田温泉へ移動したところ。

 

たまや旅館」で久しぶりに遠刈田の湯を楽しんだら時刻は13時頃。

青根温泉へ向かう道中のコンビニで朝食を済ませただけだったのだが、相変わらず食事はノープランな旅。

特にこのときは台風19号直後で、温泉地にたどり着けるかが最大の関心ごとだったからと、自分で言い訳(^-^;

 

遠刈田温泉にはいくつか飲食店があるのは知っていたが、「たまや旅館」のすぐ先に何やら老舗館のある店を発見。

 

 

ほほう、豆腐屋さん。

齢を重ねるにつれ、豆腐からのアピールが強く感じられるようになったにひひ

 

ちなみに「たまや旅館」との位置関係はご覧の通り↓。

 

 

簡単なイートインもできそうな雰囲気だったので入ってみた。

 

 

はせがわ屋

 

 

 

建物は比較的新しいが、調べたところ100年以上続く老舗の豆腐店らしい。

 

 

どれどれ、各種とうふも美味しそうだが、セルフで焼いて食べられる三角揚げというのがあるではないか。

中の製品を見たところ、おお、大きくて分厚いビックリマーク

奥出雲や栃尾で分厚く大きい油揚げの魅力にハマってからは、あれば必ず食べたくなる品目である。

よし、「三角揚げを1つ、この場で焼いて食べますビックリマーク」と注文。

 

これがその三角揚げ、150円

 

 

おお、大きく分厚く、何とも良い色合いニコニコ

大きな木綿豆腐を低温と高温の油で2度揚げしているそうだ。

 

これを店内のオーブントースターで焼くのだ。

 

 

三角揚げのみをトースターに入れ、4分。

 

 

焼きあがるまでに隣の冷蔵庫も観察。

 

 

豆腐だけでなく豆乳スイーツ系もあるが、なにせこの後も長旅があり、保冷セットは用意してないためにこの辺は諦めた。

 

チ~ン音譜

ハイ、焼きあがったぞ~ニコニコ

 

 

ほんのり焦げ目がたまらなく美味しそうラブラブ!

 

 

調味料として、醤油と七味がある。

それをほどこして、外のベンチでいただくことにした。

 

 

う~ん、外はカリカリに香ばしくなってるが、中はしっとりふんわり、大豆の旨味がぞんぶんに楽しめるラブラブ!

 

齧り途中で失礼。

 

 

やっぱりたまらん美味しさだったニコニコ

結構なボリュームがあり、これ1個でしばらく腹は持ちそう。

次の温泉地へ向かうことにした。

 

※少し旅に出てます。こちらも予約投稿。次の投稿は8/2夜の予定。

 

 

 

はせがわ屋

 

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町23
0224-34-2442
7時~18時

木曜不定休

 

2019年10月入店

 

 

 

 

 

 

2019年10月、台風一過の宮城を一人日帰りで巡る湯シリーズ。

例によってこれまでのリンク集を。

 

1.青根温泉 朝日の湯

2.青根温泉 名号館 <建物編>

3.青根温泉 名号館 <温泉編>

4.青根温泉 岡崎旅館 <建物編>

5.青根温泉 岡崎旅館 <おたよの湯編>

6.青根温泉 岡崎旅館 <貸切風呂編>

7.青根温泉 停車場の湯

 

青根温泉を後にして向かったのは近くの遠刈田温泉

江戸時代には宿場や湯治場としてすでに賑わいがあったという、歴史ある温泉地。

今回は宿の湯に入ろうと思い、選んだのは「たまや旅館」。

共同浴場の「壽の湯」のはす向かいにある。

 

 

実は遠刈田温泉2つある共同浴場しか訪れたことがなかった。

それは2013年3月なので、もう6年以上前の話だ。

 

一つが壽の湯

 
 
 
着いたのは12時半過ぎだったか。
昼食の前に湯、である。
 
 
こちらはもちろん宿泊メインの旅館だが、広く日帰り入浴を受け付けている。
また循環仕様も多いらしい(未確認)遠刈田温泉の宿の中で、かけ流し仕様というのもポイントが高い。
 
 
遠刈田温泉 たまや旅館
 
 
 
なぜ事前にかけ流し仕様が分かったかというと、もう宿の前にどーんと表示してあった↓にひひ
 
 
立寄り可能時間はチェックアウトからチェックインまでの10時~15時
立寄り入浴料600円
さらに隣の看板には焼きたてクロワッサンの表記が。
今から思うと入浴前に頼んで、入浴後に食べてみたかった。
 
 
館内には妙齢の女性たちの多人数なグループがいた。
食事と入浴を楽しんでいるらしい。
男性客はほとんど見かけないので、これは独り占めできるか。
 

 

こちらのロビー?には血圧計もある。

さらに男女共通の談話室も。

 

 

その向こうが浴場エリア。

 

 

向かい合うように男女別の浴場がある。

これは入れ替え制になっているようだ。

他に離れには貸切の石風呂があるらしい。

 

 

それでは男湯へ。

 

 

案の定、終始独り占めで入ることができた。

 

では浴場内へ。

 

 

近年に改装したのか、浴場はかなり新しい。

逆くの字型の浴槽は数人が入れる規模。

 

 

洗い場スペースは3セット。

カラン・シャワーから出るのは真湯・真水。

シャンプー類などのセッティングも宿だけにしっかり。

 

 

木の浴槽で湯の色がよく分からないが、微白黄色ささ濁りといった感じか。

源泉名は「遠刈田7号泉」。

2013年時点での2つの共同浴場と同じ源泉だ。

源泉温度70度pH6.9ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉

溶存物質総量(ガス成分を除く)2.2319g/kg

ガス成分だと遊離二酸化炭素が205.9mgあるが、高温のためか風味などはよく分からなかった。

 

こちらの湯を加水してのかけ流し仕様。

 

 

投入量は多く、オーバーフローも浴槽の縁↑と、湯口と対局部にある排湯溝↓からしっかり。

 

 

加水のせいか、投入量の多さのせいか、共同浴場のように黄茶色系の濁りとまではいかない。

そのドバドバな投入量のおかげで、加水はありながら新鮮な状況で入ることができる。

 

 

浴槽での温度を計ってみると。。。

 

 

44.4度と熱めだが、これ以上加水はして欲しくないので納得の温度。

 

 

湯口から投入される時点ですでに加水が施されている。

この状態で、金気臭僅かな焦げダシ臭があった。

鉄味僅かなダシ味を感知。

 

ちなみに湯口の温度を測ると。。。

 

 

46.4度であった。

この温度まで加水で調整し、ドバドバと投入してかけ流すのがこちらの宿のスタイルのようだ。

ちょろちょろと加水なしで投入もよいが、これはこれで楽しめるスタイルだろう。

 

 

浴感はスベキシ

 

 

これまたゆっくりと、久しぶりに遠刈田の湯を楽しむことができた。

 

次は昼食編と言うにはちょいと寂しいけど美味しかった食べ物の話。

 

 

 

遠刈田温泉 たまや旅館

 

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町21
0224-34-2316

立寄り入浴料 600円

10時~15時

 

<源泉名:遠刈田7号泉>

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性・中性・高温泉)

70.0度

pH6.9

溶存物質総量(ガス成分を除く) 2.2562g/kg

微白黄色ささ濁り

金気臭、微焦げダシ臭あり

鉄味、微ダシ味あり

スベキシ感あり

加水かけ流し

 

2019年10月入湯

※数値はH20の分析書より