精神科医こてつ名誉院長のブログ
  • 10Jul
    • Amazonで予約受け付け開始の画像

      Amazonで予約受け付け開始

      Amazonで予約受け付け開始・著書ではなく監修本。・高タンパク食レシピ本。・糖質量は1日120gとかなり緩め。(いきなり断糖して不調になる女性がいるので)・プロテイン、サプリメントも紹介している。・現在原稿チェック中。・8月20日発売。https://www.amazon.co.jp/dp/4418204164/ref=sr_1_1?dchild=1&qid=1539743664&s=books&sr=1-1 元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3045685002214470/?d=n藤川 徳美Amazonで予約受け付け開始・著書ではなく監修本。・高タンパク食レシピ本。・糖質量は1日120gとかなり緩め。(いきなり断糖して不調になる女性がいるので)・プロテイン、サプリメントも紹介している。・現在原稿チェック中。・8月20日発売。...www.facebook.com

    • 自律神経失調症の画像

      自律神経失調症

      自律神経失調症「すべての不調は自分で治せる」、アマゾンカスタマーレビューより小学生から立ち眩み持ち、高校で洞性徐脈、大人になってからは、起立性低血圧。最近では、自律神経失調症ということで、胃腸やら、目眩、喉の詰まり感、動悸、冷え、頻尿、過緊張、など、不調のオンパレード。昨年、糖質制限で減量に成功しましたが、それまで無縁だった、便秘に悩まされるようになりました。その結果、栄養吸収が悪くなり不調が出始めたのかも。藤川先生は、糖質制限を推奨されてますが、糖質制限すると腸内環境が悪くなる私のようなタイプは、どうしたら良いのだろう??それから、子宮内膜症の薬を服用しているのですが、飲み合わせは大丈夫なの?(薬剤師に聞いたら多分大丈夫だと)と、不安がありながら、サプリを取り寄せ中です。やってみようと期待してます!元気に育児をしたいですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー立ち眩み、洞性徐脈、起立性低血圧、全てタンパク不足の症状です。最重度タンパク不足の女性には断糖はお勧めしていません。いきなり断糖するとATP不足となり、体調不良になります。砂糖は止めて、米と小麦を今までの半分にする緩やかな糖質制限を推奨しています。糖質を減らすことより、タンパク質を増やすことを優先しています。つまり、プロテイン20g*2が問題なく飲めるようになることが重要です。少量から始めて、数ヶ月継続すれば飲めるようになります。プロテインが継続できると甘いものが欲しくなくなり、自然に糖質摂取量が減らすことができます。便秘には、CとMgの高用量が効果があります。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3045194685596835/?d=n

  • 09Jul
    • 40年来のアトピー、2年でほぼ完治の画像

      40年来のアトピー、2年でほぼ完治

      40年来のアトピー、2年でほぼ完治症例:40代後半、女性。両親と3人暮らし。小学校頃から全身にアトピーがある。花粉症もある。ブログを見て、H30.5当院受診。イライラ、不安がある。アトピーの症状が強いときはステロイド内服している。BUN17.5、フェリチン12。→高タンパク/低糖質食+プロテイン20g*2。プロマック、フェルム処方。B50、C1000、E400開始。H30.8、プロテイン20g*2、糖質は減らしている。腕は綺麗になったが、首回りの調子は悪い。BUN15.8、フェリチン140。→フェルムは隔日に減量。H31.3、花粉症の時期にはアトピー症状が出る。緩んで糖質を摂取するとアトピー症状が悪化する。→D追加。R1.7、緩んで糖質を摂取しアトピー症状再燃した。皮膚科でプレドニン処方され、内服。光線過敏症が出る。→ナイアシンアミド追加。R1.12、プロテインをしっかり飲み、糖質制限できている。皮膚科のプレドニンは終了となった。R2.3、肌が綺麗になった。花粉症症状も出ていない。BUN22.3、フェリチン150。R2.7、皮膚はすっかり綺麗になり、アトピー症状は全く出なくなった。ーーーーーーーーーーーーーーーー長年のタンパク不足で、BUNが20になるまで2年近くかかった。女性の場合、タンパク不足が解消するまでこのくらいかかる。だから、経過の途中で糖質を摂ったり、花粉症の時期には症状が再燃する。半年程度でBUNが20を超える症例ではもう少し短期間で回復する。50歳前後での皮膚のターンーバーは100日必要。3回転で約1年。*皮膚疾患改善までの期間=タンパク不足が解消後、皮膚のターンオーバー3回。20歳では28日*3=3ヶ月。50歳では100日*3=1年。70歳では200日*3=2年。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3042662315850072/?d=n藤川 徳美40年来のアトピー、2年でほぼ完治症例:40代後半、女性。両親と3人暮らし。小学校頃から全身にアトピーがある。花粉症もある。ブログを見て、H30.5当院受診。イライラ、不安がある。アトピーの症状が強いときはステロイド内服している。BUN17.5、フェリチン12。→高タンパク/低糖質食+プロテイン20g*2。プロマック、フェルム処方。B50、C1000、E400開始。...www.facebook.com

  • 08Jul
    • 日経WOMANの画像

      日経WOMAN

      日経WOMAN元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3040016099448027/?d=n藤川 徳美日経WOMANwww.facebook.com

    • 海外では鉄不足の人が少ない理由の画像

      海外では鉄不足の人が少ない理由

      海外では鉄不足の人が少ない理由「すべての不調は自分で治せる」より 厚生労働省の日本人の鉄摂取量は、60年以上前の1950年から、約6分の1に減少しています。一方、先進国の中でも特に欧米の女性は、日本女性のような鉄不足による貧血に悩む人はほとんどいません。欧米では、鉄分を多く含む肉を日本人の3倍ほど食べますし、あらかじめ小麦粉に鉄を添加するなど、鉄不足対策が行われています。 1800年代後半から1900年代前半にかけて、糖質精製技術の普及により、全米ではビタミン不足、ミネラル不足が深刻化していました。鉄欠乏性貧血の増加や、トウモロコシを主食とする米国南部ではペラグラ(重度のナイアシン欠乏症)も増加していました。 ペラグラは統合失調症と症状が似ているため、600mgのナイアシン投与に反応するか否かで診断されました。ナイアシン投与によって反応するようであれば、ペラグラであると診断されます。 1942年、米国保険局は、「全米に流通するすべての小麦粉にビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、葉酸、鉄を添加することを義務付ける」という画期的な決定をしました。 その結果、鉄欠乏性貧血は激減し、ペラグラも激減しました。現在は、他の欧州諸国も米国政府と同じような対策を行っています。 一方、日本ではそのような対策は全く行われていません。日本で消費される小麦粉の90%以上は輸入されていますが、その小麦には鉄は入っていません。 これが日本人女性にのみ鉄不足が多い理由です。 したがって、欧米のオーソモレキュラー本では、欧米では鉄不足はないことが当たり前であるという前提で話が進みます。「ほうれん草やプルーン、ヒジキを食べて鉄を摂ろう」などといわれていますが、ほうれん草やプルーン、ヒジキに含まれる非ヘム鉄は、肉や魚に含まれるヘム鉄の10分の1と著しく低いのです。ほうれん草だけで必要な鉄を摂取するためには、毎日バケツ4杯以上の量を食べなくてはならない計算になります。 また、非ヘム鉄は、腸管から吸収される際に、野菜などに含まれる食物繊維や、玄米に含まれるフィチン酸、コーヒーやお茶に含まれるタンニンなどの作用で、吸収が阻害されます。胃壁や腸管が荒れやすいともいわれます。 一方、肉や魚に含まれるヘム鉄は、鉄イオンがポルフィリン環というものに囲まれているため、食物繊維やタンニンなどからの吸収阻害を受けにくく、また胃壁や腸管を荒らしにくいという特徴があります。さらに、ヘムオキシゲナーゼという酵素が吸収量を調節してくれますので、鉄の過剰摂取にもなりにくいというメリットもあります。 したがって、食品に含まれる鉄を意識するなら、断然ヘム鉄です。ただし、詳細は後述しますが、サプリメントのヘム鉄は非効率ですので、キレート鉄を勧めています。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3039917066124597/?d=n藤川 徳美海外では鉄不足の人が少ない理由「すべての不調は自分で治せる」より 厚生労働省の日本人の鉄摂取量は、60年以上前の1950年から、約6分の1に減少しています。一方、先進国の中でも特に欧米の女性は、日本女性のような鉄不足による貧血に悩む人はほとんどいません。欧米では、鉄分を多く含む肉を日本人の3倍ほど食べますし、あらかじめ小麦粉に鉄を添加するなど、鉄不足対策が行われています。...www.facebook.com

  • 07Jul
    • コツコツ頑張ります!

      コツコツ頑張ります!「すべての不調は自分で治せる」、アマゾンカスタマーレビューより2ヶ月前に受診した精神科医の薦めでこの本に出会いました。あわせて「うつ消しごはん」も購入。早速食事を見直し、朝卵2個、昼と夜で肉魚200gを食べるようにし、またプロテインとビタミンB、 C、Nowアイアンを飲み始めました。プロテインは最初5g×3から始め10g×3が飲めるようになって3週間経った頃、それまでの鬱状態がすっかり良くなっていました。子供の頃から低タンパク糖質過多な食事をしてきて、2人目出産後30代で強皮症次いでPBC(原発性胆汁性胆管炎) 、更に線維筋痛症を発症、その痛みの酷さから逃れたくて自殺願望が度々起こりました。投薬治療でなんとか持ち堪えていましたが、薬では根本解決出来ないことを感じていました。痛みは歪みが原因とのことで、現在骨格調整に通い少しずつ改善している最中、起こった激痛に絶望的になり鬱状態が再発しました。自分ではどうにも抜け出せず、今回受診した精神科医が藤川先生の方法を教えてくれたお陰で、薬を飲むことなく、精神的にとても楽になりました。勉強すればする程、納得して、実践することが出来ます。現在48才ですので、時間がかかることも承知の上で、強皮症とPBCも必ず改善すると確信しています。絶望していた私に希望の光を与えて下さった藤川先生に感謝しながら、コツコツ頑張ります!ーーーーーーーーーーーーーーー半数の女性は最初から20g*2のプロテインが飲めません。最重度のタンパク不足なので消化酵素の能力が低く、プロテインを飲むと吐き気、腹部膨満感、下痢を引き起こします。最初は5~10g*2~3のお腹の調子が悪くならない量で開始してもらいます。継続していると消化酵素の能力が高まり、20g*2が飲めるようになります。強皮症は自己免疫疾患なので、原因はタンパク不足です。B、C、Feが飲めているのならEも加えたいですね。PBCにはレシチンが良いと思います。線維筋痛症にはMgが効果があると思います。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3037110613071909/藤川 徳美コツコツ頑張ります!「すべての不調は自分で治せる」、アマゾンカスタマーレビューより2ヶ月前に受診した精神科医の薦めでこの本に出会いました。あわせて「うつ消しごはん」も購入。早速食事を見直し、朝卵2個、昼と夜で肉魚200gを食べるようにし、またプロテインとビタミンB、...www.facebook.com

  • 06Jul
    • 10年間治療を継続しているうつ病も半年で完治の画像

      10年間治療を継続しているうつ病も半年で完治

      10年間治療を継続しているうつ病も半年で完治症例;50代後半、女性。二人の子供あり、妊娠中貧血で鉄剤を処方された。10年以上うつ病で広島市内のクリニックで治療を継続している。抑うつ気分、睡眠が不規則、寝付きが悪い、疲れやすい、息苦しくなる。ブログを読み、R1.10よりプロテインを開始した。R1.11、当院受診。抗うつ薬イフェクサーSR(75)2錠を継続している。→高タンパク/低糖質食+プロテイン2回。ナイアシンアミド、B50、C1000開始。一週後再診、初診時のBUN18.1、フェリチン44、HbA1c6.7。プロテインは量が飲めないが2回飲めている。卵と肉を食べ、糖質は減らしている。→フェルム処方。E400開始。R1.12、プロテイン15g*2、ナイアシンアミド500mg*6。BUN15.3、フェリチン76、HbA1c6.4。R2.3、プロテイン20g*2。コロナで2ヶ月通院が途切れ、フェルム中断。R2.6再診。すっかり元気になり、イフェクサーは4月に中止したが何ともない。プロテイン20g*2、ナイアシンアミド500mg*6。B50、C1000、E400は標準量。元気になり急に動きすぎて腰痛になった。→B+C+グルタチオン点滴。BUN16.4、フェリチン44、HbA1c6.0。ーーーーーーーーーーーーーーーー10年治療を継続しているうつ病、プロテイン+メガビタミンにて半年で完治。長年の最重度タンパク不足なので、プロテインを継続してもなかなかBUNが上がらない。フェルムは中断していたのでフェリチンは下がっている。糖質制限はきっちりできており、HbA1cは下がっている。やはり、プロテイン+ナイアシンアミドは最強。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3034578623325108/?d=n

  • 04Jul
    • 高脂血症に対するプロテイン20g*2+ナイアシン500mg*6の画像

      高脂血症に対するプロテイン20g*2+ナイアシン500mg*6

      高脂血症に対するプロテイン20g*2+ナイアシン500mg*61年半継続している。他にB50、C1000、E400を標準量継続。見事に高脂血症が改善している。・ナイアシンは、他のどんな高脂血症治療薬より、安全かつ有効な高脂血症治療薬である。・ナイアシン投与により血中コレステロール値は、高い人は下がり、低い人は上がり、180・に収斂する。・ナイアシンは、中性脂肪を下げ、LDL-コレステロールを下げ、HDL-コレステロールを上げる。・ナイアシン2g投与にて、中性脂肪とLDL-コレステロールは50%低下し、HDL-コレステロールは35%増加する。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3029362950513342/?d=n藤川 徳美高脂血症に対するプロテイン20g*2+ナイアシン500mg*61年半継続している。他にB50、C1000、E400を標準量継続。見事に高脂血症が改善している。・ナイアシンは、他のどんな高脂血症治療薬より、安全かつ有効な高脂血症治療薬である。・ナイアシン投与により血中コレステロール値は、高い人は下がり、低い人は上がり、180・に収斂する。...www.facebook.com

  • 03Jul
    • 新しい生活習慣で健康寿命をのばす!の画像

      新しい生活習慣で健康寿命をのばす!

      新しい生活習慣で健康寿命をのばす!「すべての不調は自分で治せる」、アマゾンカスタマーレビューよりタンパク質不足が体調不良の原因だなんて思ってもみませんでした。血圧低くく、疲れやすく、いつもだるい感じで、風邪もひきやすく、花粉や紫外線アレルギーもあり、年中体調不良です。お菓子大好き、揚げ物大好きで、特にスナック菓子は毎日食べてました。プロテインを摂るようになってからは、お菓子を少しづつ減らすことができ、今はほとんど食べてません。ジムに通ってる人だけが飲む物と思ってましが、全然違いました。三か月くらい高タンパク、低糖質、メガビタミン生活を続けてます。友達から肌が綺麗になったと褒められました。朝も普通に起きられるようになり、疲れにくくなり、花粉症もましになってきて、健康と美容の両方に効果が現れました。藤川先生、新しい生活習慣をありがとうございます😊ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー普通の食事をしている人は全員タンパク不足です。特に女性のタンパク不足は極めて深刻です。女性に多い疾患、たとえばリウマチ、甲状腺機能低下症、シェーグレン症候群などは全てタンパク不足が原因です。上記疾患が産後に発症する場合が多いのも、妊娠出産でタンパク不足になるからです。DNAにはタンパク質の作り方が書いてあります。必要に応じて、DNA→mRNA→タンパク質合成。タンパク不足があると上記コーディングが阻害され、健康を維持できません。タンパク不足による「コーディング不足病」です。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3026727464110224/?d=n

  • 02Jul
    • 2歳児の母親の記録の画像

      2歳児の母親の記録

      2歳児の母親の記録症例:2歳、男性。3mm大の心室中隔欠損あり。2回肺炎を起こしている。猫アレルギーで鼻水、鼻血あり。音に敏感。寝付きが悪い。爪が脆い。R1.3、(他院で測定)フェリチン30。R1.10よりプロテイン5g*2を開始。R2.1より下記を開始。キレート鉄、5~10mg。フラッシュフリーナイアシン、400mg*2。C、3000mg。Zn、5~10mg。B6、10~20mg。E400*1。D、5000IU。K、20mg。レシチン、にがり。高タンパク/低糖質食。R2.5当院受診。先日、他院で測定したフェリチン87。プロテイン+メガビタミンで、・爪が丈夫になった。・気分が安定した。・泣くことがなくなった。B50が苦手で飲めない。→メグビーミックス、1/2包*2インクレミン10ml開始。一週間後再診、プロテイン5g*2。メグビーミックス、1/2*2。インクレミンは下痢をするため5mlのみ。R2.6、インクレミン10ml飲めるようになった。・挨拶できるようになった。・しっかりしてきた。・明るくなった。・下痢をしなくなった。・アレルギーがかなり改善し、鼻水が出なくなった。見た目にも、とても穏やかで、受け答えもしっかりしていて、2歳児には見えない。4~5歳レベル?心室中隔欠損も治るだろう。お母さん、凄いね。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3023992231050414/?d=n

  • 01Jul
    • 最強のコスパ健康法!これからが楽しみの画像

      最強のコスパ健康法!これからが楽しみ

      最強のコスパ健康法!これからが楽しみ「すべての不調は自分で治せる」、アマゾンカスタマーレビューより40歳女性、子供は4歳と9歳。31歳で一人目を出産してから、坂道を転がり落ちるように体調が悪化。日常生活もままならないほど辛いのに、家事育児は休みなし。極度の冷え性、不眠症、とにかく疲れやすくて、怪我と病気ばかり。ほんと、死ぬかと思いました。高額な整体や鍼灸、漢方薬などいろいろ試しましたが、効果はいまひとつで散財する一方。三か月前にこの本と出会い、これだ!!と思ってすぐに高たんぱく・低糖質を開始。(「うつ消しごはん」のタイトルは知っていましたが、私は鬱じゃないしと思ってスルーしてました。しかし、やっぱり完全に鬱でしたね!)一か月目 プロテイン20g×2+鉄18mg+ATPセット二か月目 プロテイン20g×2+鉄36mg×2+ATPセット(メガ量)三か月目 プロテイン20g×2+鉄54mg×2+ATPセット+アドオンセット+EAA15g↑今ここです。ちょうど今コロナ騒ぎの真っただ中で病院に近づかない方がいいと思って、フェリチンとBUNはまだはかっていません。とりあえず生理前の貧血症状がなくなるまで、鉄分を飲み続けていきます。ナイアシンのおかげで睡眠導入剤を飲む頻度が減りましたし、花粉症もほぼ治りました。PMSはありますが、以前と比べると軽く、経血量も減りました。冷え性もだいぶ良くなってきました。お肌の調子もよくなってきましたが、なぜか顎と首に沢山ニキビができるようになってしまいました。ナイアシンアミドを徐々にナイアシンにシフトしていますが、なぜか頻繁に吐き気があります。(ナイアシン500mg×3、ナイアシンアミド500mg×3)ナイアシンアミドを卒業したら吐き気も卒業できると期待。少々問題のある子供たちにも、少しずつプロテインや鉄分を飲ませて、高たんぱく低糖質を心がけています。自閉症傾向の4歳児はかなり落ち着いてきたように思います。多動・情緒不安定・学習障害傾向の9歳児は、糖質依存が強くて難しいですが、徐々に良くなると希望が持てるようになりました。(小児科で相談したら病名を頂けたと思いますが、我が子を薬漬けにしたくなかったので受診はしませんでした)こんなに貴重な情報を書籍で公開していただけて感謝しかありません。藤川先生の大きな愛と志を感じました。分子栄養学を指導してるクリニックは首都圏にありますが、高額な自費治療になるので一般人にはハードルが高すぎます。ア〇ウェイやニュー●キンのサプリを妊娠中や授乳中に飲んでいましたが、足りてませんでしたね!(笑)最近ライ△ップで糖質制限がブームになっていますが、一時の流行で終わるのではなく、正しい知識が世の中に定着して常識化してくれることを願っています。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー冷え性、疲れやすいのは完全にATP不足ですね。お子さんのおられる女性は全員、鉄タンパク不足です。食事だけで必要なタンパク質を摂取することは不可能です。卵、肉を食べつつ、プロテイン20g*2を追加するのが効率的です。処方薬のフェルムは100mgなので、Nowアイアン36mg*3が飲めると良いです。PMS、過多月経にはC+Eが効果があります。C1000*6~9、毎食後+E400*5、朝、のメガ量を推奨しています。不眠にはナイアシンが効果があります。発達・行動障害のあるお子さんにはプロテイン+鉄+ナイアシンアミドが最も効果があります。ナイアシンアミドは6歳までには500mg*3、7歳以上は500mg*6。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3021359941313643/?d=n

  • 30Jun
    • 6月の記事を加えてノートを改訂しました

      6月の記事を加えてノートを改訂しました症例、分子栄養学による治療(2020年)https://www.facebook.com/notes/%E8%97%A4%E5%B7%9D-%E5%BE%B3%E7%BE%8E/%E7%97%87%E4%BE%8B%E5%88%86%E5%AD%90%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%B2%BB%E7%99%822020%E5%B9%B4/2676358135813827/分子栄養学(三石理論)+オーソモレキュラー、2020年https://www.facebook.com/notes/%E8%97%A4%E5%B7%9D-%E5%BE%B3%E7%BE%8E/%E5%88%86%E5%AD%90%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%AD%A6%E4%B8%89%E7%9F%B3%E7%90%86%E8%AB%96%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC2020%E5%B9%B4/2676359609147013/元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3018858178230486/?d=n

  • 29Jun
    • 恐怖症の女子中学生の画像

      恐怖症の女子中学生

      恐怖症の女子中学生症例:中学校1年生、女性。小学校3年生の時、授業中に一度失禁した。そのため、その後トイレのことばかり気になり、過緊張状態が続く。1時間以上の集まりに出られない。集団行動ができない。学校を休むこともある。母親が本を読み、R2.2当院受診。2週間前からプロテイン20g*2を開始して、卵、肉を増やしている。他院での採血結果、BUN13.7、フェリチン51。泌尿器科でパップフォーを処方されている。→フェルム処方。ナイアシンアミド、C1000開始。R2.3、プロテイン20g*2。フェルムも飲めている。ナイアシンアミド500mg*2。少しほてりが出る(フラッシュ)。足の冷えが軽減し、元気が出たような。→B50、E400開始。R2.4、プロテイン20g*2。B50*2、ナイアシンアミド500mg*4、C1000*3、E400*1。学校では、午前中は大丈夫だが午後になるとトイレのことが気になる。泌尿器科の薬は止めた。R2.5、プロテイン20*2+ナイアシンアミド500mg*6。あまり気にならなくなった。BUN19.4、フェリチン223。R2.6、プロテイン、ナイアシンアミド、B、C、Eを継続している。元気になり、学校が楽しくなった。不安はほぼなくなった。→フェルム隔日服用に減量。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3016285058487798/?d=n

  • 27Jun
    • 患者が患者を治す時代の画像

      患者が患者を治す時代

      患者が患者を治す時代以前紹介したメニエルとヘルペスの患者https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/2690395847743389今も月に一度B+C+グルタチオン点滴に来ている。”毎月体調が回復している”と言う。毎回服用サプリ一覧を作って持参している。(自分より沢山サプリを飲んでいる)本の内容を完璧に理解しており、本に書いていないブログ内容もかなり理解している。エピソードー1、2週間前、家族全員が牡蠣に当たった。しかし、NAC1000mg*4を飲んだらすぐに回復した。”NACは元気なときは効果がわからないが、体調が悪いときにはとても効果がある”そうだ。(NACはグルタチオンの前駆物質)エピソードー2、この患者の知人がリウマチと診断され、車椅子生活となった。医師から抗リウマチ薬を勧められた。”そんなものを飲むより、こちらを飲みんさい”とプロテイン+C+ナイアシンを買い与えた。2ヶ月でリウマチはすっかり完治して普通に動けるようになった。凄いね、当院の患者が知人のリウマチを治してしまった。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3011756635607307/?d=n

    • 日本人女性の鉄不足の現状の画像

      日本人女性の鉄不足の現状

      日本人女性の鉄不足の現状「すべての不調は自分で治せる」より 15~50歳の日本人女性のフェリチン値を示したものが、次の表になります。年代別のフェリチン値が示されています(鉄剤投与中の人、妊娠中の人は除外)。フェリチン 20~29歳 30~39歳 40~49歳~5     11.4   16.8   19.15~10    12.1   15.9  16.610~30    43.4  38.8  34.430~50    17.1  19.0  14.950~100    20.8  8.2  16.9100~     0    0.3  1.9(平成20年厚生労働省国民健康・栄養調査より抜粋) 女性の20~40代のあらゆる年代で、フェリチンが30以下の人は70~80%。フェリチン30以下は重度の鉄不足です。また、鉄が満たされている人、すなわちフェリチン100以上を示すのは、20代ではゼロ、その他の世代もそれに等しい少なさです。 では、当院を受診した15~50歳の女性患者(合計 217人の測定値、初診時)のフェリチン値は、どうでしょうか。・フェリチン10以下:87人、40・1%・フェリチン11~30 :79人、36・4%・フェリチン31以上:51人、23・5% やはり全国的な調査と同じく、フェリチン値が低い、つまり鉄不足であることがわかります。 フェリチン値が50以下であれば、貧血の有無とは関係なく、鉄不足という診断となり、積極的な治療対象となります。 一方男性においては鉄不足は稀ですが、女性より鉄不足には極めて脆弱です。男性のフェリチン50以下は女性のフェリチン10以下に相当し、男性のフェリチン100以下は女性のフェリチン50以下に相当するので鉄剤投与の対象となります。 鉄不足の症状は次の通りです。・イライラしやすい、集中力低下、神経過敏、些細なことが気になる・立ちくらみ、めまい、耳鳴り、偏頭痛・節々の痛み(関節、筋肉)、腰痛・喉の違和感(喉が詰まる)・冷え性・朝なかなか起きられない、疲れ・出血(アザ)、コラーゲン劣化(肌、髪、爪、シミ)、ニキビ、肌荒れ・不妊・レストレスレッグス症候群(RLS=むずむず足症候群)・やたらと氷をガリガリ食べるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー現在、フェリチン100未満の人には全員鉄剤を処方しています。本にはフェリチン目標値は100と書いていますが、最近の考えではもう少し高い値を目座す方が良いと判断しています。100に到達して鉄剤を止めると、不調になる人が何人かいました。女性は150程度、男性は200程度まで鉄剤を継続した方が調子が良いようです。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3010858579030446/?d=n

  • 26Jun
    • 当ビル一階の薬局でプロテインが毎月400kg以上コンスタントに売れている

      当ビル一階の薬局でプロテインが毎月400kg以上コンスタントに売れている。つまり、毎月400人以上の患者が買っている。ビーレジェレンド専用サイトやマイプロテインで買って飲んでいる人も多く、ザバスミルクプロテインを飲んでいる人もおり、当院患者の600人程度がプロテインを飲んでいると思われる。現在、初診患者には全員プロテインを推奨しており、既存の患者にも機会を見て推奨している。目標1000人です。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3009248969191407/?d=n藤川 徳美当ビル一階の薬局でプロテインが毎月400kg以上コンスタントに売れている。つまり、毎月400人以上の患者が買っている。ビーレジェレンド専用サイトやマイプロテインで買って飲んでいる人も多く、ザバスミルクプロテインを飲んでいる人もおり、当院患者の600人程度がプロテインを飲んでいると思われる。現在、初診患者には全員プロテインを推奨しており、既存の患者にも機会を見て推奨している。...www.facebook.com

    • 酷い手荒れ、アトピーが良くなってきましたの画像

      酷い手荒れ、アトピーが良くなってきました

      酷い手荒れ、アトピーが良くなってきました「すべての不調は自分で治せる」、アマゾンカスタマーレビューより通っている整体師の子に勧められて購入。生まれながらのアトピーと年齢的に痩せにくく、急激な体重増加、飲食業の仕事柄、両手と首、顔のアトピーの悪化で悩んでいたので、自粛規制の休みを利用し、実践しました。最初の1週間は、プロテインのみ強化。ホエイプロテイン20g×2~3(ビーレジェンド)肉食、卵(1日4個位)、極力炭水化物を減らしました。両手は象のように皮も厚く指が曲がらないくらい、毎朝痒くて目が覚め、抗ヒスタミン薬を必ず飲んでいました。ステロイドを止めていたので、仕方ないと思っていましたが、亜鉛華軟膏と手袋で乗り切り続けました。2週間目に入りB-50×1C-500×2ナイアシン500×1E400×1アイアン18×2ホエイプロテイン20g×2~3を飲むようにしました。最初はナイアシンフラッシュが2時間後にやってきて熱く、痒く辛かったですが、8日を過ぎて今はあまり感じなくなってきました。1番酷かった手のアトピーは皮が剥がれ始め、新しい皮膚が出来上がり、気がつけば手の腫れも治まり、痒みも減り、皮膚も柔らかく指も曲がるようになりました。まだ、急激に痒くなる時はありますが、部分的になってきて我慢できるくらいです。顔のアトピーも薄くなり、首も赤く腫れて痒かったのも落ち着いてきています。元々お酒を出す飲食店の仕事で昼夜逆転の生活で身体もボロボロでした。プロテインを飲み始める前の2週間は、毎日ゴロゴロして何もやる気がなく、食べて飲んで寝る毎日でしたが、プロテインを飲み始め1週間すぎから、掃除や片付けをする気力も出てきて、鬱々していた気分も前向きになってきました。ただ、3日ほど前から過去に患った胆嚢炎の痛みのような鈍痛が3日ほど続き、内科では尿路結石では無いかと言われ、現在結果待ちです。ホエイプロテインが結石になりやすいような記事を見つけましたが、まだ結論が出ないので、続けています。大豆アレルギーもあるので、ソイプロテインだと口や耳が痒くて変えてはいません。。40後半になり、アトピーの再発で気分がどん底でしたが、お陰様で、気分は落ち込まずに前向きでいられます。これで体重が減ってくれるようになれば嬉しいのですが、なかなかそこまでは至っていません。何度も読み返して、線を引き、実践し続けたいと思っています。実践的に記載してあり、参考になることばかりですね!本当にありがとうございます。ーーーーーーーーーーーーー皮膚ビタミン・ミネラル、A、B6、C、Se、Fe、Zn。タンパク質とともに上記のビタミン、ミネラルを十分量摂取すれば良いと思います。B50*3~6、C1000*3~9くらいは摂取したいですね。Fe36mg*3は欲しいですね。抑うつ症状にはナイアシン(ナイアシンアミド)が一押しです。2000~3000mgで。胆嚢炎、胆石にはレシチンが効果があります。プロテインが結石を引き起こすことはありません。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3008255369290767/?d=n

  • 25Jun
    • 電子版、本日販売の画像

      電子版、本日販売

      電子版、本日販売ですhttps://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0894QMZVF/ref=redir_mdp_mobile_siteViewPreference?bsppEnabled=false&bsppEnabled=false&dchild=1&pc_redir=T1&qid=1539743664&ref_=sr_1_7&s=books&sr=1-7画像は実書元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3006095379506766/?d=n

    • 腰痛に対するB+C+グルタチオン点滴、5症例連続して2回で完治の画像

      腰痛に対するB+C+グルタチオン点滴、5症例連続して2回で完治

      腰痛に対するB+C+グルタチオン点滴、5症例連続して2回で完治1回目の点滴で80~90%痛みが軽減。2回目の点滴で100%完治。”こんなに良いものがこの世の中にあるなんて驚いた”と言われる。病名は、ギックリ腰、座骨神経痛、などの急性腰痛。5例連続して完治した。B+C+グルタチオン点滴の腰痛への効果https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/2943919815724323コメント欄より現在、B型肝炎、天疱瘡、多発性硬化症にもこの点滴を行っている。リウマチ、シェーグレンなどにも良いと思う。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3005553959560908/?d=n

  • 24Jun
    • うつ・パニックのほとんどが低フェリチンの画像

      うつ・パニックのほとんどが低フェリチン

      うつ・パニックのほとんどが低フェリチン「すべての不調は自分で治せる」より 私が分子栄養学を学び、実践するモチベーションになったのが、女性のうつ病やパニック障害とみられる症状の多くは、「鉄不足」によるものだということが、臨床的に確かめられたことです。鉄を投与すると、みるみる治っていかれたことから、このことを世に知らしめないといけないと思い、Facebookや本で情報発信を始めました。 これまでの著書にも詳しくまとめていますが、月経のある年代の日本女性のほとんどが、鉄不足に陥っています。「日本は貧血大国だ」といわれていますが、実は貧血ではなくても鉄不足の人は多いのです。いわゆる「かくれ鉄不足」と呼ばれるものです。貧血の指標はヘモグロビン値ですが、これが基準値でも、体内で貯蔵されている鉄の量を表すフェリチン値が低いのです。 フェリチンとは、体の組織の細胞質に存在し、鉄と結合しているタンパク質のひとつです。鉄の満たされ具合をお金に例えると、ヘモグロビン値は財布のお金、フェリチン値は貯金です。貯金がないことには家計が維持できないのと同様に、鉄の蓄えがないと心と体の健康は維持できません。 当院でうつ・パニック障害の症状を訴える女性の多くは、このフェリチン値が著しく低いのです。「潜在性鉄欠乏症」という症状はうつと同じような症状が現れますが、おそらくうつ病と思われる人の中に、潜在性鉄欠乏症も多いと考えられますし、潜在性鉄欠乏症が原因でうつやパニック障害に至っている場合もあるでしょう。 そもそも日本女性全体のフェリチン値も低いのが問題です。病院に行くほどでなくてもだるい、おもい、つらい、イライラする、頭痛がする、元気が出ないなどの不定愁訴は、鉄不足の影響が大きいと思います。 特に月経がある時期の若い女性は、毎月血液と一緒に鉄分を排出していることになり、慢性的に深刻な鉄不足に陥っています。月経前症候群(PMS)の発症も鉄不足の悪影響があると考えます。ーーーーーーーーーーーーーーー本にはこのように書きましたが、 うつ・パニック以外のすべての慢性疾患に鉄タンパク不足が関与しています。リウマチ、シェーグレン症候群、アトピー、神経難病、がん、など例外なく、低BUN、低フェリチンを併発しています。慢性疾患でアルブミンが低下している人ではよりタンパク不足がより深刻です。たぶん何十年も最重度のタンパク不足の状態が続いていたと推測され、プロテインを数ヶ月飲んだぐらいではなかなか改善しないという印象です。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/100003189999578/posts/3002856743163963/?d=n

topbanner