七田厚ブログ

七田厚ブログ

社長としての目線だけでなく、一人の父として、自身の子育てについても語っていこうと思っています。
~株式会社しちだ・教育研究所 代表取締役社長 七田厚のブログです~

「書道の秋、始まる」と題したブログで始まった9月でしたが、気がつけば今日で終わり。

 

今月は、10月に行われる14文字一発勝負の昇段試験に照準を合わせて、オンライン特別講座が行われています。

 

私の所属する書道塾・房仙会のメンバーは、北は岩手・山形から、西は島根・広島まで、全国に点在しています。

 

房仙会主宰の師匠、講師歴51年の福田房仙先生のお膝元は、静岡県の三島市で、

 

先生は毎月、米沢校(山形)、東京校、三島校、京都大阪校、米子校(鳥取)へ、それぞれ出向いて指導をしておられたのですが、

 

コロナ渦が始まってすぐ、オンラインレッスンに切り替えられ、

 

20代から80代の弟子たちは、リアル指導の時よりも、みな、腕を上げているのです。

 

それは、お手本を書かれる師匠の手元がくっきりはっきり見えること、そして、自分の書く字がみんなに丸見えになるという緊張感、さらに、

 

コロナ前は、みんな月に1回しかお稽古していなかったのに、オンラインになってからは2回コース、3回コースができたので、腕が上がるはずです!

 

書に自信のなかった私も、いつしか有段者となり、やればできる!と思いつつも…

 

今月は月初に3回参加した後は、気になりながらも、筆を持たない日が続いていました。

 

今回のチャレンジャーの中で、私がいちばん自主練していないんじゃないかと思うのですが、

 

師匠が書かれるお手本の動画を時々眺めていたのが、良いイメトレになっていたようで、

 

先日と今日、30分の個人レッスンをしていただいて、ちょっと自信を取り戻しました。

 

 

来月、三島で1年ぶりに行われる錬成会で、何としても仕上げるぞ!

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

昨日は、ラジオ大阪、毎週土曜日の17時45分からの15分番組「七田厚のわくわくわく子育て」10月放送分の収録でした。

 

今年度、4月から番組名が「わくわく」から「わくわくわく」となり、毎月3週目・4週目にはゲストにお越しいただき…と、若干趣向を変え4年目に入った人気番組です。

 

ゲストには、主に関西地区の七田式教室の先生にお越しいただき、教室をオープンしようと思ったきっかけ、教室の特色など、いろいろお話しいただいています。

 

 

そして、10月のように土曜日が5回ある月の5週目は、リスナープレゼントの週です!

 

10月29日の放送では、今年発売した「ヴァイオリンとピアノの癒しの童謡唱歌」のCDをプレゼントします♪

 

 

収録後は、新幹線で東京入りし……

 

今日は朝から銀座の当社オフィスで、七田式公式YouTubeの新番組「子供の能力が育つ七田式親子あそび」の今月2回目の収録でした。

 

 

1話4~5分程度の短い番組なのですが、前回21話分、今回23話分のまとめ撮りをして、

 

 

これからまだ、一部画像の制作・編集をしていただくのですが、無事撮り終えホッとした記念撮影のポーズは、なぜかスペシウム光線(笑)

 

 

今日は「音感遊び」の回があったので、キーボードを引っ張り出して、ドミソ・ドファラ・シレソなどの和音を弾きながら話をしました。

 

私、幼稚園の時にオルガンを習い始め、小2から中3までピアノをやっていたので、多少なんとかなるのです。

 

そして実は毎回、ネクタイを変えていて、時々、テーマに合ったネクタイをしているというのも見どころの一つです(笑)

 

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

先週は、17・18・19、23・24・25と、三連休が2度もありましたが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

私、23日の秋分の日の夜は、ANAクラウンプラザホテル米子にいました。

 

「杉原弘一郎氏の傘寿を祝い米子の未来を考える会」に出席していたのです。

 

 

杉原弘一郎氏は、米子市に本社のある東京印刷株式会社の会長ですが、

 

日本音楽熟成協会の理事長も務めておられます。

 

その日本音楽熟成協会の初代会長が七田眞、

 

父の没後は杉原氏が第2代会長を兼務、

 

そして私が現在、第3代会長を務めています。

 

そういうご縁で、平井鳥取県知事、国会議員、米子市長・副市長、境港市長、大山町長・・・

 

そして、顧問、理事長、会長、社長、館長、院長、局長、支店長などを務める方々、

 

約200名が集まられた会に出席したのです。

 

 

ビールやワインをいただきながら、運ばれてくる美味しい料理に舌鼓を打ち、すっかり油断していたのですが、

 

閉会直前に壇上に呼ばれ、一言、お祝いを述べさせていただきました。

 

私、年が明けたら還暦になるのですが、その20年後の傘寿の歳に、

 

・まずは元気でいること

 

・杉原さんのようなパワフルな80歳になること

 

これから20年、高齢化の道を突き進んでいきますが、そんな大きな目標ができました!

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

昨日は、ホテルアソシア静岡で行われた、七田式静岡教室30周年記念式典に招かれ、参加させていただきました。

 

代表の花村和子先生とは、20代の頃からのお付き合いです。

 

 

花村先生は、障がいをお持ちのお子さんも、そうでないお子さんも、皆を垣根なく平等に愛し、勇気づけてこられた熱血先生です!

 

この度、静岡教室ともう一教室、2008年に開校された藤枝教室の歴史も併せて掲載した『30年のあゆみ』という冊子を作らせていただいたのですが、

 

 

そこには、開校2年目の頃、障がい児と向き合う決意をしたエピソードについて書かれていました。

 

昨日は、現役生と保護者の方々、そして卒業生の方も多数参加されていました。

 

30周年ですから、大学生、そして社会人になられている方々もいらっしゃいます。

 

幼児・小学生の時に教わった先生の晴れ舞台に、それだけ時が経っても、こんなにたくさん集まられるんだと感動しました。

 

来ることが出来なかった生徒さん・卒業生さんからのビデオレター、お祝いメッセージもたくさん届き、披露されました。

 

花村先生の教室の特色の一つが、26年前からやっている「合宿」です。

 

そして、おうちの方と「交換ノート」のやりとりを、開校当時から続けてこられたこと。

 

その結果、大勢の卒業生を含む生徒と保護者の方々に囲まれた、あったかい30周年記念パーティーになったのだと思いました。

 

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

今年1月から、松下幸之助さんの秘書を務められた江口克彦先生の講座で学んでいます。

 

 

調べてみたら、江口先生は27歳の時から幸之助さんの秘書を務められていたようで、その時、幸之助さんは73歳でした。

 

幸之助さん、80歳で現役を引退されたそうですが、

 

94歳でお亡くなりになるまで、経営研究会でお話をされたりして、松下イズムの浸透に務められていたようです。

 

 

その江口先生も、今は82歳になられましたが、毎回、いろいろなことを教えていただいています。

 

今日、いちばん印象に残ったのは、幸之助さんの秘書を務められていた時代に編み出された、江口先生の仕事術、「3J」についてでした。

 

3J」とは「順番」「時間」「充実」のこと。

 

前回の講義でお聞きして、気になっていたのですが、今日、詳しく教えていただきました!

 

「順番」が、仕事の優先順位を付けることだということは予想通りでしたが、

 

「時間」は、それぞれの仕事がどれくらいかかるのかを見極めるということでした。

 

江口先生は、想定した時間で終わらなかったときは、徹夜してでもやり遂げていたそうです。

 

そして、「充実」の意味は、頼まれた仕事に+αすることで、頼んだ相手を喜ばせ、期待を超えることでした!

 

この3つを実践することで、やらされる仕事が、自分自身が決めたこと、

 

つまり「自分との約束」に置き換わるのです。

 

これなら、ストレスかかりませんよね。

 

いい話、聞いちゃいました!

 

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました