キッチンの科学プロジェクト(KKP)

キッチンの科学プロジェクト(KKP)

キッチンの科学プロジェクト(KKP)は、子どもへの「科学実験ワークショップ」を通じ、「食」「自然」の大切さを伝える科学教室を展開する大学生・社会人団体です。

みせすです(*´∀`)♡




人数制限しながら今年最後の子どもの助成金活動。

令和2年度子どもゆめ基金
「食育科学ワークショップ」にて
パンづくりを小学生の子供たちとやってきました♡














3月14日のメンバー!





3/21のメンバーはこちら♡







-----------------------------
食育科学ワークショップ
「ふくらむパンの科学」
-----------------------------
どうしてパンはこねるの?
どうしてふわふわに膨らむの?
パンづくりはまさに科学!
科学のコツで
こどもたちでも本格てごねパンができあがり!

バターや砂糖を最低限のシンプルな
パン生地に好きな具材を包んだり
すきな形に整形して
オリジナルなパンを親子でつくってみませんか。



-----------------
  <詳細>
-----------------

【日時】
2021年3月14日(日)21(日)
午前の部 10:30~13:00
午後の部 13:30~16:00

【場所】
深谷市レンタルキッチン Daysy21
〒366-081 埼玉県深谷市人見974-1 。

【持ち物】
エプロン・バンダナ・マスク・筆記用具
パンをお持ち帰る用の袋など


【講師】
子供向け食育団体 キッチンの科学プロジェクト(KKP)

【 内容 】
◯パン作り体験 
シンプルなパン生地に、好きな具材を挟んだり、
好きな形に整形してオリジナルなパンを作ります。
◯食育科学実験
「どうしてパンはふくらむの?」
※アレルゲン:小麦・乳

※この企画は令和2年度国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成活動です


・・

焼く前のパンがこちら♡






焼いた後は!!








本当は毎年3月に100名規模で
福岡でやっていたこのイベント。
新型コロナ対策のため、人数制限をして、
手洗いとマスクをして1人ずつパンをこねていきます。






こねこね





こねこね




焼き上がったところで終了。






袋に入れてお持ち帰り。








♡枝豆チーズ
♡ドライフルーツ
♡あんこ
♡タピオカ
♡シナモンシュガー
など好きにトッピングしての完成♡

世界で一つだけの焼き立てパンに
親子みんなでしあわせな時間。






発酵で待ってる間はみんなで遊んだり、
パンの科学のおはなしをしたり♪





♡どうしてこねるとベタベタがまとまる?
♡パンが膨らむ理由は?
♡砂糖と塩をいれる意味は?
♡グルテンって何?
♡強力粉と薄力粉の違いは?
♡小麦はどうして小麦粉で食べる?

♡小麦は毒?
♡パンは太る?
♡グルテンって悪者?
♡天然酵母のパンは体に良い?





今回作ったのは、材料が最低限のリーンなパン。
バターロールやメロンパンの材料の分量や
菓子パンの成分と比較しながら、
パンを通じて
・噛むこと
・カロリーやバランス、付け合わせのおかず
のおはなし。





もちろん普段私はごはん(米)派で、
でも、パンも好きで(ハードなものが特に)

批判するのは簡単だけど、

作ることを通じて、
自炊を通じて、
何か少しでも感じてもらえたらなぁと。





コロナが落ち着いたら、少しずつ、みせすキッチン(料理教室)していきたいなぁと思えこの頃。

お手伝いいただいた、あやさん、
本当にありがとうございました♡♡




みせすです。

年末におせち講座を行いました♡






♡薬膳おせち料理教室♡



年神様をお迎えするおせち料理。
実は料理は冬を養生する薬膳の考え方そのものなのです。
当日は基本のお節を甘さ控えめでつくります。
薬膳の食材のミニ解説付きです。料理のコツもお伝えします。

※お子様連れでの参加、大歓迎です。
小学生でも簡単にできるおせちレシピとなっています。
小学生以下のお子様も、
寝転がったり遊んでいただけるプレイルームもご用意しております。

・・・・・・・・・・

●講師  国際薬膳師 金子 浩子

●12月28日 月曜日
●午前の部 10:30〜12:30 
・黒豆の煮物
・お雑煮(鰹節を削って本格出汁)
・伊達巻
・栗きんとん


●午後の部14:30〜16:30   残2名
・お雑煮(鰹節を削っての本格出汁)
・栗きんとん
・伊達巻
・酢れんこん 

●参加費
午前午後の部、各4000円
(単発、両方、どちらでもかまいません)

●定員
各回とも大人5名
お子様は人数には含まれません。

●持ち物
お持ち帰り用のタッパー
エプロン、バンダナ、ふきん、マスク

・・・・・・・・


ということで、調理開始!


栗きんとんづくり!




調味料も自分で入れて、



栗きんとんは自分で甘さ調節♡




みんなでみせすの説明を聞きながら
レクチャータイム♡





こちらは酢蓮根♡



丁寧にれんこんを切っていきます♡





そして!

2時間で5品の完成♡





はじめてのおせち!
おいしかったね♡










ちなみに、、、
年末に作ったみせすの本気はこちら💁‍♀️
















味見がとまらない、1歳のきなこさん\\\\٩( 'ω' )و ////





当日は、
調味料にもこだわって、みんなでつくって♡








ちなみにレシピはこちら!

















参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました♡
































12月2日(土)

高崎のとある企業さんでの講演。
ぐんま食文化研究会の先生経由で

講演の機会をいただき、企業の社内研修会にてお話ししてきました。

 
 
image

------------------------------
12/2(土) 11:00〜12:00
オンライン食育セミナー
「感染症に負けない食生活」
------------------------------

<タイトル>
「感染症に負けない食生活」

 

<概要>
新型コロナウイルスの自粛生活により食生活の乱れやコロナ太りが顕在化しています。
当日は食事・栄養面からの栄養のアドバイスを紹介したのち、単身赴任や料理が苦手な方でも
簡単に自炊によりくめるテクニックや料理のヒントをお伝えします。みなさんで食について考えてみませんか。

 

image

 

-----------------------------
当日話したことは
●新型コロナウイルスと食生活
・WHOが提唱する、食事・栄養面からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策
・新型コロナウイルスによる食生活の変化のアンケート
を踏まえた上で、

 

●実践のヒント
・栄養バランスの良い食事って?
・今更学ぶ、一汁三菜の考え方
・必要なタンパク質の量って?
・3・2・1弁当法
・野菜350gの摂取の工夫
・コロナ太りと最近のトピックス

 

 

 

●食育はじめてみよう!
・自炊するメリットとは
・よく噛む大切さ
・噛むこととレプチンと満腹感
・噛むための食べ物の選び方
・何を食べるか、どう食べるか
・噛むからはじまる味わう大切さ

 

image

 




1時間のオンラインセミナーはやっぱり課題ばかりです。
クイズを取り入れたのは結構盛り上がった気もしました♪

 

 

image

 

 

もう少し、コンビニでの取り入れ方とか。具体的に考えからよかったかなぁとか反省。

それでも少しでもお話できてよかったなぁと。

 

 

 

これで今年の大きな食育案件が終了です。
少しずつ、インプットしながら、アウトプットしながら、学びながら。自分にできることを。

やってけたらと思っています。

 

今年一年もたくさん関係者のみなさまにお世話になりました。

このご時世なのでできることは限られますが、

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

image

11月30日(月)
 
荒川区の中学校へ。
1.2.3学年に50分×3コマの授業をしてきました。
 
 
 
養護の先生から直々に依頼があり、
「コロナ自粛」や「コロナ太り」による摂食障害が増えているとのこと。
 
・ 
 
--------------------------------------------------
< 食育に関する健康教育 >
--------------------------------------------------
【日時】
令和2年11月30日(月) 4・5・6時間目
 
【講師】
キッチン科学のプロジェクト 金子 浩子
 
【ねらい】
(1)食について見つめなおし、“食事”は楽しく幸せを感じられる時間と考えるためのきっかけづくりとする。
(2)摂食障害の予防と健全な心身の成長を図る。
 
【内容】
1年生 
食事の重要性や心身の健康、食事と健康の関わり
 
2・3年生
食事の重要性や心身の健康(思春期とダイエットのあり方)、食事と健康
 
--------------
 
ということで、わたしから話したのはこんな感じ。
 
●デモ:お絵かきホットケーキ
●食育とは
●コロナ自粛と食生活
●摂食障害について
●社会と痩せと自己肯定感
●家庭での料理のススメ
 
--------------
 
 
お絵かきホットケーキはこんな感じ♪
 
 
材料はこんな感じ。
 
 
生地をまぜて
白い生地を作ります。
 
 
 
はちみつを入れて・・・
 
 
お絵かきチューブにいれて
 
 
 
お絵かきスタート♪
 
 
 
 
 
そして。
 
摂食障害の講演も。
 
 
「太ったね」
「やせたね」
言われて嬉しい言葉はどっち?
 
 
 
 
 
 
やせを礼賛する社会
自己肯定感の持ちづらい社会。
でも、だからこそ、
食を通じて、
自尊感情を高めたり、
健康的な食生活を送ってほしい。
 
いきなり栄養バランスを考えなくても大丈夫。
 
まずはよく噛んで味わうこと。
 
いただきますと、ごちそうさまの気持ち。
 
 
そして、
台所に立って家で料理を始めてほしい。
一汁一菜で十分。
 
めっちゃ要略するとそんなお話。
 
 
 
 
終わってからは、
摂食障害に苦しむ親御さんとお話し。
 
 
気づいたら中学校をあとにするのは17時を過ぎてました。あっという間の時間。
 
 
 
 
20〜30代の50人に一人は、摂食障害。
つまり、一学年100人なら2〜3人は存在する。
摂食障害の回復にかかる年数は、約10年。
私も摂食障害歴11年目を迎えている。
 
 
摂食障害は病気の一つで、
その人自身がすべて悪いわけじゃない。
病気だからこそ支えていくことが必要だし、
摂食障害にならないにこしたことはないから、予防啓発が大切。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当日は、摂食障害の当事者で、かつ、
一緒に食育をやっているKKPメンバーのなっちゃんも
お話してくれました。
 
 
 
バタバタしたし、緊張したけれど、
一応時間内に納めまして、なんとか一安心。
少しでも食の大切さが伝わればいいなぁと。

 
 
 
 
関係者のみなさま、
ありがとうございました!

 
 
11月22日(土)
先日に前入りした千葉。
千葉の幕張にあるイオンタワーにて。
 
イオンワンパーセントクラブ
第4回 中学生「食」の作文コンクール
https://aeon1p-sakubun.jp
 
作文テーマ
「コロナによる自粛生活での『食』」
心に残る食事や料理への感謝の気持ち
 
 
応募総数3600件超える作品の中から選ばれた
金賞10名の受賞者の皆様を対象に、
*ノベルティギフトのコーディネート
*オンライン食育セミナー
 
を行ってきました!
 
 
 
 
 
というのも。
 
今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため
●表彰式 →オンライン表彰式
●副賞の食育ツアー 
→  ノベルティギフトとオンライン食育セミナーに急遽変更(本当は長野か富山への食育ツアーを企画してたのに...)
 
9月頃からノベルティギフトの候補を選び始め、
厳選して選んだチョイスは
 
\ 5種類のしょうゆのつめあわせ /
    
     +
 
\ かつおぶしけずり器+本枯節 /
それを踏まえて、今回はより味わいを引き出すセミナーに。
 
 
 
 
ちなみに、醤油は
前橋にある職人醤油さんで、5本のノベルティ選び。
 
 
 
 
 
●しょうゆ5種類の食べ比べ
・5種類の違いはどこからできる?
・しょうゆはどうやってつくられる?
 
 
 
●かつおぶし削り体験
・荒節と本枯節の違い
・かつおぶしができるまで
 
 
 
●食をテーマにしたディスカッション
 
 
約50分程度のセミナーを行いました。
 
 
 
拙い運営でしたが8組の生徒さん達と素敵な時間を過ごすことができました。
この準備に追われたこの数週間。うまく行くかも不安な中、
商品手配含めとりあえず終わったことにホッとしてます。
 
といいつつ、早口だったり、もう少しオンラインで双方向に楽しく出来たのではと反省ばかり。
本当に参加者のおかげで出来たセミナー。
 
 
 
 
 
 
 
微力だったけれど、
少しでも、食の奥深さ、楽しさ、
味わうことの醍醐味が伝わったらいいなぁ。
 
 
 
ちなみに、出汁の記事はこちらから(・∀・)♡
▼出汁の科学
https://athleterecipe.com/column/20/articles/202009140000524
 
▼しょうゆの科学
https://athleterecipe.com/column/20/articles/201911280000278
 
 
 
 
 
 
そ・し・て!!!
 
なんと、当日の様子がイオンワンパーセントクラブさんのfacebookにも載っているので
シェアさせてください。゚(゚´ω`゚)゚。
 
 
〜〜〜〜〜<イオン1%クラブFacebookより引用>〜〜〜〜〜〜〜
 
11月22日(土)
イオン本社ビル(千葉市)と8名の金賞受賞者、
3名の審査員の皆さまをオンラインで繋ぎ、
『第4回中学生“食”の作文コンクール表彰式』を開催しました。
 
同事業は、健康な心と体、豊かな人間性を育む“食”をテーマに、
心に残る食事や料理への感謝の気持ちを、
作文を通じて大切な人に伝えるとともに食育への理解を深めていただくことを目的に
2017年より実施しています。
 
第4回となる本年は、全国の中学生を対象に、
2020年7月27日(月)~2020年9月30日(水)まで
『「コロナによる自粛生活での“食”」~心に残る食事や料理への感謝の気持ち~』を
テーマに実施し、3,656作品が寄せられました。
 
表彰式では、最終選考によって選ばれた金賞受賞者10名のうち、
代表者2名による受賞作品の朗読が行われました。
審査員からは、「冷凍食品のすばらしさを取り上げるという着眼点が新鮮」「コロナ禍で家の中で食事を取ることが増えたことによって今まで気が付かなかったお父さんの姿、お母さんの日頃の思い、地元の食や生産者にまで考えをめぐらせ、しっかり書き込んであったことが素晴らしい」「世界中がコロナで揺れたことは100年先まで新聞ニュースなどで残るだろう。その時この作文が、中学生をはじめ一般の方々が何を考え、行動してきたかを記す大切な資料になる」「食品ロスも地球環境問題も毎日の食事の仕方で解決に向かうか否が決まってくる。このコロナ禍を自分や家族の食を見直す良い機会と捉えてほしい」などのコメントをいただきました。
 
表彰式終了後は、コロナ収束の兆しが見えないことから、
事前に醤油と鰹節、鰹節削り器を配布し、
「キッチンの科学プロジェクト」代表より、リモートで講義を行っていただきました。
 
同講義では、白醤油からたまり醤油まで
5種類の色の違う醤油の原材料や製造工程等の違いについて学び、
それぞれで味比べをしました
。また、鰹節は荒節と枯節の2種類があり、(お腹の方から押す)削り方などを学んだ後、
削り器を使って鰹節を削り、お湯と塩を足して即席のカツオスープを試飲しました。
 
参加者からは、
「小麦と大豆の使用量でこんなに醤油の味が違うことを知りました」
「今日覚えた醤油や鰹節を使っていろんな人を喜ばせたいと思います」
「市販の鰹の削り節より風味が豊かで感動しました」
「いろいろな地域の人とオンラインでつながって楽しかった」
などの感想をいただきました。
 
この作文コンクールが、“食”についての興味と、
自炊力の向上につながるきっかけとなることを願っています
 
#イオン #作文 #食 #食育 #コロナ
 
〜〜〜〜〜<引用ここまで>〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
 
イオンワンパーセントクラブと関係者の皆様ありがとうございました!
 
 
・---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体
「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
 
代表・講師 金子浩子(みせす)
 
 

 
 
 
11月9日(月)
6時起きしてのコロナ以来初の!東京へ。
小学校での総合学習での出前授業でした。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
11/9(月)10:45〜東京都小平市
総合的な学習の時間
キャリア教育「未来へジャンプ! 」
お仕事体験・夢の講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2020年11月9日(月) 10:45〜12:20
[第1部]10:45〜 お仕事体験
 [第2部] 11:40〜 講演
【場 所】 小平第三小学校(東京都・小平市)
【対 象】小学6年生 28名
【講 師】みせす(キッチンの科学プロジェクト)
 
◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  
 
 
 
お仕事体験。ということで、食育の講師として。
学校の担当の先生と話して、
生徒にやってもらったのは・・
 
\ 講師としてのプログラム企画づくり! /
 
 
 
[1] お仕事体験「講師体験」
 1)講師の先生によるデモンストレーション
  「光るグミ」
 
 2)グループごとに計画を発表する
 3)講師の先生による講評
 
 
食に問題のある小1に対して、
あなたが先生だったら、どんなワークショップをつくり、子供たちと一緒にやりますか?
というテーマで指導案の作成
 
-----------------------------------------
 [第2部] 講演
・今の仕事に就くまでの経緯。 
・講師の先生の子ども時代のお話・子どもたちに身近な話題。
・未来を担う子ども達へのメッセージ
 
 
 
 
具体的にはこんなお話をしてました。
 
-----------------------------------
●お仕事紹介
------------------------------------
「小学1年生の生徒に対して、食の大切さを伝える
食育プログラムをつくって先生役を体験しよう!」
 
・デモ(光るグミ) (10min)
・生徒の発表
 (3人1組グループ3分程度×7グループ(21min)
・講評および問題テーマA,B,Cの解説(10min)
・食育科学ワークショップのまとめ
 
 
image
------------------------------------
●6年生のみなさんへのお話
------------------------------------
・今の仕事に就くまでの経緯。
・講師の先生の子ども時代のお話。
子供時代から大学から、仕事に着くまでの紆余曲折ストーリー
 
研究者への憧れから高校進学校へ、大学受験の挫折、
いざ研究するも大学での目標を失い、大学時代海外放浪へ。特にアフリカHIV孤児院の見学のエピソード
大学生活での摂食障害の発症、製薬会社に勤め社会人となるものの、摂食障害の悪化、その中で食育活動に出会い、食育活動によって摂食障害の回復、今の食育の講師とつながっている
 
 子どもたちに身近な話題。
・未来を担う子ども達へのメッセージ
 
・夢を見つけるには
夢への原動力は原体験だった。
だからこそ、いろんな体験をしていろんな感情を解き放って欲しい
 
・夢を叶えるには
思い描くこと/自己肯定感
 
・自分よりメッセージ
どんなこともバネになる。辛いことも嬉しいこともすべて自分の力になる
 
・「この仕事をする上で必要な3つの力」
(1) 柔軟性:どんな学びや経験もすべて食育プログラムに生きる。無駄なことは一つもない
(2) 好奇心:まずは自分自身が実験や食を楽しむ力が大切。自分が楽しくないとその楽しさは伝わらない
(3) 感謝する心:伝える相手、場をセッティングする企画側、いろんな人がいてなりたつ教室。
自分が生かされていること、好きなことができること、いろんなことに感謝して頑張って欲しい。
 
 
 
 
 
 
と。
久々の食育の講演。
緊張しながら気合入れたものの、
時間配分がやっぱりキツキツで全然うまくいきませんでした。笑。
自分の至らなさばかり。
伝える、伝わるって難しい。
 
そんな中、
野口先生と松延先生が来てくださったり。゚(゚´ω`゚)゚。
野口先生とはお昼もご一緒させていただき、保育や栄養や食育やいろんなお話を。
 
ちなみに。
国分寺で摂食障害つながりの元パラ選手のまろにお会いできて。
やっとやっとお茶できた!!!話し足りないくらいいろんなトピック伺えて、まろさんにまた会いたい....
 

 

 

 
少しずつ、自分にできることを。
あせらず、たゆまず、おこたらず。
 
いつか、こどもたちに胸を張れるような生き方をしていきたい。
そんなエネルギーをもらえた半日でした。
 
小平第三の皆様、ありがとうございました♡
 
 
 
 
 
 

 

10月25日(日)

太田の金山の森キャンプ場

 

グリーンリース vol.1にて
食育の講演をさせていただきました(◍•ᴗ•◍)♡

 

 

==================
グリーンリースプロジェクト
10/25(日)10:00〜15:00
金山の森キャンプ場

 

 

 

 

*****************************

健康と環境をテーマにしたイベント

 

10年後のからだのために、今日できること。
100年後の地球とこどもたちのために、私ができること。
健康と環境について、 知る・学ぶ・遊ぶ、1日。
太田市内のナチュラル素材を使っている
店舗さんの出店販売、
親子で楽しめるワークショップ、
健康や環境のお話会を行います。
自然の中で、のんびりお楽しみください。

==================

 

13:30〜14:15(参加無料)
「からだにやさしい食べものの選び方」

〜病気に負けない強い体と心をつくろう〜
 

キッチンの科学プロジェクト(KKP) 代表・講師
金子浩子

 

新型コロナ感染症の影響でおうち時間が増えた一方で、あふれる食の情報に疲れていませんか。当日はおやつの選び方、簡単な出汁の取り方から味覚の育て方までをご紹介!がんばらなくても、家庭ですぐ実践できる料理をご紹介します。食育について、考えてみませんか。
============

 

 

主にクイズ形式を取り入れながら
●おやつとの向き合い方
●味覚の育て方
●添加物と出汁

 

などについてお話しさせていただきました。

 

 

 

おやつは捕食の概念の紹介。
そしてペットボトル症候群、清涼飲料水と砂糖の量。

 

添加物に関しては絶対に否定!ではなく、
食品安全や美味しさを含めて全体的に考えていきたいなぁと。天然と人工の話もしかり。

 

体に良い食べ物しかり、何より自分で考えていく姿勢が大切なはず。

 

最後は恒例のかつおぶしけずり♡
本枯節と荒節の紹介をしながら、味覚の育て方、
味覚について脳の快楽とアッパー系、ダウナー系のお話も。

 

 


食と環境と向き合うことは
自分自身をを大切にすることで
日々の生活がより豊かに。


イベント全体を見たのですが、

本当に環境や日々の生活のことを考えてらっしゃる主催者の皆様が本当に素敵で。

 

 

 

 

午前に講演されてた金子詩乃さんの環境活動のお話は心に響くことばかり。

伝え方や思いに共感して本当に刺激をいただいた。

心がほっこりするお話ってこういうことなんだなぁって。

エコ作でつくった焼き芋おいしくいただきました♡

酵素玄米のお弁当販売の蔵っcar'sさんとお会いできたり、たくさんの人との出会いも♡

 

グリーンリースプロジェクトのみなさん、本当にありがとうございました!

#グリーンリース
#おおたシティプロモーション

 

---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体
「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/2(日) 長野にて。
 
Npo法人食育体験教室・コラボさん一緒に
午前午後2時間。
合計約30名の親子の皆さんと、食育イベントが無事終了しました♪
image
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼8/2(日) 長野県長野市
夏休み子供食育イベント
国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」助成活動
 
お絵かきホットケーキをつくろう〜
〜こげの科学とあめ色玉ねぎの謎にせまる!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
\ 食べ物には科学の不思議がいっぱい! /
 
食べ物には科学の不思議がいっぱい!
食と科学を組み合わせた「食育科学」を行う
「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」が
今年の3月に引き続き、長野に登場♪
 
夏休みの自由研究や、料理のチャレンジに。
ぜひみんなで挑戦してみよう♫
 
 
image
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
< 当日の内容 >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お絵かきホットケーキをつくろう
 
こげの科学反応を利用して、お絵かきパンケーキに挑戦!
どうしてこげるの?タンパク質ってなに?こげやすい砂糖はあるの?
食の不思議、食べ物と、科学とについて。みんなで楽しく美味しく学んでみよう!
そして飴色玉ねぎが美味しい理由も科学のヒントがあった?
こげの原理を生かしたオニオンスープ♪
ホットケーキのアレンジ方法も紹介するよ!
 
食のふしぎ、食べ物と科学について、みんなで楽しくおいしく学んでみよう!
 
 
image
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  < 詳 細 >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2020年 8月 2日(日)各回120分
午前の部;10:00~12:00
午後の部:13:30~15:30
 
【対 象】小学生以上 定員25名
【レシピ】ホットケーキ・オニオンスープ
※アレルゲン:小麦・卵・大豆
 
【参加費】1人500円
 
【当日持ち物】エプロン・マスク・お手拭きタオル
※当日体調のすぐれない方は参加をお控えください
 
【会 場】長野市ふれあい福祉センター調理室
長野市鶴賀緑町1714-5 TEL:026-255-1234
 
【共催】キッチンの科学プロジェクト / NPO法人食育体験教室 コラボ
 
image
 
♪アルコール除菌の徹底
♪1家族ずつのボールや調理器具をセット。
♪ホットケーキはお持ち帰り。
 
みんな一斉にその場で食べられないのは寂しさはありますが、
最大限の工夫をしてのイベント実施です。
 
 
 
やった内容はこんな感じ♪
 
●体験
∟--世界で一つ!お絵かきホットケーキ作り(お持ち帰り♪)
 
●デモ
∟--飴色たまねぎの実験♪
∟--オニオンスープ作りのデモ
∟--ピタパン風ランチのアレンジ
∟--大豆のフムス♪
 
●講義
∟--科学:焦げの科学(メイラード反応)
∟--食育:砂糖のとりすぎと清涼飲料水
∟--大豆にちなんだ「まめまめクイズ!」←史上初♡
 
 
当日はこんな感じ♡
 
 
生地を入れてまぜまぜして。
 
 
白い生地と、茶色の生地をつくります♡
そうしたら、
茶色生地をチューブに入れて、お絵かき!
 
 
親子でたのしみます♪
 
 
 
上から生地をかけて・・・
 
image

そして・・ひっくり返すと!
 
ひっくり返すと・・・!
絵が描けた!!!
 
 
おおおお!これは・・まさかの・・今はやりの漫画のキャラ!!!
 
 
思わずスマホを撮りたくなるクオリティ♡
 
 
 
 
 
 
 
ママだけではなく、パパも一緒に、
かぞくで参加してくれました!
 
みんなでたのしく料理。これこそ、素敵だよね。
 
 
 
 
そして。
 
KKPからの「まめまめクイズ」のあとに、
 
 
image
 
コラボの理事長。飯島美香さんによる
キセキのみそ復活プロジェクトのお話も♡
▼キセキのみそ復活プロジェクト
 
 
 
 
本当に素敵な取り組みすぎる。泣きそうになる。
信州味噌。大豆の可能性。
 
広げていきたい。

 
 
 
一番やってるこの「お絵かきホットケーキ」も久々。
緊張してのスタートでしたがなんとか午前午後と駆け抜けました。
 
 
 
image
 
正直イベントの開催について不安もたくさんありましたが、
参加者が喜んでくださって(なんとキャンセルも全くなし)、
満足そうに楽しんでいた様子に
私自身が一番素敵な時間を過ごさせていただきました♡
 
反省点は尽きないけれど、
コラボのスタッフフォローのおかげで、
イベントが終了したことが、しあわせすぎる。
 
 
image
 
 
食を通じた愛情。コミュニケーション。
いつかなにかのかたちで、伝えていけたらいいなぁ。
 
 
image
 
このお絵かきホットケーキは、
KKPでは一番多くやっているネタ。
 
どんな絵も、芸術作品になる。
 
つまり。
 
失敗を楽しむ。
作る過程をたのしむ。
学ぶ、確かめ合う。そんな2時間。
 
 
毎回同じワークショップはなくて、
参加者とつくりあげていくよろこび。
 
 
-------------------
 参加者の声
-------------------
 
<こどもたち>
・パンケーキが美味しかった!
・ホットケーキに絵を描くのが楽しかった
・簡単だったからいまた家でもつくってみたい!
・家でも作りたい。
・タンパク質は体を作るもとだということが知れた
・こげは砂糖とタンパク質でできていることがわかった
・ホットケーキの絵はこげだったんだと思いました!
 
・いろいろ学べてたのしかった!
・卵も上手に割れて嬉しかった。
・科学と食がつながっていることが知りたい
・ひよこが食べられる!
・ためになったこと:かみこっぷ←!!!!!
 
・大豆の話で、どれくらいちがう食べ物になるか知りたい。
・味噌の話・クイズが印象に残った!
 
・大豆を育てたらもやしがでてどうなるか知りたい
・大豆から何種類の食べ物ができるか知りたい。
 
image
 
 
 
 
 
<保護者>
 
〜全体の感想〜
●重曹の話が興味深く、飴色玉ねぎを簡単にできそうだと思った!
 
●こどもは理科が好きなので、食と科学がつながっているのが面白いと両方にもっと興味を持ってくれたらと思います。
●とてもわかりやすい楽しいワークショップでした!
 11才娘は勉強したこととリンクすることもありよくわかったようです(物質の変化・アルカリ・糖)
 9才娘はまだよくわからない科学がお料理とつながっていることが面白かったようです。
 今日のことからさらに興味を持つことにつながりそうです。
●食育に科学の要素が入るのが興味深い。
●今回も楽しかったです!コロナ対策の中ありがとうございました。
●思ったよりももっと楽しく美味しく学べた!
 こどもによって難しい話も少しあったがつくったり学んだり良い時間になったのでまた参加したいです
●楽しいだけでなく、メイラード反応や玉ねぎのこげ、砂糖のことなど、幅広くお話しが聞けてよかった
●こどもと楽しく参加することができました!小6だったのでどうかな?と思いましたが、家でもできる内容で親もとても興味深くて良い思い出となりました。参加してよかったです。
●食と科学のつながりがよくわかった。
●食の提案もいい。家ですぐできそう。
●今回もすごく楽しかったです。話も多いのに子供が集中して聞けている工夫がすごいです。また他のイベントにも参加したいです。
●まだ5歳で詳しい内容は理解できていませんが、科学は楽しいという印象が残ってくれることで将来勉強し始めるときにすんなり入りそうなのでこれからも参加したいと思いました!
●こどもがわかりやすく、なおかつ、子供に楽しい話。大人もとてもためになりました。
●食について改めて考えさせられました
●とても楽しい時間をありがとうございました。また機会あれば参加したいです。
●家庭で砂糖などの話するきっかけができた
●こどもたちが楽しく取り組めてよかった
●とても楽しかった。これからもの企画があれば参加したい。
●説明と料理とちょうど良いバランスでこどもも飽きることなく楽しめたと思います。
 
 
image
〜印象に残ったこと〜
●グラニュー糖がこげにくいわけが印象に残った!
●砂糖がいい感じのこげをだす!
●食べるもので体が作られてる。
●絵が描ける原理が印象に残った
●タンパク質と糖が結びつくと焦げる。
●味噌の色も低温で反応する
 
 
image
 
〜次回のイベントの希望〜
・光るグミ、ホットケーキ以外の内容であればぜひ!
・寒天、ゼリーの固まる違い
・アレンジレシピ
・きなこでできるもの
・酸・アルカリ性について
・レンジでできる簡単おやつ
・今日のような身近なものでできるもの
 
 
 
アンケートの中に
「ホットケーキもそうだけど、食の提案がいい。すぐ家でもできそう」ってあって。
 
美香さんが
●ベランダでやる
●トマトのヘタをとることからはじめる、っていう言葉。
本当にしっくりいろんな参加者の胸に響いたんじゃないかなと。
 
KKPがやっているのは、
きれいな専門的な料理教室じゃなくて、
あくまでも、実践に生かせる食育。
私がホットケーキのレシピをあんな単純にしてるのもその理由で、
美香さんの話をあらためて聞いて、
 
食育こそ育児で、
育児こそ子育てだなって、
改めて弁当の日の思いを強くしたそんな今日。
 
 
また長野にいきたいなぁ。
コラボのみなさんと、長野の皆さんの暖かさに包まれて。
エネルギーをもらった1日でした。
 
コラボのみなさん、参加者の皆様、ありがとうございました!!
 
 
---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体
「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
 

7/26(日)
ガールスカウトのみんなと、
ペットボトルをつかったピザづくり♡







10:00 ピザ生地づくり。材料を混ぜ合わせる(10分)
10:10 ペットボトルでふりふりタイム(10分)
10:20 発酵(40分)
発酵で待っている間にガールスカウトの面白い野外遊びタイム♪
今回はロープを使った「びん結び」。

11:00 ピザ生地を伸ばしてトッピング(10分)
好きに具材を載せてみよう。
11:10 ホットプレートで焼き始め
11:30 いただきます!


今日は2種類の味のピザを用意。
♡ノーマルのお食事用のピザ
♡デザートピザ。



ランチ用のピザには
・トマトソース
・バジルソース
を用意。

・ピーマン
・ベーコン
・チーズ
を自由にもりつけて好きにトッピング。
ホットプレートで焼くこと180度15分。ふっくらなピザのできあがり♡





デザート用ピザには
・ラズベリー
・アーモンドスライス
・バナナ
・はちみつ
・チョコ
・チーズ
を用意。




ホットプレートなので上側はオーブンには敵わなかったですが、ちゃんとしっかりとふっくらなピザの出来上がり。
みんなでおいしくいただきました♡

このご時世、イベントも全然できないし、
食育イベントをやるのにも、世間の体裁や価値観もあったり、やっぱり感染拡大は怖いし、その分責任もあるし。
一方で、こんな風に野外やあんまり手で触らないことを工夫しながら、こどもたちのために少しずつなにかできたらいいなぁと思う限りです。

ガールスカウトのみなさん、参加者の皆さん、
ありがとうございました♡





------------------------
< 参加者の感想 >
------------------------

・ペットボトルを振り回して生地をつくることが楽しかった
・ペットボトルで他に作れるものはないのか知りたい
・ペットボトルを振ることが大変だったけど楽しかった!

・飾り付けをするのが楽しかった
・生地を振るのが難しかった

・ペットボトルの形の理由がためになった
・ガスが出てペットボトルが膨らむのがためになった
・イースト菌がためになった!

・はじめてでピザを作るのが大変だったけど楽しかった。
・ピザ作りができて楽しかった!
・子供と一緒でしたが楽しんでできました!


━━━━━━━━━━━━━━━━
▼7/26(日) 
国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」助成活動
ふくらむパンの科学

[ ペットボトルを使ってピザを作ろう! ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ 食べ物には科学の不思議がいっぱい! /

ペットボトルの中に材料を入れて、よく振ると...ピザの生地ができる!?
どうしてふくらむの?ペットボトルでできる理由は?
ピザをつくるながら発酵の原理についての解説や
野外のあそびも盛り沢山。
食べ物と科学について、みんなで楽しくおいしく学んでみよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  < 詳 細 >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2020年 7月 26日(日)
10:00~12:00

【対 象】年中以上の親子 20名
(男女関係なく誰でも参加可能!)

【レシピ】ピザ
※アレルゲン:小麦・乳
(トッピングの具材でアレルギーある方は申し込み時にお申し出ください)

【参加費】親子1組500円
(ピザの材料費として。お子様1人追加につき500円)

【当日持ち物】
よく洗った空の炭酸の500mlペットボトル1本(蓋つき・ボトルの形が必ず炭酸の形!)
飲み物・マスク・ふきん・ハンカチ・
ピザをお持ち帰りたい人は持ち帰りのタッパー・汚れても良い服装
※当日体調のすぐれない方は参加をお控えください

【会 場】
上町会館


【問合せ】
キッチンの科学プロジェクト(KKP)
Email :kkp8813@gmail.com











先日はNPO法人HOMEさんからのご依頼で、
東毛地域障害者総合支援センターLAT の利用者さんと一緒に
♡光るグミ
♡摂食障害講演
を行ってきました。
約30名の皆さんとわいわいな時間♡

【日時】7/17(土) 10:00~12:00
【内容】光るグミをつくろう
【場所】東毛地域障害者総合支援センターLAT
http://www.cc9.ne.jp/~st-magunamu/

光るグミを手作りして、食べるながらの食育な実験。
・噛む大切さ
・ビタミンB2の効果
・バランスよく食べる大切さ