キッチンの科学プロジェクト(KKP)

キッチンの科学プロジェクト(KKP)

キッチンの科学プロジェクト(KKP)は、子どもへの「科学実験ワークショップ」を通じ、「食」「自然」の大切さを伝える科学教室を展開する大学生・社会人団体です。


テーマ:

 

 

 

こんにちは!

 

 

KKPちぃです!

 

 

10月13日(土)にエコギャラリー新宿で行った

蜜蝋キャンドル作り~ミツバチからの贈り物~の様子をご紹介します!

 

 

 

 

その前に・・・

こどもエコ広場新宿」 とは??

 

エコギャラリー新宿を拠点に活動している、エコ活動のクラブです。月一回のペースで、「環境」をテーマにに様々な専門家を講師としてお呼びし、実験や工作、調理などの体験を通じて、楽しみながらエコについて学んでいます。現在、新宿区内の小学生約240名が、地域・学校・学年などの枠を超えて参加しています。

 

 

今回、KKPは10月を担当させていただきました!

 

 

--------------------------------------------------------------------

みつろうキャンドル作り

~ミツバチからの贈り物~

--------------------------------------------------------------------
 

1〜6年生の子どもたちと‬
‪蜜蝋キャンドル作りやはちみつ食べ比べ体験を行いました!

 

 

*みつばちってどんな生き物だろう??
*みつろうキャンドル作り
*みつろうとは?
*はちの巣から蜜蝋抽出
*みつろうの色々
*はちみつのお話
*はちみつができるまで
*はちみつ食べ比べ
*食と環境のお話〜ミツバチからの贈り物〜

 

 

KKPにとって初めてのワークショップ!

 

 

蜜蝋キャンドル作り!!

 

 

 

 

子どもたちの作品↓↓

クレヨンで色付けしたミニキャンドルはKKPからのプレゼント!

 

 

岡山県からやってきた自然巣!!

 

子どもたちも興味津々!

 

 

 

 

実際に子どもたちに蜂の巣に触れてもらいたい、蜜蝋ができるところを見てもらいたい

という想いから

山田養蜂場さんにお願いしたところ・・・自然巣を送っていただきました!

 

 

山田養蜂場ホームページ↓↓

http://beekeeper.3838.com/

 

https://www.mitsubachi-nouen.com/

 

 

 

山田養蜂場、養蜂部の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

はちみつの食べ比べ

 

ワークシートにたくさん書いてくれました!

 

今回は、3種類(アカシア、かぼちゃ、りんご)のはちみつを用意!

 

 

講師デビュー!!おじこ

みつばちについてお話してくれました!これからが楽しみです!

 

 

蜜蝋キャンドル作りを担当!わかな

試作や100円ショップをはしごしての買い出しお疲れさま!

 

 

100円ショップによく行くようになる・・・KKPあるある?(笑)

 


当日サポートとして来てくれました!KKP代表みせす

ありがとう!

 

33名の元気な子どもたちとあっという間の楽しい2時間でした!

 

 

 

 

~参加者の感想~

 

*たのしかったはなんですか??

 

キャンドル作り

キャンドル作りむずかしかったけどたのしかった

蜂の巣をつぶしたこと

みつろうキャンドルづくり

溶かした蜜蝋をガラス瓶に入れるとき

いろいろな花からはちみつができていることをしって、食べ比べをしたこと

いろいろな味を食べたこと

はちみつの花を当てること

 

 

*印象に残ったこと・わかったことはなんですか??

 

ミツバチはいろんなものの役に立っているということ

ミツバチからのおくりもの花粉媒介によって人の食事が豊かになる

ミツバチの一生は一か月

ミツバチがいなくなったらどうなるのか

蜜蝋がキャンドルになるとはびっくり

はちみつがどうやってできるのか説明してくれたこと

蜂の巣が溶けるところ

たくさんの種類のはちみつがあること

 

 

*感想

 

ミツバチの一生が1ヶ月で少ないと思いました。はちみつの食べ比べではどの花のはちみつが当てられて嬉しかったです。(めっちゃあまかった、、、)

蜜蝋キャンドル作り楽しかったです。

蜂の巣がお湯で溶けて驚いた

すぐ蜜蝋が固まった

どのようなものに蜜蝋が使われているか知らなかったけど沢山のものに使われているのを初めて知った。また、ミツバチが大切だと改めてわかった。

楽しく学べて楽しかったし、ミツバチの大切さもわかったのでとてもよかった。

ろうそくを作るのが楽しかった。

クイズや実験などもあり、はちみつやみつばちのことをよく知ることができました。
ミツバチが私たちの生活と深い関わりがあるなんて思ってもみませんでした。

働きバチはすごいと思った。

ミツバチが怖かったけどいろんなことをやってくれていたことをしって怖くなくなりました。

違う色、形のものも作ってみたくなった。

みつばちがいなくなったらやさいやくだものが食べれなくなる。

試食して味を比べるのが難しかったです。

キャンドルは前に作ったことがあるけど、すごく勉強になったし、楽しかったです。

ミツバチは多くのことをして、おくりものをくれると知りました。

おもしろかった。またきたい。

はちみつの食べ比べが楽しかったのでまたやってみたいです。

 

 

 

たくさんの感想ありがとうございました!!

 

 

 

 

このワークショップを通して
自然の恵みや食について考えるきっかけになれば嬉しいです

 

 

 

今回見つかった反省点は今後の活動に生かしていきたいと思います。

 

 

たくさんの方々のおかげで無事にみつろうキャンドル作り~ミツバチからの贈り物~

を終えることができました!

 

 

 

 

‪参加してくれたみなさん‬、エコギャラリー新宿、スタッフの方々、KKPメンバー
‪ありがとうございました~!!

 

 

 

 

KKPちぃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

4月からKKPに参加させていただくことになりました。おじこです!!

 

 

 

1か月半前のことになってしまうのですが、第10回サイエンスリンクに出展させていただきました!!

更新が遅くなってしまってすみません💦

 

 

 

 

 

 

 

場所 : 日本科学未来館7階

主催:NPO法人サイエンスリンク
後援:日本科学未来館、東京都教育委員会、江東区教育委員会、NPO法人ガリレオ工房、立川サイエンスひとネット

 

 

 

KKPは今回、「ブルーベリーお絵かき」をさせていただきました!

 

 

「ブルーベリーお絵かき」とは・・・・

 

 

ブルーベリーの液に半紙を染めて・・・

 

 

 

 

 

 

 

透明な重曹水とレモン汁を使ってお絵かきすると・・・・・

 

 

色が変わる!!!!

 

 

 

 

 


 

当日の様子を紹介します!!↓↓↓

 

 

 

今回のサイエンスリンクに参加したメンバーはほとんどが新メンバーなので、初めて子どもと直接触れ合うメンバーもいたりして・・・

みんなドキドキの中本番を迎えました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな来てくれるかな・・・・

ちゃんと説明できるかな・・・・・

 

 

 

 

 

結果は、大成功!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが書いてくれたお絵かきがこちらです!!↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい♡♡

 

 

 

 

 

子どもたちは夏休み中ということもあり、たくさん来てくれて大盛況のうちに終わりました!!

 

 

 

参加してくれた子どもたちからは

「楽しかった!」「色が変わるの不思議!」などと感想の声をいただきました!

 

 

今回のお話の内容としては、

 

・ブルーベリーで染めた半紙に透明な重曹水とレモン汁で絵をかいたらなぜ色が変わるのか?

・色よって食欲を引き出してくれる!

・たくさんの色の野菜があって、いろんな色の野菜をバランスよく食べることで元気な体を作る!

 

 

 

参加していただいたみなさま、本当にありがとうございました!!

これからもキッチンの科学プロジェクトをよろしくお願いします✨✨

 

 

 

KKP おじこ

 

 

 


テーマ:

8/30(木)みせすです。

 



先週末は5時起き。

そして2日連続で横浜の先へ。
というのも、夏の最後は、はまぎんこども宇宙科学館にて。
土日連続、計4回!「光るグミ」のワークショップ。午前午後と無事終わりました(*^^*)♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆8/25(土)~26(日)  
横浜はまぎんこども宇宙科学館
「光るグミをつくってみよう!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】2018年8月25日(土)26(日)
( 午前の部 )10:00~11:30
( 午後の部 )13:00~14:30

【場所】はまぎんこども宇宙科学館2F実験室
【対象】
(午前の部)小学1,2年 
(午後の部)小学3年以上
【詳細】
www.yokohama-kagakukan.jp/event/detail.html?day=2018-08-25&post_id=24108#listtop

 

 

 

 

image

 

image

 


image

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こどもたちはもう、さすが「科学だいすき!」みたいな子が多くて、
光の回折のことも、
赤外線や紫外線のことも、
ブラックライトのことも、
はたまたブラックライトペンのこともw
もうみせすのほうがたじたじでしたww



  




--------------------
 ◇ 主な内容 ◇
--------------------

◇光る/光らないグミづくり
◇自由研究ワークシート
◇光の三原色
◇ブラックライトとは
◇蛍光お絵かき体験
◇ビタミンB2と蛍光色素
◇ビタミンB2と代謝
◇麦芽水あめと漢方薬と膠飴
◇富山の薬売りと文化




ざっくり何をやっかというと

(ざっくり説明します!)

 

 

グミを作って。



グミ型に流し込んで。




グミを冷蔵庫で冷やしている間に、

傾向体験!




それがおわったら、グミを型からはずします(・∀・)!



 

 

できたグミが...

こちら!!

 

 

 

 
 

 

じゃーん!いろんな味の!

 

光るグミ!!

 

 

光るか、光らないか、

みんなでこたえあわせ!

 

 

 

 
・・・・おばけグミも(✿☉。☉)ハッ!

 

 





ということで!

みんなでさいごにいただきます《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛




・・・・・・・・・・・・・・・・


「そうぞう いじょう にむずかしかった!」
「グミがまずかった」

という率直な声から...(◍•ᴗ•◍)

「光るグミをつくるだけかと思っていたが生活に結びついたアカデミックな科学のことを学べた」
「こどもが積極的に考える姿が印象的でした」
「こどもにとって良い体験になりました」


までありがたい限り(╰(*´︶`*)╯♡

 

 



------------------------
 < こどもたちの声 >
------------------------

//たのしかった!
//ビタミンB2のことがわかってよかった!


//光るしくみがわかった!
//いろんな光ったり、光らなかったりするグミを食べられて満足!

//けいこうしき の せつめいが難しかった





//グミを作りながら楽しくグミについて学べた!
//ブラックライトはとても強い光ということ


//グミがまずかった!
//どうやったらグミが美味しくなるか知りたい
//グミの味が薄かったから家で作るときはもっと濃くしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

//みんなとグミを作って楽しかった
//グミづくりが楽しかった
//いろんな人とグミをつくったのが楽しかった




//グミを作れてよかった
//他に蛍光する成分を知りたい
//グミが光ったことにびっくりした

 



//食べ物と栄養のことについてもっと知りたい
//ビタミンは食べ過ぎてもいけない
//ビタミンB2のことについてよくわかりました
//ビタミンB2やごはんのはなしがわかった

//難しいこともあったけれど、しっかりと、おいしく、たのしく、学べてよかったです


//最初はあまりグミのことを知らなかったけれど、グミづくりってこんなに楽しかったのでおうちでも作りたいです。
//もっと知りたいことはビタミンB2が何ぜ光るのかを知りたい。
//ビタミンB2がどうして光るかをもっと詳しく知りたい






//想像以上にむずかしかった!
//赤と緑と青はあわせると白になる!
 

 

 

 




------------------------
 < 保護者の声 >
------------------------



//予想を立てること、グループ討議の経験をしたことがよかった
//予想を立てる大切さが良かった





//蓄光の元などを使うと思っていたので、B2だけで光ることに驚いた。
//本で調べたり、テレビで見るのではなく、実際に実験して見ることで
 不思議に思ったり、予想を立てながら理解していくので、子供に良い経験になりました。
//大人にも興味深い内容で見学ができて得しました。
//テキパキしていてこどもの集中が保てて良かったです。

 


//こどもが積極的に発言し、考える姿が印象的でした。

 

 

 



//調理という身近な行動を通じて、科学の楽しさを伝えることができることに、新たな気づきを感じることができました。
//こどもが好きなグミを切り口に、科学につながっている点がよかった
//グミづくりとても楽しんでいました。来年もやってほしいです。
//科学と生活の結びつきがわかった
//ビタミンのことや食べることの大切さを改めて感じさせられました。

 

 

 

 

 

 



//人数がちょうどよく、スタッフも多いので手厚かった
//実験は簡単だったので、子供にもわかりやすかった。

//こどもが楽しく実験できてよかったです。
//いろいろなことがわかって楽しかったです





//アカデミックな内容をわかりやすく説明されていた点が良かった
//文系の親にとってもためになる内容でした。
//大人でも初めて知ることがあり楽しめました。


//ビタミンB2に限らず、光のことなどいろいろあり、子供が飽きずに楽しめました。
//多くの説明の中からひとつでも興味を持って深く勉強したいと思って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


//全てが興味深く楽しくわかりやすい解説をありがとうございました。
//今回みたいに子供が好きな食べ物を使った科学実験があると嬉しいです!
//お忙しい中、楽しい企画をありがとうございました。夏休みの最後に素敵な思い出づくりができあmした。
//また次回の企画を楽しみにしています。
//大変ためになりました。ありがとうございました。
//楽しく作って食べて興味を持って学べたのが良かった。







------------------

まだまだ未熟で勉強不足で、反省ばかり。

そして、どうしてもの命題も。
どうしても...グミの味調整は闇の中(´・ω・`)
・甘くすれば美味しくなるのか
・ジュースを25ccから15ccにするべきなのか
・グラニュー糖たちを入れるべきなのか
・カルピスを原液にするべきか

などと悩みまくりのみせすです(´・ω・`)
うーん。せっかくから美味しいグミにしたい反面、砂糖の取りすぎや自然の甘みを味わってもらいたい思いも。
(カルピスと水の割合は2倍希釈は無難)
(ネクターもも味はおいしい)


そんな反省は尽きないけれど、
少しでもこどもたちの中で、科学ってたのしいなぁ、とか、
食の大切さとか、なにかこころに残ってくれたらうれしいなぁ。







-------------------------


はまぎんこども宇宙科学館は、
サイエンスコミュニケーターが集まる場と言われていましたが...
ほんとうにすごい。
スタッフの皆さんも手伝って下さり至れり尽くせりな時間(´;ω;`)
こんな光栄な場でできたことが本当に感謝しかない。

 

 


 ・・・・・
ふと思ったことは、
わたしは「科学コミュニケーション」をやりたいのだな、と。

参加者との対話、
スタッフさんとのコミュニケーション。

なんてしあわせなんだろう




参加してくださった皆様、はまぎんのみなさま、
スタッフのレイさん、みずほちゃん、
ななこちゃん、奥田くん、ありがとうございました(◍•ᴗ•◍)♡







◇ ◇ ◇ ◇

ちなみに。
KKPの夏の活動予定はこれでひと段落。
団体メンバーで話しながら10月からの案件を少しずつやっていこうかというところです。
出前授業依頼は常に募集中。

お気軽に連絡くださいね(*´∀`)b








==================================
 ◇ 今後の予定 ◇
==================================



◆9/30(日)東京 
「食の多元的意味」を考えるシンポジウム

みせす講演予定
https://note.mu/m_sugimoto/n/n238f05c34080

#大人向けシンポジウム
#参加者募集中



◆10/13(土)東京都新宿
エコギャラリー新宿 こどもエコクラブ新宿

「みつろうキャンドルづくり〜はちさんからの送りもの〜」

 

http://www.shinjuku-ecocenter.jp/event/181/

 

image





◆10/27(土)群馬県高崎市(仮)
群馬中学校PTA企画 食育セミナー

#coming soon

◆11/3(土)〜4(日)福井県敦賀市(仮)
#coming soon!


◆11/11(日)
ぐんまこどもの国児童会館
「こども和菓子づくり教室」

#coming soon!

 

◆12/15(土)大阪 大阪ガスハグミュージアム

弁当の日応援プロジェクト

「こどもが作る弁当の日 事前説明会」

#coming soon!

 

◆12/16(日)大阪 大阪ガスハグミュージアム

弁当の日応援プロジェクト

「こどもが作る弁当の日!」

7/29にやった内容の大阪バージョンなのです( ˘ ˘)♡

https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12394629212.html

#coming soon!

image

 


◆12/22(土)千葉県長南町
千葉県長南町 生涯学習課 主催 わくわく体験クラブ
「食育×科学「たまご」を科学しよう!」

みせす先生のわくわくたまごマジッククッキング♪
http://www.town.chonan.chiba.jp/manabu/kodomo/5661/
 

 


◆3月 福岡県糸島市 第6回ごはんの教室

地産地消のパン・牛乳レシピづくり♪

#coming soon!

image

 

 

 

==================================
 ◇ 出前授業・承ります ◇
==================================

 

KKPでは、出前教室(科学教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
(※要材料費・交通費・講師料。詳細はお問い合わせください)

●わくわくなPTAセミナー
●親子で楽しむ食育教室
●こども料理教室
●夏休みの自由研究
●食育と環境教育のワークショップ

子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもどこにでもいくのでお気軽にご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)


---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体
「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)


テーマ:
ブログ書きます!KKPちぃです!




‪〜第10回サイエンスリンクのお知らせ〜‬





日時 : 2018年8月25日(土) ,  26(日)
10:00~17:00   *16:30受付 終了
場所 : 日本科学未来館7階
料金 : 入場・体験 無料
※事前申し込み不要

主催:NPO法人サイエンスリンク
後援:日本科学未来館、東京都教育委員会、江東区教育委員会、NPO法人ガリレオ工房、立川サイエンスひとネット





今年も8月25,26日(土・日)に日本科学未来館で第10回サイエンスリンクが行われます!
親子で楽しめる実験体験型の科学イベントです!夏の最後の思い出にぜひご来場ください。
詳しくはこちらから ↓↓
http://sc-link.net






ご縁があり、KKPも「ブルーベリーお絵かき」で出展させていただきます!


【企画紹介④】KPP(キッチン科学プロジェクト)
科学の力を使って絵を描いてみよう!透明の液でブルーベリーで染めた半紙に絵を描くと、何色になるかな?







平成最後の夏休みに、、、
KKPメンバー協力して半紙染めを行いました!





たくさんの子どもたちに
科学を通して食の大切さを伝えられるよう
新メンバー中心に準備しています!!







是非お越しください!*\(^o^)/*




そして、半紙を染めながら
KKPの今後の予定やみんながやりたいとこ、思っていることを話し合う良い機会となりました!(*^^*)





今後ともキッチンの科学プロジェクトを宜しくお願いいたします!



KKPちぃ♩

テーマ:
みせすです。
先週は富山!!!
今年初、人生で3回目の富山におじゃま( *´艸`)





--------------------------------------------
その前に一つだけお知らせ。

8/19(日)7:00~7:30 
日本テレビ
「所さんの目がテン!」
少しだけ出演させていただきました(ほんの少し)





TV用に作った、「光るオムライス」。







実は、中のチキンライスも"光る仕様"。......




納豆も、手作りの黒糖わらびもちも作ったのですが・・









ブラックライトを手に短時間でも照射すると放送上よくない、ということで、
何度も収録したものの、放送はされなかったという悲報(´;ω;`))。
ですが、いい経験させていただきました。本当に感謝。





--------------------------------------------
ということはさておき。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「第2回光るグミをつくろうin富山」無事終了しました!!(´;ω;`)
各回90分。定員40名。全4回。
約150名の皆様との光るグミ!!! 












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「子どもゆめ基金」助成活動
 第2回 食育科学ワークショップ
「富山の麦芽水あめを使って、光るグミを作ろう!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2017年8月18日(土)各回90分制
  10:00~/12:30〜/15:00~/17:30~
【対 象】小学生以上の親子 定員45名
 【参加費】こども・大人1000円
 【会 場】富山県民共生センター「サンフォルテ」調理室
 【主 催】キッチンの科学プロジェクト
【協 賛】島川あめ店
 【後 援】富山市教育委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


去年に引き続き、無事第2回目のイベントが終わったことに。本当に嬉しく思ってます。
いろんな人との出会いが、結びついて生まれる奇跡。








島川あめ店社長、女将さん、谷川さん。

こうして今回もご協力いただけたことに感謝しかないです。
そして東京から一緒に駆けつけてくれたみっきー。  


仕事で忙しい中本当にありがとう。




NHKの富山放送局の武田さんもお越しくださり、  




北日本新聞、富山新聞の取材もありがたいかぎり。   


























イベント前の開場のタイミングで。
参加者の方で、「生みせすだ!」って言ってくれた人がいて、本当に嬉しかったのです。
  
--------------------------------------------
 \ 内容の紹介 /
--------------------------------------------
●光るグミづくり!
●光るグミの秘密! 
●光るとは?ブラックライトと蛍光について

●麦芽水あめができるまで
●薬膳のミニ知識(国際薬膳師:みせす先生)
●麦芽水あめ活用・レシピ(管理栄養士:みっきー先生)















--------------------------------------------
 \ 参加者の声 /
--------------------------------------------
//ブラックライトの話が楽しかった!
//光るグミを作って、自分のグミが光ったのでうれしかったです!
//東京から専門の先生に教えてもらってうれしかった!
//わかりやすく教えてくれて面白かった!
//グミを作ることが楽しかった。
//型に光るグミのもとを流すのが難しかった!
//光るグミがつくれて楽しかった
//楽しいことがあったからきてよかった!
//ビタミンB2が入っていると光る!
//ブラックライトのことをもっと知りたい!
//ぷにぷにで面白かった!
//学校で習わないことも習えてよかった
//光るところを見ることができてよかった
//青色の光は強い!赤色の光は弱い!
//光にはいろんな色がある!





//ジュースのグミが光らなかったのでびっくりしました
//たくさんの知らなかったことを知って、うれしかったです
//光るグミを作れて、光のことやグミのことを学べて楽しかったです。
//昔のお菓子といまのおかしの違いの説明が印象に残った!
//栄養ドリンクに入っているB2で光ることがわかった!
//楽しかったから少し工夫してまた作ってみたい!





//麦芽水あめとふつうの水あめのちがいをもっと知りたい
//麦芽水あめの使い方が知れてよかった
//昔、麦芽水あめは調味料に使っていたのは初めて知りました(小2・女)
//なぜ麦芽水あめはそんなすごい力をもつのかどうか知りたい!
 



//ジュースの種類で光る、光らないのグミがある!
//いろんなジュースで実験してみたい
//光る材料をもっと知りたい!
//グミを作るだけだと思っていたけれど、いろんな説明があってよかった
//光るグミを作るのがとても楽しかった!家でももう一度作ってみたい
//グミをもうちでまたつくりたいです。たのしかった。
//どうしてゼラチンが固まるのか知りたい
//グミはあまりおいしく名k叩けれど、みせすの話は面白かった(小6・女)
//みんなで楽しくグミを作れたからよかった(小4・女)
//グミの光のことだけでなく、料理だったり光のことがたくさんわかった(小3・男)
//みんなで楽しいくまなべて、いろんなことを知れたからよかった(小4・女)
//食と科学のつながりについてためになった。またこういうイベントに行きたい(小6・女)

//「食べることは、生きること」が印象に残った(小5・男)
//食べることはエネルギーを作ることなんだよなぁとわかった(小3・男)
//食べ物のことともっと知りたい!(小2・女)
//からだにビタミンB2が必要なことをしった!
//薬のことや、病気についてのことが印象に残った
//薬草などのことがもっと知りたい
//食べるのをバランスよく食べて生きるのことにしていきたい
//説明がわかりやすくて、自分の体やおなかを大事にしようと思えた。(小4・女)
//とても楽しかった。また家でも作ってみたいと思えた(小4・女)
//いつもは普通の料理だったけれど、科学とつながった調理なんて初めて知りました!
  








----------------------------------
(保護者編)  



//目からうろこの話がたくさんあり、大人にもためになることが多く、とてもよかったです。はじめ予定していなかったのですが、見学してよかったです。


//光のこと、水あめのこと、すべてがとても印象的で発見でした。ありがとうございました。


//先生の説明がとても分かりやすかった。工場見学もあれば合わせてしたい。


//光るグミを作る、という発想がよかった


//科学から食への話がつながっていった点がよかった


//科学が最後、「食の大切さ」へと、講師の実体験を通じて学ぶことができた点


//ビタミンB2を実験でわかりやすく教えてもらったので、麦芽水あめを生活に取り入れようと思いました


//聞いたことあるの言葉でも、よくわかっていなところがあったので知ることができてよかったです。


//食と科学を使い、面白い活動だと思います。今後も頑張ってください。


//麦芽水あめの存在がよく分かった
 
//とても楽しいワークショップでした


//麦芽水あめについてよくわかった


//講師の先生方、ありがとうございました!  


//子供が引き込まれる内容でよかった


//久々に科学の勉強もでき楽しかった。子供には少し難しかったなと思いましたが、少しでも興味を持ってくれたらと思います。


//テンポよく子供にもわかりやすい内容でした。


//こどもと楽しく取り組むことができました。子供も光や麦芽水あめ等に興味を抱いているようでよかったです。


//参加してよかったです。
科学+自由研究+食育+楽しい!!


//わかりやすく、待ち時間にも盛りだくさんのお話が聞けた!
 
//先生のしゃべりかたが素敵だった


//水あめがからだによいとわかった  


//親子で食育について考えたり学べたりする企画をしてほしい
 
//食べ物の大切さが伝わりました


//具体的に実験しながら見れたことがよかった 


//料理レシピがわかれば利用したい!


//子供にもわかりやすい説明で、楽しくグミづくりを体験できて、科学の勉強もできてよかったです。


//麦芽水あめをつかった親子料理教室をやってほしい!


//先生方が楽しくしようとする雰囲気は良かった!市販のお菓子に使われる砂糖の量が均あった
//めちゃくちゃ楽しかった!


//一年生にはグミがとっかかりやすかった。高学年になったら復讐させたい
 
//私の今日の体は、私の食べたもので作られると、実感できました


//自分で作ること、理由がわかることがよかった


//時間があっという間でした。親子で楽しめてよいと思います(子供より大人のほうが楽しいかも)


//科学と食がつながっていることを知ることができた


//砂糖の代わりに調味料として使えたらと思う!


//食育と、光と、麦芽と、グミとよくつなげたイベントだったと思います。


//光の原理や栄養素にグミづくりがつながってかった

//麦芽水あめと光のついての関係性がわかりやすかった


//とても楽しく、実験から日常の大切なことを学ばせていただきました。「食の大切さ」を身をもって知っている人が講師でとてもよかったです。






//麦芽水あめの自然の甘さがとてもよかった

//グミから食育につながってたくさん感じられるものがあった

//小さい子でも興味を持って楽しく聞けて楽しく過ごせました。

//子供の付き添いできましたが、私のほうが話に引き込まれてとっても勉強になりました。

//食と科学がつながっていることがわかりました。麦芽水あめを常備品にしたいです。

//麦芽糖が二糖類ということがためになった。食品についてもっと知りたい。

//楽しかったのでまた別の企画も参加したいです。





◇ ◇ ◇ ◇ ◇




「富山のくすり売り」を支えた麦芽水飴。

今年で創業355年目の島川あめ店。

 消費量減少の社会の変化では、残るあめ店は、富山ではここのみ。

未来をつなぐこどもたちや保護者に、
その魅力を伝えながら伝統文化の継承に貢献できたら。





思いをつなぐ、食育。
 生産者をつなぐ、食育。
そんな、過去と未来をつなぐ、食育を。









・・・・・・・・・・・

金曜日の夜に、仕事を早く終わらせて、富山に入り。

 

そして土曜日は本当にしんどくて、
でも、わくわくしてくれる子供達のために、何より自分が楽しむことを大切に。
 保護者からのいろんな意見があり、グミがまだまだ美味しくできなかったり改良の余地はあるものの・・無事終わったことに一安心。土曜日はそのままホテルでお風呂も入らずに寝て。




日曜日は、宇奈月へ。
大自然に癒されてきました。








 最後は、決まって決まりの「白えび」のお寿司。





富山でしか食べることができない、
奇跡の自然の恵み。


私の摂食障害の回復の大きなきっかけになった、「白えび」。
そして、生き得る希望を与えてくれたもの。



「白えびの軍艦」を食べることができて、
 生きている意味を再確認できた。

生きていること、積み重ねる。
きっといつか、奇跡が起きて。
たくさんの出会いが、優しさが、私を優しく包み込んでくれる。

「食」が、ひとをつなぐ。

---------------------------




今回思ったことはたくさんあって。
準備でバタバタしてしまい、たくさんの人に迷惑がかかったり。集客も直前すぎてバタバタしたり。参加者の皆様に申し訳ないことばかり。


その中で。こどもたちの笑顔に癒されて。

 私を、支えてくれる人がいる。
 私の思いに、共感してくれる人がいる。
 私を、応援してくれる人が、いる。

ひとりじゃできないことがある。
たくさんのひとが、力を合わせて、できることがある。




自分の無力さと、
たくさんの人の力強さと、
そんな、食育の可能性を感じた、富山だった。






ーーーーーーーーーーーーーー

まだまだ無力の自分に、もっといろんなことできたんじゃないかって、反省するばかりだけれど。
それでも、今できることを、少しずつ。
 微力ながら、自分にできることをしていきたい。

参加してくださった皆様、関係者の皆様、
 本当にありがとうございました!

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

東京に戻ってお仕事。
そして、夏休みの食育イベントももう少しだけ駆け抜けます。
火曜にはカネリョウ海藻さんと一緒に食育イベント(◍•ᴗ•◍)♡今週末は横浜で光るグミ!



▽8/21(火)いなげや こどもラボ
〜寒天のなぞにせまる〜
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12398513039.html






▽8/25(土)〜26(日) 
横浜 はまぎん こども宇宙館
 「光るグミをつくってみよう!」

http://www.yokohama-kagakukan.jp/event/detail.html?day=2018-08-25&post_id=24108#listtop





------------------------------------

==================================
 ◇ 出前授業承ります ◇
==================================



KKPでは、出前教室(科学教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
(※要材料費・交通費・講師料。詳細はお問い合わせください)

●わくわくなPTAセミナー
●親子で楽しむ食育教室
●こども料理教室
●夏休みの自由研究
●食育と環境教育のワークショップ

子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもどこにでもいくのでお気軽にご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
 ◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)

---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体 「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
 〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)





テーマ:
【いなげやイベント終了!】【食育活動:KKP】
 今日は小平にて(◍•ᴗ•◍)♡
会社は有休してスーパーいなげやさんへ。
[ コミュニティスペース ] で食育イベントでした!

▽午前の部


▽午後の部




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆8/21(火)東京都小平市 
いなげや・カネリョウ海藻コラボ企画
 「いなげやこどもラボ  寒天のナゾにせまる!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寒天が海藻からできるってホント?どうして固まるの?
おいしいデザートを作りながら実験してみよう!
 親子で一緒に楽しく学べるワークショップ!
------------------------------------
【日時】2018年8月21日(火)
 午前の部:10:30~12:30
午後の部:14:30~16:30
【場 所】いなげや小平小川橋店 コミュニティスペース
【対 象】小学生のお子様、保護者様 各部20名
【参加費】お子様1人につき500円
【内 容】海藻をテーマにした食育イベント
 ひかるところてん・寒天ゼリーづくり!
【共催】株式会社いなげや/キッチンの科学プロジェクト/カネリョウ海藻株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



海藻の企画でお世話になっているからカネリョウ海藻とのコラボ企画。
▼過去のイベントはこちらから
~料理と科学の海藻教室~
第1回目:2017/12/3実施 
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12333979005.html

第2回目:2018/5/13実施
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12376188236.html

こちらのいままでの企画を踏まえてのイベント実施でした( *´艸`)

--------------------------------------
  < 内容の紹介 >
--------------------------------------
♡天草からところてんづくり!
♡ところてん突き体験!
♡光るところてんづくり
♡寒天フルーツゼリーづくり
♡水ようかん作り

♡海藻はかせになろう!~あか・みどり・あお~
♡ゼラチンと寒天のちがい実験!

---------------------------
中身を少しだけご紹介( *´艸`)

寒天ゼリーづくり!


粉寒天の使いかたをマスターするよ!
お湯に溶かして、煮立たせたら・・そのあとに砂糖を入れて再び沸騰。







少し冷ましてから・・・
○フルーツ缶詰
○寒天ゼリーの型抜き
こちらの2つを中に入れて完成♪









その間に大人のみなさんには・・
水ようかんづくり!


○粉寒天
○あんこ 
○水
○砂糖・塩
これだけを鍋に入れて煮立たせるだけ( *´艸`)。ただあんこは溶けにくいので、
絶対に寒天が最初♪煮立たせてから砂糖、あんこ、そして塩の順に。
これをバット、またはタッパーにいれて、冷やし固めるだけで出来上がり♪





それが終わったら・・
学習タイム!
海藻って何だろう?
何を食べて生きているの?
なかまわけは?


そんな話を、カネリョウ海藻の小田さんからしていただきます( *´艸`)♡


















ところてんの食べ比べも♪
地域によって、くろみつだったり、三杯酢だったり、ちがうんですよねぇ。










そして!今回のおたのしみ!?
 夏休みの自由研究対策! 
寒天じっけん!






みせすが用意したのは、
寒天ゼリーゼラチンゼリー。
同じ“固まる”やつ・・寒天とゼラチンの違いについてみんなでプチ実験( *´艸`)♡


< じっけん1 >
お湯をかけると?
ぬるま湯をかけると・・ゼラチンはとけるけど、寒天はとけない♪






< じっけん2 >
#生パインを置くと?
溶けてくる・・・のはゼラチン!
たんぱく質分解酵素から、ゼラチンと寒天の成分の違いについて学びます( *´艸`)





< じっけん3 >
食べ比べ!
どっちが寒天?どっちがゼリー?




味わう、な人体実験。
口当たり、
噛み応え、ねばり。
かたさとあじ。


材料は同じなのに、
こんなに違うなんて・・・という実験タイム。

おいしさの科学をつかさどる「物理的な要因」はとても大きいものなんですよね(*‘ω‘ *)

ちなみに、この内容はここのサイトでもまとめているので、ぜひよかったらご覧くださいね( *´艸`)

▽アスレシピ
「キッチンは実験室」


そんな2時間があっという間に終了。




ちなみに。
キラキラ寒天ゼリー
光るのです\\\\٩( 'ω' )و ////




--------------------------------------------
 \ 参加者の声 /
--------------------------------------------
//とても楽しかったです!ありがとうございました!
//何かつくったりするだけでなく、今回のような実験ができるイベントだと嬉しいです!





知れば知るほど深くなる、海藻の魅力。
和食を支える食文化として、これからも伝えていけたら。




参加してくださったみなさま。
カネリョウ海藻の小田さん、前田さん。ありがとうございました♡

カネリョウ海藻さんとは、定期的にまたイベントをやっていけたらと思っています。
またブログ上でお知らせするのでぜひ遊びに来てくださいね( *´艸`)


カネリョウ海藻エコバック!
非売品にてイベント参加者のみなさまにプレゼント中なのです(*^^*)!




==================================
 ◇ 今後の予定 ◇
 ==================================
いよいよ、今週末で夏休み企画も終了。
ひと段落して秋以降の企画になります( *´艸`)♡

◆8/25(土)~26(日)  
 横浜はまぎんこども宇宙館
 「光るグミをつくってみよう!」
 【日時】2018年8月25日(土)・26(日)
10:00~11:30/13:00~14:30
【場所】はまぎんこども宇宙科学館2F実験室
 【対象】(午前の部)小学1,2年 (午後の部)小学3年以上
 【詳細】
http://www.yokohama-kagakukan.jp/event/detail.html?day=2018-08-25&post_id=24108#listtop





==================================
 ◇ 出前授業承ります ◇
==================================
KKPでは、出前教室(科学教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
(※要材料費・交通費・講師料。詳細はお問い合わせください)

●わくわくなPTAセミナー
●親子で楽しむ食育教室
●こども料理教室
●夏休みの自由研究
●食育と環境教育のワークショップ

子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもどこにでもいくのでお気軽にご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
 ◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)

---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体 「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
 〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)

テーマ:

みせす@富山に向かう新幹線なう
ブログ更新は果たして終わるのだろうか・・╰(*´︶`*)╯♡

 


8/9には一泊二日で大阪へ。
「弁当の日」の打ち合わせ兼講演会にお邪魔!

 

 

 

 

 

大好きな、私の食育の恩師にも出会うことができました♡

 

 

 

食育原稿やイベントの準備、お問い合わせ対応に追われながら・・・

 


8/11はグンマーにて。

「ぐんまこどもの国」で光るグミでした(*´꒳`*)

 

 

 

image

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」助成活動
食育科学ワークショップ
「光る!? おばけグミを作ろう!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2017年8月11日(土)
<午前の部> 10:30〜12:00
<午後の部> 13:30~15:00
【対 象】小・中学生
【定 員】各回28名!←増設されたよ!
【参加費】500円
【会 場】ぐんまこどもの国児童会館 3階
▽詳細はこちら▽
https://goo.gl/4x82Hb

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

image

 

image

 

 

 

 


当初の定員は16名のところ・・・なんと超える応募が!
ということで!急遽増設いただき、午前午後で28組の親子の皆様!

 

 

 

 

 

--------------------------------------
  < 内容の紹介 >
--------------------------------------

いままでブログで紹介してきましたので一部のみ紹介♪

1.グミをつくろう!

最初にあいさつをして・・
早速グミを作るよー!!!

 


今日はなんと・・・「おばけグミ!!!?」

 

 

 

image

 

いろんな型を買いあさり、なんとかかわいい型をゲットしたのです><)(大変だった・・)

 

 

 

 

 

 

どのグミでどのジュースをつくろうかな・・・と

 

image

 

各班で好きなジュースを選んでもらい。
ジュース、ゼラチン、麦芽水飴を混ぜて・・

レンジでチンして、流し込む!

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

今回は「自由研究の宿題」も意識して、どれが光ると思う?!の予想も(╹◡╹)♡!
 

 

 


image


2.光の話!
冷やし固めている間に、いろんなお話
●グミの歴史〜どうしてグミのおやつができた?
●「噛む」大切さ(おやつと歯の健康)
●ゼラチンってなぁに?

 



●光って何色?
●回折格子シートで虹色をみてみよう!
●色とエネルギー

 

 

 

image

 

●目に見えないひかり?
●ブラックライトって何?
●ブラックライトペンで蛍光お絵かき体験!
●蛍光の仕組みって?(共役二重結合)

 

 

 

image

 

 

 

 

 


3.グミとビタミンB2
グミが固まったら・・最後にグミ型からはずして、
いただきます!の時間(╹◡╹)♡

 

 

どれが光るかどうかも確かめながら、

えっ・・食べ物も光る・・・!?

 

 

 

 

●ビタミンB2と代謝
●食のバランス
●医食同源
●食と科学のつながり

最後は、サプリメントと食べ物のリスクコミュニケーションや、
食べ物とくすりのおはなし。

摂食障害のみせすのおはなしも少しさせていただきました。

摂食障害で得た、大切な気づき。
「わたしたちのからだは、食べたもので、できている」
「たべることは、生きること」


 ・・・・・・・・

グミづくりは簡単なものですが、

ゼラチンやみずあめなどの、原材料の気づき。

 

市販品のおやつを手作りする経験、

 

市販グミにどれだけ砂糖が入っているかとか、

 

料理をつくることが楽しいきもち。

 

少しでも「食への気づきになったらいいなぁ。
 

 



image


「光る!?おばけグミ!?」を通じて、
少しでも食育に興味を持ってくれたらありがたいし、
保護者の方には、科学と食のつながりから、
食を科学的に捉えられるよき消費者になってほしい


そんな思いを込めての1時間半。
 


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


こどもの国は、実は3年前にお呼びしていただいて、
「光るグミ」は毎年連続でやってきました。
今やKKPの定番ネタともなった、「光るグミ」ネタは元KKPのメンバーがはじめたものなのですが、
今のみせすスタイルになったのは、このこどもの国さんに呼ばれたのがきっかけ。

 

 

 

 

  ・・・・・・・・・・

去年の「光るグミ」できてくれた子が、
同じネタなのに、またきてくれて。
「みせすに会いにきた」って言ってくれたことが、本当に嬉しかった。

 

image


食育を通じて、出会うよろこびがある。
それってなんて素敵なことなんだろう。

 

 

image


終わって声をかけてくれたママさんがいて。
子育てのことの悩みを教えてくれたり。本当に嬉しかった。

 

image


私もいつか、ママになりたい。
そして、こどもたちや、子育てのちからになりたい。
今がんばって子育てしているパパママのみなさまに、尊敬や畏敬の念しかなくて、
食育活動をやるたびに、生きているって、心から感謝だと思う。

 

 

 

image

 

全身全力で、つくる。

食べるよろこびを味わう。

 

 

image

 

よく寝て、よく動いて、よく食べる。

しっかりと毎日を生きる。

当たり前だけど、それが、食育のかたち。

 

 

image


・・・・・・・・・・・・

 

この「ぐんまこどもの国児童会館」は、今の私の原点。

子供の頃、毎週のように通っていたのです。

 

パソコンクラブも、クラフトクラブも。
・・つくるたのしみや、みんなと一緒にやるよろこび。
それらを教えてくれた、ぐんまこどもの国。

 

こうして講師としてお招きいただけることに感謝しかない。

 

だからこそ、思い入れがとってもとっても強いのです。
ぐんまのこどもたちに少しでも還元できたらいいなぁと。
 

 



image

 

今私は青少年活動として、微力ながらこの活動に関わっている。

最低限のことしかできないけれど、今自分にできることを、精一杯やっていけたらいいなぁと思う。


・・・・・・・・・・

image


食育インストラクターのりこさん、

みおちゃん、そして参加してくださったみなさま。
本当にありがとうございました!


image



==================================
 ◇ 今後の予定 ◇
==================================

 

◆8/18(土)富山県富山市
第2回 食育科学ワークショップ
「富山の麦芽水あめを使って、光るグミを作ろう!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏休み子供食育企画@富山 

国立青少年教育振興機構 「子どもゆめ基金」助成活動

第2回 食育科学ワークショップ
「富山の麦芽水あめを使って、光るグミを作ろう!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2017年8月12日(土)各回90分制
10:00~/12:30〜/15:00~/17:30~
【対 象】小学生以上の親子 定員45名
(小3以上は一人参加OK)
【参加費】こども・大人1000円
【会 場】富山県民共生センター「サンフォルテ」調理室

▽お申し込みはこちらから▽
https://goo.gl/8w5p3J

▽詳細はこちらから▽
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12386994736.html

 

 

image

 


◆8/21(火)東京都小平市 
いなげや・カネリョウ海藻コラボ企画
 「いなげやこどもラボ  寒天のナゾにせまる!」

 

寒天が海藻からできるってホント?どうして固まるの?

おいしいデザートを作りながら実験してみよう!

親子で一緒に楽しく学べるワークショップ!

【日   時】2018年8月21日(火)

午前の部:10:30~12:30

午後の部:14:30~16:30

 *開始15分前より、店舗内サービスカウンターにて受付を開始致します。

【場   所】いなげや小平小川橋店 コミュニティスペース

【対   象】小学生のお子様、保護者様 各部20名

【参加費】お子様1人につき500円

【内   容】海藻をテーマにした食育イベント
ひかるところてん・寒天ゼリーづくり!
【共催】株式会社いなげや/キッチンの科学プロジェクト/カネリョウ海藻株式会社

 
 

 

 

 


◆8/22(水) 東京都杉並区
杉並区主催 夏休み小学生フューチャーサイエンスクラブ
「玉ねぎの皮でハンカチ染色」

【日時】2018年8月22日9:30~11:30 / 13:00~15:00
【場所】杉並第十小学校
【対象】小学生5・6年
【詳細】https://www.city.suginami.tokyo.jp/event/kyouikuiinnkai/shakaikyoiu/1040911.html

 

 

 

 

 

 

image

 

image

 

image

 

 


◆8/25(土)~26(日)  
 横浜はまぎんこども宇宙館
 「光るグミをつくってみよう!」

【日時】2018年8月25日(土)・26(日)10:00~11:30/13:00~14:30
【場所】はまぎんこども宇宙科学館2F実験室
【対象】(午前の部)小学1,2年 (午後の部)小学3年以上
【詳細】
http://www.yokohama-kagakukan.jp/event/detail.html?day=2018-08-25&post_id=24108#listtop

image

 

 

image

 

 


◆8/25(土)日本科学未来館
サイエンスリンク ブース出展

 


◆9/30(日)
「食の多元的意味」を考えるシンポジウム

みせす講演予定
https://note.mu/m_sugimoto/n/n238f05c34080
#大人向けシンポジウム
#参加者募集中


◆10/13(土)東京都新宿
エコギャラリー新宿 こどもエコクラブ新宿
「みつろうキャンドルづくり〜はちさんからの送りもの〜」

http://www.shinjuku-ecocenter.jp/event/181/

 


◆10/27(土)群馬県高崎市(仮)
群馬中学校PTA企画 食育セミナー
#coming soon

◆11/3(土)〜4(日)福井県敦賀市(仮)
#coming soon!


◆11/11(日)
ぐんまこどもの国児童会館
「こども和菓子づくり教室」

#coming soon!


◆12/22(土)千葉県長南町
千葉県長南町 生涯学習課 主催 わくわく体験クラブ

「食育×科学「たまご」を科学しよう!」
みせす先生のわくわくたまごマジッククッキング♪
http://www.town.chonan.chiba.jp/manabu/kodomo/5661/



 

 

 




==================================
 ◇ 出前授業・承ります ◇
==================================

 

KKPでは、出前教室(科学教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
(※要材料費・交通費・講師料。詳細はお問い合わせください)

●わくわくなPTAセミナー
●親子で楽しむ食育教室
●こども料理教室
●夏休みの自由研究
●食育と環境教育のワークショップ

子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもどこにでもいくのでお気軽にご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)

---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体 「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
 〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)



 


テーマ:

8/13(月)わかなです。

 

この度、大田区にある小学校の「夏休みわくわくスクール」の一つの出し物として“玉ねぎの皮”を使ったハンカチ染色を行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――

東京都大田区 小学校出前授業

「玉ねぎの皮でハンカチ染色」

―――――――――――――――――――――

 

-1-ハンカチの模様づくり

用意された輪ゴムを使って自分のオリジナルのデザインを作ってみよう!

縛り方によって模様の付き方は変わっていくよ (*^^*)

 

-2-玉ねぎの皮で染色

縛ったハンカチに色を付けていくよ!待っている時間に染め物についてのおはなしも!

 

-3-色素の固定

玉ねぎの皮液と入れ替えに、白い液を注ぎます。

色の変化に注目し、色素を固定している合間に、ちょっと深い科学のおはなし ( ..)φメモメモ

 

-4-洗って、輪ゴムを外したら…完成!

みんなで自分オリジナルのハンカチを見せ合いっこ (^^)

 

-5-色とおいしさの関係

最後に色について食事に関するおはなしをします。

 

----------------------------------------ー

 

【日 時】2018年8月9日(木)14:00~15:30

【会 場】大田区洗足池小学校 家庭科室

【参加費】500円(材料費・交通費として)

【持ち物】学校で指定されているもの、エプロン

【対 象】全学年

【主 催】キッチンの科学プロジェクト

【協 力】開設者:安武郁子

------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

普段捨ててしまいがちな身近な食材に興味を持つチャンス!

夏休みの自由研究の参考にもいかせる。

目で見て体験して

世界でたった一つのオリジナルハンカチを作ってみよう!

 

 

 

 

当日の様子を少しだけ紹介します。↓

 

 

 

模様を付けたハンカチを玉ねぎの皮液で染めている最中…

同じ縛り方でもゴムの強さ、位置、しわによって模様は違ってくるよ

どんな模様になるかドキドキするね(#^^#)

 

 

待っている間に“染め物”のおはなし

 

 

子どもたちのオリジナルハンカチ完成!!

 

 

 

 

 

 

 

完成したハンカチはお持ち帰りできます。

 

 

 

 

‐――――――――――――――――――――――――

 

今回アンケートを行わなかったため感想をもらうことはできませんでしたが、

安武さんより、参加した子供の保護者の方から子どもが「楽しかった!」と感想を聞き、お礼のメッセージが届いたとしりました。

 

 

今回の出前授業を通して、少しでも食と科学が身近にあることを知ってもらい、

食への関心の良い機会になればと思います。

 

 

今回のおはなしの内容は、「染め物の種類」と「染色の仕組み」、「色とおいしさ」について行いました。

次は食材の捨ててしまう割合(廃棄率)につてもおはなしできたらと考えています。

 

 

 

この企画を作ってくださった安武郁子さん、みせすさん

当日に向けて一緒に準備を行ったみっきーさん、奥田君

洗足池小学校の先生方。

 

そして、

参加してくださった みなさま。

 

参加してくださり、ありがとうございます。

心より感謝を申し上げます。


テーマ:
7/29(日)みせすです。

----------------------------------------
▼夏の食育イベントの予定はこちらから▼
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12387224578.html 

▼参加者募集中!
8/18 富山 光るグミを作ろう♡
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12386994736.html
----------------------------------------

つ・い・に・・・

\広がれ! 弁当の日!/

・・・もとい・・w

\広げるぜ! 弁当の日!/

学校ではなく、
社会教育イベントとしての弁当の日!

無事終了しました( *´艸`)♡♡









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」助成活動 
 \ 広がれ!弁当の日 /
 「やってみよう。自分でつくる弁当の日!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♡1♡スーパーへGo! 
みんなで スーパーへ!買い出しからはじめるよ!

♡2♡お弁当のおかずづくり!
弁当のおかずはみんな同じではなくオリジナル。自分で考えて挑戦! 

♡3♡大人向け食育講演
子供の調理の間、保護者には食育のおはなしも♪

♡4♡いただきます!+お片付け!
親子でおいしくいただきます!日頃の食について考えてみよう! 
---------------------------------------------
【日 時】2018年7月29日(日) 9:00~14:00(受付開始 8:40)
【会 場】荒川区立第三中学校 調理実習室
【参加費】500円(調味料・保険料として)
【持ち物】弁当箱2つ・お弁当買い出し用材料費(1000円程度)・他
【対 象】小学3年生以上の親子
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-12385547737.html
【主 催】キッチンの科学プロジェクト / 弁当の日関東応援団
【協 賛】CGCジャパン・カネリョウ海藻
【協 力】弁当の日応援プロジェクト
--------------------------------------------





このために事前説明会もやったよ( *´艸`)♡♡





献立、買い出し、調理、弁当詰めから片付けまで。すべてこどもがする。「弁当の日」。





はじめて。社会教育イベントとして、
 自由にやる弁当づくりの企画。
やってみよう!
自分で作る弁当の日!




7/16に事前説明会をやって、今日が本番でした。
30組のこどもたちと親子と無事終了(´;ω;`)



当日の様子をすこしご紹介(・∀・)


まずは柏木先生によるあいさつがあり...






いざ!
スーパーへ買い出しへ!!







そしたら!
事前説明会で自分でつくった、弁当の設計図を元に...

料理スタート\\\\٩( 'ω' )و ////





あくまでも、スタッフはサポート。
こどもたちの意思に任せます(・∀・)!





見守る。手を出さない。








その間には、保護者向けに食育の講演(*^^*)


eatright japanの安武先生による
保護者向けの食育の講演の話。

これが好評すぎて最高でした。゚(゚´Д`゚)゚。





そのあとには
カネリョウ海藻の小田さんによる、
みそまるワークショップ!




みそまる!手作りすることで、
大人の方はお弁当にお味噌汁をもっていけちゃうというすぐれもの(*^^*)!
朝寝坊してお味噌汁を作る時間がないときにも、お湯を注ぐだけでお味噌汁ができちゃう(・∀・)!



 





そして!
2時間経過・・・


こどもと保護者が合流し・・・

できた!













そのあとは、
親子でいただきます!
















こどもたちがパパママの分までつくったお弁当。
 朝来た時は少し受け身だった子供達。

 買い出しを自らするうちにどんどん主体的に。
 最後は笑顔で自己達成感にあふれている様子は、なんて素敵なんだろう。














--------------------------------------------
 ◇ こどもたちの声  ◇
--------------------------------------------

Q.買い物をして考えたこと
・買い物でこっちのトマトのほうがいいかな、とか、いろいろなものが置いてあるからこうやって考えてお買い物するんだな!と思いました(小3・女)
・こうやって買うんだな!って思いました(小1・男)
・計算しないで買い物にいったら大変だった(小4・男)
・買い物であちこちうろつきまわったことは大変だった
・値段を気にしながらお買い物するのは大変だった









Q.料理で楽しかったこと
・フライドポテトをつくったのが楽しかった!やけどするか不安だった
・ソーセージを焼くのが楽しかった
・お弁当場に具を詰めたことが楽しかった。
・ハンバーグの形を作るところが楽しかった
・唐揚げをあげるのが大変だった
・ウインナーの切込みをいっぱいのほうがいい!
・キウイフルーツをハートに切れたことがうれしかった
・うすく卵を焼くことが難しかった
・ハンバーグの形をつくることが難しかった!
・スタッフのお姉さんと楽しくお弁当をつくれたのが楽しかった!
・火加減や調理器具を使用するのが大変だった。
・いためたり、ゆでたりするが大変だった。
・たらこを焼くのが難しかった!鮭をどうやって焼いたらいいのかわからなかった(小6・男)
・エビフライが自分で作れた!(小2・女)
・卵をつぶすのが楽しかった。照り焼きチキンが難しかった(小6・女)
・キウイの皮むきが大変だった。
・えびの背ワタをとるのが面白かった(小3・女)






Q.弁当作りを通じて気づいたこと、考えたこと

・お買い物や料理をするってこんなに難しいんだなーと思いました。
・いろんなことが学べたもの!料理やお買い物がとっても難しかった!(小3・女9
・大変だった。ママもつかれるのかな。(小1・男)
・頑張って作るとおもしろい。手際よくつくれてよかったです(小4・男)
・おかあさんのことを考えながらつくりました!(小1・男)
・料理は大変ですごく汚れる。
・お弁当づくりはとても大変だと知りました(小3・女)
・弁当が一人でつくれた!(小3・女)
・つくってよかったな、と思った。料理は難しい!
・難しいところは教えてくれて楽しくできてよかった(小3・男)
・お弁当がおいしくなるようにつくった。おかあさんがお弁当がおいしいと言ってくれてうれしかったです(小3・女)
・弁当づくりは難しくて、お母さんは大変だなーということが改めてわかりました。
・難しかったけどとても楽しかったです!(小6・女)

・今日は楽しくお弁当をつくれて、最後に完成して。お母さんに見せたら「すごい上手だね」って言われたのがうれしかった

・弁当を作るのは大変だと知った。でもお弁当が作れて楽しかった(小6・男)

・お母さんは毎日こんなに大変なことをしてくれているんだなと思いました。お母さんはお父さんと私のために一日3回作ってくれているんだなと思いました(小2・女)

・一人の時でも弁当を作ってみようと思った。

・大変なところや難しかったところもあったけど、お姉さんたちと一緒に弁当を作れた(小6・女)

・お片付けがはやくなった!お弁当がおいしかった(小2)

・弁当作りは自分が思っていたものよりもすごく難しくて面白かった(小6.男)
・お弁当をつくれるようになった!(小3・女)






--------------------------------------------
 ◇ 保護者の声  ◇
--------------------------------------------
▼安武郁子先生の講演 (eatright japan)
・sodateru、とてもいい言葉だと思いました!
・ほめることの大切さが分かった。
・ほめることの大切さ、食べること、素材を選ぶ必要性がわかった
・家族での食事の時のコミュニケーションが大事!
・ぜひ食卓に取り入れたいなと思いました。とても参考になりました。ありがとうございました。
・食事中の姿勢、食を選ぶことが人生を選択する。
・講演がすごく勉強になりました。わかっていながらやっていなかったことをちゃんと実践しようと思います。
・食物だけでなく食べる環境を整えていくことが大事だと知りました。
・もっと子どもの話を聞くこと、注意することばかりで全然ほめていないことにハッとさせられました。
・家族の関わりを見直せた











▼全体を通じて
・親から離れてお弁当作りをすることがよかった

・親と一緒だとできない甘えがでるので、別々の行動がよかった


・素敵なイベントに参加できてよかったです。竹下先生の講演は何度か聞かせていただき、ぜひ子供に体験させたいなと思っていました。ぜひ中学校の家庭科の授業でも「弁当の日」を取り入れていただきたいです。運営関係者、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

・子どもたちも自分の好きなようにお料理を作れて、とても生き生きしていて楽しそうでした。お弁当もとってもおいしかったのでこれを気にもっとお料理をしてもらうと思います。

・食べることは一生続くことなので、自分のために料理に興味を持ってもらいたいという想いで参加させていただきました。男子ということもあり子どもは乗り気ではありませんでしたが、最後終わった後の達成感の笑顔を見れて本当に参加させて良かったです!ありがとうございました!

・こどもたちが終始笑顔で楽しく幸せな気持ちになれました。

・子どもたちの「やりたい気持ち」を大切にしてくださったことがありがたかった

・親子での食育教室に初めて参加しましたが、楽しかったです。
・子どもにとってとても貴重な体験になりました。今後は積極的に食育に参加していきたいと思います。
・買い出し、調理、計画、親なしで料理のプロセスをすべて経験できた


・せっかく興味を持ったので料理教室があるともっと良いと思いました!

・このような親の教育も含めたイベントだと期待していなかったので、期待以上のイベントで参加してよかったです。素晴らしい企画だと思います。

・子どもだけで一からつくるという貴重な機会をいただき、子供達でも作れるということがわかったので今後も関わらせていただこうと思いました。ありがとうございました。

・こどもたちだけで弁当を完成させたのが本当にすごかった。

・個別にメニューをみて材料や器具をチェックしてくださったり、きめ細やかな対応で安心して子供を参加させられました。買い物から一人でやり、調理もママと離れて仕上げられてとてもうれしかったようで「また作ってあげるね!!」と言っていました。写真までいただけてうれしいです。ありがとうございました。


・最初から最後まで自分で作ることができて、自信につながったと思います。


・子どもと全く離れているので、作っている姿もみたいけど、そこは我慢してというのも今回とてもよかったと思いました。その間安武先生のお話を聞くことができて、子育て中でも勉強ができたりととても良い時間でした。ありがとうございました。


・子どもたちが生き生きしていて楽しそうだった。手伝いの人もたくさんいてありがたかったです。


・家族・食を改めて見直そうと思いました。

・教えられるのではなく自分で気付き作っていける自分の大切な毎日を。という企画の主旨を改めて伺い、心が洗われ改めて子どもを育てる重要さを考えました。

・みせす先生のスピーチは感動して涙が出ました。ありがとうございました。

・とても楽しくためになりました。ぜひ来年もお願い致します









-----------------------------

本当に涙がでそうな素敵な言葉の数々(/_;)
この企画を練ったのは・・実は、一年前。

うちの団体でとっていた別の助成金の話をしていて、「弁当の日」でもできないか、っていうのがひとつ。
もう一つ。
竹下先生と出会って。安武郁子さんとも出会って。
「弁当の日」に救われた一人として、メンバーの皆さまと意気投合して。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから。秋か。
武蔵野歯科医師会のときにまたいろいろと盛り上がって、
企画書書いて。助成金申請もそっとして。

そしたら。
弁当の日応援プロジェクトの共同通信の方が背中を押してくださって。
1月くらいに企画案を書き上げて。
4月に、こどもゆめ基金の助成金が決まって。




CGCグループや、カネリョウ海藻さんの協力も入り・・
何度も下見や話し合いをしながら、メンバー集めに必死にあり。
無事イベントを、終えることができました。
心から、感謝しかない。



つくる!たべる!かたづける!

お勉強や、習い事で忙しくなってしまった子どもたちに、
食べること、つくることの楽しさ、発見を。

教えられるのではなく。
自分で気づきを作っていける。



-----------------------------

>首謀者のひとり。運営と裏方をすべてやってくださった、柏木先生。




柏木のおことばを勝手に拝借)

ひろげるぜ!弁当の日!
約一年前に弁当の日のイベントできたらいいねと企画を立ち上げ、
多くの方々の協力を得て今日実現いたしました。

子供たちが作りたい物を買い出しから片付けまで1日で行ってみました。
手探り状態ではじめましたが、はじめに受付に緊張気味にやってきた子供たちが、
弁当を作って保護者と一緒に食べている満足げな表情の違いに、
やってよかったなあと感じています。
いろいろ問題点が見えてきて次回の改善点も見えてきています。
写真は今日手伝っていただいたスタッフの皆さんと。
本当にお世話になりました。

-----------------------------






竹下先生、郁子さんがこの企画を作ってくださり、
私も微力ながら(本当に迷惑しかかけてないですけど)、
関われたことに心から感謝しています。





   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

イベントの最後の締めの部分。
竹下先生の卒業生に向かせたメッセージを読ませていただいた時は、自ら自分に言い聞かせてた。

(一部抜粋)
--自分の弁当を「美味しい」と感じ、「嬉しい」と思った人は、幸せな人生が送れる人です。

---「弁当の日」で仲間が増えた人は、人ともに生きていける人です。



私が、食育活動を始めたのは、
「弁当の日」に出会えたから。

私が、食育活動を続けてこれたのは、
「弁当の日」でつながった人と世界があったから。
https://ameblo.jp/kkp2013/entry-11909876969.html


何度も、いやになった時。苦しくなった時。
弁当の日の恩師である、稲益先生からいただいた言葉をかみしめた。
__食を大切にする人は、
誰かを幸せにする力を知っている。___


こどもたちに感化されて、
夜に大切な人に作ったお弁当はこちら↓




 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

最後。イベントが終わって、帰るときに、
「みせす先生、一緒に写真撮って!」って言ってもらえて。



保護者の方から・・
「いい意味で期待を裏切られました!本当にいい企画でした!!」

そう言ってもらえて、もう涙しかなくて。





-----------------------------
弁当の日の企画でもほとんどすべて料理してある、こども弁当作りの企画はある。
学校で弁当の日を採用するにもハードルが高いのをいろいろと最近は見てきた。
とくに都内はまだまだ浸透が難しい。

だからこそ、
「社会教育イベント」としてできないか、っていうのは、
地域のイベントを実施するみせすにとって命題でもあった。




だからこそ、今回こういうことをできたことが、もう涙であり、奇跡でしかない。



(一応イベント中にこどもたちへのデモもかねてお弁当作ってたw)



この企画を一から一緒に作ってくださった
柏木先生、eatright japanの安武郁子さん、
武蔵野歯科医師会むさしの♡食育クラブの辰野先生をはじめとする先生方
当日スタッフとして手伝ってくれた、ちぃ、ななちゃん、みずほちゃん
荒川区立第三中学校の校長先生、教頭先生、鈴木先生、そしてすべて根回ししてくださった山本先生。
弁当の日でつながってお手伝いしてくださった、竹内さん、泰子さん。



そして。
参加してくださった、みなさま。

参加者の皆様に心からの感謝。

「弁当の日」の効果。
 心から「弁当の日」に出会えたことに感謝して。

これからも。
弁当の日を広めていく一人として、

そして食育の可能性を広げる一人として、活動していきたいと思っています。

\広げるぜ!弁当の日!/




----------------------------------------
▼夏の食育イベントの予定はこちらから▼

▼参加者募集中!
8/18 富山 光るグミを作ろう♡
----------------------------------------





==================================
 ◇ 出前授業・承ります ◇
==================================
KKPでは、出前教室(科学教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
(※要材料費・交通費・講師料。詳細はお問い合わせください)

●わくわくなPTAセミナー
●親子で楽しむ食育教室
●こども料理教室
●夏休みの自由研究
●食育と環境教育のワークショップ

子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもどこにでもいくのでお気軽にご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)

---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体 「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
 〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)

テーマ:
7/16実施。弁当の日事前イベント!


----------------------------------------
▼夏の食育イベントの予定はこちらから▼

▼参加者募集中!
7/16・29 東京 こども弁当作り♡

▼参加者募集中!
8/18 富山 光るグミを作ろう♡
----------------------------------------

昨日は5時起きして荒川区へ。
「弁当の日」
事前説明会イベント! (*^^*)

 


 なんと!親子合わせて50名の参加。

ほぼ満員の中、こどもたちが「お弁当の設計図」と「光るグミ」づくり(◍•ᴗ•◍)!







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国立青少年教育振興機構
 「子どもゆめ基金」助成活動 
 \ 広がれ!弁当の日 /
7/16(月・祝)東京開催
 「やってみよう。自分でつくる弁当の日!事前説明会」
 ~光るグミをつくろう!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2018年7月16日(月・祝)
9:00~11:30(受付開始 8:40)
 【会 場】荒川区立第三中学校 多目的室
 【対 象】小学1年生以上
 【参加費】500円(保険料含む)
 【定 員】先着50名
 【持ち物】筆記用具
 【講師】
▽食育実践ジャーナリスト 安武 郁子
▽関東「弁当の日」応援事務局 柏木 勢
▽キッチンの科学プロジェクト(KKP) 代表 金子浩子(みせす)
 【共 催】キッチンの科学プロジェクト/関東「弁当の日」応援事務局
--------------------------------------------











♡1♡「弁当の日」について
関東「弁当の日」応援事務局長の柏木先生による、食育活動の取り組みの説明 。
 現代の大学生の乱れた食事情(あたしのことすぎめ笑ったw)。こどもたちの心を引き寄せながら弁当の日の取り組みを。








♡2♡食育ミニ講座
 「スーパーマンが教えてるスーパーでの賢いお買い物のポイント!」

レシピ作成のヒント・食育ミニ講座 
Eatright japan代表で食育実践ジャーナリストの安武郁子さんによる食育のおはなし。食育がどうして大切か、保護者がすごくうなづいていて、私はトラブルあった関わらずずっと興味深くメモ\٩( 'ω' )و /






♡3♡「自分でつくる弁当の日 お買い物講座」
スーパーマン...じゃなかった、CGCジャパンの広報室 山形さんによるスーパーでのお買い物講座。旬、食材の選び方。 CGCブランド。私も一消費者としてひたすら引き込まれていきました。







♡4♡弁当を考えよう!
おまちかねのレシピ作成タイム!実際に子供達が好きなおかずをイメージしてお弁当を作ります。







みせすが、つくると、こうなる
\\\\٩( 'ω' )و ////



  ↓  ↓  ↓  ↓ 

設計図をもとにつくる。
(こどもたちは29日ね)









♡5♡食育科学実験のおまけ!
ここでやっとみせすの登場w
「光るグミをつくろう!」 presented by キッチンの科学プロジェクト みせす
ということで、グミ作り。

---私自身の食が乱れていた過去
---噛むことからはじまる食育
---噛むためのお弁当のおかず
---つくることでみえてくる、食べ物の不思議と科学
---ビタミンとミネラルとバランス 

そんなことを伝えながら、弁当の日につなげました(*^^*)♡←つなげられたらいいなぁ















◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

---------------------------------
◇こどもたちの声◇
---------------------------------
//光るグミを楽しく作れてよかった
//光るグミが完璧にできたことがうれしかった
//グミで実験できて楽しかった!
//ブラックライトで光らしたことが楽しかった
/どうして光るか知りたい!
//水あめを入れるところが楽しかった!
//型に注いだりそれをとったりするところが楽しかった
//においがきつかった・・・
//自分でグミを作れるなんて思わなかったのですごく楽しかった!
//納豆が光った!
//自分でグミを作れてうれしかった!
//グミが光らなかった。でもジュースのせいだと聞いたけど何が違うの?って思った
//光るグミをはじめて作ったので楽しかった!

//食べるものでからだがかわるということ
//食べ物の栄養について分かった
//食べ方などのマナーがわかった!
//大学生の女の子があんなごはんを食べていたことにびっくりした。
//バランスよく食べる!
//よく噛む食べ物を食べる!

//新鮮化わかるためにはい、いろいろな見分け方が知りました!
//お姉さんがスマホで調べてくれてとても参考になった

//お料理が上手に作れる方法を知りたい
//お弁当の図をついたところが楽しかった
//お弁当の図をつくってつくりたくなったのでつくることにしました。お弁当作りが楽しみです
//いろいろなお弁当があるのがわかった!
//お弁当の図を描くのが楽しかった!
//弁当の日をしれたことがよかった!
//今日の説明で朝昼夜ごはんをしっかりと取らなければならないと改めて思いました。
//食生活の気を付けること、お弁当のバランスなどを、一日でたくさんのことを知れました!
//食と科学がつながっていることがびっくりした!

//楽しかったけれどやることが少し多かった

//最初から最後まで教えてもらって、皆さん優しくてとってもたのしかったです!







---------------------------------
◇ 保護者の声◇
---------------------------------

//今日お弁当作りを計画することでお弁当作りにすごく興味を持てた様子で、急遽29日を申し込みさせていただきました。本人からやりたいという気持ちをもさせてもらえ、嬉しく思いました。ありがとうございました!

//スタッフのみなさんが親切だった
//スタッフさんが親切、先生が親しみやすかった

//わかりやすくて料理に興味の薄い男の子でも楽しめました。

//食育の大切さ、楽しさを学ぶことができた
//光るグミを作りたい!との希望で今回参加しましたが、食育の大切さを学ぶことができとてもよかったです。家でもこどもたちと食事する楽しさを感じるところから始めていきたいと思います。(お弁当も作ってみようと思います)

//話を聞く、考える、と時間が短く展開するので、飽きずに参加していた。

//係の方の人数も多く、スムーズにできていてありがたかったです。

//実験が楽しそうでした

//女子大生の食生活が印象に残った
//買い物の仕方を教えたことがなかったので取り入れやすかった

//親子で取り組みえたのがよかった
//少し早くてついていけなかったところもあった
//食と向き合うことがあまりない日々に良い機会をもらえてよかったと思います。
//いろんな話がきけて興味深かった
//楽しかったですが盛沢山すぎてあわただしかった
//ワークシートを作る時間がもう少し欲しかった

//グミづくりが簡単にできて材料が身近にあるものでよかった!

//グミが思ったより簡単にできたのでびっくりした!
//子供主体でできるのがよかった
//食について興味を持ってくれたようだった
//子供が楽しく学べてよかったこと








◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

グミの材料のトラブルもありつつ、
柏木先生、りゅうまくんのちから強いサポート、
KKPのスタッフのみんなのおかげでできたことに感謝(´;ω;`)







参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました!





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ということで!?
 本番はこれから!
ワークシートの宿題さえできれば今からでの参加もOKです(*・∀・)ノ゛
 お気軽にみせすまでお問い合わせくださいなっ!





     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
\ 広がれ!弁当の日 /
7/29東京開催
 「やってみよう。自分でつくる弁当の日!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ♡1♡弁当づくり。みんなで スーパーへ!買い出しからはじめるよ!
♡2♡弁当のおかずはみんな同じではなくオリジナル。自分で考えて挑戦! 
♡3♡子供の調理の間、保護者には食育のおはなしも♪
 ♡4♡親子でおいしくいただきます!日頃の食について考えてみよう! 
---------------------------------------------

【日 時】2018年7月29日(日)
9:00~14:00(受付開始 8:40)
 【会 場】荒川区立第三中学校 調理実習室
 【対 象】小学3年生以上の親子


▽詳細・申込みはこちらから▽














 















==================================
  ◇ 出前授業・承ります ◇
==================================




KKPでは、出前教室(科学教室・料理教室・セミナー)を受け付けています。
(※要材料費・交通費・講師料。詳細はお問い合わせください)

●わくわくなPTAセミナー
●親子で楽しむ食育教室
●こども料理教室
●夏休みの自由研究
●食育と環境教育のワークショップ

子供向け、親子参加、大人向けまで、みなさんと一緒に、すてきな時間を共有できたら。
いつでもどこにでもいくのでお気軽にご連絡ください。

◆KKPアドレス:kkp8813@gmail.com
◆代表直通:kaneko.hiroko93@gmail.com(金子)

---〈 食育活動 〉---
子ども向け食育団体
 「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」
 〜科学を通じて食の大切さを伝えます〜
https://ameblo.jp/kkp2013
代表・講師 金子浩子(みせす)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス