リカーショップシライシ - blog
リカーショップシライシへようこそ。

当店は開店以来、お酒のある、より豊かな食生活を提案するお店をコンセプトに営業致しております。
小さなまちの酒屋さんをめざして、いろいろなニーズに答えられる、きめの細かいサービスを心がけておりますので、宜しくお願いします。

昭和62年8月8日創業の酒類小売業、いわゆる酒屋さんです。
日本酒(地酒をメインとする)とワインの品揃えには、少しだけ自信があります。
焼酎では芋焼酎、黒糖焼酎にも力を入れております。

又、店内には並んでおりませんが、当店の日本酒リストにより、約2000アイテムの中から、お客様のほしいアイテムをお撰び頂ける様になっております。

季節ごとにイベントも行っておりますので、ぜひ1度お立ち寄り下さい。

当店はプレミア価格はつけません。

雪中梅・四季桜・富久長・鶴齢・花陽浴・寒菊・澤姫・麒麟山・鏡山などの品揃えに自信アリです!!!

■ホームページ
https://kikisake.jp/

■リカーショップシライシ
埼玉県草加市金明町617-3
TEL 048-941-8888
FAX 048-941-8884
営業時間 10:00 - 20:00
月曜定休

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

[秋田県] 日の丸 HYPER DRY (ハイパードライ)近日発売! 糖類ゼロ‼

糖質と糖類の違い

 

   言葉では少しの違い ですが実はとても大きな違いがあります。

   「糖質」とは、「炭水化物から食物繊維を除いたもの」の総称で

 す。

  「糖類」とは、「糖質から多糖類・糖アルコールを除いたもの」

   つまり「ブドウ糖、果糖、砂糖」など甘いものです。

 

 糖類は消化の必要がほとんどないために急激に血糖値を上げて

 しまうのです。

埼玉県、唯一人(平成28年時点)の鏡開き名人!

 

 

 

         鏡開き樽開け実績 300本以上  まかせて安心  「失敗しないので!」

 

 

           まるく綺麗に開ければ、蓋寄せ書きの台紙になります。

 

 

           鏡開き用の道具も当店で所有しています。

 

 

これも
 酒類専門店・プロの仕事??

埼玉県、唯一人(平成28年時点)の鏡開き名人!

金ベラを入れて両方から徐々にこぜ上げる
やり方ではなく、
しめ木で二番輪(樽の二番目のタガ)を2cm程全体的に下げて鏡後部をたたいて開けると見た目も綺麗??

#埼玉県 #草加市 #リカーショップシライシ #鏡開き名人 #樽開け
#鏡開き #草加市酒屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

[千葉県] 寒菊 愛山50-Red Diamond- 2024〜 純米大吟醸 無濾過生原酒

 

 

超人気の地酒!

 全国人気ランキング7位です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希少な酒米「愛山」を丁寧な原料処理と超低温で醪発酵させた杜氏入魂の一本。

口に含んだ時のボリューム感とほどけるようなほのかに甘い後口。料理と相性が良い

 

 

 

日本酒度          ー5
 酸度               1.4
 原料米           麹米:雄町米
                        掛米:雄町米
 精米歩合        50%
 アルコール度      15度


1.8L      3,850円 (税込)
720ml  2,090円(税込)

《限定品》

※販売中

[埼玉県」花陽浴 「吟風」純米大吟醸 無濾過生原酒  完売!

 

 

 

 

 

北海道原産の酒造好適米「吟風」を100%用いて醸した酒は、香り高く、旨味たっぷり

で後味のキレの良さが特徴です。

 

        日本酒度       ー
    酸度             ー
    原料米        麹米:北海道産  吟風
                         掛米:北海道産  吟風
    精米歩合     48%
    アルコール度     16度

 

    1800ml   4,100 円  (税込)
     720ml    2,05.0 円    (税込)

   ※完売しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

[広島県] 今、注目の蔵・実力派の蔵 今田酒造本店‼

 

当店、36年取扱い「富久長」

埼玉県7件の特約店!

 

120年以上前、吟醸酒の基となる技術が生まれた東広島。

以来、日本の三大酒処に数えられる地だが、需要の低下やコロナ禍により、ここ10年で消費が4割減少した。

そんな中で立ち上がった3人の女性がいる。東広島市安芸津町にある酒蔵の杜氏。精米機メーカーの広報担当。そして、日本酒イベントをプロデュースする雑誌編集者。

日本酒を愛する「サケジョ」が新たな可能性を探り、「広島の酒」の未来を描く。

「サケジョ」~広島の酒、3人が醸す未来~【ドキュメンタリー】

 

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=lqIPVcLYg7U

 ⇑ クリックしてください
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>