フィジカル運動教室 http://www.aso-spo.net/

フィジカル運動教室 http://www.aso-spo.net/

愛知県岡崎市で活動しています、子供たちが遊びスポーツを通し楽しみながら、心と身体の根っ子を育むための教室です

カリフォルニア大学デービス校アニメクラブ「集中日本文化研修」
9月4日〜9月15日

9月10日(火)
愛知県青年の家体育館に於いて
内田先生が顧問を務める
カリフォルニア大学デービス校アニメクラブの学生20名と
あそびスポーツ®︎ネットワーク「フィジカル運動教室、フィジカル空手教室」の子どもたちとのコラボ教室が開催されました


2年前までの10年間
カリフォルニア大学の単位授業の一環として、毎年行われていた愛知県青年の家に4週間滞在しながら日本文化を学ぶというカリキュラム

その講義の一つとして指導していた空手道

また、あそびスポーツ®︎を
スタートさせてからは
学生とのコラボ教室も毎回行っていました

そして

10年間のカリキュラムが終了した翌年には、内田先生のお招きで
今度は私がカリフォルニアを訪れ
様々な刺激を受けて帰って来た経緯の中
スポット的に実現した今回の研修事業

そこで頂いたコラボ教室のオファー

二つ返事で引き受けました


ただ
気になったのは

アニメクラブ?という言葉の響き

日本のアニメが大好きなアメリカの学生

今までの学生とは違う感じなのかな?

内田先生からも個性的な子が多いと聞かされて

などと考えている私自身も
実は、子どもの頃から漫画が大好きで
当時の夢は漫画家になる事だったりしていましたが


こうして、様々考えながら決まった今回のテーマ

それは「家族」

バーチャルな世界を楽しむには
現実と向き合う姿勢が大切だと

内田先生との前打ち合わせの中

現実の人と人との繋がりとして最も尊い関係

それは「家族」

同世代である内田先生と家族について語り合い

決まった「家族」というテーマ

当日は、オリンピア大河原先生と共に
シェル先生
あい先生も久しぶりに顔を見せてくれて


その2人が連れて来た赤ちゃんを
教室のお母さん方が抱いてくれたり、あやしてくれて


林さんが素敵な写真をたくさん撮ってくれて

初めて会った学生たちは
とてもピュアで素直な印象で

先ず、学生さんには集まってくれた子どもたちとお友だちになってと促し

君たちから子どもたちに握手を求めてと勧め

そこには
はにかむ大学生と、はにかむ小さな子どもたちの微笑ましい姿がありました

それでも
その距離はすぐに縮まり

気がつけば手を繋ぎ

ふざけ合い

追っかけっこを始めたり

大きな体にぶら下がる子もいて

そんな空気の中

スタートは久々の登場
シェル先生のキレキレダンス!



東京オリンピックの応援ソング
「パプリカ」に続き

DA PUMPの「USA」

ダンスの前
一つ一つのあそびスポーツを行う前に
学生たちに必ず掛ける一言

小さな子どもたちを守ってあげて

ぶつかったり
腕や足が当たったり
決してしないように

小さな子どもたちを
君たちが見守ってあげて

大きな大きなアメリカの学生たちの中
小さな小さな子どもたち

ダンスに続き
大河原先生のストレッチと体幹、バランスの指導


そして
あそびスポーツ®︎
お見本は小さな子どもたち
先ずは「ストップしっぽ取り」
追いかけたり
追いかけられたり
走り回る子どもの姿を観ていた学生たちに

さあ次は君たちの番だよと促し

始まった大学生のしっぽ取り
しっぽを取ることに夢中になると
ストップの合図が聞こえない
ホイッスルが鳴る度に走ったり止まったり


意外と難しいんですよ
これ

走り回るその姿は
大学生も子どもたちも一緒

みんな違って
みんな一緒

その光景を微笑ましく見守る保護者の皆さん

最後の大縄跳びを終え


大盛り上がりの中
終了した教室


見て
聞いて
感じて
考える

普段
子どもたちに伝えている言葉を
学生たちにも伝え

学生たちに
感想を聞かせてと
私の大好きな絵本を渡し

集合写真を撮り

その光景は

国境を超えた大きな家族のようでした


こんにちは
校長の伊藤です
7月16日のブログから今日
9月6日(金)までの日々

それは一番高い最高到達点から一気に降下したかと思ったらクルリと天地が逆になり、かと思ったら又もや物凄いスピードで上へ下へ右へ左へと振り回されるような
なんとも慌ただしくも、スリルと迫力満点の
それでいて身体に当たる風には清々しさも感じてみたり
そんな日常でした

大須演芸場を訪れたり

扇風機、洗濯機に続いてエアコンが壊れたり


そんな中
7月27日(土)に行った
フィジカル空手教室
体験会



日頃、教室に通ってくれている子どものお友だちやチラシ等を見て参加してくれた子ども
普段はフィジカル運動教室に通っている子も参加してくれて
その中には女の子の姿もちらほら見えて

台風も近づいていた悪天候の中
たくさんの子どもたちの笑顔に
それを見守るご家族の笑顔に
心癒される時間を過ごす事が出来ました

その中には
新たにフィジカル空手教室の仲間になった子どももいてくれて

空手の男子
イケメンが沢山いるから
そんな理由で入会してくれた
可愛い女子もいました

その翌週の7月30(火)から8月1日(木)までの三日間は
前回のブログで綴らせて貰った静岡の空手仲間からご招待頂いた
横浜から豪華客船飛鳥に乗って加山雄三船長と行く
若大将クルーズ



招待がなければ、先ず行ける事も、行く事すら思わなかったクルージングツアー

本当に
本当に久しぶりに穏やかなゆったりとした時間を過ごさせて貰いました

このツアーで知り合った方とは名古屋で一緒に食事をする機会にも恵まれて

出会いの大切さ
ご縁というものの不思議さを深く感じると共に

今日までの日々を乗り切る力の源となった
このツアーに招待して貰った仲間への感謝の想いが
今、このブログを綴りながらも心の底から湧き上がってきます


8月16日(金)から北海道札幌市で開催された全国中学生空手道選手権大会では台風の直撃を受け
仙台経由での大会入り

それでも素晴らしい熱戦の数々に立ち会う事が出来ました
その後も
大阪での資格更新講習会

地元愛知県での
全日本空手道選手権大会、全日本中学生選抜大会の予選大会も
諸先生諸先輩の叱咤激励の中、無事終える事が出来ました

そして迎えた今日は

東京で開催されるプレミアリーグへ日本選手団の応援に向かう新幹線の車中です

今日からの二日間は完全なプライベート

一人の空手人として
世界の空手道を堪能して来ます!

押忍

こんにちは
あそびスポーツ®︎ネットワーク
「フィジカル運動教室」
校長の伊藤です


私は今
8月3、4日に東京武道館で開催された
第19回全日本少年少女空手道選手権大会での審判を終え
地元に帰る新幹線の車中です

この大会では、愛知県選手団も総合成績
女子9位
男子12位と健闘してくれました

監督コーチも皆一丸となり選手を支え、その姿はチームとしての愛知県の未来がとても楽しみに感じられる光景でした



そんな私の今日までの日々は
まるでジェットコースターの様



6月14日、静岡の従兄弟、その三週間後には従兄弟の母親である叔母の葬儀がありました

叔母の危篤の知らせを受け
その叔母の妹であり、車に乗る時は何も知らされずにいた母

その叔母の事を車中で告げ、動揺する母を励ましながら向かった静岡

臨終を看取る事は出来ませんでしたが
母は病院から自宅に戻った叔母の顔を幾度も幾度もさすりながら
撫でながら
長い長い時間語り掛けていました

4人兄妹の中、ただ一人存命だったお姉さんでした

ご主人である私の従兄弟を送った奥さん

お父さんを一年前に送り、たった一人の兄とお母さんを送った従兄弟の妹

そして
最後の姉妹を送った私の母
三人が同じ言葉を呟いていたのがとても切なく印象的でした

その言葉は
「独りぼっち」になっちゃった

同じ言葉を呟く三人に


姉妹がいるじゃないか

ご主人や子どもがいるじゃないか

母さん
父さんも俺たち子どもも
孫もいるんだよ


しかし

背中をさすりながら
肩を抱きながら
そう語り掛ける私には
その一人一人の今の本当の辛さや淋しさを汲み取る事は出来ないでいます

それでも

家族の大切さを

親の大切さを

改めて心に強く刻む機会となりました



7月6日に執り行われた叔母の葬儀には
両親と共に参列し
その道すがら、久しぶりに親子三人で語り合った時間も
天に召された叔母さんからの贈り物なのかな
などとも感じながら両親を実家に送り

その足で向かったのは、翌日開催されたミニ国体(東海地区空手道選手権大会)の会場のある三重県桑名市


葬儀の翌日
大会を終えた週には春日井での石工事の立会い



国体選考会
公認段位審査会


16日には再び静岡へ

この日の昼間は、親戚のお墓の打ち合わせ



従兄弟、叔母さんの葬儀を機会に様々な話をするようになった同じ歳の従兄妹


子どもの頃の懐かしい話にも花が咲き
天に召された家族の話も聞かせて貰う事が出来ました

夜は以前ブログで綴った空手道仲間から、お墓のお礼との事でご招待頂いた料亭での食事会でした



彼の奥さんと三人、こちらでも若かりし頃の話に花が咲き、これからの人生についても大いに語り合い盛り上がった時間となりました



空手道を通して知り合った仲間たち
気がつくと、人生について語り合えるまでの関係が構築され
それがまた、新たな出会いの機会へと繋がって行く

改めて今
空手道という道を歩んで来られた事への感謝の気持ちが深まっています

ここまでのお話
その日はまだ、7月16日(木)

心と身体のジェットコースターは
後半のブログへと続きます
フィジカル運動教室は

◇月4回の木曜クラス
    竹の子幼稚園遊戯室
(岡崎市蓑川町東屋敷16番地)


◇月2回の土曜クラス
    蓑川一区公民館
(岡崎市蓑川町字丸山越11番地)

の2教室で開催しています。

*土曜クラスは午前中となります。

*お問い合わせ等の連絡は、必ず下記まで、会場に直接連絡されることがありませんよう、どうぞよろしくお願いします。


  教室案内


*しばらくの間、土曜クラスは、10時〜11時、前半後半合同教室になります。



9月14日(土)
※会場の都合により、13時〜14時、前半後半合同教室となります。

9月28日(土)
10時〜11時、前半後半合同の、
大河原先生による
教室となります

*10月31日は、11月分の木曜教室となります。

*11月の木曜クラスは、10月31日と11月14日の2回となります。


*白色の日はお休みです。

*休講により、木曜クラス月4回、土曜クラス月2回に満たない場合、または教室をお休みする場合は、別クラスでの受講が可能です。

*休講に伴う月会費は、月2回3000円、月3回4000円、月4回5000円とさせていただきます。(別クラスでの受講も可能です。)

*お休みする場合、別クラスを受講する場合、いずれもご連絡下さい。

*日程は、施設の都合、諸事情により、教室がお休みまたは変更となる場合がありますので予めご了承ください。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

体験や見学は随時受け付けています。
お問い合わせは、下記までご連絡下さい。

totalbalance24@yahoo.co.jp
こんにちは
あそびスポーツ®︎ネットワーク「フィジカル運動教室」

校長の伊藤です


私が最後にブログを更新したのが、4月12日

そして今日は6月24日

気がつけば3ヶ月以上の時が流れていました


今は、この土日に日本ガイシホール第3競技場で行われたマスターズ選考会、愛知県空手道連盟審判講習会を終え


いつものスタバで
事務仕事に取り組みながらも久々にゆっくりした時の流れの中にいます

その時間は
これまでの過ぎて来た時を思い返す時間でもあって

4月21日の愛知県空手道選手権大会を皮切りに
愛知県少年少女大会
地元の岡崎市大会などの各種大会が続き
様々な会議、打ち合わせ
道場での昇級審査会
そして私自身が受講した審査会
9月に予定している合宿の下見に美浜少年自然の家をお訪れ

あそびスポーツ®︎の活動では
竹の子幼稚園の平岩先生からのお誘いで
群馬県から講演に来られた未就園児対象のセミナーに参加させて頂き、講師の先生方と楽しいお酒もご一緒させて頂いて

昨日の審判講習会の夜も
平岩先生と地元の新聞記者さんと3人、行きつけの蕎麦居酒屋で
此方も多くの実りあるお話を聞く事が出来ました

私の本職である石材の仕事も、少しずつではありますが動き出して来て

人は不思議ですね

ある時には
こんな慌しい日々は嫌だと捨て鉢になったり、行き詰まったり

ある時は
その日々での様々な出会いと発見や気づきに心踊ったり

ある時は
悩み苦しみ

ある時は
達成感や充実感に満たされ

人は目指し
悩み苦しみ
もがき考え
それでも目指し
歩みを止めず進み続け

もがき考え続ける中で
気づき気づかされ

いつしか
その想いが感謝の気持ちに繋がり

それまで狭く狭くなっていた視野が徐々に広がり

その歩む道も徐々に目指す先が見えはじめ

そこで人は
調子に乗ったり焦ったりして
少しスピードを上げようとしたところで
また躓いてみたり転んでみたりして
でも
その頃には自分が一人ではない事に気付いていて
周囲に励まされたり、宥められたり、窘められたりしながら

こちらも気づきなのか

これまで受け入れる事の出来なかった様々な周囲の言葉に耳を傾ける事も出来るようになっていて

そこでまた
自分なりに考えて

考え続けたその先は

今日までの日々を送りながら
少しだけ充実感に浸っている

今の私でした








こんにちは!


第12回 全国道場交流合宿の様子がメディアに掲載されましたので、ご報告させていただきます。


「岡崎ホームニュース 2019年 4月12日」


また、全国道場交流合宿の情報はコチラにまとめてあります。
是非一度ご覧下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィジカル運動教室
生和会空手道教室の
体験や見学

伊藤代表への講演のご依頼

随時受け付けています。

お問い合わせは、下記までご連絡下さい。


あそびスポーツ®︎
totalbalance24@yahoo.co.jp


seiwa_office@yahoo.co.jp
09050040504

こんにちは!


全国道場交流合宿の様子がメディアに掲載されましたので、ご報告させていただきます。


「中日新聞 2019年 3月6日」


また、全国道場交流合宿の情報はコチラにまとめてあります。
是非一度ご覧下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィジカル運動教室
生和会空手道教室の
体験や見学

伊藤代表への講演のご依頼

随時受け付けています。

お問い合わせは、下記までご連絡下さい。


あそびスポーツ®︎
totalbalance24@yahoo.co.jp


seiwa_office@yahoo.co.jp
09050040504

こんにちは
校長の伊藤です


突然ですが
実は私
無類の映画好きで
カリフォルニア大学の内田先生からのお誘いでアメリカを訪れた時も
「フォレスト・ガンプ」
の舞台となったキャナリーローの街並みに感動し






その港町モントレーから見える監獄島が
中学生の頃、父親に連れられて観た
「パピヨン」の舞台である事を聞かされ大感動し





実は私が映画好きになったのは

スティーブ・マックイーン
ダスティン・ホフマン

2人が出演したこの映画を観た事が
きっかけでした

そんな私が最近観た
オススメの映画

「ボヘミアンラプソディー」を観て




その余りの素晴らしさに
他の映画を観る気がせずに、少しの間映画館からも足が遠のいていた私が、更なる共感と感動を受けた映画

「グリーン・ブック」




私は映画を観る度に思う事があります

今の時代
いろいろ言われてはいますが
こんなにも素敵な映画が制作され、それを観た多くの人が感動出来る心を持っているのであれば
この先の未来は
まだまだ夢だらけだと

私は映画が好きです
絵本が好きで
人が大好きです



こんにちは
校長の伊藤です


巣立ちと出会いの時期
3月も2、3日の全国道場交流合宿を皮切りに静岡〜東京〜和歌山〜東京と旅から旅の日々

講習会や審査会

各都道府県を代表した高校生たちの熱い戦い


私が東京での審判講習会に臨んだ当日は
埼玉で開催された彩の国中学生選抜大会で、生和会の道場生が試合に挑む日でもありました


その会場には、私に代わって道場生が同行してくれていて
その弟子からも
県監督を務める後輩からも随時、県代表の各試合経過の報告を貰いながら
それは正に
別々の場所に居ながら「共に戦っている」感覚


人は繋がっているんだ
そう改めて感じる時間でもありました



そして迎えた今日は4月4日(木)
あそびスポーツ®︎ネットワーク
「フィジカル運動教室」
新年度はじめての教室には
たくさんの体験希望の子どもたちが来てくれて
シェル先生が赤ちゃんを見せに来てくれて


大河原先生、林さん親子も参加してくれて
親御さんへの対応や事務仕事にも
積極的に携わってくれて
今年から中学生になったフィジカル運動教室OBで、今は空手の黒帯とになった林さんの息子は、子どもたちのお見本としてたくさん体を動かしてくれて
3月に開催した交流合宿を終え抱いた想い

此処でも私の心に溢れた想い
やはり
それは「感謝」でした

こんにちは

校長の伊藤です

 


3月を迎え

季節は春

卒園、卒業の季節です



そんな中

あそびスポーツ

「フィジカル運動教室」でも

この時期は

新たな出会いと巣立ちの時期を迎えています




今回は

2人目の赤ちゃんの誕生を機に

教室を巣立った

新米お兄ちゃんのお話



土曜クラスに通う彼にとって

最後の教室となったのは、2月16日



来年から小学生となる彼の

「気をつけお願いします」

の挨拶から始まったその日の教室



感情を上手く表情に表せなくて

引っ込み思案で

なかなか自分に自信が持てなく

すぐに涙目になってしまう


それが最初に出会った彼への印象でした



どうしたら自信を持ってくれるのかな

どんな時

笑顔を見せてくれるのかな



少しずつ

少しずつ

それは正に

何かをやらせるのではなく

何が出来るのかを見つけて行く時間でした



それでも

日が経つ毎に

尻込みしていたメニューにも加わって


失敗する度に泣いていたのが

目に涙を溜めながらも

それが頬を伝う事も徐々に少なくなり


様々なあそびにも積極的に加りながら


出来た時には

まさに天使のような笑顔

を見せてくれて




そんな時を過ごしながら迎えた彼にとって

最後の教室



私と子どもが1人ずつ手を繋いで

でんぐり返りをしながらはしゃぐ中



彼は以前からそれが苦手で

怖くてなかなか出来ませんでした



最初の頃

先ずは

私の足の甲に彼の両足を乗せて歩くところから



次は

私の膝の所に両足を乗せ手を繋ぎながらブラブラ揺らして



今回は

私の腰の辺りに両足を掛け、笑顔と不安が入り混じった表情で10数えながら

またブラブラ揺らして




すごい高い所まで足が上げられたねと言うと

嬉しそうな笑顔で応えてくれて




そうして迎えた彼にとって教室での最後の挨拶



クラス全員で

「気をつけありがとうございました」

と元気な声での挨拶で教室を終えた後


お父さんに連れられ

お礼の挨拶に来てくれた新米お兄ちゃん




その顔は何故か涙でくしゃくしゃで

何度も何度もしゃくりあげながら声を上げて泣いていました




お父さんも慌てた様子で

しっかり挨拶しなさいと促すのですが


なかなか彼の心は定まらないようで

気がつくと

私は彼を抱きしめていて

こんな風に語り掛けていました




先生はいつもここに居るから

いつでも会えるから


ありがとう

ありがとう

ありがとう


私の目にも自然に涙が溢れてきて

それでも最後は教室の玄関でハイタッチで見送った親子の後ろ姿に

充実した喜びと

少しばかりの淋しさを感じている

自分がいました




教室をはじめて8年



年中さんで入会して

春には中学生になる子もいます


この教室には試験も卒業もありません







心と身体の根っこを育む

はじめの一歩






次の一歩は

自分の力で歩み出す事が出来るように

そんな願いを込めた教室です






巣立ちの日を迎えてくれた子どもたち


出会ってくれてありがとう


この春、新たに出会う子どもたちにも


出会ってくれてありがとう