悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

NEW !
テーマ:

 

さて、不思議なもので私たちには、

 

日常に際して、「他人の目」 を気にする場面がそれなりあったりするものです、、キョロキョロ

 

 

 

実はこうした時、、とても良い求道のレッスンになったりもするので、

 

今回は、その際のエネルギー的様相を観てみたいと思います、、虫めがね

 

 

 

というわけで、「他人の目」 が気になる時というのは、、

 

ま、単純に、「それを気にする自分」 がそこにいるというエネルギーが起きているというわけです、、

 

いわゆる、個体性から来る 「収縮」 性が鋭くなっているとも言えるでしょう、、

 

 

「自分」 がいるから 「気になる」 というだけの、一種のエネルギー的な現われですから、

 

これが別段、「問題」 であるというわけではありません、、

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

 

さて、その 「気になる」 という感覚を、もし感じられたとしたら、、ひらめき電球

 

新たな可能性がそこで開けてきます、、ドア

 

 

それは、、「気になる」 エネルギー、「気にしてる自分」 を見つめることへと視点の移行を見出し始めるということです、、

 

 

その最中、「気になる」 感覚や、「気にする自分」 を何とか消し去りたいとか、

 

それらを感じないようにするにはどうすればいいのだろう、などといったところの、、

 

コントロールしようとするエネルギーにももし気づけたとしたら、、それも見守りましょう、、

 

 

「気になる」、「気にする」 ということを 「何か」 に作り変えようとせず、、

 

ただ、それを 「見守る」 領域に留まります、、

 

 

 

往々にして、、「相手」 は 「私」 をこんな風に思っているに違いない、、

 

もし 「相手」 に 「私」 があんな風に思われていたとしたらどうしよう、、

 

 

といった具合に、思考の混乱 (ストーリー) もまた付きまとうものですが、、

 

それこそ実際には、コントロールの及ばないものであるということをしかと見て、、

 

思考が、「相手」 と 「自分」 という分離像をここぞとばかりに実体化させようとする様子を見抜くのです、、

 

 

 

さて、この 「気になる」 から 「気づく」 への移行、、

 

「気づいている」 というプロセスの中で、、徐々にではありますが、、

 

個体性から来る 「収縮」 は解放され始めます、、虹

 

感覚的にはさほど違ったようには感じられないかもしれませんが、、

 

 

「気づいている」 か、「そうではない」 かといったことには天と地ほどの違いがあると言って良いでしょう、、

 

 

 

 

ま、もちろん、ここまでのレッスンでも全くもって充分ではありますが、、

 

禅的に言えば、、これは、、「静中の工夫」 といったところで、、

 

禅はさらにもう一つの草鞋を使いこなします、、即ち、、「動中の工夫」

 

 

いわゆる、ここで一期一会、、あるいは、マカエンの禅定で以て、、

 

現象、あるいは、相手とひたすらに出会います、、ドア

 

 

あーじゃこーじゃの思考の混乱や不安を振り払い、エネルギー的に分離性を強固にしていた、

 

「相手」 に対して、、「自分」 の都合を手放し、

 

ただひたすらに 「出会う」 ということに三昧することで、─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

 

 

エネルギー的には、、「自分」 というエネルギーは解放され、「相手」 との統合がなされると言っても良いでしょう、、ヽ(*・ω・)人( ̄ー ̄*)ノ

 

 

 

 

 

 

 

※というわけで、この休みは、地元の大きなお祭りに三昧しておりました、、(∩・∀・)∩

 

今年も大河女優のあの方がお越し下さりました、、( ;∀;)

 

 

今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

さて、何かが起こるにつけ、、

 

「偶然」 なのか、「必然」 なのか、、

 

 

思考意識はすぐさま現象を 「枠」 で覆いたがります、、

 

ことスピリチュアルでは、「必然」 であるという風に 「思い込む、思いたがる」 傾向が割と多かったりするような気がしますが、、

 

 

 

ま、つまるところが、「偶然」 にしろ、「必然」 にしろ、、

 

そのどちらもが、「概念」 上の 「くくり」 でしかありません、、

 

 

 

すべては必然です、、といったフレーズは、、

 

「必然」 であると 「思う、決める、信じる」 思考が背景にあってこそ成り立つ宣言であって、

 

 

思考なしにその 「枠」 は存在し得ないものである以上、、

 

空想上の産物 (仮のもの) であるということが自然と見えてきます、、

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

 

「偶然」 か、「必然」 か、、それを分けるのは思考です、、

 

 

あるいは、「必然」 であると信じて疑わないのもまた、

 

思考によって足場を堅固にし、それに頼りたいとする自我 (恐れ) から来る、

 

一種の収縮であり、執着と言えるでしょう、、

 

 

 

本当のところで、それが 「必然」 なのか、あるいは、「偶然」 なのかは、、

 

分かり得ないものであり、分けられ得ないものです、、

 

 

 

ま、とは言いつつ、、真実と共に覚めてさえいれば、、

 

偶然もよろし、必然もまたよろしです、、「概念化」 もまた意識の中の現れであり、この世を彩るダンスでありますから、、

 

 

 

真実に還るカギは、、いつも、それら 「概念」 を見守る気づき (アウェアネス) と共にここにあります、、

 

故にいつでも扉は開きます、、この言葉と共に、、

 

 

分かり得ない、、カギ

 

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

台風が過ぎ去った夕暮れ、、例の少年が (笑)、、虹

 

またあの先生に質問をしました、、パー

 

 

 

先生!戸締り作業中いつもお邪魔してすみません!

 

 

・・・・( ̄ー ̄)凸

 

やぁ、台風一過にかこつけて、今日も熱心にお勉強かな?

 

さて、今日は何かな?

 

 

はい!先生!ズバリその、、人はなぜ迷うのでしょう??(。・ω・)ノ゙

 

 

 

ふむふむ、、「迷い」 についてですか、、

 

そうですね、、その前に、一つ確認しても良いですか?

 

そもそも、なぜ、自分が 「迷っている」 と分かるのでしょう?

 

 

もしかしたら、それは、「迷っている」 のではなく、、

 

「迷っていると信じている」、あるいは、

 

「まだ 『自分は』 悟っていないと思い込んでいる」 ということと混同しているのじゃなかろうか?

 

 

 

いや、、それは無いと思います、先生、、

 

自分は知らなければならないことがまだたくさんあると思いますし、

 

話に聞くところの、超越的な目覚めの体験をまだしていませんから、、

 

 

ですから、「真実」 が何なのか、、どこに 「答え」 があるのか、、

 

私はまだ探している最中なんです!ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ

 

 

 

 

だから、それが、「迷いを信じている」、「悟っていないと思い込んでいる」 ということなのですよ、、

 

自分が、「迷っている」 と断言している、あるいは、そうであると信じて疑わないからこそ、

 

「真実」 を探しに出かけるという力学が起こるのですよ、、

 

 

「自分」 という存在を思考で以て限定化し、その 「自分」 が 「迷い」 の中にいると 「枠」 に閉じ込めている、、

 

「自分」 と 「真実」、「迷い」 と 「悟り」 を二つに分け、

 

「どこか」 にあるはずの 「真実」 を追い求め、いつか 「悟れるはずの自分」 を思い描く、、

 

それこそが思考による、分離の動き、二元的エネルギーの習性であると言って良いでしょう、、

 

 

 

・・・・(゚o゚〃)

 

えっ??ってことは、僕は、、「迷っている」 という状況を自分 (思考) で作り出し、

 

その 「枠」 の中にいることで、「真実」 との間に壁を作ってしまっているということなのですか??

 

 

 

まぁそうとも言えるでしょう、、

 

「迷い」 という幻想上の産物がなければ、「真実」 や 「悟り」 などという言葉は必要ありません、、

 

つまり、見つけられるべき「真実」、辿り着くべき 「悟り」 があるように思えるのは、、

 

対極にある 「迷い」 があるからで、、「迷い」 というものへの執着や妄信、信念さえ手放せれば、、

 

 

そこにあるのは、、初めからある明白さだけであると言えますから、、

 

釈迦が言った、、「ただ涅槃だけがある」 とはそのことを言い表しています、、

 

 

 

・・・・フムフムφ(.. )

 

初めからある明白さ、、涅槃だけ、、フムフム、、φ(.. )

 

何となく、分かって来ました、、あ、あと先生!もう一つすみません!

 

では、私たちが迷わないためには、どうすればいいのですか??

 

なかなか思考の習性に気づくというのは、難しいようにも思うのですが、、

 

 

 

なるほど、、それは良い質問です、、

 

もちろん、思考に気づく、思考を見抜くというのも、求道における大切な取り組みだったりもしますが、、

 

そうしたことを脇に置いといて、、私たちが 「迷い」 の中にハマってしまわないための方法ですね、、

 

 

よろしい、、そもそも、「迷い」 という状態は、、

 

「どこかへ行こうとする」 ことで起こるものだということをお伝えしておきましょう、、

 

 

ですから、、逆を言えば、、どこにも行かなければ、「迷い」 は生じようがありません、、

 

この相対の世界で、これを見事にやってのけるアプローチがひとつだけあります、、秘密

 

 

 

・・・・・!!∑(゚Д゚)

 

おお、、そ、それは!?

 

 

そう、それが、「禅」 です、、「禅」 というのは、「今ここだけ」 にフォーカスするアプローチであり、

 

「今ここ」 以外は一切扱わないという態度をその基本としているのです、、

 

 

このシンプルさが、まさに、「真実」 と共に在る、

 

あるいは、「真実を生きる」 エネルギー的様相をダイレクトに実現してくれると言っても良いでしょう、、虹

 

 

 

・・・・!!ヽ(*'0'*)ツ

 

わ、分かりました、先生!!僕も、今を生きます!真実を生きます!!

 

 

 

そうですね、、( ̄ー ̄)ノノドア

 

GO HOME NOW!!

 

 

 

ある日の探求の窓より、、虫めがね

 

 

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

世の中の、「幸せ」 を見ていったとき、ふと気づくこと、、

 

 

それは、、大なり小なりいろいろな種類の 「幸せ」 があるとは言え、、

 

 

そのすべてが個人 (時には集合体) の 「都合」 で以て観念化されているという点、、

 

もちろん、そうした観念的な 「幸せ」 もまた、この相対の世界を生きる上では、

 

 

ある種の原動力になるということは実際あって、

 

それらを否定すべきという話ではなく、、

 

 

これまでも折に触れて書いてきた通り、、

 

「幸せ」 という観念的な思い込みが、思考で以て 「枠」 を形作られると、、

 

 

 

当然、その 「枠」 に入りきれないものは、

 

「幸せでないない取るに足りないもの」、あるいは、「不幸せなもの」 ということで、

 

二元的な反動というべき力学によりこの世界に生み出されてしまうというところに、

 

 

悟り系は注目したいと思うのであります、、ひらめき電球

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

つまるところ、日常の中で、「幸せ」 の枠に入らないことが身に降りかかった場合、、

 

瞬間的に、思考感覚は、それを 「非幸せ」 として認識し、それと同時発生的に、

 

 

それを経験している 「私」、あるいは、まさにそれが 「この身」 に (個人的に) 起きている、、

 

という具合に、、二元感覚、分離感覚のストーリー性が強まり、エネルギー的には流れが滞ってしまうとも言えるでしょうし、

 

あるいはまた 「固定化」 された違和感に苛まれるという方向へ陥ってしまいかねなかったりもするものです、、

 

 

 

よって、「幸せ」 を手放した分だけ、、「非幸せ」 もこの世から消え去ります、、秘密

 

「幸せ」 という現象に対する一方的且つ、個人的な (都合による) レッテルが解放されれば、、

 

 

私たちの (エネルギー的な) 自由の感覚はより本来的なものとして広がりを見せることでしょう、、

 

 

 

悟りの世界に、「幸せ」 (という観念) は必要ありません、、虹

 

 

 

 

というわけで、最後に、あの先生からどうしてもということで一言、、笑

 

 

・・・・( ̄ー ̄)ノ

 

そもそも 「幸せ」 と 「幸せじゃないもの」 を決めているものは何かな?

 

今目の前で起きていることが 「幸せじゃない」 と思い込んでいるのはなぜかな?

 

「幸せ」 と 「幸せじゃないもの」、、それらがそうであるという 「信念」 に気づき、それを手放せたなら、、

 

どんな感じがするだろう?

 

難しいことはない、、「幸せ」 (という枠) を作るんじゃない、、

 

そうすれば 『幸せ』 になれる (還れる)、、( ̄ー ̄)b

 

 

 

 

※というわけで、相変わらず一言では終わらない先生ではありますが、、(;'∀')

 

今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

「探そう」 とすると、瞬間、今ここにないもの、今ここではないどこかへ意識が外されてしまいがちです、、

 

 

つまるところそれは、今ここというのがあまりにも身近であるために、

 

私たちは、無意識のうちに、

 

今とは違ったどこかに 「探すべきもの」、「見つけ出すべき何か」 があると信じて疑わないためです、、

 

 

 

けれどももし、その 「どこか」 で探そうする動きを注意深く観察し、ランニング

 

意識が、今ここから離れようとする瞬間をしかと 「見る」 ことができたなら、、

 

 

「気づき」 の下で、明るみに晒された今ここ外しの様相は次第に静まり、、

 

在るべき場所、私たちが本当に探すべき場所へ意識が照準を合わせ始めると言うこともできるでしょう、、カギ

 

 

 

求道における探し物は、、「どこか」 へ行くのを止めた時、、

 

どこにも行かないことに真に諦めた時、、それはたった今、まさに私たちが居るその場所で見つけ出されます、、虹

 

 

そこ以外で見つかることは決してありません、、

 

ですから、崇高な境地や、神秘的な次元、、超越的な意識状態などに憧れないようにしてください、、

 

 

 

 

 

 

解放を探せば、解放を見落としてしまいます。

 

探しながら、自分は解放とは別のもので、目の前にこれは解放ではなく、

 

「それ」 はどこか 「外側」 で見つけ出せる何かなのだと、私たちは想像します。

 

・・・・・・

 

解放とは、解放をどこか別の場所で探すのが終わること、

 

あるいは、解放というものはたった今の目の前のこことは

 

必ずどこかは違って見えるはずだという思い込みが終わることだと言っても、たぶん構わないでしょう。

 

・・・・・・

 

解放とは、<答え> を手にしているという意味ではありません。

 

解放とは、宇宙の仕組みをすべて解明したいということではなく、

 

すべてを解き明かしたいという貪欲な欠乏感がなくなることです。 (ジョーン・トリフソン)

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

禅の基本は、「ここ」 を生きること、、

 

 

禅は、「ここ」 に居るから、「ここ」 を生きるというシンプルな、

 

「一所」 懸命の禅定力をその修行の中で身に付けていきます、、─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

 

 

 

もちろんこれだけでも、今ここというリアリティを生きるということは充分に適っているとは言えます、、

 

 

けれども、禅は、、この相対 (に見える) 世界の性質をうまく 「使って」、、

 

相即相入の豊かなエネルギーの交流、さらには、「合一」 を生み出し、

 

 

その場に生きる皆と共に、浄土実現へと橋渡しをするアプローチを見事に作り上げています、、虹

 

 

 

それが、、禅の真髄とも言える、、一期一会であると言っても良いでしょう、、

 

こと、白隠禅師に至っては、マカエン (大乗) の禅定という言葉で、

 

後世の私たちへ遺言というべきポインターを遺していると言っても良いでしょう、、カギ

 

 

 

私がしばしば、禅的な、「出会い」 という話をするとき、、

 

それはもちろん、「人」 に留まらず、物や感情も含め、

 

 

様々に今ここに現れるダンスへの 「出会い」、、逃げずにその中に入って行く、、という意味で使う場合も多いのですが、、

 

 

 

敢えて、今回は、、「人」 との出会い、、場における交流についてということでフォーカスさせて頂くと、

 

その際、この一期一会、あるいは、マカエンで以て、「出会い」 中に入って行くとき、、

 

 

つまりが、「自分」 というエネルギーに囚われるのではなく、

 

「自分」 を手放し、「相手」 への帰依、その場を活かす方向へと三昧を流すとき、、

 

 

私たちは、相対という 「見かけ」 を超え、絶対の門をその場でくぐるとも言え、ドア

 

その時の合一のダンス、調和のダンスこそ、、白隠禅師が私たちに見せたかった景色であるとも言えるかもしれません、、

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

というわけで、非二元性とは、辿り着くべき境地ではなく、、

 

まさにこの瞬間、私たちはそれと共に在るのです、、ヽ(*・ω・)人( ̄ー ̄*)ノ

 

 

探す場所は、、今ここ以外にはありません、、

 

探し方が分からなければ、、禅的、「一所」 懸命、一期一会、、が何よりの道しるべになるでしょう、、

 

 

 

今ここを外さない禅は、、即ち、、真実を外さない、真実を生きる道なのです、、虹

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ある日の夕暮れ、、一人の教師が教室を覗くと、、ドア

 

 

・・・・??|ー ̄)

 

 

コンコン♪( ̄ー ̄)ノノ

 

 

 

あ、先生、、∑(゚Д゚)

 

いつも遅くまですみません、、今日はちょっと瞑想の練習をしていました、、(⌒-⌒; )

 

 

ほう、瞑想ですか、それは感心ですね、、

 

 

 

いや、、それがなかなかうまくいかなくて、、

 

先生!瞑想がうまくできるようになるコツってあるんでしょうか??(。・ω・)ノ゙

 

 

 

瞑想のコツ?ですか、、なるほど、、

 

と、その前に、一つ確認をしておきたいのですが、、

 

 

なぜ、君は瞑想を上手になりたいと思うのですか?

 

 

 

うーん、、それはやっぱり、、瞑想が上手になれば、、

 

意識が高い状態に移行できるような気がして、、

 

何より、悟りに近付ける、あるいは、悟れるんじゃないかって思うんです!

 

 

 

そうですか、、まず、瞑想ということにおける大前提として、

 

瞑想を通して、どこか崇高な境地へ辿り着こうとしたり、、

 

瞑想中だけ、特別な意識状態に移行できるとかいう誤解はしないようにしてください、、

 

 

 

・・・・(゚o゚〃)

 

 

瞑想というのは、、特別な状態のことではなく、、私たちの自然な姿そのものであって、

 

頑張ってその状態に 「なろう」、とか、もっと上手にその状態を保てるように 「なろう」 とか言うのは、

 

 

瞑想における根本を外してしたまま、「迷走」 することになり兼ねませんから注意が必要ですね、、

 

 

 

・・・(。´・ω・)?

 

先生、、瞑想が、自然な姿??ですか??

 

 

 

そうです、、瞑想というのは、ある意味では、、

 

日常的に奔走を続ける個体感覚をくつろがせ、「自分」 というエネルギーを脱ぎ去るようなものと言っても良いかもしれませんね、、

 

もちろん、この 「自分」 の状態も、もっと広い意味では、「自然」 でないことはないのですが、、

 

 

個体性というのは、その特性上、、「収縮」 と 「所有」 の感覚が付きまとうため、、

 

エネルギーの滞りや詰まりというのが、、肉体的にも感覚的にも、、

 

違和感や疲れのような感覚で以て現れたりするので、

 

 

エネルギーを流す、自然に還る、調和へと明け渡すといった意味で、瞑想はとても良いツールであると言えます、、

 

ま、例えるなら、、もつれた結び目を丁寧にほどくと言った感じでしょうか、、

 

 

 

 

 ・・・・φ(.. )

 

なるほど、、そういうことなんですね、、

 

 

じゃ、これからは、「頑張って」 瞑想したり、

 

瞑想を通して、「どこか」 へ辿り着こうとしたり、「何か」 を得ようとかはしないようにします!

 

 

 

そうですね、先ほども言ったように、、瞑想は私たちの自然な姿であり、

 

もっと言えば、、瞑想の質こそが私たちそのものなわけですから、、

 

 

すでにそれであるところのものに、「近づく」 ということがそもそもの機能不全になってしまいます、、

 

 

ですから、まずは、目を瞑って、力を抜いて静かに坐ってみてください、、

 

ま、話の流れなので、いわゆるコツとしては次のポイントを取り入れてみると良いかもしれませんね、、

 

① 背骨を伸ばす 

 

② 感覚 (聴覚・触覚・嗅覚など) や 思考・感情にただ気づいて居る

 

 

 

・・・・・φ(.. )

 

おお!!分かりました!さっそく先生の言うとおりにやってみます!!

 

 

 

 

って、、毎度、、続きは自宅でね、、( ̄ー ̄メ)

 

 

 

 

ある日の探求の窓より、、虫めがね

 

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ある日の夕暮れ、、一人の生徒がまた (笑) 質問をしました、、パー

 

 

先生!真実は、ズバリ!どこにあるのでしょうか?(。・ω・)ノ゙

 

 

・・・・( ̄ー ̄)

 

 

やぁ、今日も熱心だね、、真実は 「どこ」 にあるか、、ですか、、

 

そうですね、、その前に、一つ確認してもいいですか?

 

 

 

真実は 「どこ」 にあるのだろう??と言うとき、

 

その質問の背後にある感覚 (エネルギー) を見つめてみましょう、、

 

 

つまり、真実は今ここには見当たらないから、

 

今こことは違った 「どこか」 を探せば見つかるかもしれない、、

 

その 「どこか」 は一体 「どこ」 にあるんだろう、、

 

「どんな」 取り組みを実践し、「どんな」 教師を求め、「どんな」 修練を積めば

 

自分はそれを見つけることができるんだろう??

 

 

といった感覚が隠れていることに気づくことができますか??

 

 

 

・・・・・(゚ー゚;

 

はい、先生の言うとおりでした、、(;´▽`A``

 

 

 

よろしい、、それに気が付けただけでも、ずいぶんなショートカットになりますよ、、

 

では、次の段階です、、真実はどこにあるのか、、

 

 

さて、この時、当然と言えば当然ですが、、

 

 

「自分」 はまだ真実を知らない、、

 

「自分」 はまだ真実を知るにふさわしい境地には達していない、、、といった具合に、、

 

 

そこには、「崇高な何か」 を知ることができる 「誰か」、

 

「超越的な境地」 に達することができる 「誰か」 がさもいるかのような感覚、

 

 

いわば、「個人の感覚」 がいつの間にかそこに頑としてあるのを感じられるかな?

 

 

 

・・・・∑(゚Д゚)

 

た、確かに、、真実って何なんだろう、どこにそれはあるんだろう、、と言ったとき、、

 

それを知ったり、手に入れたりすることができる 「個人」 がいるような妄信がそこにありますね!

 

 

 

その通りです、、となるとどうでしょう、、

 

 

「真実」 というものと、「私」 との間の分離の感覚、

 

いわゆる、二元対立が観念の中で見事に 「思い込み」 として出来上がってしまうというわけなんです、

 

 

 

・・・・φ(.. )

 

なるほど、「個人」 がいると、、真実と距離ができてしまう、、フムフム、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

 

真実と私が別物になってしまう、、フムフム、、('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

 

 

 

そうです、、ということは、どういうことです??

 

 

 

・・・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

も、もしかして、、逆を言えば、、

 

私たちは、真実との距離がない!真実と別物じゃない!

 

 

っていうことですか!!

 

 

 

・・・・( ̄ー ̄)b

 

 

ととと、、ということは!!!

 

ししし真実ってもしかして、、初めからそのつまり、、ヽ(*'0'*)ツ

 

 

 

 

さて、君が帰れば、戸締りができるんですが、、カギ

 

というわけで、さっさと 「還り」 なさい!( ̄∩ ̄)ノドア

 

 

 

・・・・(O_O)

 

 

 

ある日の探求の窓より、、虫めがね

 

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

「恐れ」 というのは、個体の存在プログラム上、

 

とても優れた機能であると感じられます、、

 

 

 

「恐れ」 即ち、自我、、という説明の仕方も可能ですし、

 

自我というものが、「恐れ」 というエネルギーで以て肥大化し、

 

個体感覚がより強固なものに発達していくというプロセスはある面、的を射ているように思います、、

 

 

 

さて、多くの悟りメッセージの中には、、

 

自我を滅しよう、恐れを手放そうといった言葉がまま見られることもありますが、、

 

 

自我を 「対象化」 して、それを滅しようとすればするほど、

 

自我という、ある種エネルギーの流れであるはずのダンスが、

 

固定化され、実体性を増すことに繋がりかねません、、おばけくん

 

 

 

「恐れ」 に関しても、それを手放そうとすればするほど、、

 

実際に、「恐れ」 がそこに頑として在るという信念にはまり込んでしまうこともあるでしょう、、ドクロ

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

長年、こうした自我の構造を見て来た者として、

 

最近の禅的アプローチも合わせて言わせてもらうならば、、

 

 

自我は滅せずとも、それに 「気づけば」 それでお終い!でいかがでしょう、、

 

気づきの光のもとに晒された幻影のダンスは、、

 

 

光が当たった瞬間、それが本当にそこにあったのかと思うほどに、瞬間消散することもあれば、、

 

自我を気づきの中で受容するとき、、ある意味で 「溶解」 するような感覚も感じられるかもしれません、、

 

 

 

「恐れ」 に関しては、やはり、それから逃げずに出会うこと、、

 

禅的、一期一会の三昧が転換へといざなう何よりの効果を発揮することでしょう、、虹

 

 

 

現象に対して抱く 「恐れ」 は、ある意味 「一方的」 なもので、

 

外側にその実体があるのではなく、内側の都合や観念の集積した感覚がそれを 「恐れ」 だと限定化しているとも言えるものですが、、

 

 

ですから、そうした感覚が足をもつれさせる様相を感じられた時は、、ランニング

 

それを避けるのではなく、、進んでその中に入って行く、、ひたすらにそれと出会い、一緒にいることで、、

 

 

 

「恐れ」 に対する二元的な (収縮の) 感覚は徐々に解放され、三昧が生み出す受容性の中で、、

 

まったく違った何かがその場で芽吹く様に出くわすこともあるでしょう、、虹

 

 

 

 

 

 

 

ってほんと、、毎度、、とある映画ばりに (笑)、、

 

ZEN!ZEN!ZEN!ZEN!!と、やかましいきらいもありますが、、流れ星

 

 

人生には、ほんと、禅だけで十分ですね!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

分からない、分けられない、分かり得ない、、

 

 

この際の体感と共にいることを、いわゆる、(くう)、、と言っても良いでしょう、、

 

 

とは言いながら、私たちがそれでないことはまずないわけなので、

 

一時的に、思考のつかもうとする働きや、自我のより安心し癒されたいという 「恐れ」 が

 

駆り立てられているがために、その実相が見事に 「見えなくなっている」 という様相はままある話です、、

 

 

 

これが 「見えない」 のは、、

 

ある意味、そこ (本来的存在場) から 「離れようとする」 エネルギー、

 

それを 「つかもうとする」 ネルギーの動きに無自覚的であるから、とも言えたりします、、

 

 

 

今ここ以外への奔走の感覚や、、

 

あるいは、今ここが不快に感じられるために、より安心できる今ここを取り戻そうとする動き、、

 

 

などが感じられた際は、、何が現れているにしろ、どんなに強迫的な感覚が恐れを揺さぶるにしろ、、

 

その場に立ち止まり、その場から離れない、、富士山

 

 

その場にひたすらに深まるとき、ある種の 「転換」 が起こることもあるでしょう、、

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

私たちが安心できないのは、、解決しようとしたり、解明しようとしたりするエネルギーに、

 

無意識的に 「恐れ」 を駆り立てられているからです、、

 

 

だから、より安心できる 「何か」、満足できる 「どこか」 を求めてしきりに 「走り」 続ける、、

 

留まることのないエネルギーに、「安心」 が満ちることはありません、、

 

 

安心とは、留まること、そのままでいること、今ここを受容することによってもたらされるものです、、虹

 

 

 

 

 

ハートの奥深くからの切望が満たされるのは、

 

あらゆるものの意味をつかもうとする努力が落ちるときです。

 

・・・・・・

 

人間の苦しみの大部分は苦しみから脱しなければいけないという

 

必要と努力だということを発見するかもしれません。そして、驚いたことに、

 

最大の救済はどんな救済もまったく必要としないところにあるのだと気づくかもしれません。

 

(ジョーン・トリフソン)

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。