景表法ニュースレター バックナンバー

景表法ニュースレター バックナンバー

景表法の最新情報がわかる!
業界関係者必読のメールマガジン

景表法の最新情報、ライティング例、「セミナー情報」や「お得な知識」など、盛りだくさんの内容で配信しております。

弁護士出身の実業家・林田です。

 

今日と次回は、被験者数をどう設定するか?

(サンプルサイズ)についてお話しします。

 

世の中には、統計学や医療統計のお偉い先生方

が沢山いらっしゃいますが、サンプルサイズに

関しては、どの先生の本も論文もとてもわかり

にくく歯切れが悪いです。

 

今回お話しするのは私なりの考えですが、この

考えに基づいて消費者庁にエビデンスを何度も

提出して何かを言われたことはないので、消費

者庁のレベルはクリアーしていると思います。

 

イ.サンプルサイズの設定方法としては(1)

定性的に決めるやり方と(2)定量的に決める

やり方があります。

今日は定量的に決めるやり方を説明します。

 

ロ.どちらの考え方にせよ、(a)危険率、

(b)検出力、(c)効果量がKEY FACTORに

なります。

 

このうち、(a)危険率は有意差と同じことで、

許容範囲の間違う確率です。

通常は0.05ですが(95%正しい)、0.1(90%

正しい)に設定することもあります。

 

(b)検出力は、真実をえぐり出すパワーで、

通常は0.8と設定します。

 

(c)効果量は「差」の強さです。

同じくP=0.05であってもサンプルサイズが大

きい=被験者数が多いためにそうなっているに

すぎないケースもあります。

通常0.8か0.5で設定します。

 

ハ.これらのKEY FACTORを「G.POWER」

に入れるとサンプルサイズが出て来ます。

本物(active)群とプラセボ群を比較する独立

2群だと、別表のようになります(>)。

 

つまり、P=0.05、Effect Size=0.5、Power=0.8

という理想形だと、

N=64×2=128となります。

 

ちょっと甘くして、P=0.05、EffectSize=0.7、

Power=0.7とすると、

N=27×2=54となります。

これで、△という感じ。

 

さらに甘くして、P=0.05、Effect Size=0.8、

Power=0.7とすると、

N=21×2=42となります。

これで、△~×という感じ。

 

P=0.05、Effect Size=0.8、Power=0.8だと、

N=26×2=52となりますが、この辺(N=50

あたり)が妥当ラインかと思います。

 

たとえば、「薬理と治療」51・7.1018(オルト

メディコ)がその例です。

弁護士出身の実業家・林田です。

 

A.先月26日の薬事の虎に「今なら0円」と

いうキャンペーンについて書きました。

 

その要点は―

 

1.「今なら」の期間を明示すべき。

「今なら5月15日まで0円 ※4月1日開始」

か「今なら0円 ※4月1日~5月15日」

(キャンペーン期間が4W以内なら「今なら

0円」だけでもよい)

 

2.「春のキャンペーン」「秋のキャンペーン」

と繰り返してもよいが、キャンペーン期間は1年

の半分以内であることが望ましい。

 

B.「今だけ」は原則1回であり、繰り返すの

はきわめて危険です。

フィリップモリス社は電子タバコ広告で「今だ

け」を10回以上繰り返し、2019年6月21日

に措置命令を受け、2020年6月24日に5億

円超の課徴金支払命令を受けています(>

課徴金DB)。

 

C.「ここだけ」もご注意下さい。

重要な先例は2018年3月16日に措置命令を

受けたショップチャンネル事件です(>措置命令DB)。

この事件は、「ここだけ価格。どこよりも安い

と訴求していたが、実際にはもっと安い販売例

があった」というものです。

弁護士出身の実業家・林田です。

 

消費者庁は4月26日、エステー社の花粉対策

商品MoriLaboの訴求「花粉を香りでガード」

に合理的根拠がないとして、措置命令を下しま

した(>措置命令DB)。

 

今日はこの事件についてお話しします。

 

1.本品は置き型だったりマスクに塗るタイプ

だったり色々ありますが、「花粉を香りでガー

ド」の仕組みはどれも同じで、「北海道のトド

マツから抽出された香り成分配合の薬液が、

まわりに浮遊する花粉をガードします」という

もの(>別紙1)。

 

2.その根拠(エビデンス)については、「本品

に配合されているトドマツ精油は、スギ花粉

をコーティングすることにより、アレル物質の

働きを低減するという研究成果が報告されて

います」とありますが(>別紙1)、どういうエ

ビデンスなのか、よくわかりません。

 

3.盛んに「特許技術取得済」と書いていると

ころを見ると(>別紙1)、「特許を取得してい

ることが根拠になる」と考えたのかもしれませ

んが、それは全くの見当違いです。

「特許」の主眼は「新規性」。

つまり、そういう技術が新しいものなのかどう

かであって、本当にそういう効果があるかどう

かはポイントではありません。

極端なことを言うと、そういう効果があること

が全くの作り話であったとしても特許は取得で

きます(他社が追試をして「この効果はデタラ

メ」ということを示すと特許は無効になります)。

 

このことは2018年10月18日に措置命令を

受けた「タバコグッズ事件」で明らかになって

います(この事件についてはYDCのサイト「景

表法ドットコム」で詳しく説明していますので

そちらをご覧下さい>該当ページ)。

 

4.「花粉対策訴求」で措置命令を受けた事件

として、大正製薬社のパブロンマスク事件があ

ります。

この事件は2019年7月4日に措置命令を受

けた事件ですが、もつれにもつれ、今は取消訴

訟で争っています(この「もつれ」はとても重要

な先例なのでレポートにまとめました>

「特集.大正製薬パブロンマスク事件」)。

 

この事件では、大正製薬社は自ら行った試験を

根拠としていましたが、「その方法に一般性が

ない」ということで敗れています。

エステー社はどうだったのでしょうか?

 

5.広告から見る限り、エステー社の守りはイ

マイチな感じがします。

YDCの広告チェックに出してくれていれば

こんなことにはならなかったのに…(この後、

課徴金が来ます)という気がします。

 

詳しいことは、info@yakujihou.com 問合せ窓

口までお問合せ下さい。

弁護士出身の実業家・林田です。


景表法に関する追及が厳しくなっていることは

No1表示に対する措置命令を見ればわかると

思います(>措置命令DB)。

 

ダイエットやジムで「-10キロ!」などと表示

するときも根拠を求められますが、何人かの中

からどういう数値を最大値とすればよいのか?

という問題があります。

 

最も合理的な方法は四分位法で取った数値の最

大値とすることです(四分位法についてはこちら

説明

図の上内境界点が最大値。

よって、-10が上内境界点であれば「-10キロ!」

と訴求できる)。

 

他に95%信頼区間を用いるやり方もあります。

たとえば、体重減少の「平均値±標準偏差

(Mean±SD)」が「-10±2.5kg」という場合、

「-7.5 ~ -12.5kg」が95%信頼区間(95%CI)

です。

 

95%CIは本来、平均値が幅広い分布の中での

平均なのか(これだと平均値の信頼度が低い)、

幅狭い分布の中での平均なのか(これだと

平均値の信頼度が高い)を示す指標です。

しかし、95%CIは同時に「95%のサンプルは

この中に収まる」ということを示すので、この

最大を最大値と考える(上記の例だと-12.5kg

を最大値と考える)ことも間違いではありませ

ん。

 

私たちはこのようにして、四分位法か95%CI

に基づいて最大値を算出しているのです。

弁護士出身の実業家・林田です。

 

まず、前回までの復習をしましょう。

――――――――――――――――――――

1.(1)「Aを買うとBをプレゼント」と言え

ばBは景品。

(2)「AにBが付いて〇〇円」と言えばセッ

トで値引きという話で、Bが景品になるわけで

はない。

 

2.なので―

「Aを買うとBが付いてくる」と言えばBは

景品

※1(2)とは「AにBが付いて」が違う

――――――――――――――――――――

 

理論上の基準は「取引付随性」です。

つまり、何かの提供が、取引=購買や入会に近

いか遠いか?です。

 

3.今なら定期会員に特典

(イ)化粧水付き(ロ)送料無料

→「今なら定期会員になると付いてくる」と読

め、何かの提供は購買に近いと言えるので、

(イ)(ロ)は景品

 

4.(イ)化粧水も付いて(ロ)送料も無料の

定期コースがおススメ

→化粧水+送料無料付きの定期コースと読め、

全体でセットの紹介と読め何かの提供は販売に

遠いと言えるので、(イ)(ロ)は非景品

 

5.3だと(イ)(ロ)の独立性が強いが、4だ

と(イ)(ロ)の独立性が弱く、だから4では

セットの一部と解釈されるとも言えます。