オミクロン株の勢いが少し鈍ってきたようですね。

早く元の生活に戻ってほしいと切に願っています。

 

ところで・・・

政府は感染を抑えるために、3回目のワクチン接種と12歳以下の子供さんへの接種を

呼び掛けています。

 

ところが今、ワクチン接種後に死亡、副反応や後遺症で苦しんでいる人が増えています。

接種後これまでに亡くなった方は約1,500人います。その内約500人が接種後3日

で亡くなっています。

何らかの後遺症で苦しんでいる人は、この10倍いると推測されています。

 

実は私の義母も昨年9月の2回目のワクチン接種後、原因不明の出血と痛みを発症して、今年1月に亡くなりました。

ワクチンが原因とは断定できませんが、医師の先生方も原因がわからず頭を抱えていました。 

ほかにも私の周囲に後遺症で苦しんでいる方が3人います。

 

これまでマスコミはこの副反応や後遺症のことを一切御報じてきませんでした。

ところが最近になって、ようやくぼつぼつ報じる局が出てきました。

 

オミクロン株は感染率が高くても、重症化しないことが分かっており、今では危険性はインフルエンザ以下のレベルにまで下がっています。

 

それでも政府は3回目のワクチン接種と12歳以下の子供へのワクチン接種を推奨しています。

子供のコロナによる発症率は低くて重症化もしておらず、子供にワクチン摂取する意味があるのか問われてもいます。

 

ワクチン接種で亡くなっている10代の子供さんはこれまでに5人おり、

ワクチン接種で得られる利益よりも危険性の方がはるかに大きくなっています。

 

政府は “ワクチン接種は個人の自由意志” だと言っています。

そうはいっても周囲の強制圧力はかなりのものです。

 

何も分からない子供にワクチンの是非を判断する自由意志などありません。

どうか子供にワクチンを打たせないでください。

ワクチンの副反応や後遺症で子供の未来がなくなってしまう危険性の方がはるかに大きいのです。

子供さんも交えて、ぜひご家族で話し合われることをお願いします。

 

 

 

  下記にテレビで放映された後遺症障害のニュースをご紹介します。

 

 

関心のある方はご覧ください。

      

     TV録画  

2月14日    サンテレビ キャッチプラス 

          【特集ワクチン後遺症】

2月14日    CBCニュース        

          【全身機能低下で休職】    

2月19日    CBCニュース        

          【接種後7分間の心臓停止】     

 

 

 

 

 

前にも話しましたが、私は遺伝子に影響を与える可能性のある今回のワクチンに大きな不安を感じています。
その理由をいくつかに分けて説明します。

① 

私は人体のことを知れば知るほどその深淵さに深く感動しています。

今地球上には870万種の生命体が存在していると言われています。

私たちホモサピエンスはこの中の1つです。


この多くの生命体が何百万年と形質を維持しながら進化して今日まで命をつないでいるには、その設計図たる遺伝子が完璧であったからに他なりません。
遺伝子に不具合なものが混じっていれば何世代とやりすごせても、いずれ適応できなくて淘汰されてしまいます。

 

無駄なものと思われていたものが、実は人体の中で大きな役割を果たしていたことが、科学や医学の進歩とともに発見されています。
近年遺伝子の役割が解明されてきたと言っても、個々の大まかな役割だけで、遺伝子が互いに情報交換しあって果たしている役割については全くわかっていません。

今回のmRNAワクチンは安全と言っていますが、“私たちが今理解している知識の範囲内において”という“但し書き”が必要です。
遺伝子の設計図に万分の1でも間違いがあれば、いずれホモサピエンスは淘汰されて絶滅の道を歩んでいきます。

② 

私は遺伝子操作に全く反対しているわけではありません。
命の危機に瀕している人、治らない病に苦しむ人には必要なこともあると思います。

ただし、“その影響が1世代に限って”という条件が付きます。

ところが今や全世界で未来ある若い人たちにも強くワクチン接種が呼びかけられています。
日本に限って言えば、果たして今の日本にワクチン接種が必要なのでしょうか?

感染率、死亡者数ともにインフルエンザよりもはるかに低い状態です。

世界中でワクチン接種が呼びかけられ摂取することが人類を救うかのようなムードです。


マスコミの影響力がとても強く感じられます。

特に日本人は“自分のためでなく、人のために・・・”という言葉に弱い!

ワクチン接種しない人は自分のことしか考えない”非国民“扱いです。

戦時中を彷彿とさせます。

 

③ 

これまで遺伝子研究において、“特別な場合において以外に利害目的で遺伝子を操作してはいけない”という暗黙の倫理意識がありました。

しかし今回のパンデミックで、遺伝子操作に世界中が暗黙の了解を与えてしまった、という格好になってしまいました。
私は今回のコロナ騒動で“パンドラの箱”が開けられたと思っています。
今後遺伝子操作を行う数々の実験が堂々となされるようになっていくでしょう。


遺伝子操作で運動能力、IQ抜群の赤ちゃんが簡単にできるようになります。
いわゆる優生思想の「デザインbaby」です。
運動選手が禁止されている筋肉増強剤以上の効果が、生まれる前から遺伝子操作で出来るようになります。

本来の生殖によらない遺伝子操作で新しい命を生み出すという動物実験も報告されています。
 

今回の事はAIを使った戦争以上に人類の未来を脅かすものだと心配しています。
 

ついでに・・・・

日本ではワクチン接種してすぐになくなったとしても、因果関係がはっきりしないうちはワクチン接種による死亡と認定されません。

だから9月末の段階でワクチン接種による死亡者が1100人を超えていると推定されてにもかかわらず、因果関係が明確でないとして数人しかワクチン接種による死亡と発表されていません。

 

政府は、ワクチン接種で問題が起きたら、すべて政府の責任で補償すると言っています。

しかし、接種直後に死んだとしても、ワクチンとの因果関係を証明するには、場合によっては長い裁判闘争が待っています。

 

 

今のコロナとワクチン騒動は国民がマスコミによって、

扇動されて、同じ方向に進んでいっています。

特に急ぐ必要もないのに、なぜそんなに我先にと急ぐのか?
 
どうか心を落ち着けて見渡してほしい。
今そんなに急ぐことなのか?
先にどんなことが待ち受けているか疑いもせず、海に飛び込んでいるような気がします。

 

 

新潟大学名誉教授が「新型コロナワクチンの危険性」について訴えています。

とても分かりやすいので、ぜひこれをご覧ください。


https://indeep.jp/anxious-effects-of-these-vaccines-can-sometimes-be-permanent/
 

コロナワクチンの接種が始まりました。

 

私はこのワクチンの安全性に強い疑問を感じており、

今回はこのことに触れてみたいと思います。

 

問題 1   ワクチンが無害だという保証がない。

 

今回のワクチンは人間の体内で遺伝子に働きかけて、免疫抗体を造るというもので、人類史上初めての試みです。

 

本来ならワクチンは数年~10年以上かけて安全性を確かめてから当局の許可が出ます。

 

 ところが今回は緊急ということで、安全確認が軽視されて許可されました。

 

 日本政府も“万が一事故が起こっても、すべて政府が責任を取る”という妥協までしてワクチンが完成する前から供給契約を結んで、ワクチンの確保に走りました。

 

つまり、ワクチンの確保を急ぐあまり“多少問題があっても責任追及をしませんよ”という姿勢で、ワクチンの囲い込みを始めたのです。

 

案の定、接種後亡くなった方が世界で100人以上報告されていますが、持病を持つ高齢者がほとんどで、ワクチンとの因果関係が分からず、ワクチン接種が死亡の原因となっていません。

 

問題は接種直後の副反応ではなく、今後数年~10数年後に発現するかもしれない遺伝子を原因とする症状です。

 

遺伝子に働きかける物質の副反応はすぐに分からず、数年たってから徐々に発症してきます。

 

過去にフロンガスやアスベストが素晴らしい、と言ってもてはやされたことがありましたが、数十年後にオゾン層を破壊する、がんを発生させると言って禁止されました。

 

今回は一人一人にワクチンを接種するため、もしかしたらその時以上に全人類に影響を与える恐れがあります。

 

接種した本人だけでなく、  遺伝子の変異という形で子々孫々にまで影響を与えかねない危険性をはらんでいます。

 

 

問題 2  今の日本にワクチンは必要か?

 

政府は「接種は自由意志」と言いながらも、全国民がワクチンを摂取するようにと訴えています。

 

私はワクチン警察が出て、ワクチンを打たない者が非国民のような扱いを受ける雰囲気が出てくることをとても心配しています。

 

すでに医療施設や会社でなど職場単位で接種するところで、半強制的に接種を迫られていることが報告されています。

 

私たちが感じるコロナの怖さは、得体が知れないことにあります。

正体が分からない敵にはとても恐怖を感じます。

 

しかしウィルスの正体が分かって、対策を取れるようになれば、あのエイズウィルスのように必ず乗り越えられます。

 

 厚生省の発表ではコロナの感染率は1000人に一人、0.1%です。

 しかも重症化する人は感染者の1.6%です。

 

 つまり人口10万人に1.6人が重症化します。

 

欧米の数十分の一の感染者数、死者数の今の日本で、慌ててワクチンを接種する必要があるでしょうか?

 

仮に摂取するとしても他国の様子を見てからでも遅くないような気がします。

 

ワクチンは子孫にまで健康に影響を与えかねません。

 

そこまで深く考えて、接種を受けるかどうか考えてほしいと思います。

 

私は数年前から ”睡眠時に呼吸が何度となく止まっている” と指摘を受けていました。

それも1分近くの無呼吸が何回も起きているらしいのです。

 

私自身は自覚症状もなく、朝起きたときの目覚めも良いので、全く気にしていませんでした。

 

鼻の骨が曲がっているわけでもなし、血圧、血糖、コレステロールもすべて問題なし。

 

しいて言えばやや肥満かな? (本人は筋肉質と思っている)

 

無呼吸症候群に思い当たる原因がありませんでした。

 

布団に入った瞬間に寝てしまうほどの熟睡タイプだと自慢していたほどです。

 

そんな私が、耳鼻科を受診したのも妻に説得されてされてしぶしぶでした。

 

呼吸検査は泊りがけで行いました。

 

体中にセンサーの器具を取り付け、顔には人工呼吸器のようなマスクを取り付けた状態で1泊します。

 

数日後、検査データの説明を受けました。

 

その内容です。

 

・一晩で息が止まった回数…283回

・一晩で息が一番長く止まった時間・・・100秒

・睡眠中の1時間当たりの息が止まった回数 ・・・41回

 

よく生きているなぁ、と思うほどのびっくりする検査結果で、かなり重度の睡眠時無呼吸症候群だと診断されました。

 

そして毎日“CPAP(シーパップ)”という、気道に空気を送り込むマスクを鼻に装着して寝ることを指示されました。

 

その6ヶ月後の検査結果です。

 

・一晩で息が止まった回数…2回

・一晩で息が一番長く泊まった時間・・・28秒

・睡眠中の1時間当たりの息が止まった回数 ・・・2回

 

驚くほどの改善率でした。

 

測定の仕方にトリックがあるのでは?と疑いたくなりますが、事実です。

だからと言って、体調に変化はなく、普段と全く変わりません。

                

 

鼻に装着したCPAPは、その時の症状を改善する対症療法で、無呼吸症候群そのものを治すことはできないようです。

 

数値が改善したからといってCPAPは外さないようにと言われました。

 

 「えっ、これから死ぬまでこんなものをつけなきゃいけないの? 無呼吸でも何もしていない人もいるよ。」

 

そう言ったら、

 

「脳が酸素不足で認知症にもなりやすいですよ」と、医師の殺し文句です。

 

結局腑に落ちないまま「CPAP」を毎夜つけて寝ています。

 

 

ところが・・・

 

こうして原稿を書いている時、偶然にもNHKの「あさイチ」で

 

“舌の筋肉が弱まって、のどを塞ぐようになって、睡眠時無呼吸を引き起こすことが分かってきた” という特集を目にしました。

 

それも睡眠時無呼吸を訴える人の40%以上がそうだというのです。

 

続いて紹介された効果的な体操が、なんと!私の体操教室で誤嚥予防で行っている”舌体操” でした。

 

“CPAP”と併用しながら、しばらくこの体操に取り組んでいきたいと考えています。

 

“CPAP”なしで無呼吸症候群が改善されたら、このかわら版でご報告します。

 

            しばしお待ちください。

 

 

かなり寒くなってきました。

 

みなさん!

寝る時には必ず首にタオルかマフラーを巻いてくださいね。

とっても温かくて寝起きが楽ですよ~。

 

みなさんにとって、今日も素敵な1日になりますように。