愛知県春日井市の社会保険労務士のカンちゃんのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

コロナ禍のこのような時に思うこと~後編~

それはこの混乱が収まったとしても「多く

の専門家が言うように、ウイルスとの戦い

はまた確実にやってくるので備えをする必

要がある」ということです。

 

歴史は繰り返すとの格言もあるほどです。

 

人類は過去も疫病と戦ってきました。

 

今回の新型ウイルスよりももっと感染力が

高い、もしくは致死率が高い新型ウイルス

が出てこないといった保証はありません。

 

悲観的なことを言うと来年また新たなウイ

ルスと闘っていることもありうる訳で、地

震や台風といった天災も同じことです。

 

その前提を踏まえ、今後やるべきと考えて

いること。

 

今の自分の生活を的確に客観的に見て捉え

ることがとても大切だと感じます。

 

コロナ禍で、自分たちの生活はどう変わっ

たのか。

 

まず経済面。

 

これまでのような非常事態宣言になったと

きに、自分の収入源は影響を受けるのかど

うか。

 

会社経営者であれサラリーマンであれ、自

分が勤めている会社がどのくらいの影響を

受けるのか、併せて振り返る必要はありま

す。

 

今回の騒動で会社が大きなダメージを被っ

た影響で、収入が大きく減った人は、また

同じ状況になったとしても大丈夫な準備を

する必要があると思います。

 

今仕事を選ぶ機会を得ることができる人

は、しっかりと仕事選びをしたほうが良い

のかもしれません(副業も含めて)。

 

続いて生活面。

 

私自身はここが大きな打撃を受けていま

す。

 

もともと外に出かけて人と関わることが好

きなので、外に出られず、そして人と会え

ない時間が増えることでストレスはどんど

ん蓄積されているように感じます。

 

電話会議が促進されるようになって、少し

は軽減されているものの直に会話ができな

いこともあり、まだ満足できるものではあ

りません。

 

このような状況下では、楽しみや生きがい

を見つける必要があると感じています。

 

何れにしても人生はマニュアル通りにはい

かない。

 

「まさか、という坂」が訪れるそうです。

 

その坂が訪れた時に機転をきかせるために

は、人を思いやる気持ちが大切になってき

ます。

 

不安であるから特定の人物を集中攻撃した

りする「自粛ポリス」が増加しているとも

聞いており、不平不満を口にしがちですが、

こんな今だからこそ、人を思いやる気持ち

が何より大事となってくるのではないでし

ょうか。

 

 

忌憚ないご意見など、お待ちしています。

あなたの「声」が明日のブログを生み出します。

 

 

読まれましたら、是非下記ポチをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

 

にほんブログ村

 

ご意見、お問い合わせなどございましたら、

 

こちら からお願いします。

 

コロナ禍のこのような時に思うこと~前編~

多くの人が、多かれ少なかれ精神的・肉体

的、そして経済的にダメージを受けている

のではないでしょうか。

 

中には、このコロナ禍の影響で一気に自身

の商売の需要が増えた…という方もいらっ

しゃるとも聞きます。

 

これだけ、世間のマインドが暗いと仮に今

はハッピーな気分だとしてもコロナ禍じゃ

なかった時ほど素直には喜べないはず…。

 

私も、コロナ禍のダメージを受けています

が、私が受けたダメージなんて恐らくまだ

まだ軽微なものかもしれない。

 

●新しい生活様式

 

新型コロナウイルスの対策を検討する政府

の専門家会議が「新しい生活様式」の具体

例を示しました。

 

専門家会議は、「新しい生活様式」の具体的

な例を示しましたので、参考に記します。

 

「新しい生活様式」とありますが、この中

の多くは一時的なものではなく恒常的なも

のになってくると感じました。

 

そう、これは「この時期を乗り切るための

生活様式」ではなく、あくまで「新しい生

活様式」なのです。

 

もう「完全に元どおりの生活にはもう絶対

に戻らない」ことです。

 

良くも悪くも世の中は混乱し、パラダイム

チェンジ(社会の規範や価値観変わること)

が起きました。

 

良い面で言うとテレワークが一気に浸透し

たというところでしょうか。

 

まだ多くの会社でテレワーク環境が整って

いない状況は様々なデータが明らかにして

いますが、それでも企業のテレワークへの

意識は随分と変わりました。

 

企業が社員を信頼し、性善説のもとでテレ

ワークが大きく推進されるのはこの混乱の

産物だと思うと同時に、今までできないと

言っていた企業が、できる=やらねばなら

ないといった考え方に舵を切ったのも大き

いですね。

 

テレワーク中心の勤務になり、幾分の制限

や不都合はあるものの、自分たちの仕事は

ある程度回っています。

 

毎日何も疑わずに満員電車で苦痛を伴い、

通勤していたのは何だったのかと、思う節

もある筈です。

 

世の中は完全に元通りには戻らないと思い

ます。

 

そんな中で自分の生き方、働き方を見直す

必要があると思います。

 

 

忌憚ないご意見など、お待ちしています。

あなたの「声」が明日のブログを生み出します。

 

 

読まれましたら、是非下記ポチをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

 

にほんブログ村

 

ご意見、お問い合わせなどございましたら、

 

こちら からお願いします。

 

変化に対応できる者が生き延びる

けがの多いプロスポーツ選手ですが、治療

期間中やリハビリ期間中はどのような精神

状態なのか?

 

復帰ゲームでの感想を次のように語る選手

が多いのです。

 

これらの期間は決して無駄ではなかった。

 

治療もリハビリも長い期間を要しますが、

彼らはその先を考え今までで充足していた

もの、不足していたものを洗出しイメージ

して練習に取り掛かろうと思考を巡らせる

そうです。

 

これら発言の意図することは、今までの生

活と脱コロナ後の生活と全く同様と捉える

ことができます。

 

また、変化に対応できる者が生き延びるこ

とができる、とかのダーウィン先生も仰っ

ているように、次のステージに備えたこと

を今から考えていかねばならないといけな

いのではないでしょうか。

 

 

忌憚ないご意見など、お待ちしています。

あなたの「声」が明日のブログを生み出します。

 

 

読まれましたら、是非下記ポチをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 

 

にほんブログ村

 

ご意見、お問い合わせなどございましたら、

 

こちら からお願いします。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>