愛知県春日井市の社会保険労務士のカンちゃんのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

1世紀前のシベリアからポーランド人救済 日本の人道支援

ジャーナリスト井上和彦氏の雑誌の寄稿記

事を目にしまして、大正時代に起きた人道

的な出来事があったことを学んだので紹介

したいと思います。

 

1918年から1922年にかけて(時はロシア

革命の真っただ中)、第1次大戦後に各国自

国に撤収するも、日本はロシアの脅威から、

ロシア革命に対する干渉戦争の一環として

シベリアに出兵し残留していました。

 

この第1次大戦により、シベリアに流刑さ

れ、難民となったポーランド人は、多くの

孤児が生まれていたのです。

 

彼らは極寒や飢えに苦しみ、生きる希望を

失っていたという。

 

ウラジオストクに住むポーランド人の救済

委員会は、日本政府に支援を求めました。

 

日本政府は、外務省と日本赤十字社を通じ

て、ポーランド孤児の救出と保護に動くこ

とになったのです。

 

当時の原敬内閣が救助決定するのに要した

期間は二週間少々ということですから、迅

速の決定というべきでしょう。

 

日本軍は、シベリア各地に散らばった孤児

たちを武力で保護し、日本に連れてくるこ

とができ、保護することになったのです。

 

日本に到着した孤児たちは、福井県の敦賀

港や大阪市の病院などで、温かい歓迎を受

けました。

 

日本国民も、義援金や物資の寄付などで、

孤児たちを支援しました。約2年間の滞在

期間の後、765人の孤児たちは、祖国ポーラ

ンドに帰還しました。

 

帰国した孤児たちは、日本の恩を忘れず、

日本とポーランドの友好関係を築くために

活動しているのですが、残念ながら報道され

ることは殆どないのが実状。

 

この出来事は、日本とポーランドの間に深

い絆を生み出し、現在も両国の親善に貢献

しているのです。

 

親日国といわれる所以は、この救助事件が

一端になっているようです。

付知峡でのトレッキングで心身の洗濯

まだ寒さも残る2月初旬に付知峡でトレッ

キングをしてきました。

 

付知峡は、自然の美しさと空気の美味しさ

を来訪者が味わえる魅力が広がる場所で

す。

 

岐阜県東部に位置するこの峡谷は、清流が

豊富な水量で流れる景勝地として知られて

おり、吾輩が中学校の時に2回ほどキャン

プをした記憶があり、再訪したい気持ちは

従来よりあったのです。

 

スタート地点は不動滝駐車場から始まりま

す。

 

ぐるっと巡るコース120分を選択することにした。

実際の時間は60分程度で巡ることができた。

 

時期が外れていたせいか、閑散としていたが、

岐阜の名水50選の付知峡水。

 

暫く歩くと“BeGreen日和立(キャンプロッジ)”に辿り

着くも、今シーズンの営業は4月20日(土)~10月27日(日)

までだそうだ。

夏場は避暑でいい感じなのかも知れない。

 

3人までの人数制限と注意書きがある。

 

揺れるので要注意。

 

橋の中央部からの眼下の景色、川底まで30M以上は

あると思われる。

 

“観音滝”も水量多し。

 

豊富な水量なので音との調和が響きます。

 

恐らく日光があれば虹が見えるだろう。

 

“不動滝”の滝壺はエメラルドグリーンが良く映えており、

何と表現したらいいか。

 

 

広がる緑と清らかな空気が、心地よい疲れ

を吹き飛ばしてくれます。

 

この日は風はなかったものの、肌寒く感じ

ていたが、歩き始めると、徐々に身体に暖

かさが感じられるようになり、眼下に広が

る大自然に触れる喜びを感じることがで

き、心身ともに自然の気が充電されるよう

であった。

 

散策後の“おんぽいの湯”でのそばランチ。

 

おそばのお寿司であるが、このような食べ方も乙ですね。

 

けいちゃん定食は美味かった。

おんぽいの湯は湯も文句なしであるし、料理も期待

していた以上であったため満足だ。

 

付知峡の自然は、心身ともにリフレッシュ

され、日常の喧騒から離れた贅沢な時間と

なりました。

2024年(令和6年辰年)の抱負

当事務所の2024年(令和6年辰年)の抱負

を記します。

 

本年も引き続き、社会貢献と顧客の発展を

同時に進めることの重要性を強く認識し行

動していきたい。

 

顧客の抱える懸念に真摯に向き合い、課題

を解決し、顧客満足度を向上させることで、

積極的に社会に貢献することを信条として

参ります。

 

同時に、従業員のエンゲージメントを高め

ること、働きがいのある職場環境を整備す

ることで、企業の持続的な成長に寄与して

いく。

 

社会貢献と顧客の発展への貢献が、当事務

所の使命であると捉えること。

 

企業の発展をサポートし、より良い社会の

形成に向けて、最大限の努力を傾けていき

たい。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>