プールサイドの人魚姫

プールサイドの人魚姫

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が
迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

*作者が20歳から28歳までの間に綴られた、全62作品からなる詩集である。「あとがき」によれば、作者が詩に興味を 持ったのは20歳の時だという。そして、最初に手にした詩集は『伊藤整詩集』と『高見順の死の淵より』の2冊だったとも記されている。

作者は幼いころ「心 臓弁膜症」に罹患し、最初に手術を受けた時のことを回想して、『手術台に上がれば』を書いたとのことである。それをきっかけに、いつの間にか62作品の詩 が出来上がっていたらしい。そして、心臓弁膜症に起因するうつ病を患い、現在は回復の途上にあると記されている。ここに本作品群の最大の特質があると言えるだろう。

「うつ病」を克服し、社会復帰を目指す作者の個人史が、その内面の必然性によって詩文の形に表出した、痛切ながら鮮やかな「青春物語」なのである。
*「記念すべき最初の詩」と作者自身が言う『手術台に上がれば』は、純粋な孤独感を表現した作品と言えるだろう。社会的な関係によって成立する作者の日常世界が、手術という出来事によって断ち切られ、それによって自覚された意識の反復が、言語世界として抽象化されている。

「けたたましい車の騒音が/私の耳をつんざく/ああ――/今日もまた彼等は/あの騒がしいラッシュアワーの中を/仕事に出掛けて行く/愚かな独り言を呟いて/私は 又眼を閉じた」―― 「私」は「彼等」とは異なる世界に疎隔されている。かつては自分も所属し、ほとんど意識することもなかった日常世界、それが今は決定的に遠いものとなり、もはやそこに自分の居場所はない。断念と諦念、その後に訪れた孤絶感の淵に作者は重く佇んでおり、本作品はそれを見事に描き切っているのである。
*『偽りの蒼い空』や『不安』といった作品も強く印象に残る。『偽りの蒼い空』は、破綻した「愛」を扱った詩である。「荒涼とした海の上を/私の魂は彷徨っている/現在と過去が綾取りをして/記憶の中を交錯している」といった部分では、青春の詩人・ランボーやヘルダーリンを彷彿とさせる、青春期のたゆたうような精神の「彷徨」が率直に表現されていると言えるだろう。

また『不安』では、「宿命」的な「病」への罹患体験を経て、作者はその奥に「原罪」を見出していく。「眼に見えなく/形のないものが/僕の背中に横たわっている/それは/ずっしりと重く/動かない」――「不安」とは、無根拠に人間の精神を蝕み、苦しめ、抑圧するものである。それを作者は「原罪」と読み替えて解こうとしているのである。

*表題作『天国の地図』は、「死」という非日常の実感を「日常」世界に取り込んでしまった、作者にしか表現することので きない、洒脱で、距離感をもった作品と言えるだろう。

実際には余人の想像を大きく上回る苦しみであったに違いない。だが、作者は自己を「他者」として捉える視座を保っており、詩文には見事な距離感が達成されているのである。重みと痛切さの中にも洒脱さが感じられる所以である。

同様の苦しみの中にある読者なら大いに勇気づけられるだろうし、それ以外の人々も深く共感することだろう。


テーマ:

 

 

蝋燭の灯りに父の優しさが浮かぶ夜。

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

 

漆黒の闇を切り裂く震度7!

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-326.html

 

ちびまる子ちゃんと清水時代の事(追悼)。

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-325.html

 

息子と6年ぶりの会食!

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

 

面影花火。

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-323.html

 

病気は薬と二人三脚で。

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-322.html

 

地球温暖化と熱中症時代の到来!

https://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-321.html


テーマ:

 

 

詩、俳句、短歌、川柳、小説、エッセイ、絵画、漫画、写真etc…。

ジャンルを越えた未来型の総合藝術誌ここに登場!

谷川俊太郎、野村喜和夫らを筆頭に総勢68名のアーティストが集結。

 

ISBN 978-4-9909736-2-9

    C0092 \1000E

 価 (本体1000円+税)

発行所  丘のうえ工房ムジカ

 

お求めは、全国の各書店及び、Amazon、楽天ブックス、ムジカ編集部。

 

●参加メンバー●

 

谷川俊太郎、野村喜和夫、田原、大木潤子、望月遊馬、葛原りょう、颯木あやこ、白島真、大島健夫、宮坂新、葵生川玲、仙波枕、生野毅、葉山美玖、吉岡卓、新井豊吉、辻村麻乃、三上その子、加藤友香、岡田直樹、天海心音、中園直樹

堀本裕樹、冨田拓也、五島高資、干野風来子、山本たくや、つしまいくこ、市堀玉宗、田島良生、歌代美遙、倉田有希、髙坂明良、大和志保、晴山生菜、木下竣介、加部洋祐、綿田友恵、窪田政男、原詩夏至、潮なぎさ、矢澤重徳、椎野礼仁、菅原あきこ、中田實、滝口泰隆、久留素子、太田マスミ、石井真波、春詩未来、メグ、神戸俊樹、影法師、高林夕子、伊藤伸治、園部泉子、山本五郎、尾貝歩、りょすけ、藤田三保子、清水真理、田中流、香西文夫、齋藤洋由起、Tokin、滝沢汀、徳重英子、花空子、池田柊月 特別出演 武富健治(文芸漫画家)

 

※私の作品(短編小説)は顔写真付きプロフィールと共に234ページに掲載されております。

 


テーマ:

 

 

雨が恐怖に変わる時(西日本豪雨に思う)。
過去に水害を経験した筆者が雨の怖さを語る。
http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-320.html

 

星に願いを込めたなら(七夕に寄せて)。

夜空に拡がる天の川、あなたと一緒に渡りたい(恋愛詩)。

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

 

地震より怖い人災事故。
危険は身近な所に潜んでいるもの、防災は日頃の積み重ねが大切です。いざという時慌てる事のないよう安全な場所を確保しておきましょう。

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

 

虐待児の子守唄(船戸結愛ちゃんに捧げる)。
虐待を受けた経験のある者としてこの事件は胸が張り裂ける思いです。結愛ちゃん安らかに眠って下さい。
http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-317.html


テーマ:

 

 

幸せを運ぶ回転寿司。

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

 

さよなら、ヤングマン(西城秀樹さんを偲ぶ)。

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

 

麻生太郎のセクハラ漫談。

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

 

術後29年の軌跡と最大のピンチ!

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-312.html

 

永遠の花(fall in love)。

http://kanbe0107.blog.fc2.com/blog-entry-311.html


テーマ:


 

 

3月28日、循環器内科と腎臓内科の外来へ。

腎機能の検査結果があまり思わしくなかった…。透析一歩手前で踏ん張っている。

血糖値が高いのも気になる。体重増加でも意外と心臓が頑張っているので驚いた。

昨年は2回入院しているので、今年はこのまま入院せずに過ごせればと思う。

三井記念病院の満開の桜を来年も見られますように・・・。


テーマ:

みなもを走る 小舟の跡を

一羽のカモメが 追いすがる

波間に消えゆく あなたの姿

啼けど届かぬ 焦がれる想い

さすらう風に 乗り遅れ

ああ~ わたし 別れ涙の神田川

 

空の青さは あなたの心

映す鏡の いじらしさ

揺れる小舟は はかない恋の

波間を漂う 浮世花

せめて咲かせて 散りたいけれど

ああ~ あなた 別れ涙の神田川

 

うそと本音は 恋の味

薄めたグラスは 過去の色

隠したつもりが 解けて濡れる

世渡り上手な あなたの前で

揺れるみなもは わたしの心

ああ~ ここが 別れ涙の神田川


テーマ:

bビーチサイド


 ご無沙汰さたしております。体調不良によりネットから暫く距離を置いておりましたが現在は回復しております。さて、この度アメブロからFC2(ビーチサイドの人魚姫)にメインブログを変更致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。
http://kanbe0107.blog.fc2.com/

 管理人:神戸俊樹

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス