1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011-03-31 13:47:47

メンタルトレーニング

テーマ:ブログ
東尾理子さんが、アメリカで受けたメンタルトレーニングの話は、勉強になりました。
タイガーウッズも受けていた先生で、ゴルフのプレイ中に浮き沈みする心のコントロールを、平常心に保てる訓練をしてくれたそうです。

カウンセリングで、会話しながらのトレーニングで、頭の中で様々なイメージを描き、実践していく繰り返しです。
たとえば、ミスショットをした時にどう回復するかは、次に打つ場面は、全く1からと考え直し新たにチャレンジする所に、自分を持っていくトレーニングをします。
かなり細かく、時間を取りすぎないように、次の一打までのわずかな時間に、見えない所で素振りをしたり深呼吸したり、自分で回復力をつけていくそうです。
プロは、その時間も体の動きも歩数さえも計算しながら、新たな気持ちで次に進めると言ってました。

ネガティブな考え方は前に進まないたとえで、左側が困難な場合、左に打ちたくないというイメージで「not」を繰り返すのではなく、右側に打つという自己暗示をかけると、いい方向にいくとも言ってました。

このメンタルトレーニングは、どんなジャンルにも共通で、人としてとても大切な事ですね。

私もいつも、モチベーションは高く持って、そこに向かっていくイメージトレーニングが大切と話しています。
自分を奮い立たせるためにも、より確実にひとつひとつをこなし、達成できたその感覚を覚えておく事が、また次につながります。

いい話を聞けました。
私もいつも続けてきた事ですが、これからも生徒達に指導していきます。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-03-31 00:03:10

アスファルトの街

テーマ:ブログ
3月も終わりますね。

洗足学園音楽大学から連絡が来て、入学式は2週間延期になりました。
その間の各科の課題も出されました。

タスクの学校は、入学式は取りやめになり、オリエンテーションから始まります。

企業も学校も、電力供給の今後を見ていかないと、通常通りにはいきませんね。

今日は夕方、二子玉川を散策していて、街の暗さに驚きました。
いつもより数時間、デパートも早めに終わるし、仕方ないけど…

新しい街づくりをしようと、高層マンションやショッピングモールができたばかりなのに、暗い闇に浮き立つ景色が、寂しさを誘います。

灯りがつけばきらびやかなコンクリートの街に、まだ冷たい北からの風が音をたてて吹き下ろしていました。

人が作り出してきた歴史には、常に新しく豊かな生活を求める夢が、描かれてきました。
残念ながら、終わりのない果てしない夢の中で、自然との共存を忘れていた事は否めません…

豊さの中で見失ってきたものを、もう一度取り戻す…今は一番のチャンスかもしれません。
その位、心地よい暮らしに溺れ、甘えていたように思えます。

見上げるマンションは、一様に灯りは最小限に、一部屋一部屋消費電力に協力しているのがわかりました。

毎日料理していて、ちょっと疲れたから、何か美味しいものでも…なんて歩いて見つけていたけれど、家の灯りが恋しくなって、そそくさと帰りました。(笑)
結局、残りの冷やご飯の炒飯と、白菜やしめじなどの野菜に小籠包を入れた中華スープを作りました。

薄暗いアスファルトの街の冷たさを忘れさせる温かなスープや美味しい夕食は、明日の元気につながります!

地道にコツコツと、まずはやるべき事ややれる事をしっかり続けましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-28 21:40:55

有り難いです!

テーマ:ブログ
しばらく姿を消して
いた納豆が、スーパーにありました!

我が家は昔から納豆大臣の集まりで(笑)、冷蔵庫に10パックは買い置きしていた位です。

地震で被害にあった茨城からの納豆が途絶えて、本当に寂しかった…
当たり前にあったものが消えるのを見て、初めて生産地との繋がりを実感した方も多いと思う。
その位何でも揃っていて、手に入らないはずがないと言い切る位のおごりがあったのを感じます。

被災した方々には、まだ十分な物質が届いていないので、それを思うと、日々欲張らないように簡素化した食事を考えます。
電気も消費を少なくしたいし、メニューもついそれに合わせます。

そんな流れで、今夜は焼き魚と味噌汁と納豆にお新香。生野菜はつけましたが、かなりの純日本食でした。
日本食は、バランス栄養食としては最強です。

納豆が、こんなに美味しいと感じたのは、生まれて初めてです。(笑)
大袈裟ではなく、私はあまり好きではなかったので、息子達のおこぼれを食べていたし。(笑)
なのに…しみじみ味わいましたね。
同時に、こうして美味しい食事がいただける事に、心から感謝の気持ちが沸きました。

納豆のパッケージは、茨城県の牛久になっていました。
まだ余震もある中、工場再開は大変だったろうと、胸が痛くなりました。
有り難いです!

これからの事を考えると、復興するには本当に先は長いけれど、全ての人が1日1日無事に暮らしていけるように、毎食の食事に幸せを感じられるように、力を合わせていきましょう。

東京の靖国神社の桜が、ほころび始めました。
新しい命が芽吹いて、1日1日きっと光を届けてくれます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-03-28 00:06:45

さよなら…金八先生!

テーマ:ブログ
32年続いた金八先生が、今夜幕を閉じました。
4時間のスペシャルでしたが、次男とたくさんの感動の涙を流しながら見ました。
ありがとう!金八先生!
さよなら…金八先生!
そして、本当に長い年月お疲れ様!武田鉄矢さん!

鉄矢さん(海援隊)とは、エレックレコード時代から同じ釜の飯を食べた仲間で、一緒にツアーに出たりライブをやったり、とても近い存在でした。
金八先生が始まった昭和54年は、私はレイを出産した年で、今年32才のレイと同じ年月続いたドラマだったとは、本当に驚きです!

その間、社会的な教育問題を様々な視点から、時には出口のない難しいテーマまで、果敢に取り上げてドラマ化していましたね。

以前、私とブレバタのやっていた番組に鉄矢さんが来た時、多分一番辛かっただろうドラッグを扱ったシリーズを撮っていて、脚本家の小山内さんと喧々囂々の意見を戦わせていると言ってました。
セリフは、鉄矢さんのアドリブも多く、その自然な流れがリアリティーあふれるドラマになっていたと感じます。

かっこつけない、人間臭い金八先生は、さすがに年齢から弱気な自分も出てきて、でもその愛すべき素直さが大切な魅力になっていました。
金八節は健在で、イコール武田鉄矢という人により近づいたと感じました。
最後は台詞ではなく、鉄矢さん自身の言葉になっていたと思いました。

役者さんが、人生をかけたお芝居に巡り会える事は、幸せだと思います。
一時は、現実の武田鉄矢を超えて金八先生の人気が先行し、悩んでいた時期もあったそうですが、鉄矢さん自身が役者として一回りも二回りも器が広がって、いくつもの難しい役もこなし素晴らしい俳優になられて、変わったと思いましたね。

最終章の金八先生は、まるで見ている自分達も卒業式を終えたようなリアルな暖かさに包まれました。

地震は予想もせずに制作されたドラマだと思うけれど、この時期だからこそ、たくさん強く優しく暖かい言葉が染み込んで、感動と元気をいただけました。

金八先生のような人力が、実際今は一番必要な気がします。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-03-27 01:51:11

久々にDVDを見ました!

テーマ:ブログ
朝からかなり晴れていたけど、北風が強くて寒い1日でした。

地震以来(ブログでもわかる通り)日々報道にハラハラして、活字さえ目に入らない状況でした。

今朝は、少しいつも通りの週末が戻ったようで、新聞をくまなく読みました。
こんなに隅々まで読んだのは、初めてかも…
内容は考えさせられるものばかりですが、活字に集中できて、気持ちも楽になりました。

午後は、用事を済ませてから、新しくなった二子玉川を覗こうかと思ったら、私同様気晴らしをしたい人で大混雑。
人混み恐怖症(笑)の丸山は、諦めて退散しました。

自宅で、これまた久々に借りてあったロバートデニーロの「みんな元気(Everybody is fine)」を見ました!
妻に先立たれた父親が、独立した4人の子供に会いに行くストーリーで、子供達が独立した後の親心が、切々と伝わる素敵な作品でした。
ピアノが奏でる音楽も深く優しく切なく、それでいて穏やかな空間を感じさせる落ち着けるもので、とても染み込みましたね。
娘役に、ドリューバリモアが出てます。
ロバートデニーロも、また一つ渋みが出て、年齢を重ねた魅力が出て、さすがです!

こんな風に、何かに集中できるのは、幸せだと改めて思いました。
そこに感動があれば、また心が潤います。
緊張がとけて、一時の息抜きができました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-03-26 00:29:00

寒い夜…

テーマ:ブログ
今夜も、春間近と思えないほどの寒い夜です。
地震から2週間経っているのが、まだ信じられない位、終わらない余震やたくさんの原発のニュースに、緊張しますね。

夜は休めますか?
疲れて、風邪をひいていませんか?

東京は節電しながらも(街中暗いけど)しっかり稼働していますね。

東北は雪になっているようで、寒さが厳しいそうです。
避難所では、暖をとるのも大変で、早くいろいろな支援の手が届く事を祈るばかりです。

それでも巡りくる新しい季節に向けて…
我が家も一歩前進する為に、次男の背広を買いに行ったり、長男の新居の家具を見に行ったりしました。
彼らには、今がどんな状況でも、スタートを切って歩き出す大切な時期に変わりありません。

被災地の新入生も、明日を夢見て春を待っています。
ニュースを見ていて、若者達の力強く明るいファイトが、
大人や老人の救いになっていると感じます。
幾つかの卒業式が行われたのを見ました。
1日も早く、学校も復活するように祈ります。

本当にまだまだ、各地で多くの問題だらけですが、諦めないで、少しでもいい方向に向かうように、みんなでガンバです!!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-03-24 15:44:27

慌てずに…

テーマ:ブログ
昨日も、浄水場からの放射能検出で、心臓に悪いニュースが都内を駆け巡りました。

乳児のいる姪が心配で、私の家の裏側にある燃料店で、アクアクララを扱っていたのを思い出し、申し込みに行きました。

最初の速報があった直後だったので、お店の対応も余裕があり、設置もすぐでした。

しばらくして、報道が加熱してきて、二度めにお店に行った時は、穏やかな店の奥さんが、
「本社がパニックしていますので、とにかく乳児のいる方が最優先で、後の方はお待ち下さい!」
と、電話口でも店先でもオロオロしていました。
一人ボトル二本と決められているのに、何とかならないかとかねじ込む人や、恐怖で人の話を全く聞こうとしない人が、店の中をウロウロしていました。

夕方通りかかった時は、もう早仕舞いして、お店はシャッターを下ろしていました。

都内各所で見られた光景でしょうか…

池上彰さんの番組を見ていたら、現段階では、放射能の値は、暫定基準を上回ったというだけで、直接人体への影響はないと、細かく説明されました。
放射能の性質として、ヨウ素やセシウムは、人体に入っても必ず排泄されると言ってます。(80~100日位)
乳児は、機能的にヨウ素を取り込みやすいらしいですね。

多くの人が、野菜や水の汚染を見て、これ以上の広がりを恐れ、人体の内部被爆に恐怖を覚えています。

もう少しわかりやすい説明の仕方はないのでしょうか?
平常心を保つ為に、みんなが努力しています。
被災地の方々を思い、失われたものの大きさに、どうしたらいいのか考えながら、でも日々まだ続く余震の緊張や原発の行方にかなり疲れてます。

だからこそ、少しでも誠意ある説明で、気持ちも少し楽になります。
最悪を想定する必要はありますが、日本の原子力の為に、私達もまた逃げる事なく戦っている毎日だと、リーダーシップをとる方々には、わかっていただきたいです。

被災地には最大限の支援を送ると同時に、私達には正しく細かな情報と説明を、お願いしたいと思います。

これを書いている今、今日の葛飾区の浄水場では、放射能は基準値を下回っているとニュースが流れました。

引き続き、平常心を忘れずに対応しましょう。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-03-23 14:06:44

勤勉さに脱帽

テーマ:ブログ
この度の震災で、一番感動しているのが、元来持っている日本人の勤勉さです。

東電の命がけの普及作業員や消防隊はもちろんの事、被災地でご自分が家族を失い被災したにもかかわらず、奮い立たせて医療や公務に走り回る方々には、頭が下がります。

震災の日の都内や近隣の地域での現状も、徐々にわかりました。

私の知人は、140名の幼児を抱える保育園の園長ですが、震災時に園庭に園児を出して避難した様子は、本当に大変で、その後も子供達の余震による恐怖心がとれずに苦労しているそうです。

また、いつもレッスンしている野球ママさんのご主人は、震災時神田にいて、そこから歩いて五反田の会社に戻り、さらに世田谷の自宅まで歩いて帰ってらしたそうです!
帰宅できず、闇の中を何時間も歩き続けた方々の勤勉にしてタフな精神力が、日本の礎になっていると思いますね。

また、その方々の姿に続き、黙々と働く若者の姿をよく見かけます。
あの時、シフトのバイトの若者も、休まずに長い列に並んで、電車を待っていました。
体は華奢な若者が多いけど(笑)、みんな我慢強くなってきました。

今は一人一人が、置かれている環境の中で、自分に何ができるかを考えていると感じます。
ひたむきに、ひたすらに、自分のできる事から…私がいつも心がけてきた事は、やはり日本人の心そのものだったんですね。

東京都からの会報を読みながら、電気の消費を減らせないか考えています。

家の中は一部屋を除いて、必要ない限り電気は使いません。
取り急ぎ、家の電球はLEDに変えます。ちょっと高いけど…
寒さはカイロと湯たんぽで補っています。
こたつに湯たんぽは、かなりいです!
キャンドルは、アロマとか使うと、精神的な安定に繋がります。

こんな風に一つ一つ、アイデアで前向きに対応しましょう。

小さな努力で、笑顔になれると思います。
テレビを消して、家族と話をしながら食事をする時、昭和を生きてきた私達は子供の頃を思い出します。
私達が育った頃は、裸電球の電柱がポツンポツンと並び、町は暗かったな…(笑)
自宅もまだ、蛍光灯もなくて、夜暗いのは当たり前でした。
それでも何の不自由もなかった…
両親の愛情に包まれて、幸せな日々でした。

停電の夜にもきっと、心の灯りがともれば、大切な物が必ず見えてくると思います。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-03-21 13:34:29

春時雨

テーマ:ブログ
一日が無事に終わり、何事もなく無事に始まる…
こんな当たり前の毎日を、素通りしていたんだと気づきます。

昨夜から春の雨が降り注いで、地面を湿らせて、窓を開けると湿った土の香りがします。
そこに、すずめが集まってきて、餌をついばんでいました。
チュンチュンと鳴く雀の声も、平和な朝を思わせます。

夕べはナースちゃんが、人員不足で急遽夜勤になり、レイは家に来ました。
何だか気持ちが少しリラックスしたのか、眠くてお風呂も入らずに寝ました。

昨日、被災地で見つかった80才のおばぁさんと16才のお孫さんが、9日生きていた事は奇跡です。
このニュースは、多くのお年寄りの励みになり、被災した方々への希望につながったと思います!

私も、90才近い母が気になりますが、戦争をくぐり抜けた年代は強く、物がない事もさほど苦にならないようです。
本当は春休みなので、明日は母を連れて温泉に行く予定でしたが、キャンセルしました。

すべてを自粛しながら、長いスパンで被災地を支援する事を忘れずに、それでも私達も笑顔で暮らしたいと思います!

心は敏感になっているから、いろいろ吸収しています。
昨日はYouTubeで、たくさんのアーティストの歌を聞き、最後に自分の歌を聞きながら、書き込んでいただいているコメントを読んでいました。
自分の歌が、皆さんの心に残っていて、今も生きている事が嬉しいです。
私自身も、聞きながら励まされました。
その時代毎に残してきた歌は、傷ついた時にはこんなに力をもらえるんだと感じました。

いつも自分の人生にそって、生きている毎日の中、感じる事を言葉に変えメロディーに載せようとしてきました。
受け止められないほどの悲しみも、乗り越えられないほどの不安も、こらえて生きる事が人生かと…

歌を書いています。
必ず伝えたいと思います!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2011-03-20 17:09:21

近づく春…

テーマ:ブログ
丸山圭子オフィシャルブログ「丸山圭子のそぞろ喋歩き」 Powered by アメブロ-CA3H0066.jpg

昨日は久しぶりに、母や姉、甥や姪が家に来て、ほんの一時家族で過ごしました。
姉は今は大阪にいて、この事態を始めて見て、驚いていました。
揃わない食材を工夫して、すき焼きを食べようとしましたが、電気も消費できないので、結局すき煮になり…(笑)
それでもみんなで食べると、美味しかったし、姪の赤ちゃんもいて賑やかな笑顔に包まれました。

レイがいなくなった家で、タスクと二人、本音を言うと何かあったらとビビりだったので…
この状況下でも活動する、勇気ある丸山一族に感謝しました。
どうこう言っても、私は末っ子です。(笑)

こんな事があって、家族がお互いを思いやり励ましあいながら、前に進もうとしています。

宮城のあるおじさんが、流された地面を見渡して、
「ついこの間、ここにチューリップの球根をたくさん植えたんだ。
ひょっとしたら、もうじき一面にチューリップが咲くかもしれない。
そうしたら、綺麗で素敵だろ?」
と笑って、しっかりと大地に立ち尽くしていました。

家の近所の白木蓮も、写真のように美しく花開きました。
桜の蕾も膨らんできています。

一時を争って、命を削っている勇敢な原発で働く有志達にも、
それを支えるご家族にも、
被災地の方々にも、
日本のどこにも、
春は来て、桜が咲いて、また一つ時を数えていきます。

どうか心に、優しい光とぬくもりを…
どうか今を生き抜く勇気と力を…

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース