ジャズバイオリニストmaikoの日記~「舞ぶろぐ」

毎年、歳を重ねるごとに、回想することが増えていっている気がします。


懐かしい時代、懐かしい場所。


思い出すことはどれも自分の大切にしてることや場所で、それは同時にルーツでもあるんだなと感じるようになりました。


ふと、昔父からもらった手紙のことを思い出しました。

昔の物をずっと取っておくタイプではないのですが、大切な物は変わらずずっと持っています。


上京して何年目かのダークサイド時代(笑)に、その当時住んでいた埼玉県和光市のアパートに届いた父からの手紙。
久しぶりに読み返しましたが、あぁ、こういう父や母の考え方があって今の自分があるのだなと。
両親には感謝ばかりです。

そして、今こうして音楽を通して生きている、いけているのは、私の音楽に共感し、共に表現してくれる音楽家の皆さまと、それを受け取り続けて下さる皆さまのお陰であることは他ならないです。
ありがとう、ありがとう、ありがとうと毎日言っても足りません。

私は私のできることを、小さいことからこつこつと、今年も変わらず続けていきたいと思っています。
(我が家の家訓は「継続は力なり」です)

これまで出会ってくれた方々に感謝を込めて🌼

maiko




ピアノ柳原由佳ちゃんとの初デュオ@南青山ジマジンでした。

由佳ちゃんとは数年前にセッション的なライブで一度、そして昨年ボーカル清水千恵さんのライブでご一緒しました。

特に近年、周りのミュージシャンからの由佳ちゃんへのラブコールをよく耳にしていて、デュオを楽しみにしていましたが、その理由がはっきりと分かりました。


音楽性の多様さ、豊かさ、そして由佳ちゃんの人間の素晴らしさなんだなぁと。

信頼できるというのは由佳ちゃんの最大の魅力の気がします。


お互いのオリジナル曲を通してゆっくりと対話でき、MCではここは大阪なのかと錯覚するくらい関西人による正しいライブだった気がします。笑

ジマジンもやっぱりとても音楽に集中できる空間でした。

次回の由佳ちゃんとのデュオは、2/8(火)初出演のギャラリーカフェユーさんでやらせて頂きます。



今年はバースデーライブをやらない代わりに、ホームの吉祥寺ストリングスで2Daysライブ(maikoフェス)をやらせて頂きました。


初日は、一昨年から育んでいるボーカル&ピアノの黒沢綾ちゃんとのデュオ。

今回は綾ちゃんの新曲「残月」を初演しました。

とても好きな世界観。


一昨年から少しずつ二人の世界を深めていますが、綾ちゃんとは、光も影も表現できる気がしています。

才能豊かな綾ちゃんと二人の世界を一緒に創ることができて嬉しいです。


今年は5月にツアー行きます!!



綾ちゃん、ありがとう!

二日目も駆けつけてくれました🌸


二日目はベース伊東佑季ちゃんとのデュオ。

佑季ちゃんとのデュオは三回目でしたが、ストリングスで生音でできて感動でした。

季節柄乾燥していて、二人とも楽器が鳴ってたなぁ。

オリジナルやその他の曲も、自由な発想でやらせてもらいました。

佑季ちゃんのベースと一緒にやっていると、心が縛られないんですよね。不思議。


佑季ちゃんとは、2/16(水)渋谷に移転したボディアンドソウルでピアノ伊藤志宏君とのトリオでライブがあります。




おゆき、ありがとう!


そして、聴きに来てくれていたピアノ柳原由佳ちゃんが三曲参加してくれて、素晴らしく、華を添えて頂きました。

由佳ちゃん、ありがとう!


ホームの吉祥寺ストリングス、そしてこのような不安定な状況の中、皆さま気を付けながら来て下さり、音楽と時間を共有して下さいました。

心から感謝です🌸





ソウルメイトと思っているボーカル青木カレンちゃん、皆の兄さんギター田辺さんのダブルバースデーライブ@大塚グレコでした。


ピアノは志宏ちゃんとくれば、もう本当にファミリー的な感覚。

四人でライブをやるのは初めてだと思いますが、終始居心地のよい、温かな空気に満ちていました。

そして、なんとこの日はカレンちゃんと二台バイオリン(バッハの協奏曲)を披露。

さすが本番に強いカレンちゃんでした!


皆さんカレンラブ、田辺さんラブ、志宏ちゃんラブということで間違いないですね😉


大切な日を一緒にお祝いできてなんとも嬉しい夜でした。


カレンファミリー!



新年初ソロライブはソロバイオリンの聖地蕨アワデライト。


新年で体がなまっているのか(いつもソロの時は言っているような気もしますね…笑)、ソロはやっぱり大変さを感じます。


今の自分を受け入れる時間。

そして打破する時間。

なんでもそうだと思いますが、一進一退ですね。


いつも共有して下さる強者の皆さまには感謝しかありません。。。

そして、アワデライトの須田さん、いつもありがとうございます。


達成感で拳を振り上げてます。謎!笑



今年初のP.O.N.(ピアノ山田貴子さんとのデュオ)ライブ@西新井カフェクレールでした。

二人でのクレール出演は初めてでしたが、アットホームな空気の中、リラックスしつつ、いい集中力でやらせて頂きました。
どの曲をやっても没頭できるのは長年の阿吽の呼吸。
愉しかったなぁ☺️
次回は4/10@吉祥寺Stringsになります。

たかぽん、今年もよろしくね!


✳︎
✳︎
✳︎
ここのところの状況の変化で、ライブもまた時間の変更等があるかと思います。
一喜一憂せず、今あるもの、できることにフォーカスを当ててやっていきたいなと思います。

各会場にお越し下さいました皆さん、ありがとうございました🌸

noon × maiko Live Cheer Up! "Seasons"@渋谷JZ Brat。


ボーカル noonちゃんと四回のシリーズでやってきたライブファイナルが終わりました。


夏に引き続き、ピアノはKeikoちゃんでしたが、終始優しさに溢れた音でサポートしてくれました。


noonちゃんとは数年前から始めたコラボツアーから縁が広がり、JZ Bratでのシリーズライブ、そしてその合間にアルバムも作り、リリースしました。

こうして一緒にやってこれたのも、noonちゃんと波長が合うことも大きいと思います。

noonちゃん、ありがとう!!


足掛け二年の長い旅の一旦区切り。

またここから新しい始まりなのかなと思っています。


ファイナル公演の日は大雨。。。笑

お足元の悪い中お越し下さいました皆さま、ありがとうございました。


又、noon×maikoの桜咲く時まで🌸

 

当日のMUSERさんの素敵な映像は1/25 23:59までご覧頂けますので、是非!!


配信アーカイブはこちらから




当日のスペシャルカクテル"Seasons"

桜のリキュールを使った美味しいカクテルでした!


あまりの余韻の深さに年を跨いでしまいました、、、


2021年の締めくくりは、ピアノ伊藤志宏君率いる"Symposium Ensemble"2Daysライブ@渋谷JZ Bratでした。


総勢13人。


13人で一つの音楽なのだけど、一人一人の音楽を明確に感じるのは、志宏ちゃんがそれぞれと音楽活動をし、深く理解しているからこそ。

それがあって、あのとんでもないエネルギーの音楽なのだと思いました。


誰でもない音楽。


それってすごいこと!!!


志宏ちゃんの音楽表現へのエネルギーを大いに感じ、感動させられました。


さて、2022年。

この大きな渦はどこに向かうのでしょう。


今からまた皆で音を出せる日が楽しみで仕方ありません。


最後に志宏ちゃんのブログと濱ちゃんの素晴らしい写真を是非ご覧下さい。


伊藤志宏ブログ












後記そのニ。


クリスマスイブは、ピアノ木住野佳子さんクリスマスライブ@渋谷JZ Brat、チェロ&ギターの伊藤ハルトシ君とのトリオで参加させて頂きました。


木住野さんの二弦アレンジで、美しさが何倍にもなったクリスマスソングやオリジナル曲。

木住野さんの音楽に魔法をかけられたような時間でした。

ハルトシ君も言わずもがな、ギターもチェロもクリエィティブで素晴らしかった!


準備は丁寧に。

本番は自由に思いっきり楽しんで。


丁寧に音楽を作ること、そして瞬間を楽しむこと、その両方を体現されている木住野さんはやっぱり素晴らしい音楽家です。


お客様もきっと魔法をかけられたことでしょう✨

私もまだかけられたままです。笑







翌日のクリスマスは京都へ。


ピアノぱくよんせさん、フルート酒井麻生代ちゃんとのトリオで祇園バハブラットでのクリスマスライブでした。

ぱくちゃんとは久しぶり!そしてこのトリオは初でしたが、クリスマスソングやその他の曲もサウンドしました。

フルートとバイオリンはやはり相性がいいですね!


関西人三人で関西でのライブということもあって、リラックスした楽しい時間を過ごさせて頂きました。

終演後は、ぱくちゃんの奥様のlocabonさんのお料理をとても美味しく頂きました。

低糖質でこんな美味しいパンは初めてかも!



翌日は早起きしてホテル近くの八坂神社にお参り。

雪がちらつく京都は風情がありますね。

帰りの新幹線は米原辺りですごい雪でした。



日に日に年末感が高まる中でのライブでしたが、後記その一。


昨年から二度目にして恒例感があるte-te P.O.N.@淡路町リディアンでした。

ありそうでない四人の組み合わせ、ピアノ山田貴子、ビブラフォン山本玲子、ベース伊東佑季の面々。


今年はそれぞれのユニットの曲を別ユニットでやるコーナーもありました。
客席で見ているというのも新鮮!
yamacoのクラシックアレンジのベートーベンが弾けたり、玲子ちゃんのこの時期恒例の曲など年末感を感じるライブでしたね。
また来年?かな!


今年はレコーディング、初アルバムリリース、初ツアーと動きのあったP.O.N.の今年ラストのライブ@吉祥寺ストリングスでした。


年数をかけて育ててきたものを形にして、またそこからスタートして。

人と人との触れ合いが音楽になることを改めて実感した、たかぽんとの一年だったように思います。

たかぽん、ありがとう🌸

そしてP.O.N.の進化を見届けて下さった皆様、ありがとうございました!


ボーカル青木カレンちゃんの広尾プラザでのフリーライブでした。


ギター田辺さんとのトリオは何気に初だったので、いつものカレンちゃんのレパートリーもまた世界観が違ったものになり、楽しかったです。

クリスマス時期ならではのあたたかい雰囲気の中で、しれっとカレンちゃんのバイオリンも!!

(これについては来年1/13のカレンちゃんバースデーライブにて乞うご期待)



リリースライブが終わってひと段落、少し久しぶりのピアノ山田貴子デュオ、P.O.N.ライブ@船橋コクリコットフォルテでした。

レコーディングした6月やリリースやツアーをした9月が懐かしく思います。
今年はライブ、ツアー、制作、そしてリリースとP.O.N.がんばりました!☺️
これからまた新たな船出となります。
今年はあと一回のライブ、12/19(日)18:30〜吉祥寺Stringsです。


ギター藤本一馬さんとの二度目のデュオ@南青山ジマジンでした。

自分の音と世界を持つ素晴らしい音楽家である一馬さんとの音楽はやはり唯一無二で、初回からまたぐっと音の距離も縮まったような感覚で、充足の時間でした。


選曲の提案から音を作るリハーサル、曲順決め、そしてライブまでが本当に丁寧で見習うところがたくさんな一馬さん。

こんな風に一回一回のライブをやっていきたいもの。


次回は3月に予定しております。

(この日は写真を忘れました🙇‍♀️)


ジャズバイオリニストの北床さんにお誘い頂き、江古田のマザーグースでのトリプルジャズバイオリンライブでした。

北床さんも初共演の梶原圭恵さんも尊敬するジャズバイオリニスト。

ジャズではバイオリンはマイノリティな楽器ですが、お二人は見事に昇華されています。

初共演のピアノ川村さんも彩りのあるバッキングで広げて下さいました。


このような素敵な機会を与えて頂き、感謝です☺️



小岩コチではピアノ西山瞳さんとのデュオでした。

いつもの人といつもの場所で音楽を。

こういう時間が日々の糧となり、私の音楽人生の根底になっています。

瞳さんとのデュオはまた大切にしているもの。



近況が少し溜まっていましたので🙇‍♀️順番に振り返ります。

ピアノ松本茜ちゃん、ギター浅利史花ちゃんとのトリオ@西新井カフェクレールでした。

いつも温かく穏やかな時間が流れるトリオですが、茜ちゃんの選曲もいつもとても素敵で愉しいもの。
素晴らしいジャズメンであるお二人とジャズの醍醐味を味わった時間でした。


半年振りのトリオ、フルート酒井麻生代ちゃん、ピアノ岸淑香ちゃんとのトリオTenerezza@蕨アワデライトでした。


相変わらず麻生代ちゃんのフルートの音は太い!

そんな麻生代ちゃんとの二声がとても気持ちよく、淑香ちゃんもバリエーション豊かな楽曲や音でした。



ベース安ヵ川さん、ピアノ西山さんとのトリオ、TOL@日吉ワンダーウォール。


初出演のワンダーウォールで久しぶりのTOLの音楽を感じることができました。

次回は4月にTOLで出演させて頂きます。



ピアノ田中信正さんとの二度目のデュオ@成城学園カフェブールマン。


初回があまりに愉しすぎて二度目はどうなるかなと思っていましたが、初演と同じように、そしてそれ以上に気持ちが湧き立つものでした。


信正さんと音を出してると一緒に生きてるなぁと感じるのですが、それは信正さんが私の音楽を分かろうとして下さっているからなんだと分かりました。

終演後に私のオリジナル曲に関して、形式やサウンド感ではなく、どんな背景やどんな気持ちが見えたかを伝えて下さったのですが、そんなこと初めてで感動してしまいました、、、


人の温かさを持つ信正さんとの音楽、来年は広げていけたらと思っています。


次回は、2/18@南青山ジマジン、3/2@成城学園カフェブールマンと続きます。

絶対聴いて頂きたいです!




三日間新潟に行って参りました。

以前からお世話になっているサックス奏者であり、作曲家でありアレンジャーであり、レコーディングエンジニアであり、今は新潟で保育園をされている(園長さんです)日比野さんのご縁です。

以前から何度もご縁を頂いている新潟ですが、少し久しぶり。
新潟ってなんだか背筋がしゃんとするんですよね。不思議。

初日はレコーディング。
ピアノは東京のAYAKI君とご一緒でした。
AYAKI君も新潟は常連さんですね!

日比野さんの素晴らしい楽曲を弾かせて頂きました。
今まで録音したものも病院の緩和ケア病棟などで流して頂いているそうなのですが、自分の知らないところでそんな風に音が届いているなんて。
身が引き締まる思い、そして日比野さんには感謝です。

日比野さんのお子様が書いたメモの曲も録音しましたよ。

"すてきな森"
なんてすてきなタイトル。

阿賀野市にある長生館さんに宿泊させて頂きました。
こちらは本当に素晴らしいお宿で、お部屋も温泉もお食事ももちろんのこと、ホスピタリティーが素晴らしいのです。

窓の外の紅葉がきれいでした。


心尽しのお料理。


二日目は離れの方に宿泊。


二年振りに再会できた新潟のファンの方からの差し入れ。

嬉しく、最高においしかったです。


長生館でのコンサートは当初は野外での予定でしたが、雨の為室内に。

こんな風に素敵な雰囲気の中で、日比野さん、AYAKI君、そしてパーカッション阿部梓穂ちゃんとやらせて頂きました。



三日目は、まず敬和学園チャペルでハートケアコンサート。

日比野さんの活動は本当に多岐に渡るもので、そこで関わっている方々も素晴らしく、たくさんの気付きを得ます。

音楽を通しての人生。

できることは無限にあるのだなと思うコンサートでした。

自分にフォーカスしつつ、そこを広げて人に繋げる。

自分自身これからの残りの音楽人生の中で、少しでも社会貢献していけたらいいなと思うばかりです。



素晴らしい空間でした。


夜は久しぶりの福島潟へ。

道中のあちらこちらでは白鳥達が田んぼで戯れていました。

冬の新潟では日常の風景ですよね。



こちらも素晴らしい空間。

新潟という土地があってこそ成せる技です。


日比野さん、奥様のソプラノ歌手の愛子さん、AYAKI君、そして少し登場してくれたキッズ達も盛り上げてくれて愉しい時間でした。



いろんな意味で心を洗われた新潟での三日間に感謝🌼
来年はおそらく頻繁に新潟に伺うことになりそうです。