米政府、「ワクチンパスポート」導入しないと発表


2021年4月7日

 

米ホワイトハウスは6日、新型コロナウイルスのワクチン接種完了証明書を連邦レベルでは導入しないと発表した。市民のプライバシーや人権を守るためとしている。


ワクチン接種の完了や抗体保有を証明する書類の発行については、世界中で議論が行われている。導入すれば、パンデミックとの闘いの中、安全に人々が交流できるようになると支持者は訴えている。


一方で、差別の原因になると懸念する声も上がっている。


こうした中でアメリカ政府は、「アメリカ人に証明書を持ち歩かせるようなシステムは支持しない」との考えを示した


https://www.bbc.com/japanese/56658286

Rael Maitreya

 

”人類の主な不幸の元凶は無知ではなく、知ることを拒否すること”

 

 

シモーヌ・ド・ボーヴォワール

 (Simone de Beauvoir、1908年1月9日 - 1986年4月14日) は、

フランスの哲学者作家批評家フェミニスト理論家・活動家である。20世紀西欧の女性解放思想の草分けとされる第二の性』(1949)、ゴンクール賞を受賞した自伝小説『レ・マンダラン』(1954) など多くの著書を残した。主要著書はほとんど邦訳されている。

 

1970年代人工妊娠中絶の合法化を求める運動をはじめとする女性解放運動 (MLF)に加わり、『レ・タン・モデルヌ』、『フェミニズム問題フランス語版』などを通して運動を牽引した。

 

在学中に出会ったジャン=ポール・サルトルとは、実存主義の立場から自由意思に基づく個人の選択を最重要視し、婚姻も子どもを持つことも拒否。互いの性的自由を認めつつ終生の伴侶として生きた。

 

1954年ゴンクール賞1975年エルサレム賞1978年オーストリア国家賞を受賞。

2008年、女性の自由のためのシモーヌ・ド・ボーヴォワール賞(略称:シモーヌ・ド・ボーヴォワール賞)が設立され、アヤーン・ヒルシ・アリマララ・ユスフザイミシェル・ペローらが受賞している。

Rael Maitreya

 

https://www.forbes.com/sites/jamesconca/2021/04/12/japan-will-release-radioactive-fukushima-water-into-the-ocean/?sh=48b0006774c4&fbclid=IwAR0lDgbLlhBDf81qw-stfUUKXqqVDYCpto1sMj7ImPWOWy3LG8LReC4628w    Forbes誌

 

 

自動翻訳

日本は放射性福島の水を海に放出し、なぜそれがO.K.なのか
James Conca
ジェームズ・コンカ投稿

そして、それはまさに彼らがすべきことです

 

日本政府は、不自由な福島原発に蓄積している処理済み放射性水を海に放出することを決定した。これは、中国や韓国などの近隣諸国の漁師や消費者の反対にもかかわらずです。

 

政府は早ければ今週中に関係閣僚会議を開き、福島第一工場で溶けた燃料を冷却するために使用される水を排出する方法に関する7年間にわたる議論の後、大きな発展である計画を正式に決定する。

 

菅義偉首相は先週水曜日、この計画に対する彼の組織の揺るぎない反対を続ける全国漁業協同組合の岸博総長と会談した後、彼の政府が最終決定を下すと述べた。


政府は、福島複合施設の水タンクの貯蔵能力が早ければ来年にも使い果たされると予想されることを考えると、処分問題に関する決定を延期し続けることはできないと述べた。菅は、レ水を放出することが最も現実的な選択肢であると述べた。

 

水は環境レベル以下のすべての汚染物質を除去するために高度な液体処理システムを使用して処理され、複雑な敷地内のタンクに貯蔵されている。しかし、処理システムは、すべての放射性元素の中で最も放射性の少ない、そして最も有害ではないトリチウムを除去することはできません。

 

国際原子力機関は、海洋への放出が世界の実践基準を満たしていることを示す日本政府の計画を承認する

 

IAEAのラファエル・グロッシ事務局長は、これは緊急事態にあたらずに原子力発電所の水を放出する一般的な方法であると指摘した。

私は漁師が恐れているのを理解しています。たとえ水が危険でなくても、彼らの生活はライン上にあります。それは、これらの些細なレベルでさえ、放射線に対する不当な恐怖の力です。

 

そして、彼らは些細なものです。この水の1クォートからの放射線量は、4つのバナナまたはポテトチップスの家族サイズの袋に等しいです。この水のトンは、約4 mSvの用量を与えます, アメリカのすべての人に平均年間バックグラウンド用量について, そして7 mSvである単一の胸部CTスキャン未満.

 

批評家は、グリーンピースのように、通常のすべての原子が危険であり、この水は永遠に保存され、処理されるべきです。彼らはトリチウムの放射線や化学を理解していないようです。しかし、そうする人はほとんどいません。

 

問題と科学を理解している科学者(30年間、米国政府の研究所と個人的に協力してきた本当に、核封じ込め問題に関して個人的に協力してきた科学者)は、約10年間にわたってトリチウム汚染水をゆっくりと太平洋に放出することを常に勧めてきました。

                                               

直感的ではありませんが、これは非常に良い考えです。トリチウムは、2つの中性子と1つの陽子を持つ水素の軽度の放射性同位体であり、放射能が非常に低いため、環境や人間の問題は環境に共通の放射性元素であるにもかかわらず、そこから生じたことはありません。トリチウムは、大気のプロセスだけでなく、核兵器実験や原子力発電所で自然に形成されます。

 

再び - 濃度や用量に関係なく、トリチウムから人間や環境に害が来たことがないとしましょう。

 

以下省略

Rael Maitreya

 

https://www.rt.com/.../520848-iran-israel-sabotage-nuclear/
By sabotaging Iran’s nuclear program, Israel sabotaged world peace

イランの核開発計画を妨害することにより、イスラエルは世界平和を妨害しました


RT.COM ロシアトウデイ

Pentagon chief Austin’s visit to Israel serves as a stark reminder that regardless of stated US policy goals, Israel almost always gets its way.


国防総省の長オースティンのイスラエルへの訪問は、述べられている米国の政策目標に関係なく、イスラエルがほとんど常に自分たちの道を進んでいることをはっきりと思い出させるものです。

 

----------------------------------

 

世界の国々の中でイスラエルだけが、その軍事法廷で毎年500~700人の子供たちを裁判にかけている

Rael Maitreya

 

 

 

エクスクルーシブ - ファイザーの元副社長:「あなたの政府は、あなたの死につながるような嘘をついている」 Patrick Delaney

2021-04-09 17:00:00 | 毒ワクチン

 

Look out the window, and think, “why is my government lying to me about something so fundamental?” Because, I think the answer is, they are going to kill you using this method. They’re going to kill you and your family.’
EXCLUSIVE - Former Pfizer VP: ‘Your government is lying to you in a way that could lead to your death.’

エクスクルーシブ - ファイザーの元副社長:「あなたの政府は、あなたの死につながるような嘘をついている」
「窓の外を見て、『なぜ政府はこんなにも根本的なことについて私に嘘をついているのか?』と考えてみてください。なぜなら、その答えは、彼らがこの方法であなたを殺そうとしているからだと思います。あなたとあなたの家族を殺そうとしているのです。」 Wed Apr 7, 2021 - 8:47 am EST
https://www.lifesitenews.com/news/exclusive-former-pfizer-vp-your-government-is-lying-to-you-in-a-way-that-could-lead-to-your-death

 

Dr. Mike Yeadon Arshad Ebrahim / YouTube


By Patrick Delaney
Follow Patrick


2021年4月7日(ライフサイトニュース)- 32年間にわたり新薬の研究をリードし、その分野で「最も上級の研究職」として製薬会社を退職した、ファイザー社の元副社長兼アレルギー・呼吸器系チーフサイエンティスト、マイケル・イェードン博士がライフサイトニュースの取材に応じました。

同氏は、COVID-19に対する各国政府の「明らかに間違った」プロパガンダについて、危険な亜種の「嘘」、「ワクチンパスポート」の全体主義的な可能性、20世紀の戦争や虐殺で経験した大惨事をはるかに超える事態につながる「陰謀」に対処している可能性が高いことなどを述べています。

彼の主な指摘は以下の通りです:


1. 現在のCOVID-19の亜種が免疫を逃れる可能性は「ゼロ」です。それは「単なる嘘」である。(訳注:主としてT細胞による細胞免疫交差反応で処理できる)

2. しかし、世界中の政府はこの嘘を繰り返しており、私たちが目撃しているのは単なる「収束した日和見主義」ではなく、「陰謀」であることを示しています。一方、メディアやビッグテックのプラットフォームは、同じプロパガンダと真実の検閲に取り組んでいます。

3. 製薬会社はすでに、「変種」のための不要な「上乗せ」(「ブースター」)ワクチンの開発を始めています。製薬会社は、現在実験中のCOVID-19「ワクチン」キャンペーンに加えて、何十億本もの小瓶を製造する予定です。

4. 米国食品医薬品局や欧州医薬品庁などの規制機関は、これらの「追加」ワクチンは、緊急使用認可を受けた事前の注射と非常によく似ているため、
製薬会社は「いかなる臨床安全性試験も行う必要はない」と発表しています。

5. したがって、これは事実上、繰り返し行われる強制的なmRNAワクチンの設計と実施が、「製薬会社のコンピュータ画面から何億人もの人々の腕の中に入り、全く必要性も正当性もない余計な遺伝子配列を注入する」ことを意味しています。

6. 
なぜこのようなことをするのか?良心的な理由が見当たらないので、ワクチンパスポートの使用と「銀行のリセット」は、世界が経験したことのない全体主義を引き起こす可能性があります。スターリン、毛沢東、ヒトラーの悪事を思い出すと、「大量の人口削減」が論理的な結果として残ります。

7. 少なくともこのようなことが起こりうるということは、誰もが「そのようなシステムが形成されないように、気が狂うほど戦わなければならない」ということです。


イェードン博士は自身について、「大手製薬会社に就職して・・・全国放送を聞き、新聞を読んでいた」という、単なる「つまらない男」であると語り始めました。

続けて彼はこう言いました。「しかし、この1年で、私は、政府とその顧問が、このコロナウイルスに関するすべてのことについて、イギリス国民の前で嘘をついていることに気がつきました。絶対にすべて嘘です。症状がなくてもウイルスの発生源になっているという無症状感染というのは誤りです。ロックダウンが機能する、マスクには明らかに自分や他の人を守る価値がある、亜種は恐ろしいものであり、これらの厄介な外国の亜種が入ってきた場合に備えて、国境を閉じる必要さえあるなどみな
虚偽です

「あるいは、ところで、私たちが奇跡的に作った現在の遺伝子ベースのワクチンのリストの上に、免疫逃避の変種に対処するための『追加』のワクチンがあるでしょう。

「私が皆さんにお話したことは、そのどれもが実証できる嘘です。しかし、私たちの国の政策全体は、これらすべてが大まかには正しいことを前提としていますが、すべて間違っているのです。」



「陰謀」であり、そして単なる「収束型日和見主義」ではない

「しかし、私がやりたいのは、免疫逃避についての話です。というのも、このイベント全体の最終的なゲームは、おそらく陰謀ではないかと思うからです。昨年、私はこれを『収束的日和見主義』と呼んでいました。つまり、さまざまな利害関係者が混沌とした世界に飛び込んで、私たちを特定の方向に向かわせることに成功したということです。つまり、さまざまな利害関係者が混沌とした世界に飛び込んで、私たちを特定の方向に向かわせようとしているのです。

「私は今、それは甘えだと思います。世界中の非常に重要な権力者たちが、次のパンデミックを利用しようと計画しているか、パンデミックを起こしているかのどちらかであることは疑いの余地がありません。なぜなら、何十カ国もの政府が同じような嘘をつき、同じような効果のないことをして、明らかに人命を奪っているからです。

「そして彼らは、同じ類いの未来の脚本を語っているのです:『我々は、これらのしつこい害獣、《変異株》の故に、あなたには移動してほしくない』と-ちなみに、私はそれらを《セイミアンツ(同種株)》と呼んでいます、なぜなら、ほとんど同じなので-しかし、彼らは皆、このようなことを言っています、そして、彼らはみないっています:『心配しないでください、潜在的な逃亡者に対処するための 《追加》ワクチンがあります』と。明らかに無意味なことを言っているのに、彼らはみなそう言っているのです。」


最終局面の可能性:支出許可、徹底管理に結びつけられたワクチン「パスポート」

「私は最終局面が進行していると思います、『すべての人々が、ワクチン接種を受ける』ことになるという・・・地球上のすべての人々が、ジャブを受けるように、説得されたり、おだてられたり、強制されているわけではないのに囲まれたりしている自分たちを発見することになるでしょう。

「そうなれば、地球上のすべての人々が、名前や固有のデジタルID、そして『ワクチンを接種した』かどうかという健康状態のフラグを持つことになります。そして、そのような単一のデータベースを持っている人は誰でも、中央で操作でき、あらゆる場所に適用され、管理し、いわば特権を提供することができます。この特定の閾値を超えるか、特定の取引を行うか否かは、その1つの人類データベースの管理者の決定次第です。いったんそれが実現すれば、私たちはおもちゃになり、世界はそのデータベースの管理者の思い通りになるからです。

「例えば、銀行のリセット後に、実際にこの(データベース)、ID、名前、(そして)健康状態のフラグを利用したアプリを使ってしか消費できないことに気づくかもしれません。」

「そうですね、確かに国際的な国境を越えることが、この
ワクチンパスポートと呼ばれるものの最も明白な用途ですが、公共の場、閉鎖された公共の場に入るために必要になるかもしれないという話をすでに聞いています。もし彼らがその気になれば、あなたは将来的には自分のアプリで適切な特権を得なければ家から出られなくなるだろうと予想しています。

「しかし、それが[ワクチンキャンペーンの意図]ではないとしても、そんなことは問題ではなく、それが事実である可能性があるということは、[これを読んだ]誰もが、[ワクチンパスポート]システムが決して形成されないように、狂ったように闘うべきだということです。」

「(そのようなシステムでは)ここに、彼らがあなたにさせることができる例があり、これが彼らが[人々に]させようとしていることだと思います。

「あなたはウィルスとその変異株、時間の経過とともに起こる変異についてのストーリーを発明することができます。そのストーリーを創作して 囚われの身となっているメディアに埋め込み 代替の情報源を検閲して、誰も反論できないようにすると、人々は今、このウイルスは突然変異する、それは起こっており、免疫システムから逃れることができる変異株を生み出しているという考えにお馴染みとなっています。そして、それは嘘です。

「しかし、それにもかかわらず、私たちはあなたにそれが真実であると伝えようとしています。そして、私たちが、それが真実であることを伝え、『しかし、私たちは治療法を持っています、ここに追加のワクチンがあります』と言うと、あなたには、この1つのグローバルな、この1つのIDシステムに基づいたメッセージが表示されます。ところで、『あなたの既存の免疫特権は4週間有効です』と表示されます。しかし、その間にトップアップワクチンを接種しなければ、残念ながらあなたは『アウト・パーソン』となってしまいますが、そんなことは望まないでしょう?このようにして、人々は歩み寄り、上乗せワクチンを手に入れることになるのです。」



政府は嘘をつき、大手製薬会社は前進し、医薬品規制当局は邪魔をしない、そして起こりうる「大量人口削減」

「でも、パトリック、私はコメントする資格があるので、あなたを案内します。バンデン・ボシュが何を言っているのかは、私にはわかりません。可能性は全くありませんでした現在公開されている4,000種類ほどの変異体の中には、免疫逃避をする可能性のあるものはありませんでした

「それにもかかわらず、政治家や(各国政府の)健康アドバイザーは、そのように言っています。彼らは嘘をついています。なぜそんなことをするのでしょうか?

「もう一つのことが、並行してあります、製薬会社のいくつかが言っています、遺伝子ベースのワクチンを調整するのは非常に簡単で、開発を早めることができ、あなたを助けることができます、と。

「そして、ここからが本当に恐ろしいところなのですが、(米国食品医薬品局)
FDA、日本の医薬品庁、欧州医薬品庁などの世界の医薬品規制当局が集まって発表したのです・・・追加ワクチンは、すでに緊急使用許可を得ているものと非常によく似ていると考えられるため、製薬会社には臨床安全性試験の実施を求めないつもりです、と。

「だから、あなたの片手には、亜種は現在のウイルスとは十分に異なるため、たとえ自然暴露やワクチン接種で免疫があったとしても、リスクがあり、追加のワクチンを接種する必要があると嘘をついている政府やそのアドバイザーがあります。つまり、どちらも真実ではないということです。では、なぜ製薬会社は追加ワクチンを作っているのでしょうか?そして、規制当局は邪魔にならないようにしています-そしてもしイェードン氏が正しければ、私はそう確信していますし、そうでなければあなたにこの話をしていないでしょう-製薬会社のコンピュータ画面から、何億人もの人々の腕の中に、必要性も正当性もない余計な遺伝子配列が入ってしまうのです

「そしてもしあなたが、有害で致死性のある特性を導入しようと思ったら、『9ヶ月間にわたって肝臓障害を引き起こすような遺伝子に入れよう』とか、『腎臓が機能しなくなるが、この種の生物に出会うまでは無理だ』というように調整することも可能です。バイオテクノロジーは、率直に言って、何十億もの人々を傷つけたり殺したりする無限の方法を提供してくれるのです。

「そして、私は、変異体、追加ワクチン、規制当局の調査なしというどのステップにたいしても良心的な説明が思いつかないのです・・・どのステップにも良心的な説明が思いつかないだけでなく、説明されたステップ、説明されたシナリオ、そしてこの偽りの問題に対する必要な解決策は、先ほど説明したように、未知で不必要な遺伝子配列を、潜在的に数十億人の人々の腕に無意味に注入することを許すということになります。


「私は非常に心配しています・・・その通路(道筋)が大量殺戮に利用されるのではないかと。なぜなら、私は良心的な説明を思いつき得ないからです。」


変異株が免疫逃避することは「ばかばかしいほど不可能」、「ただの嘘」

「もし私が、世界中の政府が国民に伝えている一つの大きな事柄が嘘であることを示せれば、全てではないにしても、そのほとんどが嘘であると言う私の32年間の経験豊かな意見を取り入れるべきです。」

「最も異なる変異株は、2020年1月に武漢から電子メールで送られてきたオリジナルの配列と、わずか0.3%しか違いません・・・0.3%というその変異株は、今までのところ地球上で最も異なったものです。そして今、別の言い方をすると、『すべてのバリアントは互いに99.7%以上の同一性を持っている』ということになります。

「さて、皆さんは『うーん、0.3%で[免疫を逃れてより危険な状態になるのに]十分ではないだろうか?』と思うかもしれません。答えはノーです。逃げるんです、そう、ほら、ここから・・・


「人間の免疫システムは驚異的なものです。このような新しい病原体に直面したとき、
プロの細胞が存在します。プロ抗原提示細胞と呼ばれるもので、ウイルスに屈しないような荒々しくタフなものです。
 
以下は:
 

 

 

Rael Maitreya

 

本当に知性的な人は最後の息を引き取るまで子供らしさを保っているものです。その人はこういうものを決して失わないのです - 鳥を見て、花をみて、空を見て子供が感じる驚きを。。。知性というものはまた、同じように、子供のようでないといけません。

 

                              - ラジニーシ -

 

 

Rael Maitreya

 

     こちらはアメリカ            こちらは米国

 

           その違いを知っておきましょう

 

 

 

 

Rael Maitreya

 

 

La disparition du cash pourrait etre une incroyable atteinte a nos libertes individuelles.
Tout d'abord parce qu'il permettrait de controler et de prendre connaissance des achats et des transactions financieres de l'ensemble des citoyens.
De plus, plus rien n'empecherait les banques ou bien l'Etat de geler le compte bancaire, devenu seul moyen de paiement de n'importe quel citoyen.
Comment lutter contre la disparition du cash ? En evitant le bancontact, le paiement sans contact et en privilegiant le paiement en liquide pour vos achats.
De la politique, on peut tous en faire a notre niveau !

 

- Fight the disappearance of Cash by using CASH!
The disappearance of cash could be an incredible attack on our individual freedoms.
First of all, because it would allow to control and become aware of the
purchases and financial transactions of all citizens.
Moreover, nothing would prevent the banks or the state from freezing the bank account, which has become the only means of payment for any citizen.
How can we fight the disappearance of cash? By avoiding bancontact, contactless payment and by privileging cash payments for your purchases.
Politics, we can all do it at our level!

 

-現金が無くならないようにするには、現金を使って戦おう!
現金の消滅は, 私たち個人の自由への信じ難い攻撃になり得ます。
何よりもまず、 支配を許しそれによりすべての市民の購入と財務取引を知ることを許すことになるからです。
さらに、どんな市民にとっても唯一の支払いの手段になった
銀行口座を、銀行や国家が凍結するのを止めさせることが出来なくなるからです。
現金の消滅と戦うにはどうすればいいのでしょうか?bancontact・バンクコンタクト*、 接触なしの支払いを避けることで、そして
購入のために現金支払いの恩恵を活用することで。
やり方、は私たちは自分たちのレベルでそれができるのです!

 

、「Bancontactまたは「maestro」という現地の銀行と連携しているデビットカード