リザーブストック開発日記






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年12月01日

共感してもらえなければ買ってもらえない

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

なぜその仕事をしてるのか?というストーリーがお客様に伝わることが大事

 

 お客様ってのはお金を払う時に、その人を応援したいから払うわけで、どういう理念とか、どういう理想のためにやってるのかが伝わり、そこに共感してくれれば、いわゆるスポンサーになってくれるんです

 

いくら資格があろうが有名だろうが共感できなければお金は払いたく無いものです

 

だから、なぜその仕事をやっていて、どういう理想のためにやっているのか?

 

そこが伝わる必要があるわけです。

 

僕の場合は、特に父親が劣等感が激しく、余裕が無かったことで僕のことを見ることができませんでした。

そのためそれに気がつくまで、なんで僕のお父さんは僕と話してくれないんだろう?

と大人になるまで全く理解できませんでした。

 

嫌われてると思ってましたが、単に心に余裕が無くて相手にできない、あるいは弱い者には甘えるということだったのでしょう

 

そこに気がついてからは、誰もが親の目を気にせずに自己表現できる社会をつくりたいという想いがあるわけです。

 

誰かに認めてもらうためでは無く自分がやりたいことで食っていける仕組みや社会のためにこの仕事をやってます

 

こういう、ストーリーが明確に表現できると、そこに共感してくれる人は来てくれます。

 

もちろんこの話を聞いて気持ち悪いと思う人もいるでしょう

 

しかし、そういう方は僕のお客では無いので気にしないことです。

万人に受けようとしないことが大事かとおもってます。

 
 
 




2018年11月28日

自分の天才を使う

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

先日、天才ピアニストの有本としさんと話をさせてもらいました。

 

としさん曰く

 

練習練習と練習を強いる音楽教育は良くないと思うんですよ

 

僕は以前、1年間活動を休止してピアノから一切離れたことがあったんです。そしたら以前弾けなかったショパンの幻想即興曲がスラスラ弾けるようになったことがありまして、練習することを辞めたら自分の感覚的なものが使えるようになったんですね

 

だから練習漬けの教育よりも、もっと感覚を磨く教育をしたほうがその人その人の天才が使えるようになるんだと思うんです。

 

という事を話してました。

 

なるほどなぁ~

 

無理に練習しないとできない事よりも、自分の感覚でできちゃうことをやる事が大事なんですね

 

それを、


自分の天才を使う


という表現で有本さんは話してました。

 

ちなみにトシさんのピアノ曲はこちらから聴けます

https://youtu.be/Tf_AJg5EpDk

こんな曲がスラスラ降りてきて弾けるのは本当天才です

 

サービスやイベントなどのご案内はこちらのメルマガに登録してくださいね

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/33349

 

さて、

 

我々のビジネスでも何か頑張ってやらなきゃならないことをやっててもうまく行きませんが、元々の感性がわかってることをやるとうまくいったりします。

 

頑張って努力しないと成功できない

 

という悪しき考え方は捨てましょう。特に日本人に多いかと思いますが、努力して頑張らないのにお金を稼ぐのは良くないことみたいな風潮がありますが、逆です

自分が持つ天才をそのまま使えれば自然と成功できるのです。もちろんマネタイズの能力はまた別ですが、、、

みなさんがそれぞれの天才を使えるような世の中を目指して頑張ります!

 

自分の天才を使えるようになるコツ

・ 他人と比較しない、他人の真似や意識しすぎないこと

・ 他人が言ってることを鵜呑みにしたり、杓子行儀な練習や学習をしない

 

 
 
 




2018年11月27日

あまり知らない人からメッセンジャーやLINEが頻繁に来たらどおですか?

テーマ:ブログ

機能追加のアナウンス

・ 画像アップロードでアップした画像をスマホでコピペする用のボタンを追加しました。



・ イベント名などのタイトルに半角スペースを入れると、そこで改行されるようにしました

・ メルマガの書き出しの文章のテンプレートを設定できるようにしました。

・ お問い合わせフォームの、決定ボタンの文字列を変更できるようにしました。




現在対応中の機能

技術的な課題がクリアされないときはリリースに時間を要します

・ デザインテンプレートの充実化(デザイン集のような画面が表示)

・ スマホ画面でボタンで画面内遷移する際、スクロールするような効果で表示する

・ ヘッダー画像を複数していして自動で切り替わるとか、画像にタイトルを乗せて表示するなどの効果の導入

・ 個別予約を受け付けた時とイベントやグループレッスンの予定をGoogleカレンダーに書き込む機能

・ メールフレーズのHTML対応

・ 決済金額をドルやタイバーツに対応

 

 

 

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

 

人と人の距離感って大事ですよね

 

これ間違えると例えどんなに良い人でも悪い人になっちゃう

 

以前の僕も他者との距離感の大切さが本当わかりませんでした。仲良くなりたい人とは他人なのに家族のように接し、自分にとって不都合な人は敵になってました。

 

人と人とは良い距離が無ければ上手にキャッチボールはできません。適度な距離感こそが相手を大事にすることであり、良好な人間関係を育むことになります。

 

このことがわかってなかった頃は、とにかく近けりゃ良いと思ってましたから結局最後は関係がダメになることが多かったのです。


 

今回言いたいことは、距離感の大事さは、お客さんとの関係でも同じということです


まだあまりよく知らない人や、あまり興味がないのにしょっちゅう宣伝や私事をLINEやFacebookで見させられれば次第にウザがられるのは避けれません

 

押し付けれればいいってわけじゃない

 

それは頭ではわかってるのに、一生懸命になってると、効率よくメッセージをリーチさせることに頭が行きますが、それは「そうじゃねーだろww相手の視点にたって考えないと・・・」って思うわけです。

 

たいして知らない人からメッセンジャーやLINEで宣伝が頻繁にに来たら面倒くさいですし、知り合いだとブロックするのも悪いなぁということで、大変微妙な関係になるのは避けれません


そんなに熱狂的なファンでもない人から毎日のようにLINEががくるのは逆に距離感が近すぎるので、悪い印象になるのはこれが原因なのです

 

逆にすごいファンで契約者だったりすれば、頻繁にメッセージしても悪いことはないですね。

高額な会費を払って会員になってくれてる人や、有料会員なら毎日LINEが来ても良いですし、むしろLINE送った方がいいんじゃないでしょうか

 

このように、ツールは何が良い何が悪いではなくて、距離感や目的に合ったものを使えば良い結果になるでしょう。

何でもかんでもメッセージを送りつけて目立てば良いのではなくて、段階に合った距離感が上手くないと長く続けることはできません。

 

このお客さんとの距離感を制すものがビジネスも制します。

 
 
 




2018年11月25日

キィーーーあの野郎また俺の真似しやがって!!

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

今日のテーマは 無敵 になろう!

 

ということで、無敵ってのは

 

敵がいなくなるまで戦うことでも、敵がいないくらい強いことでも無いってことじゃないんだよね

 

自分と全く同じ人生や使命の人ってのはいないわけだから、敵なんてのはそもそも居ないんですね

 

なのに敵と思う存在が気になるなら、それは自分自身の使命感に集中することで無敵になれます

 

敵を意識してしまううちは無敵にはなれてないってことですね

 

ましてや悪口を言ったりFacebookでブロックしないと意識してしまううちはもっと余計に気になる

 

そう言う時はもっと自分の使命感に集中すれば良いです

 

自分はどおなのか?自分は何を目指しているのか?

 

もっとそこに集中すれば敵は気にならなくなるどころか、

 

逆に敵と思ってる人の動きが自分の行動のヒントに見えてきます。

 

 

ワンポイント

メルマガのタイトルやイベントのタイトルが長いと中途半端なところでおりかえしちゃいますよね
そんな時は 半角スペース を入れると、そこで改行されますよ


メルマガの設定に、メルマガの冒頭文章のテンプレートが設定できるようになりました。
書いておくと毎回その冒頭文章が設定されるようになりますよ
 
 
 
 




2018年11月23日

自分の子供を精神的に強い人間に育てたかったら、無理してでも褒めて認め続け

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

今回はマーケティングの話題を離れ、子育てについてです。

 

子育てって厳しくやる方が実は簡単

 

お前のことを思って怒ってると言いながら実は自分がイライラして怒ってるだけってことの方が多いですよね

 

褒める方が圧倒的に難しい

 

僕の場合、父親からの厳しさを通り過ごした虐待がひどく、その影響で普通に家庭が作れなかったり人から認められたいという気持ちや見返そうという気持ちで仕事したり、まぁ大変でした。

 

その原因が大人の子供に対する承認や賞賛不足だということに気がついた時は目から鱗でした。

 

褒めるには子供のことをよく見てないとならないし、理解してないと褒められない。

 

何より自分に余裕がないと子供のことを認めることも褒めることもできないんですよね

 

大げさに褒めるくらいでちょうど良いと思うげと、これがなかなか難しい

 

心が付いてこない感じも理解できます

 

でも、それでも、褒めて認めてあげることは子供にとっては心の栄養なんです。

 

しかも、普段からたくさん褒めて認めてあげているから、いざとなった時の雷はメチャクチャ効く笑

 

子供のうちに親から認められている褒められてる人ほど自己肯定感が強くなり、傷つきづらい人間に育ちます。

 

自分の子供を精神的に強い人間に育てたかったら、無理してでも褒めて認め続けることが大事です。

 

そうやって育った子供はそれこそ自分生きできる成功できる大人になっていくことでしょう

 

逆に褒めもせず認めもせずで育てればその報いは必ず受けて清算する時ことになります

 

そんな親子を少しでも減らしたいと切に願い度々この話はさせていただいてたりします。

 

そのうちセミナーでもやりたいなぁと思ってますのでその時は是非おこしいただけたら幸いです。

 

俺の教育笑

https://youtu.be/3OFqY3XjG8o

 
 
 




2018年11月22日

自分に嘘ついて失敗できてよかったや~ん

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

9年前、リザストはじめたばっかりのときはユーザーさんも俺も始めたばかりの人で結構貧乏してました。

貧乏してたときはそれはそれで楽しかったのですが、

何年もずっと信じてやり続けてくれてる人たちの中から

今年は年間5000万の人が次々と出始めてるのはめちゃくちゃ嬉しいことです。

愛とか感謝とか、押し付けずに買ってもらう とか そういうあり方のやり方で金額もしっかりと結果が出てることは本当に嬉しい

 

この仕事をやってきてて本当によかったとおもいます。

 

僕がこの仕事を始めたきっかけは自分に正直に生きたいから

僕がこの仕事を始めたきっかけになったことは、人生が本当にうまくいかずに壁にぶち当たったからでした。

実はうまくなんて行ってないうまくいってるように見せ続け、

大きく見せて、それが大きく見せてるんだろうって人からバレてるのに、まだ大きくみせることが止めれず

儲かってないのに儲かってるように振る舞い

理念無く実が伴わない形ばかりのビジネス

理念無き金儲けのための経営

社員を金儲けの道具のように考えざる得ないビジネスモデル

 

まさに粉飾人生

 

俺は本当にこんなことがやりたいのか?自己正当化して自分にうそをついて生きていくことはできませんでした。

当然のごとく景気が悪くなるなり業績は落ち込みました。

当時は本当に世の中をうらみましたが、今から考えるとあれで良かったんだとおもいます。

粉飾ビジネスが長続きするような世の中であってはならないとおもいます。

 

家族も両親とも会えなくなり、友達や仕事仲間は去り、天涯孤独の身となったうえに全財産130万を残し全てうしなったのですが、今となってはそのおかげでたくさんのことを学ぶことができました。

 

それ以降、

 

自分ができることしかしない

大きくみせなきゃならないようなことはしない

自分にうそはつかない

付き合いたくない人にいい顔はしない

いやなことは丁寧に断る

 

そして、

 

僕のこの人生経験が誰かのやくにたたないだろうか?と思ったのです。

たくさんの人に自分らしい人生を歩んでもらいたい 自分らしい生き方を仕事にして、生活もできる幸せな人生に貢献したい

自分に嘘をつかなかいで成功できる社会にした

リザストを開発し続けてる理由はこれです。

 

そんなことで始めたリザストだけに、経済的な成功も伴う人が現れ始めたのは本当に嬉しいです。

みんな~ありがとう!

 

 

ワンポイントアドバイス

ファストアンサーはメルマガ読者を増やすことにも貢献できる便利な機能

質問に答えるとそれに応じた回答がメールでとどき、メルマガ登録も行われるというもの



でもなかなか作るのが大変だよね

そんなあなたに、ファストアンサーを作るコツや作り方を紹介してくれる動画がこれ
 

Okada03

 
 
 




2018年11月21日

目の前の人に売り込むなって言うけど、じゃあどうしたらいいのさ

テーマ:ブログ
ワンポイントアドバイス

HTML だと綺麗なメルマガがかけますが、文字メールしか受け取れない人に届かないという問題がありますよね。それでも大丈夫HTML メールは文字メールも同時に書いて配信できます。HTML メールが受け取れる人にはHTML 、受け取れない人には文字メールが自動判定されて送信されますよ
 

 

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

18_twitter

 

 

売れない人ほど、目の前の人をお客さんにしようとしちゃうんですよね

 

わかりますよ

 

そりゃ稼がなきゃ食っていけない

 

それは重々承知で言ってます

 

しかし、目の前の人をお客さんにしようと売り込んでも、余計ダメなんです

 

焦って売られて付き合いで買ってもらっても次は無いですよね

 

それどころか、会ってももらえなくなっちゃう

 

それやってると本当ハマっていくんです

 

昔の俺がそうだったから、よーーくわかります

 

じゃ、どうしたらいいか?

 

目の前の人に売るんじゃなくて、目の前の人に応援してもらうにはどうしたらいいか?紹介してもらうにはどうしたらいいか?

 

これだけに徹するんです

 

自分がどんなことが得意でどんなことをしたい人なのか?

 

実際に体験体感してもらうこと

 

なぜそのことをしたいのか?

 

使命感の元となったストーリーに共感してもらうことも大事です

 

それが真剣に伝わり、あなたのことを人として好きになってくれれば、その人がその人の周りの誰かに紹介したり、ピッタリあうひとを紹介してくれるようになります。

 

逆に、偉そうだったり、自慢ばかりだったり、金が欲しいからやってると思われるようなことや、悪口を言う人は好きにもならないですし、紹介もしたくないですよね

 

 

自分一人が自画自賛を頑張ってもせいぜい年間300人が限界

それ以上に広げようとするなら金払って広告しなければなりません。

 

しかし、もしあなたのことが大好きな50人があなたのことを応援したとしたら50人が出会う人300人の知り合いの中から合う人を連れてきてくれるのです

 

それはつまり1500人以上にリーチしていることになり、その中から厳選された人だけに会えるのです

 

喜んであなたの紹介をしてくれる友達になってくれるような人をどうしたら作れるか?

ビジネス成功の鍵はそこにあるのです

 
 
 




2018年11月20日

デザインなどに関する機能の改善のご案内

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

18_twitter

 

ここ数日デザインのテンプレートを追加したりレイアウト崩れの箇所を修正したりと見た目の改善をしていました。

 

メルマガの記事を書くときに自動的にテンプレートが表示されますので、これを修正していくことで簡単にスタイリッシュなメルマガを書くことができるとおもいます。

 

見出しのサンプル

 

囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

囲み枠に特筆したいことや告知を書くといいですね



 
青い囲み枠

 

 

今後はこのような囲み枠などのデザインのサンプルを表示する機能も公開していく予定ですのでお楽しみに!

 

あと、画像のアップローダーが新しくなりました。

 

 

アップしたメルマガやランディングページにはりたい画像はサイズが自動調整されます。

アップした画像のURLを記事に貼り付ければ簡単に写真付のメルマガがかけますね

これはペナン島のクーコンシーというお寺

テルアビブヒルトンのテラス

聖墳墓協会

 

見たいな感じで画像をメルマガに貼り付けると臨場感のあるメルマガがかけると思います。

 

バナー画像用を選択すると、

横1160縦600のサイズに自動調整されます。

その画像を ページのヘッダーに表示する画像URL に設定

すると、ランディングページがより美しいものになります

 

ランディングページの作成時に自動的にテンプレートが設定されるようになりましたので、こちらの内容を修正していくことできれいなランディングページがつくれるとおもいます。

 

 

 

 

以上よろしくおねがいいたします。

 
 
 




2018年11月15日

集客しなくても集客に困らない究極の方法

テーマ:ブログ

先ほどfacebookメッセンジャーで友達申請があって、見てみたら

 

サラリーマンやりながらでも無理なく即結果がでました

半年も経たずに・・・・

人生を変えるキッカケとなったFX

FXの果てしない可能性を皆さんに伝えたくてLINE@始めました

・・・・

1ミリでも興味があったら・・・

 

こいつ誰にメッセージしてるのかわかってんのかぁ?ああん?喧嘩売ってんのかよ!

即スパム報告しておきました(笑

 

というわけで

こんばんは! 自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

自分生きビジネスのような自分の生き方や人生を売りにしていくビジネスにおいて最も大事なことは


人と人との繋がりや信頼


です。

僕自身もこの仕事を始めてから9年が経ち、友達が3人しかいないところから、今や数えきれないほどの友達ができました。

最初はお客さんとして知り合って関係が始まるのですが、信頼関係が深くなっていけばいくほど友達というか親友というか盟友というか、そういう関係になっていきます。

 

僕は変に売るためのマーケティングなんて学ぶよりも、どうやったら友達が作れるか?を考えた方がいい気がしています。

 

知らない人にメッセンジャーでスパム送ってLINE@登録みたいな方法を教えてる方も教わる方も、あたまわるいんじゃねえの?とか思っちゃうわけですが・・・どうしてそうなるのかどうしても理解できないんですよね

 

そうじゃなくて

 

友達作るのが上手な人ほど、商売もうまくいく!

 

これ絶対です

 

やりたいこと一生懸命やってて

やりたいことやってるから誰にでも親切で

誰かと比較したり、陰口などを言わず、人の理解に努め

売り込まなくて、売り込まないから裏表がなくて

困ってる人のこといつも助けてて

人の使命の応援をしてて

 

友達作るのがうまい人はみんなこれ↑

 

で、その結果みんながその人を応援したくて応援する

紹介したくて紹介する

 

お客さんがお客さんに紹介されるから集客の必要が無いのです。

 

自分で自分のことを売り込む努力を今すぐ止めて、友達ってどうやって作ったっけ?って考えてみてください。

 

どう考えてもスパムメッセージ送って友達はできないぞww

 

 

ファストアンサーを作ってメルマガ読者を増やそう!

Okada03

 
 
 




2018年11月14日

今回は様々なツールがあるなかでそれぞれの要点を話していきます。

テーマ:ブログ

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。


18_twitter

今回は様々なツールがあるなかでそれぞれの要点を話していくよ

なにが良いとか悪いとかではなくて、それぞれのツールの特性をいかした目的に沿った使い方をするのが大事
 

 

Facebook

Facebookは友達というか、知り合いとの繋がりを持てるサービスです。で、なぜか自分一人のつぶやき的な投稿をしてしまうツールです。そして他人に自分を見てほしいという潜在意識をくすぐりますねw
なので、友達やお客様のしている投稿にコメントをする これが最強な使い方かとおもってます
自分が素晴らしい投稿をするくらいなら、他人の投稿に気の利いたコメントをするほうが有効でしょう
 

LINE

丁度昔のガラケーに送られてくるメルマガのような感じ。届きすぎるが故のブロックか読むかどちらかにわかれてしまう。まだこれからの見込み客段階の人からはうざがられることが避けれない。俺はLINEで集めた見込み客に宣伝する勇気はないw
一方で熱狂的なファンとか有料の契約を結んでいる人達にはいいかもしれない
 

メルマガ

開かなかったとしてもタイトルと送信者は必ず読まれている。読まなかったとしても解除されることも少ないので見込み客と長くつながるには良い。2年3年解除してなくてある日タイミングで読み始めるような人とつながれる。
相変わらずDOCOMOなどのアドレスに届かない問題がある
 

ブログ

口コミからの検索でたどり着くのがブログ。でもブログを見られてるだけではこちらからアプローチはできないのが欠点。メルマガ登録のリンクが無いと全く意味がない。
あと、あまりヘビーな内容を書くと友達とか昔の同僚が見てたりしててめんどくさい。

 

ホームページ

内容に変化が無いと1回しか見てもらえない。お金と時間をかけるわりに効果は無い。
 

 

 

子育ての専門家としてご活躍の高松ますみさんと先日お話しさせていただきました。

僕は子供は認めて褒めてあげることで自己肯定感が増し、自信の強い子供に育つという持論があるのですが、高松さんも全く同じ意見でした。

そんな高松さんが自己肯定感の強い子供を育てるために必要なアドバイスやお母さんの立場からそういう良い子育てができるためのお手伝いアドバイスをしてくれます。

もし興味がありましたら是非参加してみてください。

https://resast.jp/subscribe/89013

 

 
 
 




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>