リザーブストック開発日記






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ZOOMでの作業に対応すべく改善をリリースしました

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

お待たせしました

リザスト、コロナ対応 第一弾!!!!

 

 

 

ZOOMでのセッションやグループ紺サルに対応すべく改善をリリースしました

 

1つ目 

イベント、グループ予約にZOOMのURLを設定できるようにしました。ここで設定するとリマインダーでZOOMの使い方を含めた説明がお客様に送信されます


 

2つ目 

個別予約とグループ予約の受付時間を連動するようにしました。個別予約もグループ予約も両方受け付けてる場合、どちらかに予約が入ったらもう片方は受付できなくなります。

 

個別予約を受け付けた場合はグループ予約の枠が消え

グループ予約に1名でも入ってる場合は個別予約から自動で枠は消えます

 

なお。この機能を無視したい方は個別予約の設定で無効にできます。

 

個別予約もグループコンサルも両方自宅でガンガンうけつけられるように機能を改善しましたので、ぜひご活用ください。

 

 

一人ひとりが勇気をもって何とか誰かのためにやれば必ずうまくいく!

とにかく経済活動を止めない努力を一人ひとりがやることが大事です。

 

僕らのできることをやってこの難局を共に乗り越えましょう

 

僕もできることは可能な限りやりまっせ!

 
 




金があれば何でも買える!買えないものって何?

安心安定月額10万ビジネス

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

あちこちで目指せ月額10万を言い続けてたところ、最近ポツポツと、契約サービスで10万毎月ができるようになりました。

 

なんで100万目指して挫折してたんだろう

10万なら目指せましたが結果30万になりました

10万でも人のためにやれることの喜びは大きな価値です

なぜ無理を目指してたのか?今となってはお恥ずかしい

 

などなど、たくさんの声をいただくようになりました。

 

本当にありがとうございます!

 

 

そーなんですよ

なにも無理して100万目指して、それができなきゃ成功者では無いと思い込んでませんか?

 

 

100万稼いでも、家族やパートナーとの時間もなく、友達と話す余裕もなく、結局無理してお客様からもクレーム

そんな稼ぎ方はもうやめましょう

 

 

豊かさをお金に求める時代は確実に終わりました。

 

 

 

本当に大切なものは金では買えないのです。

まずは生命死んだら金をいくら積んでも生き返りません

 

過ぎ去った時間

人からの信頼と実績

愛情や友情

自信や自己肯定感

などなど

本当に大事なものほど金では買えません。

 

 

誰の目も評価も気にせず、本心で誰かのためにやりたいことは何ですか?

 

 

そのことで一人でも幸せにする努力、信頼、そして実績、評判

これは金では買えません。

 

そして、その事そこが人生で最も大事な事なのです。

 

 

最低限生きていくための金が必要なことはわかります。

だからまずは10万円月額を目指して手の届くことを目指して、ズルや盛ったりせずにやってみてください

 

 

本当に心からのありがとう

そしてその対価として払われるお金はそれ以上の価値があなたにあるのです。

 

 

何でもかんでも金に見積もる考えはもうやめましょう

 

金で買えない豊かさを追求しよう!

 
 




祈りの力を信じるようになったきっかけ

目指せ安定月額10万(ドルじゃないよ笑)

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

えー、

あなたは引き寄せの法則とか祈りとか、そーゆーとに見えない力って信じてますか?

 

 

リザストを始める10年前以前、僕は全く信じてませんでした。

 

 

努力するから成功できる

成功するのは運ではない

祈ってたって何も変わるわけがない

 

そう思ってました。

 

 

まぁ実際単純に祈ってただけでラッキーなことばかりが起きてうまく行っちゃいましたーなんてのは無いと思いますが、

今回はなぜ僕がそういう目に見えない力を信じるようになったか?という話です

未来がどーやって作られて行くのか?

それは物理学的には計算で求めることはできない

というのが今の学説です。

 

 

アインシュタインは宇宙の全てと未来は計算で予測できると信じて研究を続けましたが、結局は証明できず、未来を確定することはサイコキネシスの力がなんらかに作用するとしか言えない

という結論に達したのです。詳しくは量子力学の動画を見てください。

 

 

つまり、

努力しないと結果は産みませんが、それにしても最後に望む結果になるか否かは努力ではどうにもならない力が作用してるのです。

 

 

まず、なぜその努力をしたいのか?

なぜ良いアイデアが思いつくのか?

なぜ運命のお客様や仲間と出会うのか?

なぜそれらの結果望む未来が作られるのか?

 

これらは計算では求められないのです。

 

 

リザストを始めた当初、

くる日も来る日も開発を続けても一向に日の目を見なかったとき、

どうしてもこの仕事を続けさせて欲しいと天に祈りました。

 

 

僕の才能をどうか誰かの役に立てられる人生にしたい

そう祈ったことがありました。

というか、やれることは全てやってるのであとは祈るしかない

という感じでした。

 

 

どうにかして利用者の人生にこのサービスが役立ってくれて、そして便利だと感じてくれればこの仕事を続けることができる

なので、利用者の成功をひたすら祈るくらいできることをやりました

それでもすぐに結果は起きず数年はかかりましたが、結果は今の通りです。

 

 

沢山の仲間とお客様と出会えたことは計算で求められたことでしょうか?

誰が同じことをやっても同じ結果になるのでしょうか?

僕はそうは思えないのです。

 

 

運や縁という力は何かテクニックや手法ではどうにもなりません

確定してない未来を現実化するのは努力と最後はイメージするしかないのです。

 

 

東日本大震災の時、

あーーこりゃもう終わったわ

 

 

と思いました。

が、おそらくではありますが日本の神道や仏教の僧侶の方々は最善の未来を祈ったそうです。

そして今回のコロナウイルスも同様

理屈だけでは説明がつかない結果になっています。

 

 

これももしかすると祈りによる美しい未来のイメージによるものなのかと思います。

 

 

ですから、あなたもあなたのお客様に対してできること全てをやったなら、最善をイメージすることが大事です。

 

 

僕は常にユーザーさんの最善の未来と結果を祈ることは習慣になっています

自分のことではなく、自分がこの仕事をさせてもらえてるのは、自分以外の誰かの幸せや成功、最善を祈れるからこそなのです。

 
 




メルマガ出しても集客できねーぞ!という方へ

好きなことやってない人は心が傷つきやすくなる

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

日々のメルマガの中で、セミナーや体験会、体験セッションを募集することで興味がある人だけが買ってくれる流れはあなたもよくご存知かと思います。

 

 

今日は、メルマガを出してもリンクがクリックされない場合どうしたものか?

という問いにお応えします。

 

 

メルマガは出してるがメルマガ内のセミナーや契約サービスなどのリンクがクリックされない場合、二つの問題が考えられます。

 

 

一つは、商品となるサービスとメルマガの内容が異なる

二つ目はメルマガの内容が難しい

 

です。

 

 

メルマガはFacebookなどのSNSと違い、興味があるから登録してます。

逆にあなたのサービスや商売に関心がなければ登録しません。

 

 

ですからメルマガ内では自身のサービスや商品を告知しなければかえって不親切になります。

 

 

しつこいんじゃ無いか?とかそいうことは考えずに商品やサービスの告知に通ずる内容の記事を書きましょう。

ストーリーの中でセミナーの告知をする感じです。

 

 

二つ目のメルマガの内容が難しい

 

これはわりと真面目なあなたにありがちです。

 

 

みなさんとにかく技術に対して真面目なので、高度な内容を書かないと読んでもらえないと思ってる方がいますが、逆です。

 

高度なことを書いてもメルマガ読者でこれから買うという方は初心者なので理解できません。

初心者でも、子供でも👶理解できるくらい視線を相手に合わせた内容を心がけてください。

 

 

何もわからない方が興味を引く話や事例は何なんだろう?常にそこに注意を払うことが大事です。

自分ではすごく簡単に書いてるつもりでも、わからない人からするとかなりよくわからない

ということを忘れてないません。

 
 




ありがとう!ユーザー数3万人突破

すべての個人事業者が自己表現で生活できる社会を作る

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

リザストは2010年に開始以来、ユーザー様の紹介だけで繋がった会員さんのみにサービスをご利用いただいてきました。

 

 

当初、インターネットサービスという特性上、リアルな反応が見えづらく、サービスが良いのか悪いのか?わかりずらかったんですね

 

 

そこで、

誰かのやくにたつサービスならかならず口こまれる

と思い、既存の会員様の紹介でないと使えない、紹介制をとりました。

 

 

紹介制はそれをリアルに良し悪しを知るために始めたアイディアでした

結局10年たった今口コミだけで世界20か国 3万人の会員登録をいただくまでになれました。

image

 

 

サイト自体への年間アクセス人数は300万人、決済金額は40億円にのぼり、ひとつの小さな産業になろうとしています。

 

 

これもひとえに皆様ユーザー様のおかげであり、

リザーブストックというサービスを、

自分生きビジネスという新しい働き方のスタイルを、

お金だけではない新しい成功の価値観を

みなさまと一緒に作ってこれたからこそ達成できた結果です。

 

 

こころからの御礼を申し上げます。

 

 

今後の進化とビジネス自体の成長をあなたと共に作れることを楽しみにしています。

 
 




僕も以前はお願い営業をしてました。

目指せ安心楽々月額10万ビジネス

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

以前勤めていた会社で営業の仕事をしていたことがあるのですが、基本こちらがあって欲しい立場なのでドタキャン、リスケ、数時間待たされることは当たり前

 

そんな感じで会ったところでもちろん売れることは無く100%ご挨拶で終わるんですね

 

 

要は今は要らないってことなんですが、それでも知っておいてもらわないと話にならないのでそんな営業回りを続けていました。

営業の仕事ってのは拒否られることを恐れていたら務まりません。

 

 

しかし、普通の人は毎回毎回拒否されるのは嫌なものです。

 

 

僕も最初は心が折れそうになり、次第に麻痺して行きましたが、やらなくていいならやりたくは無い仕事です。

ということもあり、何とかして断られない営業の方法はないものだろうか?お願い営業しないでお客様に出会うにはどうしたら良いものだろうか?

と考え続けた結果、メルマガを使った導線を作ることにたどり着いたのです。

 

 

メルマガでちょっとでも関心のある人を集めて、そこに案内して反応がある人にだけアプローチする自然の流れを読む方法です。

 

 

0 全く必要としてない

1 少しでも興味のある人 → メルマガ登録

2 もっと興味がある人 → メルマガ開封

3 サービスや商品に興味がある人 → リンククリック

4 いま必要としてる人 → 有料サービスに申し込む

という感じです。

 

 

かつて営業まわりをしていた頃は0の全く興味のない人に売り込んだり挨拶をしていたことになります。

 

 

もし会うなら1の人、せめて2の人にだけ会わないとほとんど無駄に終わるどころか嫌がられたりドタキャンされるなどは不可避です。

2でも結構な確率でドタキャンや日付間違えてましたーとかそういうのはあります。

 

 

しかし、3の人は今のタイミングで必要としている確率が高いのでお互い良いタイミングで関係が作れるのです。

そもそもメルマガ出してもリンククリックの反応がない場合は、内容と売ろうとしてるサービスの一貫性が無いことが考えられます。

 

 

4になると一切の営業行為なしで売れます。

当時の僕が知ったら驚くことと思います笑

 

 

このように手当たり次第に営業するのではなく、メルマガに入れて反応のある人が流れであり、その流れの中で出会っていくことが大事です。

 
 




2020年!キーワードは、癒し

すべての個人事業者が自己表現で生活できる社会を作る

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

お客様は何かあなたの卓越したすごい能力に来るとおもってませんか?

だからすごいことしてないとお金とっちゃいけない

そんなふうにおもってる方は多いです

 

 

しかし、

能力がいくら長けてても、不機嫌だったり怖い人が握る寿司は旨くないですよね

 

 

技術じゃないんだよ!人なんだよ!

サラリーマン時代に上司によく言われた言葉です

 

 

得にこの商売の場合は能力がずば抜けてるからといってうまく行くことはありません

昔、中国拳法世界チャンピオンの方がいましたが、その方の演舞はいまだに凄まじかったのを覚えてます

 

が、その方になかったのは

癒し

でした。

 

 

これからの時代は癒しが無いと売れません

人は癒しを求めてるのです

 

 

では癒しはどーやったら鍛えられるのでしょうか?

癒し力を、鍛えるとか、聞いたことないですよね

 

 

僕的には癒しというのは与えるものではなくて、受取手が癒されてると感じるものなのなんだとおもいます。

 

 

なので、

私があなたを癒してあげよう

と言ってあなたが誰もを癒すことはできません。

 

 

癒された

と感じるのは相手なのであってあなたが癒すことはできないのです。

 

 

では、あなたはどういう時に癒しを感じますか?

 

 

僕はその人がその人らしくしてる姿を見てると癒されます。

何か一生懸命取り組んでる姿やその人が得意で好きなことをしてる時

誰かに認めてもらおうとしてるのではなく、その人がその人ありのままで何か人のためにやってること

こういう行動に癒しを感じます。

 

 

例えば子供が自分なりに一生懸命、紙でつくった飾り

これを見て癒されます。

 

 

なので、何か凄いことをしてやろう!ではなくて、その人に一生懸命できることをする

この姿勢が癒しを与えるのだと思います。

 
 




続 ゴールを描くところから始めよう!

目指せ月額10万安心ビジネス

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

先日のメルマガでゴールを描くという話をしましたが覚えてますでしょうか?

ゴールを描く際に、お客様からどんなメッセージをいただけたか?をゴールに設定すると結構明確になるという話をご紹介させていただきました。

 

そこで、先日こんなDMを のっちゃんこと、野津さんからいただくことができました。

 

相馬さん ありがとうございます。
 
継続の契約サービスが昨日今日とお申し込みいただいて合計5人になりました。
 
これから卒業していく人も出ますが、当面の目標が達成できました。
 
これも、相馬さんが契約サービスというツールを作ってくださって「とにかく使ってみよう」と思って始めたからです。
 
最長の方は2年半になります。(最初三か月の契約サービスからフォローの契約サービスに移行) これで、リザストを使えば月10万安定収入が得られるよねと言えそうです。
 
そう考えたら、面白いもので、今までと全く違った発想になりました。
 
契約までは至らない層の人たちに動画コンテンツを作りためよう、とか、今契約している方たちにもっとお役に立てるように頑張ろう、とか。  
 
10万の壁、大きいですね。
 
お客様の声がページに反映されたこと(1週間以内)も影響があるかもしれません。

サクッと契約サービスで何十万も売り上げている方はいると思うけど、

一人が二人に、それが積み重なって自分に何が出来るのか?

どんな人ならお役に立てるのか?がこの時間の中で熟成された感があります。




★★実際の野津さんのサービスはこちらです★★

https://www.reservestock.jp/conclusions/2601


 

 

こういう内容のDMを貰う というのは4年前に契約サービスを開発し始めたころ設定したゴールでして、

このメッセージを貰うために必要なことをやってました。


契約サービス機能を使いやすくする

契約サービスでお客様と契約するモデルを常識にする

月額安定10万 これを目指そう!と繰り返し言う

などなど

当初、この機能を作って出しても誰も使ってくれる人はいなくて、2年経ってようやく使い始める人がでてきた感じでした。

ゴールとして、どういうメッセージをいただいてるか?というイメージをすること
そして、そこからすべて逆算で行う

この癖で動くことは本当に大切です。


 




成功したいなら終わりを描こう

すべての個人事業者が自己表現で生活できる社会を作る

ただ今絶讚引きこもり中で新機能開発に没頭中の相馬です。

 

 

あなたは7つの習慣という本をご存知でしょうか?

7つの習慣は人生を有意義にする原則が書かれていますが、なかなか分厚いのと例示が面白くないためなかなか眠くなる本としても有名です。

 

 

今回はその2つ目の習慣

終わりを描くところから始める

について解説していきます。

 

 

7つの習慣では終わりを描くところを、自分が死ぬ時にどんな葬式になってるか?誰が悲しんでるか?みたいなことが書かれていますが、ぼくは終わりから考えるのを葬式とは思いません。

そんな遠くのことを考えても意味がないですよね

なので、当面の終わりは?ゴールは?を考えイメージして、そこに向かうことを逆算して考えることが大事です。

 

 

そこで、あなたの当面のゴールはなんですか?

と聞かれてもそれがまたよくわからないという方がいますので、今回はその当面のゴールを考えるコツを話します。

 

 

まず、自身の使命ややりたいことを達成するための契約サービスをつくります。

これはいわゆるバックエンドというやつです。

 

で、そのバックエンドにお客様が既についてることをイメージしてどんな感想文をもらってるか?を考えます。

まだお客様が来てなくてもいいのです。

 

まずは先取ってあなたのお客様があなたのサービスにどんな感想文を書いたか?をあなたが書いてください。

そこが当面のゴール、終わりです。

 

そこがゴールなわけですから、あとはその感想文をもらうためにはどんな行動をとれば良いのか?をするだけです。

その感想文をもらうことと離れたことは一切やめ、その感想文をもらう行動のみに集中してください

 

 

そんな感じで考えていくと、無駄なく行動できるとおもいます。

ぜひやってみてください。

 
 




灯台下暗し

すべての個人事業者が自己表現で生活できる社会を作る

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

 

人は自分ができないことをなんとかしようとして、できなくて悩みますが、

できることはやろうとしない

という不思議な現象があります。

 

 

僕自身もここに気付く前には本当悩みました。

 

 

できないことをやろうとして、できなくて、自分はダメな人間だと悩み、

できることを、そんなことやっても誰が評価するのか?と軽んじてしまいます。

 

 

この状況に陥ってるときは自分自身でもなぜうまくいかないのかがわからないものです。

 

 

自分の力でどーにもならないことは手放す

この思考に切り替えることが大切です。

 

 

誰に何言われようが、後ろ指刺されようが、がっかりされようが自分の人生は自分のものです。

誰かすごい人を見て、私もあんな風になろう!とおもっても、俺みたいになりなさいと言われてその人になれなくても、そのすごい人にとってはそれが当たり前のことなわけです。

 

 

すごいことをしてる意識はないものです。

 

 

そもそもそれが出来ないことなのか?

出来ることなのか?

それは若いうちは自分が誰なのか?がわかりませんから、やってみた結果それが自分にとってできないことだってのはわからないことも多いでしょう。

 

 

しかし、30半ばも過ぎてくれば、そのことが自分にとって出来ることなのか?出来ないことなのか?は今までの人生経験でわかってくるはずです。

 

 

出来ないことを無理に頑張るのではなく、それは自分にとっては出来ないことなら手放す勇気は大事です。

そして、当たり前のように出来ることをやり続けた方が人生は幸せに成功できます。

 

 

ps

僕も10年前リザストをやる前はgoogleがやってるような革新的にすごいシステムとか仕組みとかを作らないとダメだとおもっていて研究してました。

 

リザストのようなWebの業務系のシステムは俺にとっては誰でも作れるとおもっていて、そんなことやっても意味はないとおもっていました。このレベルのプログラムができないならプログラマーやめちまえくらいに言ってたくらいです。

 

しかし、そうではありませんでした。

 

自分ができること身の丈を知り、コツコツできることをやってきた結果、今たくさんの方の役に立ててるのです。

もしあの時ここに気づかず、何かすごいことをやろうとしてたらこうやってあなたとも出会ってなかったことでしょう。

 
 




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>