リザーブストック開発日記 -3ページ目

テクニックを書いてもノウハウを書いてもお金にはならん

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

コンサルをしていてよくあるのですが、

 

「自分はこんなに〇〇のノウハウもテクニックも経験もあるのになぜ売れないんでしょう」

 

という相談です。

確かに話を聞いてるとすごいノウハウや経験があります。

売れないし口コミが起きない

だからメルマガの読者も増えない

 

そうなんです

ノウハウやテクニックが欲しいなら本屋に行けばいくらでも手に入ります。

 

ノウハウやテクニックが知りたい人はそのテクニックを知ったらそれで満足します。

 

では何だったら売れるのか?

自分生きビジネスで成功したいなら

 

あなたなら僕のこと、私のことを理解してくれるかもしれない

この人になら相談したい

この人になら話を聞いてもらいたい

 

にならないと売れません。

ということは、ノウハウやテクニックなどかっこいいことばかり言っててもダメです。

自身の苦い経験や失敗談など、泥臭い経験を伝えなければ人の心には届かないものです。

 

それが例え100人に一人でも心に届くことが大事です。

 

格好つけてても誰も相談したいとおもいません。

 

かといって

 

お涙頂戴的な話を書かないと売れないので書きましょう

 

というのはダメですよ

そのこと自体がテクニックになっていてそんな表面的なことやってても本当のお客さんには会えません。

 

心から自分の人生の経験を通じてそのことが誰かの人生に役立つことが目的です

 

そのために自分のことを書くわけで、お涙頂戴的な感動話みたいなことで操作しないでください。

 

ありのままを書けば、伝わる人には伝わるものです。

 
 
 




まわりの反応を気にしてるうちはいつまでも絶対に成功できない

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

他人の目を気にしているうちはいくら稼げても成功できない

今回はこの話をしていきたいと思います。

成功者は何をもって成功者といえるのか?

よく月に100万円稼げることが成功だとか、1000万だったら大成功だとか言いますが果たして本当にそうでしょうか?

僕は 自由 が無ければ成功者とは言えないと断言します。

 

極端な例ですが

 

お金が10億くれたとしても、毎朝9時から21時まで都内に通勤しなければならない

そして、その仕事は全然すきなことではない 例えば原子力発電所を海外に売り込む仕事 だったらどうですか?

これが死ぬまで続きます。

でも10億です

 

これって成功者なんでしょうか?

 

いくら金があったとしても、自由がないなら成功者とは言えませんということです。

 

もちろん、お金がゼロなら好きなものも食べれないし友達との時間も過ごせないでしょうから、ある程度のお金は必要ですが、時間ややりたいことを犠牲にして極端に金ばかり追っても不自由になるだけなのです。

 

 

 

人の目を気にしてるうちは絶対に自由になれない

 

  • Facebookのいいねの数を気にしてる
  • SNSで他人から目をひくこと、目立つことをばかりに注意が行く
  • ちょっとしたクレーム1件うけただけでサービス内容を変える
  • 契約更新されないだけでへこむ
  • セミナーの集客がちょっと滞るとやめようかなあ ってなる 

 

これらの心理はすべて基準が自分じゃなくて他人なのです。

この心理状態のうちは成功することはできません。というのも、それで稼げたところで、精神的な安心感は得られないからです。

 

反応が悪くなったらどうしよう

 

になるからです。

この仕事を通じて沢山の人を見てきましたが、

 

他人の目や評判を気にしてる人は少なくとも3年に1度は肩書や、やってる内容を変えます。

 

逆に、他人云々ではなく自分がやりたいこと 自分の使命感 でやってる人は、そのサービス内容は進化こそするものの、変化はないものです。

行動の基準を他人の評判ではなく、自分軸にすることが大事です。

 

自分軸で生きろ!

好きじゃない人から好かれるために自分を変える努力をするより、

ありのままのやりたいことをやってるあなたを好きになってくれる人とだけつきあっていかなければ自由も安心感もえられないでしょう。

 

そのためにはまず自分が、自分自身を最も好きになってあげることが求められます。

 

そのうえで、その自分の好きなことをどうしたら誰かの人生に役立てるか?を考えた時に、他人軸を考える必要がでてくるので、そしたらどうしたら他人にどうしたら理解されるか?を考えましょう。

 

くれぐれも順序をまちがえないでください。

 

1 自分が好きなことをやる

2 それが最初は誰にも受け入れられなくても辞めないで続ける < 他人の目を気にする人はこれができない

3 そのうち周囲に広まりだす

4 理解されだして口コミが始まる

5 黙っててもあなたに合う人が来るようになる。

 

自分自身をすっぽかして、他人の評判で動いてもいつまでも一生成功できません。

 
 




メルマガ読者もいない 最初のうちはどうしたらいいんですか? 

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

メルマガを出し続けていれば、ブログを書き続けてるだけで といいますが、そもそもメルマガの読者、リストが無いうちはどうしたらいいのでしょうか?

 

というメールをいただきましたので、ちょっとしたコツというか、心得をご紹介していきたいとおもいます。 

一人で成功するのは難しい

創業期にホームページを作って、どこかのメディアで取り上げてもらおうと頑張って営業したり売り込んだり、SNSに広告を掲載するためにお金を払ったり、どうせ広告を掲載するなら派手に盛ったランディングを作ったり

これって、いくら業者の人たちが味方だといいはっても一人で頑張ってるのにかわりはありません。

お金を払ってるわけですから、相手からすればお客さんなわけで、あなたがお金を払わなくなれば終わる関係です。

なので、結局のところ一人で頑張ってる という状況です。

これでは成功することはできません。

まずは応援者を見つけることが絶対に必要です。

こればかりは縁としか言いようがないのですが、知り合いの主催するパーティーに行ってみるとか、イベントやセミナーに参加してみるなど、まずは気の合う仲間を見つけるところから始めてください。

仲間がみつかったら、その人に売り込むのはご法度

人はモノを買うのは好きですが、売り込まれるのは嫌いです。

絶対に売り込んだり、自分のビジネスの話ばかりをしてはいけません。

まずは人間関係の構築と、むしろ相手が何をしてる人なのか?どんなことで協力できるのかを聞きましょう。

そこで、自分の得意なことやできることで、相手の人の助けになることが見つかれば、それはチャンスです。

自分にとってのメリットにもなりますし、相手のメリットにもなりますから、迷わず動くときです。

 

もし相手があなたのサービスに興味をもってくれたなら、そこでも絶対に売ってはいけません。

まずは知ってもらいましょう。

もちろんこの段階ではお金はもらえません。

 

相手が自分の意志で買ってくれてはじめて売れたことになることを心得てください。

人からの紹介は似たような人が来る

このようにして人と出会い、信頼関係を作っていくことが最初のステップとして大事です。

次は、無理に広げるのではなく、出会った人に人を紹介をしてもらいましょう。

というのも、人というのは似たような人がその人の周りに集まっているものでして、紹介で来る人と、こっちが適当にネットで見つけた人とでは明らかに違うものです。

俗にいう いい人しか周りにいない という現象を体感するためには絶対に紹介以外では知り合わないようにすることが秘訣です。

 

1 メルマガを紹介してもらう

2 紹介してくれた人がメルマガに登録する

3 メルマガを配信する

4 読み続けてくれる

 

ここまで来た人であなたと気が合わない人はまずいません。

 

人には知り合いが100人から300人はいます。もしあなたのサービスを300人に知ってもらうことができたなら、9万人にリーチすることになってることを忘れてはいけません。

 

 


みずほ銀行ですら副業を認める時代になってきました。
 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000001-kyodonews-bus_all

 

あれだけ大丈夫だと言っていた年金は事実上、金融庁が破綻を認め、いよいよ自分生きビジネスの時代になってきたといっても過言ではありません。

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4742/?fbclid=IwAR0x4gH4ts_RJ1_NSIBw1gBhlTZ8opxGDSXDNxptMyBnIBNzt8eT5fatgzA

すごい時代になってきたものです。

 

しかし、こんな時代だからこそ今から自分のやりたいことをビジネスに、そしてリスト集めをはじめなければなりません。

いまからならまだまだ間に合います。


自分の人生を国や会社に頼るのではなく、自分自身にたよっていきましょう
 
 
 
 




こんないい時代に自営で独立しないでどうするの?

個別予約を受け付けると、予約毎にお客さんとどんな話をしたか?カルテが書けるようになっていますが、そこに画像をアップして保存できるようになりました。

マインドマップや話を聞きながら手書きでメモをとるような場合は、撮影してそのままカルテに保存とか便利に使えます。

 

あと、以前に個別予約を受け付けるとGoogleカレンダーにも反映される設定ができるようになったのですが、この機能を知らなかったと言われたので、一応再告知しておきますね。個別セッションを多用してる方には便利です。


スマホのデザインから「選択」ボタンを削除して、項目のどこかに触れるだけで画面遷移するよう修正しました。

 

 

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

 

自分で商売を始めるいわゆる自営って大変なんじゃない?

会社辞めて自営なんて絶対大変だよ

 

なんて言われたり思ったりしてる方は多いです。今回はこのあたりについて語っていこうと思います。

 

会社を辞めて独立、自営で始めるってハードルが高いことだと思ってる方は多いです。

一体何のハードルが高いのか?について考えてみました。

 

経理、広告宣伝、営業、総務、顧客対応

 

などなど、会社にいれば自動的にだれかがやってくれていたことを独立すると自分でやらなければならない

と言われビビる人も多いでしょう。

 

経理はどうするのか?

これは税理士に相談すれば特に問題はありません。経理なんて10年やってきた僕でも素人です。1年に1回確定申告の時に税理士に相談して数万円はらってやってもらえば意外と簡単に終わります。

ただ、経費として使ったお金については領収証を用意しておきましょう。

 

事務総務はどうするのか?

個人事業主として登録しておけば支払うべき保険や社会保障の請求は国から来ますので、来たら払う でOKです。

個人セッションやセミナーの受付、参加確認、領収証の発行、予約のリマインダーやお礼メール、売り上げ一覧の出力はリザストがやってくれますので特別人を雇う必要はないでしょう。

 

広告宣伝・営業

これは、メルマガの読者を集めてそこに繰り返しサービスの紹介や告知をすることで集客ができますのでこれも問題ありません。が、最初、メルマガの読者がゼロ。実績もゼロの時は一人ひとり実績を積み上げていかなければならないので最初だけ結構大変ですがその辺についてはまた別の記事でも紹介していますのでご参考ください。

結局のところメルマガの読者があなたのファンになってさえいれば、営業には困りません。

配信したメルマガの開封数を見れば、だれがあなたに興味を持ってるか知ることは簡単です。

ステップメールがあればサービスや商品のプロモーションも自動的に行ってくれるでしょう。

ランディングページも

 

 

顧客対応

今の時代、電話番号がないと信用が無い という時代でもありません。メールかLINEなどのメッセンジャーで対応すればよいでしょう。

ただ、LINEだと会話形式になりますので、一見さんが友達みたいになってずーっと会話が終わらなくなるリスクがありますので、できればメールでやり取りするくらいがちょうどいいでしょう。

 

料金の回収

ペイパルで決済をすれば自動的に回収できますし、今時はスマホから銀行振り込みができますので、銀行口座1つあれば入金確認は簡単でしょう。

未払いの人に督促の案内もリザストの機能をつかえば自動化できます。

 

というわけでございまして、あとはあなたのやりたいことに集中してお客様を喜ばせてくれればよいのです!

なんとも良い時代になったもんですね

こんな自分生きビジネスがしやすい時代になったわけですから、サラリーマンやどこかの企業の下請けでだれかのいいなりになるのをやめて、自由な生き方で幸せになりましょう!

 
 
 




うまくいかないのは原因は○○になってるからかもよ?

自分生きビジネスコンサルタントの相馬 純平です。

 

image

 

 

 

 

突然ですが

 

あなたは

 

人からもらうことに興味がありますか?

それとも人に与えることに興味がありますか?

 

もらう事と与えることを天秤にかけた時、直感的に考えてどちらが勝りますか?

 

と聞いた方がわかりやすいですかね

 

 

与えるか、貰うか、どちらが二者択一なのではなく、与えもするし貰いもしてますから、どっちの意識がより強いか?と考えたほうが良いでしょう。

 

で、当然ではありますが、

 

 

貰うことばかり考えている人は成功できません。

 

逆に

 

 

与えることばかり考える人が成功します

 

 

与える人は、どうしたらお客さんが喜ぶか?どうしたら、お客さんのためになるか?

寝る間も惜しんでこのことばかり考えています。

それを考えること自体が楽しくて仕方がないのです。

 

ディズニーランドはいつでも、どうやってお客を喜ばせることしか考えていないように思えますし、売れてるレストランや料亭のシェフは常にどうしたら美味しいと言ってもらえるか?しか考えていません。

 

かくいう僕も、リザストにどんな機能を開発したら皆さんが便利に良いお客様と出会えるか?喜んでもらえるか?わかりやすくなるか?寝る間も惜しんで考えても苦ではありません。

 

 

逆に貰うことばかり考えてる人は、どうやったらお客さんが財布を開くか?どうしたら衝動的だろうがなんだろうが金を払うか?払わせることができるか?

 

雇われや、サラリーマンの多くはどうやったら給料が上がるか?どうやったら休みが多くとれるか?

寝る間も惜しんでこのことばかり考えています。

 

僕自身の経験でも、どうやったら買ってもらえるか?に集中していた頃はなぜかお客さんから避けられてました。

 

 

飲食店をやってる知り合いが何人かいるのですが、とにかくチャージ(課金)することが目的の店と、楽しんでストレス発散して帰ってもらうことが目的の人のところはお客さんに対する与え方がちがいます。

与える方の店はなんとも言えない居心地の良さと癒しがあります。

 

 

ホテルなんかもわかりやすいですよね。アパホテルなんかは課金が目的になってることがわかりやすいですが、同じクラスのドーミーインなんかは温泉で疲れた体を休めて欲しいという目的が伝わってきます。

 

 

あなたはどちらからモノやサービスを買いたいですか?

 

聞くまでもありませんね

 

 

ですから、いま仕事がうまくいかなくて悩んでるあなた!

 

 

 

簡単です!

 

 

 

どうやったら稼げるか?考えるのを改め、どうやって喜んでくれるか?

 

 

 

とにかくどうしたら喜んでもらえるか?その人のためになるか?役立つか?その人の人生に貢献できるか?あなたのいままでの人生の中で培ってきた経験と能力、ありとあらゆる智能を動員して考えるしかありません。

 

 

 

些細なことでも良いです。儲からなさそうでも構いません。そういうことは先ずは一切忘れましょう。

 

 

思いつかないなら思いつくまでアルバイトでもしていた方が良いでしょう。

 

そして、それが思いつけば思いつくほど心も豊かに成功することは間違えありません。もちろん売り上げだって確実についてきます。

 

 

あなたは与える人と奪う人、どちらになりたいですか?

 
 




20年かかってようやく知った成功の秘訣

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

このメルマガで何度も告知していましたリザストフェスタ、定員越えの満員にて盛会のもと開催できました。ありがとうございました。

今回参加できなかった方も次回ぜひご参加ください。

image

 

 

 あなたは何のために独立起業したのですか?あるいはしようとしてるのでしょうか

このそもそもの目的を誤ると、どんなにお金が稼げたとしても成功できません。

なぜこんなことを言うかといえば、金持ちになることが成功だと思っていた時は金を持てば持つほど不安になり、心の安らぎは無く、稼いでも稼いでも成功から遠ざかったことを身をもって経験したからです。

このことは多くの人が言ってますよね。

なので、いったん金のことを忘れ、自分らしく生きることがどういうことなのかを知ることが必要です。

仮にお金がもらえなかったとして、自分がなにをしてる時に喜び、どういう人といるときに安心を感じるのか?

まずはここに集中することが自分にとっての成功を知る鍵になります。

一度この成功の感覚が得られたなら、あとはその成功の状態を崩さずに

自分ができることで他者に貢献でかけることをやり、周囲から信頼が得られればお金は自然と支払われます。

その段階になって初めてお金を効率よく得る仕組みが必要なりますからそしたら作れば良いのです。

お金を得る仕組みが後です。

失敗する人は、最初にお金を効率よく得る仕組みの構築から入ります。金だけ得られても、幸せも安心感も無いので一時的な金は稼げても幸せになれないのです。

ビジネスの成功とは、

自分らしく生きることに集中できる人生を送り、その経験を通じて他者に貢献することである

 
 




人と良い関係を作る秘訣

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

image

 

 

人間関係の築き方が上手だと、当然のことたくさんの紹介やお客様に恵まれ、特別な宣伝などしなくても仕事はうまくいきます。

逆にこれが下手だと広告宣伝やメディアに取り上げてもらったとか、目立つことに注力しなければならなくなります。

今回は

たくさんの人と良い関係を築くためにはどうすれば良いか?

についてお話しします。

人間関係をうまくするために絶対に必要なこと

それは

相手を操作しない

ことです。

お客様との関係、仕事仲間との関係、社員やスタッフとの関係を良く保ちたいなら、相手をどうにかやり込めようとしないことが大事です。

例えば、何かお願い事があるとします。

人間関係がうまくいかない人の場合、めちゃくちゃ頼み倒す。

とか、無理くりにでも何とかならないか聞くとか、一体どうしたら協力してくれますか?など詰める。

本人はとても一生懸命なのでしょうが、相手にとっては半ば強制的な感じになってしまうと、その場では了解を得ても、その先でこじれてしまいかねません。

実は、僕も人生がうまくいかなかった時はこれらをやってました

断らせないようなトークスクリプトを作って営業電話をさせる

一生懸命にお願いし倒す

どこか偉い人と仲良くなってその力を使う

部下への高圧的な態度

など、完全に相手を操作していました。

これをやってるとどんどん人が離れてしまいます。

僕自身は必至になんとかしようとしていただけなのです。

上手くいかない

必至に営業

余計に人が離れるからまた上手くいかない

もっと必至に営業

もっと人が離れる

この先がどうなったかは想像の通りです

人間関係がうまく行く人の場合は、どうしたら相手が喜んで協力してくれるか?を考えます。相手にもメリットが無いか考え、もし思いつけば、こういうメリットがありますがいかがですか?という提案をします。

もし相手にメリットがない場合はその案は見送る事が大事でしょう。

ここで慌てなければまた次の機会にもっと実りのある結果になるかもしれません。

他者を大切に想うおもいやりがあれば自然ととういう行動になるのでしょう。

お客様にせよ仲間にせよ家族にせよ、他者をどうにかしようとしないこと

どうにかならなくても腹を立てないこと

この方針がたくさんの人と良好な人間関係を保つのに必要不可欠です。

 
 




三匹の子豚って話知ってますか?

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

image

 

 

むかしむかし、あるところに、三匹の子ブタがいました。

 

みんなの名前は、

一番のお兄さんが『大ブタちゃん』

二番目のお兄さんが、『中ブタちゃん』

三番目の弟が、『ちいブタちゃん』です。

 

さて三匹の子ブタは、それぞれ自分のお家をつくる事になりました。

 

 

大ブタちゃんは、ワラのお家をつくる事にしました。

ワラをなわでしばって、ギュッ、ギュッ、ギュッ、はいすぐに出来上がりました。

 

 

中ブタちゃんは、木のお家をつくる事にしました。

まず柱を立てて、まわりにならべた木にクギをうって、トントントンと、はい出来上がりました。

 

 

ちいブタちゃんは、

「ぼくのお家はワラでも木でもない、かたくてじょうぶなレンガでつくろう」

レンガを運んで、レンガをつんで、ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ、

先に家が出来上がった大ブタちゃん、中ブタちゃんはちいブタちゃんが働く姿を見て

「あいつ何やってんだ?そんなレンガで家なんて作って意味なんてあるのか?」

とバカにして自分たちは遊んでいました。

 

 

ちいブタちゃんも時間はかかりましたが、ようやく出来上がりました。

「ワーイ、出来た、出来た」

 

 

すると山に住んでいる悪いオオカミが、ワラのお家にやって来ました。

「大ブタくん、大ブタくん、ここを開けておくれ。ぼくをお家に入れとくれよ」

大ブタちゃんは、ビックリして答えました。

 

「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」

するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

 

「よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!」

オオカミがほっペをふくらませて、フーッと息をふいたら、ワラのお家はバラバラにふき飛んでしまいました。

大ブタちゃんはあわてて中ブタちゃんの家に逃げ込みました。

 

 

オオカミは、木のお家にやってきました。

「中ブタくん、中ブタくん、ここを開けておくれ。ぼくをお家へ入れとくれよ」

中ブタちゃんはビックリして、戸を押さえて言いました。

 

「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」

するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

 

「よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!」

オオカミがフーッと息をふきましたが、木の家はなかなかこわれません。

「よし、こうなったら体当たりだ!」

オオカミは勢いをつけると、木の家に体当たりをしました。

 ドシーン!

木のお家は、バラバラにこわれてしまいました。

 

 

大ブタちゃんと中ブタちゃんはちいブタちゃんの家に逃げてきました。

続いてオオカミは、レンガのお家へやってきました。

「ちいブタくん、ちいブタくん、ここを開けておくれ。ぼくをお家に入れとくれよ」

ちいブタちゃんもビックリして、

「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」

 するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

 

「よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!」

オオカミが、フーッと息をふきましたが、レンガの家はビクともしません。

「よし、こうなったら、体当たりだ!」

オオカミは勢いをつけると、レンガの家に体当たりをしました。

 ドシーン!

でも、レンガの家はビクともしません。

オオカミは、うなりました。

 

「おぼえてろ。こうなったら煙突(えんとつ)からおりてって、ちいブタのやつを食べてやるぞ!」

それを聞いたちいブタちゃんは、大急ぎで大きなナベにお湯をわかしました。

火をドンドン燃やしたので、お湯がグラグラとわきました。

煙突からおりてきたオオカミは、そのお湯の中にボチャーン! と落ちました。

 

「あつい、あついよー! 助けてくれー!」

 

泣きさけぶオオカミに、ちいブタちゃんが言いました。

 

「じゃあ、もう悪い事はしないか?」

「しない、しない」

「助けてくれー!」

「よし、約束だぞ」

 

ちいブタちゃんがオオカミをナベから出してやると、泣きながら山に逃げていきました。

 

 

助かった大ブタちゃんと中ブタちゃんは、ちいブタちゃんのレンガの家で、なかよく暮らしました。

 

というのがオリジナルですが、これを見ていて何か感じませんか?笑

 

 

この話って実はメッチャ奥が深いんですよ

僕らのビジネスに当てはめてもう一度読んでみると。。。

 

 

むかしむかし、あるところに、三匹の個人事業主がいました。

みんなの名前は、

一番のお兄さんが『大吉ちゃん』

二番目のお兄さんが、『中吉ちゃん』

三番目の弟が、『ちい吉ちゃん』です。

さて三匹の個人事業主は、それぞれ自分のビジネスをすることになりました。

 

 

大吉ちゃんは手っ取り早くfacebookで友達をつくる事にしました。

誰彼構わず一度知り合った人に友達申請

ポチポチポチ

内容も読まずいいねを

ポチポチポチ

すぐに目先の人達からお金を稼ぐことができました。

 

 

中吉ちゃんはお金を払って宣伝することにしました。

まずメディアに取り上げてもらったり、ホームページにお金をかけたり、広告費を払って派手に宣伝

ちょろいもんで、すぐに稼ぐことができました。

 

 

ちい吉ちゃんは、

「目の前の人を相手に作った信頼で必要な人にサービスを売ろう」

メルマガで興味のある人だけのリストをコツコツと集め、一人一人の話を聞いて実績と信頼作りだヨイショ、ヨイショ、ヨイショ、

先に金を稼いだ大吉ちゃん、中吉ちゃんはちい吉ちゃんが働く姿を見て

「あいつ何やってんだ?そんなメルマガリストなんてちまちま集めて金稼げるのか?」

とバカにして自分たちはタワマンに引っ越してホームパーティざんまい。

 

 

ちい吉ちゃんも時間はかかりましたが、ようやくリストのお客さんから売り上げを作ることができ、口コミでメルマガ読者も増え始めました。

「ワーイ、出来た、出来た」

すると山に住んでいる悪いオオカミが、Facebook のお家にやって来ました。

 

 

「大吉くん、大吉くん、ここを開けておくれ。ぼくをお家に入れとくれよ」

大吉ちゃんは、ビックリして答えました。

「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」

するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

「よーし、そんなら、こんなビジネスなんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!」

すると

facebookで繋がった友達は、

まーた売り込みかよ。

とうんざりし始め大吉ちゃんのシェアなんて見なくなり売り上げもピタっと止まり始めました。

 

 

大吉ちゃんはあわてて中吉ちゃんに、どうやって稼いでるの?僕にも教えてよと泣きつきました。

オオカミは、ローンチのお家にやってきました。

「中吉くん、中吉くん、ここを開けておくれ。ぼくをお家へ入れとくれよ」

中吉ちゃんはビックリして、戸を押さえて言いました。

「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」

するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

「よーし、そんなら、こんなビジネスなんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!」

オオカミがフーッと息をふきましたが、ローンチで作ったホームページはなかなかこわれません。

「よし、こうなったら体当たりだ!」

オオカミは勢いをつけると、ローンチのホームページに体当たりをしました。

 ドシーン!

高額な商品を売られてきたお客さんたちからの反感を買い、悪い評判がたってしまい、ある時から売り上げはピタリと止まってしまいました。

 

 

大吉ちゃんと中吉ちゃんは

ちい吉ちゃん、ちい吉ちゃん、君のメルマガリストで俺たちの宣伝をしてくれよ。コラボしてくれよぉ〜

と泣きついてきました。

続いてオオカミは、愛と感謝のお家へやってきました。

「ちい吉くん、ちい吉くん、ここを開けておくれ。ぼくをお家に入れとくれよ」

ちい吉ちゃんもビックリして、

「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」

 するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

「よーし、そんなら、こんなビジネスなんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!」

オオカミが、フーッと息をふきましたが、永年口コミで集めてきたリストはビクともしません。

「よし、こうなったら、体当たりだ!」

オオカミは勢いをつけると、リストに体当たりをしました。

 ドシーン!

でも、永年の信頼で作られた顧客リストはビクともしません。

 

オオカミは、うなりました。

「おぼえてろ。こうなったら煙突(えんとつ)からおりてって、ちい吉のお客にあること無いこと言いふらしてやるぞ!」

それを聞いたちい吉ちゃんは、大急ぎで大きなナベにお湯をわかしました。

火をドンドン燃やしたので、お湯がグラグラとわきました。

 

煙突からおりてきたオオカミは、そのお湯の中にボチャーン! と落ちました。

「あつい、あついよー! 助けてくれー!」

泣きさけぶオオカミに、ちい吉ちゃんが言いました。

 

 

「じゃあ、もう強引な売り込みはしないか?」

「しない、しない」

「もう誇大広告でお客さんを釣ったりしないか?」

「助けてくれー!」

「よし、約束だぞ」

ちい吉ちゃんがオオカミをナベから出してやると、泣きながら山に逃げていきました。

助かった大吉ちゃんと中吉ちゃんは、ちい吉ちゃんのように、目の前のお客様に自分の経験を役立て、リストを育てて自分のファンと幸せに暮らしましたとさ。

おしまい

 
 




自由を手に入れるためにはリストしかない

自分生きビジネスコンサルタントの相馬です。

 

 

誰でも欲しいのが自由ですよね

 

経済的自由

時間の自由

表現の自由

 

この3つの自由を手に入れることができれば、人生の大半を成功したといえるでしょう。

ただ、なかなかこれらの自由を手にするのは大変なことです。

 

結局サラリーマンをしていれば、これらの自由を手にすることはできません。

どこか数社からの下請けをしていれば、これまた自由になることはできないでしょう。

 

●●って言うな とか、SNSをやるなとか、給料は決められてますし、朝9時に会社に来いとか休日は土日とか、とにかく生きているのに不自由なことばかりでしょう。

 

が、しかしリスト(将来お客さんになるかもしれない興味がある人のリスト)があれば、これらの自由を手にすることができます。

というか、この方法しかないといっても良いと思います。

 

リストというのは、メールアドレスと名前のリストを指します。

 

このリストをしっかりとり、定期的に発信を繰り返していくことで、あなたに関心が高まっていきます。

そして、結果として、無理に売り込みをすることなく、必要な人に買ってもらうことができるのです。

 

リストを育て、ファンとしてこれらのかたがたを大切にしていくことで、

経済的にも、時間的にも、何を言って良いとか悪いとか、そういうことも無しに自由になることができます。

 

特にメールアドレスだと、適度な距離感で長くつながり続けることができるので、将来のお客様になる可能性のあるリストという意味では最適です。

お客様が欲しくなるまで待てるのはメルマガのリストしかないといってもいいでしょう。

 
 
 




【リザスト】仕様変更追加のお知らせ

 

リザーブストック開発者の相馬です。

今回は最近リリースされた仕様変更追加のご案内です

個別予約のコースに限定公開を設定

予約申し込みのリンクが表示されますので、このリンクを知ってる人しか予約ができなくなります

限定的にセッションを申し込みをうけたり、会員限定のメニューなどにご利用ください

Facebook Twitterにリンクをはったときのサムネの変更

サムネ画像はバナーに設定した画像が適用されますが、イベントの場合は画像1が適用されます

メルマガ記事のシェアをする場合タイトルが表示されます

メルマガ、有料メルマガの場合最後に配信した記事のタイトルが表示されます

一括督促メールの送信は編集を挟んでから送信

イベントの督促メールの一括送信ですが、今まではそのまま送信されていましたが、一旦編集画面を挟んでからの送信となります。

売上げ一覧機能の改善

月単位、科目単位でそれぞれ売上げ一覧を表示できるようにした。今後CSV出力もできるようにする予定

 

 


そのた不具合の修正


管理画面のフォントを修正

スマホのレイアウトやボタンの文字の配置などの修正

スマホのプロフィールページに、各種SNSへのリンクを表示 それに伴いインスタグラムのリンクも設定できるようにした

スマホでイベントのペイパル決済の確定画面の表示の不具合を修正

督促一括送信でキャンセルしてる人にも送信されていた不具合を修正

契約サービスの督促メールはCCに自分を入れないようにした

Facebookへのシェアを表示されやすくなるよう改善