きょうはこんな感じで(仮)

きょうはこんな感じで(仮)

ピアノを弾いて歌います。どちらかというと叫んでます。


テーマ:
7月15日は東京ゆがぜん!でした。
主催の柴田ヒロキさん、私の次に演奏された藤原亮さん、スタッフのみなさん。ありがとうございました!

夏ということでこんな感じ。

{F0B1F6B0-A65C-4964-89D4-34F6D8E9F86A}

ぶっ通してやるつもりだったけど客席が熱すぎて、ありがとうを伝えながらやりました。

直前まで、大丈夫かな?って感じだったけど、私が始まる頃には客席いっぱいで、でも、この日のイベントに人が集まらない気がしなかったのよね。

柴田さんといつものスタッフのみなさま!の人望であることは間違いないです。

私自身は以前よりも、変な話だけど、そこにたくさん人が集まる!それがステキな空間になること!をイメージするようになったの。藤原亮さん始めてだったけど、今日は素敵な流れになる!って信じたら、とてもソウルフルな歌声で、イベント全てがあっという間、という感じでした。

お互いがお互いにうれしい!とか思える空間って数倍にもなるのよね。自分は今まで、そんな都合のいい話あるわけないとか思っちゃうとこあったので、意識を変えた今から、出会いを、再会を、再再会を…と思ってます。

幸せを幸せと素直に受け取ること。
当たり前だけど、疑わず素直に受け入れていいんだなって。

今は周りに頼りっぱなしなとこ、あるんだけど。幸せな感覚がわかれば、人と共有できることが自然になっていくのかな、なんて。調子の良いこと考えてます。

ありがとうございます。
また、よろしくお願いいたしますm(__)m

テーマ:
昨日東京ゆがぜん!と、本日の下北沢LOFT終了しました、ありがとうございました。

ステージに棲む鬼、ほんとは神様とする予定が字数の関係でこう歌ってるけど、これが気に入ってる。

偶然、でしかないと思うけど、ライブのときに客席でいろんな人に聴いてもらうって半年前、勝手に決めた、なんの確信もなく。それが叶っていて、ありがたい。

音楽は技術じゃないとかで、人となりとか、そういうことをしようとしていたけど、やめた。とにかく必死で自分がやりたい音を追っかけた。人となりとか、人でなしな私には難しすぎた。音楽追っかけることで周りにある音楽の個性やルーツをわかることができる。それじゃ、いけない?そんな答えが出る夜、まずは今日のことから。

それぞれについて書いたら、果てしなく長くなりそうなくらい、それぞれがよい。

今回一組キャンセルということで出演となったソマラテ氏、うれしいアクシデント。

そして正体不明感の強いSHEGELL氏のえっと、あれは完全トラブルだけど、一番目のはっぴーまんさんのギターさんが「だって、弾きたいでしょ?」とギターを貸し、店長とラテ氏の素早いフォロー、私は相変わらずあたふたするだけの立ち位置だけど。

トラブル故に会場は盛り上がり、最高のライブ、会場にいる全員が見守り、強烈神がかりな本日ライブでした。

会場にいる誰一人欠けたら、成り立たなかったのであろう、ライブはナマモノと思わせられる楽しさでした。

みなさんそれぞれ向上心があるので思うところはあったみたいだけど、どんどんライブが引き上がっていくのは、最初のはっぴーまんさん→ソマラテさん→私→SHEG ELLさんと、空気を持ち上げていくようなすさまじさだった。

そしてね。

え、まさか、と思ったけど、今日は長沢店長がPAという。

えらい緊張したけど、ひさしぶりに持って行ったキャラバンが私のいちばんの出来でした。

ずいぶん前の話ですが、だいたいの曲は覚えていてくださって、自分なりにセットリストを出すと、わかってるから大丈夫って言ってくれる、あの音を数年ぶりに聴いて。途中正直無理かと思ってぶっ通そうと心に決めた瞬間、会場から拍手をいただきました。

Light and LightはLOFTのあの黒いアップライトのことを書いた曲で、私よりもノってくれたピアノは相変わらず、好きにフレーズを叩き出してくれます。ホントに、自分が予定していたフレーズよりいいのを私をほっぽらかして出してくれる、完全なステージの鬼…。

直前に調整いただけていたとのこと、幸せ。


直前まで、時代遅れなんじゃないか、とか、居場所があるのかとか、しょーもないこと悩んでましたが。

全てがミラクルでございました。

まだ課題はあるので、ぐずぐずしてる暇はないなと思いました。ぐずぐずする暇があったら、やれ、と。言い訳いらん。言い訳が頭に浮かぶうちは空っぽになれてない。

少しのインターバルののち、次回東新宿はまた、ハードル激高です。

よろしくお願いいたします。

テーマ:
ライブの前日、スタジオへ。
最近はただ練習するだけでなく、練習前に体張ったアップをする。
だいぶこのペースに慣れたのでもう少し負荷をかけたいとこなんだけど。

夏風邪引きずって体力ない。
というより、心因性の喘息の疑いあり。
確かにリラックスすると症状治まるので、そして、心当たりもあるので。

リラックスできたのは、高円寺のいぱねまというお店。

いつもは天然石のビーズなんか買うんだけど、今日は明日の準備で。この店、ものがとっても多いので、数ヶ月前に、あ、あれいいかも、と思ったものがある。

明日のお楽しみ♪って、FBには載せましたが。

とにかく所狭しと石やら、お守りやら、お香やら、パワーを持っているもので溢れているので、ここに入ると調子が良くなってしまう。

そのなかで何故かディズニーのお人形があって、ほんと、なんでもありなんだな、と思う。

ポクポンっていうブードゥー人形が好きなんだけど、ご当地アイテムまで出ていて。裏の説明読んで思わず笑ってしまう。鳥取にいつからか住み着いたポクポン。

このお人形の歴史を語ると長くなるけど、子供のように大事にしないといけないっていうことがあるので、女の子っぽいやつにしました。

え、ポクポンは明日のライブには関係ないのだけど…。

7月15日(日)用賀studio luce
17:30にオープニングトークのあと、私一番目です。
¥1500(1drink込)
柴田ヒロキさんの企画です。

ちなみに翌日
7月16日(月)下北沢LOFT
18:30open19:00start
20:20出演予定
¥2000(1drink込)

ざっくりと方向としては、15日はエレピで夏らしくなテーマがあるので、すこしそんな曲も混ぜる、16日は生ピアノアップライトなのと、ステージのイメージで最近の曲が多くなる。

なんだかLOFTが非常に久しぶりな気がするけど、そうでもない。

最初のくだりからは調子悪そうだけど、実は歌い方を変えることに挑戦してるので、結構やれるつもりでいる。

お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします🌺

テーマ:
すっごく、ひっくり返したくなって。

読み読み、してました。

空っぽにしたい衝動的な感覚。

数日、エリートサラリーマンがどうたらこうたらって記事が目についてうざったかったのは、きっかけ。

なんだか、嘘だらけ。
みんな幸せそうじゃないし。
自由という名のルールを守って自由ですとアピってるような、そんな感じで体壊した(>_<)

派遣だったりバイトだったり、いろんな会社みてるけど、今の会社が一番みんなつまらなそうで。

前の会社はあれこれ言いながら結構楽しそうだったのね、数名以外は。

それは、会社だからどうだからじゃなくて、あの人たちは会社に入ってやりたいことやってたから。

知識を生かしたいとか、個性を生かしたいとか、その手段が会社ってだけで。

私もある意味好きなようにさせてもらって、仕事に文句ばかり言って本質的に見えてない少数派につまづいた。

いうなればこの少数派が主流になったとこに入ってしまったようで。

うわー、今すぐ投げ出したーいって。

空っぽにしたいーって。

すぐに決める決心もつかないから、とりあえずこの感覚大事にして、

歌おう、弾こうって。

ライブの終わったあとは空っぽ。
その日の準備が空っぽになる。
何にもないときほど、いいとき。

生活していると、守りに入っちゃうし、先のこと考えちゃう。でも、コップに中途半端に水をいれてるくらいなら捨てないと、満タンにできないのよ。

私の気に入っていた場所にいた人たちはうずうずしながら席で仕事を動かしていただけで、決して流されていたわけじゃないんだな。

方向は違うけど、あのみんなのキラキラした目とおんなじ目をしていたい。

彼らの「仕事大変だけど」は、仕方なくやるのではなく、その先に成功があって目標を果たすって道筋があったはず。

2年近くもそんなとこにいたんだから、仕方ないなんて嘘は蹴散らして、好き勝手やる感覚は身についた。遮るものに惑わされなければいいの。

人生大変だけど。。。言いながら実は瞳の奥に光がある、自分の中の嘘なんかね、空っぽにする勇気がなきゃ!

ぐずぐずしてたけど。
今日はそんな感じで、寝る…。

テーマ:
7月15日(日)用賀studio luce
ライブします。

柴田ヒロキさん主催のこの企画。
夏らしく浴衣、というお話なのですが、私浴衣すら自分で着れません💦

帯がわからないの。さんじゃくってあの、子供がつけるやつは知ってるんだけど、いい大人がそんなカッコもできない…。

そんなわけで日本の夏を通り越し、アジア系の夏衣装にしてみようと思います。

エスニックな夏ドレスは実はいくつも持っていて、いわばちょっと涼める浴衣より、プルメリアとか似合っちゃいそうなはるか南国。麦藁帽子をかぶりたいけど手配できるか…。

この「東京ゆがぜん」はいつもより高級感のある会場だと思ってるんです。なのでどういうセットリストでいくか悩む。力強くするのは得意とするところだが、魂入れて静かに歌うってはるかに難しい。

イメージはあるけど、どうなるか。いつも守りに入ってはつまらない。

翌16日は下北沢LOFT。ここ数年、自分の勝手な目標で毎月LOFTでやるっていうのがあって、何年続いたか忘れた。

非常に病的なヒトだった頃はね、毎月はできなかったの。2ヶ月に一回とか、3ヶ月に一回とか。そのときやった曲の雰囲気は思い出せるんだけど、歌詞とか資料が全くないのね。

そのときにね、滅多に口を開かない人が一曲だけ、毎回褒めてくれていて。

それだけをちゃんと覚えていて、ずいぶん回復した自分がいることを幸せに思う。

地中に潜ってどっちだかわからないセミの子供みたいだった私が、今、羽がついて、体のそこから好き勝手に歌ってる。

南国の真夏に響き続けるアブラゼミってとこか。

こう書くと男っぽいな。

麦藁帽子ではなく花を頭に飾りたくなった。

当日の、お楽しみ…。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス