ジャンピンベア英会話教室 
毎週木曜日深夜更新、
コメントの質問は必ず答えます

公式ページはこちらから
文章の著作権は全て(株)アフロディータに帰属します。
  • 22May
    • 新教室と今後の更新について

      大変ご無沙汰しております。全然更新しておらず、楽しみにされている全国十万の読者の方々には非常に申し訳なく思いますブランクがある度に通常運転で謝罪から入るこのブログですが、今日は良いお知らせがいくつかあります。まず一つ目は新教室ですこれまで青山七丁目と骨董通り教室の二か所でしたが、青山七丁目が移転しまして、これからは原宿教室と骨董通り教室の二か所です。もう一点、ちょっとある媒体で連載が決まりまして、そちらの準備がありますのでいったん更新をお休みします。連載は七月半ばから始まりますので、それ以降はその記事のお知らせだったり、補足説明なんかをしていきたいと思いますその内に文法解説も再開しないといけないですねまたお知らせをアップしたりしますので、全国百万の読者の方々には楽しみに待っていただければと思います。ではまた!

      テーマ:
  • 23Feb
    • chapter61 スピーキングの評価方法

      ご無沙汰しております一か月くらい空きましたか。まだ二月なのによろしくないですね。楽しみにされている方には誠に申し訳なく思います出張、翻訳、病欠、色々ありました今後も更新が無い時には、のっぴきならない事情があるのだとご理解頂ければ幸いです今、スコアシートを作っていますこれまで当教室では私がレッスンの際に口頭で現在のレベルや弱点を伝えてきましたが、生徒さんが客観的に今のレベルを把握し、次の課題を確認できるものが欲しいと思い制作しています。今草案が完成し、次にグラフィックができればHPの更新と共に生徒では無い方にも評価基準を見て頂けるようにするつもりです。他のスクールではどうなっているのかというと、例えば「議論・会議に適切な言い方で意見が言える」「興味のあることについて意見が言える」このように目安がありますが、実際どんなスキルがあればそれが可能なのかは表を見ただけでは分かりません。それを具体的に、この文法、このスキルがあれば可能、というように一覧にしたいと思います。このようにシステマチックな一覧を作りたがるのも、スピーキングのスキルはジャッジが難しいからですね。今ミススプラナショナルにて神奈川支部の公式英会話講師を務めさせて頂いておりまして、日本を代表することになる候補者の面接に同席しております。発音や文法、態度、姿勢を点数化しないといけないのですが、どうしても点数にしにくいところが出てきますね。同じ点数の候補者を比べた時に完全に同じかというと、全くそんなことはない。何度かこのブログでTOEICを使って社員の選定をする企業に対する非難めいたことを書いたこともありましたが、その気持ちは分からなくはないです。私も今回このように外に向けても当教室の評価基準を公開するにあたり、他のプロの方や生徒さんがその基準を見た時に色々と思うこともきっとあるのだろうと思います。私が他の基準に対してついつい何か言いたくなるクチなので半ば報いですね。それを分かった上で、現時点最大限の努力で、私はこういう形で評価する、という一つの形を示したいと思います。「黒帯システム」もう少しだけお待ち下さいませ。公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 12Jan
    • chapter60 関係代名詞のイメージのとらえ方

      もうずいぶん過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます。この年末の休みってのは何日あっても足りませんね。やりたかった事の半分くらいしか終わらず、未だに七割くらいしか終わっていませんさて、一つお知らせが。この度ミススプラナショナルジャパン神奈川支部にて、公式英会話講師を務めさせて頂くことになりました。これは国際的ミスコンテストの一つで、各国の代表を決めてポーランドで世界大会が開かれます。その審査の項目の一つに英語でのスピーチがあるので、そういった点を私も力添えさせて頂くわけですね。ミスインターナショナルという別のミスコンでは私は以前通訳・インタビュアーとして携わっていました。そこで世界レベルの、ビジョンを持った女性たちを間近に見て大いに勉強になりました。今回はもっと深く携わり、ミスジャパンが優勝するための助けになれるかもしれないので一層やる気が出ますね。そしてまずはミススプラナショナルの地方大会に向けて、出場者とスポンサーの募集をしております。出場者に関しての規定はとても少なく、今年末の時点で28歳未満の方であればどなたでも大丈夫です。もっと詳細をお知りになりたい方は私でも、allurebertii@gmail.comこちらの事務局にお問い合わせ頂いても大丈夫です。何卒、よろしくお願い致しますさて、関係代名詞ですね。文法上関係代名詞やwhen説、what等の先行詞は別物として教えられていますが、私はこれは全部同じ感覚だと考えています。関係代名詞を使いこなす感覚のヒントは、このチャプター60まで読んでいる方なら必ずご存知のwhen I was a childにあります。whenが出てきた時点で、「いつ情報」が来ると分かります。そして続く文章で、子供だった、と示されます。これと同じ感覚で、what he said彼が言ったこと、ですね。こういった使い方の疑問詞は、後ろに続く情報の属性を示します。whereが来ればいつ情報、whyが来れば理由ですね。このように英語では先に大まかな単語を出して、それを後から情報を付け足していくというスタイルを頻繁にとります。そして関係代名詞では、普通の単語の後ろから情報を付け足していきます。when I was a student が分かるなら、その感覚はすぐそこです。次回、説明続きます公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 29Dec
    • chapter59 備えておきたい質問

      今日もぶっこみジャパニーズがありましたね。前回の空手の回では思わず熱弁をふるってしまいました。今回武道枠では剣道でしたね。や、あれは番組側が妥当だと思います空手で道着は別に毎回着なくていいと思いますが、剣道で袴はちゃんと履かないとダメでしょう。ついでにちょっとだけ解説しますと、空手では相手の道着を使った技が基本的に無いので、相手が何を着てても、何も着てなくても困らない、だから自分も何を着ててもOK、という事です。夏とか暑いんでTシャツでやればいいんじゃないんですか。冬はできれば靴も履かせて欲しいですね。埼玉の某道場では二時間稽古して汗だくになっても足だけは最後まで冷たかったです。剣道の場合はそもそもの剣術まで話が遡りますが、要は動きやすいからです。当時剣術を学ぶような人、つまり武士は人前では基本的に常に袴を履いていました。袴を履かない状態、着流しというのは非常に動きにくいです。後れを取る状態です。足に生地がまとわりついて歩幅も狭くなり、袴を履いた状態とは歩き方も変わります。そして剣術は基本的には刀を抜いた状態から技が始まりますから、自分は準備万端という前提です。だからこちらが袴を履いてなくて動きにくい不利な状態というのはあんまり考えてないんです。そもそも自分を不利な状況に置かないのが本来の武術の考え方ですから。自分は袴を履いている、準備万端だから心置きなく攻めてこい、ということですね。今日こそ文法解説に戻ろうかとも思いましたが、またちょっと違う視点の話をします皆さんの宗教は何ですか?おっと、ちゃんと知ってますよ。ブログで宗教と政治と野球の話はご法度っていう。これももうずいぶん古い話ですね。今日話したいのは、国際的なビジネスに臨むのなら、宗教を聞かれた時にちゃんと答えられるようにしておこう、という話です。日本において宗教について考える機会は非常に稀ですが、これがもっと身近な国はいくらでもあります。そして、そういった人たちにとって「なんの宗教を信じてるんですか?」という質問に対して「え?やー、仏教、じゃないかな。ははは・・」と答える人は、例えばスマホを知らない人くらいの扱いをされることがあります。ちょっと例えに迷いましたが、想像してみて下さい。突如友人が「ねえ、今触っててカバンにしまった、あの四角いやつなに?」って聞いてきたら。まあ冗談か、そういうネタを芸人がテレビでやったのかなとか思いますよね。もしそれが本当に知らなかったら。自分の宗教を把握していないとそれくらいの扱いをされる、こともあります。そして私たち以上に敏感です。留学してた頃クロスのネックレスを身に着けていたところ友人に「クリスチャンなの?」と聞かれて違うと答えたら、「クリスチャンじゃないのにどうしてそのネックレスをつけるの?」と聞かれました。ファッションだから、という答えは答えになりません。カープファンじゃないのにそのユニフォームを着るのとは別次元の問題です。それくらいシンボル、信仰というものには重い意味があります。日本では好きにしたらいいと思いますけどね。なので、宗教を問われた時の答えは用意しておいた方がいいですね。こんな風に外国の人とコミュニケーションを取る、と考えるとこれまで思いもよらなかったことを考える良いきっかけになります。歴史もそうですね。あちらの高校の先生に「日本では真珠湾攻撃の日を祝うのか?」と聞かれ、そんな風に思う人もいるのかと驚きました。「あなたたちがヒロシマナガサキを祝わないように、それは祝うべき日ではありません」とでも言えばこれからは日本に対してもうちょっと良いイメージを持つでしょう。英語がぺらぺらでも自国のことをあまり知らないとあちらの人にがっかりされることもあります。侍がつい百数十年前までいたなんて知ったらロマンじゃないですか。そう考えるとコルトガバメントが作られる50年前にはまだ侍がいたことになりますね。すげえ。一緒に仕事する以上「日本人と仕事して良かった、色々話が聞けて面白かった」とか思って欲しいじゃないですか。英語を習う機に、そんなことをも気にしてみると良いかもですね。あ、今年最後の更新ですね。来年もがんばります。もうちょっと書きます。どうも一年間お世話になりました。

      テーマ:
  • 08Dec
    • chapter58 ビジネスでの実用、という視点で各資格試験を見る

      また少し空いてしまいましたが、めげずに書いていきますよ。前回の記事の後色んな方から合格についておめでとうと言って頂きまして。本当はこの試験を受けると明言したかったのですが、もし落ちると目も当てられないことになるので。。一応理屈では教える資質とあのレベルの英語力は無関係なのですが、万が一プロとしての能力に疑問を持たれちゃったら大変ですからねそしてまた面白い意見も頂きまして、「ビジネスで英語を使う上で、英検一級レベルのスキルはいらない」という前回書いた話ですね。そういった点についてぜひ他の資格試験についても聞きたい、と。外国語をビジネスで使う上で最も大事なのは、相手に「このレベルなら大丈夫だな」と思わせ、「語学力を理由に後に引かないこと」です。ビジネスと日常会話はそこが違います。言葉が通じなくても友人はできますが、言葉が通じない人と仕事はできません。ビジネスで外国人が日本人相手が優位に立とうとする際、語学を壁として使うのはよくある手段です。「この程度の言葉も分からないなら、ここにいる資格はない」と思わせようとしてきます。その圧に負けないことも重要ですし、そもそもそのプランが利いてしまう程度の語学力しか無いのも問題です。母国語と同じくらいスムーズにやり取りし、相手にストレスを感じさせないことはとても重要です。ここが肝です。いいですか、母国語と同じくらい「スムーズに」やり取りをし、です。文法知識やハイレベルな語彙の話ではなく、主にスピードの話です。細かいミスやイントネーションはどうだっていいんです。「この人は外国語でコミュニケーションをとる事に慣れているな」と思ってもらえればいいんです。だからスピード、スムーズさです。関係代名詞とか別に使いこなせなくてもいいんです。早ければ。一級レベルの語彙力はなくてもいいんです、二級あれば上等です。自分のスキルに自信があれば堂々とできます。語学力を理由に少しでも引いたらダメです。特に相手が非英語圏出身の場合ですね。英語圏出身の人の話が分からない場合は、基本的に準備不足です。勉強不足ではありません。スクールでのレッスンだけでは到達できないラインがあります。実地経験含めて、「準備」不足です。そのため今の生徒さんにも英語を使う機会にはどんどん飛び込んでいって頂きたいですね。成功も失敗も全てが糧になります。ところが非英語圏出身の方と話すと「多様性」の本当の意味を知ることになります。単語の発音が全く違ったり、聞きなれないイントネーションに混乱しきりだったり。そういう際はやっぱり聞き返さないといけないのですが、その時に少しでも申し訳なさを感じてはいけません。自分が分からないのは、相手のせいです。いいですか、非英語圏出身者の話が分からない時、悪いのは向こうです。だから1ミリも悪く思う必要はありません。聞き返す時には、「今のもう一回言ってもらえますか?」と、「ちょっとそこの醤油取って」くらいのトーンで言います。何も謝る必要はありません。と、こういった点を踏まえて主だった試験を見ていくと、一定のラインが見えてきます。重要なのは、英語ネイティブの話は一発で聞き取れること、通常大人がよく使うレベルの語彙はある事、自分の考えをミスしながらもスムーズに英語にできること、です。英検では二級レベルの語彙があれば十分です。中学英語の語彙は完璧な上に、基礎レベルの単語の上位互換も把握しています。例えばthink→considerget→achieveこれは別に使えなくてもいいです。前述の通り、基礎レベルを駆使してスムーズに喋れればいいんです。でも聞いた時には一発で理解できなきゃいけません。ですので英検二級において、リーディングは語彙問題満点、長文読解満点、リスニング満点、というのが目安ですね。TOEICでは、おおざっぱに言って、750もあれば十分です。内訳は、リスニングは満点が欲しいですね。一方リーディングは、短文の語句補充の文法問題は全滅でも別にいいですinとかofとか選んだり、過去形とかing形から正解を選ぶやつですね。あんなの別にどうでもいいです。でも語彙はちゃんと答えたいですね長文読解も必須です。しかしTOEICというのは、TOEIC用のスキルが無いと高得点が難しいです。だから900とかは目指す必要がなく、そしてスコアよりも、どの分野で点が取れてるかの方が重要です。750点あってもリーディングで点稼いでる人は会話では相手の話が分からなくて苦労するでしょう。以前も書いたことがありますが、英語できる人を採りたい時にTOEICの点数を基準にするのは非常に危険です。この試験にはライティングとスピーキングが無いので会話スキルの証明になりません。TOEFLは英検と似たような形式ですが、特にライティングとスピーキングが英検よりも難しいです。そしてリーディングでは非常にニッチな語彙が出てくることもあります。題材としてはとても面白くレッスンでも役に立っていますが、主だった科学用語を英語で知らないと理解できない長文もあります。そのため教養を高めるのにはとても良い試験ですが、仕事での実用、と考えると優先度はちょっと低いですね。しかしこの試験のスコアを持っているとTOEICや英検よりずっっっっとアピールになります。プロフィールが重要な際は是非受けておきたいですね。と、「仕事での実用」を考えるとこのように各試験を見ることができます。うちのジャンピンベアに限らずどのスクールでも、レッスンで身につくことには限界があります。特にリスニングはそのラインがかなり低いです。実地で色んな場数を踏むことによってしか得られないものがあります。そういう場にいざ立った時の最初の切り口だけでも見える状態にしてあげること、学んだことが上手くできない時の善後策を伝えることが、実際語学で散々苦労した自分にしか、ジャンピンベアにしかできない使命だと思っています。次回こそ文法解説に戻りますよ。骨董通りの教室についにコーヒーメーカーが届きました。写真載せようと思ったんですが忘れてしまいました。。これから寒くなりますから、温かいものを飲んで落ち着いてからレッスンを始めたいですね。公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 23Nov
    • 英検一級を受けてみました

      またご無沙汰してしまいましてすみません。ここのところ翻訳の方の作業をしておりました。このブログの更新が無い時は、何らかの仕事で深夜まで不在か、デスクワークに追われているか、何も書けない程疲れているときですからね。今日は急ぎの翻訳に取り掛かっているので、文法解説は無しです。代わりにささっと近況報告をしてしまいます。えー。骨董通り教室にコーヒーメーカーが来ました。これでコーヒーでもティーラテでも飲み放題です。マイマグカップキープサービスも致します。今決めました。もう寒いですからね、温かい飲み物で一息ついてからレッスンしましょう。あと、タイトルの通りですが先日英検一級チャレンジしまして、幸い受かりました。日常的に英語は使っているのですが、ちゃんと勉強しないととても無理でしたね。ちょっとした英語自慢が受けても準備してなかったらまず通らない難易度です。TOEICのように時間が足りないというより、文章、単語、トピックががただただ難しいっていう。通常会話では全く聞かない単語を大量に覚えないといけませんでした。だから普通の仕事で英語が必要という方に英検一級は必要ありません。二級あたりの単語を習熟する方が余程役に立ちますね。どういう事かと言うと、日本語でしたらみなさん色んな言葉知ってるじゃないですか。でも例えば「忌避」とか「邂逅」なんて読書しててたまーに見るくらいですよね、バラエティ程度だと見ない難易度の単語。そういう、確かに普通の大人なら知ってるけど普通に生活してたらまず使わないよね、たまに新聞とかで見るくらいだよね、っていう難易度の単語の目白押しです。だから普通の仕事してるとまず目にしない、ということですね。映画とか見てるとたまーに耳にするくらい。とはいえ何かに向けて準備していって結果が出るのは楽しかったですね。元が日本人なので、私でも英語は磨いていないとレベルはちょっとずつ落ちていきます。そうならないように普段からキープはするようにしていますが、心なしか自分のスピーキングが今更ちょっとレベルが上がった気がします。一級のリーディングは特殊な難易度ですが、リスニングはとても実用的です。ビジネスや留学のためにできる限り全ての準備をしたい、という方には一級のリスニングは強くおすすめします。ではまた来週、文法解説、関係代名詞からです。公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 03Nov
    • chapter57 「私が知ってる多くの人は納豆が好きだ」 関係代名詞

      ついに来ました。英語文法界のラスボス、関係代名詞です。ラスボスだけあって恐ろしい文法です二回行動は当たり前、パーティメンバー全員に9998ダメの攻撃すらあります。何がどう恐ろしいのかを分かって頂くために、先に恐ろしくない文法の例を挙げましょう「原級比較」as で言葉を挟んでシーソーを作って、~と~は同じくらい~だ、という意味にするやつですね難解さはある意味恐ろしいのですが、こんな表現日本語でも滅多に使いません英語においても使用頻度は少ないし使いにくい。文法ドリルのページを指定する際も、ここは大体とばします。いくらでも避けて通れるし、大したアイテムもくれないどうでもいいボスです。あとは「未来完了形」でしょうかものの考え方としてはとても重要なのですが、いわゆる「喋れる状態」になるまでは使うことも目にすることもほとんどないですね。くれるアイテムは意味ありげだけど本筋と全然違うところにいる後回しにして良さそうなやつです。その一方で「現在完了」はラスボス直前の中ボスとして燦然と君臨しています。避けては通れない。銀竜ですね。もしくはビグザムか。表現の幅が一段と広がる、マスター必須の文法です。ではその「関係代名詞」をマスターすると何ができるようになるのか。例文でいきましょう人は納豆が好きだPeople like natto.基本形のシンプルな文章ですね。このpeople、名詞に情報を足すにはどんな方法がありますか?一つは形容詞ですね。多くの人は納豆が好きだMany people like nato.前置詞を使って名詞の後ろに情報を足す方法もありますねMany people in Kansai like natto.関西の多くの人は納豆が好きだ関係代名詞を使うと、これと同じ感覚で文章を挿入できるようになります私が知っている多くの人は納豆が好きだMany people I know like natto.おや、主語のあとに主語動詞がきてまた動詞がきましたね。そうです、文章を前から作っている途中で情報を追加したくなったらそのまま挿入できるんですこれをマスターするとより直感的に、スピーディに喋れるようになります「喋りながら考える」というレベルには必須の表現です。コツの要る攻略方法シンプルに見えて奥深い構造そして大きな見返りのある、ラスボスの名に恥じない文法です。さあ、上の例文を見てきっとこう思われる人もいるでしょう「で、その関係代名詞っていうのはどこにあるのよ」あるけど無いんです。省略されているんです。あまりにも頻繁に使う表現のため、関係代名詞そのものを省いても成立するんですこの時は一応はMany people (that) I know like natto.と、thatが隠れています。関係代名詞としてよく使うのはthat, which, whoこの辺ですね無秩序にとばしていいわけではなく、どんな時は省略していいのか、してはいけないのかちゃんとルールがあります。Many people who like smelly food like natto.この時はダメなんです。何が違うのか、おいおい解説していきます。その中で「クリア後」のことも書いていきたいと思います。「強くてニューゲーム」ではないんです、世界はもっと広いんです。「ラスボス」みたいなことやった時の写真でも貼っておきましょうか公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 27Oct
    • 新しい教室が開きました

      先週も更新できずで残念です。。今日は文法解説ではなく、お知らせですこれまでジャンピンベア東京は赤坂校を閉じて以来、表参道校の一か所だけでしたが、その表参道にもう一校開くことができました。表参道駅徒歩5分の、骨董通りにある教室です。周りには人気のカフェやアップルパイ屋、パンケーキ屋が立ち並ぶ素晴らしい立地です。この教室は、土日祝日・平日19時以降のご利用が可能で、季節に合わせてお飲み物をお出しします。(スケジュールの都合でご利用になれない場合があります)どういうスペースなのかもう少し話しますと、ここは普段はレンタルスペースで、ブランドの展示会やイベントに使われていますとてもオシャレでかっこいい空間なのでピッタリですねhttps://spacemarket.com/spaces/Lf0EOqQKqhMzh3aM/rooms/CBg_J1lkSeqUei0y今後ジャンピンベア東京は、表参道駅徒歩5分の骨董通り教室と、表参道駅徒歩15分、渋谷駅バス5分の表参道教室の2か所です実際にレッスンを受けてみたい、という方のために無料の体験レッスンも用意しています。いつでもお問い合わせ下さいませ公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 13Oct
    • chapter56 英語で指導しよう 本題

      前回はまんまと前フリだけで一回分埋めてしまいました。あの題材ならいくらでも書けますね。しかしその代償は大きく、英語の話をせずに終わったことでご立腹の方もいました。痛ましい限りです、今日はちゃんと書きますよ英語で何かを指導するわけですが、この難易度、日常会話より上だと思いますか?あるいは簡単でしょうか?多くの場合、日常会話よりもレベルは下がります。このブログで何回か言ったことあると思いますが、じつは「日常会話」というのはレベルがかなり高いです。色々な話題があり得るので、それに対応する単語をすべて使える状態にしておかないと、スムーズな楽しい会話ができません。しかし指導になると喋る内容はかなり限られます私が空手を教えていた頃を試しに振り返ってみましょう「違う、足と手のタイミングを合わせて」No, foot and hand, same timing「腰を使って、脇を閉めて」Use your back, close your arm「前屈立ちもっと低くして」Lower your Zenkutsu stanceほぼ単語を繋げるだけで大丈夫ですね、単純なものです。なにか学問的なことを教えるのでも無い限り、指導にあたってそんなに高度な文法は必要ないんです。これが体を使うものから、もうちょっとアート寄りになってくるとどうでしょう「ここのピンクのアウターがいいですね。これが赤だったら少しうるさすぎます」This pink is good. If red, too much.「目先に囚われず、ただ感じるままに生けて下さい」don't think too much, just feel and put flowers体を使うものよりも少しだけ高度になってきますが、それでもそこまで難しい文法は必要ありませんしかしこれはあくまで、指導の最低ラインをクリアする際の話です生徒さんが難しい質問さえしてこなければ、レッスンの最初から最後まで英語のみで説明して、仕切って終えられるだけのスキルですね。前回話したような空手の成り立ちとかの話になるととても無理です。あるいは可能なのかワンスアポンアタイムインチャイナ・・ん、なんかそんな映画があったなまあそういう難しい質問が来たら「ユーウィルアンダースタンドサムデイ」とかなんとか言って煙に巻くしかないですね、スキルが追い付かないうちは。時々こういったインストラクターの方も教室に来られますが、覚えていて頂きたいのは、その分野に関して詳しいのは生徒さんご自身なんです。私よりもいい表現を思いつける可能性は十分にあります日常会話の練習とも似ていますが、あまり深く考えず、無理に文章にしようとせず、必要最低限だけ伝えるようにしてみて下さいそろそろあの最後の文法、関係代名詞にいかないといけないのだろうか。。取りこぼしや与太話に活路を見出したいと思います公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 06Oct
    • chapter55 英語で指導しよう

      今日は英語で何かを教える、という時のコツについて話したいと思います。インストラクターをされてる方は時々あるんじゃないんでしょうか、外国人の生徒さんが体験とかで来られてどうしよう、みたいな。ところでその前に今週ぶっこみジャパニーズという番組がありましたが、ご覧になった方はいますかねどういう番組かというと、お寿司とか剣道等といった日本の文化にものすごいアレンジをしてしまってる海外のお店なんかが時々あるじゃないですか。日本食レストランのフリをして中華料理を出してるのなんかまだかわいい方で、お寿司にチリソース使ったりとか、そういう方向に逸してしまってるアレンジですね。そこにその道のプロを送り込みしばらく素人のフリをして修行させて更なるアラを引き出し、最後にプロが全力で技をみせつけて鼻を明かしつつ正しい日本の形を見せる、という番組です底意地が悪いコンセプトだと思う方もいるようですが、現地の方へのフォローもしたりプロの方が技術を伝えたり、まあ悪いことばかりでは無い感じですその番組では今回空手が紹介されていたのですが、何と言いますか、空手を知らない人が空手の番組を作っちゃいましたね。番組をご覧になった方もなってない方も、この機会に空手についてちょっと知っていって下さいあ、私は空手はちょこっとやってまして、卒論も武道について書いたもんで、諸々最低限は知ってます。あの番組での大きな間違いを挙げると「競技と実戦の混同」「伝統の盲信」があります前者は「空手に金的はない」(下腹部急所への攻撃)「空手で武器は使わない」といったアナウンスに表れてましたね。これは競技ルールではその通りなのですが、空手はスポーツとして生まれたのではなく、身を守るため・敵を攻撃するための技術が体系化され、その技術の一部を研鑽するためにルールが決まって競技になったんですね。つまり試合でやってることは空手の極一部でしか無く、そこだけをやると不完全なんです。その大きな例の一つが金的で、急所は狙われるもの、ということを忘れると高段者でも格闘技未経験者に簡単に負けます。これは心構えだけの話ではなく、急所を守る構え方、狙い方が実際に技術として存在するんです。武器についても、非常事態に自分の身を守るのに素手にこだわる理由はありませんね。逆も同様です。そのため空手は、棒やトンファーを持っても技がそのまま使えるようにできています。競技の側面しか知らずに「それは空手じゃない」と全体を論じるのは避けたいものです。次に「伝統の盲信」タイプの間違いです番組で取り上げられたアメリカの空手道場では、みんなピンクや赤のカラフルな道着を着ていて、Tシャツのままの人もいました。靴もはいたりはかなかったり自由です。番組ではこれを取り上げてまた茶化していましたが、そもそも空手着に文化的な背景はありません。明治大正の頃に先人たちが本州で空手の普及を始め、組織化のために統一した練習着として既にあった柔道着を採用したんですね。それまでは普段着で練習してました。だから空手にとってあの白い道着はあんまり意味がないんです。柔道では襟・袖を掴むので道着を着ないと稽古や試合がやりにくいですが、空手では別に何でもいいんです。夏は熱いので先輩がいないとTシャツで練習したりします。これは上の競技と実戦とも関係あるのですが、空手で靴を履かないのはですね、武道は何せ生まれたのが昔なので、固い靴底の履物が無かったんです。だから素足とあんまり感覚が変わらず、実戦で靴を履いてても支障なかったんですね。沖縄では指導者によって弟子は靴履いたり履かなかったりだったらしいです。これが本州で普及して、屋内で大勢で稽古するようになり、統一して素足になりました。中国武術では靴を履いて稽古しますし、裸足でできることが靴を履くとできない、というのは護身としてもどうなのかと思いますよ。昔からあると思ってる伝統も案外新しいことが多いんです。そこには必然性がある物もあれば特に意義なく始まるものもあります。スーツの一番下のボタンとか。歴史があり過ぎて最早立派なドレスコードですが。だからあのアメリカの道場がやっていることは間違いどころか実戦的だったりするんです。そこまで汲み取らず、日本の道場の慣習と違うから即間違いと断ずる、というのは思慮が浅いと言わざるを得ないですね。最後に空手を見せるんだったら是非形と組手をやって欲しかったですね。。あの四連覇のチャンピオンがどんな力強い演武をするかぜひ見たかったです。それ無しに空手を見栄え良く映すのは大変だったと思います。ここは英会話教室のブログなんですが、指導者向けの英語を解説すると言いながらまんまと関係ないこと書いちゃいました。十分量書いたので今日はこれで終わりにして、本題は来週にまわします。久しぶりに写真でも載せましょうか来週はちゃんと英語について書きまーす公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 29Sep
    • chapter54 トラベルイングリッシュについて II

      前回はトラベルイングリッシュの初歩についてでしたね今回は発展した内容を書いていきます何か言うことがある時に、とにかく単語の羅列でいいから投げてみよう、というのがレベル1です。今日学ぶのは次の段階、簡単な表現の形に言いたいことをあてはめよう、です。パターンをいくつも覚える必要はありません3つもあれば十分ですCould youCould II'd like特に上二つでも事足りるくらいですね。これに動詞を組み合わせるだけで非常に丁寧で、自然な文になりますそもそもどうしてこんな物が必要なのか。意思疎通が取れたら十分ではないのか。場所には「格」というものがあります。他国にお邪魔させてもらってる以上、できる限りそちらに合わせてあげるのが心意気というものですそういう観念的な話は抜きにしても、丁寧なお願いで無理な要求が通ることもありますし、使う言葉によって扱いも変わります。言語が堪能な人は煙に巻きにくいので向こうもあまりモメたくありません。だから何か注文する時も、"this, please"ではなく"Could I have this, please"とつけるだけであちらもこちらも気持ちが良くなります。実際の使い方を確認していきましょうCould you ~は相手を動かしたい時ですCould you give me waterお水もらえませんかCould you take a picture写真撮ってくれませんかCould you go to Ritz Hotelリッツに向かって下さい何を、どうする、と考えた時に、それをするのが相手なら、相手に何かしてほしいならcould you です。次はCould I別にCan I でもいいんですが、統一した方が覚えやすいでしょうこれは自分が何かする許可が欲しい時ですCould I go to bathroomお手洗いはどちらですかCould I try on試着していいですかCould I have waterお水もらえませんかこのように、could you でも I でも言えるものもあります。そこら辺は動詞のチョイス次第ですね最後にI'd likeですね~が欲しい、~がいい、という時に頭につけます。I'd like glass wineグラスワイン下さいI'd like 2 ticketsチケット二枚下さいI'd like large size, blueLサイズの青下さい簡単ですねとは言え、実際のシチュエーションだとそんなにスムーズに作れなかったりします。慣れと度胸です慣れるためにはまず練習を。次回は何書こうまた何か思いつきます、きっと公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 22Sep
    • chapter53 トラベルイングリッシュについて

      長らくご無沙汰しました、熊代です週一の更新ルーティンを諦めたわけではありませんあれやこれやで忙殺されて、一か月も空いてしまいました。。また毎週がんばっていきます。無理の無い範囲で。今日は特に「海外旅行で英語が使えたらいいな」という方に向けて書きたいと思います大きく分けると、三段階の目標が考えられます1.レストランでの注文や目的地への行き方等、簡単なやり取りができる2、レストランやホテルのグレードに合わせ、丁寧な言葉遣いができる少し込み入ったお願い事ができる3.警察が関わらないレベルのトラブルに対応できる現地で友人ができるもちろん上を目指すとキリがありませんが、こんなものでしょうかトラベルイングリッシュでは、日常会話に増して、まず「意図を伝える」こと、次に「要求を通すこと」を優先して練習します。意図を伝える段階では文法はほとんど重要ではありません。文法を活かして分かりやすく喋ることはプラスですが、それよりもやり取りのスムーズさを優先します例えばホテルのコンシェルジュにレストランの予約を取ってもらいたい場合は" excuse me, reservation, please. this restaurant. tomorrow. 2 people. no sea food."こんな具合でいいんです。エクスキューズミーやリザベーション等、最低限の単語の準備は必須です。単語をつなげて喋るので、そもそもの単語を知らないとどうしようもありません。そこはほら、手元に便利なスマホがあるんですからそれで調べてもいいんです。でも会話の前に下調べしておくのがスマートですね。スマホだけに。本屋に行くと、多種多様な「フレーズ集」が売っています。旅行、や交通、のように区分けされて、便利な文句が並んでいます。人ががんばって作ったものにあまり文句をつけたくありませんが、これから海外旅行のために英語を学ぼうという方には全くオススメできません。考えてみて下さい、そこから各状況にあわせてフレーズを選んで暗記して、適材適所でスムーズに使わないといけなんです。空港、ホテル、お土産物屋、タクシー、カフェ、、、いったいいくつのフレーズ暗記しないといけないんですか?全く現実的ではありませんそれよりは、今既に知っているカタカナ言葉がスムーズに出てくる練習をした方がよほど効率が良いです。そのため、海外旅行に行かれる生徒さんの直前対策ではロールプレイをよく行います。想定し得る場面で私が店員やコンシェルジュ役をやり、時には親切な人バージョン、時には面倒くさがりの人になり、難易度を調整します。その練習の中で、必要な単語を実はかなり知ってることを確認して頂き、「テキトーに喋ること」に慣れていって頂きます。その次の段階として、適した表現で言うことに慣れていくのですが、そこを自習解説したいと思います。公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 25Aug
    • chapter52 レッスンを受ける時のコツ

      ちょっとまた間空いちゃってすみませんでした以前ご説明した通り、更新が無い時は「忙しいんだなあ」と想像して頂けると幸いです今日はまずちょっとこちらの記事の紹介をさせて下さいGoodbye Japan というブログなのですが、都内に留まらず、色んな地域の英会話教室を紹介しているブログですそちらに、当教室を紹介して頂きました自分では知らなかった良いところまで書かれています、読んで頂けたらとても嬉しいですまた、英会話教室を探す際にもとても参考になるサイトです。えひ見てみて下さい今日はレッスンを受ける際に気を付けて欲しいことを書いていきたいと思います何度も繰り返し、スピーキングの際には文法なんか気にしない、とかいろいろ書いてきましたが、今回は特にレッスン中についてですまず最初に「日本語は極力使わないようにしていく」誤解して頂きたくないのは、「使うな」ではないんです。レッスン中によく使う言葉ってあるじゃないですか。「今の単語何ですか?」とか「何て言ったんですか?」とか。これを早々に全部英語にすべきです。すべき。ここですぐに返せないと実際の会話でもマゴつきます特に講師が日本人の場合は、ついつい甘えてしまいます日本人講師の弱点でもありますね。生徒さんに日本語を許してしまう点。「スペルを教えて下さい」とか、そういうよく使うフレーズはレッスンの初期のうちから全部英語にしていくのが良いです。何せレッスンでまず目指すのは、「全てのやり取りを英語でしている状態」ですから。あ、もちろん英語でどうしても言えない質問とかはいいんですよ、日本語で言って。何事も、まず英語で言おうとして、できない時は日本語でもいいよ、っていう事です。「当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、講師が日本人だと中には時々油断しちゃう方もいるので。2、「できるところは早く喋る」もうレッスンが進んでくると、もう何回も何回も使ってきたフレーズって出てくるじゃないですかI don'tI want toI have todo youとかその辺のもう慣れたブロックですここを早く言います。スピーキングは自ら意識しないとスピードは上がりません。自然に上がっていくのではなく、自分で早く喋ろうと努力する必要があります。今ポルトガル語を練習してますが、このルールに則ってもう基礎的なところはけっこう早く言えるようになりました。「私は牛乳を飲みたい」とかすごく早く言えますよ。いいんです、早く言おうとして噛んじゃっても。人が噛んだのかどうかやたら気にするのは宮迫だけです。そしてうちの教室に宮迫はいません。のびのびと、いっぱいミスって下さい。3、「会話で受け身にならない」レッスンを始めたばかりの頃の方はしょうがないのですが、できるだけ早く自分のペースに持っていけるようにしたいですね。これは実際の会話でもそうなのですが、自分がリードしてしまった方が楽です。自分が質問する側になれば、相手の喋る内容をコントロールできます。つまりある程度予測が立てられる。一体どんな単語が飛び出してくるのかビクビクするのではなく、相手が使う単語をコントロールすることができるのです。レッスン60分、こちらがリードして最後まで舵取りすることも可能ですが、まず第一段階として、「聞き返し」を挟んでいきたいですね。使うのはhow about you?答えるのにいっぱいいっぱいになりつつも、ある程度着地点を考えながら、終わった瞬間にこれを言います。だから文法なんて考えてる暇はないんです。自然な会話の形にする方がよほど大事です。そして第二段階として、話題を変えることに慣れます。by the wayこれですね。そこから話すのは自分の話でも、質問でも何でもいいです。このフレーズをはさむことにより主導権を握れます。こういったステップを踏みながら、講師が受け身になるくらいリードしようとするのがいいですね。これは当スクール、英語に限らず持つべき心構えです。がんばって上達して下さいね公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 04Aug
    • chapter51 リスニングの鍛え方 完結編

      前回のリスニングについての記事は、「最善の準備はあるが完璧な準備はあり得ない」という趣旨でしたね。今回は具体的に何をすべきかを説明していきます。渡航等考えておられる際、英語を覚えてから行くなんて時間がもったいない、向こうでやるべき。という方法論もありますよね半分賛成します英語を学ぶことを目的に出発を伸ばすことは無いです。ただ、現実には24時間後に出発とかそんな状況では無いですよね。理想は、最低限中学校でやった文法は全て網羅して、これから書く方法を使ってTOEIC程度はリスニング分かるようになってから行って欲しいですね文法網羅ならまあ三か月、リスニングがそのレベルになるには。。最低半年でしょうか。。そのレベルまで達しなくとも、時間の許す範囲でできる限りやった方がいいと思います、実際に外国に行ってからのスタートが全然違います。語学に適性のある人ならどんなに低いレベルからでも自力でスイスイいきますが、そうじゃない方が何も準備せずに行くと本当に苦労します。結果的に現地の人とは全然関係が作れず、日本人のコミュニティに入り、3年もいるのに英語がイマイチ、みたいなことが容易に起きます。実際に、「外国に×年住んでたのにこれじゃあうちの上級者の生徒さんの方が上手だなあ」みたいな方にもお会いした事があります。そうならないためにも、できる時にすべき事をやっておきましょう。準備としてのリスニングで目指すレベルは「字幕無しでもセリフの大体が分かる映画が一本ある」「初見のTOEICのリスニングの問題が8割は分かる」という状態ですここから先は実践でしか学べないです。リスニングも基本的には段階を踏んで練習していくので、初心者の生徒さんと喋る時は僕は難しい単語は使わず、場合によっては表現をあえて不自然にしながらも耳で英語を聞いて理解できる、という体験を重ねて頂きますが、自宅学習で教材を使ってリスニングする場合、あまりレベルの低いものは使いたくないですね。何をもってレベルが低いのかと言うと、使ってる単語・文法よりもむしろスピード、テンポです。英検で言うと、準一級レベルからようやく自然なスピード、テンポになります。二級までは英語知らない人に聞かせると「みんなこんなに分かりやすく喋ってくれるんだ!」と誤解させかねません不自然なところで切ったり、抑揚が大げさ過ぎたり。。その点TOEICのリスニングはいいですね。基本的に全部自然です。しかもイギリス、オーストラリアのアクセントも混じってるので、少しは幅広く練習ができます。さあ、実際にどうやって練習するかですが、・音源・スクリプト(何と言ってるのか書いてある紙この二つが必須です。使ってる英語が難しい場合(TOEIC,TOEFL、映画等)①まずスクリプトを読んでしまって、何と言ってるのか全て明らかにします。知らない単語・表現は必ず調べて、分からないところが一つもない状態にします。②そうしてから音源をスクリプトを見ながら聞きます。ここすごく大事です。早々に見てしまって全く構いません。そうすると、音源がそのスクリプト通りに喋ってくれるじゃないですか。「なるほど、確かにこの通り喋ってるな。ふむふむ。思ったより声が若い。」と確認します。そして頭の中で紙の上の意味と音声が繋がったところで、③スクリプトを外して空で聞きます。この時に8割分かったらもうOKです。次行きましょう。時間に余裕のある方は②と③を繰り返して100パーセントにしてもいいです。「でも記憶も使って聞いてますよ。読んだら話を覚えるじゃないですか。これで耳が鍛えられるんですか?」と聞く方もいます。鍛えられます。①で文章を読み込むので、③の段階では暗記した事も使って音を理解してる状態になります。これでいいんです。これで何回も何回もやっていると、「この音はこの意味」というデータベースが貯まっていきます。いつしか、英語を聞く→日本語に直す→理解すると1ステップ日本語をはさんでいたのが、英語を聞く→理解すると直でいくようになります。教材で使われてる英語が簡単な場合(スクリプトを読んだ時に一目で意味が全て分かるようなもの)基本は同じです。①最初に一回聞きますこの段階で100パーセント分かったら次行きましょう。②スクリプトを確認また分からないところがない状態にします。③スクリプトを見ながら聞く④スクリプトを外して聞く本当に簡単なものは②をとばしてしまってもいいですね。それくらいのレベルの方はもう難しいものにトライしちゃってください。という風にTOEIC等を使いながら基礎のレベルを上げていって、映画、ドラマを教材にできるようにしたいですね。教科書には出てこないカッコいい表現、思わず使いたくなるフレーズがいっぱいです。何より好きな作品を使うので、モチベーションがとても高くなります日本語で触れるのと、元々の言語で触れる作品はかなり違います。字幕・吹替では省かれているニュアンス、ジョーク、小芝居、色々あります。好きな作品こそ原語で楽しんで欲しいですね。スクリーンプレイというシリーズの本が出ていまして、これがあると学習がかなり楽になります。特に仕事で英語を使う、という方には「サンキュースモーキング」がおすすめですね。主人公が「喋りのプロ」なので英語に限らず、批判の逸らし方、上手な議論の運び方、詭弁等大変勉強になります。そしてリスニング練習の素晴らしいのが、上の難しい教材の場合のチャートで、③の後に④一言ごとにとめて、マネするを入れるだけでスピーキングの練習になります。トーンやスピードを可能な限り真似て下さいやり込めば大好きな映画のセリフを日常会話で使えるようになります使いたいですよね?その一言きっかけに取引相手と仲良くなるとかあり得ますよ。言語は文化ですから、それだけ深く自国の文化を学んだ相手のことは自然に好きになります。できれば英語を単なる科目、ビジネスツールと思わずに、楽しみながら学んでもらえればなあと常々思っております。最近の着物の写真でも貼って終えておきましょうか。来週にはまた何か解説する文法を思いついておきます。公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 28Jul
    • chapter50 当教室が日経新聞で紹介されました

      突然ですが、当教室が日経新聞にて紹介されました記事は諸々の制約の都合によりリンク先でご覧下さいこれはzehitomoというマッチングサービスへの取材なのですが、その際にプロ代表として同席させて頂き、実際に授業を見て頂きました弊社は何せ小さい会社なので、あまり宣伝広告費も出せず、これまで集客は主に生徒さんの口コミや検索スキル頼みでした。一講師としてカフェ英会話等のサイトにプロフィールを載せていた時期もありましたが、設定の自由度等の問題があり、利用を止めました。そんな折にFBの広告で見かけたこのzehitomoを使い始めたのが四月くらいでしたか。あ、ステマと思われるかもしれませんが、ちょっと違います。ダイレクトマーケティングです。良いと思ったものをそのまま紹介させて頂いております。仕組みとしては、従来英会話レッスンを受けたい側が多額の入会金を支払っていたり、仕事をする側のギャラがパーセンテージで運営会社に抜かれていたものが、仕事をする側が一件あたりいくら、と固定費を支払って案件に応募する形になっていますなので当教室のブログに載せると、英語を勉強したいという方がこのサイトを使って、結果的に他の方から英語を習う、という事にもなり得るのですが、構いません。このサイトの説明をせずに記事に載った、とだけ宣伝したくなかったのでこのようにしました。先日紹介しましたインタビュー記事もこちらの会社のおかげですし。英会話レッスンに限らず、スポーツのパーソナルトレーナー、結婚式の司会等、いろいろなプロを探すことが可能です。運営の方々にもお会いしましたが、とても信頼できる会社、サービスだと思います。ほんとは今日はリスニングの解説の後半だったのですが、ちょっと来週にさせて下さい。。当教室公式ページはこちらからzehitomo様へはこちらから

      テーマ:
  • 20Jul
    • chapter49 リスニングの鍛え方

      今週も安定した更新。熊代です携わっていた翻訳の仕事が遂に公開になりました。NHKBS プレミアム「ルパンからの予告状~謎とスリルに満ちた伝説の秘宝~」7/29 午後10時実在する幻の名画について、ドラマとドキュメンタリーが交差しますぜひご覧になってみて下さいhttp://www4.nhk.or.jp/P4542/また翻訳をやらせて頂いた流れで、出演までさせて頂きました。。ついに出ちゃったよNHK。。今日はリスニングについてですねこれは特に最初に強調しておきたいのですが、どんなスクールにいっても完璧なリスニングの訓練なんてあり得ませんスクールで学ぶということは講師や教材のテープの英語を聞くじゃないですか。講師になってる時点で、基本的に声とか喋り方に問題は無いんですよ大体の場合において特に難点の無い、分かりやすい英語で喋ってくれます。僕の場合は顕著ですよ。滑舌もいいし各発音が明瞭ですから、初心者にとっては最適です。リスニングの教材もプロが整理された原稿を読みますから、分かりやすくて当然です。難易度が上がっても同じです。英会話練習用の教材という時点で、生徒が理解できるように作られてるんです。実際の会話の場になると話は全く違います老若男女、実に色んな人が相手です。人によっては滑舌が悪くて何言ってるか、数回繰り返してもらっても分かりません(実話人によってはスラングが多すぎて同じ英語を喋ってるのかすら怪しくなります(実話人によっては外国語訛りがきつすぎて単語の読み方そのものが変わってしまっています(実話そんな状態でこっちのスキルお構いなしにベラベラ喋ってくるんです、頭が追いつきません以前ミスインターナショナルというコンテストで通訳やインタビュアーをさせて頂きましたが、ミスアメリカとかはもちろん問題無いのですが、特にミス(検閲により削除)やミス(検閲により削除)の英語は本当に大変だった。。。こんなのは実地で経験を積みながらスキルを上げていく以外に方法はありませんどんな教科書も教材も助けてくれません。だから社内の会議で外国人社員の英語が分からないという時なんかは、その人との会話時間を増やしてその人の英語に慣れるように伝えています。その人が最高の教科書なんですから。僕の父はどちらかと言うとリスニング重視の考え方ですが、僕はスピーキングの方が重要だと考えています。相手の言ってることが分からなくても、要求は自分の口から伝えられます。とはいえ、とは言えですよ。最低限の準備はしていくべきです「どうせ分からないんだから何もしなくていいよ」みたいな勉強しない中学生みたいな事は断じて言っていません講師の英語や教材のテープでも基礎的なリスニングスキルは必ず上がります。その方法について解説しようとしていたら前振りだけで十分な量になったのでここら辺で来週に持ち越しですまあ一言で言うと「映画すげえ」ってことです。ちょっと前に出たファッションショーの写真でも貼っておきましょうか和洋折衷の新しいスタイリングでした公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 14Jul
    • chapter 48 英単語の構造2

      前回は英単語の成り立ちについてお話ししましたねもう少し解説しようと思ったのですが、大体必要なことは書いてしまっていたので、今回はまずざっとおさらいして、最後にリスニングの鍛え方について説明したいと思います英単語は大きく分けて、接頭語、語幹、接尾語の三つに分けることができます。前回のrevitalizationみたいに四つになるものもあれば、それより少ないものもあります。主な物を紹介すると、接頭語re- もう一度  redo return rewrite 等contra- 反対の contradiction contraversyab- 離れる abnormal abductco-(con) 一緒に co-worker contact語幹duc (duct) 導く abduct conduct educatecenti 百 centimeter centurydec 十 decade decilitterdict 言葉 dictionary predict接尾語-less ~が無い careless thoughtless-er ~する人 dancer teacher-ee ~される人 employee traineeこれらの中には、erで比較級と重複したり、いくつか意味があるものもあり、必ずしもスペル通りとはいかないこともあります。その辺はほら、厚切りジェイソンがブチ切れてるネタみたいなもんです。漢字だってたまにその辺無茶苦茶じゃないですか。今日特に紹介したい、覚えやすい接頭語が二つありますpre-とfore-どちらも意味は前もって、ですpreはカタカナ言葉でもプリセットとか、プレビューなんて言いますね。前もって準備するからプリセット、先に見るからpreviewまた名作マイノリティリポートにはプリコグという女の子たちもいましたね。あれは造語で、cognition,認識という言葉と混ぜています。その名の通り、未来予知できる超能力者でした。foreは体の部分にも使いますforearm 前腕 forehead おでこbeforeのforeがこれだと考えると分かりやすいと思います動詞ではforesee 予見 とですねこれで少しでも単語覚えるモチベーションになれば幸いです。文法はどこかで終点が来ますが、単語の勉強は終わりがありません。僕もまだ勉強中です。次回はリスニングの鍛え方について書きたいと思います公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 30Jun
    • chapter47 英単語の構造

      今日も本当は寝たいところです。しかし友人の結婚式ですら、久しぶりに会う方に「ブログ読んでるよ」と言われたのでがんばって書きます。ところで、最近こんなインタビューを受けました。https://www.zehitomo.com/blog/pro/english-lesson-casezehitomoというクライアントとプロを繋げるサービスで、プロ講師としてインタビューを受けました。この記事の中でちらっと触れているのですが、今回は英単語を覚えるのに役立つ、英単語の構造について話したいと思います。今日は受験生、とくに高校生必読ですね。ご存知の方もいると思いますが、英単語も漢字と同じように、部首にあたるものがあります。受験生にもよく知られているのはableじゃないでしょうか。ableが最後についていれば、「~できる」という形容詞だと分かります。似たもので有名なのは頭につくreですね。再度、という意味です。実はこれについてはchapter17でちらっと触れていますが、今回は本格的に解説します。さあ、問題ですrevitalization意味はご存知ですか?僕も初見の時知らなかったですが、この部首テクニックですぐに意味が分かりました。まず、この単語はいくつのブロックに分かれるでしょうか?これは多い方で、4つに分かれますre / vital / iza / tion真ん中にバイタルがありますよね。単語の中心になるものが語幹、ルートワードと呼ばれるものです。僕はコアと呼んだりします。バイタル、どんなイメージでしょうか。バイタリティとか言いますよね。生命力とか活力、ですね。次に三つ目のiza、これはizeが変形したものです。~ize~ify~enen~これらの形を取るのは基本的に全て動詞で、波線に入った単語を使って、Bを「~」化する、という意味です。アメリカナイズなんかよく聞きますよね。何かをアメリカっぽくします。その他pureと組み合わせてpurify、浄化。largeと組み合わせてenlarge、拡大みたいになります。そして四つ目のブロック、tionこれは有名ですよね。99パー名詞です。という事はこれらを組み合わせると、もう一度 / 活力 / 化する / 事まとまった日本語にすると、再活性化、復興、みたいになります。こちらの単語はどうでしょうかindividualこれは3ブロックですin / dividu / al一つ目、このinはミッションインポッシブルのインで、打消しのインです。接頭語のインにはいくつか意味があるので、毎回打消しというわけではありませんが。二つ目、ディバイド、divideはどうでしょうか。聡明な方ならすぐにガンダムXディバイダーを思い出すでしょう。あの機体の代名詞であるハモニカ砲。盾がガパっと割れて、ビーム砲が並んでましたよね。そこから分ける、分割する、という意味です。al は通常形容詞に使う語尾、接尾語です。この単語は名詞にもなるので、この時はどちらでもいけます。なのでこれは、不可 / 分割 / 的なつまりこれ以上分けられない、ひいては個人、という意味です。社会の最小単位で、これ以上分けられない、だから個人なんですね。このテクニックは残念ながら中学英語では役に立ちません。生徒達に「英単語は無秩序にアルファベットが並んでるわけじゃない」と示して、英語に興味を持ってもらうためには良い話なんですが、goとかtakeとかブロック分けのしようがありません。これにはその単語が元々何語だったのか、というのも関係しているのですが、そこまでいくとさすがに専門外です。高校くらいになってくると単語も複雑になって、これが生きてきます。このテクニックは別にうちの教室のオリジナルでも何でもないのですが、意外にこれを知らない、という方が多いですね。受験英語のためにも絶対に高校で教えた方がいいテクニックなのですが、聞いたことない、という方がけっこう多いです。こういう規則性を知ると単語を覚えるのがかなり楽になりますよ。また長文で初見の単語にあたっても、スペルから意味を想像する、ということが可能になります。次回もうちょっと解説したいと思います。公式ページはこちらから。

      テーマ:
  • 22Jun
    • chapter46 「喜びと悲しみは同じくらい大切だ」 原級比較

      ずいぶん間空いてしまってすみません、翻訳の仕事があったり諸々してましたまた番組関係なんですが、発表できるのが楽しみですこの前テレビで「インサイドヘッド」やってましたねやっと見ましたものすごく面白かったですね、ああいう話は大好きですね、膨大なリサーチと科学に裏付けされた話。他だとメンタリストもそうですね、心理学の専門家がついて話作ってるのかな、とか想像させてくれますという話を抜きにしても、子供から大人まで楽しめる、素晴らしい映画でした今日はようやく原級比較ですね。ようやく。原級比較やるって言いだしてから二か月くらい経ってそう。えーと、これはまず例文を見て頂きましょうJack is as tall as Tom.asが二つ使われているのが見えますか。このasをシーソーみたいに考えてもらって、シーソーの左右にあるものと、asに挟まれたシーソーの真ん中にある言葉を見ます。この左右のものが、同程度(真ん中の言葉)である、というのが基本構造です左右のものはジャックとトム。真ん中の言葉は背が高い、ですね。これでジャックとトムは同じくらい背が高い、になりますこの真ん中の言葉が1単語とか短いうちはいいのですが、長くなってくると混乱しますCathy was as surprised by the news as Jane.シーソーの真ん中が長くなって、ニュースに驚いた、になってますねキャシーとジェーンは同じくらいそのニュースに驚いた、ということなります別にこの文法を使わなくても他に言う方法が無いわけではありませんTom's hight is same as Jack's.でもいけます。ただ自分が慣れていないと人が使った時に分からないんですね。特にこれはリスニングで出てくるとちょっとためらいます。まずはインプットで慣れて、その後使えるようにちょこちょこ試していくのがいいですね。僕はあまり使いませんが。こんな感じで原級比較はそそくさと終えてしまいたいと思います次回は何ですかね、そろそろ関係代名詞でしょうか。できればもう少し後にしたい。公式ページはこちらから

      テーマ:
  • 16Jun
    • 今週もお休みです

      楽しみにしてくださってる方すみません、ちょっと今日仕事が立て込んでしまいまして。。来週はちゃんと書ける見込みです

      テーマ:

プロフィール

ジュリアーノ 熊代

自己紹介:
代表講師を務めております。 僕自身もともと英語は喋れず、 ゼロから勉強してようやくここまで来れました...

続きを見る >

読者になる

文章の著作権は全て(株)アフロディータに帰属します。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス