自律神経失調症,パニック障害は薬だけでは治らない!

パソコンの場合は画面左サイドバーの「テーマ」、スマホ・タブレットの場合は画面上部の「テーマ」または、「記事」下の「月別・テーマ別」より検索してみてください。内容は少しずつになりますが随時掲載いたしますのでよろしくおねがいいたします







新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です





自律神経失調症の乱れが続くと体調が崩れてしまいます。そして、いろいろな症状が出てきます。頭痛、目眩、肩こり、ふらつき、動悸、息切れ、耳鳴り、胸痛、高血圧(緊張性)・・・etc 


入れ替わり立ち代り不安になる症状が出てきます。これらの症状は、自律神経の乱れによって引き起こされる場合がとても多いのです。そこで自律神経を整えることがポイントとなるのです





カイマ接骨院




新潟県長岡市古正寺2丁目207  0258-29-2006




(月)~(土) am8:00~12:00 pm2:30~7:00  土曜午後も診療


祝日
am8:00~12:00



(日)休診


急遽変更の場合もございますのでお問い合わせください



なお、臨時休診などの案内は


「カイマ接骨院のブログ」からも確認できます


https://www.kaima-sekkotsuin.com/




骨折、捻挫、脱臼、挫傷(肉離れ)、肩こり、腰痛、五十肩、スポーツ外傷、手足の痺れ


日常での負傷、体の不調、自律神経失調症、パニック障害、症状が一定でない不定愁訴



























  • 13Apr
    • 「五月病」に当てはまる人は要注意の画像

      「五月病」に当てはまる人は要注意

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」長岡市のカイマ接骨院|部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う長岡市のカイマ接骨院|部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う - 交通事故治療やスポーツ障害診察・外傷、往診などを行っております。各種保険適用。www.kaima-sekkotsuin.comもご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer「五月病」に当てはまる人は要注意4月も半ばに入り季節も穏やかになりました僕が一年で好きな季節ですでもでも、体調も崩しやすくなる季節でもあります「五月病」という病気と、その対策についてお話しさせていただきます。正式な病名ではありません。いわゆるメンタルヘルス不調の正式な病気名です。季節の変わり目、木の芽ほぐれは病気になりやすい と。 四月の新生活開始にあたり、新人に限らず、やる気があり余った結果、ストレスを溜め込み、心身の不調を呈する状態が五月病です。「五月病の疑いがあるか」チェック!新生活が始まり、新しい環境、新たに何か目標を設定したり、周囲に新しい環境・生活を始めた人がいることで、自分の生活にも影響をおよばせてしまい、いつも以上に頑張ったり、無理したりすることが原因であるといわれますが一番は冬の冬眠状態から夏の手前のアクティブ状態に体が変化するのについていけないことが原因のように思います。それは、副交感神経優位から交感神経優位に変わる、ホルモンの関係、血流の関係、睡眠の関係、過度の労働によるものさまざまです数々の心身の不調症状が出てくることもうなずけます。 以下で2つ当てはまる人はちょっと注意、3つ以上当てはまる人は要注意。=================■すぐできる!五月病チェックリスト□ 新たに目標設定をした□ 新たな環境になった、なった家族がいる□ 忙しくて趣味等リラックスできていない□ 眠いのに寝付けない。早くに目がパッと覚めてしまう□ 心身の不調がある=================五月病になるとこんな症状が現れてくる まず、寝付けない、早く目覚めるなどの睡眠に関する不調が出てきがちです。特徴的なのは、心配や不安で眠れないとなるのではなく、過剰な高揚感があり、眠れないという症状です。眠たいのに目がらんらんとして眠れない他にイライラ・落ち着きがなくなる、怒りっぽくなり周りとのあつれきも。また、あせりなど心の症状が出現しやすいです。精神的な過剰な高揚感が、肉体的な疲労感に優ることの多い五月の後半頃は、こういった症状が出てくるだけで済みます。しかし、次第にこの状態が、精神的な過剰な高揚感が低下し、同時に肉体的な疲労感が増加し、逆転します。その結果、頭がぼーっとして朝起き上がれない、全身倦怠感、風邪を引いたように辛いなどのさまざまな心身症状を見せます。そんな五月病を吹っ飛ばそう今からできる「五月病」予防と対策 こういった状態になる前にできる四月病対策として、できることが2つあります。 まず、誰かにそのつらさを暴露してストレス発散することです。コロナ渦で集会は難しい環境にありますが、感染予防に注意して、飲み会やお茶などを通じて、定期的に関わることを意識してみましょう。もう一つが、目標数値を下げることです。できなかったら仕方がない。体調がすぐれないときはやめておこう。僕自身仕事が詰まりすぎるとつらくなるので何か物事が進まなくても「僕のせいじゃないや!」「これできなくても困らないし」と、逃げるようにしています。意外と問題ないものです。肩の力が抜けて、体調は戻りやすいです。高い目標は、自己成長の上では大切ですが・・・。例えば、SNSの投稿を頑張って毎日やろうなんて思っていてもいきづまったときは、投稿しない意外と大変ストレスになることも数日休んでも問題ないその世界にどっぷりつかっているときはわからないものですがそこから、一歩抜け出して外から見てみると大した問題でないことが多いのです。自分を甘やかすことも必要です。 そして、五月病や深刻なメンタルヘルス不調の病気になることを予防しましょう。

  • 25Feb
    • 気持ちがすさんだ時「 上手な気持ちリセットを!」の画像

      気持ちがすさんだ時「 上手な気持ちリセットを!」

      長岡市のカイマ接骨院|部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う長岡市のカイマ接骨院|部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う - 交通事故治療やスポーツ障害診察・外傷、往診などを行っております。各種保険適用。www.kaima-sekkotsuin.com新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」長岡市のカイマ接骨院|部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う (kaima-sekkotsuin.com)もご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer気持ちがすさんだ時「 上手な気持ちリセットを!」仕事で失敗してしまった、他人とのいざこざ。日々の生活の中で落ち込んだり、凹んだりすることはある事でしょう。そんなとき上手に気持ちを切り換える方法は?それは身近にあるものです。太陽の光を浴びることです。太平洋側では冬も日が照りますが、そうした環境でない方はとにかく日に当たる事です。冬場は太陽の光が出たら真っ先に浴びてみましょう。とくに日本海側の冬の気候はいつも天気が悪く、鉛色の空の日ばかりが続くので 気持ちが沈みやすいのです。そういうときは、雪が多い地域でも日が差すときは外に出て、雪の中でも仕事をすることです。すると、太陽の光を浴びて元気が出てきます。良い睡眠も得られます。また、寒さや、コロナすごもり、ゲーム環境、年を取ると、ついつい家に引きこもりがちになります。天気のいいときは 外に出て太陽の光を浴びると、ビタミンDがつくられます。このビタミンDは骨を強くするだけではなく、気持ちを明るくする力があります。もしも悪天候で外に出られないなら、家の中であれば、部屋の照明を明るくするだけでもいいでしよう。部屋の中が明るくなると、気持ちも明るくなります。それほど光は重要なのです。

  • 14Jan
    • 高血圧と自律神経の関係の画像

      高血圧と自律神経の関係

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer血圧の推移には心臓の働きが大きく寄与するものの、私たちの体の中には血圧をコントロールする役割を果たす仕組みが備わっています。その1つが、呼吸や心拍数などを維持する自律神経です。自律神経は主に活動をつかさどる交感神経と体を休息に適した状態にする副交感神経がありますが、このうち交感神経は外部の影響を受けて緊張すると強く作用し、末梢血管を収縮するため血圧が上昇します。また、緊張が和らぐと末梢血管の収縮も収まるため血圧は降下します。そして、首にある太い動脈(頸動脈)に血圧のコントロールに関わる血管の内側にある受容体という器官があり、そこで血液中の酸素や二酸化炭素の濃度を読み取って濃度の変化を、心臓の中枢神経などに伝達することで呼吸や心拍をコントロールして血圧を調整しているのです。もし、病院で検査をしても内臓に何の異常も見られない場合は、自律神経の働きに問題があることを疑ったほうがよいでしょう

  • 28Dec
    • 「 年末、年始」に気をつけたいことの画像

      「 年末、年始」に気をつけたいこと

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う|長岡市のカイマ接骨院 (kaima-sekkotsuin.com)部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う|長岡市のカイマ接骨院部活中の怪我・ねんざから日常の肩痛・膝痛の治療を行う|長岡市のカイマ接骨院 - 交通事故治療やスポーツ障害診察・外傷、往診などを行っております。各種保険適用。www.kaima-sekkotsuin.comもご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer「 年末、年始」に気をつけたいことコロナ禍の状況下ではありますが、クリスマスや忘年会、新年会など、宴会が多い年末。年始は、いつになくたくさん食べたり、飲んだりと、体に負担をかける時期です。この時期は外界の気温が下がります。そうすると体温のほうもふだんは36.5度 くらいある人が、36.3度くらいに下がることもあります。そのため、冬はリンパ 球があまりはたらかず、免疫力が落ちてしまいます。病気を跳ね返すためには、夜寝るときしっかり布団と毛布で体を温める。また、お風呂に 入って、しっかり体の芯まで温めることです。もっといい方法は、「筋肉を鍛える」ことです。寒がりの人は基本筋肉量がへっています。筋肉の量が増えれば常時その筋肉が使えるようになるので、体温が高くなります。実際に、60代や70代、80代でも元 気でハツラッとしている人は、体を鍛えている人が多いのです。当院の患者様の中に94歳の方がいますが、その方は毎日三輪自転車で通院されてきます。それにより足腰がしっかりして頭も素晴らしく良いです。足の筋トレを自然にされているという事です。ウォーキングは下半身の筋肉を鍛えますが、それだけではなく、上半身下半身の筋肉も 鍛えないといけません。器具がなくてもできる運動は「 腕立て伏せ」と「スクワット」です。器具となると、バーベル( 1〜2キロ)やゴムチューブを使用するといいでしょう。それらで上半身を鍛えることができます。そうすると筋肉が全身にたくさんついて、冷えを克服することができます。これらの対策で体温を常時上げていれば、冬場を健康に乗り切ることができます。なぜなら、体にいいことばかりやっていると、ストレスが起きたときに対応ができなくなるからです。寒さ対策をしっかりした上で、たまにはそういう生活をするのもいいでしょう。

  • 15Dec
    • 温かくして寝てください。免疫力は回復!の画像

      温かくして寝てください。免疫力は回復!

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」カイマ接骨院 | 交通事故治療やスポーツ障害診察・外傷、往診などを行っております。各種保険適用。交通事故治療やスポーツ障害診察・外傷、往診などを行っております。各種保険適用。www.kaima-sekkotsuin.comもご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer温かくして寝てください。免疫力は回復!忙しい人は、なかなか風邪を引きません。これはなぜかというと、忙しいこと自体で代謝が高まるため、体温が上がり、白血球の力が強くなるからと言われています。白血球の基本のマクロファージ( 細菌や異物を食べる細胞)の段階でウイルスが 撃退されているからです。ところが、忙しさが一 段落ついて、ホッとしたときに風邪を引くことがあります。子どもでも大人でも、免疫力がしっかりしているうちは、なかなか風邪を引かないのに。大人が風邪を引くときは、免疫力が落ちたときです。免疫力が下がると、単純ヘルペスや帯状疱疹が出たりします。ウイルスとリンパ球( ウイルスや微小抗原を処理する細胞)が戦ったあとは、免疫力が高まります。という事は?風邪を引いたあとは、リンパ球が増え免疫力が高まる。つまり、引くという事もありかも。なんて思っても間違え出ないのかもとおもいます。身体にストレスがかかると、交感神経の刺激で副交感神経支配 のリンパ球が減ります。それをもとに戻してくれるのが、この風邪ウイルスとの戦いなのです。風邪を引いて2〜3日つらかった状態から治ったときは、リンパ球が5%くらい上がるそうですから、風邪を引いても、安易に熱を下げるような薬を飲んではいけません。むしろ、熱がなるべく逃げないように、布団をかけて温かくして寝て、汗をかくぐらいまで体を温めることで、免疫力が回復ともいえるのです。風邪薬に入っている消炎鎮痛剤は腫れが引いたり、熱が下がったり、痛みが取れたりして、一 時的にはすごくラクになります。しかし、普通の風邪でも、薬を飲まない人は平均的に2・ 5日で治りますが、薬を飲むと5〜7日頃まで延びるという研究結果もあります。普通の人は、年に大小風邪を20回引くものです。それで免疫力が維持されているという面からして、子どもの場合は、いろいろなウイルスにかかり大人のレベルの免疫力になっていきます。ですから、子どもも風邪の予防はせずに自然体で生きて、風邪を引いたら免疫カがアップしてラッキー。免疫が付きます。僕は普段多くの患者さんと接しているため小さな風邪をちょくちょく引いているような感じはありますが高熱が出て寝込むようなことはあまりありません。小さな風邪を引くことが、免疫力を高める一番の方法であり、風邪を引いたら「疲れているんだな。少し休もう」と思い、「また、免疫が付くな」でOKなのです。

  • 03Dec
    • 先週、連休にリラックスドライブ。の画像

      先週、連休にリラックスドライブ。

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer先週、連休にリラックスドライブ。自律神経を安定させるにはたまにはいいかも。

  • 11Nov
    • この秋、季節の変わり日に「 体調が悪くなる」、なぜ?の画像

      この秋、季節の変わり日に「 体調が悪くなる」、なぜ?

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainerこの秋、季節の変わり日に「 体調が悪くなる」、なぜ?秋から冬の季節は自律神経のうちの交感神経( ストレス・ 活動の神経)が緊張して寒さと戦っています。実際、日本列島に、冬、シベリアの高気圧が張り出してきたときは、気圧は1050ヘクトパスカルほどあります。ところが、春の温暖な天気になったときは、1010ヘクトパスカルくらいまで低下します。低気圧におおわれます。これくらい 気圧が低下すると、空気が薄くなるので、私たちは薄めの空気を吸うために、すごくゆったりとした心境になってきます。だから、春になると眠気が強くなったり、動作がゆったりするわけです。正常な生理現象ですね。しかし、これが行きすぎると何だか元気が出ないという心境になってきます。なぜかというと、自律神経のうちの副交感神経( リラックス・ 休息の神経)がはたらくようになる。5月のゴールデンウイークが終わると、学校や会社に行くファイトが何だかなくなる、というのもこのためです。こういうとき、自分のなまけぐせで元気が出ないのではなく、みんなが同じ気持ちになる環境なのだと考えると少し安心します。つまり5月病です。夏はどうでしよう。暑いので空気が軽くなり、上昇気流が出るために低気圧がとても強くなります。海のほうには相対的に高気圧ができますが、夏自体は低気圧傾向であり、副交感神経優位で、くつろぐ体調です。だから、夏休みはバカンスを楽しみゆっくり休むのが、本来あるべき姿です。秋になると、今度は冬に向かつて高気圧に変わっていきます。体調は副交感神経優 位から交感神経優位に変わります。 そのときは、やる気が出るというメリツトがあるのですがヽ逆に心臓や血管に負担がかかります。寒暖差が激しくなり交感神経、副交感神経いったりきたり。そういう病気持ちの人には危険な季節といえます。そして冬の日本は全体的に高気圧となり、元気が出やすくなります。このように、1年の季節の移り変わりと自律神経の関係を理解すると自分の体のことがよくわかってきます。誰でも漠然と「 天気と気分はつながっている」と思っていますが、気圧、酸素の濃さ。薄さ、それと連動する自律神経のことを考えると、体や心の好不調の謎が解ける感じです。

  • 04Nov
    • 身体にあらわれる様々な症状②の画像

      身体にあらわれる様々な症状②

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」 https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook  https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer身体にあらわれる様々な症状を部位別・器官別にお話します。

  • 03Nov
    • 身体にあらわれる様々な症状の画像

      身体にあらわれる様々な症状

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」 https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook  https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer身体にあらわれる様々な症状皆さんも当てはまりませんか?

  • 28Oct
    • そこで、脳はどうやって自律を動かすのか?の画像

      そこで、脳はどうやって自律を動かすのか?

      私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。脳はどうやって自律を動かすのか?簡単に説明新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」 https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook  https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer

  • 27Oct
    • 自律神経 ナーバスシステムを簡単に説明の画像

      自律神経 ナーバスシステムを簡単に説明

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。自律神経 ナーバスシステムを簡単に説明の内容としてyou tubu に投稿しました。よかったら見てください。https://www.youtube.com/watch?v=GEBOi7N5J1wナーバスシステムについて 脳からの情報ナーバスシステムとは・簡単に説明脳からの情報⇒体の各機関へ交感神経と副交感神経の働きwww.youtube.com新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook  https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer

  • 22Oct
    • 夜のウォーキング。仕事で火照った体を冷却し自律神経バランスを整える   の画像

      夜のウォーキング。仕事で火照った体を冷却し自律神経バランスを整える  

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。僕の日課夜のウォーキング。仕事で火照った体を冷却し自律神経バランスを整えるウォーキングが自律神経に与える良い影響について。ウォーキングは、ジョギングより健康効果は高い。ジョギングは運動量が大きいため、どうしても呼吸が速く、浅くなり、身体を安定させる神経の副交感神経のレベルを下げてしまいます。一方、ウォーキングは、呼吸が深まるので、副交感神経を上げる効果があります。健康を維持するために「適度な運動」がよいことは確かです。ただ、過度な運動は骨格に負担をかけ過ぎ、またコルチゾールなどのストレスホルモンを多く出すこととなります。今回は、ウォーキングが自律神経のバランスに与える効果についてお伝えします。ジョギングよりもウォーキングがお勧めここでは、ジョギングが悪いという事でなく健康を維持するには運動量に関係ないという事を念頭に。大人気のジョギングですが、もしも「健康維持」を望むのであれば、ジョギングではなく「ウォーキング」をお勧めします。もちろん、運動能力を高めたり、筋力をアップさせたりといったトレーニング効果を求めるのであれば必要です。実際には、ウォーキングのほうがジョギングよりはるかに健康効果は高いのです。ジョギングは運動量が大きいため、どうしても呼吸が速く、浅くなります。すると副交感神経のレベルを下げてしまいます。とくに中高年の方は、そもそも副交感神経のレベルが低下しています。かえって体を老化へ追いやる可能性があるのです。呼吸は、速く走れば走るほど浅くなり、ジョギングよりはランニング、ランニングよりは100メートル走の方が呼吸は浅くなります。          ⇩そうして、呼吸が浅くなると、血流は低下。          ⇩血流が低下するということは、末梢の細胞や神経に酸素や栄養が行きわたらなくなる。          ⇩血流が完全に止まってしまえば、細胞は死んでしまう。          ⇩運動により呼吸が浅くなった状態では、完全に血流が止まるわけではありませんが、危険といっても過言でないほど血流が激減することは事実です。呼吸が浅くなってしまうような運動はよくありません。健康効果を望むのであれば、ウォーキング程度の軽い運動で充分です。それとつらいのは続きませんから。ポイントはゆっくり深い呼吸をする自律神経を自分で簡単にコントロールできるのは「呼吸」です。ゆっくりとした深い呼吸をすれば、副交感神経が刺激され、血管は開き末梢血管の血流量が増えるという測定結果が出ています。そして、血流がよくなると筋肉が弛緩するので、体はリラックスします。交感神経を高めて血管を締めるのは簡単ですが、それを広げる作業というのが難しいのです。1 吸って2 吐く吐くほうを長くします。※4秒で吸って8秒で吐くゆっくり息を吸い、その倍の時間をかけて吐くだけです。呼吸は特に吐く息が重要になります。これは息を吐くときには頸部(首・のどのあたり)にある受容体が反応して、それが自律神経を刺激して副交感神経を高めるからです。そうやって吐くほうに意識をもっていけば、血管が開き細胞にも血流が行きます。「夕食後のウォーキング」が理想的な運動お勧めは「夜」です。夕食後から寝る1時間前までランニングは寝る前はダメです。交感神経を刺激してよい入眠できませんから。ウォーキング程度で結構です。ちょうどいいです。朝は交感神経が高い時間帯なので、血管が収縮して体が硬くなるため、運動でけがをしやすくなりますが、夜の適度な運動は末梢の血管を開きます。とくにデスクワークの多い人。肉体疲労はうっ血によるものなので、夜にウォーキング程度の軽い運動をすると、血流がよくなりかえって疲れがとれます。また、末梢血管の血流がよくなるので、眠りの質が上がります。さらに、末梢の血流がよくなることで、肩こりや腰痛、首の痛みなども軽減される効果もあるのです。良いことばかりです。今日からスタート新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook  https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer

  • 13Oct
  • 08Oct
    • 台風や雨の日に眠くなるのはなぜ?低気圧による眠気を吹き飛ばせの画像

      台風や雨の日に眠くなるのはなぜ?低気圧による眠気を吹き飛ばせ

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。台風や雨の日に眠くなるのはなぜ?低気圧による眠気を吹き飛ばせ秋は秋雨、台風が多い時期。嫌な時期ですね~。なぜか雨や台風の日はひどい眠気に襲われ、仕事や勉強に集中できない……。そんな経験はありますか? 「天気が悪いから仕方ない」と諦めてしまうのは、もったいない雨や台風の日に眠くなりやすいのはどうしてなのでしょう。それは、気圧が私たちの体調を左右しているからです。低気圧の環境では空気中の酸素濃度が薄くなり、その影響で副交感神経が活発になりすぎてしまう場合がある。副交感神経とは、自律神経を構成している神経の一種。リラックス時に活発化するものです。つまり、低気圧の影響で体がリラックスし、眠気を催してしまうといえます。低気圧には雲を集める性質があり、台風とは発達した熱帯低気圧のこと。そのため、雨や台風の日は気圧が低いのです。雨や台風のときに眠くなってしまうのは当然のこととなります。では、雨で眠いときにはどうしたらよいのでしょう? 副交感神経と反対の働きを持つ、交感神経を刺激するのが効果的。コーヒーや濃いお茶を飲むのがよい。これなら仕事中・勉強中にもできますね。コーヒーが含んでいるカフェインに興奮作用があるのは知ってますよね。コーヒーには交感神経を活発化させる効果があることがあらためて確認されました。カフェインを含む飲み物はコーヒーだけではありません。紅茶や緑茶、ウーロン茶にも含まれているのはご存知の通り。特に玉露は、コーヒーの2倍以上のカフェインを含んでいます。コーヒーのカフェイン含有量が100ml中60mgなのに対し、玉露は100ml中160mgです。一口飲んだだけでも目が覚めそうですね。雨のせいで眠いときには、小雨なら自動販売機やコンビニでコーヒー・お茶を買い、激しい雨や台風のときは自宅で淹れるのがよいでしょう。雨で眠いときには、交感神経を刺激すればよいのでしたね。辛い食べ物も交感神経を刺激します。トウガラシやコショウのきいた料理がよさそうですね。天気が優れず、だるさや眠気を感じる日には、麻婆豆腐やカレーがよいでしょう。トウガラシに含まれているカプサイシンという辛味成分には、アドレナリンの分泌を促進する働きがあります。『いい緊張は能力を2倍にする』アドレナリンには脳の集中力や判断力を高める効果があるそう。辛いものを食べると、眠気が吹き飛ぶだけではなく、仕事や勉強にいつも以上の能力を発揮できそうです。辛いものが好きな人も、あまり食べないという人も、雨で眠い日にはぜひ辛いものを食べてみましょう。大豆製品やカツオを食べる雨の日の眠気を吹き飛ばしてくれる脳内物質は、まだまだあります。アドレナリンと同じく、交感神経に関与するノルアドレナリンは、集中力・判断力向上の機能を持ちます。ノルアドレナリンを生成するのに必要なのが、アミノ酸の一種であるチロシン。チロシンが多く含まれている食品は、大豆製品やカツオ、ナチュラルチーズなどです。天気が悪い日の昼休みに外食をするなら、おみそ汁やカツオが使われた定食を食べると元気が出そうですね。麻婆豆腐なら、カプサイシンもチロシンも摂取できて一石二鳥です。おやつにナチュラルチーズを食べたり、自動販売機などで売っている缶入りのおみそ汁を飲んだりといった手軽な方法もあります。お試しあれ。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/Facebookhttps://www.facebook.com/kaima1969twitterhttps://twitter.com/jiritu_trainerもご覧ください

  • 05Oct
    • 自律神経失調症様々な症状、3つの解決法の画像

      自律神経失調症様々な症状、3つの解決法

      https://www.youtube.com/watch?v=ueQHoFugi0U&t=48s自律神経失調症様々な症状、3つの解決法、自律神経失調症、様々な症状 3つの解決法 なぜ、動画? 編集がとても下手です。これからの伸びしろで見てくださいwww.youtube.com

  • 28Sep
    • 皆さんも知っておくと便利です。足関節捻挫のテーピング

      自律神経失調症、パニック障害関連でないですけど皆さんも知っておくと便利です。足関節捻挫のテーピングをご紹介させていただきますスポーツ愛好家は必見ですhttps://www.youtube.com/watch?v=U_MjXtV0H3I&t=220s足関節捻挫テーピング(これ一つ知っておくとあらゆるスポーツ時つかえます再発予防 全固定のテーピング。伸縮テープ5㎝ 特にサポータで苦手な回旋、つまり捻りに対してホールドされます。 サポーターと併用でパワーアップ。 汎用性高いです。www.youtube.com

  • 27Sep
    • 自律神経のはたらき?なぜ、人前で話すとドキドキするか?の画像

      自律神経のはたらき?なぜ、人前で話すとドキドキするか?

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。なぜ、人前で話すとドキドキするか?僕は人前で話すときに緊張しすぎて、手が震えたり、脇下に汗が異常に出たりします。とてもあがり症なんですね。仕事をしている人はとくに、そういった場面を避け続けることは難しいです。緊張すると、交感神経が刺激され、脈が増えたり、血圧や血糖が上がったりします。これは危機を乗り越えるための反応といえます。普通は、ドキドキすることに気がつかないまま、脈が増えて血圧が上がります。しかし、感性(僕のこと)が強い人は、このドキドキが感知できるのです。ドキドキばかりを意識し、「 マイナスの反応だ」と考えると、ますます不安に。そうすると、不安もストレスになります。これは交感神経、副交感神経の切り替えが敏感の為です。こういう人は心臓がドキドキし出したら、「 緊張を乗り切るための反応が起こっているのだ」と冷静に考えることでその反応を緩やかにできます。同じように、赤面恐怖症、心臓神経症などが起こる人たちも、病院に行って治そうとするより、ものごとに対して自分が強く反応する傾向です。おおそらく、パニック障害もこのような反応が起きやすい方は、そうでない方より起こる可能性は高いと思います。残念ながら、今の医学の力では、この感性の高さを治すことはできません。本当に治せるのは、冷静になった自分の力だけです。だから病院に行く前に、自分の体の反応を素直に認めてあげれば、むしろ気にし なくなって乗り切ることができるようになってきます。僕自身の対処法は、良い結果を求めずに「もういいや」とあきらめることです。その瞬間反応は鈍くなります。ドキドキしてきたら、自分の気持ちの中で、「 今、自分の体はいい反応をしているのだ」といい方向で考えればいいのです。新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer

  • 23Sep
    • 自律神経失調症 パニック障害 序章の画像

      自律神経失調症 パニック障害 序章

      新潟県長岡市在住「自律神経失調症、パニック障害は薬だけでは治らない!」カイマ接骨院の貝間です私たちの生命維持を、24時間、365日支えているのが自律神経です。 楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、嫌なこと様々な外部環境にも左右されます。現代社会には様々な自律神経を乱す要素があります。その大事な自律神経が起こす不調、これが自律神経失調症です。原因はそれぞれ。少しでも解決策となるヒントがあればと日々すごしています。原因がわかり、習慣が変わると行動が変わる。行動が変われば心と身体が変わる。解決法は一つではありません。ご参考にしてください。youtubeでの投稿もたくさんしていきたいと思います。https://www.youtube.com/watch?v=byLE7v8kvts&t=28s自律神経失調症 案内自律神経失調症について様々な症状や考え方、実際に効果のあった治療法、などについて一般の方にもわかりやすく解説し、これから投稿していきたいと思います。www.youtube.com新潟県長岡市「カイマ接骨院」ホームページ「自律神経のこと」https://www.kaima-sekkotsuin.com/もご覧くださいFacebook  https://www.facebook.com/kaima1969Twitter  https://twitter.com/jiritu_trainer

  • 21Sep
    • 最高の週末 波乗りの画像

      最高の週末 波乗り

      自律神経を安定させるには好きなことをやる最高の週末https://www.youtube.com/watch?v=CUJgjK1ucBE&t=119snaminori 編集2020.09.20 久々に波乗り 天気よし 波あり 最高でした 柏崎市大湊海岸www.youtube.com