頭がぱんぱん

テーマ:

6/16(土)の、
エジプト帰りの駒川先生コラボセミナーに向けて、
そろそろパワーポイントで写真などを作り始めたが、
あまりにもデータが膨大になり過ぎて収拾つかなくなったW。

いつものパターンと言えばその通りなのだが、
今回はちょっと異常だ。

次の3点の疑問を考え出したら、
頭の中がぱんぱんになってしまったのだW。


特に前頭葉が、
目の奥の中心脳から押し出されるかのような感覚さえ覚える。

しかもその後、
なぜか無性に眠くなる。

まるで、
エジプトに行く1年前に行なった、
超能力セミナーでの体感が甦ったかのようだ。

※参考:「前代未聞の超・脳力講演会」

ではその疑問とは…

①ピラミッドはいったい誰がいつ作ったのか?

②何の目的で?

③どうやって?…


以上の簡単な3つの疑問に対して、
数千年間も誰も明快な解答を出した人はいない。

ピラミッドが建設されたと言われている、
5,000年前と言えば歴史的に世界は狩猟生活のはず…。

鉄製の武器や工具、
農具さえ開発されていなかった古代の時代だ。

物を運ぶ車輪すらも。。

しかも、
地球が丸いことすら誰も認識しなかった時代に、
現代科学を凌駕するほどの数学、天文学、建築技術を駆使して、
ピラミッドを始めとした巨大建造物は作られている。

それにしても日本を含め、
世界各地における巨石文明の跡の数々。

この建築技術に関して、
ネットで検索すると様々な答えが交錯している。

「この辺りの説が一番近いかも?」という科学者はいるものの、
ピラミッド建築において実証されたものは一つも無い。

しかしなぜ、
この3つの疑問を考えると、
頭がはち切れんばかりに膨張して眠くなるのか?

そっちのことを追求してみたら、
あることを思い出した。

「脳幹だ!」

以前開催した超能力セミナーでは、
ウクライナから超能力講師をお招きして、
滋賀で約300名のセミナーを行った。

その中から21名が選ばれ、
特別な超能力訓練を行った。

 

その訓練中もなぜか無性に眠かった。

 

理由は、

『脳幹を刺激するからだ』とウクライナの超能力者は言う。

 

その選ばれたメンバーに駒川先生も選ばれていた。

※参照:「First contact 序章」

なぜ眠くなるのか?

答えは当日駒川先生がお話しする「脳幹あくび健康法」である。

先生も当日お話しすると思うが、

実はこの脳幹のちょっと上方に、
松ぼっくり状のグリンピース程度の大きさの「松果体」がある。



それこそ頭脳の中心だ。

この「松果体」の医学的な働きは、
概日リズム(体内時計)を司り、
睡眠や認知症と関係するメラトニンを分泌する。

しかし、
古代の人々はそう捉えてはいなかった。

松果体はサードアイ、
つまり『第3の目』。


哲学者:デカルトは、
松果体が『物質(肉体)』と『精神(魂)』の二元性を繋ぐ重要な場所である…としている。

また、
松果体を【魂のありか(魂の座)】として、
生涯をその研究に費やした。

運命を司る「根元設計図」、
あるいは「神の部屋」と称され、
運命を変える場所は松果体にあるとされているのだ。

宇宙の知恵者、
もしくは神々と繋がるには、
この「松果体」がとても重要な部位と言う事になる。

私は数万年前の縄文人の得意としていたテレパシー能力は、
勾玉を松果体の増幅装置と見なして行っていたように思われる。

世界の多くの巨石文明における壁画や宗教画には、
この松果体をデザインした松ぼっくりが異常に多いことから、
神々や宇宙生命体と人間の交信手段として、
重要な部位であったことが容易に認識できる。



よって、
この3つの疑問を考えたり、
超能力訓練をやっていたりすると、
この脳幹や松果体を刺激するので眠くなったのでは?…

そう考えると、
今までの一つひとつの点が全て繋がって見えるのだ。

宇宙人モーリスからの通信での、
日の出の祈り…

※参考:「母性の祈り」(アメンバー限定記事)

この祈りも概日リズムを司る、
「松果体」を活性化する手法の一つとして考えられないか。

日本民族の意識の覚醒…

実はこれが、
2012年に日本人7名がエジプトに招集された理由である。

 

※ミステリーサークルを解読できる、

「12人の長老」の背中に掘られた日本語の意味とは?

 

 

『近未来の人類の危機に直面した時、

地球を調和よく統治できるものは日本民族しかいない』…
多くのシャーマンがその為にエジプトに集まった。

私の予言が的中した、

2012.05.21に行ったナイル川での水の儀式…

シュメールから受け継ぐ、
肉体錬金術(VITRIOL)の秘密…


その奥の院

石工(巨石文明)とフリーメーソン…

魏志倭人伝と大和民族…

数十万年の巨大文明を地球上に築いた縄文人…

花崗岩とピラミッド「王の間」…

ムー(与那国島巨大海底遺跡)と縄文人…

青森新郷村(戸来)伝説:イスキリと石切り…


どこまで話せるかどうか分からないが、
当日ご参加もしくはご視聴する方は、
少なくとも下記の二つの映像は、
事前に「YouTube」で見ておいて欲しい。

ピラミッド 5000年の嘘
(13分程)

スライヴ (THRIVE Japanese)
(2H12分程…長い)