リモートワークの方は適用を・・・

 

PC Watchの記事に、 Windowsに定例外パッチ。1月度更新後に起こるVPN接続の問題などに対処 てのがありました。

 

Microsoftは、VPN接続やドメインコントローラ関連など、11日提供の月例アップデート適用後に発生していた問題を修正する定例外パッチを公開したそうです。記事によると・・・

 

本パッチでは、VPN接続時に特定のIPSEC接続が失敗してしまう不具合に加え、Windows Serverのドメインコントローラが予期せず再起動してしまう不具合、Hyper-Vの仮想マシン起動に失敗してしまう不具合、ReFSフォーマットのリムーバブルメディアのマウントに失敗してしまう不具合を修正した。

 

だそうです。先週の本ブログの Windows 10/11でVPNに接続できない問題が発生中! とのエントリーでも取り上げたWindows 10/11でVPNに接続できない問題のパッチが公開されました。

 

コロナ禍でリモートワークを行っている方も多い中で、このバグは致命的で全く仕事にならない方もいらしたに違いありません。

 

ですので、パッチが公開されたのでもう安心と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、注意点があります!

 

記事にもある通り、今回のパッチは現時点では”オプション”での更新となっているのです。

 

つまり、WindowsUpdateから「オプションの更新」を選択して手動でアップデートを行わなければなりません。通常のWindowsUpdateのように自動更新ではない点に注意が必要です。

 

VPN接続のバグはリモートワークをされている方は、確実に適用しておきたい更新ですので、ぜひともWindowsUpdateから「オプションの更新」を選択して確実な適用をお勧めします。

 

これはちょっと・・・

 

engadgetの記事に、 最新版Safariに深刻なバグ、Googleアカウント情報やブラウズ履歴が漏えいするおそれ てのがありました。

 

iOS/iPadOSとmacOS用の最新版Safari 15にバグがあり、Googleアカウント情報や最近のブラウジング履歴が流出する恐れがあると報じられているそうです。記事によると・・・

 

Webブラウザ向けの指紋認証サービスを提供するFingerprintJSは、ブログ記事にてSafari 15にはIndexedDB実装にバグがあり、特定のWebサイトが自分のドメインのみならず、あらゆるドメインのデータベース名を見られると指摘しています。このデータベース名は、ルックアップテーブルから識別情報を抽出するために使用できると述べられており、実際に試せる概念実証デモも公開されています。

 

だそうです。これはちょっと怖いですね。記事にもある通り、特にGoogleユーザーIDはデーターベース名から分かるため個人を特定でき、またデータベース名から最近立ち寄ったサイトの履歴ものぞき見ることが出来てしまうそうですから、かなり深刻です。

 

この脆弱性はiPhone、iPad、Macに搭載されたSafariの現在バージョンすべてで悪用できるとのことですし、ユーザーがこの脆弱性を回避するためにできることはないため、Appleの対応を待つ以外にありません。

 

気になる方は、Appleが対応するまでの間はSafari以外のブラウザ(Chrome等)をご利用になることで対応は可能だと思いますので、お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

Appleの早急な対策が望まれます。

 

まいど!今週のヨサゲなものは2つ!

 

Philips、話者に向けてカメラが動く4K対応会議用カメラ

 

株式会社STAYERホールディングスは、マイク/スピーカー内蔵で音声自動追尾機能も備えるPhilips製の多機能会議用カメラ「PSE0550」を2月7日に発売するそうです。記事によると・・・

 

PSE0550は、6層レンズとCMOSセンサーを採用した4K(3,840×2,160ドット)対応カメラや、4基の無指向性アレイマイク、5W+5Wスピーカーを搭載した製品。音声を検知してカメラを自動で回転する「自動音声追尾機能」や、高性能DSPによる音声ノイズ抑制機能などを備える。

 

だそうです。同様の会議用の自動追尾カメラとしては、本ブログにて ヨサゲなもの Vol389 話者自動追尾Webカム「Coolpo AI Huddle PANA」 とのエントリーにて取り上げていました。

 

本機との違いは、「Coolpo AI Huddle PANA」は360°カメラによるパノラマ映像も見られることが大きな違いです。

 

本機は360°カメラではなく通常の画角のカメラですので、円形に座って全員を映す機能はありません。全員を映す場合には、前部に置いて画角を調整する必要はあるでしょう。

 

その代わりに4K(3,840×2,160ドット)対応カメラを搭載していますので、大画面の4K解像度のディスプレイなどを利用する際には、高精細できれいな映像を利用することが出来ます。

 

お値段が、7万6,780円 と前述の「Coolpo AI Huddle PANA」より1万円程度お安いので、360°カメラが不要な場合には、画質も含めてこちらを選択するほうがいいでしょう。

 

複数人で利用するウェブ会議用のカメラをお探しの場合には、ご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

・ CHUWI、パンチホールの10.8型ディスプレイを搭載した2in1「MiniBook X」を発売

 

CHUWIは、縦横比16:10でパンチホール式の10.8型ディスプレイを採用した2in1「MiniBook X」を発売したそうです。記事によると・・・

 

MiniBook Xは、10.8型2,560×1,600ドットディスプレイの左上にパンチホールを設け、Webカメラを内蔵するのが特徴の2in1。世界初のパンチホール式ディスプレイ採用PCを謳う。90%の画面占有率を実現し、10点タッチや筆圧検知レベル4,096段階のペン入力にも対応する。
CPUはCeleron N5100で、メモリはLPDDR4X 12GB、ストレージは512GB SSDを搭載。OSはWindows 11。インターフェイスはUSB Type-C×2、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、音声入出力などを備える。

 

だそうです。本ブログでも度々ご紹介している中華メーカーのCHUWI(ツーウェイ)のモバイルPCの新型が出ました。10.8型ディスプレイを搭載した2in1で、世界初のパンチホール式ディスプレイ採用が特徴のモデルです。

 

個人的にはPCでカメラがパンチホールであろうがなかろうがどうでもいいのですが、フットプリントが小さくなるという点では歓迎すべきことなのかもしれません。

 

CPUがCeleron N5100ということで、はじめから選択肢にもならないという方もいらっしゃるかもしれませんが、Jasper Lakeの4コア4スレですので、ネットとメール程度の使い方であれば特に不満が出るレベルでは無いと思われます。メモリやストレージも必要最低限の量を積んでますので、利用用途を間違えなければモバイルPCとしてはいいと思いますよ。

 

お値段が約7万1,000円ということで、Celeron N5100搭載機としては多少お高い気もしますが、ディスプレイと軽量化に利点がありますので、値段相応と言ったところでしょうか?

 

手軽なモバイル2in1をお探しの方は、ご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

では、また来週!

 

在庫一掃・・・

 

AKIBA PC Hotline!の記事に、最安への挑戦!iPhone 12 miniが49,800円、じゃんぱらで未使用品セール てのがありました。

 

Appleの5.4型スマートフォン「iPhone 12 mini」の未使用品が、全国のじゃんぱら各店で販売中だそうです。記事によると・・・

 

今回のモデルは「キャリア版をSIMロック解除したもの」(同店)で、ストレージ容量は64GB。販売価格は49,800円となっています。

ちなみに、Apple StoreでのiPhone 12 mini 64GBモデルの販売価格は69,800円からなので、約2万円ほど安価になっています。

 

だそうです。このところ、iPhoneのバラマキ合戦が加熱しています。今回の「iPhone 12 mini」の未使用品に関しても、そのバラマキ合戦の果てに流れ着いた端末と思っていいでしょう。

 

発端はiPhone SE(第2世代)一括1円セールでした。一説には在庫の問題もあって、年内で終了するのではとの憶測もあったようですが、年が明けても相変わらずiPhone SE(第2世代)の一括1円セールは継続中のところが多いようです。

 

また、iPhone 12 miniiPhone 13 mini2年間月額1円レンタルも加熱しています。年齢制限や2年後に端末返却という制限はあるものの、月額1円でレンタルできるのであれば、iPhoneを欲しい方には魅力的なのかもしれません。

 

ただ、あくまで残価設定プランなので、2年間のレンタルの間に画面割れや著しい破損等があった場合には、相応の負担が発生することになります。そのあたりは事前にしっかり確認したいものです。

 

iPhone SE(第2世代)の一括1円セールや、iPhone 12 mini や iPhone 13 mini の2年間月額1円レンタルはもう当たり前になりつつありますが、今度は何と iPhone 13無印 にまで1円レンタルが波及しているみたいです。

 

Twitterで漁ってみると、某量販店で年齢制限があるものの、iPhone 13無印が月額1円レンタルで提供されているようです。もちろん、前述のように2年後に端末返却の必要はありますが、ついに現行の主力モデルまでもが1円レンタルとなっているのは衝撃的でした。

 

背景には総務省によるSIMロック禁止の”お達し”が影響していて、SIMロックがかかっている端末の在庫一掃を目論むキャリアの思惑と、人気端末を餌にしたMNPの奪い合い等が複雑に絡み合ったものがあると思われますが、いずれにしても在庫が捌ければ”祭り”も終わる可能性が高いので、iPhoneをお得に利用したい場合は、今回の祭りに参加してみるのもいいかもしれません。

 

あ、ちなみにこういったセールは”店舗限定”が殆どですので、実際に店舗に足を運ぶ必要があります。気になる方は、お近くの量販店やTwitterなどで情報収集してみてくださいね。

 

コロナ禍にこれは・・・

 

窓の杜の記事に、 Windows 10/11でVPNに接続できない問題が発生中 てのがありました。

 

米Microsoftは、2022年1月の月例セキュリティアップデートを適用したWindows 10/11環境で、ベンダーIDを含むIPSEC通信に失敗する現象が発生していることを明らかにしたそうです。記事によると・・・

 

L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)やIPSEC IKE(IP Security Internet Key Exchange)を用いたVPN接続も影響を受ける可能性があるという。

 

だそうです。この問題で影響があるOSは以下のとおりです。

  • Windows 11 バージョン 21H2
  • Windows 10 バージョン 21H2
  • Windows 10 バージョン 21H1
  • Windows 10 バージョン 20H2
  • Windows 10 バージョン 1909
  • Windows 10 バージョン 1809
  • Windows 10 Enterprise LTSC 2019
  • Windows 10 Enterprise LTSC 2016
  • Windows 10 バージョン 1607
  • Windows 10 Enterprise 2015 LTSB
  • Windows Server 2022
  • Windows Server バージョン 20H2
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
まぁ、つまり現行のWindows10と11及びWindows Serverの殆どが影響を受けるということです。
 
コロナ禍でテレワークを実施中の方も多いかと思われますが、多くの方がVPN経由で会社のマシンにアクセスされているでしょう。その場合、今回の不具合により接続できない事象が多発していることが予想されます。
 
記事にもある通り、回避策としてサーバー側の設定でベンダーIDを無効化する方法が案内されていますが、これが可能なのは管理者のみだと思われるため、単にアクセスする側で出来ることは何もありません。
 
管理者がサーバー側の設定でベンダーIDを無効化して対応してくれればいいですが、それが出来ない場合はマイクロソフトの対応を待つしかありません。
 
現時点でVPN接続が出来ない方は、PCの問題や機器の故障を疑う前に、本件が関係していないか管理者に問い合わせることをお薦めします。管理者がいない場合は、マイクロソフトの対応をお待ちいただくか、急ぎの場合は出社して対応されるほうが早いでしょう。
 
こんなときにワザとやっているのかと思うようなタイムリーなバグですが、マイクロソフトの早急な対応が待たれます。