いよいよ・・・

 

PC Watchの記事に、 英国発、キーボード搭載Linux/AnrdroidデュアルOSの6型デバイスが日本上陸 てのがありました。

 

株式会社リンクスインターナショナルは、英Planet Computers製Androidクラムシェルデバイス「Cosmo Communicator」の国内販売を開始するそうです。記事によると・・・

 

メイン画面はタッチ対応5.99型フルHD+(2,160×1,080ドット)液晶で、カバー表面に1.91型タッチ有機ELパネルも搭載。指紋センサー兼用の2ボタンもカバー面に備える。そのほかのおもな仕様は、MediaTek製8コアSoC「Helio P70」と6GBメモリ、128GBストレージを備える。インターフェイスはUSB Type-C×2、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0、背面2,400万画素/前面500万画素カメラ、microSDカードスロット(最大1TB/SIMスロット1基と排他)、NFC、指紋センサー、ステレオスピーカー、マイク、3.5mmミニジャック。GPS(Glonass/Beidu/Galileo)もカバーする。

 

だそうです。「Cosmo Communicator」に関しては本ブログでも、 Gemini PDAの後継機「Cosmo Communicator」がIndiegogoに登場! とのエントリーで取り上げてましたが、いよいよ日本でも正規代理店経由で購入が可能になるようです。

 

記事を見る限り、キーボードもきちんと日本語キーボードになってますし、もちろんOSも日本語対応になっています。

 

既にIndiegogo経由で手に入れている方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は株式会社リンクスインターナショナルさんが正規代理店として販売してくれますので、保証の面などではやはり安心感が違いますよね。

 

その分お値段は10万円前後とIndiegogoで出資を募っていた際のアーリーバードスペシャルのコースの549ドルというお値段に比べるとかなりお高くなってしまってはいますが、日本で正規に買える安心感のお値段と言ったところでしょうか。

 

店頭販売もするのではないかと思いますが、もしするようであればぜひ実機を触ってみたいですね。とにかく、「実用的」な物理キーボードを備えた端末としては数少ない選択肢だと思いますので、この手のガジェットがお好きな方は、是非購入をご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

更にブラッシュアップ・・・

 

窓の杜の記事に、 待望の“リストグループ”機能をサポートした「Microsoft To-Do」v1.63がリリース てのがありました。

 

米Microsoftは8月12日(現地時間)、タスク管理アプリ「Microsoft To-Do」の最新版v1.63を発表したそうです。本バージョンでは、待望の“リストグループ”機能が新たに導入されているとのこと。記事によると・・・

 

“リストグループ”を利用すれば、複数のタスクリストをひとまとめにすることが可能。不要な場合はグループを折り畳み表示することができるので、仕事とプライベートのタスクリストを分けておけば、仕事中にプライベートなタスクが目に入ったり、休暇中に仕事のタスクを目にしないで済む。また、テンプレートとなるタスクリストを“リストグループ”で保管しておき、毎回コピーして使ったり、削除したくはないが不要なタスクリストを放り込んでおくための“アーカイブ”グループを作成するといった使い方も有効だ。

 

だそうです。これは便利な機能ですよね。今までなかったのが不思議なくらいです。これでグループごとにタスクが管理できるので、記事にもある通り、プライベートと仕事を分けることも用意になりました。

 

「Microsoft To-Do」に関しては、既に本ブログでも2回ほど取り上げてます。

上記のエントリーのように頻繁にアップデートが繰り返されており、登場当初は単純な機能しか有りませんでしたが、現在では中小企業などでのプロジェクト管理にも利用できるのではないかと思うほど、共有関係なども充実しています。
 
記事にもある通り、「Microsoft To-Do」は、同社が買収した「Wunderlist」をベースとしたタスク管理サービスなのですが、「Wunderlist」自体が非常に良く出来たサービスだったので、MSに買収されて更にブラッシュアップされた感じですね。
 
「Microsoft To-Do」はもちろん無料でご利用いただけますので、ご利用になったことがない方は、ぜひこの機会にご利用になってみてはいかがでしょうか?
 

変態PCキタ!・・・

 

PC Watchの記事に、 キーボード面に4K液晶を実装する2画面15.6型ノート「ZenBook Pro Duo」が国内発売 てのがありました。

 

ASUS JAPAN株式会社は、15.6型の2画面ノートPC「ZenBook Pro Duo(UX581GV)」の国内展開を発表したそうです。記事によると・・・

 

COMPUTEX TAIPEIに合わせて、台湾で5月に発表された製品で、4K(3,840×2,160ドット)有機ELの15.6型メインディスプレイと、キーボード面に3,840×1,100ドットの14.09型液晶ディスプレイ「ScreenPad Plus」を組み合わせたデュアルディスプレイになっているのが特徴。実質的に3,840×3,260ドットの広範囲を作業スペースとして確保している。

 

だそうです。これまでにもASUSさんは今回同時に発表されたScreenPadを備えた「ZenBook 14」および「ZenBook 15」でサブディスプレイを備えたPCを世に送り出してましたが、今回はより大きな画面が特徴です。

 

4K(3,840×2,160ドット)有機ELの15.6型メインディスプレイと、キーボード面に3,840×1,100ドットの14.09型液晶ディスプレイ「ScreenPad Plus」を備えるというかなり大胆な発想のPCです。

 

ただ、今までのタッチパッド部が液晶に変わるようなものではなく、キーボードの奥にサブディスプレイが大きなサブディスプレイがありますので、かなり実用的だと思います。

 

中の人は会社でも自宅でもデスクトップ機にデュアルディスプレイ環境で仕事しているのですが、これに慣れてしまうともう戻れないくらいに快適なんです。なので、今回の「ZenBook Pro Duo(UX581GV)」もノートPCとしてはかなり大型のサブディスプレイを利用できますので、かなり快適だと思いますよ。

スペックもハイエンドですし、メインディスプレイは有機ELですからきれいなのは間違いないです。ノートPCでフォトショなんかを利用する方にとってはかなり魅力的なPCだと思います。

 

肝心のお値段ですが、これだけのスペックと特徴を備えたPCですからそれなりのお値段です。最上位モデル(UX581GV-9980)が466,500円前後、下位モデル(UX581GV-9750)が361,500円前後の見込みと、手軽に買える金額でないことだけは確かです。

 

ただ、金額に見合うだけの働きはすると思うので、決して高くはないかも・・・

 

高機能のクリエイティブなノートPCをお探しに方は、是非ご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

NearMeの続報が・・・

 

TechCrunchの記事に、 羽田空港や観光スポットへオンデマンド型相乗りシャトルカーでゴー、NearMeや京急が実証実験 てのがありました。

 

NearMeは8月19日、京浜急行電鉄とサムライインキュベートともにオンデマンド型シャトルサービスの実証実験を行うことを発表したそうです。記事によると・・・

 

8月21日〜27日の1週間限定で、品川、高輪、東銀座、秋葉原にある京急EXホテルの宿泊客を対象に、最大9人乗りのシャトルカーを使った相乗り乗車を検証する。降車場所は、港区、中央区、千代田区、台東区内の任意スポット、羽田空港(第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナル)となっている。相乗りにはNearMeが開発した配車AIを利用し、複数の利用者からのリクエストに基づいて、シャトルカーが最適なルートで運行する。利用料は無料だが、利用するにはアンケートへの回答が必須となる。

 

だそうです。NearMeについては本ブログでも、 タクシー相乗りアプリのnearMe.でJapanTaxiの配車が可能になったそうです とのエントリーでご紹介してましたが、そのエントリーの中で空港へのアクセスなんかはかなり需要があるのではと言及してました。

 

まさに今回は降車場所として羽田空港(第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナル)が入ってますので、予想通りの動きでしたね。

 

今回は9人乗りのシャトルカーということなので、通常のタクシーよりもより多くの乗客を運べますし、バスのとタクシーのいいとこ取りと行った感じですかね。

 

実証実験ですので、期間も短く、対象も京急EXホテルの宿泊客限定のようですが、利用料が無料というのは嬉しいですね。ぜひ訪日観光客の方にもご利用いただきたいものです。

 

先の話になると思いますが、この相乗りシャトルカーに自動運転技術を組み込めば、人材不足のタクシー業界の一助にもなると思いますし、当然料金自体も安くなり、エコにも貢献できる素晴らしい取り組みだと思うので、是非実現に向けて頑張っていただきたいですね。

 

NearMeの今後の展開に期待しましょう。

 

まいど!今週のヨサゲなものは2つ!

 

DJI、折りたためるスマートフォン用ジンバル「Osmo Mobile 3」発売

 

DJIは13日、スマートフォン向けのハンディスタビライザー新モデル「Osmo Mobile 3」を発表したそうです。記事によると・・・

 

Osmo Mobile 3は、簡単に折りたたんだり、展開したりできる。折りたたむとスタンバイモードに入り、スタビライザーとしての機能が一時停止して通常のスマートフォン機能が使えるようになる。新しい場所に移動してから展開し、すぐに撮影を開始できる。先代モデルに比べて軽量化、小型化しているが、1回の充電で最大15時間駆動する。

 

だそうです。この手の電動3軸ジンバルはかなりの数が発売されていますが、DJIのものはその中でも評判も高く安心感の高いものです。記事にもある通り、先代モデルに比べて軽量化、小型化し、1回の充電で最大15時間駆動という長時間駆動も魅力です。

 

お値段も先代モデルよりも安く、13,500円(税込)と電動3軸ジンバルとしては安い部類に入ると思います。

 

機能も申し分なく、スマホアプリ「DJI Mimo」と連携して、特定の人物に追従して撮れる「ActiveTrack 3.0」などが利用可能だったりします。

 

スマホ用の電動3軸ジンバルをお探しの方は、更に進化した「Osmo Mobile 3」をぜひご利用になってみてはいかがでしょうか?オススメします!

 

便利を組み合わせた、スマホリング&イヤホンジャック付L字型Type-Cコネクタが上海問屋から

 

株式会社サードウェーブが展開する上海問屋は、スマホリングとイヤホンジャックが付いたL字型Type-Cコネクタ(型番:DN-915888)の販売を開始したそうです。記事によると・・・

 

スマホリングとイヤホンジャック付きL字型Type-Cコネクタが合体した、延長アダプタの新製品。

充電ケーブルやイヤホンケーブルを挿した状態で、スマートフォンが操作可能。横持ちでゲームを楽しむシーンで利便性を発揮する。使用方法は、Type-Cコネクタに接続後、背面にアダプタ本体を貼り付けるだけ。リング部は指に掛けて使用できる他、スタンドとしても機能する。外形寸法はW15xD125xH8mm、重量80g。最大充電量は5V/1.5A。

 

最近は接続端子にType-Cコネクタが非常に多くなってきていますが、それとともに3.5mmのイヤホンジャックも廃止された機種が増えてきてますよね。もちろん、AirpodsのようなBluetooth接続のワイヤレスイヤホンを利用すればいいわけですが、やはり音にこだわる方などは未だに有線を利用したいという方もいらっしゃるでしょう。

 

今回のL字型Type-Cコネクタ(型番:DN-915888)を利用すれば、イヤホンジャックを追加できるともに、スマホリングも付いていますので、落下防止にも役立ちます。

 

お値段も直販価格税抜1,890円とお求めやすくなってますので、TypeCでイヤホンジャックを利用したいと思ってらっしゃる方は、ぜひご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

では、また来週!