いつかはREALFORCE・・・

 

PC Watchの記事に、 東プレ、静電容量式キーボード“REALFORCE”を16年ぶりに刷新 てのがありました。

 

東プレ株式会社は、静電容量式キーボード“REALFORCE”ブランドの第2世代製品「R2」シリーズを色違いを含めて4モデル合計8機種発表した。10月6日より順次発売するそうです。
当日は製品発表会も開催され、新製品についての説明が行なわれた。初代REALFORCEからの刷新は16年ぶりとのこと。

 

詳細は記事に譲りますが、中の人も長年“REALFORCE”を愛用しているユーザーとして非常に気になります。今までの丸みを帯びた形からソリッドな形への変更や、APCモデルというキースイッチの反応位置を1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で設定できる機能がついたもの等々、デザインや機能まで刷新されてます。

 

特にヨサゲだと思ったのは、スペースキーの横幅が従来の47mmから80mmへと大きく拡張されたこと。スペースキーはEnterキー共に特によく使うキーですが、今までのREALFORCEは確かにスペースキーが短めだったんですよね。特に利用に際して気にはしてなかったんですけど、指が短めな中の人としては「無変換キー」に引っかかることがあったりしたので、スペースキーが長めになるのは願ったり叶ったりデス。

 

静電容量式という特殊な入力方式のため、高価でチョット手を出しづらいキーボードですが、一度使っていただければ、そのタッチと使いやすさに納得していただけると思うんです。

 

今回のモデルは、19,800円(税別)からと決してお安くはないですが、耐久性を考えると一生モノと思っていただいても問題ないくらいですので、“REALFORCE”をまだ触ったことがない方は、是非アキバの店舗とかでそのタッチをご確認いただきたいですね。

 

キーボードをお探しの方は、この機会に是非ご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

AD

PSIONの再来・・・

 

engadgetの記事に、 動画:QWERTYキー搭載スマホ決定版!いち早くGemini実機に触れてきた。日本語配列もチラ見せ てのがありました。

 

サンフランシスコで開催されたMobile World Congress Americas(MWCA) 2017にて、懐かしのPSIONの再来のようなQWERTYキー搭載スマホ Gemini が展示されていたそうです。

記事によると・・・

 

5.99インチ、アスペクト比18:9のFHD+ディスプレイはデュアルウィンドウの表示に対応。ボディーを開くとヒンジ部分の外装が持ち上がることでスタンド状になり、机の上に置いたときもタイピングがしやすくなっています。キーボードはフルサイズに近いしっかりしたもので、このクラスの製品としては群を抜く出来の良さ。日本語配列版もあります。Wi-Fi版、4G版いずれも12月の出荷予定が待ちきれません。
 

だそうです。何はともあれ、リンク先の動画をご覧いただきたいのですが、正に見た目がPDA時代のPSIONそっくりなんですね。小さなボディに打ちやすそうなQWERTYキーはガジェット好きとしてはかなりそそられるものがあります。

 

中の人も過去にモバギやジョルナダなんかを使い倒していた時代がありましたので、こういったガジェットには目がありません。

 

このGeminiは クラウドファンディングの Indiegogo で投資を募っているもので、Wi-Fi版で299ドル、Wi-Fi+4G版で399ドルから投資可能です。

 

ガジェット好きの方は、ぜひ投資をご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

AD

まいど!今週のヨサゲなものは1つ!

 

・ 重複ファイル削除ツール「Wise Duplicate Finder Free」の最新日本語版が無償公開

 

(株)LODESTAR JAPANは、重複ファイルの検索・削除が行える無償ツール「Wise Duplicate Finder Free」の最新日本語版を公開したそうです。記事によると・・・

 

「Wise Duplicate Finder Free」は、システムクリーナー「Wise Care 365 Free」の開発などで知られるWiseCleaner製の重複ファイル削除ツール。不要なファイルを削除してディスクの空き領域を増やしたり、PCのパフォーマンスを向上させるのに役立つ。検索条件を細かく指定できるほか、空のファイルをまとめて削除する機能や、誤って削除してしまったファイルを復元する機能などを備えるのが特徴だ。

 

だそうです。この重複ファイルって実は結構あったりするんですよね。Officeファイルをコピーしてそのままになっていたり、エクスプローラーのファイル作業中にコピーするつもりがなくても操作ミスでコピーされていたりとかね。

 

で、そういったものは往々にして気づかないままになってしまっていることが多いので、結局重複ファイルが勝手に増えていってしまっているなんてことが結構あります。Officeファイルなんかは容量がたかが知れているので良いんですけど、画像ファイルや動画ファイルなんかは結構な容量があるので、重複ファイルが結構あるとストレージを圧迫する原因にもなりかねません。

 

特に最近はシステムドライブにSSDを選択する方も増えているかと思いますが、ご存知のようにSSDはHDDに比べるとまだまだ容量が少ないので、重複ファイルでも整理すると結構容量の節約になるかもしれません。

 

なので、今回の「Wise Duplicate Finder Free」のようなソフトを使って、1年に1回とか重複ファイルを探して削除するようにすると、ストレージのお掃除にもなりますし、容量も増えるので良いと思いますよ。

 

重複ファイルの削除をまだしたことがない方などは、是非ご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

では、また来週!

 

AD

人気シリーズ最新作・・・

 

ケータイWatchの記事に、 「ZenFone 4」「ZenFone 4 Selfie」が9月23日発売、「ZenFone 4 Pro」も10月下旬に てのがありました。

 

ASUS JAPANは、ZenFone 4シリーズの3モデルを日本で順次発売するそうです。グローバル向けに6モデルが発表されていたが、日本では「ZenFone 4(ZE554KL)」「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」「ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)」の3モデルが取り扱われるとのこと。

 

スペック等詳細は記事に譲りますが、ASUSのZenFoneシリーズは日本でも非常に人気の高いシリーズですね。中の人も昨年のMVNOへの移行の際には、現在利用中の‎Huawei P9liteとともに選択肢の一つとして検討したモデルでもありました。

 

そんな人気シリーズの最新作ですので、期待が高まりますが、機能的には正常進化と行った形で特にサプライズもないですが、いつも通り堅実で対価格性能比に見合った製品づくりになっているようです。

 

特にフラッグシップモデルの「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」は5.5インチのフルHD AMOLED(有機EL)ディスプレイに、ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」に、6GBのメモリ、128GBのストレージを搭載とフラッグシップにふさわしいスペック。もちろんカメラも抜かりなく背面デュアルレンズになってます。

 

その他、全機DSDS対応や、ネットワークはau VoLTEを含めたマルチキャリア対応となっているなど、ネットワーク部分も地味に進化してます。

 

「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」の価格は、8万9800円(税抜)だそうで、フラッグシップが税込みでも10万以下で買えるので相変わらずコスパは良いですよ。

 

その他のモデルもコスパは良いんですけど、残念なのは一番のコスパマシンであろう、「ZenFone 4 MAX」が日本のラインナップに入ってないところですかね。もしかすると今後出てくるかもしれませんが、ASUSは日本ではコスパマシンは扱わないんですかね。

エントリーモデルは、HuaweiやZTEなんかに任せておけばいいとか思ってるのかな?

まぁ今後出てくる可能性もあるかと思いますので、期待して待ちたいと思います。

 

既に各MVNOでの取扱が決まっているようですので、MVNOで端末も調達をお考えの方は、ぜひ選択肢の一つとしてご検討になってみてはいかがでしょうか?