変態端末再び・・・

 

ケータイWatchの記事に、 2画面スマホ「M」登場、Androidのマルチウィンドウ機能を活用 てのがありました。


NTTドコモは、2つの画面を搭載した折りたたみ型のAndroidスマートフォン「M Z-01K」を2018年1月に発売するそうです。記事によると・・・

 

2つの画面は、縦に持った状態で左右に開閉するタイプ。開くと5.2インチの画面が左右に2つ並び、合わせて約6.8インチ相当になる。閉じると表裏どちらにも画面が露出するが、カメラのある面がメイン画面となり、閉じた状態では基本的にそちらの画面で操作する。5.2インチサイズなので、片手で操作できるサイズ感となっている。

 

だそうですよ。いやぁ2画面スマホって久々ですよね。記事にもある通り、以前ドコモからNECカシオ製「MEDIAS W N-05E」という2画面スマホが出てましたけどそれ以来ですね。

 

ただ、昔と違うのは「MEDIAS W」の頃はOSがマルチウィンドウをサポートしてなかったので、アプリが限定されてしまってたんですよ。ご存知のように現在はAndroidがマルチウィンドウをサポートしてますので、プリインストール以外のさまざまなアプリでも2画面を利用できるのが一番の違いです。

 

ですから、今回の端末はホントの2画面の威力が発揮される環境が整っているわけなので、変態端末好きの中の人としては非常にワクワクしますね。

 

スペック自体はハイエンドではないのですが、それだけに価格も抑えめになるようです。記事中では販売価格への言及はないですが、「ミドルクラスよりはやや上になるが、ハイエンドクラスよりはずっと安くなる見込み。」との記述からも、5万以上10万以下あたりになるのではないですかね。

 

国内ではドコモ扱いなので、端末が用意に手にはいらないのが残念ですけど、実物が販売されたらぜひ見に行ってみたいと思います。発売が来年1月とのことなので、まだ先ですが発売を楽しみに待ちたいと思います。

 

AD

昨日の続報を・・・

 

INTERNET Watchの記事に、 WPA2の脆弱性「KRACKs」、Wi-Fi通信での盗聴や内容の改ざんが可能 てのがありました。

 

昨日の本ブログでもお伝えしたとおり、無線LANの暗号化技術であるWPA2に脆弱性が見つかった件で続報が入りましたのでお伝えします。記事によると・・・

 

脆弱性の対象は、WPA2またはWPAでWi-Fiアクセスポイントに接続するクライアント。Windows、Android、iOS、Linuxなどを搭載するPC、スマートフォンなど広範な機器が影響を受ける。

 

だそうです。重要なのはいわゆる無線LANの「子機」側が影響を受けるということ。

なので、無線LANルーター本体(中継機能を有さない若しくは利用していない)は問題のない場合が多く、無線LAN子機(ノートPCの内蔵のもの等)や無線LAN中継器などは影響を受けるとのことです。

 

記事にもある通り、Windowsに関しては10月10日配布のパッチで対応済みで、AppleでもiOS、macOS、watchOS、tvOS向けのパッチについて、現在ベータ版の検証を進めており、今後、数週間以内に正式版を公開予定だそうです。

ただ、Androidは結構問題があるようなので、Googleの対応待ちのようですね。

 

ご利用中のパソコンのメーカーサイトや無線LAN機器のメーカーサイトにてWPA2の脆弱性に関する情報を入手して適切な対応をされることをお薦めします。

 

AD

続報を要確認!

 

PC Watchの記事に、 Wi-Fiを暗号化するWPA2に脆弱性発見 てのがありました。

 

Wi-Fiの暗号化に使われるWPA2プロトコルに脆弱性があり、攻撃を受ける可能性があることが明らかとなったそうです。12月4日~7日にイギリス・ロンドンで開かれるセキュリティイベント「black hat Europe 2017」で、博士研究員のMathy Vanhoef氏が、この件に関する詳細を解説するとのこと。記事によると・・・

 

これによれば、WPA2セキュリティプロトコルにキー管理に関するいくつかの脆弱性があり、キーの再インストールを利用して攻撃できるという。プロトコルレベルの問題のため、標準に基づいて実装されたものに関して、すべて影響を受ける可能性があるという。

 

だそうです。既に本日この件に関する説明サイト(英文) Key Reinstallation Attacks が上がってますので、気になる方はご覧いただきたいのですが、上記サイトによると・・・


・ 利用しているデバイスのアップデートを適用すること
・ Wi-Fiのパスワードを変更する必要はない
・ ルーターのセキュリティアップデートが必要ない場合もある(メーカーに問い合わせるべき)

・ デバイスにパッチを適用するまで「一時的にWEPを使う」判断は間違っており、WPA2を使い続けるべき

 

とのことです。

 

また、Wi-Fiの規格標準化団体であるWi-Fi Allianceからも、「簡単なソフトウェアアップデートによって解決できる」と発表があったようです。また、既に主要なメーカー各社から対応するパッチをユーザーに提供し始めているようですので、ご利用中の無線LAN機器のメーカーサイトをご確認いただきました上で、対応パッチが提供され次第ファームのアップをお薦めします。

 

中の人が言うまでもなく、WPA2は今や無線LANの標準での暗号化技術となっていますので、影響は計り知れません。本件に関しては、ご利用中のデバイスのメーカーサイトを必ずご確認いただき、ご利用中の機器のセキュリティをご確認いただきました上で、適切な対応をされることをお薦めします。

 

AD

まいど!今週のヨサゲなものは2つ!

 

・ 寝ながらスマホを使う人にオススメ、冷却ファン搭載のスマホ用アームが登場

 

寝ながらスマートフォンを使う時に便利なアームの新製品「クランプ式スマホアーム 手ぶらでスマクール(GSNKSPCL)」がサンコーから発売されたそうです。記事によると・・・

 

アームの先端にあるホルダーに2基のファンが内蔵されており、スマートフォンの裏面を冷却する。同社のテストでは、ファンの風量を最大にして動画を30分間再生したところ、未使用時より温度が約6.5℃下がったという。風量はダイヤルで調節可能。ファンの電源は、容量4,400mAhの内蔵バッテリーで、動作時間は8~13時間。また、外部出力に対応し、装着したスマートフォンを充電しながら使うこともできる。出力は5V/1A。

 

だそうです。このようなスマホ用アームは本ブログでも度々ご紹介してきましたけど、今回のアームの一番の特徴はファンとバッテリーが内蔵されていることじゃないですかね。

寝ながら使うのは良いんですけど、その間に充電できたらもっと便利ですよね。意外とこのバッテリーを内蔵したアームって今までになかったと思うんですよ。

 

それに4,400mAhのバッテリーとファンが内蔵されていて、お値段が 2,980円(税込)てのも安くないですか?

 

「究極のぐうたら」をお望みの方は是非おひとついかがでしょうか?

 

・ 50GBまで無料で利用できるクラウドストレージ「MEGA」

 

クラウドストレージは、Dropbox、Onedrive、Googledrive等々、数多くありますけど無料で使用できる容量って以前に比べるとすごく減りましたよね。その点、今回の「MEGA」50GBありますので、オフィスファイルだけだったら無料でも結構使えちゃいますよ。

 

機能的には他のクラウドと大差ないですけど、この無料で利用できる容量だけでも利用する理由には充分じゃないでしょうか?

 

この「MEGA」の前身はあの悪名高きキム・ドットコムのMegauploadなので、知っている方は毛嫌いする方もいるかもしれませんが、現在は一応まともみたいなので使っても大丈夫かと・・・

司法省とFBIが乗り込んでくるようなこと無い?w

 

手軽で容量の多いクラウドストレージをお探しの方は是非ご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

では、また来週!

 

 

ノマドワーカー(死語?)に・・・

 

CNETの記事に、 貸し会議室「スペイシー」が席単位のスペースシェア--電源Wi-Fi完備で30分50円からてのがありました。

 

貸し会議室サイト「スペイシー」を運営するスペイシーは10月12日、席単位で利用できるスペースのシェアを10月13日から開始すると発表したそうです。記事によると・・・

 

ビルの空室やオフィスの一部、店舗の営業時間外など、使われていない時間と場所の遊休スペースを活かした時間貸しかつ、席単位での利用可能なスペースを提供するというもの。同社では、ビジネスミーティングや研修などビジネスに活用できる会議室シェアサービスを提供しており、そのノウハウを活用して席単位でも展開する。

 

だそうです。スペイシーさんは貸会議室をメインに営業されていたようですが、それを「席」単位で貸すみたいですね。会議室は埋まらなくても「席」単位だったら埋まるかもしれないですからね。

 

中の人も1日出っぱなしのこともあって、時間が開いたときなんかに、ファーストフードや喫茶店で仕事したりすることもあるんですけど、集中できるかというと・・・ですよね。

 

そういった場合に、こういったワーキングスペースが気軽に時間単位で借りられるのは、非常に便利かもしれません。全席Wi-Fiや電源完備で、30分50円から利用できるとのことで、時間によっては喫茶店にいるより安いかもしれないです。

 

サービス開始時には、新宿・渋谷・恵比寿・池袋・東京駅など都内主要駅近くに約40箇所で1000席を提供とのことなので、都内を中心に仕事されている方は是非ご利用になってみてはいかがでしょうか?