美辞麗句・・・

 

CNETの記事に、 アップルのクックCEO、新型「iPhone」の高価格設定を擁護 てのがありました。

 

新型の「iPhone XS」および「iPhone XS Max」は高価だが、Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は、イノベーションにはそれだけの価値があると考えているそうです。記事によると・・・

 

Cook氏は米国時間9月18日、米テレビ番組「Good Morning America」(GMA)で行われたRobin Roberts氏によるインタビューの中で、「われわれは『iPhone』を万人のためのものにしたい」と語った。Cook氏はAppleによる一連の最新型iPhoneをアピールしたほか、それらの高額な価格を擁護した。

 

だそうですよ。「iPhoneを万人のためのものにしたい」のだそうです。もちろん経営者としてはそうなんでしょうけど、とても万人が買える端末価格ではないですよね。

 

Appleの営業利益率30%だと言われています。今期は多少減って、4-6月期の営業利益率は23.68%だったそうです。ちなみに日本が世界に誇るメーカーであるトヨタの営業利益率は8.2%です。

 

かなり儲けてらっしゃるわけです。そのからくりは製造原価にもあります。現行モデルの1世代前のiPhoneXの製造原価は357.50ドル(約4万円)だそうです。64GBモデルのアメリカでの販売価格が999ドル(112,800円)だったのですから、利益率は約64%にもなります。もちろん64GB以上のストレージモデルはもっと儲かるわけです。

 

中の人がiPhoneはブランドであると本ブログでも再三お伝えしたのは、こういうボッタクリ事情もあります。

 

iPhoneがブランドである以上、利益率は64%だろうが、80%だろうが何の問題もないわけですが、それを万人のものにしたいというのは些か傲慢じゃないですかね。世界中の誰もが1000ドルを平気で超えるようなスマホをポンポン買えるような経済状況でないことは重々承知でしょうしね。グローバル企業のCEOとしては多少美辞麗句にすぎるような気がします。

 

もし本当にティム・クックがiPhoneを万人のものにしたいのであれば、Googleが発展途上国向けに作っているAndroid One のような取り組みでもされてみてはいかがでしょう。

 

このような取り組みがあってこそ、真に「万人のものにしたい」という発言に説得力が出ると思います。もちろんやらないでしょうけどね。ブランドが安物作ったら終わりますから。

 

むしろ 「iPhoneは世界中の信者に買ってもらいたい」 と言ってもらったほうが分かりやすくてスッキリするんですけど、さすがに言いませんよねw

果たしてジョブズが生きていたらなんと言うでしょう

 

まいど!今週のヨサゲなものは1つ。

 

QLC NAND採用のNVMe SSD「Intel SSD 660p」がデビュー、2TBは実売50,980円

 

QLC NANDを採用したIntelのNVMe SSDの新製品「Intel SSD 660p」シリーズが発売されたそうです。記事によると・・・

 

Intel SSD 660pは、1セルあたり4bitのデータを記録するQLC方式のNAND技術「Intel QLC 3D NAND」を採用したNVMe(PCIe 3.0 x4)接続のM.2 SSD。QLC方式を採用したSSDについては他社も製品を発表しているが、店頭での販売を確認したのは初めてだ。同社はQLC方式の採用により、TLC(3bit/1セル)方式の従来製品より低価格で、より大容量の製品を提供できるとしている。実際に今回登場した2TBモデルは同容量のSamsung製NVMe SSD(970EVO)と比較して2万円以上安価となっており、速度よりも容量を重視する向きにはありがたいところだ。

 

だそうですよ。本ブログでも ヨサゲなもの Vol264 100ドル切りの512GB M.2 NVMe SSDが登場 として取り上げてましたが、いよいよ日本でも販売開始になったようです。

 

「Intel SSD 660p」の良さはナント言ってもその安さと速さ!記事にもある通り、512GB(SSDPEKNW512G8XT)が12,980円1TB(SSDPEKNW010T8X1)が25,480円2TB(SSDPEKNW020T8X1)が50,980円 と激安。

 

もちろんNVMe(PCIe 3.0 x4)接続のM.2 SSDですので、転送速度は512GBモデルがシーケンシャルリード1,500MB/s、ライト1,000MB/s、1TBと2TBモデルがシーケンシャルリード/ライトともに1,800MB/s とSATA接続のSSDとは比べ物にならない速さです。

 

もちろんIntel様謹製ですので、安心の品質と5年保証もついてます。

 

もう今後、自作の際のSSDはもうコレで決まりと言ってもいいでしょう。もちろん今後各社からQLC方式のNAND採用のSSDは出てくると思いますけど、それまではIntelの独壇場かもしれませんね。

ハッキリ言ってオススメです!

 

 

 

 

新しくなった!

 

PC Watchの記事に、 Amazon、10型タッチ液晶搭載スマートスピーカー「Echo Show」を国内販売 てのがありました。

 

Amazon.co.jpは、スマートスピーカー「Echo」シリーズのラインナップを一新し、予約を開始したそうです。

 

詳細は記事に譲りますが、「Echo Show」を含め日本では新発売のものから、既存のラインナップまで一新されました。特に日本初上陸の「Echo Show」は、これまで米国で販売されていた7型のディスプレイのものから更に画面が大きくなり10型になりました。

 

お値段も価格は27,980円とそれなりにお高いのですが、大きな画面にカメラ、マイクがついて、CPUもAtom x5-Z8350を搭載するなどPC並のスペックですね。

 

プライム会員向けのプライム・ビデオの再生、写真/歌詞/天気予報/予定なども液晶で閲覧できるとのことで、少なくともエンタメ分野ではこれだけでPCいらずになりそうな雰囲気です。

 

今週の水曜日に、 Googleの7インチ画面搭載型スマートスピーカー「Google Home Hub」がリーク とのエントリーで、Google Homeのディスプレイ付きモデルがリークされたことをお伝えしました。Googleの画面付きは7型でカメラ無しなので、スペックには随分差がありますね。その分、お値段も 149ドル(約1万7000円)と今回のEcho Showに比べてかなりお安くなっています。

 

Amazonとしては年末商戦に向けて、「Google Home Hub」ときっちり戦えるようにラインナップを一新してきたというところでしょうか?しかし、今回のAmazon Echoシリーズはファブリック素材を用いるなど、なんとなく見た目がGoogle Homeに似てませんかね?そんなところも意識してるんでしょうか・・・

 

Echo Show以外の新型Echoシリーズの発売日は10月30日ですが、Echo Showのみ12月12日だそうで、まんまクリスマス商戦にぶち当ててきましたね。

 

まだスマートスピーカーをご利用になったことがない方などは、是非クリスマスプレゼントにいかがでしょうか?きっと喜んでいただけると思いますよ。

 

┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

ケータイWatchの記事に、 ソフトバンクが誤って約1030万通のメールを削除、迷惑メールフィルターの不具合 てのがありました。

 

ソフトバンクは、携帯電話のメールサービスで提供している迷惑メールフィルターに不具合が発生し、約436万人を対象に、約1030万通のメールを誤って削除していたことを明らかにしたそうです。記事によると・・・

 

消失したメールは復元できないほか、迷惑メールフィルターが誤って判定したメールの送信元は参照できないとしている。このため、不具合の対象になったユーザーにとっては、消失したことはソフトバンクから個別に連絡されるものの、どこからのメールが消失したかは、確認する手段がない状況になっている。対象サービスは、ソフトバンクの「S!メール(MMS)」「Eメール(i)」、ディズニースタイルのメール、ワイモバイルの「MMS」「EMメール-S(MMS)」、ケータイ(PHS)用のメールで、迷惑メールフィルターを利用しているユーザー。

 

だそうですよ。約1030万通て・・・すごい数ですね。メールの喪失事故ってレンタルサーバー単位とか、自鯖単位とかなら稀にあるような気がしますけど、キャリアでこの規模の事故ってのはチョット今までに記憶に無いです。

 

不具合の発生期間が不具合の発生期間は9月17日10時48分~9月18日9時16分と丸一日近いのもかなり問題ですし、不具合の発表も9月21日とかなり遅れてるんですよ。

 

総務省もかなりお怒りのようで(当たり前ですが)、総務省のサイトで報道資料としてソフトバンクに要請しています。

 

利用者に対する十分な説明等の実施に関するソフトバンク株式会社に対する要請

 

まぁ当然、後日お上から行政指導は入るんでしょうけど、消えたメールは戻ってきませんからねぇ・・・

 

今回のように迷惑メールに振り分けられてしまうと、そもそも受信前に削除されてしまいますから対策のとりようがないんですけど、ある程度の対策も必要かもしれません。

 

中の人も、かなり昔ですけどレンサバのメールを誤って消してしまったことがあって、それ以来、とりあえずバックアップ用に受信したメールをGmailに転送するように設定したんです。これであれば、受信した瞬間にGmailに転送されますから、レンサバのメールを仮に削除してしまったとしてもGmailには転送されたメールが残りますよね。もちろんレンサバのメールの設定はメル鯖にも残す設定にしてます。

 

今回の件では、仕事メールでご利用になっていた方もいらっしゃるでしょうから、取引先から・・・

 

「メール送ったんだけど見てないの?٩(๑`^´๑)۶

 

「メールの返事 マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

 

みたいな連絡が来た人もいるかと思うと、つくづくソフトバンクは罪なことをしたなと思います。

 

ソフトバンクには「お上」にきっちり指導してもらって、再発防止に努めていただきたいものです。

 

ハイペースですな・・・

 

ITmediaの記事に、 レジなしショップ「Amazon Go」、2021年までに3000店舗へ──Bloomberg報道 てのがありました。

 

米Amazon.comはレジなしショップ「Amazon Go」を2021年までに3000店舗に増やす計画だと、米Bloombergがこの件に詳しい情報筋の話として報じたそうです。記事によると・・・

 

情報筋によると、年内に10店舗に、2019年に米国の主要都市に50店舗展開し、2021年までに3000店舗に増やす計画という。食料品よりもコンビニエンスストアのように、スナックや軽食のテイクアウトにフォーカスするという。Amazon GoのWebサイトには、現在の店舗でも「シェフや地元のレストラン、ベーカリーが調理したすぐに食べられる朝食、昼食、夕食を提供」するとある。

 

だそうですよ。おとといの本ブログで、 デニーズで食事後レジに並ばず帰れる「デジタル注文決済」を導入 とのエントリーをあげました。その中で、冗談交じりに「東京オリンピックの頃にはレジなし店舗が当たり前になっているかもしれませんね。」なんていう話をしたのですが、今回の報道からするとなまじ冗談でもなくなってきそうです。

 

「Amazon Go」の詳細については、以前の Amazonのレジなしコンビニ風実店舗「Amazon Go」がついにシアトルにオープン とのエントリーで簡単にご紹介してますので、「Amazon Go」をご存じない方はそちらをご覧くださいね。

 

店の内容としては、コンビニ以上スーパー未満といった品揃えですかね。いや高級コンビニと言ったほうが聞こえがいいですね。記事にもある通り、店舗は都会の若者の多い地域に展開するということなので、滞在時間が短くて客単価が比較的高めな店舗をイメージしてもらうと良いかもしれません。

 

この3000店舗という数ですが、結構な数ですよね。それも2021年までにということですから約3年で3000店舗ですよ。単純計算でも1年に1000店舗ですからかなりにハイペースです。

 

3000店舗がイメージしづらいかもしれませんが、ちょうど日本国内の「マクドナルド」の店舗数が2018年度現在で2,884店舗だそうなんです。つまり日本国内のマクドナルド全店舗より多い数なんですね。

 

もちろん米国内での話ですので、国の大きさも人口も違いますから比較するのも何なんですけど、少ない数でないことだけは確かです。

 

この報道が本当だとすれば、Amazonは実店舗運営にかなり本気だということがわかります。当然将来的には日本にもやってくるでしょうから、小売各社は戦々恐々なのではないでしょうか。

 

ただ、ユーザーしては今までに体験したことのない新しい購入体験になるわけですから、非常にワクワクしますよね。日本での展開にも期待したいところです。