2022年はコロナ禍による感染リスクとロシア・ウクライナ戦争・中国のゼロコロナ政策などの地政学的リスクが相まったコロナ禍3年で最も厳しい一年だったかもしれません。

 

年末の現時点においてもコロナ変異株の感染が収まりを見せません。特に、政策転換後の中国の感染拡大は途方のないレベルのようです・・・。

 

また、資源高・人手不足などで激しいインフレ(物価上昇)が続き世界経済は停滞を余儀なくされ、来年の成長見通しも大幅に鈍化しています。

 

ある勉強会で頂いた資料では来年(2023年)の欧州における経済成長率は0.5%しかなく圏内最大の経済国であるドイツはなんとー0.3%とマイナス成長でした。

 

コロナ禍の勝ち組であった巨大テック企業のリストラが相次ぐ米国は1%程度。低成長の常連国である日本の1.6%が良く見えるぐらいで世界経済は不況の入り口に立ったようです。

 

ウクライナ・ロシア戦争が突如終結する。あるいは、コロナ治療の特効薬が出てくればゲームチェンジはありえます。しかし、2023年も厳しい外部環境になる可能性が高い・・・経営を預かるものとしてそう考えるのが妥当でしょう。

 

少し話がそれますが、この一年はウクライナ・ロシア戦争に加え、台湾有事・北朝鮮の脅威など地政学的リスクが高まる一方でした。

 

しかし、その結果として国防の意識が高まってきた事は(個人的に)いい流れだと考えています。戦争や紛争のリスクを全て抑制できるほどに現代人は高等な生き物ではない。

 

むしろ取返しのつかない愚かな判断をしうる存在ではないか・・・間違っているかもしれませんが、私の現時点での認識です。

 

さて、今年は弊社にとっても厳しい一年となりました。インフレ・円安・人手不足・内食需要の低下そして作柄不良にも苦しめられました。

 

これらのネガティブ要因が全て揃った輸入果実のビジネスは特に厳しかった・・・。

 

とは言え、会社全体では赤字に沈むようなボロボロな状況ではありません。厳しい見通しではありますが、予算についても最終の四半期で達成できるチャンスを残しています。

 

ですので、2022年は強固になった事業のファンダメンタルズ(基盤)を実感した一年でもあったわけです。

 

これは売上の約70%が国産品という事業構成によるところが大きいと考えてますが、(それは)為替動向に関係なく10年以上前から顧客ニーズに応えようと努めた結果であります。

 

また、成長品目もあります。”アップルスイーツ”などのカットフルーツや”ほめられ南瓜”などのオリジナリティの高い付加価値商品は着実に売上を伸ばしています。

 

これらの商品もここ10年で商品開発から販売拡大まで注力してきました。

 

"We were on the right track" 

 

我々の辿ってきた道は間違いではなかった。過去10年の取組みが事業基盤を強固にしコロナ禍の3年間を乗り切る力となっています。

 

ですので、我々は目前の課題解決と同時に10年後に結実するような商品や事業に今取り組んで行かなくてはなりません。

 

実はこの一年でも”10年の計”をもっていくつかの事業の種を蒔きました。詳細は時宜を得たときにこのブログでもお伝えします。

 

最後に今月上旬に3年ぶりの海外出張で香港に行ってきましたので感想を少し。

 

香港は主権となる大国に翻弄され続けた歴史があり今でも政治不安は大きいようです。言論と自由に対する抑制から最近の3年間で約20万人の人々が海外に移住したとも言われています。

 

また、コロナ禍により主産業である観光ビジネスが壊滅的とも言えるダメ-ジを受けており経済不況に喘いでいます。

 

つまり、政治・経済の両面で大きな不安を抱えているわけですが現地で出会った人々は皆たくましく、明るく、前向きにビジネスや事業に組んでおられた。

 

我々も香港人のタフなスピリッツ、そしてレジリエンス(回復力)を身につけたい。

 

そして来年がどのような状況になろうとも挫けず、折れずさらなる企業成長へ着実に歩を進めて行きたいと考えています。

 

それでは少し早いですが皆様、本年もありがとうございました。良い年末・年始をお過ごしください。

 

半導体商社最大手マクニカの創業者である神山氏の著書『経営の本質』を読了。まさしく経営のエッセンスが盛り込まれた学びの多い良書でした。

 

現在、半導体不足が深刻で大きなニュースになっていますが、好不況の波が激しいのが半導体業界の常。

 

景気に大きく左右され、また業界内のM&Aが活発で突如として勢力地図が一変することも頻繁と聞きます。昨日まで最大のクライアントであった企業が今日にはライバル企業の傘下に入るなどのケースも・・・。

 

そのような激しい変化が続く環境下でマクニカ社は創業以来一度も赤字がなく半世紀もの間、コンスタントに業績を上げ半導体商社としてナンバーワンの地位を築きました。

 

不肖、私が同書を手に取った理由はそこにあります。現在の外部環境は実に厳しい・・・コロナ禍は収まらず全世界でインフレ・円安そして不況の足音さえ近づいています。

 

台湾有事や北朝鮮の脅威など戦争・紛争に巻き込まれるリスクも高まっているとも言えるでしょう。

 

しかし、どのような環境下においても一定の業績を叩き出せる企業、それこそが当社が目指す”エクセレントカンパニー”であり神山氏の経営論から学ぶべきところが多いと考えます。

 

事業は人がすべて、シンプル、オープン、フェアが会社を強くする、方針や計画は必ず明文化する、人材採用は(経営者自ら)全身全霊で行う、環境整備(5S)が大切である・・・。

 

いろいろご紹介したいあるいは備忘録として記しておきたい事がありますが、現在の当社に(特に)必要性を痛感したのが、マクニカ社が創業以来黒字を続けてきた要因の一つという『ひまわり経営』

 

ひまわりは常に太陽の方角を向いて咲く。ビジネスも陽の当たる場所に移動していくべきだという考え。

 

要するに今後の成長市場・成長分野あるいは(業界を激変させる)次のテクノロジーなどを常に探す努力をしなければいけないという事。

 

言い訳になりますが、コロナ禍のステイホームでどうも新しい情報への感度や好奇心そのものが弱くなった気がしています。ここは私自身も反省し修正していかなくてはなりません。

 

『足元に種を蒔き続ける』

 

今日、稼げているビジネスでも5年後には稼げないかもしれません。会社が持続的に成長するためには事業の種を蒔き続け、新しいチャレンジを続ける以外に方法はない。

 

事業の種ではありませんが、家電メーカーのエクセレントカンパニーとも言うべきアイリスオーヤマ社は年間1000点の新商品を生み出していますが、同業界の老舗企業であるパナソニック社は300点しかないと聞きます。

 

最近のアイリスオーヤマが1兆円企業に迫る大躍進を遂げている事は周知のとおり。新商品・新規事業の出力を高める事が企業の活性化にもつながり持続的な成長へ導いていくのでしょう。

 

『経営とは生き方そのものである』

 

企業は数字だけを達成できればいいもでのはない。経営とはまさしく渋沢栄一氏の『論語と算盤』であり、社会貢献と利益追求のバランスを取る事と仕事を通じ人格を磨いていく事の大切さを説いておられます。

 

他にも経営者仲間との付き合い方、出処進退に対する考えも神山氏の人生観が色濃く反映されており勉強になりました。

 

『経営の本質』は経営指南のバイブルの一冊としてこれからも読み返して行きます。

 

 

 

先月に日本経済界の至宝ともいうべき稲盛和夫京セラ名誉会長がお亡くなりになりました。不肖の私が最も尊敬する経営者を一人挙げるとしたら躊躇なく同氏です。

 

中国政府も弔意を述べていましたが、おそらく国内のみならず世界においても最も愛され尊敬される日本人経営者は稲盛氏ではないでしょうか・・・。

 

稲盛氏の功績については様々なメディアで伝えられていますが、幸いにも肉声に触れる機会があったものとして少し紹介させて頂きます。

 

これまで日本の経営者でゼロから一兆円企業を2社(京セラ・KDDI)創ったのは稲盛氏だけです。さらに二社ともただ大きいだけではありません。ここが稲盛経営の真髄とも言えるのですが、両社とも高収益で自己資本の厚い超優良企業であります。

 

何が起ころうとも潰れない会社作りを目指す・・・コロナ禍において私も含め稲盛経営の要諦が心に染みた経営者は多かったのではないでしょうか。

 

経営破綻した日本航空を再建した事も同氏の経営手腕を世に知らしめるものでした。フィロソフィーとアメーバ経営で2年程で見事に再建し史上最高益を実現するまで導かれていました。

 

稲盛氏がJALのタスクフォースに入った時はなんと76歳の時、『世のため、人のため』と無報酬で経営にあたられた事も有名な話です。

 

同氏が人類の進歩発展に貢献したいと200億円もの私財を投じ創設された”京都賞”は今やノーベル賞の登竜門と言われるほど世界が注目する国際賞となりました。

 

IPS細胞の山中教授やオプジーボの本庶教授もノーベル賞の前に京都賞を受賞されています。山中教授は稲盛財団の支援があったから今があるとおっしゃっています。

 

大きな富を築いた経営者の”格好いいお金の使い方"でもありますね。世間に巨万の財をなした名経営者と言われる方は何人もいますが、このような社会貢献をされている方は如何ほどおられるのでしょうか・・・。

 

そして何といっても盛和塾です。私も短い期間でしたが多くの事を学び大切な仲間を得る事が出来ました。

 

盛和塾において(稲盛氏)は日本だけでなく中国・韓国・米国・ブラジルなどその国の経済を支える何万人にもなる中小企業の経営者にスキルだけでなく”利他の心”など経営者としての生き方、人生観を伝授されました。

 

私が在籍した数年間においても、若い時に横道に反れ学ぶ機会を逸した人や様々な事情で挫折を味わった方が盛和塾で学び立派な経営者として活躍されている様子をたくさん見て参りました。

 

盛和塾は多くの経営者の人生を変えた、いや救った”人づくり”の場所であったとも言えるでしょう。

 

昭和初期の思想家・教育者の巨人である森信三氏は最も崇高な人生は肉体が朽ちた後にも、その人の精神や思想が後世に引き継がれていく事であるとおっしゃっています。

 

稲盛氏の人生はまさしくそうですね。私も今また著書を手に取りました・・・偉人の精神や教えは永遠の命のごとく人々の心の中で生き続けていくものだと思います。