既にキャベツやブロッコリーの収穫は終わって撤収し、

 

畝は掘り起こして土の寒ざらしをし、

 

春野菜に備えていますが、

 

畑には可動式の寒冷紗が一式残っています。

 

この日は寒冷紗を外し中の様子を見てみました。

 

 

 

 

この寒冷紗は可動式なので、

 

必要に応じて移動させることが出来ます。

 

 

 

この日は寒冷紗を外してみました。

 

中には春キャベツ4株、ハクサイ2株、

 

その間にレタスを植え付けています。

 

 

 

この時期は害虫の心配も無く、

 

葉は大きく生長し巻き始めていました。

 

 

 

ハクサイも葉が伸びやかに生長し、巻き始めていました。

 

 

 

株の間にレタスを植え付けて置きましたが、

 

葉が大きくなり広がっていたので摘み取りました。

 

 

 

摘み取ったレタスの葉です。朝食のサラダに使います。

 

 

 

 

 

 

 

冷え込みの厳しい日が続いています。

 

畑では冬野菜の収穫が終わり、

 

通路には野菜残渣が置かれています。

 

この日は空き畝を掘り起して寒ざらしをしました。

 

 

 

 

 

ブロッコリーやキャベツの葉は切り落として通路に置き、

 

ヌカを振り掛けてあります。

 

 

 

掘り起こした土は通路に置きます。

 

 

 

畝には未だ残っているダイコンがありますが、

 

 

 

そこは除いて畝の寒起しが終わりました。

 

 

 

 

朝方に畑に出てみると掘り起こした土は凍り、

 

霜柱が立っています。土はこれによって消毒殺菌され、

 

凍ったり溶けたりして空気を含み、

 

ふっくらとした土になって春野菜を待ち受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが家の畑で欠かせないのはダイコンとニンジンで、

 

最近では周年栽培にチャレンジしています。

 

今、第1弾の収獲をほぼ終えて、

 

第2弾は間引きをし、第三弾がビニトンで生長しています。

 

 

 

 

 

育てるダイコンは聖護院ダイコンと三太郎がメインです。

 

二人暮しなので数多くは育てませんが、

 

今、畑には数本の三太郎が残っています。

 

 

 

この日は三太郎3本を収獲しました。

 

 

 

こちらは暮れに採った最後の聖護院ダイコンと中カブです。

 

 

 

こちらは第2弾の三太郎です。

 

 

 

この日は間引きをしました。

 

 

 

冷え込みの厳しい今年の冬ですが、

 

ビニトンの中では第3弾「富美勢」(とみせ)が育っています。

 

 

 

よく見ると本葉が顔を出しています。

 

 

 

三太郎は小ぶりですが身の締った美味しいダイコンです。

 

 

 

間引きダイコンとニンジンですが、

 

このまま食べられそうです。

 

ニンジンはベーターリッチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は妻が誕生日を迎えました。年齢はご想像下さい。

 

ミクロン株感染者が急増し遠出も出来ないので、

 

お祝いに妻のお好みの近くのうなぎ「かくと」に出掛けました。

 

 

 

 

聞けば「かくと」は創業百二十年とのことです。

 

 

店内の座敷です。大通りの先には天神社があるので、

 

昔は参詣者が多く立ち寄ったことと思われます。

 

店主に依れば昔は近くに登記所があったので、

 

そこからのお客が多かったとのことでした。

 

 

 

 

屋内から奇麗に手入れされた庭園が眺められ、

 

寛ぎを覚えます。

 

 

 

 

誕生日の記念写真です。

 

妻は季節の変わり目に花の植え替えをしたりしますが、

 

わたし専らブログと畑仕事を日課とする愛菜家です。

 

 

 

 

 

豪華なうな重に舌鼓を打ちました。

 

 

 

妻のお好みはショートケーキです。

 

愛妻家であることを証しするために、

 

この日は発奮して少し高めのショートケーキを用意しました。

 

愛妻家と愛菜家の二刀流でしょうかね

 

 

 

わたしは大の餡子党ですが、

 

ケーキを食べるとすればチョコ系です。

 

夜はお茶のひと時を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭では四季折々多種多様な花が咲きます。

 

その中でも冬の花は少な目ですが、

 

極寒の寒さに耐えながら

 

綺麗に咲き続けるパンジーやビオラには、

 

何か勇気づけられる気がします。

 

その一方で春の訪れを待つ球根の花が

 

葉を勢い良く伸ばして、開花に備えています。

 

今日は庭の球根植物をアップしました。

 

 

 

 

こちらはクロッカスです。

 

 

 

こちらではムスカリが春の訪れを告げてくれます。

 

 

 

 

花壇ではチューリップが顔を出し、葉が伸び始めて来ました。

 

 

 

こちらはコンテナのチューリップです。

 

 

 

 

球根の中でもスイセンがいち早く咲き始めています。

 

 

 

ここにはこれから育つスイセンが発芽しています。

 

 

 

日陰で冷たい北風に曝されながら、

 

スノードロップが元気に生長しています。

 

 

 

こちらは特徴ある花形のシラーベルヴィアナです。

 

 

 

 

群生して咲くイキシアも奇麗な花です。