埼玉県志木・朝霞台・和光市・新座の鍼灸・活法整体いろは治療院のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

当院の新型コロナウイルスへの対応・対策

新型コロナウイルスへの対応・対策

当院をご利用になる方々が少しでも安心して通院いただけますよう、当院が行っている対応・対策についてお伝えいたします。

スタッフの対応

1.マスクの常時着用
施術中は常時着用いたします。
 
2.うがい・手洗い・手指消毒の徹底
施術の前後、外出後など、うがい・手洗い・手指消毒を実施しております。
 
3.検温と体調管理
毎日の検温を実施し健康管理に努めております。
施術者に37.5度以上の発熱がある場合、休診いたします。
 

接触感染予防への対策

1.ドアノブ・ベッド等の消毒
直接触れるドアノブやベッド周辺、マクラなどを消毒いたします。また、タオルは施術毎に交換・洗濯を行います。
 
2.オゾン発生器による院内全体の除菌
 
ウイルス除去にも有効とされる「オゾン」で、1日2回院内全体を消毒いたします。
 
3.患者さん同士の接触を最小限に
当院は完全予約制ですので、患者さん同士の接触はほとんどありません。なるべく接触のないよう対応しております。
 
4.こまめな換気
感染症の専門家によると、換気は強力なウイルス対策とのことです。小まめな換気で院内の空気を入れ替えております。
 
5.発熱の可能性のある方へ
発熱をお感じの方は、事前にお知らせください。
 
「来院時に発熱の可能性がある方」
当院にて検温を行い、該当する場合はお帰り頂くこともありますので、ご了承ください。

「ご予約済みの方」
発熱が確認された場合は、来院前にご連絡をお願いいたします。
 
発熱の場合、直前でもキャンセル料金は頂きませんので、ご連絡をお願いいたします。

当院の考え

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策本部」が発表している『新型コロナウイルス感染症対策の基本方針』を元に、当院の対策としました。
 
不要不急の外出を控える事は大切です。
 
当院には、「今すぐ何とかしたい」と、症状と向き合う患者さんが多く来院されます。
例えば、突発性難聴などは、早い段階で鍼灸を開始することで、早期に回復が見込める症状です。
 
「今すぐ何とかしたい」と願う患者さんが来院される限り、早期に回復されますよう、当院は最善を尽くします。
 
皆様が安心して鍼灸をお受けになれますよう、今後も対策・対応を実施してまいります。
 
 
 
 

鍼灸院の「LINE予約・お問い合わせ」始めました

私が鍼灸院のウェブサイトを作ったのは、開院した翌年の2004年でした。

 

当時は鍼灸院の広告としての意味合いが強く、一方通行的な存在でした。

 

そして当院ではTwitterを組み込んで、リアルタイムで情報を発信しやすくなりました。

 

最近では患者さんとの距離を近づけるツールにもなってきました。

 

そして、今度はLINEです。

鍼灸師仲間や個人事業をされている患者さんから「かなりイイよ」の言葉に1年考え(なかなか長い)、今月からLINE予約・ご質問を承ることになりました!
 
今度は近づきすぎるんじゃないか?と思いましたが、鍼灸院用(LINE公式アカウント)でアカウントを取得しました。事業用のアカウントですので、、、
 
〇当院とお友だちになった方のタイムラインは、当院から見ることはできません。
 
〇使い方は通常のラインと同じく、トークで患者さんと当院の1:1で対応でき、他の人に見られる心配もありません。
 
詳しい説明は当院サイトの『料金/ご予約』をご覧くださいませ。
 

症例「強い回転性めまいと耳鳴り」のご紹介

鍼施術による「強い回転性のめまいと耳鳴り」

数年前に同じような症状の既往歴があり、耳鳴りのみが残ってしまい、1ヵ月前からその耳鳴りが大きくなり、さらに強い回転性めまいが再発した患者さんの症例です。
 
この症例の患者さんは「耳鳴りが大きくなると眩暈が」という症状です。ですので、めまいと耳鳴りを同時に施術することになりました。
 
といいましても、いずれも内耳へのアプローチを主体とする施術ですので、実際の施術は「耳鳴り」と「めまい」を区別する必要がありません。同時進行です。
 
ですので、通院回数・施術期間・鍼の本数を減らす事ができます。
 
しかしながら、数年前の初めての発症から耳鳴り症状が日常的に
残ってしまっていましたので、めまいは6回で治りましたが、耳鳴りは継続中ですが、改善傾向に向かっています。
 
耳鳴りや突発性難聴、めまいなど「耳」と深く関連する「コリ」を見つけていき、そのコリを素早く解消していくことが、鍼灸の得意分野です。
 
なぜなら、多くの方がご存知のように「肩こりには鍼灸」なので、
鍼灸は早期にコリを解消させるのが得意なのです。
 
めまい症状でお悩みの方へこの症例がご参考になれば嬉しいです。
 
この症例の他にも「めまい・メニエール」の症例を多数掲載しております。

ぎっくり腰の症例「立ち上がる時に臀部から太腿に痛み」を掲載しました。

この症例の患者さんに鍼治療で使った鍼の本数は3本。

 

股関節の動きから観ていたのならもう1本くらいは減らせたかもしれません。

 

「1本くらい別にいいじゃん」とお感じになる人もいるでしょう。

でも、できれば減らしたい、のです。

 

鍼をケチっているわけではありませんが、治療による患者さんの体への負担をケチり(=減らし)たいのです。

太さが0.16ミリの鍼が、体へ与える影響は大きい

鍼治療の経験がある方ならわかると思いますが、鍼1本で変化を出せるのです。ただし、「変化」といっても良くも悪くもなので、注意も必要です。

 

「鍼が多ければ変化も大きい」というのは、一見、良くなるイメージですが、使い方を誤るとダメージになります。

 

確かに変化は大きいですが、過剰な変化は体にとって時としてダメージになります。

 

当院が行う鍼法、整動鍼は1本1本、鍼を打つごとに変化を確認しています。1本で十分な効果が得られたら、その日の治療を終了することもあります。なぜらな、体が十分だと言っているからです。

 

十分すぎる効果ってどんなことでしょう?

満ち足りているよりも、「更に」なので「余計」なことですよね。

 

温泉が良いといっても、長ーく入っていると「湯あたり」します。

 

そこまでとは言いませんが、たとえ1本の0.16ミリの鍼だって、余計な1本だったら体はその分、疲れとして認知してしまう事だってあります。

 

来院されたときよりも、ベストな状態でお帰りいただきたい立場としては、余計なことはできるだけしたくないのです。

 

長くなりましたが、ぎっくり腰の症例はこちらです

『ぎっくり腰の症例「立ち上がる時に臀部から太腿に痛み」』

 

志木・朝霞台・和光市・新座の鍼灸・活法整体いろは治療院

突発性難聴・耳鳴りの解説と治療方針を掲載しました

治療院のウェブサイトの「適応症状」に「突発性難聴・耳鳴り」を掲載しました。

 

原因不明と言われる突発性難聴・耳鳴りですが、耳の奥にある「内耳」という、音の振動を脳に伝達する器官が、血流不足によって起こるトラブルが引き金になっていると考えています。

 

その血流不足の原因と考えられるのが、首や肩、顎関節周辺の過剰な筋緊張、いわゆる「凝り」です。

 

凝りの治療を得意とする鍼治療ですが、整動鍼®では一般の鍼治療をより細分化したエリアをピンポイントで緩めることが可能です。

突発性難聴・耳鳴りと関わりの深い「凝り」を全身のツボから絞り込み、内耳の血流不足を促し、症状の改善を目指します。

 

適応症状『突発性難聴・耳鳴り』はこちらです

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>