バレエ 新体操選手の股関節前方のつまりの改善方法 | 新浦安しんもり整骨院 入船院

新浦安しんもり整骨院 入船院

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム


テーマ:

バレエや新体操やサッカー選手で、股関節の前方の痛みやつまりを感じる選手は、股関節の後方移動(遊び)がなく、求心位(安定するポジション)をとれなくなっている選手が多い。



骨頭が後方移動しないと股関節を曲げていった時に、早くに骨頭が臼蓋(骨盤)にぶつかり、繰り返すと関節唇損傷やFAI(大腿寛骨臼インピンジメント)などのリスクが高まると考えられる。


股関節を後方を支える筋肉や靭帯は色々あるが、外閉鎖筋と関節包の癒着を改善すると、後方移動がスムーズになり、前側のつまりも改善するケースが多い



股関節後方の調整



こちらも参照下さい

新体操・バレエ選手がなる股関節痛 外閉鎖筋損傷予防のトレーニング

こちら


#外閉鎖筋

#新体操

#バレエ

#股関節唇損傷

#FAI

新浦安しんもり鍼灸整骨院 入船院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ