節約起業|時間とお金と才能を有効活用してお金を作る力を身につける

女性の起業は時間とお金を大切に。アメブロ・フェイスブック・メルマガを活用して10年愛されるビジネスを創りましょう。発信することで人生が変わります!起業セミナー・講座開催中! 節約起業の専門家 前田伊織(大阪・全国対応)

NEW !
テーマ:
 
名称未設定のデザイン.png
 
 

こんにちは、節約起業 前田伊織です。


『自分よりレベルが低い人論』


うわぁ~、なんだかイヤな感じのタイトルつけちゃったな…(^_^;)


人を【レベル分け】なんてもちろんできません。


ただ、ビジネスのターゲットを選ぶとき。

多くの人が、この壁にぶつかります。


自分を基準として、

・自分以下の人

・自分と同程度の人

・自分より上の人



壁にぶつかるというよりも、
スルッと自然に選んじゃうから、
気づきもしないかもしれません。


起業しようとして、ターゲットを選ぶとき。

非常に多くの女性が選ぶのは…



『 自 分 以 下 の 人 』



どういう意味で、以上とか同程度とか以下というのか。


それは、
知識レベルと収入レベルが主です。


・知識レベルが、自分より下の人

・収入レベルが、自分より下の人



こういった方をターゲットとして選びがちです。



理由は、ビビるから。



自分と同程度だったり、上のレベルだと…

『バカにされるかもしれない』

『役に立てないかもしれない』

『話を合わせられないかもしれない』


こういう理由が多いですね。



自分より下のレベルだと、簡単だと思っちゃう。

・自分の方が知ってるだろうから安心

・知識がないから素直に言うことを聞くだろう

・先生の立場でいられるだろう




その気持ち、よーく分かります。


だけどね。


ハッキリ言って、
自分より上のレベルの人の方が、

結果を出してくれます。

言うことも素直に聞いてくれます。

敬意を払ってくれます。


そして、学ばせていただけます。



自分自身をより成長させたいという向上心があるなら。

ビジネスのターゲットを、
知識レベルも収入レベルも上の人を選ぶことをオススメします。



テニスプレーヤーの松岡修造さんの名言があります。
 
やがて僕のレベルも知らず知らずに上がっていった。
なぜなら、僕が戦う相手は、いつも自分より強かったからである。


つま先立ちして手を伸ばし、届くか届かないか。

自分より高いレベルの人に学ばせていただき、
一生懸命それに応えられるようになる。


最初は、もちろんしんどいです。

だけど、自分自身のレベルが、
どんどん上がっていきます。


自分のレベルが上がったら。


さらに高みを目指していくもよし、
まだ低いところにいる人に手を差し伸べるもよし。

その時には、人としてのあり方も、
さらにしっかりとしているでしょう。


中途半端な状態で、
ラクそうだから、
自尊心が保たれるから、
すぐに仕事になりそうだからって、
自分より低い人をターゲットにしてしまうのは、

格下の選手とずっと戦ってるのと同じ。


強い選手にもまれ、
試行錯誤し、
自分らしさを見つけ、
さらに強化して・・・

勝ち抜いていくのがスポーツの世界。


決して甘くない。


それは、起業の世界でも同じと言えますね。^^


 
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、節約起業 前田伊織です。
 
 
先日のイスラエルの旅の途中で撮った動画を公開します♪
 
『お金を作る力』について、語ってみました。
 
私があなたに伝えたい『お金を作る力』とは?
 
 
売上にコントロールされて一喜一憂したり、お金って与えてもらうものという意識がある方に向けてお話してみました。
 
ってその状態は、5年ほど前の私自身だな…
 
こういう考えがあるって知ってたら、人生ちょっと変わってたかもしれないって、自分自身が感じます。
 
 
 
ところで…
 
動画を撮るって、ハードル高くないですか?
 
意外!と思われるかもしれないけど、私にとっては、すんごく高い。(笑)
 
「エイヤーーー!!」って気合いを入れないとなかなかできませんでした。
 
 
が!
 
イスラエルの旅では、いくつかの自撮り動画にチャレンジ。
 
旅の開放感の中、思い切ってやってみました。
 
 
その時の動画、第1弾をお恥ずかしながら公開しますっ!!(気合い)
 
 
イスラエルの死海のすぐ横のホテルのプールで撮影。
 
 
たったひとり、テーブルの上のiPhoneに向かって独り言をしゃべってる図…

「あの子、何やってんの?」
 
ジロジロ見られながらでしたが、イスラエル、しかも死海というなかなかレアな空気感も感じてもらえたらうれしいですハート
 
 
あんまり上手にしゃべれてないけど、よかったらぜひご覧ください。
 
途中のよく分からない「ザーーーッ」とかいう音もご愛嬌で。
 
 
大阪弁でなく、標準語というのがちょっと違和感ある方もいるかもしれない。(笑)
 
けど、あなたが目の前にいて、普段通りに話しかけ、話しを聴いてもらってる感じです。
 
台本、一切なしのぶっつけ本番一発勝負!
 
素の私です♪


↓ ↓ ↓




 

ど・・・ど・・・ど・・・どうかな??(汗)
 
前田伊織を感じていただけましたでしょうか?
 
想いが伝わったかな?
 
 
やってみると、意外とできちゃうセルフ動画撮影。
 
あなたもチャレンジして、想いを語ってみては?!
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、節約起業 前田伊織です。


先日、あるランチ会に参加した時のこと。

起業仲間が主催するママ向けのランチ会。


主催者は、これまで何千組のママと子供に向き合ってきた方。

今までずっと、ママに対して同じ質問をしてきたそうです。


「お子さんに、将来どうなってほしい?」






お子さんがいらっしゃるなら、ぜひ考えてみてください。

お子さんがいらっしゃらなくても、甥っ子、姪っ子、お友達の子供さん。



「お子さんに、将来どうなってほしい?」



主催の方が続けます。


「この質問を何千人にもしてきましたが、答えはほぼ共通なんです。」



子供には自立心のある大人になってほしい


表現する言葉の違いこそあれど、
同じような意味。


「好きなことを見つけて、がんばってほしい」

「経済的に自立できる人になってほしい」



こういう人が100%なんだって。


「東大に入ってほしい!」みたいな答えは一つもないって。



ママが子供に求める理想の大人像。

それは・・・


『自立(自律)』


これは、なかなか興味深いと思いました。

実際に数千人にヒアリングした結果ですからね~。



「自立してほしい」と願うママたち。

だけど、子供が水の入ったグラスをちょっとそこまで持って行くのにも。


「危ない!こぼさないで!気を付けて!よそ見しない!!」

なんて、しゃべりまくる。


それで「自立」できるんかいな!!
という彼女のツッコミが、あるある過ぎて笑いました。(笑)




ちなみに、私自身もひとりの子供の母親として
全く同じ理想を持ってます。


【世界中のどこにいても、自分で食べていけて、幸せを感じていてほしい】

そう心から願ってます。



親が子に願う、大人像。


・自立心のある人

・自律できる人

・好きなことを見つけてがんばってる人

・経済的に自立してる人



・・・でさ。


これを言ってる親自身はどうなのかしら?


できてるのかしら?


自立(自律)。



その辺は、はなはだ疑問だなぁーって思った。



100%の親が言う、自立。

そのうちの何パーセントの親が、
ほんとに自立してるんだろう?


私自身、まだまだ自立してるとは、
言えないかもしれない。

でも。

自分が掲げる子供の理想の大人になろうと、
自分の背中は見せてる。。。つもり。(笑)


子供がどう感じてるかは、分かりませんけどね。


得意なことを見つけて、
人のお役に立って、
笑顔になっていただいて、、、

ご飯を食べていける。

心からの充実感と幸せと感謝を感じてる。


生きてる喜びを、起業を通して感じる。

大人の女性の自立をサポートすることで、
子供たちに明るい未来を見せられたらいいな♪


そんな気持ちでお仕事をさせてもらっています。



明るい未来のために自分ができること。


私は、大人の女性の起業サポート。

ランチ会の主催の彼女は、こどもの料理教室を通じて。


切り口は違うけど、同じ志を感じました。



「子供には自立心のある大人になってほしい」

あなたもそう願うなら。


子供を信じ切る力も大事。


こどもカフェ主宰の村上三保子さん、
愛称みほりん先生のメルマガを読んでみて♪
 


ご本人も二人の息子さんの子育て中。

そのドタバタ劇が、おもしろおかしく、
そして深~~く綴られるメルマガ。

カンペキではなく、人間味と人情味あふれるみほりん先生。

おもしろいですよ♪

→村上三保子先生のブログの中にメルマガ登録ボタンがあるよ!



子供に理想を求めるなら、
まずは自分がそうなっていこうよ!っていうお話でした~。


 
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
名称未設定のデザイン.png
 
 

こんにちは、節約起業 前田伊織です。


2017年9月7日から14日まで。
 
前田家、イスラエルに旅してきました。
 
 
イスラエルは、私にとって、第二の故郷と言える国。
 
20代の半ば頃、トータルで1年半ほど住んでいた地です。
 
 
いつか必ず、また訪れる。
 
そう思っていたけど、まさかこんなに早く、このタイミングで再び旅することができたなんて…
 
 
きっかけは、ひょんなお声がけ。
 
チャンスをつかむかつかまないかって、即座に判断できるかどうかなんだって、改めて実感します。
 
 
現在、かなりの仕事量を抱えてる私。
 
普通なら「時間がない」ってあきらめるんだろうな。
 
でも、今の私は違う。
 
つかみにいきます。
 
自分のための目的のある時間(BFM)が、全てのエネルギーを循環させるってことを知ってるから。
 
 
時間も、お金も、何とかなります。
 
いや、何とかします。
 
実は旅の前、『や…やばい…間に合わないかも…』って、何度も思いました。
 
でもやっぱり、行ってよかった。
 
本当によかった。
 
かけがえのない時間、思い出、そして人生にとってすばらしい気づきをたくさん得ることができたから。
 
 
もし、あなたの目の前に『旅に行くチャンス』があるなら。
 
ぜひつかんでほしい。
 
時間は戻らない。
 
「あの時、行っておけばよかった」って後悔するより、無理してでも飛び出して、ドラマティックな瞬間を重ねる方がずっとずっとステキな人生になるって思うから。
 
 
私がなぜこの旅に出るって決めたのか。
 
実は濃いストーリーがありました。
 
それは、『節約起業メルマガ』の方でお届けしたので、ブログではたくさん撮ってきた写真の一部をダーーーっと掲載することにします♪
 
※濃いストーリーについてはメルマガ読者限定です。過去記事は公開してないからもう読めないよーん♪
 
 
では、写真集!
 
いっきまーす!!
 
 
息子が撮ってくれた関空のシャトル内の写真。
 
IMG_3371.jpg
 
 
息子がね~、うまいんですよ、写真撮るの。
 
いよいよ搭乗!行ってきます♪
 
IMG_3388.jpg
 
 
今回は、エールフランス航空を利用。
 
おフランスの航空会社だけあって、メニューもオシャレ!
 
なんと、同じ内容なのにデザインが2種類!!
 
ステキでしょ~♪
 
IMG_3400.jpg
あ、もちろん、機内ではパソコン広げてお仕事です。
 
 
キッズミールはこんな感じ。
 
IMG_3402.jpg
 
 
「お子さんの食べ物は大切だから、エールフランスではオーガニックファームで製造されたものをご提供しています」
 
そんなカードがそえられています。
 
か・・・感動!!

IMG_3405.jpg
スプーンやフォークは、飛行機みたいになるプチおもちゃつきというエスプリっぷり!


子供のおもちゃもこんなにシャレオツ!

イキだね~♪

めっちゃエスプリやで~~~!

IMG_3410.jpg


パリの空港で1時間半ほどトランジット待ち。
 
免税店にあったでっかいチュッパチャップスによろこぶ息子。(笑)
 
IMG_3423.jpg
 
 
搭乗ロビーには、PSのゲーム機やインベーダーゲームで遊ぶ場所がありました。
 
ここもさりげにおしゃれ。
 
IMG_3425.jpg



トータル18時間以上の飛行時間を経て・・・
 
 
ようやく・・・


着いたでーー!!
 
第二の故郷、イスラエル、ベングリオン空港♪
 
IMG_3440.jpg


あぁ・・・
 
ヘブライ語の文字を見るだけで胸がドキドキ・・・
 
嘆きの壁がモチーフになったゲートには「ようこそイスラエルへ」と書かれています。

IMG_3446.jpg



夜中に到着して、翌日は・・・
 
世界三大宗教の聖地、エルサレムへ!
 
旧市街地に入ると、敬虔なユダヤ教徒の姿を目にします。
 
IMG_3455.jpg


活気のある市場では、新鮮なハーブや野菜、はちみつやスパイスがいっぱい。

IMG_3470.jpg
 
IMG_3471.jpg
 
IMG_3473.jpg
 
IMG_3474.jpg
 
IMG_3475.jpg


息子が撮ってくれたいい感じの写真♪
 
IMG_3469.jpg


まずは、腹ごしらえ。

イスラエル随一の人気店、1カ月以上予約が取れないというレストランに行きました。
 
IMG_3522.jpg


めちゃくちゃおいしい!!
 
イスラエル料理は、日本人の口にもとてもよく合います。
 
しかし・・・
 
高い!!(笑)

このレストランの支払いはなんと・・・
 
1000シェケル!
 
3万円以上です。。。
 
ランチだよ、ランチ!!(笑)
 
 
イスラエルのトップ10に入るレストランだから仕方ないか・・・
 
IMG_3530.jpg


内装もオシャレで、ワイワイにぎやか。
 
大きな音で現地の音楽がかかり、お客さんがみんなで大合唱!
 
こんなの、日本にはない!
 
IMG_3532.jpg


何気ないインテリアもステキ。
 
IMG_3512.jpg


イスラエルの物価は日本の1.5~2倍くらい。
 
基本、全部高いです。
 
パスタで一皿2000円くらいですね~。



そして、いよいよ・・・
 
今回の旅のメインイベント。
 
ユダヤ教の聖地、嘆きの壁へ向かいます。
 
IMG_3511.jpg


息子もキッパという小さな帽子をかぶり、神妙な面持ち。
 
IMG_3539.jpg



キターーー!!!
 
IMG_3553.jpg
 
写真右手が嘆きの壁。
 
奥に見える金のドームが、イスラム教の聖地です。
 
もう、終始鳥肌が止まりません。
 
エネルギーがすごいです。
 
 
今回の旅の大きな目的の一つ。
 
それは・・・
 
 
私と関わってくださるおひとりおひとりの幸せな成功をお祈りすること。
 
愛と感謝をお伝えし、見守ってくださるよう、心から祈りをささげてきました。
 
 
このブログを読んでくださるあなたにとって、正しい学びがあり、すばらしい人生になりますように…
 
IMG_3544.jpg
 
 
私にとって、大きなミッションでした。
 
体が温かくなるのを感じ、祈りが届いた感覚がありました。
 
涙がこみ上げてきました。
 
帰ってきてよかった。
 
17年ぶりのエルサレム、嘆きの壁。
 
私を温かく迎え入れてくれたことに感謝があふれて止まりませんでした。
 
 
その日のうちに、テルアビブに戻りました。
 
息子もどっと疲れたようです。
 
時差ボケもあり、夜のレストランでは待ってる間に座りながら眠ってしまい…
 
IMG_3651.jpg
 

椅子の上で熟睡。
 
おつかれさま^^
 
IMG_3653.jpg


テルアビブはステキなビーチ沿いの街。
 
IMG_3623.jpg


大都会なのに、この優雅なリゾート地の風景。
 
意外じゃない??
 
街角ショット by 息子。
 
IMG_3666.jpg



次の目的地は、死海!
 
デッドシーです。
 
レンタカーを借りて、いざ、出発♪
 
IMG_3680.jpg


道中は、砂漠の風景が広がります。

IMG_4020.jpg
 
 
途中である標識を発見。
 
よーく見ると、こう書かれています。
 
"Lowest Place Of Earth"
 
そう、ここは、世界で一番海抜が低い場所なのです。
 
IMG_3706.jpg


広大な砂漠。
 
向こうに見えるのは死海。
 
こんな風景、なかなか見れないですよね。
 
IMG_3968.jpg


死海と言えば・・・
 
やっぱりあれ!
 
浮くやつですよ、浮くやつ。(笑)
 
早速浮きに行くぞー♪
 
IMG_3810.jpg


浮きました。(笑)
 
IMG_3834.jpg


塩分濃度が高いから、人間は浮いちゃう。
 
塩分濃度が高すぎて、生物が一切生息できない環境。
 
だから、死海と呼ばれています。

転倒したりして、ここの海水を飲み込んでしまうと死の危険があります。
 
現地のライフガードに聞いたら、この夏だけでも数名が亡くなってしまったそうです。

という話を息子にしたから、怖がって顔が引きつってます。
 
きちんと説明して、入り方を教えていたから、もちろん大丈夫でしたが。^^
 
 
死海の景色はこんな感じ。
 
壮大!
 
IMG_3741.jpg


朝日も拝みました。
 
IMG_3739.jpg



イスラエルという地のエネルギーが伝わったかな?
 
実はこの旅で、いろいろありました。
 
トラブルもありました。
 
 
でもね。

乗り越えられないことってない。
 
ひとつひとつの経験が、血となり肉となる感覚を感じつつ、8日間の旅を無事に終えました。
 
 
帰りの経由地、パリではお約束の顔ハメ写真をば。(笑)
 
IMG_4002.jpg



本当にお世話になった、私のユダヤ人メンター。
 
本当にありがとう。
 
IMG_3485.jpg


こうしてレポートを綴っていて、愛と感謝があふれます。


あなたの毎日が、光で満たされ、幸せでありますようにハート


 
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、節約起業 前田伊織です。


前田夫婦、廃人化!?

今でも続いてます、Amazonプライムの激ハマり。

→詳しくはこの記事で


Amazonプライムの会員になると、
Amazonプライムビデオというサービスが無料で見れます。


ハリウッド映画に、往年の名作映画、
アメリカや韓国のドラマに、お笑いビデオ、
子供向けアニメなどなど。


「時間がいくらあっても足りんわっ!!」

つっこまずにいられない、豊富なラインナプ。


全部見てたら確実に廃人です。

世捨て人決定です。


なので、ほどほどにしないといけないのですが…



とにかく、もしAmazonプライムに入るなら、
または、すでに入ってるなら、

超イチオシの番組があります。



それは・・・



HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル




過激なお笑いが好きではない方はNGかもしれません。


が!

私はドストライクで好み!!

めちゃオモロイ!!


やることいっぱい!
 
お笑い見てる場合じゃない!!


でも、ついつい見たくなる。


そんな『ドキュメンタル』とは?!
 
ダウンタウン松本人志さんプレゼンツ。

密室笑わせ合いサバイバル。

10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、
芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。

最後まで笑わなかった者が勝ち。

密室に閉じ込められた芸人が
極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!

↑というAmazonプライムでしか見れない番組です。



全裸は当たり前!!

笑わせるためなら、ケガもいとわない!


芸人さんのホンキが見れます。


地上波のテレビでは、確実に放送コードでアウト。

ここまで見せてもいいの?って
見てる方がヒヤヒヤするほど、ガチです。



そんなドキュメンタル。

現在、シーズン1からシーズン3までが出てます。

もちろん全制覇してますが、私は、シーズン2が一番好き。


10人の芸人さんたちが、
「笑ったら退場」というシンプルなルールで
生き残りをかけるんだけど、

シーズン1ではね、受け身の人が残っちゃった感があった。

笑わせる!という攻めではなく、
笑わなかったから残る、というディフェンス型。


それが、シーズン2では、
攻めた人にはポイントが加算されるシステムになって、
よりおもしろくなりました。



だから、シーズン2は、みんな、攻める攻める!


攻めちゃったから、自爆、っていうパターンも続出。


そりゃそうです。


じーーっとしてたら面白くもなんともない。


笑わせようと仕掛けていくからこそ、
自分も笑ってしまう。


このせめぎ合いが、見ていてとてもすがすがしかったです。



攻めてナンボ。


例えアウトになったとしても、
動かないよりは、仕掛けていく。

プロの芸人さんのたましいの攻防戦でした。


6時間という長い時間、密室で行われる戦い。

精神力も問われます。


私は、バイきんぐ 小峠英二さんと、

関西代表(?)で出演された
ダイアン 津田篤宏さんの姿がとても印象に残ってます。
 
シーズン1~3を通して、私が一番好きなシーンはこれ↓
 


攻めてます。

プロとして、めちゃくちゃかっこよかった。

感動すら覚えました。


【 挑 戦 す る 】

っていう姿は、こんなにも共感と感動を呼ぶんだなぁって、
改めて感じました。


あー、また見たくなってきた!

今夜はまた、息子が寝た後に夫とドキュメンタル鑑賞かな~♪



『ドキュメンタル』が見れるAmazonプライムについて、
→詳しくはこの記事で
 
 
あなたもぜひ!

『ドキュメンタル』見てみてください。

そして語り合いたい!!


 
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

こんにちは、節約起業 前田伊織です。




 
最後までお読みいただきありがとうございました。



 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)