インスペクション関西LLP【関西トップクラスの建物・住宅の診断】
  • 19Sep
    • 10月5日~「インスペクター養成プログラム」を催します!

      来る2018年10月5日~7日に2泊3日で「インスペクター養成プログラム」を催します!実地の住宅を使用して2泊3日でホームインスペクションの業務を習得できる中身の濃い3日間。現在、お問合せをたくさんいただいております、が‼…まだ残席若干あります!昨年のインスペクター養成プログラムを受講された藤村さんに体験談を動画にまとめていただきました。「ただ資格を持っているホームインスペクター」から「自信をもって依頼を受けられるインスペクター」に飛躍する機会です。お問合せお待ちしております。(Eメール:info@ikllp.net)

      テーマ:
  • 07Sep
    • 中古RC造ビルインスペクション現場リポート その2

      関西一帯の台風被害の確認が少し落ち着いた頃でしょうか。被害に遭われた方々の一刻も早い復旧をお祈りいたします。少し間が空きましたが、中古RC造ビルインスペクション現場リポート屋上編です。しっかり固定されていないと風の影響を受ける構造物が色々とある部位です。------------------------------------------------------------------屋上に上がると、外壁や鉄部の塗装面に触ることが出来ました。手に白く塗料がつきチョーキングと呼ばれる塗膜の劣化が確認できました。その手で黒い上着に触ってしまい、不覚にも白い粉が付いてしまいました。依頼主に説明するのに役立てました。塔屋屋上にあがると、防水の著しい破断が容易に確認でき、その直下の内壁沿いに漏水による塗装の浮き、剥がれがみられました。現在は使用していない貯水タンクを放置したことによるメンテナンス不良と思われます。雨水ドレンまわりもまったく清掃されておらず、塞がってしまっています。これではながれませんね。この直下にある内部を見てみると。。。やはり漏水の跡があります。手すりのサビもかなり劣化が進んでいます。柱脚部には隙間が見られます。笠木の継手にコーキングがなされていません。厚みがつけられない形状のためブリッジ工法シーリングをおすすめします。屋上防水全体に劣化が進んでいました。望遠で撮っていた範囲で屋上からみやすいところなども確認。全体的に診断できたところで、依頼主に連絡。重要なポイントをダイジェスト解説しました。今回の主な事象は、屋上防水の改修と二階階段内壁の漏水跡との関連塔屋屋上防水の破断と直下の漏水鉄部のケレン、再塗装外壁構造クラック補修跡給湯室の電熱器不良事務所にて現場写真を診断基準と照らし合わせながら報告書にまとめて提出しました。建物状況が気になりましたら、早めのインスペクションを。IK 増谷

  • 17Aug
    • インスペクション関西ブログ その3

      失敗しない既存(中古)住宅選びのポイントとして、その1では宅地建物取引業法改正に伴うインスペクション(建物状況調査)について、その2では「安心R住宅」について記述しましたが、今回は物件を案内されたときの留意点(気をつけなければいけないところ)をお話ししましょう。まず、物件に着いた時、全景をみましょう。もし道路いっぱいいっぱい、そしてお隣りとの間が30センチも空いていないようなら建ぺい率(建築面積の敷地面積に対する割合)オーバー、「違反建築」の疑いがあります。そのような住宅では正面のベランダのアルミ等の屋根の先が道路との境界より飛び出している場合があります。違反建築の場合は住宅ローンが難しいでしょう。次に、お隣りとの境界に鋲とか→などの標(しるし)があるでしょうか。なければ契約後決済までに売主さんに入れてもらって下さい。そしてその前に立って何か例えば樹木とか樋などが出ていないでしょうか。これを「越境」といいますが業者に言ってお隣りとの間で「覚書」を交わす段取りをしてもらいましょう。(1、越境していることの確認 2、将来建て替える際には境界内に収めること 3、売る際にはこれを承継すること)。ついでにその上、空中も見て下さい。高圧電線など通ってないかも確認して下さい。続いて、水道メーターの位置を確認してください。もし敷地内の道路側になければ(例えば裏側の隣接地に近いところにある場合)水道管が他人地を通っている場合があります。このような場合、家を建て替える際水道管(給水管)を新たに全面道路から「引込み替え」をしないといけません。また、メーターのフタのところに13mmと書いてある場合も同様で、引込み替えには多大な費用がかかります。擁壁や塀等がある場合はひび割れしていないか変色(苔やみず染み)がないか確認してみて下さい。劣化していると地震の際に崩れたりすることがあります。敷地と道路との高低差もチェックして下さい。昔は1時間に50mmくらいの雨を想定して雨水の排水を造っていますから近年のゲリラ豪雨には対応していません。敷地のほうが低かったり下り坂の下手側にあると大雨の際に排水溝からあふれた雨が敷地内に浸入して建物に浸水する場合があります。晴れた日に案内されたら雨の日にも見に行ってみましょう。その後建物の周囲をグルっと回ってみて下さい。何か不自然に外壁の仕様が違ったり建物図面と突き合わせて飛び出していたりしませんか。その場合、増築がなされていて登記がされていない場合があります。このような時は増築登記をしないと住宅ローンがつきません。費用がかかりますので必ず業者に確認して下さい。インスペクション(建物状況調査)をしていれば判りますが、基礎や外壁に0.5mm以上のひび割れ(0.5mmのシャープペンシルの芯が20mm以上入ったら)構造耐力上主要な部分(基礎、土台および床組、床、柱および梁など)に不具合がある場合があります。周辺の環境、騒音も注意して下さい。日曜に案内されたら平日にも見に行って下さい。昼間に案内されたら晩も見に行ってみて下さい。騒音や違法駐車の多い地域である場合があります。いずれにしても一生に一度あるかないかの大切な家選びです。あとで後悔しないようにチェックして下さいね。インスペクション関西LLP 妹尾 和江

      2
      テーマ:
  • 13Aug
    • 大阪北部地震のその後

      6月18日に起きた地震について建築物にどのような損傷があるか調査するために高槻市、茨木市、豊中市など震源地付近の地域をほぼ毎日のように行ったり来たりしています。それらの地域ではまだまだ屋根にブルーシートがかけられたまま修繕が進んでいないお宅もたくさん見られます。ぱっと見ではなんともない住宅でもよくよく調べてみると損傷のある場合も多く見受けられます。地震はいつ起こるか分かりません。災害への備えとして修繕は早め早めに!おうちの劣化や損傷が気になるぜひ早急に専門家へ相談してください。

  • 17Jul
    • クロスの染み

      ビニールクロスに染みの様に模様が出来たので何が原因か見に行きました。この様な場合色んな事が考えられます。1、雨や何らかの水がにじんでいる・・・ これが怖くてお問い合わせされることが多いです。 この場合雨が入って来そうな箇所か?上や近くに配管が無いかを見ます。 この現場の場合その可能性は低い箇所でした。2、いわゆる汚れ 使用の仕方で汚れる場合もありますが、多いのはクロスを貼った時の のりの拭き残しです。貼った直後は解らないのですが、時間がたって出てくる事があります。3、他の原因今回は拭き残しの可能性が高いな・・という印象でした。今回は工務店の意向で貼り替えると言うのでめくらせてもらいました。見ての通りクロスをめくっても下地の模様と重なります。一番可能性が高い拭き残しでは無いようです。おそらく下地のべニア板の灰汁がパテかのりでにじんで来たのでは無いかと思います。この様に一つの現象でも色んな可能性があり、想定が外れる事もあります。インスぺクションをする場合思い込まないで、色んな事を想定する事が大事ですがそれも経験が無いと出来ません。経験豊富なインスペクターに依頼する事が大事なのかもしれませんね。松田

  • 04Jul
    • 大阪北部地震において

      6/18に大阪北部で地震が発生してから、はや2週間がたちました。これまでに数多くの調査依頼で走り回っておりました。傾いた家を見てほしい。ブロック塀の安全性を確認してほしい。瓦屋根がズレてないか確認してほしい。 等々「専門家に診てもらって、安心しました。」「暑い中ご苦労様やね。」色んなお声掛けをしていただきました。ブルーシートもしばらくはかかったままでしょう。まだまだ復旧はこれからですが、少しでも安心して生活して頂けるように調査していきます。一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるようお祈り致しております。

      1
      テーマ:
  • 20Jun
    • 6月18日(月)大阪北部において地震が発生しました

      マイホームを手に入れようと思っている方は、建物の安全性についても気にしていると思います。そこで、建物構造について連載している、iK 高橋 です。今回の緊急投稿は、地震に対する建築基準法の考え方です。私たちの活動する主な範囲での地震が発生しました。私の息子は、大阪市内で暮らしていますが、『これからも大きな地震続く?』と、ラインが入りました。私からは、『同じ震源地で続くと言うより、日本国中で頻繁に起こります。それは、今までわかっている活断層や、地表まで現れていない活断層、今までずれたことのない地層も含めます。つまりは、日本国中です。』と、答えました。そこで、建築基準法(現行の新耐震設計法:昭和56年施工)の考え方をお伝えします。まず、建築基準法は、最低限の基準を定めていることをまずご理解ください。地震に対しては、中規模地震である震度6弱までは、ある建物が建っている間に遭遇する地震で、“ある程度のダメージがあっても、補修可能な範囲”、として設計されています。それ以上の震度では、大地震として、建物は一瞬で倒壊せず、命は守られ、建物から逃げ出せるように設計されています。私たちはこれを踏まえ、建物の維持管理をしなくてはせっかくのこの最低基準をも守れない状況となります。特に、以下の事は、個人個人の責任において、建物を管理する義務があります。 居住用の建物は、地震時の人や家財等の重さとして1平方メートル当たり60㎏を上限としています。これを超えるような家財は、置かないようにしましょう。 建物は大丈夫でも、家具の転倒によってぶつかったり、下敷きになったりして、事故となるので、家具の固定も重要です。大地震では、テレビも滑ってくると言うより、飛んでくると言った表現になります。 せっかく大地震を免れても、余震で倒壊することは許容しているため、逃げる経路は確保しましょう。 建物は、維持管理なしでは、劣化していきます。多くの現存する木造建築は、適正に維持管理されているからこそ、何百年も存在しています。目に見えるところはもちろん、小屋上や床下のコンディションは、要チェックです。日本は湿度が高い為、腐れが多く発生するので、特に注意が必要です。とはいえ、自分の家は余力があるから大丈夫だと思っている人に、警告です。実は、この新耐震設計法も、地震が少ない時期に出来た基準で、現在起こっている地震規模や地盤の加速度(ガル)、速度(カイン)は、想定したものの数倍の物が発生しています。ただ、実際の建物には余力があり現状の設計法である程度包括されていると、考えています。ですから、個人的に少しは大丈夫と言う余裕はないのです。命を守るのは、自己責任と自覚して、防災に臨んでください。もし、疑問や不安があるようでしたら、工務店や建築士に是非相談してください。もちろん、インスペクション関西( iK ) でも、ご相談にのりますので、ご一報をお待ちしております。

      1
      テーマ:
  • 19Jun
    • 建築資材の材料強度について

      マイホームを手に入れようと思っている方は、建物の安全性についても気にしていると思います。 そこで、建物構造について連載しています。ik 高橋 です。   前回の建物骨組みの違いによるよる安全性に続き、建築資材の材料強度について連載します。一般的に躯体として使われている建築資材は、基礎…コンクリート・鉄筋上部架構…木・鉄・コンクリートがあります。建築に使われる、構造耐力上主要な部材は、許容応力度や色々な取決めが定められています。今回は、一番身近な、構造耐力上主要な部分に使用される、木材(1等)についてです。例えば、● 節 径比が40%以下であり、かつ、集中径比が60%以下であること。●丸身 20%以下であり、かつ、1角においては10%以下であること。●曲り 0.2%以下であること。ただし、「土台用」と表示してあるものにあっては、0.5%以下である。●ねじれ きわめて軽微であること。ただし、「土台用」と表示してあるものにあっては、顕著でないこと。●腐れ又は虫穴 軽微であること●寸法 表示された寸歩と測定した寸法との差がそれぞれ次に揚げる数値に適合していること。 1 厚さ及び幅 -1.0mm 2 長さ    -0等があります。今の日本の精度から言うと、こんなに欠点があっても良いのか! と、思われるかもしれませんが、自然の材料なので、許容範囲を定めています。もし、疑問や不安があるようでしたら、工務店や建築士に是非相談してください。 もちろん、インスペクション関西( ik ) でも、ご相談にのりますので、ご一報をお待ちしております。

      テーマ:
  • 13Jun
    • キタの北ナガヤ

      ちょっとしたご縁でグランドオープン前に見学させてもらいました。『キタの北ナガヤ(“キタナガ”と呼んで下さい)は、建物再生活動をするBatonshipを中心とした各分野のスペシャリスト達 によって、“中津らしさを引き出す再生”をテーマに再生された、路地庭を共有する店舗と宿、12戸からなる複合ナガヤです。キタナガがある中津は、日本を代表する繁華街、大阪梅田(通称“キタ”)から北へ1駅、歩いても10分の距離にあります。 中津は超高層タワーマンションやオフィスビルの谷間に、時が止まったような古くて小さな木造家屋や、車も通れない細い路地が多く残る、新旧混在な町です。』とのこと。大阪キタの下町風情の残る街並みにある古い長屋をトコトン使い尽くして活用しようという意欲的なプロジェクトです。古い部分はあまり手を付けずに歴史の積層を見せる表現、一方新しく作りこんだ部分はよりニュートラルな設えにまとまっていて新旧のコントラストが素晴らしいです。楽しく興味深い時間を過ごさせていただきました。古い建物を活用する方法の一例として大変刺激を受けました。https://www.facebook.com/kitanokitanagaya/iK 坂本

      テーマ:
  • 08Jun
    • 梅雨の季節ですね。

      全国的に梅雨の季節になりました。この次期は多湿になり食中毒が増えてきます。建物の方では雨漏り、カビの発生、白蟻の巣立ちなどトラブルが多くなります。本日は先日、調査を行いました物件で床下を調査した時のお話をしたいと思います。床下の点検口を開けると湿り気とカビが混ざった臭いが。。案の定、白蟻の食害と蟻道がありました。↑大引きや根太(床を支える木材)に蟻道(大概は土で出来ています)が有ります 食害も受けていますね。↑こちらは土台に発生している蟻道こちらも少し食害も受けていました。 土台や柱に食害が進むと大きく建物の耐震性を損なう事もあるので注意が必要です。↑床下に転がっていた木材の残材。これらは白蟻の餌や腐朽菌の発生の元になりますので床下は綺麗にしておく必要があります。↑湿度が高く感じた(実際土は湿った状態)ので、木部の含水率(湿り気具合)を測定すると40%を超える値でした。標準で10~20%なので大きく超える値です。通風の対策が必要です。白蟻やカビの発生には理想的(?)な環境ですね。この様な状態ですと、早急に消毒と通風対策が必要になります。白蟻対策は定期的におすすめします!!IK植村でした

  • 02Jun
    • 失敗しない既存(中古)住宅選びのポイントその2

       本年4月1日から宅地建物取引業法の改正施行がありました。その中の一つに、媒介契約(不動産を売ったり買ったりする時にその依頼内容や媒介『仲介』金額、期間、業者の努力義務などを明確にした不動産業者と交わす契約のこと)の際「建物状況調査」(インスペクション)をする業者のあっせんの可否を不動産業者が示し、依頼者の意向に応じてあっせんをする。そしてインスペクションを実施した場合、売買契約前の重要事項説明時にその概要(インスペクションの)の説明を宅地建物取引士が行うことの義務付けがありました。これは、前回のブログで記述した通りです。もう一つ、「安心R住宅」(特定既存受託情報提供事業者団体登録制度)の標章使用が開始されました。これは、既存(中古)住宅の流通促進に向けて「不安」「汚い」「わからない」とった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し「住みたい」「買いたい」既存住宅を消費者が選択できるようにするために品質が良く、安心して購入ができる住宅を「安心R住宅」として認定、その住宅の広告時に標章を不動産業者が使用できるようにしたものです。「安心R住宅」とはまず①新耐震基準(昭和56年6月1日以降に建築確認がおりたもの)に適合、そしてインスペクション(建物状況調査等)の結果、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合している住宅②リフォーム工事が実施されていて「きれい」・・・実施されていない場合は費用情報を含むリフォーム提案書がある。そして外装・主たる内装・水廻りの現況の写真を閲覧できる③情報が開示されていてわかりやすい(広告時に点検記録等の保管状況が示されさらに求めに応じて詳細情報が開示されるという要件が満たされた住宅です。この「安心R住宅」におけるインスペクション(瑕疵保険加入に必要な現場検査)は「構造上の不具合及び雨漏りが認められず、住宅購入者の求めに応じて既存住宅売買瑕疵保険を締結できる用意がなされているものであること」を確認するために実施するものです。ただこのインスペクションは最低限のものという認識をもつことが大切と考えられます。瑕疵保険もその限定された内容ではあるものの、不具合が出れば保障され改修工事が行われるので安心ですが、その保険期間(2年から5年)を過ぎれば保障されません。また、実際にはインスペクションの項目も決して足りているとはいえません。一生に一度あるかないかといわれる住宅の購入に際しては、まずは「インスペクター選び」から始まるといっても過言ではないでしょう。インスペクション関西LLP 顧問 妹尾和江

      テーマ:
  • 30May
    • 第1回ビギナーズセミナー 実地セミナーIN京都

      5月29日ビギナーズサポートサービスの一環で実技セミナーを開催しました。一日かけてロールプレイングを交えながら実際にお客様への挨拶から通常の流れに沿って小屋裏も床下も侵入しながらの講習です。熱心な生徒さんで開催側としても有意義な時間を過ごす事が出来ました。インスぺクション関西ではこの様に良質なインスぺクションの普及の為優秀なインスぺクターの育成にも勤めています。また3日間の合宿も開催予定です。興味のある方は是非お問い合わせ下さい。IK 松田貞次

  • 14May
    • 屋根板金工事 施工不良

      屋根工事の施工不良の状態です。カラーベストの屋根工事のケラバに水が回って朽ちて来ています。普通に見える形に見えますがケラバの板金の水切りが破風板に密着しいて水切りの役目を果たしていません。水切りとは、名前の通り、水が切れないと役目を果たしません。下地の壁から少しでも離しておかないと、水切りにあたった雨がそのまま伝ってしまいます。隙間が無い方が密封されて水が入って来ないように勘違いされたケースだと思います。ホームインインスぺクター松田

  • 07May
    • 中古RC造ビルインスペクション現場リポート その1

      先日おこなったRC造ビルインスペクションの現場リポートその1です。ダイジェストで現場での調査手順をご紹介します。テナント内は調査対象外となる範囲の中で、外観、共用部と屋上からどれだけ建物の状態を報告できるかがポイントとなりました。まずは商店街に面した低層ビルですので、付近のビルの共用部から望遠レンズで狙いながら、外壁の状態をチェックします。望遠で見るだけでも、建物の中からでは見えない角度や、重要な劣化事象をかなり確認できました。修繕跡も確認できるものの横向きの構造クラックがみられます。こういった重度の事象をご説明して、内部の詳細調査をおすすめします。各面のひび割れの幅は確認できませんが、長さ、数、方向、範囲を図面に記録していきます。屋上の手摺の錆、シーリングや防水面の劣化なども確認できます。続いて入口から、階段まわり、共用部設備を全体的に内観を満遍なく見て回りながら、外観で得られた情報と照らし合わせていきます。ビルの場合は特に屋上防水の状態が気になります。続きはまた次回に…IK増谷

      テーマ:
  • 19Apr
    • 台風被害も火災保険。

      ここ数ヶ月、本町にて損害保険の鑑定人の仕事をしています。昨秋の台風が家屋に及ぼした被害について事故の報告書を作成し、保険金が支払われるまでのフローの一部を担っています。主な火災保険が強風による建物の破損までカバーされていることをご存知ない方も多いようです。備えあれば憂いなし。一度、火災保険の内容について契約内容を見直してみることをオススメします。(iK髙橋)

      テーマ:
  • 13Apr
    • 初心者ホームインスペクターの方へ向けて

      "iKビギナーサポートサービス”をリリースしました。http://ikllp.net/bss.html住宅診断業務デビューに不安の多い”若葉マークのインスペクター”の方々へiKの経験豊富なインスペクターたちが懇切丁寧にお仕事の相談にのりアドバイスをおこなう後方支援をします。ともにホームインスペクションの一層の普及と技能アップを目指していきましょう。(iK 坂本)

      テーマ:
    • 【5月29日】空き家ホームインスペクション研修開催

      【お申し込みはこちらへ】【会場】京都市西京区大原野東野町【日時】2018年05月29日(水)09:00~夕刻予定【募集人数】3~6名【費用】¥33,000/名(税込)築40年ほどの中古一戸建て木造住宅を使用してのインスペクション研修を開催します。中古住宅市場でも活発に取引される典型的な物件タイプで、現場で”よく目にする”劣化事象が見られる家屋です。ホームインスペクターとして基本を押さえておくには最適。第一線で活躍するインスペクション関西所属のホームインスペクターが丁寧かつ責任をもって皆様を指導します。「ホームインスペクターとして活躍したいけれど実務経験が少なくて受注するのが不安…」という初心者インスペクターに向けて、現場でのお客様への応対を含めて一連の住宅診断の実務の技術を学ぶ良い機会です。プロとしての第一歩を踏み出すお手伝いをいたします!【プログラム(予定)】1. 建築概要と注意して診ておくべきポイント2. レーザーレベルを使った測定方法3. 調査業務の実際・野帳作成と事象写真撮影4. 床下および小屋裏の調査指導5. 調査開始時と終了時の接客ロールプレイ6. 報告の必要な事象についての討論 打診棒/クラックスケール/カメラ/ライト/(所有していれば)レーザーレベル/不織布つなぎ/バインダー、等の調査道具一式はご用意願います(脚立および試用のレーザーレベルは当方で用意します) 現場付近に駐車スペースはございません。公共交通機関もしくは付近のコインパーキング等をご利用ください 最少催行人数に達しない場合は中止とさせていただきます”伝わる報告書”の作り方”1ランク上を目指した報告書添削アドバイスも行います!【費用】¥7,000/件(税込) 物件調査結果を報告書にまとめてください 報告書冊子を当方に郵送してください 撮影写真や文言についてお客様に伝わる表現になるように添削し、メール返送します 希望者には面談アドバイス(追加費用無し・既定の場所/時刻のみ)を行います※報告書は原則、日本ホームインスペクターズ協会の様式を使用することとします 他の様式を使用したい場合は事前にご相談ください【お申込みの手順】 下記のリンク先に「実地研修希望」「実地研修と報告書添削希望」のいずれかをご要望・ご相談の欄に明記し、必要情報をご記入・送信してください。 お申込み情報を確認後、費用のお振込み方法等をご案内します ご入金確認後、物件の所在地・間取り図など当日必要な資料をメールでお送りいたします ご入金の先着順にて定員に達し次第締め切りとなります【お申し込みはこちらへ】viaホームインスペクション Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 08Apr
    • 雨漏りの相談をうけて

      新年度も始まり早くも一週間が経とうとしています。今年は桜が例年より早く咲き、早くも葉桜になっています。本日は先日、雨漏りの相談を受け現場調査した時の模様をお伝えしたいと思います。建物は築約40年のRC造2階建ての建物です。↓壁、天井が大きく漏水痕があります。 ここまで雨漏りの痕がある現場もなかなかありませんね~。 しかも使い続けている建物!です(汗)↓で、屋上に上って防水の状況を確認。 シート防水で築後改修はされていないということです。 表面は全体に色も剥げほとんど防水層の機能は無くなっている状態です。↓防水層の状況 継ぎ目は口が開いた状態でどこからでも雨水入ってくださいって状態です。。↓パラペット(外壁の立ち上がり部分)の天端の状態です。 竣工当時は塗膜防水が塗られていたと思われます。が!全部剥げてしまってコンクリートの押えた部分がそのまま剥き出しになっています。ここもどこからでも染み込んで下さい!って感じです。 下の部屋で壁に大きなシミが出来ていたのはここからの染み込みが原因でしょう。これらを踏まえて防水層の全面改修を提案させていただきました。ここまで放置されている物件は珍しいですが、防水仕上げについては10年くらいで一度メンテを検討することをオススメします。こまめにメンテを行う事が建物の高寿命化に直結します。トータルの改修費用も抑えることができるかも知れません。。iK 植村 でした。

  • 25Mar
    • 3月は研修月間!《海外視察研修&インスペクター養成合宿研修》

      インスペクション関西は、本年3月1日~6日の日程で米国シリコンバレーへ海外視察を実施しました。北は北海道から南は沖縄まで、熱心な事業者様 総勢15名での訪問となりました。現地では、ホームインスペクションの座学・実地解説をメインに、シリコンバレーにおける不動産事情も多数視察。現地のインスペクション団体、不動産団体との交流も実現し、とても有意義な視察となりました。日本国内における横の繋がりを重視している我々インスペクション関西にとって、大変有益な視察研修となりました。今後毎年実施する予定です、内容重視の視察 是非ご参加下さい。そして、いよいよ今週金曜日(3/30)から第二回インスペクター養成合宿です。第二回目も滋賀県長浜市にての実施。2泊3日のインスペクション漬けの3日間です。今回も満席の6名の参加を頂き、新たなインスペクター誕生が楽しみです。今回も女性が2名参加されます。私が熱望する女性インスペクターの誕生も時間の問題ですね。私たちインスペクション関西は、各種インスペクションを行うだけでなく、常に業界に有益な企画を考えたくさんの方々に情報提供し続けていく所存であります。今後のインスペクション関西にご期待下さい。IK 福本

  • 10Mar
    • 「省エネ等良質な住宅・建築物の取得・改修に関する支援制度等説明会」に行ってきました

      長いタイトルで恐縮です。今年もどのような制度があるのか勉強しに行って参りました。インスペクションに関わる制度といえば中古住宅の改修時に使える補助制度なんですが…まずは、対象となる物件の現況把握【インスペクション】するということが第一です。劣化はもちろん、耐震、省エネ改修の費用対効果を値踏みするにも、まずは利害関係のない専門家の意見を項目別に簡易に聞けるいい機会と思います。そこから、どの制度が使えるのかも見えてきます。補助額の高いものから改修内容を当てはめるのはあまりオススメはしません。高額な補助ほど要求される性能も高く、設計、審査などにも時間が伴います。ぜひ、早期の第三者インスペクションによる客観的な現況把握から計画的にスタートしましょう!IK増谷

      テーマ:

プロフィール

ikllp

性別:
男性
自己紹介:
価値のある古いものの活性化、 ひいてはこれからの不動産取引や建物評価の変革をお手伝いしたい…。 この...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス