11月も終わりかけの23日からの連休の朝、買主が安心して依頼できるインスペクターの養成を目指しインスペクション関西LLP主催の3日間のインスペクター養成合宿の幕が開けられた。場所は滋賀県長浜市にあるウッディーホームミヤジマモデルハウス。会場の周囲は田んぼに畑に山そして点在する民家。都会の喧騒を離れ、しばし佇む。空気が澄んでいてとっても美味しい。

非常にハードな研修と噂に聞き、合宿に耐えられるか、不安に包まれた受講生が、遠くは長野県から数時間かけて集まってこられた。まずは1日目座学ののち道具の説明、その後モデルハウスを舞台に内外部実地研修、入浴後報告書の作成指導と続く。夕食は料理歴46年の「和江食堂」がモデルハウスにおいて店開き、心尽くしのおかずと近江米の新米をみんなに食べて頂く

2日目 7時半起床朝食、8時半から最もハード、しかしもっとも重要な「床下小屋裏インスペクション実務」の研修が始まった。

会場は第1会場のみならず第2会場でも実施。この研修で真の実力を培うことが可能になる。汚れた身体をすぐそばの「あねがわ温泉」で癒す。そう研修舞台はかの有名な「姉川の合戦」の舞台になった地。その後また報告書の作成をして指導を受ける。

3日目 午前中はまた報告書の作成、午後は依頼主へのインスペクション報告実演、指導を受け、報告書のチェック。その後、終了考査を経て修了証が交付され晴れてインスペクターへ。3日間にわたる研修は笑いあり涙?ありの厳しくも楽しく充実した研修合宿との評判に継続開催に向けてさらに工夫を重ねる努力をしようと決意を新たにその幕を閉じた。